Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ハーレー ( 883 ) タグの人気記事


2017年 03月 26日

1970XLH900 トランスミッション組み付け

今日はTさんのアイアンスポーツ、トランスミッション周りのお話
クラッチギアのブッシュ・ベアリング交換、メインシャフとベアリングレース交換・ラッピングが終わっていまして、その後のお話。



a0248662_8544421.jpg
a0248662_8552084.jpg

メインシャフトはベアリング摺動部がやられていましたので新品に交換。
67年~70年用のもの。


a0248662_858622.jpg

a0248662_8571628.jpg
a0248662_8574114.jpg

トランスミッションを仮組みして、ドッグギア位置チェック。
3rdギアと4thギアの入りっぷり良いものの、1stギアと2ndギアの入りっぷりがイマイチなのでシフターフォークサイズを変更しギア位置調整。


a0248662_8592292.jpg

a0248662_859328.jpg
a0248662_8594059.jpg

シフト位置調整が終わったところでメインシャフと、カウンターシャフトのスラスト調整。
それぞれシム調整をして0.1mm~0.2mmのスラストに。


a0248662_901813.jpg
a0248662_903760.jpg

段減りしていたシフターシャフトはプレーンタイプ(シフトペダルとの結合部分に止めが無いもの)からスプラインタイプのものに変更。
仮組みると干渉するので干渉部分を加工。


a0248662_90553.jpg

a0248662_914113.jpg

a0248662_911419.jpg

シフターシャフトブッシュも単品製作し組み付け。
トランスミッション仮組みしてギアチェンジチェック。
問題なく、トランスミッション周りの作業終わり。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-26 09:19 | 1970XLH900 | Comments(0)
2017年 03月 22日

月曜日の授業風景


1939EL1000

a0248662_8431558.jpg
a0248662_8432985.jpg
a0248662_843445.jpg




Wさんのナックルヘッド
先日先日オープンロッカー化したヘッドを載せエンジン始動。
懸念していたロッカーに圧送されるオイルの漏れっぷりはF・EXは大分漏れます。
もちろんオイルは行かなくてはいけないし、オープンなので漏れるのは当たり前。
しかしながら多少はこのあたりをコントロールしたい。
というわけで実験的にヘッド側に行くオイルラインにJETを製作し取り付け、エンジン始動。


a0248662_8441561.jpg
a0248662_8442866.jpg
a0248662_84552.jpg
a0248662_8455844.jpg


残念ながらオイルの行きっぷりはそんなに変わらずロッカーアームエンド部から漏れてきます・・・。
今回使っているロッカーアームは40年代のもので、Wさん所有の30年代のロッカーアームにはアーム横に2mm程度のオイルラインが開いています。
オイル量をコントロールするのなかなか難しいと判断し、圧送されたオイルがカップ側に逃げるように、30年代のロッカーアームを付け実験。






1964XLCH900

a0248662_8461810.jpg
a0248662_8463122.jpg
a0248662_8473382.jpg


S君のアイアンスポーツ
T/Mのシフターフォーク選択、メインシャフと、カウンターシャフトそれぞれのスラスト調整が終わり仮組みして、ギアチェンジチェック。
問題なくO.K。


a0248662_8475955.jpg
a0248662_8481546.jpg
a0248662_8483846.jpg
a0248662_849546.jpg
a0248662_8485067.jpg

a0248662_8494619.jpg


フロント・リアともにブレーキライニングを張替え、あたりっぷりチェック&擦り合わせ調整。
このブレーキの作業、地味な割りに体力も使い大変です。




a0248662_8502885.jpg
a0248662_8505668.jpg
a0248662_8511684.jpg
a0248662_8513715.jpg


月曜日は祝日ということで、引越し作業を手伝ってもらった卒業生たちがなんやかんやと。
Mくんのサンビームさんはバルブスプリングをコイルスプリング化した後、問題なさそう。
SさんのトラヴィスものBSA B50は非常に綺麗でな。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-22 09:13 | その他 | Comments(0)
2017年 03月 19日

