Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ハーレー ( 937 ) タグの人気記事


2017年 10月 22日

1973XLCH1000 リアホイール


今日はKさんのアイアンスポーツ
エンジン・ミッション周りの作業から車体周りの作業に移ります。
まずはリアホイール周りから。

a0248662_23133424.jpg

a0248662_2313494.jpg

リムは磨いてキレイキレイに。
ハブも化粧直し。
ベアリングロックナットは緩み防止のためカシメられています。
カシメ部分を目立てしロックナットがスムーズに動くようにしておきます。


a0248662_2314187.jpg

a0248662_2314396.jpg

ベアリング取り付け。
車体左側は一個、車体右側(ドラムスプロケット側)は2連で付きます。
ロックリングにはカラーとシールが付きまが、今回はシールベアリングを使いますんでシールなしでも大丈夫。



a0248662_2315103.jpg

a0248662_23145786.jpg

ドラム側の2連のベアリングに間にはスペーサーシムが入ります。
ここに位置でブレーキパネルの位置決めをします。
ここの調整が今一でブレーキドラムとブレーキカムと干渉し削れているものが多いです。




a0248662_23153939.jpg
a0248662_23155155.jpg

錆錆だったスポークは新品に交換しリム組み。
アイアンのRハブはドラム側の穴から一本づつ組んでいけるので組みやすいです。
面倒なフロントリムをやる前にリム組みに慣れてもらう意味も含めリアからリム組みをやってもらいます。




a0248662_23163914.jpg

a0248662_23165770.jpg

リム中心から左サイドにある穴にハブ左サイドのスポークを組み、リム右サイドの穴にハブ右サイドのスポークを入れ4クロスになるよう組みます。
スポーク張り調整。
それぞれのスポークが引っ張り合うことで組まれていますので、はじめのスポークの張り調整でそれぞれのスポークが均一になるように出来ると後が楽です。


a0248662_23172337.jpg
a0248662_23173351.jpg

今回は初めの張りっぷりがよく、振れとり作業がスムーズでありました。
縦方向、横方向ともに0.1mm程度に。



a0248662_081156.jpg
a0248662_082469.jpg

フロント側も組んでありますがその話は、また次回。







1985FXEF1340

a0248662_0105993.jpg
a0248662_011962.jpg


Tさんの4速エボはカスタム思案中。
大幅な変更がありそうです。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-22 00:12 | 1973XLCH1000 | Comments(0)
2017年 10月 19日

1979FXS1200 タイミングギア周り・コンロッドビッグエンドベアリング

a0248662_22201428.jpg
a0248662_22202419.jpg

今日はS君のショベルヘッド、まずはタイミングギア周りのお話から。
元々付いていた純正Hカムはカム山に虫食いが有り交換。ということでS君が入手してきたのがS&S514カム。
IN オープン/クローズド 23度/43度 EX オープン/クローズド 43度/23度 Duration246度
と、うちでもよく使うアンドリュースJカムとそんなに変わらないバルブタイミング。
しかしながら、バルブリフトが.514”(純正カム.390”)とリフト量が大分多いです。
ヘッド周りの加工も必要となるでしょう。
日頃うちではハイカムを入れることはありませんが、オーナーさんの熱望もあり今回は実験的に組むことにします。



a0248662_2220443.jpg
a0248662_22205696.jpg
a0248662_2221732.jpg

このカムギアが何年式のものか分かりませんので、カムギアは元々付いていたものを使います。
カムギアに印を付けギア抜き取り、それぞれシャフトとギアを計測し嵌め代チェックしギアを圧入。
タイミングがずれている恐れがありますので、後日仮組みしタイミングチェックします。



a0248662_22212184.jpg
a0248662_22213583.jpg

カムシャフト、ブリーザーギアを仮組みしスラスト量をシム調整。
カム・ブリーザーともに0.2mm態度に。


a0248662_22215238.jpg
a0248662_2222472.jpg

ここで早速問題が。
やはりリフト量が多いカム、リアインテークカム山がケースに干渉。
忍びないがケース側の干渉部分を削る。


a0248662_22221757.jpg

ピニオンシャフトブッシュ、カムブッシュは状態が良かったのでそのまま使います。
というわけで、ブリーザー・カムシャフト、ピニオンシャフト・ピニオンギアを組み付け、クルクルチェック。
スムーズに周り問題なしでO.K



