タグ:ヘッド ( 88 ) タグの人気記事


2013年 09月 14日

1980FLH1340 バルブシートカット

今日はS沼さんのショベル・ビッグツインのバルブシートカット。
S沼さん持参のNEWAY製バルブシートカッターを使いシートカットします。

a0248662_112113.jpg

カッター部分、左が60°の刃、右が46°と31°

a0248662_114875.jpg

シートカッターのステムは.001”刻みで用意されていて、バルブガイド穴にピッタリ合うものを使います。

a0248662_122084.jpg

まず、46°のカッターでシート面をカット、面が綺麗になる程度カットします。
切ったシート面は46°ですがバルブの傘面は45°なので、この状態だと当り幅は殆ど線です。
少々擦り合わせ、シートと傘面の当り位置と当り幅をチェック。
当り面がバルブの傘の真ん中で1.3mm程度になるように、31°面、60°面をカットします。

a0248662_124445.jpg
a0248662_125825.jpg

インテーク側はこんな感じ。

a0248662_132360.jpg

エキゾースト側。

a0248662_133575.jpg

最後にシート面とバルブ傘面を指で押し当てて、ポート内に灯油を入れ漏れチェック。
ここで漏れるようであれば擦り合わせやり直しです。

今回使ったNEWAY製バルブシートカッターは専用設計だけあって使いやすく、作業も早く終わりました。
いやーこれ欲しいな。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-09-14 01:30 | 1980FLH1340 | Comments(0)
2013年 09月 11日

1980FLH1340 バルブガイド

今日はS沼さんのショベルビッグツインのバルブガイド。
初めからバルブステムが通らないKIBBLE WHITH製AMPCO45のバルブガイド。
ヘッドに圧入後、100分台のハンドリーマーで内径拡大するとなかなか真っ直ぐ切るのは難しく大変なので、何時ものように圧入前に内径拡大をしておきます。

a0248662_0542099.jpg
a0248662_0543985.jpg

専用の生爪にバルブガイドを銜え、リーマーで内径拡大。
バルブステム外径+クリアランス分までリーミング。

a0248662_0553274.jpg
a0248662_0554451.jpg

今回問題だったのがヘッド側のバルブガイド穴に、大きめの縦傷が入っていた事。(入ってしまったこと?)
ここに傷があるとオイルが傷を通りオイル下がりの原因になります。
という訳で、ヘッド側バルブガイド穴リーミング冶具を製作。
リーマーサイズは.004”o.s(外径15.98mm)のガイドに合わせ、0.04mmの嵌め代分小さい15.94mmのリーマー。

a0248662_0555599.jpg
a0248662_0562111.jpg

バルブシート45度面に冶具をあてリーミング。縦傷は大分マシになりました。

a0248662_0584550.jpg

シリンダーヘッドを十分に暖めガイドを圧入。

a0248662_059016.jpg

圧入後、嵌め代分縮んだガイド内径をリーミング。
インテーク側クリアランス0.02mm エキゾースト側クリアランス0.05mmにしました。





トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-09-11 01:40 | 1980FLH1340 | Comments(0)
2013年 06月 18日

1976FX1200 バルブスプリング&シリンダーヘッド完成

H本さんのショベル・ビッグツイン、バルブガイドリーマー加工、バルブシートカット、擦り合わせが終わり、シリンダーヘッド最終段階です。

a0248662_2562036.jpg

バルブスプリング取り付け長を調整。
インナースプリングだけを取り付け、アウタースプリングの取り付け長を計測。

F・IN 34.4mm  EX 34.6mm
R・IN 34.4mm  EX 33.8mm

EX側が0.8mmの差
EX側にシムを入れ、スプリング取り付け長を合わせます。
(同じ取り付け長にすること、同じスプリング圧力にするわけです。)

a0248662_257160.jpg

スプリング調整シムは0.4mm・0.76mm・1.52mmとあります。

a0248662_2571162.jpg

a0248662_3115417.jpg

8つのスプリングを用意、取り付け長の距離まで圧縮し、それぞれスプリング圧を計測。
同じ圧力のものを選びます。

a0248662_2573781.jpg

バルブスプリングの選定が終わり最終段階。
バルブガイドをホーニング。

a0248662_257461.jpg

熱変化が大きいAMPCO45のバルブガイド。
ヘッドを暖め熱がかかった時、冷めた時の状態をチェック。

a0248662_2582033.jpg

問題無く本組み。

a0248662_2583084.jpg

コッターの隙間を合わせる。

a0248662_2584478.jpg

ロッカーカバー乗っけ、ロッカーカバ20N.mで締め付けます。
締め付けトルクは目安であり、ガスケットが均一につぶれるように均等締めする事が大事です。


a0248662_3353116.jpg





トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-06-18 03:30 | 1976FX1200 CHOPPER | Comments(0)
2013年 06月 12日