土曜日の授業風景

1971 BSA A65

a0248662_8445629.jpg
a0248662_8451439.jpg
a0248662_8453712.jpg
a0248662_8463443.jpg


TさんのBSA
以前(引越し前)に始動したものの、始動性が悪く、アイドリングも落ちつかなかった。
マニホールド部からの2次エアを吸っていたようで、修正し始動。
始動性も問題なく、アイドリングもO.K。
プライマリー周りからチェーンが擦っている音がするのでチェックし、そろそろ車検かしら。









1970XLH900


a0248662_8482050.jpg
a0248662_84966.jpg
a0248662_850338.jpg
a0248662_8504961.jpg


Tさんのアイアンスポーツ
点火システムはうちではあまり使わないフルトラのものを使います。
点火時期をある程度合わせ取り付け。キャブ周りも取り付け、ケーブルを引き、配線周りの作業。
デスビ取り付けのNO.12-24の六角頭のボルトはあまり流通がないので製作します。






1968 BSA A65

a0248662_8525853.jpg
a0248662_8531640.jpg
a0248662_8534289.jpg
a0248662_8535471.jpg

a0248662_8544460.jpg
a0248662_8545785.jpg
a0248662_8551060.jpg

a0248662_8552280.jpg


NさんのBSA
バルブスプリング取り付け長をしっかり計り、シム調整。
取り付け長が出たところで、バルブスプリング圧計測しバルブスプリング取り付け。
ヘッド周りの作業が終わり、残っていたケース側の加工ごと。





1976XLCH1000

a0248662_8554257.jpg


Z君のアイアンスポーツ
たまにガス欠症状が出ていいましたが、ガスフィルター不良のためでありました。
というわけで、フィルターをとり試乗。
Z君「チョーキモチー」と問題なさそうです。
もう少し走ったら2回目のオイル交換、増し締めをして卒業となりそうです。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-19 09:17 | その他 | Comments(0)
2017年 03月 18日

1964XLCH900 シリンダーヘッド周り組み付け作業


今日はS君のアイアンスポーツ、ヘッド周りのお話。

a0248662_23563285.jpg

ヘッド周りは以前にオーバーホールしていたようで、鋳鉄ガイド、バルブともにKIBBLEWHITH製のものが入っています。
バルブステムとガイドのクリアランスはインテーク、エキゾーストともに0.05mmと状態が良いのでそのまま使います。


a0248662_23571081.jpg

a0248662_2357211.jpg

バルブシートとバルブのあたりもチェック。
あたり幅も1.5mm程度、位置も良いので今回はカット無し。

a0248662_2359999.jpg

a0248662_23585336.jpg

a0248662_23592763.jpg

a0248662_23595478.jpg

少々虫食いがありましたので、擦り合わせし虫食いを無くし、灯油漏れチェックし問題なし。


a0248662_005457.jpg
a0248662_01468.jpg

ガイド仕上げのホーニングし、ヘッド面ロッカーカバー面面研。


a0248662_013054.jpg

a0248662_014242.jpg

バルブスプリング取り付け長チェック。
インナースプリングを付けバルブ仮組みし、取り付け長チェック。


a0248662_015357.jpg

シム調整をして、インテーク同士、エキゾースト同士のスプリング取り付け長を合わす。



a0248662_021021.jpg
a0248662_02213.jpg

a0248662_023356.jpg

取り付け長までスプリングを圧縮させ、それぞれスプリング圧計測。
1本だけスプリング圧が弱かったので1本だけ在庫スプリングに交換。
また、1本だけインナースプリングとアウタースプリングの巻き方向が一緒だったので交換。
普通、アウタースプリングとインナースプリングの巻き方向は違います。


a0248662_025395.jpg

というわけでシリンダーヘッドの作業は終わり。





a0248662_03278.jpg

ここからはロッカーアームのお話。
ロッカーアームブッシュはシャフトに対し0.08mm~0.1mmとクリアランス多めなのでブッシュ交換。
JIMS製のブッシュはシャフトに対し0.1mm程度小さめに作られていますので、そのままロッカーアームにブッシュを圧入するとリーマー加工が大変なのであらかじめ、内径拡大しておきます。

