Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ノートン ( 47 ) タグの人気記事


2017年 07月 18日

月・火曜日の授業風景



1948WL750

a0248662_2241930.jpg
a0248662_22412033.jpg
a0248662_22413592.jpg

a0248662_224157100.jpg

a0248662_2243478.jpg
a0248662_2244094.jpg
a0248662_22441377.jpg

a0248662_22442757.jpg



MさんのWL
シリンダーのボーリング加工が終わりましたのでシリンダー組みつけです。
ピストンリンクのギャップ&クリアランスをチェックし、シートカット加工済みのバルブ取り付け。
シリンダー取り付け、インテークマニホールドの位置合わせをしてシリンダーベースナットをトルク管理し取り付け。
タペット調整し、次回点火時期調整しヘッドをつけたらエンジン終了です。









1965 NORTON 650SS

a0248662_22454777.jpg
a0248662_2246810.jpg
a0248662_22462675.jpg
a0248662_22465652.jpg

a0248662_22471345.jpg
a0248662_224730100.jpg
a0248662_22474653.jpg
a0248662_224813100.jpg

a0248662_22483042.jpg


Hさんのノートンドミネーター
フォークブッシュ、シール交換が終わったフロントフォークを三又に組み付け。
フォークチューブカバーを予め取り付けなければならないため、フォークの取り付けに少々苦戦。
フォーク取り付け、フロント、リアともにベアリング交換。
前後ともにホイール片側のベアリングはダブルローベアリング(ボールベアリングが複列になっているもいの)が使われ、フロント側はブレーキ側、リア側はスプロケット側(ドラム側)と負荷がかかるところに使われています。また、ダブルローベアリングが入る部分は鉄が鋳込んであり(アルミハブある)圧入っぷりも良い。非常に好感がもてます。
というわけで、ホイール周り取り付け。



a0248662_224927100.jpg
a0248662_22502744.jpg
a0248662_2251095.jpg

ノートンさんの車体周りの作業が終わり、持込のトライアンフのヘッドシートカット作業。









1946WR750

a0248662_22512852.jpg
a0248662_22514710.jpg
a0248662_22521871.jpg
a0248662_22523875.jpg
a0248662_22525135.jpg

a0248662_2256791.jpg

a0248662_22533696.jpg

a0248662_2254522.jpg

a0248662_22542869.jpg


MさんのWR
シャフトとギアが別々だった#2カムはシャフトを研磨し嵌め代調整、周り止めピンも製作し圧入。
新品ベアリングの内径調整しカムシャフト圧入。
ケースのベアリング圧入部は手スポなので、カムカバーとともに加工が必要でありますので、加工前準備作業です。
考えることが多い車両で、なんやかんや文章にしていたらキリが無いのでまた改めて詳しくお話します。






1964XLCH900&1979FXS1200

a0248662_2257334.jpg

a0248662_22575337.jpg
a0248662_22581930.jpg
a0248662_22583622.jpg


S君はOHが終わったアイアンの2回目オイル交換とマジ締め作業。
一通り終わり、ショベルのヘッド周りの計測作業。
IN側のガイドはガタが多かったので抜き取り。EX側は使うバルブを確認したうえで判断します。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-07-18 23:50 | その他 | Comments(0)
2017年 07月 08日

1960NORTON650SS クランク・タイミング周り分解、計測作業

先日に引き続き、ノートンさん分解作業。
オイルタンク、バッテリーマウント、プライマリー周りを分解しエンジンを降ろしていきます。


a0248662_1041508.jpg
a0248662_1042558.jpg

a0248662_10422769.jpg

フロント側エンジンプレートとミッションと共留めのリア側マウントプレートでフレームにマウントされているノートンエンジン。
エンジンを降ろすのが少々面倒で、リア側エンジンマウントプレートの一番下のクランクケーススタッドはフレームが邪魔して抜けません。
フロント側のエンジンプレートを外し、2点でフレームとマウントされているリア側プレートのマウントボルトを一本抜き、とまっている一本をピボットにしてエンジンを浮かせクランクケース下のケーススタッドを抜きエンジン、ミッションを降ろします。