1976FX1200 バルブシートカット&擦り合わせ

F本さんのショベル・ビッグツイン、シートカット作業です。

a0248662_1463542.jpg

フロント・インテーク側、リア・インテーク、エキゾースト側はシート面とバルブの傘面のあたりが良く、45度面のカットは必要なし。
シートあたり幅と位置を合わせる為に30度面と60度面をカット後、擦り合わせ。
a0248662_212530.jpg


a0248662_1451920.jpg
a0248662_14528100.jpg

インテーク側は、シートとバルブのあたり幅を約1.3mmに。(マニュアル通り)
あたり位置もバルブの傘の真ん中に。

a0248662_1484520.jpg

フロント・エキゾースト側の45度面は虫食いが酷く、虫食いが無くなるまで45度面シートカット。

a0248662_1485833.jpg
a0248662_149851.jpg

同じく60度面、30度面をカットし、あたり位置を調整。
擦り合わせをし、シート幅約1.5mmに。
熱がかかる排気側は、バルブの熱をヘッド側に逃がす為にシートあたり幅を少し多めにしました。

a0248662_1493582.jpg

最後に灯油チェック(指でバルブを閉めた状態で、ポートに灯油をいれ、バルブとシートのあたり面から漏れが無いかチェック。)
無事漏れなく、シートカット終了です。

a0248662_1494652.jpg

初めてバルブ擦り合わせするH本さん。(殆どの方が始めてですが。)
初めは、バルブをシートに打ちながら回すという作業に困惑するものの、4本目には美しい音色を奏でてました。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-06-12 02:17 | 1976FX1200 CHOPPER | Comments(0)
2013年 06月 06日

1976FX1200 バルブガイド

今日はハーレー・ショベルビッグツインのバルブガイドのお話。

a0248662_120519.jpg
a0248662_1201316.jpg

使うバルブガイドはKIBBLE WHITE製のAMPCO45。
バルブも同じくKIBBLE WHITE製BLACK DIAMOND。
このバルブガイドは元々内径が小さく作られており、バルブステムが通りません。
おまけにAMPCO45は持ちが良いのですが、粘り硬いので切削作業が困難で、ヘッドに圧入後のリーマー作業が大変になるので、先に内径拡大しておきます。

a0248662_124981.jpg

旋盤で切削作業。
専用の生爪でバルブガイドを銜え、リーマーを通します。
この時も小さいサイズのリーマーかあ0.01mm刻みで拡大していきます。

a0248662_1215056.jpg

下拵えはこれで終わり。
本作業に入ります。

a0248662_1243569.jpg
a0248662_1244971.jpg

このヘッドは当りです。
ヘッドのガイド穴は殆ど磨耗無く楕円なし。STDサイズのガイドで行けます。
ガイドの嵌め代は0.03mm~0.04mm程度。

a0248662_1252528.jpg

ヘッドを暖め、専用工具でガイドを圧入。


a0248662_1253724.jpg

ヘッドに圧入すると、ガイド圧入部分の内径が縮みます。
ハンドリーマーで切削作業です。
これもまた、小さいリーマーから0.01mm刻みで拡大していきます。

a0248662_1254974.jpg

という訳でリーミング作業終了。

バルブステムとガイドののクリアランス
IN側0.02mm、EX0.05mm になるまでリーミング。
この後ホーニングします。



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-06-06 02:13 | 1976FX1200 CHOPPER | Comments(0)
2013年 06月 01日

1977XLCR バルブシートカット

前回、バルブガイドの加工が終わったアイアンXLCR。
今日はバルブシートカット&擦り合わせです。

a0248662_085651.jpg
a0248662_095994.jpg

a0248662_0102960.jpg

まずは、カットする前にバルブとシートのあたりをチェック。
全周にあたってはいますが、IN側はあたりが悪くEXはベタあたりで、どちらともシートは虫食っています。

a0248662_0201249.jpg

a0248662_0205852.jpg

インテーク側。
45度面、60度面、30度面それぞれカット。バルブの傘のあたり面が随分燃焼室側に寄っていたので、30度面を多めにカット。
あたり面幅1.3mm程度です。

a0248662_0133083.jpg

エキゾースト側の45度面は随分虫食っています。

a0248662_0134447.jpg

虫食いが無くなるまで、45度面カット。
その後、シートあたり幅と位置を確認しながら、60度面30度面をカット。

a0248662_024258.jpg
a0248662_0244297.jpg

エキゾースト側のシート面あたり幅は1.5mm程度。
EX側はIN側と比べ熱を持つことを考慮し、あたり面を多めにしました。
(あたり幅が多い方が、バルブの熱がヘッドに逃げる。)

