タグ:ブレーキ ( 11 ) タグの人気記事


2016年 12月 03日

1958VELOCETTE VENOM スイングアーム&ブレーキパネル



修理依頼でお預かり中のベロセット・ベノム
修正に出してあったスイングアームが帰ってきたので取り付けていきます。


a0248662_0104845.jpg

a0248662_22163067.jpg
a0248662_22164368.jpg

一応、前回と同じようにセットしチェック。
以前の状態と比べるとしっかり修正されているのが解ります。


a0248662_22165756.jpg
a0248662_22171090.jpg

スイングアームブッシュの状態は良かったのでそのまま取り付け。
良さそうですね。


a0248662_22173358.jpg

a0248662_22203010.jpg
a0248662_22204750.jpg
a0248662_2221381.jpg

ホイールベアリングは新品に交換。
まずリアハブフォロースピンドルに片側のベアリングを圧入。
このリアハブフォロースピンドルはベアリングカラーであり、スピードメーターを受けるクランピングスリーブの受けでもあり、ブレーキプレートロッキングボルトの受けでもあるので、両端が飛び出します。
そのため、ベアリングの外輪だけ押せるような圧入工具を製作し取り付け。



a0248662_22213250.jpg
a0248662_22214468.jpg
a0248662_22215625.jpg

割れてしまっていたブレーキプレートは新品のものに交換。
この新しいブレーキプレート、元々のものと比べると明らかに厚みがあり丈夫そうで、補強も多く入っていますが、すんなり付くのかしらと一抹の不安が・・・。


a0248662_22221174.jpg

ブレーキカムとブッシュのガタは良好でこのまま使います。


a0248662_22224189.jpg
a0248662_2223163.jpg

ブレーキプレートロッキングボルトとワッシャーを取り付け、ブレーキドラム取り付け。
ブレーキプレートロッキングボルトとワッシャーでブレーキパネルが位置決めされます。
この車両にはシム2枚付いていましたので、それもつけて組み込み。


a0248662_22242971.jpg

ホイールを組み付けると、ホイールの動きが渋い・・・。何かが擦っているようです。

a0248662_22244763.jpg

ドラムをはずして組んでみると問題なく回ります。
ということは新しいブレーキプレートとドラムが干渉しているということ。


a0248662_2225470.jpg

ブレーキプレートに印を付けチェック。
外輪が擦っているようです。

a0248662_22252365.jpg

a0248662_22255169.jpg

ブレーキプレートロッキングボルトを使いプレートを旋盤に銜え、芯だしをし切削。

a0248662_22263997.jpg
a0248662_22265031.jpg

もうひとつ問題が、プレート側面の逃げ部分。
元々のプレートと比べると逃げ部分の幅が少ない。こちらも擦っているようなので、芯だしし突っ切りで切削。


a0248662_22271528.jpg
a0248662_22273790.jpg



a0248662_22275846.jpg

これで、プレートが擦ることはなくなりました。


a0248662_22282397.jpg

曲がってしまっていた、ブレーキカムステディーとブレーキトルクステイも交換。
ブレーキトルクステイの取り付けが悪く、プレートに変な力がかかると、ブレーキが擦ってしまったり、プレートが割れてしまう場合があります。今回はブレーキトルクステイの取り付けは問題なし。

a0248662_22284213.jpg

a0248662_2229952.jpg

ブレーキカムステディーは普通に取り付けると、位置が合いません。
ブレーキカムステディーを少々曲げ修正。


a0248662_2230812.jpg

a0248662_22302438.jpg

スピードメータードライブはクランピングスリーブとの受け部分が減ってしまい、取り付けると動きが渋くなってしまいます。このパターンは結構多いです。ハーレーアイアンスポーツのカムシムがぴったり合いますので、シム調整。


a0248662_22293176.jpg

a0248662_22294682.jpg

リムのセンターチェック。
ズレていたら、タイヤをはずしスポークで調整、センターだしをしようと思っていましたが、問題なし。
フレームの背骨部分と真っ直ぐです。

というわけで今日はここまで。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-12-03 01:00 | 1958VELOCETTE VENOM | Comments(0)
2014年 12月 20日