a0248662_10424322.jpg
a0248662_10432233.jpg

ノートンさんのタイミング周りはギアトレインでなくチェーン駆動でギアバッククラッシュ音が無く
静かなエンジンです。
マグネトー、マグネトースプロケット、カムシャフトスプロケットを抜きタイミング周り分解。
残念ながらアイドラギアスピンドルはケースから手スポで抜けてしまいました。




a0248662_10435624.jpg
a0248662_10441324.jpg

a0248662_10444636.jpg

オイルポンプ、オイルポンプウォームギア、ピニオンギア抜き取り。
ピニオンギアの嵌め合いも問題なし。
クランク単体になりクランクを回してみる・・・やはりゴリゴリした感触ありでクランクシャフトベアリングがやられていますね。


a0248662_1045457.jpg

a0248662_10452856.jpg


a0248662_10454286.jpg

a0248662_10455372.jpg
a0248662_1046569.jpg


クランクケースを分解し、一旦清掃。
でクランクシャフトベアリング抜き取り。ベアリングの嵌め合いも良さそう。
ローラーベアリングであるドライブ側のローラを分解すると、インナーレースが剝離しています。
音の原因はこいつでした。

a0248662_10462350.jpg
a0248662_10463541.jpg
a0248662_10464767.jpg


a0248662_1047112.jpg
a0248662_10472270.jpg

コンロッド、クランク分解し清掃計測。
ビッグエンドジャーナルはタイミング側が酷く、下側が減り0.1mmも楕円になっています。
コンロッドも規定トルクで組み付け内径計測。
ドライブ側は0.13mm~0.14mmのガタ、ドライブ側はジャーナル部が楕円だったこともあり0.1mm~0.2mmのガタ。
T側ジャーナル部が0.1mm楕円なので、ビッグエンドジャーナル研磨、メタルアンダーサイズとなります。幸いSTDサイズが入っていましたので.010U.Sでいけると思われます。




a0248662_10481896.jpg
a0248662_10483229.jpg
a0248662_10484519.jpg

クランクシャフト、クランクケースのベアリングホール計測。
クランクシャフトとベアリングとの嵌め合い、またクランクケースとベアリングの嵌め合いも問題なし。
クランクシャフトとベアリングが手スポのことが多いトライアンフと比べるとノートンはこの辺りの嵌め合いをしっかりとっていると思われる。
こういう細かいところにもメーカーごとの考え方の違いが読み取れる。



a0248662_1049550.jpg
a0248662_10492041.jpg

カムシャフトとブッシュ計測。
こちら状態良くブッシュ交換しなくて良いです。

a0248662_10493494.jpg
a0248662_1049463.jpg

手スポで抜けてしまったインターメディエイトギアスピンドルはケース側がスピンドルより0.02mm大きくなっている。幸いケース側の変形が少ないのでスピンドルを太らせ対処します。
またブッシュは少々ガタがあるので交換します。


というわけで今日はここまで。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-07-08 00:32 | 1960NORTON650SS | Comments(0)
2017年 07月 05日

1960NORTON650SS シリンダー・シリンダーヘッド分解・計測作業

Hさんのノートンドミネーター
ある日、エンジンからゴロゴロという異音が出始めたそうで、多分クランク軸受けベアリングがご臨終であろうということで、エンジンをオーバーホールしていきます。

a0248662_11135556.jpg
a0248662_11142980.jpg
a0248662_11145678.jpg

a0248662_11183886.jpg

a0248662_11153186.jpg
a0248662_11162147.jpg
a0248662_11165292.jpg
a0248662_11171711.jpg

a0248662_11222067.jpg

普通にアクセス出来る4本のヘッドボルト以外にヘッド前方に隠れている3個のナットさん、後方下にあるナットさん、前方したにあるナットさん2本を取り外し、ヘッド取り外し。
ヘッドとロッカーカバー一体のノートさんのヘッドはロッカーアジャスターをユルユルにしてプッシュロッドをフリーにしおき外しますが、外すときでも面倒なのに、組み付けるときはどうなることでしょうか。






