Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ヘッド ( 96 ) タグの人気記事


2018年 01月 19日

1976FXE1200 シリンダーヘッド(バルブガイド)

a0248662_947318.jpg

a0248662_9482198.jpg
a0248662_9484837.jpg
a0248662_949865.jpg

今日はHさんのショベルヘッド、バルブガイド周りのお話。
ガタがあり抜き取った純正鋳鉄ガイド、リアエキゾースト側は入れた時のものか、抜いた時のものか、アルミが齧った跡があります。
幸いにホーニング程度で傷は消え、ヘッド側ガイドホールの楕円も無く問題無し。
インテーク側は.001o.s エキゾースト側は.002o.sのガイドを外径調整して使います。



a0248662_951103.jpg
a0248662_9512897.jpg

a0248662_9514535.jpg


ガイドを入れる前に両ヘッド面研
ナメてしまっていたエキパイマウント部のネジ穴を垂直だしヘリサート加工。


a0248662_9495161.jpg
a0248662_950751.jpg
a0248662_9502621.jpg
a0248662_9504255.jpg

バルブガイド加工
使うバルブガイドはKPMI製のアルミ青銅ガイド
粘り硬いアルミ青銅のガイドはヘッドに圧入前に内径を前加工。また、外輪をヘッド側ホールに合わせ+ハメ代分のサイズまで研磨。






a0248662_9543456.jpg
a0248662_9545176.jpg

a0248662_9551055.jpg
a0248662_9552990.jpg
a0248662_9554982.jpg


ヘッドをよく温め垂直治具を使いバルブガイド圧入。
圧入後、ハメ代分縮んだ内径を.001mm刻みのリーマーで内径拡大して、使うバルブステム径に対し適正クリアランスにします。
粘り硬いアルミ青銅ガイドですので、リーマーが通っても切れきれて無い場合がありますので計測しながらの作業です








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純


by sgf1906 | 2018-01-19 12:42 | 1976FXE1200 | Comments(0)
2017年 11月 25日

1979FXS1200 バルブガイド

今日はS君のショベルヘッドのヘッド周りのお話。
バルブガイド交換です。


a0248662_8364967.jpg

a0248662_8371037.jpg
a0248662_8372490.jpg

純正鋳鉄ガイドが入っていましてそれなりにガタがきていましたのでガイド抜き取り。
他の3本は良かったのですが、リアEXガイドは抜き取り時にカーボンが噛み込み深めの傷が・・・。カーボン徹底除去したはずなのですが・・・取りきれないところに噛み込んでいたのかも知れません。
バルブガイドを圧入するガイドホールに傷があると、そこからオイルが侵入する可能性がありますので、シートに対し垂直にリーマーを通す冶具を使いアジャスタブルリーマーを使い内径拡大。
4本それぞれ計測しバルブガイドのオーバーサイズ径選定。


a0248662_8374232.jpg
a0248662_8375799.jpg
a0248662_83873.jpg
a0248662_8384612.jpg


使うバルブガイドKIBBLKEWHITH製のアルミ青銅ガイド。
このガイド持ちは以上に良いと思いますが、粘り硬く加工が非常に面倒です。
まずは内径加工。専用の生爪に加え旋盤でリーマー加工。0.01mm単位でリーマーを大きくしていき、使うバルブステム径+クリアランス分の大きさにします。
インテーク側はおまじない的にガイドの頭をテーパー加工しIN側のオイル下がり防止。


a0248662_8385914.jpg
a0248662_839983.jpg
a0248662_8392136.jpg

ヘッド側ガイドホールにあわせバルブガイドの外径加工。
4本それぞれ大きめのガイドを外径研磨し適正圧入代サイズになるように加工。
また、圧入の距離(ガイドの圧入部の長さ)もそれぞれのガイドホールに合わせ調整。



a0248662_8395897.jpg
a0248662_8402650.jpg
a0248662_8405713.jpg
a0248662_8411594.jpg