a0248662_033823.jpg
a0248662_035336.jpg
a0248662_04640.jpg

専用生爪に銜え、シャフトにギリギリ入るぐらいまでブッシュ内径拡大。



a0248662_042376.jpg
a0248662_043696.jpg
a0248662_044795.jpg

ロッカーアームにブッシュ圧入。
圧入後、嵌め代分縮んだブッシュに専用のリーマーでラインリーミング。
粘り硬いブッシュなので、リーマーを通してもシャフトを通すと渋い場合が多いです。
専用ラップロッドを使い少々ラッピング。
バルブコンパウンドを使うので、ラッピングした際は、ロッカーアームにコンパウンドが残らないように徹底洗浄。

a0248662_05076.jpg
a0248662_053137.jpg

仕上げのホーニングしロッカー組みつけ。
というわけでヘッド周りの作業ほぼ終わりです。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-18 00:43 | 1964XLCH900 | Comments(0)
2017年 03月 15日

ナックルロッカーアーム

今日はオープンロッカー計画のWさんのナックルヘッド、ロッカー周りのお話。
ナックルのロッカーアームはシャフトにより距離が決まり、ロッカーアームシャフトのタイミング側はロッカーボックスで受け、ドライブ側はヘッド側で受け、ロッカーボックスとヘッドはネジで留められます。そのためまずロッカーアームシャフトの位置決め作業が必要です。


a0248662_83327100.jpg
a0248662_8334134.jpg
a0248662_8335279.jpg

シャフトの距離で位置がヘッドとロッカーボックスの距離が決まるるため、物によりロッカーボックスとヘッドをマウントすると、ドライブ側ヘッドとロッカーアームシャフトに隙間が開きます。
無理にねじ込めば留めることはできますが、ヘッドの損傷につながります。
この車両は、F側は良かったもののR側に隙間があります。


a0248662_8341739.jpg
a0248662_8343464.jpg
a0248662_8345027.jpg
a0248662_835212.jpg
a0248662_8351854.jpg

で、距離が合わない状態で無理に閉めこむとロッカーボックス側のネジもやられます。
という訳でヘリサート加工。




a0248662_8361117.jpg
a0248662_8362269.jpg

a0248662_8355643.jpg

ロッカーアームシャフトの隙間を計測すると0.6mm
元々付いている段付きのスラストワッシャーの内側に0.6mmのシムをいれシャフト組み付け。
これで余計な隙間無く、ヘッド側、ロッカーボックス側にも負担をかけません。


a0248662_8364551.jpg

ロッカーアームシャフトの位置決めが終わったところでロッカーアームを組みつけスラスト調整。
こちらもシム調整し、スラスト量0.2mm~0.3mmに。


a0248662_8431856.jpg

オープンロッカー用の目玉カップ(フロッグアイズというらしい)を留めるための加工となります。

a0248662_840791.jpg
a0248662_8432932.jpg

ロッカーアームシャフトを加工し、目玉取り付け用のネジスリーブを入れます。

a0248662_8435195.jpg
a0248662_844770.jpg
a0248662_8441846.jpg

ドリルを少しずつ大きくしシャフトにスリーブ圧入部を拡大。


a0248662_8443328.jpg
a0248662_84444100.jpg
a0248662_8445882.jpg
a0248662_8451554.jpg

ネジスリーブの外径を調整しスリーブをシャフトに圧入。


a0248662_846264.jpg

という訳で、フロッグアイズ完成。
すっとぼけた顔をしています。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-15 09:07 | 1939EL1000 | Comments(0)
2017年 03月 12日

土曜日の授業風景


1970XLH900

a0248662_8382182.jpg
a0248662_8384173.jpg
a0248662_839480.jpg
a0248662_8392133.jpg
a0248662_8393488.jpg
a0248662_8394863.jpg
a0248662_840046.jpg


Tさんのアイアンスポーツ
もともと付いていたDスプロケットナットのシール部が破綻していたのでナットは新品に交換しプッシュロッド取り付け。
スプロケットカバー、クラッチケーブルを取り付けクラッチ調整。プレッシャープレートのでっぷり調整し、クラッチレバーもシム調整しガタを無くす。








