タグ:ヘッド ( 88 ) タグの人気記事


2012年 02月 25日

1960 VELOCETTE VIPER CYLINDER HEAD

今日はベロセット・バイパーのヘッドのお話。

前回、バルブガイドを圧入したヘッド、バルブ&スプリングを取り付けます。

a0248662_104152.jpg

a0248662_10564.jpg

バルブステム径とバルブガイド内径を計測。

マニュアル上のバルブステムとガイドのクリアランス
IN .00125in-.0025in (0.03mm-0.06mm)
EX .00225in-.0035in (0.06mm-0.09mm)

新品のバルブ&ガイドで実測、IN側EX側共にクリアランス0.06mmでした。
今回はこれで組んでみます。

a0248662_14225.jpg

a0248662_143422.jpg

バルブシートカット&すり合わせ。
シート当り面45度部はIN、EX側共に1.5mmにしました。

a0248662_1504987.jpg

ヘアピンバルブスプリングボトムワッシャー。
ヘアピンスプリングが刺さる穴にガタがあったら交換です。
ガタがなく、スプリングが横にスライドしなければなりません。
ヘアピンスプリングについてはサンビームM8で苦労しました。
詳しくはPetrol Bug'sで。

a0248662_1511724.jpg

バルブスプリング取り付け長は13.8mm~14.3mm。

a0248662_251188.jpg

合わなければ、バルブスプリングボトムワッシャーの下にシムを入れて調整します。(0.2mm、0.5mmのシムがある)

a0248662_274468.jpg

バルブスプリングの幅が狭い方を上に交差させ組みます。

なぜこの年式のベロセットはヘアピンスプリングを使っているのでしょうか?
まず一つ考えられるのは、ヘッドの高さ(バルブスプリングの高さ)です。
鉄ヘッドのモデルはコイルスプリングを使っています。
スプリングの取り付け長は約41mm。(MAC)
それに対してヘアピンスプリングは約14mm。
これにより、エンジン高を抑えたのではないでしょうか。
そして、アルミヘッドになったことにより、ヘアピンスプリングを覆い被せるカバーを付けたとしても、冷却に問題がなくなったからではないでしょうか。
鉄ヘッドは熱しやすく冷めにくい性質で、アルミヘッドは熱し易いですが放熱性に優れています。
その為、鉄ヘッドに比べシリンダーヘッドを大きくしても放熱性に問題がない為だと考えます。
個人的な考えなので、詳しい方ご意見宜しくお願いします。

年代ごとの進化に触れたこの瞬間がたまりませんね。たかまるゥ~

by sgf1906 | 2012-02-25 02:33 | 1960 VELOCETTE VIPER | Comments(0)
2012年 02月 12日

VELOCETTE CYLINDER HEAD

今日は戦後ベロセットのヘッドのお話。


a0248662_0153926.jpg

1958年ベロセットMSSのシリンダーヘッド燃焼室。
新しいバルブガイド圧入後、シートカットするのですが、バルブシート30度面が盛り上がって見えます。
45度面が減りすぎて、ずいぶんと段つきになってます。
これでは、新しいバルブ45度面は当たりません。

a0248662_0302249.jpg

Yさん、渾身のバルブシートカット。

a0248662_0325772.jpg

シートカット後擦り合せして完成。綺麗に出来ました。
丁度ばらしてある、1960年ベロセットバイパーと比較してみます。

a0248662_0393761.jpg

a0248662_037528.jpg

写真上、MSSのヘッド。写真下、バイパーのヘッド。
MSSとバイパーはストロークはストロークは86mmと同じですが、ボアがMSS86mm、バイパー72mmと違います。
ヘッド自体の大きさは変わりませんが、燃焼室の大きさは大分違います。
圧縮比もマニュアル上、MSS 6.8対1 バイパー 8.5対1と違い、MSSに比べバイパーの燃焼室は深くなっているのが解ります。(ピストンヘッドも盛り上がっている。)