ヘッドをよく暖め、垂直冶具を使いガイド圧入。
ガイド圧入後、嵌め代分縮んだ内径を仕上げのリーマー加工。こちらも0.01mm単位で拡大していいきます。
これでガイドの加工作業はほぼ終わり。シートカットが終わったれホーニングし仕上げです。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-25 09:02 | 1979FXS1200 | Comments(0)
2017年 08月 19日

1951 TRIUMPH T100 シリンダーヘッド

今日はHさんのトライアンフ、シリンダーヘッド周りのお話。
バルブガイドの加工ごとが終わり、ヘッドに組みつけて行きます。


a0248662_23416100.jpg
a0248662_2344563.jpg

シリンダーヘッドをよーく暖めバルブガイド圧入。


a0248662_235499.jpg
a0248662_235252.jpg
a0248662_2354013.jpg

バルブガイドは使うバルブステム径に対しIN側、EX側それぞれ適正クリアランスになるように、前加工してありますが、圧入するとハメ代分内径が縮みますので、リーマーで内径拡大。
アルミ青銅製のバルブガイド非常に持ちはいいのですが、粘り硬く加工がしずらい。
0.01mm刻みのリーマーで適正クリアランスまで拡大。
しつこいようですが、粘り硬いのでリーマーを通しても切れきれていないことが多いので、ガイド内径を計りつつリーマーを通します。



a0248662_2362319.jpg
a0248662_2364318.jpg
a0248662_2365999.jpg

ロッカー、ヘッド面面研磨しガイド穴ホーニングし、バルブを通した状態でヘッドを暖め、バルブとガイドが渋くならないかチェック。
500のトラの燃焼室は小さくVMSにあるシートカッターでは大きすぎて使えないので、シートカットは内燃機屋さんに頼みます。


a0248662_2381471.jpg
a0248662_2383216.jpg
a0248662_2384845.jpg
a0248662_2391341.jpg

というわけで、内燃機屋さんから上がって来まして、美しし仕上がり。
バルブすり合わせ、灯油漏れチェックし問題無し。





a0248662_2393394.jpg
a0248662_2394826.jpg
a0248662_23101677.jpg
a0248662_231029100.jpg
a0248662_23104243.jpg

バルブアウタースプリングを取り付け、アウタースプリングの取り付け長チェック。
付いていた、スプリングを計測するも数値がバラバラ、スプリング自体へたっているようなので、スプリング交換。
アウター、インナーそれぞれでのスプリング圧計測し4本ともほぼ同じスプリング厚でO.K
インテーク同士、エキゾースト同士が同じ取り付け長、スプリング圧になるよう、バルブスプリングリテーナーの下にシムを入れバルブスプリング取り付け長を合わせる。


a0248662_23105861.jpg

というわけで、バルブスプリングを取り付けてシリンダーヘッド完成。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-19 23:33 | 1951TRIUMPH T100 | Comments(0)
2017年 07月 05日

1960NORTON650SS シリンダー・シリンダーヘッド分解・計測作業

Hさんのノートンドミネーター
ある日、エンジンからゴロゴロという異音が出始めたそうで、多分クランク軸受けベアリングがご臨終であろうということで、エンジンをオーバーホールしていきます。

a0248662_11135556.jpg
a0248662_11142980.jpg
a0248662_11145678.jpg

a0248662_11183886.jpg

a0248662_11153186.jpg
a0248662_11162147.jpg
a0248662_11165292.jpg
a0248662_11171711.jpg

a0248662_11222067.jpg

普通にアクセス出来る4本のヘッドボルト以外にヘッド前方に隠れている3個のナットさん、後方下にあるナットさん、前方したにあるナットさん2本を取り外し、ヘッド取り外し。
ヘッドとロッカーカバー一体のノートさんのヘッドはロッカーアジャスターをユルユルにしてプッシュロッドをフリーにしおき外しますが、外すときでも面倒なのに、組み付けるときはどうなることでしょうか。