1963FLH1200 フロントブレーキケーブル

今日はSさんのパンヘッド・フロントブレーキケーブル製作のお話。
元々ついていたケーブルチューブが変に曲がっていた事とハンドルバーを交換したので、ケーブル周り製作することに。

a0248662_02654.jpg

こちらの写真は純正のケーブルチューブ。
外径10mm内径8mmのパイプがドラムフィッティング部へいくとテーパーになっています。内径も同じく細くなり曲がっています。溶接、ろう付けの跡もありません。これどうやって作ったのでしょうか?
自分なりに作ってみます。

a0248662_0265346.jpg

a0248662_0271076.jpg

まずはドラムフィッティング部分は8mmの同パイプで製作。
テーパー加工し取り付け、曲がりに角度を決める。

a0248662_0272720.jpg

パイプに板金半田付け。

a0248662_028981.jpg

塗装しこんな感じに。


a0248662_0274535.jpg

ケーブルも製作。直留めだったアウターケーブルにはフィッティング取り付け。

a0248662_0284386.jpg
a0248662_029881.jpg

長さを決め、インナーケーブルにタイコ取り付け。

a0248662_0294914.jpg

という訳でフロントブレーキケーブル出来上がりです。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-12-20 00:51 | 1963FLH1200 | Comments(0)
2014年 11月 27日

VELOCETTE KSS MKⅡ Rブレーキ

今日はEさんのベロセットのリアブレーキのお話。

a0248662_0442453.jpg
a0248662_0444459.jpg
a0248662_045451.jpg

ブレーキカムがドラムと干渉した跡があります。
ブレーキカムスリッパー2枚入りでありました。

a0248662_0452040.jpg

謎のシム入り。

a0248662_0453246.jpg

ブッシュ仕様になっていたブレーキカムは目で隙間が見えるぐらいにガタが。

a0248662_0462073.jpg
a0248662_0463036.jpg

a0248662_0464910.jpg

まずはプレート側の穴の楕円修正。
ボール盤にセットし、アジャスターリーマー手回しで真円拡大。

a0248662_047723.jpg
a0248662_0471887.jpg

カムシャフト、ブレーキプレートホールの径に合わせブッシュ製作。
ついでに圧入工具も作る。

a0248662_048650.jpg

a0248662_0481611.jpg

圧入後、嵌め代分縮んだ内径を研磨棒を使いラッピング。

a0248662_0482896.jpg

a0248662_0503430.jpg

ブレーキシューはドラム径に合わせ張替え。ブレーキカムスリッパーも一枚になりました。
シューとドラムのあたりっぷりも良さそうです。

a0248662_0504798.jpg

カムがドラムと干渉していた原因はカムのスラスト量が多すぎるためでした。
シムをつくり解消。

a0248662_0511364.jpg

スプロケットも交換してドラム回り完成。
以前グローブで販売されてなっかった鉄スプロケットが今では生産されているようですよ。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。





Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-11-27 01:17 | VELOCETTE KSS MKⅡ | Comments(0)
2014年 09月 23日

1963FLH1200 フロントブレーキ

今日はSさんのパンヘッド・グライドブレーキ。
利きが悪かったフロントブレーキ、ドラムブレーキを利くようにするのは骨が折れます。

a0248662_0474996.jpg


a0248662_0491946.jpg

まずはブレーキカムスタッド。
サイドプレートにほぼ0のクリアランスで入っているカムスタッドでありますが、サイドプレートの穴が広がりガタガタ。またカムスタッドはイモネジで止められているのですが、イモネジがナメてしまっており、位置的に抜き取り不可能・・・。
という訳でスリーブを作り、カムスタッドを圧入します。

a0248662_0493643.jpg
a0248662_0501661.jpg
a0248662_0503852.jpg

サイドプレートの穴を拡大し、片肉0.5mmのスリーブを製作しサイドプレートに圧入。
その後、カムスタッドも圧入。

a0248662_051107.jpg

コチラはピボットスタッド。
ハーレーのドラムブレーキはここの部分にガタが多いです。
ドラムのピボットでもあり、フロントフォークとのマウント部でもあるピボットボルトにガタがあると、マウントの仕方(ネジの締め方)でライニングとドラムのあたりっぷりが変わってしまうと思われます。

a0248662_0512396.jpg
a0248662_0513763.jpg
a0248662_0514646.jpg

コチラもスリーブを作り、ガタを無くします。

a0248662_052032.jpg

ブレーキライニング張替え。

a0248662_052143.jpg

付いていなかったカムレバーのワッシャーも製作。

a0248662_052453.jpg

a0248662_053074.jpg

あたりが悪かったドラムも面研磨。
利くブレーキになりますように。次回に続く。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-09-23 01:26 | 1963FLH1200 | Comments(0)
2014年 06月 04日