a0248662_0564625.jpg

前にも紹介しましたが、バイパーは燃焼室の大きさに対しバルブサイズが大きいのが解ります。
燃焼室にバルブの逃げがありますね。

a0248662_11265.jpg

バルブの比較。
上がMSS  バルブ傘部分直径  IN 46mm EX 43mm
下がバイパー              IN 43mm EX 40mm


こう見てるとVENOMやTHRUXTONも見たくなり、どんどん興味が沸いてきます。
この2台を乗り比べるのが楽しみです。

by sgf1906 | 2012-02-12 01:16 | 1960 VELOCETTE VIPER | Comments(0)
2012年 02月 08日

1971FLH シリンダーヘッド

今日はショベルビックツイン、シリンダーヘッドのお話。

完成したシリンダーヘッドとロッカーカバードッキングです。
a0248662_1425515.jpg

ショベルヘッドのロッカーカバースタッドボルトは転造ねじです。
転造ねじは切削ねじと違い、素材を変形させ作っているので組織が変わらず、強度があり、なめたり、折れたりしづらいです。

a0248662_1434547.jpg

スタッドボルトが抜けかかり、根元が出っぱってる時があります。
気づかず組んでしまうと面がでず、オイル漏れをします。

a0248662_144322.jpg

バルブコッターの隙間は均一にしましょう。

a0248662_1474966.jpg

ロッカーカバーを上から被せると、ロッカーアームが重さで傾き、バルブとつっかえて組づらいです。
そこでI氏考案「逆さ落し」
これからこの組み方は、「I籐式組付け術」として引き継がれていくでしょう。

a0248662_2255476.jpg

ロッカーカバーナットを対角線上に均等締めします。
マニュアル上の締め付けトルクは16N.m~20N.m
この数値は純正ガスケットを使ったときの数値で、あくまでも目安です。

a0248662_2321329.jpg

シリンダーヘッド完成。
ヘッド形状名がエンジンモデルを表すハーレーダビットソン。
やはりハーレーの顔で、カコイーです。



a0248662_2415415.jpg

あらゆる所から小爆発を起こし、手をベタベタにする液体ガスケット。仕舞いに硬化し、殆ど使い切ったことがありません。思いのほか中身が少ないポテトチップより性質が悪いです。
少量使い切り版、求む!

by sgf1906 | 2012-02-08 02:53 | 1971FLH1200 | Comments(4)
2012年 02月 07日

VELOCETTE VIPER VALVE GUIDE

今日はベロセット・バイパーのバルブガイドのお話。

a0248662_3591228.jpg

NEW VALVE GUIDE & VALVE
写真右がインテーク側、左がエキゾースト側
インテークバルブガイドの頭はテーパー状になっています。
これは吸気工程時、ピストンがダウンストロークし吸気バルブが開き、混合気を「吸う」訳ですが、その時一緒に、ヘッドに行ったオイルを吸おうとしてしまいます。そのオイルを燃焼室に入りづらくする為、テーパー状にしています。

a0248662_4281211.jpg

a0248662_429789.jpg

ヘッド側バルブガイド穴内径とバルブガイド外径、計測。
ヘッド側バルブガイド穴は真円で問題なし。圧入しろは0.02mm~0.03mm。

a0248662_4365643.jpg

a0248662_437136.jpg

バイパーのバルブシート。
燃焼室をはみ出るように、逃げています。コイツにピッタリはまる様に、圧入工具の受けを作りました。

a0248662_4483654.jpg

テーパー状になっているバルブガイドの頭を潰さない様に圧入する工具。
コイツも製作しました。

a0248662_4525315.jpg

ヘッドを暖めて、圧入工具を使い圧入。

a0248662_4544183.jpg

a0248662_455193.jpg

バルブガイド先端からシリンダーヘッドまでが0.343in(8.71mm)になるところまで圧入します。
バルブスプリングボトムワッシャーのガイドにもなる訳です。

by sgf1906 | 2012-02-07 05:11 | 1960 VELOCETTE VIPER | Comments(0)
2012年 01月 25日

バルブシートカット&すり合わせ

今日はショベルビッグツインのバルブシートカット、すり合わせのお話。
バルブスプリングの話と順序が逆になってしまいました。スイマセン。

a0248662_2514358.jpg

a0248662_2515659.jpg

ヘッド側バルブ外ガイド穴の内径を測定し、使うガイドを選定し圧入しました。
コイツはF側、R側共にインテーク.002”o.s エキゾースト.006"o.s
ROWE Ampco45 を使いました。