a0248662_1124065.jpg
a0248662_11243322.jpg
a0248662_11251546.jpg

シリンダーを抜き取り、ピストンお目見え。
ピストンさんは状態よしで綺麗です。近年にボーリングをやり直したものと思われます。
でピストン抜き取り、コンロッドのガタチェック。
ドライブ側、タイミング側ともに1.3mm~1.4mmと大分ガタがきています。
ビッグエンド部で0.1mm以上ガタがあると思われます。



a0248662_11255397.jpg

a0248662_11265640.jpg

a0248662_11272537.jpg

a0248662_1128457.jpg

あれピストンにはSTDの刻印、もちろん寸法はスタンダードサイズです。
ということは、シリンダーさんはスリーブ加工されていました。
計測してみると、シリンダー側は酷い段減りはないもののピストンとのクリアランスは結構あります。もともと大きめのクリアランスをとっていたのでしょうか?
ともあれ、こいつはボーリングが必要です。




a0248662_1129212.jpg
a0248662_11294836.jpg
a0248662_1130279.jpg

タペットさんはカムとの可動面が線状に磨耗しています。
D型になっているノートンさんのタペット。カム回転方向に対しDが縦方向?に力がかかるようになっています。円柱上のタペットと比べ半円上のものの方が減りづらいのかしら?
確かに円柱上のものは力がかかる方向の上側、下側が減り樽状になりますのでガタが出ずらいのかもしれません。
戦前シングルノートンもD型タペットがあるようなので、ノートン独特の機構なのでしょう。
しかしながら、D型の形状のため力がかかる方向のタペット径の計測は出来ず、シリンダーガイド側を計測してみたものの、ここのボアサイズのデータがありませんので、新品タペットを見比べてみます。





a0248662_1133185.jpg
a0248662_11332551.jpg



a0248662_1134630.jpg
a0248662_1135873.jpg
a0248662_1136333.jpg

ロッカー周り抜き取り計測。
スピンドルがヘッドロッカー部に圧入されプレートで位置決めされています。
古いノートンさんはここの圧入がユルユルになっているものが多いらしいです。
ユルユルであれば、オイルラインもありますので、オイル漏れとともにスピンドルとヘッド側の穴とのガタが多くなっていくでしょう。
ヘッドを暖め抜き取り。EX側はよいもののIN側は手スポ。
ロッカースピンドル、ロッカーアーム計測。
スピンドルは磨耗しているものが多いので交換したほうが良いでしょう。
また、ロッカーアームもアームがある方向は磨耗しています。
このあたりは、新品スピンドルとの差異で確認します。


a0248662_11364545.jpg
a0248662_1137362.jpg
a0248662_11395064.jpg

a0248662_11402255.jpg

a0248662_1141083.jpg

バルブ抜き取り計測。
バルブは頭部分が大分叩かれていますので交換。またガイドも減ってしまっていますので交換します。でガイドを抜き取りますので、ポート内(ガイド付近)のカーボンを徹底除去。





a0248662_11423257.jpg
a0248662_1145523.jpg
a0248662_11455397.jpg

a0248662_11463596.jpg
a0248662_11471482.jpg

綺麗になって見えてくる。EX側のバルブシートは随分やられています。
で抜き取り工具を使い抜き取り。


a0248662_11475834.jpg

a0248662_1148527.jpg

IN側は問題なかったものの、EX側は抜き取りの際、きつめでありました。
抜き取ったガイドを見るとやはりEX側特にタイミング側はガイドの圧入部までオイルが行っているのがわかります。熱膨張の高いアルミヘッドに膨張率の低い鋳鉄ガイドの組み合わせでは、こうなってしまうのが宿命か・・・。

a0248662_11493423.jpg
a0248662_11502447.jpg
a0248662_11505773.jpg

ヘッド側ガイドホールは思っていたより軽症で、軽くホーニングし問題なく、リーマー加工は無しでいけます。良かったよかった。
というわけで計測し必要なバルブガイド径選出。


a0248662_11521494.jpg

ロッカースピンドルの圧入部も計測。
思っていたより変な寸法は出ていないので、こちらも新品スピンドルをあわせてみて考えます。
ここが駄目だと恐ろしい加工がまっていますから。

