タグ:バルブ ( 2 ) タグの人気記事


2015年 04月 25日

1950 陸王VF1200 バルブ&バルブガイド シートカット擦り合せ

今日はTさんの陸王バルブ周り。

a0248662_014537.jpg

状態が悪かったバルブは新品に交換。

a0248662_015311.jpg

まずはリアシリンダーから。
新品バルブステム径に対し、ガイド穴径は0.1mm程度のクリアランスだったのでそのまま使うことに。
サイドバルブのバルブガイドとバルブステムのクリアランスは大きめ、構造上バルブステムにオイルが行きづらいためです。
カーボンを落とす程度にリーミング。

a0248662_0152560.jpg

シートカット&擦り合せ。
a0248662_0173098.jpg

インテーク側、エキゾースト側ともにバルブとシートのあたり幅を1.5mm程度に。

a0248662_01844.jpg

ポート内に灯油を入れバルブとシート面から漏れが無いかチェック。


a0248662_0182959.jpg

フロントシリンダー側はガタが多かったのでガイド交換。
鋳鉄ガイドと鋳鉄シリンダーしかも圧入距離の長いサイドバルブのバルブガイド、古い車両だと結構固着しています。今回もインテーク側ガイドは割れてしまいました。
古い鋳鉄ガイドは熱が入り抜く際に割れてしまう事が多いです。鋳鉄ガイドあるあるです。
ともあれ苦労しつつ無事抜き取り。

a0248662_0183974.jpg

ガイド抜き取り後、シリンダー側ガイドホール計測。
ホールは状態良く、STDサイズのガイドでいけます。

a0248662_0185227.jpg

a0248662_019780.jpg

で陸王ガイド用の生爪製作しガイド内径リーマー加工。


a0248662_0191820.jpg

a0248662_0195741.jpg
a0248662_020736.jpg

a0248662_0201840.jpg

ガイド長さ、圧入距離が長いためOHV用の圧入工具が使えない為、工具製作。
ガイド圧入。
圧入距離の長いサイドバルブのガイドはハメ代を多く取ってしまうと入らなくなってしまいます。
お気をつけを。

a0248662_020463.jpg

a0248662_0212449.jpg

ガイド圧入後、縮んだガイド内径をリーマーで真円拡大。
ステムに対し0.08mmのクリアランスに。


a0248662_0215847.jpg

a0248662_0221486.jpg

ガイド内径に合わせて、ピッタリのシートカット工具用のシャフト製作。
圧入したガイドに合わせシートカットしますので、ここがピッタリではないといけません。

a0248662_023869.jpg

a0248662_0222959.jpg

虫食いが合った45度面をカットし45度面をべたあたりに。

a0248662_0232343.jpg

60度面、30度面は少々カットして、バルブの傘面とシート面のあたり幅が1.5mmなるように調整し擦り合せ。

a0248662_023365.jpg

a0248662_0234749.jpg


a0248662_0235850.jpg

灯油チェックしてO.K

a0248662_0241382.jpg

最後にホーニングして仕上げバルブ周りの作業終了です。




後は製作もの


1950EL1000

a0248662_0251739.jpg

a0248662_0253026.jpg

Mさんのパンヘッド用のガイドホールリーマー冶具製作。
サイズ違いのリーマー2本分です。



1955FL1200

a0248662_025456.jpg

寸法違いだったYさんのパンヘッド用のスターターラチェットブッシュ作り直し。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-04-25 01:06 | 1950 陸王VF1200 | Comments(1)
2015年 01月 21日

1970TRIUMPH T120 バルブガイド

今日はKさんのトライアンフ・バルブガイドのお話。

a0248662_0214087.jpg

シリンダーヘッド分解後、バルブガイド穴径計測。
インテークバルブガイドは大分ガタがあったので交換。
エキゾースト側は使用するKIBBLEWHITE製のブラックダイアモンドバルブとの組み合わせで使えそうなのでそのまま。(KIBBLEWHITE製のブラックダイアモンドのバルブステムは少々太めに作られている)

a0248662_022240.jpg

a0248662_0233716.jpg

IN側のバルブガイドを抜き、ヘッドガイドホール径計測。
残念ながら0.03mm程度楕円だったのでリーマーを通し真円にします。

a0248662_026245.jpg

a0248662_0262095.jpg

冶具をつくり、最小のリーマーサイズで真円拡大。


a0248662_024846.jpg
a0248662_0241978.jpg

バルブガイドも加工。
ガイドもバルブもKIBBLEWHITE製。ステム径+クリアランス分のサイズのリーマーでガイド穴拡大。
専用生爪に加え旋盤で拡大していきますが、使うアルミ青銅のガイドは粘り硬く、一気に切れきれないので、0.01mm刻みでリーマーを通し、適正サイズにします。

a0248662_0243595.jpg

ガイド外径も真円拡大したヘッド側ガイドホール径+嵌め代のサイズまで研磨。


a0248662_0265073.jpg

ヘッドをよく暖めガイドを圧入。

a0248662_027056.jpg

a0248662_027925.jpg

圧入後、縮んだガイド穴をリーミング。
エキゾースト側も使うバルブステム径+クリアランス分のサイズでリーミング。
インテーク側よりも熱がかかるエキゾースト側はクリアランス大目にしておきます。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。





Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-01-21 00:57 | 1970TRUMPH T120 | Comments(0)