a0248662_33570.jpg

バルブガイドリーマーでリーミング後、ホーニングします。
バルブガイドクリアランスはIN側0.03mm EX側0.06mmぐらいにしました。
EX側はIN側に比べ熱を受け膨張する為、クリアランスを多く取っておきます。

a0248662_3103126.jpg

a0248662_3224667.jpg

バルブシートカットをします。
一般的にスリーアングルでカットします。
バルブとの当たり面は45度部分で、30度・60度をカットして、実際にバルブにあたる面幅や位置を調整します。
ハーレーの当たり面幅1.5mm。
バルブの当たり面は、バルブの熱をヘッド側に逃がす役目もしているので、排気側はこれより少し多めでも良いと思います。

a0248662_3375479.jpg

バルブコンパウンドを付け擦り合せです。
シート全周に擦り合せられてていればO.Kです。
バルブガイドがシート面に対し垂直に圧入されていれば楽に擦り合います。

a0248662_345513.jpg
a0248662_3461943.jpg

ちょっと解りずらいですが、つや消しになっているところ、当たり面です。
これでバルブスプリングを付ければ、バルブ回りは完成です。



出会いと別れのトリニティー(by 富成校長)

あのタイヤ交換でお馴染みの、Sさんが青森の実家に帰るそうです。
トリニティースクールに入る為、東京に出てきて7年。長いようで短い、短いようで長い時間がたったものです。
7年前といえば丁度、ハーレークラスを造っていたときですね。色々と想い起こされます。
通勤で使わず、年間1万キロ以上走るSさん。トライアンフは幸せです。
Sさん、またね。
a0248662_4162842.jpg


by sgf1906 | 2012-01-25 04:25 | 1971FLH1200 | Comments(2)
2012年 01月 24日

バルブスプリング 取り付け

今日はショベルビッグツイン、バルブスプリングのお話。

バルブスプリングを取り付ける際、バルブスプリングの取り付け長を調整する必要があります。
特にツインエンジン(多気筒エンジン)の場合、それぞれシリンダーヘッドのインテーク側同士、エキゾースト同士で同じ取り付け長にします。
IN同士、EX同士で同じスプリング圧にしてやる訳です。

a0248662_2441034.jpg

バルブスプリングカラーUPPERです。
この車両には元々S&S製強力バルブスプリングが付いていました。それ用のアルミのアルミのカラー(写真右)
強度的に少し怖いので鉄製のものに交換します。
確かにこの車両にはハイカムが入っていました。

a0248662_2532396.jpg

バルブスプリングカラーLOWERです。
ショベルビッグツインには2種類のカラーがあります。
1979年以前(写真左)と1980年以降(写真右)。ヘッドの形状が違います。
この車両は1971年式ですが、ヘッドが加工され高年式の物が入っていましたが、問題なさそうなのでそのまま使います。

a0248662_333163.jpg

a0248662_344919.jpg

バルブインナースプリングだけ組みます。
それぞれのアウターバルブスプリングの取り付け距離を測ります。

a0248662_393753.jpg

実測後スプリングカラーLOWERの下に、シムを入れて調整します。
.015” .030” .060” 3種類の厚みのシムがあります。(このシムも前期用、後期用があります。)
取り付け長が長い方にシムを入れ縮めるわけです。