というわけで今日はここまで。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-07-05 22:54 | 1960NORTON650SS | Comments(0)
2017年 05月 20日

1951TRIUMPH T100 バルブ・バルブガイド加工&製作物

a0248662_758771.jpg
a0248662_758209.jpg

HさんのトライアンフT100
ヘッド側バルブガイドホールがグズグズだったので、リーマーをバルブシートに対し垂直に通し真円に。
真円加工したガイドホールに合わせバルブガイドの加工。



a0248662_7583838.jpg
a0248662_7585679.jpg

以前にもお話した通り熱膨張率の違うアルミシリンダーに鋳鉄ガイドの組み合わせのため、ガイド圧入部にオイルが進入し固着したと思われるヘッド。
そのため、今回はアルミ青銅製のバルブガイドを使いたいのですが、いつも使っているKIBBLE WHITH製のブラックダイアモンドバルブのT100用のものが出ていない。
アルミ青銅製のガイドを使いクリアランスを詰めると、バルブステムに傷が入り抱きつき気味になる恐れがありますので、今回は実験的にバルブステムにDLC(ダイアモンド・ライク・カーボン)コーティングしてみました。
コーティング後ステム径計測しほぼ数値は変わっていませんでしたので、ガイド加工へ。

a0248662_7591588.jpg

まずはガイド内径を予め拡大。
専用生爪に銜え、バルブステム径+IN・EXそれぞれのクリアランス分のサイズのリーマーで拡大。


a0248662_80236.jpg
a0248662_803793.jpg
a0248662_804973.jpg

芯の確認をして、バルブガイド外径を真円加工したヘッド側ガイドホールに合わせ、それぞれ外径切削・研磨。
KIBBLE WHITH製のガイドは大分大きめのガイドを作っているので助かります。
というわけで、バルブガイドの前加工終わり。


で残っていたG/B周りの製作もの。

a0248662_814185.jpg

a0248662_854580.jpg

a0248662_821950.jpg
a0248662_823315.jpg

ギアチェンジスピンドルブッシュをシャフト、インナーカバーにあわせ製作。
また、ギアチェンジスピンドル用のラッピングロッド製作。


a0248662_825293.jpg
a0248662_831260.jpg

クラッチプッシュロッドのブッシュを製作しT100さんの製作物はほぼ終わりかしら。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-20 08:31 | 1951TRIUMPH T100 | Comments(0)
2017年 04月 26日

750トライアンフヘッド修理(シートカット擦り合わせ・バルブスプリング)

a0248662_9501724.jpg
a0248662_9503766.jpg
a0248662_9505044.jpg

前回バルブガイドを入れ替えたトライアンフのヘッドさん。
光明丹をつけあたりっぷりチェック。4本とも全集に当たり状況良し。
4本ともバルブ傘下目にあたっています。


a0248662_9525388.jpg

a0248662_9511237.jpg

まずEXがわから
虫食いが酷かったEX側はまず虫食いが取れるまで最小限で45度面シートカット。


a0248662_9521170.jpg

a0248662_9523667.jpg

バルブシートとバルブ傘面の位置を合わせ30度面カットし、あたり幅1.5mmに。



a0248662_9531788.jpg
a0248662_9533336.jpg

IN側は45度面の状態が悪くなかったので、45度面は擦り合わせで仕上げます。
この車両は今までほぼシートカットをしていないと思われる車両で、なるべく45度面をカットしないようにします。
バルブ傘面とシートのあたり位置を合わせ、こちらも30度面カットし当り幅1.3mmに。

a0248662_9535061.jpg
a0248662_9541086.jpg

擦り合わせし仕上げ、灯油漏れチェックしO.K

a0248662_1094090.jpg

a0248662_1095625.jpg

a0248662_10101068.jpg

バルブガイドを鍔付きのものにしたためロワーバルスプリングブカラーは拡大加工し取り付け。

a0248662_95429100.jpg
a0248662_9544931.jpg

バルブスプリング。インナーを取り付けアウタースプリングの取り付け長チャック。
IN同士・EX同士で取り付け長の差異無くO.K。シム調整無し。

a0248662_95555.jpg
a0248662_9552370.jpg

アウタースプリング・インナースプリングを取り付け長でスプリング圧チェック。
アウターとインナーの組み合わせを調整し4本とも同じスプリング圧に。


a0248662_9554072.jpg

a0248662_10144826.jpg

バルブスプリング取り付け、ヘッド完成です。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-04-26 10:16 | その他 | Comments(0)
2017年 04月 22日