という訳で次回はバルブスプリング。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-06-01 00:54 | 1977XLCR1000 | Comments(0)
2013年 05月 25日

1977XLCR バルブガイド

今日はアイアンスポーツ、ヘッド回りバルブガイド組み立てです。

a0248662_040686.jpg
a0248662_0401818.jpg

錆が酷かったシリンダーヘッドはブラストをし耐熱ブラックで塗装。

a0248662_0403243.jpg

シリンダーヘッドのガイド穴内径計測。
楕円無く良好で、STDサイズのガイドで行きます。

a0248662_0405238.jpg

使うガイドはKIBBLE WHITEの鋳鉄ガイドのSTDサイズで外径14.35mm。ヘッドとの嵌め代は0.03mm程度。
いつもながら、バルブガイドにバルブステムが通りません。

a0248662_041416.jpg

ヘッドに圧入前に、旋盤を使いガイド内径拡大。
バルブステムがギリギリ入るぐらいまで切削。

a0248662_0411759.jpg
a0248662_0413328.jpg

シリンダーヘッドに圧入し、仕上げ用リーマーでリーミング。
IN側 0.025mm EX側 0.055mm のクリアランスになるリーマーで切削。
この後、ホーニングして仕上げです。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-05-25 01:11 | 1977XLCR1000 | Comments(0)
2013年 05月 21日

1979FLH1340 バルブガイド

今日はショベルビッグツイン・バルブガイド取り付け。

a0248662_10451376.jpg

シリンダーヘッドガイド穴内径計測。
楕円無く良好。嵌めシロを逆算すると0.001”o.s(15.90mm)のバルブガイドででいけます。
(1200ccと1340ccはガイド外径が違います。)

a0248662_10441990.jpg
a0248662_10443568.jpg

今回使うのはKEBBLE WHITE製のAMPCO45バルブガイド。
以前にお話ししましたが、初めの状態でガイドにバルブ通らず、シリンダーヘッドにガイド圧入後、リーミング作業が大変なので、先にガイド内径拡大しておきます。(バルブステムがギリギリ通るぐらいまで)

a0248662_10475058.jpg
a0248662_1048440.jpg

ヘッドにガイド圧入。圧入後ガイド内径は縮むので、リーマーを通します。
AMPCO45は粘り硬く、一気に大きなサイズのリーマーを通せないので、0.01mm~0.02mm刻みでリーマーを通して行きます。
バルブステムに合わせ、インテーク側クリアランス0.03mm、エキゾースト側クリアランス0.05mmにしました。





トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-05-21 11:25 | 1979FLH1340 | Comments(0)
2013年 05月 18日

バルブガイド圧入工具

a0248662_3311873.jpg
a0248662_3313396.jpg
a0248662_3314850.jpg
a0248662_3315966.jpg
a0248662_3321925.jpg
a0248662_3322846.jpg
a0248662_3323714.jpg
a0248662_3324826.jpg


ビッグツインと比べアイアンの特殊工具は少ない・・・・っと言うことで工具製作。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-05-18 03:37 | その他 | Comments(0)
2013年 05月 14日

1939EL1000 バルブ組み立て

今日はハーレー・ナックルヘッドのバルブ回りのお話。

a0248662_142264.jpg
a0248662_14237100.jpg

バルブガイド計測。
新品の純正バルブとのクリアランス  IN 0.04mm
EX 0.07mm
と状態が良いのでガイドはそのまま行きます。

a0248662_1425975.jpg
a0248662_1431097.jpg

バルブ摺り合わせをし、光明丹でチェック。
バルブとシートの当り幅 1.5mm程度でこちらも問題無し。

a0248662_1494297.jpg

バルブスプリングを取り付け、バルブスプリング取り付け長を計測。
フロント、リア、IN、EX共にはぼ数値変わらず、35.7mm~35.9m。

a0248662_1495437.jpg
a0248662_150979.jpg

8つの新品バルブスプリングをそれぞれバルブスリング取り付け長まで圧縮しスプリング圧を計測。
状態の良いもの4つを選びます。

a0248662_1511393.jpg

で、バルブ、バルブスプリングを本組みです。
ヘッド回りは以前オーバーホールをしていたらしく状態が良く随分とスムーズに進みました。

a0248662_1502031.jpg





TUNE車検取得

a0248662_1505022.jpg

最近、足立区車検所の二輪検査レーンは新設されたようです。





トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-05-14 02:22 | 1939EL1000 | Comments(0)