ちなみにマニュアル上のバルブスプリング取り付け長は34.9mmです。

by sgf1906 | 2012-01-24 03:28 | 1971FLH1200 | Comments(0)
2012年 01月 22日

1968XLH900 ヘッド分解

今日は、アイアンスポーツヘッド分解です。

燃焼室を見れば、ある程度のエンジンの状態が解ります。
コイツは、燃焼室にオイルが燃えたのであろうカーボンが残っていました。
オイル下がり又は、オイル上がりをしていたのでしょう。
まぁこのぐらい、当たり前でが。

a0248662_0383844.jpg

ロッカーアームカバーからロッカーアームを抜きます。
ロッカーアームナットを外し、シャフトを叩いてやれば抜けます。
BTのシムで調整するのと違い、スプリングでロッカーアームの位置決めをしいます。

a0248662_043955.jpg

バルブスプリングコンプレッサーを使い、バルブを抜きます。
コッターを外しバルブを抜く際、バルブfが引っかかり抜けない時があります。
あせらず、いそかず、バルブコッターが、はまっている溝を見てください。
ここにバリがある時があります。ヤスリで削ってやれば、スゥーっと抜けます。

a0248662_0511775.jpg

バルブガイドにガタだあった為、バルブガイドドライバーで抜きます。
鉄ヘッドは硬いですよ。

a0248662_05513.jpg

バルブガイド外径計測。
コイツは1オーバーサイズが入ってました。
バルブガイドのオーバーサイズは0.001”(0.025mm)刻みであります。

a0248662_059270.jpg

バルブガイド穴、内径計測。
ガイド穴が楕円になっていたり、深い傷が入っていると、新しいガイドを入れてもここからオイル下がりをしたり、最悪ガイドが抜けたりします。

「測る度に出る数値が違うのですゥー」
生徒さんの悲痛の叫びです。

a0248662_195328.jpg

アルミヘッドに比べ、鉄ヘッドが変になっていることは少ないです。
そしてなんと言ってもカコイーです。僕は鉄が好きです。

by sgf1906 | 2012-01-22 01:21 | 1968XLH900 | Comments(0)
2012年 01月 11日

1971 FLH 1200 ロッカーアーム

僕は物覚えが悪い方の人間です。
そんな僕が何かを身につける為には、メモを一杯取ったり、反復してその作業を続けるしかありません。
知識や技術を自分のものにするのは大変です。

今回のショベルビックツインの生徒さんのIさんは、アイアンスポーツをトリニティーでレストアした卒業生でもあります。アイアンスポーツが出来た後、立て続けにビックツインを持ち込むという、内なる闘志を秘めた、知られざる変態です。


新しいブッシュを圧入後、リーミングします。
a0248662_2521027.jpg

a0248662_2522630.jpg

ロッカーアームシャフトは2点のブッシュで支持されます。
その為、2つのブッシュは一直線上で、真円でなければなりません。
ロッカーアーム用の長ーいリーマーで、ストレートリーミングします。
マニュアルでは0.013mm~0.051mmとなってます。
オイルが付いた状態で、ガタなくスムーズに動くところが良いでしょう。(0.02mm~0.03mm程度)

a0248662_3114992.jpg

ホーニングをします。
ブッシュの穴が鏡面状のままだと、オイルをつけたときに、張り付いた状態になり、動きが重くなります。
(例えば、二枚のガラスにオイル付けて合わせると、張り付いて取れません。)
ブッシュに細かい溝を作ってやり、オイルが流れるようにしてやります。

a0248662_3293158.jpg

ロッカーアーム、エンドクリアランスの調整。
シムで調整します。マニュアルでは、0.1mm~0.6mmとなっています。
今回は0.2mm~0.3mmにしました。

a0248662_3402339.jpg

ロッカーアームシム。
.005” .007” .015” 3種類の厚みがあります。

これでロッカーアーム完成です。


1977 XLH 1000
a0248662_3451339.jpg

Iさんが仕上げたアイアンスポーツ。
純正オプションのシーシバーが70年代の香りを運んできます。

by sgf1906 | 2012-01-11 03:50 | 1971FLH1200 | Comments(0)