TRIUMPH750 ヘッド修理(バルブガイド)

a0248662_8365416.jpg
a0248662_837787.jpg
a0248662_8371921.jpg
a0248662_837314.jpg


今日は修理でお預かりしているトライアンフのヘッドのシリンダーヘッドのお話。
そもそもロッカーカバーマウントボルトのメネジ部分の修理でお預かりのヘッドでしたが、バルブフェース面、バルブシート面の虫食いもあり、ガイドホールもEX側は下部が0.15mm~0.3mmとだいぶ広がっていたので交換することに。
もともと、ロッカーマウント螺子が駄目になり、そのためロッカーアームとバルブのあたり角度が変わりバルブとガイドが齧った車両で、バルブが変磨耗したのでしょう。

a0248662_8541815.jpg

a0248662_8374867.jpg
a0248662_838114.jpg

燃焼室内、ポート内のカーボンをブラストしガイド抜き取り。
いつものように抜き取り工具でガイドを引っ張り上げると工具の螺子は進んでいくが、ガイドは上がってこない・・・?
ガイドを見てみると、押しているポート内のガイドが変形している。ガイドが抜ける前に変形したようだ。
今回、ガイドを抜く前にアルミロウで螺子部を埋めるためヘッドを熱したときにガイドが焼きなまったのか?
こらはわたくし初めての経験です。
ともあれ、変形したままだとガイドが抜けないのでヘッドを傷つけないようにリューターでガイドの変形部分を削り、バルブガイド頭側に螺子をきりボルトを入れ抜き取り。




a0248662_8383192.jpg
a0248662_8384485.jpg
a0248662_8385615.jpg

抜き取り後、ヘッド側ガイドホール計測。
しっかりカーボン除去したおかげで縦傷は少ない。
しかしながら、入り口から出口にテーパー状にに少々変形している。
この年代のトラのバルガイドには鍔が無くそのため、バルブの動作方向に変形しているものと思われる。
シートに対して垂直にリーミングできる冶具を使いリーマーで真円拡大。



a0248662_8391667.jpg
a0248662_8393072.jpg

バルブ・バルブガイドははkibblewhite製のものを使います。
ガイドは鍔つきのものに。


a0248662_8394810.jpg
a0248662_840171.jpg

うちのブログで何度も書きますが、アルミ青銅製のバルブガイドは粘り硬く、切削が困難なのでガイド圧入前にバルブステム径+クリアランス分のリーマーで内径拡大。
切れずらいので0.01mm刻みでリーマーを通します。



a0248662_8402277.jpg
a0248662_8403698.jpg

それぞれのヘッド側ガイドホールにあわせ外径加工。ホール径+嵌め代分。




a0248662_8405629.jpg
a0248662_8411038.jpg

a0248662_8412369.jpg

a0248662_8415517.jpg

テーパー状になっているガイド鍔部分にあわせ押し工具を作りバルブガイド圧入。


a0248662_8421329.jpg
a0248662_8422512.jpg
a0248662_8423719.jpg
a0248662_8434896.jpg

圧入後、圧入部分は内径が縮みますので、あらためてリーマー加工。
こちらも同じく0.01mm刻みで切って行きます。
このリーマーというやつは100分台で内径を出すためのものなので、切れすぎたらまずい。そのため切れづらくなっています。
そのためリーマーを通してもその寸法に切れていないことがあります。
リーマー通した後計測確認。



a0248662_844316.jpg

ガイド加工後、バルブの当たりっぷりチェック。
すべて、バルブとシートは全面あたりしています。つまりシートに対しガイドが真直ぐ入ったということ。
これで、シートカットが少し気楽です。
というわけで次回バルブシートカットです。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-04-22 09:24 | その他 | Comments(0)
2017年 04月 19日