a0248662_2222352.jpg
a0248662_22225140.jpg
a0248662_2223366.jpg

状態が良かったクランク周り。クランクの芯振れが無ければ、バラさなかったのですが。
コンロッドビッグエンドベアリングレースもほぼ減っておらず。
フロント側が0.01mm程度楕円、リア側の左右レースの径が0.01mm差異がありましたので、ラッピングをして真円加工。
F側41.29mm R側41.28mmに


a0248662_22232176.jpg
a0248662_22233547.jpg

a0248662_22235275.jpg

a0248662_2224678.jpg
a0248662_22242133.jpg
a0248662_22243331.jpg


ローラーサイズを選定しF側クリアランス0.02mm R側0.03mmに。
コンロッド組み付け、規定トルクでクランクピンナットを締め付けクランク仮組み。
コンロッドスモールエンド部の振れ幅はF側0.7mmR側0.3mmと良い感じであります。
コンロッドのスラストワッシャーはほぼ減っておらず、スラスト量も0.4mm程度なのでこのまま使います。
というわけで今日はここまで。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-19 01:20 | 1979FXS1200 | Comments(0)
2017年 10月 17日

1979FXS1200 オイルポンプ仮組み


a0248662_23195893.jpg

a0248662_23205156.jpg

今日はSくんのショベルヘッド、オイルポンプ周りのお話。
もともと付いていたオイルポンプはオイル管理が悪かったのか、オイルポンプボディー内壁にザックリと傷が入っています。
これは使いものになりませんので、良品中古オイルポンプに交換。
新たに使うオイルポンプ81年以降のモデルについていたポンプであります。

a0248662_2321674.jpg

新たに使うポンプカバーを見るとドライブチェーン・プライマリーチェーンのオイラーがなくなっています。84年以降の4速エボ、またはFXBなどベルトプライマリーモデルについていたものと思われます。


a0248662_23212258.jpg
a0248662_2321388.jpg

一番の違いはリリーフバルブ周りの経路
もともと付いていたもの(80年以前)はリリーフバルブに行った余剰オイルはチェーンオイラーの経路をとりリターン側経路に行きます。
81年以降のリリーフバルブの余剰オイルはある一定までフィード側オイルラインへ。リリーフバルブが上がりきるとタイミングギアケースに行くようになります。


a0248662_23215574.jpg
a0248662_23221926.jpg
a0248662_23224195.jpg

というわけで、この年式のケースにショベル後期のオイルポンプをつける場合はタイミングギアケースへの穴加工が必要となります。(S&Sのオイルポンプを使う場合も同じ)
冶具を使い位置決めをして穴あけ加工。ドリルサイズは3.2mm


a0248662_2323646.jpg


仮付けし通路が通っているかチェックし問題なし。


a0248662_23232615.jpg
a0248662_2323408.jpg

ここからは通常通りのチェックごと。
チェックバルブは光明丹チェックし問題な無そう。


a0248662_23235962.jpg

ギア自体の高さは元々付いていたギアと同じ高さで問題なし。

a0248662_2324149.jpg
a0248662_23243054.jpg
a0248662_23245885.jpg

ギアをボディーに付け、ボディー面とギアのでっぷりチェック。
フィード側・リターン側ともに0.2mm程度。
使うジェームス製黒ペーパーガスケットも厚み0.2mmでよい感じであります。
(ここの隙間がありすぎると油圧が逃げることになり、少なすぎるとギアの回りが渋くなります)


a0248662_23252521.jpg

a0248662_23254619.jpg
a0248662_23261123.jpg
a0248662_23272959.jpg

キーを入れてCクリップを入れてと細かい組み付け講習をしつつ、オイルポンプ仮組み。


a0248662_23275713.jpg
a0248662_23281248.jpg

オイルポンプボディー・カバーを動かしつつスムーズにギアが回るところ探しつつ、規定トルク10N.mで締め付け、抵抗無くスルスルギアが回りO.Kです。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-17 09:11 | 1979FXS1200 | Comments(0)
2017年 10月 15日