1975XLH1000 棟上・フロントブレーキ

今日はO山さんのアイアンスポーツのお話。
「最近O山さんネタ書いてないな・・・」とフト気づき、遅ればせながらのアップです。

a0248662_245466.jpg

リムの触れ取りが終わりタイヤを装着。
アルミHリムは気を使います。

a0248662_251277.jpg

ローターは新品に交換。
74年~76年に使われていたFブレーキローターのサポートはフロントホイールのスペーサーも兼ねています。

a0248662_252878.jpg

ローリングシャシーに。

a0248662_25473.jpg

組みあがった腰下を「エイヤ」っとのっけます。
車両が重くなってきたのでブレーキを付けなければ。

a0248662_26113.jpg

という訳でフロントブレーキ。
キャリパーのオイルシール交換。
このキャリパーまでピストンにフリクッションリング(丸線のスプリングワッシャーみたいなもの)が付いています。このリングがピストンを戻す役割をしています。

a0248662_261548.jpg

マスターシリンダーはAPロッキードを使います。
中古品なので分解・清掃。

a0248662_271747.jpg

このマスターシリンダーが素晴らしいのは普通、レバーでピストンを直接押すところをアーム的なものが入り、テコの原理でピストンを押すことにより、レバー比・油圧量を調整できることです。
普通油圧量はピストン径により異なるので、使うキャリパーとの相性がありますが、ロッキードはレバーとアームの押す位置が変わることにより油圧量が変わるのです。このマスターシリンダーは万能なのではないでしょうか?別のキャリパーにも使ってみたいです。

a0248662_291111.jpg

エア抜きをして、ブレーキタッチに感動。


a0248662_295572.jpg









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-06-04 03:19 | 1975XLH1000 | Comments(0)
2014年 05月 01日

1965XLCH900 元通り

F井さんのアイアンスポーツ、Fブレーキドラムが偏心していた問題です。

a0248662_1584621.jpg

a0248662_1585670.jpg

旋盤屋さんで研磨してもらったはずが、片あたりしてしまっています。
ホイールを一旦ばらして、旋盤にハブを両センターで銜えドラムの偏心っぷりをチェック。
おっと、1mmも振れています・・・。

このドラムのMAX・DIA(使用限度)は8.04”(204.2mm)となっています。
研磨し直すと、この使用限度の数値ギリギリになるな。
このドラムは諦め、別の中古ドラムを使うことに。

a0248662_159746.jpg

a0248662_1591617.jpg

という訳で、リム組み、振れとり、センター出しし直し。

a0248662_159302.jpg
a0248662_1594115.jpg

リアドラムのブレーキシューあたり調整をして元通りになりました。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-05-01 02:28 | 1965XLCH900 | Comments(0)
2014年 03月 25日

1396EL1000

今日はW辺さんのナックル・スプリンガーフォークのブレーキ。

a0248662_9102670.jpg

ブレーキシュー・オペレーションシャフトのガタは問題無くそんまま。

a0248662_923056.jpg
a0248662_924023.jpg
a0248662_92505.jpg
a0248662_92591.jpg

ブレーキワイヤーは交換。ブレーキレバー・ブレーキコントロールアジャスターに合わせケーブルフィッテング製作。
このケーブルフィッテングを付けずに直接ケーブルをつけている車両をよく見かけまが、フィッテングをつけていない為アウターケーブルエンドがクチャクチャになっているものが多いです。

a0248662_931276.jpg
a0248662_93216.jpg
a0248662_9329100.jpg

ブレーキシャンクルのブッシュにはガタがあったので交換。
シャンクルバーとブッシュの嵌め代が少々キツイ。

a0248662_934082.jpg
a0248662_935182.jpg

ブッシュの外径を0.02mm程度切削し、圧入。

a0248662_922186.jpg

フロントブレーキ回り完成です。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-03-25 09:26 | 1939EL1000 | Comments(0)
2013年 07月 29日