a0248662_1124065.jpg
a0248662_11243322.jpg
a0248662_11251546.jpg

シリンダーを抜き取り、ピストンお目見え。
ピストンさんは状態よしで綺麗です。近年にボーリングをやり直したものと思われます。
でピストン抜き取り、コンロッドのガタチェック。
ドライブ側、タイミング側ともに1.3mm~1.4mmと大分ガタがきています。
ビッグエンド部で0.1mm以上ガタがあると思われます。



a0248662_11255397.jpg

a0248662_11265640.jpg

a0248662_11272537.jpg

a0248662_1128457.jpg

あれピストンにはSTDの刻印、もちろん寸法はスタンダードサイズです。
ということは、シリンダーさんはスリーブ加工されていました。
計測してみると、シリンダー側は酷い段減りはないもののピストンとのクリアランスは結構あります。もともと大きめのクリアランスをとっていたのでしょうか?
ともあれ、こいつはボーリングが必要です。




a0248662_1129212.jpg
a0248662_11294836.jpg
a0248662_1130279.jpg

タペットさんはカムとの可動面が線状に磨耗しています。
D型になっているノートンさんのタペット。カム回転方向に対しDが縦方向?に力がかかるようになっています。円柱上のタペットと比べ半円上のものの方が減りづらいのかしら?
確かに円柱上のものは力がかかる方向の上側、下側が減り樽状になりますのでガタが出ずらいのかもしれません。
戦前シングルノートンもD型タペットがあるようなので、ノートン独特の機構なのでしょう。
しかしながら、D型の形状のため力がかかる方向のタペット径の計測は出来ず、シリンダーガイド側を計測してみたものの、ここのボアサイズのデータがありませんので、新品タペットを見比べてみます。





a0248662_1133185.jpg
a0248662_11332551.jpg



a0248662_1134630.jpg
a0248662_1135873.jpg
a0248662_1136333.jpg

ロッカー周り抜き取り計測。
スピンドルがヘッドロッカー部に圧入されプレートで位置決めされています。
古いノートンさんはここの圧入がユルユルになっているものが多いらしいです。
ユルユルであれば、オイルラインもありますので、オイル漏れとともにスピンドルとヘッド側の穴とのガタが多くなっていくでしょう。
ヘッドを暖め抜き取り。EX側はよいもののIN側は手スポ。
ロッカースピンドル、ロッカーアーム計測。
スピンドルは磨耗しているものが多いので交換したほうが良いでしょう。
また、ロッカーアームもアームがある方向は磨耗しています。
このあたりは、新品スピンドルとの差異で確認します。


a0248662_11364545.jpg
a0248662_1137362.jpg
a0248662_11395064.jpg

a0248662_11402255.jpg

a0248662_1141083.jpg

バルブ抜き取り計測。
バルブは頭部分が大分叩かれていますので交換。またガイドも減ってしまっていますので交換します。でガイドを抜き取りますので、ポート内(ガイド付近)のカーボンを徹底除去。





a0248662_11423257.jpg
a0248662_1145523.jpg
a0248662_11455397.jpg

a0248662_11463596.jpg
a0248662_11471482.jpg

綺麗になって見えてくる。EX側のバルブシートは随分やられています。
で抜き取り工具を使い抜き取り。


a0248662_11475834.jpg

a0248662_1148527.jpg

IN側は問題なかったものの、EX側は抜き取りの際、きつめでありました。
抜き取ったガイドを見るとやはりEX側特にタイミング側はガイドの圧入部までオイルが行っているのがわかります。熱膨張の高いアルミヘッドに膨張率の低い鋳鉄ガイドの組み合わせでは、こうなってしまうのが宿命か・・・。

a0248662_11493423.jpg
a0248662_11502447.jpg
a0248662_11505773.jpg

ヘッド側ガイドホールは思っていたより軽症で、軽くホーニングし問題なく、リーマー加工は無しでいけます。良かったよかった。
というわけで計測し必要なバルブガイド径選出。


a0248662_11521494.jpg

ロッカースピンドルの圧入部も計測。
思っていたより変な寸法は出ていないので、こちらも新品スピンドルをあわせてみて考えます。
ここが駄目だと恐ろしい加工がまっていますから。