1973XLCH キックスターター周り


今日はKさんのアイアンスポーツキックスターター周りのお話。
駄目駄目だったスプロケットカバーはNOSカバーに交換。

a0248662_23155754.jpg
a0248662_23162366.jpg
a0248662_23163320.jpg

a0248662_23264832.jpg

a0248662_23165278.jpg
a0248662_23171136.jpg


クランクケースのスプロケットカバーマウント雌ネジ部はクラックが入っていましたので溶接し新たにネジ穴を作ります。
まず抜けてしまっていた位置決めダウエルピンを取り付け、下側のマウントボルトを留め、専用ポンチを作り穴あけする位置決めしボール盤にセットし下穴開け、タップを立てます。


a0248662_23172699.jpg
a0248662_23174319.jpg
a0248662_23175994.jpg


新品スプロケットカバーにはブッシュが入っていませんでしたので、ブッシュ圧入し少々すり合わせ。

a0248662_23181618.jpg
a0248662_23183026.jpg


スタータークランクギアを付けスラストチェック。
スラストが多い場合はスターターシャフトのスラストプレートの間にシムを入れ、スラストが少ない場合はシャフトを研磨したりしたりしますが、今回はシムいらずでO.K

a0248662_231929.jpg

スターターラチェットギアのキアの噛み合いチェック。
9個のギアがちゃんとあたっているので問題なさそうです。


a0248662_23191751.jpg
a0248662_23193052.jpg
a0248662_23194646.jpg
a0248662_2320186.jpg

スターターラチェットギアのスペーサーは元々付いていたものが錆だらけだったので新品に交換。
で新品のスペーサーにあわせラチェットギアブッシュ単品製作。

a0248662_23201666.jpg
a0248662_23202899.jpg

a0248662_23204329.jpg

ホーニングしクリアランス調整し取り付け。
ガタ無しさんです。


a0248662_23205787.jpg
a0248662_23212439.jpg
a0248662_23214158.jpg

キック周り仮組み、クラッチハブ、クラッチハウジング仮組みしキック作動チェック。
干渉するところなど無く(クランクギアのナットとクラッチハウジングが干渉するときがある)問題なしキック周りO.Kです。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-15 23:51 | 1973XLCH1000 | Comments(0)
2017年 10月 14日

土曜日の授業風景


1951 TRIUMPH T100

a0248662_22371031.jpg
a0248662_22372195.jpg
a0248662_22373585.jpg
a0248662_22381380.jpg
a0248662_22383261.jpg
a0248662_22385380.jpg
a0248662_223983.jpg
a0248662_22392634.jpg
a0248662_22394330.jpg
a0248662_2240326.jpg


Hさんのトライアンフは前回に引き続き、ギアボックスの作業。
ケース周りのブッシュ交換・調整作業が終わりハイギアベリングを入れ、シール圧入、新品スプロケット取り付け。
研磨のため取り外したレイシャフトのスピードメーターギア取り付け。
メインシャフトのクラッチプッシュロッドブッシュ取り付け。
インアーカバーにメインシャフトベアリング、スピードメーターギアを取り付け仮組み。
ギアチェンジの仕組みと組み方を講習しつつ、ギア組み付け。
インナーカバーを付けギアチェンジチェック。









1978 TRIUMPH T140E

a0248662_22403089.jpg
a0248662_2241443.jpg
a0248662_2251716.jpg
a0248662_22512535.jpg

a0248662_22513819.jpg


Tさんのトライアンフ。
前回ローリングシャシーになり、今回は外装周りを組み付けて行きます。
外装周りは分解しただけで、清掃をしていなかったので清掃、錆止めしつつ組み付け。
私の指示なしもご自分でドンドン組み付けていきまず。









1984 SHOVEL HEAD

a0248662_22521813.jpg
a0248662_22523625.jpg
a0248662_22525615.jpg
a0248662_2253176.jpg
a0248662_22532871.jpg
a0248662_22534476.jpg
a0248662_22535642.jpg

a0248662_22542930.jpg
a0248662_22544596.jpg
a0248662_22545819.jpg
a0248662_2255168.jpg
a0248662_2255289.jpg



新入生Sさんのショベルヘッド
車体周りの問題がある車両のようで、車体周り全般と各部調整、配線周りをやる予定。
まずはローダウンされているもののストロークが多く底付きしてしまいそうなフォークから分解。
スプリングは普通のものが切られて短くなっているだけ、ダンパースプリングも付いていませんので、スプリング交換。
ネックベアリングはロワー側はやられていたのでベアリング交換。
フロントホイールベアリング分解チェック。
ベアリングは問題なさそうなのでグリスアップし、ベアリングスラストチェック。問題なくシール交換し取り付け。レフトベアリングのスペーサーは変なものが入っていたので交換します。
リムの振れは問題なさそう。
リア側ホイールはリムの振れも多そうで、随分とブレーキが引きずっています。
というわけでリアホイールをとり、両ホイールが無くなったところで今日はここまで。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-14 23:41 | その他 | Comments(0)
2017年 10月 13日