1968BSA A65

a0248662_8403882.jpg

a0248662_8412216.jpg
a0248662_8414052.jpg
a0248662_841589.jpg

a0248662_8451893.jpg

a0248662_8425236.jpg

a0248662_8432656.jpg
a0248662_8434972.jpg


NさんのBSA A65
バルブシートカット・擦り合わせが終わり、ヘッドに熱をかけガイドとバルブの渋りっぷりチェックし、ヘッド面面研。
バルブスプリングを仮組みして、アウタースプリングの取り付け長チェック。
シム調整し取り付け長合わせ。








1973XLCH1000

a0248662_84731.jpg
a0248662_8474830.jpg
a0248662_848616.jpg
a0248662_8482091.jpg
a0248662_8483246.jpg
a0248662_8484487.jpg
a0248662_849142.jpg


Kさんのアイアンススポーツ
すべてのバルブシートカット・擦りあわせが終わり、灯油チェックしてO.K。
シリンダーヘッド面とロッカー側面研。
次回はバルブスプリングの取り付け、調整です。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-12 09:01 | その他 | Comments(0)
2017年 03月 11日

1964XLCH900 クランク軸受けベアリングラッピング冶具

先日も少しお話しましたが、暖めた時点でスプロケットシャフトベアリングレースが動いていたS君のアイアンスポーツスター。
計測すると縦方向に大きいところで0.13mm楕円になりベアリングレース径50.02mm~50.03mmに対し0.15mm大きくなっていいました。

a0248662_2347544.jpg
a0248662_23471769.jpg

内燃機屋さんに両クランクベアリング軸部のセンターをみつつ真円拡大加工してもらいました。
ベアリングレースを溶射・肉盛・研磨し圧入します。


a0248662_2347326.jpg

拡大したベアリングレース受け鋳込み部分の径は50.30mmで約0.3mm拡大しています。
ここに肉盛したレースを圧入するのですが、まだレースが帰ってきておらず。
作業が止まってしまうので、ベアリングレースラッピング用の冶具を製作します。

a0248662_23474712.jpg
a0248662_2348636.jpg

うちにあるXL用のラッピング冶具はスプロケット側のベアリングレース、ベアリングを入れベアリングを軸にしてピニオンシャフトベアリングレースをラッピングするもの。
ベアリングが無い状態だ使えません。

今回はスプロケットシャフトベアリングレース圧入部に穂のかにテーパーになっている冶具をいれラッピングする方法でいきます。

a0248662_2349081.jpg

a0248662_23483210.jpg

まずはラッピングロッドの軸受け部を作ります。ロッド径+0.05mmガタ無くロッドが回るように。


a0248662_23491944.jpg
a0248662_23502068.jpg
a0248662_23504614.jpg

ある程度外径を削った後に刃物代に角度をほんの少しづらし(線一本分)テーパー加工。
テーパー角度は0.2度程度で全長43mmで上底と下底の直径の差が0.3mm程度。



a0248662_2351630.jpg
a0248662_23511747.jpg

という訳でこれで次回はピニオンシャフトベアリングレースラッピングできます。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-11 07:00 | 1964XLCH900 | Comments(0)
2017年 03月 05日

新規開店一回目の授業

皆様の手助けのお陰で無事昨日から授業を始める事ができました。
皆様本当に有難う御座いました。
また昨日も沢山の人にお祝いを頂き有難く思っています。


約一ヶ月間引越し作業、大工仕事だったため久しぶりのバイクいじりは新鮮でありました。


a0248662_820324.jpg
a0248662_8204574.jpg





1985FXEF1340

a0248662_8221397.jpg

a0248662_8222997.jpg

アイアンスポーツのTさんは足バイクの4速エボのメンテナンス作業。






1973XLCH1000

a0248662_8224491.jpg
a0248662_8225941.jpg
a0248662_823111.jpg

a0248662_8232457.jpg


Kさんのアイアンスポーツはヘッド周りの作業であります。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-05 08:42 | その他 | Comments(0)
2017年 02月 01日