というわけで今日はここまで。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-07-05 22:54 | 1960NORTON650SS | Comments(0)
2017年 06月 17日

1971 NORTON COMMANDO

a0248662_7254545.jpg

修理依頼でお預かりしたノートンコマンド
修理内容は点火システムを機械式からフルトラ(ペイゾンフルトラKIT)へコンバート。
また、オイルラインのチェックバルブを持たないこの年式のコマンドさん。乗らない時間が長いとオイルタンクのオイルがクランクケース内に落ちてしまいます。
フィードラインにON/OFFコックをつけます。


a0248662_7353178.jpg

なんやかんややる前に試乗させてもらいました。
アイドリングは安定しているものの、アイドリングからアクセルを回したときに一息ついてから回転する感じ。走り自体は問題なし。
プラグを見てみるとタイミング側は燻ぶり、ドライブ側は焼け気味と随分左右で焼け方が違います。
点火周りの交換で解消してくれればよいのだが。
しかしながら、ノートンさんは燃焼室形状が良いせいかカブリませんね。あれだけプラグが燻ぶっていたら、ハーレーだったら不調を訴えそうですが、ノートンさんは問題なく走ります。



a0248662_726375.jpg
a0248662_7262239.jpg

フィードオイルラインにコック装着。
ついでにオイル交換。サンプフィルターにはOH時のガスケットと思われるものが詰まっていました。


a0248662_7264415.jpg
a0248662_7265922.jpg

コンタクトブレーカー・オートアドバンス抜き取り。
オートアドバンスのウエイトピボット部がガタガタであります。
新品のオートアドバンスはどれぐらいのガタで作られているいるのだろうか?


a0248662_7272981.jpg
a0248662_728143.jpg

プライマリーカバーにはクランク角度確認するインダクタープレートがついていますが、狂っている恐れがありますので、一旦プライマリーカバーをはずし分度器を付け、クランク点火タイミング位置を出します。
ノーマルではノートンコマンドさんは圧縮上死点前28度。
今回使うペイゾンでは31度で調整します。


a0248662_7281490.jpg
a0248662_7282895.jpg

クランク点火タイミング位置でピックアップローターの位置を大体決め、トリガープレートをつけ点火時期を合わせます。


a0248662_730065.jpg
a0248662_7302543.jpg
a0248662_73057100.jpg

ブラックボックスはもともとコンデンサーが付いていたところに付けました。
イグニッションコイルは6Vを直列で配線し取り付け。
点火周りの配線は引きなおし。



a0248662_7312549.jpg

a0248662_7314280.jpg

プライマリーカバーを取り付け。
インダクタープレートの数値はほぼズレていませんでした。

a0248662_7323734.jpg
a0248662_7325826.jpg

プラグコード交換、タペット音も随分していたのでタペット調整。


a0248662_8165318.jpg

作業終わり軽く試乗。
アイドリング時からアクセルを上げたときの一息つく感じはなくなりました。
もうちょっと乗ってみて、左右のプラグ焼けの違い(燻ぶり)があるようであればキャブ周りをチェックします。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-06-17 08:22 | その他 | Comments(0)
2016年 12月 03日

さよなら 1963FLH1200 


1963FLH1200

a0248662_21164940.jpg
a0248662_2117256.jpg


Sさんのパンヘッド
前回、エンジン始動時のブリーザーからのオイル吹き、メインシャフトシールからのオイル漏れが酷かったので、オイルポンプチェックバルブ周りの修正、スプロケットシャフトシール交換をしたパンヘッドさん。
Sさんが地元の京都に帰郷したため、近日輸送予定。ということで、今日は天気もよく試乗させてもらいました。
前回エンジンをかけてから2ヶ月。久しぶりにエンジン始動。ブリーザーからオイルが吹くことも無く、前回の作業成功です。
キャブも安定。、フロントホイールを16”から18”し、ハンドリングは軽くお気楽に走れるバイクとなりました。
足立区のおばさん自転車をヒラヒラかわしながら心地よく走れました。