1947FL1200 シリンダーが来ったっぞ

a0248662_21533519.jpg
今日はIさんのナックルヘッドのお話
元々付いていたリアシリンダーは上面が約3mm削られていて、使いものにならず

a0248662_21535249.jpg
a0248662_2154985.jpg
a0248662_21543159.jpg
e-bayでやっと手に入れたシリンダーはNOSという事。
勿論e-bay で手に入れたものなので実際の状態はわからないにで、ドキドキワクワクのチェック。
入っていたピストン、シリンダー内径共にSTDサイズで問題無し。
問題のシリンダー上面から下面の距離もフロント側の寸法とほぼ同じく140.7mmと問題なし。



a0248662_21544569.jpg
一応クランクに仮組みしフレームとの干渉問題もクリアでありまして、無事前後シリンダーのボーリングが出来ます。





a0248662_2155360.jpg
a0248662_21551452.jpg
a0248662_21552792.jpg
プライマー周りチェック
全長がマチマチになってしまっているクラッチスプリングや何故か一枚だけアルミ製のフリクッションプレート、大分錆がきているスチールプレート、プライマーチェーンなど交換し組み付けて行きます。



a0248662_21554766.jpg

S さんのショベルは車検整備でフォークオイル、ブレーキオイル交換。何時もの事ながらフロントブレーキSWは駄目なので交換しておきます。
OH してもう2年ですか、月日の流れは早いですね。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純


by sgf1906 | 2017-10-13 13:37 | 1947FL1200 | Comments(0)
2017年 10月 11日

1946WR750 Fブレーキパネル周り

a0248662_913690.jpg
a0248662_915871.jpg
a0248662_921173.jpg

MさんのWR
曲がってしまっていたシャンクルバーは新しいものに交換。
シャンクルスタッドにグリスラインがあるものではなかったので、シャンクルバー
側にグリスニップル穴加工。


a0248662_922899.jpg
a0248662_924535.jpg
a0248662_925919.jpg
元々付いていたフロントブレーキパネルは捩れ穴が開いていた状態だったので良品に交換。
パネル側にカシメて付いてるシャンクルバースタッドは大分磨耗していましたので、カシメ部分を削り抜き取り。
交換は次回。
a0248662_931089.jpg




a0248662_935942.jpg

a0248662_941516.jpg

a0248662_95998.jpg

a0248662_955275.jpg



何時ものと同じ、ガタガタだったオペレーティングカムの軸受け部はパネル側を拡大・真円にして、カムシャフト径に合わせ片肉0.5mmのブッシュ製作。
圧入しホーニングクリアランス調整し今日はここまで。


a0248662_982645.jpg
油圧プレスが終了事件があり意気消沈しつつ、床の仕上げは終わり、
新しい未来も見えてきました。
M さん有難う御座いました。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純


by sgf1906 | 2017-10-11 14:18 | 1946WR750 | Comments(0)
2017年 10月 04日

1947FL1200 リアブレーキペダルブッシュ

今日はIさんのナックルヘッド
前回にクロスオーバーシャフトに引き続き、ブレーキ周りの地味なお話です。

a0248662_822834.jpg
a0248662_8221995.jpg

a0248662_8223642.jpg

リアブレーキペダル周り。
ブレーキロッドは溶接され、調整が利かないと同時にフットボードマウントに干渉してしまっている、またリターンスプリングも付いていなかったので、交換・改良が必要。
で、ピボット部がガタガタだったブレーキペダルを修正します。


a0248662_822475.jpg
a0248662_8225849.jpg

このタイプのものはペダルピボット部にブッシュが入っていませんので、ピボット部を内径拡大してブッシュを入れます。
また、シャフト側はプレートにリベット留めされています。状態が悪いものは根元と先端が減り樽状に変形してるものも多いです。その場合はカシメ部分をもみ抜き取り、シャフトを製作しますが今回は、先端が少々減っているようなのでシャフトはそのまま使います。