平日の授業風景




1976XLCH1000

a0248662_8163974.jpg


Z君のアイアンスポーツ
車検作業が終わり、一回目のオイル交換後、各部増し締めし、改めてタペット調整。
これから試乗し膿みだし作業です。








1964XLCH900

a0248662_817688.jpg
a0248662_8172775.jpg
a0248662_8174438.jpg


S君のアイアンスポーツ
写真を撮り忘れましたが、ガソリンタンクの漏れ部分確認後半田処理、クラッチハウジングのベアリング交換後、潰れていたプッシュロッドカバー修正。
外注加工ものが帰ってこないと、そろそろやることが無くなります。








1927 SUMBEAM MODEL9

a0248662_818119.jpg
a0248662_8182943.jpg
a0248662_8183992.jpg
a0248662_818585.jpg


a0248662_819192.jpg
a0248662_819351.jpg
a0248662_8195247.jpg
a0248662_820578.jpg


Oさんのサンビーム
ヘッド周りの作業。バルブ、バルブガイドは状態良かったのでそのまま使います。
あたりっぷりを確認後、シートカット擦り合わせし、あたり幅1.5mmに。灯油チェックし漏れなくO.K。
バルブの突き出し量、ラッシュキャップ有りと無しの距離確認後、ヘッドとシリンダー面面チェック。
ロッカー取り付け、ロッカーとバルブのあたり位置も問題なくO.Kです。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-02-01 08:34 | その他 | Comments(0)
2017年 01月 24日

1973XLCH1000 ロッカーアームブッシュ・バルブガイド

今日はKさんのアイアンスポーツ、ヘッド周りのお話。


a0248662_23143091.jpg
a0248662_2315138.jpg
a0248662_23153624.jpg
a0248662_23154673.jpg

まずはロッカーアームブッシュ。
毎度のことでありますが、使うブッシュはJIMS製のもにで、内径がロッカーアームシャフトに対し0.1mm近く小さめに作られています。
このまま、ロッカーアームにブッシュを圧入すると、リーマーを通すのに苦労すると共にブッシュが切れきれず、適正なサイズになりません。
というわけで、ブッシュを専用生爪に銜え予め内径拡大。ぎりぎりシャフトに入るぐらいにサイズにします。



a0248662_23162078.jpg
a0248662_23163568.jpg
a0248662_23165799.jpg
a0248662_2317932.jpg
a0248662_231745100.jpg
a0248662_23175920.jpg

内径加工したブッシュをオイル穴を合わせ圧入。
圧入後、ラインリーミング。リーマーを通してもシャフトの動きが渋いものは、ラップロッドにコンパウンドを付けラッピング。仕上げにホーニングし組み付け。



a0248662_23183136.jpg
a0248662_23184557.jpg

ここからはバルブガイドのお話。
ガイドを抜き取ったヘッド側バルブガイドホールはホーニングし計測。穴側の磨耗無く状態良し、STDサイズのガイドでいけます。

a0248662_23185650.jpg
a0248662_23191891.jpg

kibblewhite製の鋳鉄バルブガイドを使います。
IN、EX共に適正嵌め代サイズまで外径を研磨します。


a0248662_23193298.jpg
a0248662_23194376.jpg
a0248662_23195418.jpg

ロッカーアームブッシュでの理由と同じで、小さめに作られているバルブガイド内径を専用生爪に銜え、使うバルブステム径+クリアランスサイズのリーマーを使い、予め内径拡大。
オイルを吸いやすいIN側は頭部分をテーパー加工しバルブガイド前加工O.K。



a0248662_23201781.jpg
a0248662_2320273.jpg
a0248662_23204484.jpg
a0248662_23205644.jpg

専用工具でバルブガイドをヘッドに圧入。
圧入後、嵌め代分縮んだガイド内径をリーマーで内径拡大し、バルブガイド周りの作業はこれで終わり。
次回、シートカットさんです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-24 23:40 | 1973XLCH1000 | Comments(0)