この車両はエンジン腰下、シリンダーはやっていないものの、ヘッド周り、オイルポンプ、トランスミッシション、プライマリー周り、前後ホイールベアリング、リアホイールリム組み、タイヤ交換、フロントホイール18”化、タンク交換、ハンドル交換、リアフェンダー交換、マフラー延長、キャブレーター交換などなど、仕事が忙しい中VMSに通い無事完成した車両です。特にヘッドは苦労しました・・・。


VMSで学んだことを活かしつつ、京都の町を走ってもらえれば嬉しいです。
Sさんお疲れ様でした。










NORTON 650SS


a0248662_21175922.jpg

a0248662_21181530.jpg




修理依頼でお預かりしたノートンドミネーターも試乗しました。
オーナーHさんの言う通り、エンジンからの唸り音が気になります。クランクベアリングのガタ、またはコンロッドビッグエンド部のガタが怪しいです。
加速時に息継ぎをするものの加速感ノートンらしい加速をし悪くない。
とは言え、この音は問題だと思いますので試乗はそこそこで止め、リフトが空いたらエンジン周りから分解作業となります。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-12-03 00:02 | 1963FLH1200 | Comments(0)
2016年 05月 30日

週末の授業風景


1976XLCH1000

a0248662_838499.jpg

a0248662_8392839.jpg
a0248662_8394076.jpg
a0248662_8395683.jpg
a0248662_840711.jpg


Z君のアイアンスポーツはリアブレーキのロッド取り付け。
後つけリジットフレームの形状とバッテリーマウントが邪魔をしストロークを稼げないので、クロスシャフトのストッパー部分を排除し取り付け。ストッパー部分は後からよい位置に増設。
ブレーキロッドがフレームとブレーキパネルに干渉しない位置に収まるようにオペレーティングレバーをオフセット。
この後エキパイ取り付け。こちらもなんやかんやありそうです。







1974NORTON COMMANDO

a0248662_8404859.jpg
a0248662_841642.jpg
a0248662_8411823.jpg
a0248662_8433136.jpg


Aさんのノートンコマンド。
タイミング側のエキパイにクラックが入ってしまったため交換。
ドライブ側はよかったもののタイミング側は元のサイレンサー位置と合わせるとフレームにエキパイが干渉してしまう。あぶり少々曲げ取り付け。
エキパイクラックと同時発生した、エンジン回転の戻りが悪い問題は、K&Nエアフィルターの専用オイル塗りすぎでオイルがスライドバルブ、キャブシリンダー内に付着、ペースト化し、抵抗になりスライドバルブの戻りが悪くなったものでした。
面白いのが、エンジンがかかっていない状態では、問題なく動くスライドバルブが、エンジンをかけキャブベンチュリー内に負圧がかかると動きが悪くなります。キャブレーターというものが精密機械ということがわかる一巻でした。








1971・1976FX1200

a0248662_844246.jpg

a0248662_8442010.jpg
a0248662_8444364.jpg

a0248662_845049.jpg

a0248662_8451321.jpg

a0248662_8452575.jpg


熊本のK君は泊まりこみ5日連続授業です。
前回、カムシャフトの研磨が終わり、カムシャフト、カムカバーにあわせカムブッシュ、ピニオンシャフトブッシュ製作。旋盤講習も兼ね自ら作ります。
1/100分台の製作作業で、一気に4個のブッシュ製作。慣れない作業で時間もかかりますが、お見事失敗することなく、4個とも狙った寸法になりました。
今でも私自身失敗することがありますから・・・。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-05-30 09:23 | その他 | Comments(0)
2016年 05月 21日