1968BSA A65 バルブシートカット&バルブスプリング



今日はTさんのBSA A65のヘッド周りのお話。
バルブガイド加工圧入済みでバルブシートカット&スプリング組み付け。


a0248662_7321889.jpg

a0248662_7324140.jpg

バルブガイド及びバルブはkibblewhite製新品に交換。
軽く擦り合わせた状態でベタあたり。
バルブフェース面が細く作られているA65のバルブではフェース面が全部あたっている状態。
バルブシートはほとんど減っていない状態で良好。


a0248662_7325847.jpg
a0248662_7332147.jpg
a0248662_7343735.jpg

バルブシートカット、擦り合わせをしバルブ傘面とシートのあたり幅1.5mm程度に。
60度面をメインにカットし30度面は整える程度に。
一部30度面カットに苦戦、同じシートカッターを使いつつも車種によって、やり方を変える必要があるな・・・などと考える。
無事、シートカット擦り合わせ終わり。


a0248662_7393739.jpg

灯油漏れチェックしO.K


a0248662_7385053.jpg

a0248662_814024.jpg

a0248662_739260.jpg

ヘッド面やマニホールド面など面研して、バルブを付けヘッドに熱をかけバルブの動きが渋くならないかチェック。



a0248662_7395798.jpg

ここからはバルブスプリングのお話。
バルブのスプリング長チェック。マニュアル値44.45mm
4本とも数値的の問題ないので交換せずそのまま使用。


a0248662_7402273.jpg
a0248662_7413553.jpg

a0248662_742066.jpg

インアースプリングだけ取り付け、アウタースプリングの取り付け長チェック。



a0248662_7421793.jpg
a0248662_872355.jpg

シム調整をしIN同士、EX同士のスプリング取り付け長を合わせる。
丁度ハーレー用のスプリングシムがピッタリであります。



a0248662_7425385.jpg
a0248662_743773.jpg

アウター・インナースプリングのスプリング圧をそれぞれ計測し、組み合わせを変え、4本のスプリング圧を均等にする。
またA65のバルブスプリング(アウター)はサージング防止プログレッシブになっています。
巻きが細かいほうが下にして組みます。

a0248662_7432324.jpg

というわけで組み付けバルブ周り完了。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-04-19 08:21 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2017年 03月 25日

トライアンフ シリンダーヘッド修理

引越し前に預かっていたトライアンフT140のヘッド、やっと手をつけられます。遅れてすみません。
修理内容はまず、ロッカーカバーマウントボルトの雌螺子修正です。


a0248662_8393697.jpg
a0248662_840115.jpg
a0248662_8402163.jpg
a0248662_840348.jpg

タイミング側2箇所は普通に螺子山がナメてしまっています。
ドライブ側2箇所は元々入っていたインサートコイルが抜けてきてしまっています。
ここのねじ山は絞めすぎるとすぐナメるのでご注意を。




a0248662_8411626.jpg
a0248662_8412874.jpg
a0248662_8414495.jpg
a0248662_8415774.jpg

なめてしまっているタイミング側はヘリサート処理。
ボール盤にヘッドをセットし下穴を開け専用タップでねじ切り、コイル注入。
以前は1Dのコイルが入っていましたが、今回は1.5Dの長めのコイルを入れました。
ちなみにネジサイズは1/4”-20山UNCです。