a0248662_8234652.jpg
a0248662_8235866.jpg

最低片肉0.5mmのブッシュにしたいので、ブレーキペダルピボット部を1mm拡大。



a0248662_8241112.jpg
a0248662_8242416.jpg

ペダルピボット部、シャフト径に合わせブッシュ製作。
シャフトは少々変形しているため、サイズが曖昧なので内径は小さめで作っておきます。


a0248662_8245367.jpg
a0248662_8251178.jpg

ブッシュ圧入しグリスニップル穴を開ける。

a0248662_8561989.jpg

a0248662_8253831.jpg

アジャスタブルリーマーを使い内径拡大しホーニング。
アジャスタブルリーマーは字のごとくアジャスタしますのでサイズを調整できますので便利ですが、はじめのサイズ調整を間違えると刃が噛みこんでしまい、八角形やら十角形やら綺麗な円になってくれません。なかなかコツがいるリーマーなのですが、こいつの扱いにも慣れました。


a0248662_8255785.jpg
a0248662_826931.jpg

座面部も少々干渉していたので研磨し、ガタ無しさんのRブレーキペダルに。
細かなところをやり出したら切が無く時間がかかりますが、こういうところがビシっとしている車両は気持ちがいいです。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-04 08:59 | 1947FL1200 | Comments(0)
2017年 10月 03日

1979FXS1200クランク軸受けベアリング

今日はS君のショベルヘッド、クランクシャフトベアリングのお話。


a0248662_75574.jpg

楕円・変形など無く状態がよかったピニオンシャフトベアリングレース(タイミング側)
一応左右軸受けのラインを出しラッピングします。

a0248662_7552059.jpg

JIMS製のピニオンシャフトベアリングレースラッピング工具。
スプロケットシャフトベアリング側(ドライブ側)とダミーのカムカバー側ピニオンシャフトブッシュで軸受けされるため、スプロケットシャフトベアリング・ピニオンシャフトベアリング・ピニオンシャフトブッシュ3点でのラインが出ますので非常に良いです。


a0248662_7554267.jpg
a0248662_7555341.jpg

ピニオンシャフトベアリングレースラッピングして、全周で研磨されていることを確認。
この状態で上下前後ともに楕円変形無く44.48mm

a0248662_756753.jpg
a0248662_7561619.jpg

ピニオンシャフトは31.75mmで減り無し。
STDサイズローラー6.35mmを入れクリアランス0.03mm
カムカバーを組みクルクルチェックし問題なし。



a0248662_756394.jpg
a0248662_7565022.jpg

ここからはスプロケットシャフトベアリングのお話。
テーパーベアリングであるドライブサイドの軸受けベアリング
まずアウターレース側を垂直冶具を使いケース側に圧入。ケースとレースの嵌めあいは問題なし。



a0248662_757581.jpg
a0248662_7571866.jpg

a0248662_7573429.jpg


こちらも冶具を使いテーパーベアリングスラスト調整。
両ベアリングの内側に入るC型のシムの厚みを変えスラスト量を調整。
ベアリングSETに入っていたシムではスラスト量0.1mmと多めでありましたので、シムを薄めのものにしてスラスト量0.02mmに。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-03 08:39 | 1979FXS1200 | Comments(0)
2017年 10月 01日

土曜日の授業風景

1985FXEF1340

a0248662_7414344.jpg
a0248662_7423856.jpg
a0248662_7425445.jpg

a0248662_7471170.jpg


Tさんの4速エボ
オイルタンクを交換したいということで、持ち込まれたソフテイルのオイルタンクを、フレームに溶接無しでステー製作し取り付け。
違うフレームに付いていた物ですから、もちろんマウント方法も違いますのでステーを単品製作する必要があり、こういう作業はまずどういうものを作るか考え、具現化していく作業で時間がかかります。








1973TRIUMPH TR7RV

a0248662_74996.jpg
a0248662_749259.jpg
a0248662_7494934.jpg
a0248662_75034.jpg


Yさんのトライアンフ
ベアリング、ブッシュ交換を終え組み付け、調整でありますが苦戦。
新品のギアチェンジプランジャーのガイドプレートがギアチェンジクアドラントと干渉しクアドラントの戻りが悪かったり、ギアチェンジをしているとレイシャフトのスラストワッシャーがハズレ気味になってギアチェンジが渋くなったり・・・。
なんやかんやと原因追求していくと、レイシャフトの1stギアのストッパーであるCクリップは1速にギアチェンジ時に1stギアに押されシャフトが動きレイシャフトが押され気味になり、ギアチェンジが渋くなってたようだ。
試しにCクリップを外して組んでみるとギアチェンジは問題なし。
1stギアのCクリップ位置に問題あり。もう少し考察しまたちゃんとお話します。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-01 08:32 | その他 | Comments(0)