1978XLH1000 エンジン腰下搭載

今日は修理依頼のアイアンスポーツのお話。
エンジンオーバーホールでお預かりした車両でありますが、ネックベアリングカップが手スポだったので、オーバーサイズのネックカップ製作取り付け。
その続きのお話です。


a0248662_27778.jpg

a0248662_273079.jpg
a0248662_274461.jpg

a0248662_275565.jpg

フォークステムにベアリング圧入。
アイアンスポーツが79年以降からネックベアリングがテーパーベアリングになるのですが、この車両は78年のもので、もともとはバラ玉ボールベアリングののもの。
テーパーベアリングにコンバーションされていたのでしょう。
79年以降と78年以前とではステム径が違うので(78年以前のものが細い)ベアリングはこいつ用のL44640を使います。


a0248662_28483.jpg

ネック周り取り付け、フロントフォークもオイル交換をし取り付け。

a0248662_282747.jpg
a0248662_283926.jpg
a0248662_284937.jpg

ホイールベアリングもチェックし問題なかったのでグリスアップしシール交換、取り付け。
というわけで元通り。


a0248662_29205.jpg
a0248662_293176.jpg
a0248662_294285.jpg
a0248662_295291.jpg

a0248662_210697.jpg

エンジン腰下搭載。
エンジン下部にジャッキを置いておき、エンジンをフレームの乗せ、ジャッキで位置調整し、まずリア側のエンジンハンガーの位置決め。
ねじ止めし、フレームとエンジンハンガーの位置が決まったらフロント側のエンジンプレートを止めます。
エンジンプレートカラーはお化粧直ししてあります。


a0248662_245849.jpg

気が重かったネック周り問題が終わりバンバン組んでいきます。






1962 NORTON 650SS

a0248662_2113183.jpg

a0248662_2114620.jpg

a0248662_21223.jpg

a0248662_2121549.jpg

Hさんのノートンドミネーターのブレーキドラム
オペレーティングカムのガタが酷かったのでオペレーティングカムシャフト新品入手。しかしながら受け側が広がっているようで製作します。
ノートンのオペレーティングカム軸受け部分はねじ止めされていて取り外しができるようになっています。
こいつをそのままアルミ青銅で製作。ねじ部は3/4”-26山BSCです。
ガタ無くO.K。





1960 VELOCETTE VIPER

a0248662_2102022.jpg

夜は引渡し日が迫ったベロセットさんを別れをおしみつつ試乗。
問題点無く良好。
大きいフライホイールでありながら、ある一定の速度から回転がゴーッとあがっていく加速感。まさにカムに乗るといった感じか。ベロセット独特の加速の感じはたまらないです。
所有したいバイクの一台であります。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-05-21 03:04 | 1978XLH1000 | Comments(0)
2016年 01月 17日

土曜の授業風景



1980XLH1000

a0248662_1212014.jpg

a0248662_1223295.jpg

a0248662_1221282.jpg
a0248662_1225035.jpg

Iさんのアイアンスポーツ。
ホイールにタイヤ取り付け。
その後、そのまま取り付けると干渉してしまう、ダストカバーを加工しネック取り付け。
次回ローリングシャシーに。





1955FL1200

a0248662_123687.jpg

Yさんのパンヘッド。
前後両フェンダー再塗装のため、足回り分解作業。
ついでのオイルタンクも清掃。





1974NORTON COMMANDO

a0248662_1232852.jpg

Aさんのノートンコマンド。
引き続きジェット交換しつつキャブセッテョング、試乗を繰り返す。
ほぼセッティングもでてO.K。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-17 01:37 | その他 | Comments(0)
2015年 12月 27日

土曜日の授業風景

1955FL1200

a0248662_0422131.jpg
a0248662_0423274.jpg

a0248662_043192.jpg

a0248662_0431779.jpg
a0248662_0432753.jpg

Yさんのパンヘッド。
カムギア、ブリーザーギアのスラスト量チェック・調整後、タイミングギア周り、ピニオンギア、ベアリングを取り付け。回りっぷりチェック。非常に状態良し。