a0248662_8425089.jpg
a0248662_843821.jpg
a0248662_843278.jpg

コイルが抜けてしまっていたD側は残っているねじ山をドリルでもみ、ウエルド君(アルミロウ)で穴を埋めます。


a0248662_844465.jpg

a0248662_8441770.jpg

T140はロッカーボックスに位置決めのピンが入っていますのでピンを抜き面研。
ついでにシリンダー面側も研磨。


a0248662_8444567.jpg
a0248662_8445950.jpg

穴埋め、研磨した穴はこんな感じ。しっかり埋まっています。



a0248662_8455533.jpg
a0248662_846917.jpg
a0248662_8462453.jpg

ピンを付け直し、ロッカーボックスを仮組みして位置決め。
ロッカーボックスボルト穴にぴったりのボルトを使い穴位置決め。


a0248662_8464917.jpg
a0248662_847370.jpg

a0248662_9467.jpg

それぞれ位置決めした位置でヘッドをセットし下穴、タップをたてD側の螺子修正もO.Kです。


a0248662_8473316.jpg
a0248662_8475195.jpg

a0248662_965461.jpg

ロッカーボックッスのスタッドボルトも抜き、螺子修正と面研。
ヘッドとロッカーボックスの面あたりもよさそうです。
というわけで螺子修正終了です。

a0248662_848745.jpg








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-25 09:08 | その他 | Comments(0)
2017年 03月 18日

1964XLCH900 シリンダーヘッド周り組み付け作業


今日はS君のアイアンスポーツ、ヘッド周りのお話。

a0248662_23563285.jpg

ヘッド周りは以前にオーバーホールしていたようで、鋳鉄ガイド、バルブともにKIBBLEWHITH製のものが入っています。
バルブステムとガイドのクリアランスはインテーク、エキゾーストともに0.05mmと状態が良いのでそのまま使います。


a0248662_23571081.jpg

a0248662_2357211.jpg

バルブシートとバルブのあたりもチェック。
あたり幅も1.5mm程度、位置も良いので今回はカット無し。

a0248662_2359999.jpg

a0248662_23585336.jpg

a0248662_23592763.jpg

a0248662_23595478.jpg

少々虫食いがありましたので、擦り合わせし虫食いを無くし、灯油漏れチェックし問題なし。


a0248662_005457.jpg
a0248662_01468.jpg

ガイド仕上げのホーニングし、ヘッド面ロッカーカバー面面研。


a0248662_013054.jpg

a0248662_014242.jpg

バルブスプリング取り付け長チェック。
インナースプリングを付けバルブ仮組みし、取り付け長チェック。


a0248662_015357.jpg

シム調整をして、インテーク同士、エキゾースト同士のスプリング取り付け長を合わす。



a0248662_021021.jpg
a0248662_02213.jpg

a0248662_023356.jpg

取り付け長までスプリングを圧縮させ、それぞれスプリング圧計測。
1本だけスプリング圧が弱かったので1本だけ在庫スプリングに交換。
また、1本だけインナースプリングとアウタースプリングの巻き方向が一緒だったので交換。
普通、アウタースプリングとインナースプリングの巻き方向は違います。


a0248662_025395.jpg

というわけでシリンダーヘッドの作業は終わり。





a0248662_03278.jpg

ここからはロッカーアームのお話。
ロッカーアームブッシュはシャフトに対し0.08mm~0.1mmとクリアランス多めなのでブッシュ交換。
JIMS製のブッシュはシャフトに対し0.1mm程度小さめに作られていますので、そのままロッカーアームにブッシュを圧入するとリーマー加工が大変なのであらかじめ、内径拡大しておきます。

a0248662_033823.jpg
a0248662_035336.jpg
a0248662_04640.jpg

専用生爪に銜え、シャフトにギリギリ入るぐらいまでブッシュ内径拡大。



a0248662_042376.jpg
a0248662_043696.jpg
a0248662_044795.jpg

ロッカーアームにブッシュ圧入。
圧入後、嵌め代分縮んだブッシュに専用のリーマーでラインリーミング。
粘り硬いブッシュなので、リーマーを通してもシャフトを通すと渋い場合が多いです。
専用ラップロッドを使い少々ラッピング。
バルブコンパウンドを使うので、ラッピングした際は、ロッカーアームにコンパウンドが残らないように徹底洗浄。

a0248662_05076.jpg
a0248662_053137.jpg

仕上げのホーニングしロッカー組みつけ。
というわけでヘッド周りの作業ほぼ終わりです。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-18 00:43 | 1964XLCH900 | Comments(0)