1976FX1200 ブレーキ回り

今日はH本さんのショベル・ビッグツインのブレーキ回り。

a0248662_11415648.jpg

a0248662_11421669.jpg

元々付いていた11.5”のブレーキローターは随分減っていたので交換。
なのですが、この年式のフロントハブ用の11.5”ローターがありません。
年式違いのローターのハブマウント部分の穴を拡大し流用しました。

a0248662_114225100.jpg

フロントのローターボルトは皿ボルトを使います。
HEXボルトだとフォークに干渉してしまいます。

a0248662_11433047.jpg

パフォーマンスマシーンのキャリパーもシール、パッド交換。

a0248662_11423732.jpg

フロント・レフトサイドはブレーキロータープレートを入れキャリパー位置がローターの中心に来るように調整。

a0248662_1144821.jpg

a0248662_12132633.jpg

リア側はブレーキキャリパーとサポートの間にシムを入れ調整。

a0248662_11442673.jpg







トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-07-29 12:15 | 1976FX1200 CHOPPER | Comments(0)
2013年 02月 06日

1971FLH1200 フロントドラム

今日はショベル・ビックツインFLHのFドラムブレーキのお話。
69年~71年まで使われていた車体の右側に付くタイプのドラムブレーキ。
68年以前のものとは、共通部品が少ないので、お気をつけを。

a0248662_2272311.jpg
a0248662_2275041.jpg
a0248662_228277.jpg

ライニングを張り替えた、ブレーキシュー。
ドラムとブレーキシューが引きずらない程度まで、ブレーキカムとブレーキシューの当り面を削ります。
カムが回転したときに左右のカムが均等に動くように削らなければいけません。

a0248662_2282591.jpg

a0248662_2283438.jpg

ピボットスタッドとサイドプレート(バックプレート)のピボット部に“隙間”があります。
ここにガタがあると、ピボットスタッドを締めた位置によってブレーキシューのあたり方が変わってしまいますし、制動時の反力トルクがかかる訳ですから良くありません。
スリーブを作ってガタを無くしました。


a0248662_2284938.jpg

このドラムブレーキはサイドプレートの内側にカムレバーが付きます。
洒落ていますがメンドクサイ。
サイドプレートアッセンブリーをフレームに付けておき、カムを固定しブレーキワイヤーの長さを調整します。

a0248662_327826.jpg

ドラム(ホイール)を付け、微調整はブレーキケーブルアジャスターでします。

この車両は元々、年不相応のパーツばかり付いており、元に戻すのにパーツがなんやかんや合わず大変でした。ここまで戻せたのはI籐さんの根気のお陰です。
私は純正主義ではありませんが、年相応のバイクが好きです。



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-02-06 03:38 | 1971FLH1200 | Comments(0)
2012年 11月 21日

1971FLH1200 油圧ドラムブレーキ

今日はハーレー・ショベルビックツインの油圧ドラムブレーキのお話。
1958年~1972年まで使われていた油圧ドラム。なかなか凝った作りになっています。

a0248662_1533532.jpg
a0248662_1534634.jpg

年式によりバッキングプレートの形状やブレーキシューの厚みドラムの形状などそれぞれ違います。
今回のものは67年~72年まで使われていたものです。

a0248662_1541977.jpg

ホイールシリンダー。
油圧でピストンを押しブレーキシューを開きます。当然、シリンダーとピストンのガタやラバーカップの劣化があると油圧が逃げてしまいます。ブレーキドラム内にホイールシリンダーがある訳ですから、ブレーキフルードが漏れていたら最低です。

a0248662_155933.jpg
a0248662_1552797.jpg

ブレーキシューはフローティング式。
ドラム内でシューが上下に動き全面でドラムに当るようになっています。

a0248662_1562172.jpg

a0248662_1554957.jpg

ブレーキシューの調整は、エキセントリックになっている調整カム(ストッパーで)します。
左右それぞれの調整カムを回し、タイヤが抵抗無く回るところにするわけです。

とまぁ、メカニカルドラムブレーキに比べ随分と豪勢な作りになっています。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-11-21 02:53 | 1971FLH1200 | Comments(0)