1963FL1200

a0248662_0443584.jpg
a0248662_0445456.jpg
a0248662_0451545.jpg

Sさんのパンヘッド。
前回の試乗で、マニホールドからの2次エア吸いの疑いありで、やり直し。
次回改めて試乗、キャブセッティング。






1933 SUMBEAM MODEL8

a0248662_0461960.jpg

a0248662_0485855.jpg
a0248662_049870.jpg

a0248662_0492396.jpg
a0248662_0493867.jpg

M君のサンビーム
ガイド圧入後、バルブ擦り合わせ。前回シートカットをしているので擦り合わせだけで問題なし。
新たに製作したスプリングを取り付けヘッド完成。





1974NORTON COMMANDO

a0248662_050244.jpg

a0248662_050466.jpg

a0248662_0511496.jpg

a0248662_0514593.jpg

Aさんのノートンコマンド
マニホールドを変えツインキャブからシングルキャブに変更し、試乗。
まだプラグは燻ぶり気味でもうちょっとセッティングは必要です。
リア側のラバーマウント(アイソラティック)のガタを気にし始める。





1976FX1200

a0248662_0531277.jpg

a0248662_0523762.jpg

ケイヒンバタフライキャブに交換したHさんのショベル。
忙しく此方に来れないH氏に代わり、F君がセッティング中。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-12-27 01:13 | その他 | Comments(0)
2015年 11月 23日

土・日の授業風景

1980XLH1000

a0248662_22363787.jpg
a0248662_22364966.jpg
a0248662_2237542.jpg
a0248662_22371683.jpg

a0248662_22372982.jpg
a0248662_22381385.jpg

a0248662_23423474.jpg

Iさんのアイアンスポーツ。
ケイヒンキャブのフロートレベルを調整。実際のガソリンを入れチェック。フロートのガソリンの止まりっぷり、加速ポンプチェック。





1974NORTON COMMANDO

a0248662_2239180.jpg
a0248662_22391574.jpg

Aさんのノートンコマンドはキャブセッティング。
試乗、ジェッティングを繰り返す。




1971XLH900

a0248662_22393293.jpg
a0248662_22394344.jpg

a0248662_22395826.jpg

a0248662_22405473.jpg

卒業生K君のアイアンスポーツは低速、アイドリング不良で修理。
約3年でインマニのシールリングがやられました。でシール交換。
Oリングタイプのシールからフラットタイプのシールに交換する場合に使うアダプターリング(V-TWIN製)は外輪が大きくそのまま使うとインマニバンドを締めた際にしっかりシールされなかったり変形したりします。
外輪を削り使用。
タペット調整もして無事復活。





1976XLCH1000

a0248662_22414232.jpg

a0248662_22415314.jpg

a0248662_22443515.jpg

Zくんのアイアンスポーツ。
シリンダーヘッド面研磨したためシリンダーのインロー部の凸部分とヘッドの凹部分が干渉してまいました。
シリンダーの凸部分が4.5mmに対しヘッドの凹部分は4.2mm程度。
実際にシリンダーとヘッドを組みヘッドとシリンダーの隙間を計測すると、大きいところ0.4mmの隙間があります。ジェームスのSTDの銅ガスケットは厚み0.4mm。これでは組んだときにほとんどつぶれません。
ジェームスのカタログにはこのガスケットは、ほとんどつぶれない的な数値が書かれていますが、少々心配なので厚めのガスケットを使います。




1968BSA A65

a0248662_22452013.jpg

a0248662_22453590.jpg

a0248662_2247198.jpg

a0248662_22472575.jpg

NさんレのBSAは車体周りの分解作業。
ネックベアリング側はやはり駄目。アッパー側もレースとフレームがスポスポ。
動かなく嫌な予感がしたフロントフォークは錆つき固着。
ダンパーチューブ、シールが付いているスリーブナット、ブッシュアウターチューブすべて錆で固着でこいつの分解で時間を費やす。あの手この手でどうにか分解。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-11-23 00:22 | その他 | Comments(0)