Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ナックル ( 148 ) タグの人気記事


2016年 12月 07日

1947FL1200 シリンダー

今日はIさんのナックルヘッド、シリンダーのお話。
エンジン腰下、ヘッド周り組み付け作業が終わり、シリンダーボーリングというところで、今さら問題が・・・。
フロントシリンダーとリアシリンダーの長さが違うのです。

このことに関しては非常に反省しました。
計測、清掃、仮組みと生徒さんに細かくやってもらっていることは、その機械をよく観察する意味合いを持ってまして、私自身が「よく観察する」ということを出来ていませんでした。。。
落ち込んでいてもしょうがないのでとにかく計測してみます。

a0248662_11101551.jpg
a0248662_11102716.jpg
a0248662_11103917.jpg

シリンダー上面がフロント側が段付きになっているのに対しリア側はほとんど段が付いていません。
これを見逃していました・・・。
高さを測ってみると、フロントに比べリア側は3mmも低い。
とりあえず圧縮比を計ってみて今の状況を把握します。



a0248662_11105440.jpg

元々付いていたピストン(右)と新しいピストン(左)
新しいピストンは圧縮比7:1~7.5:1になるであろうローコンプピストンなので、元々付いていたほうは8:1~8.5:1あたりのコンプレッションピストンであろう。
この元々付いていたピストンで計測します。


a0248662_11111765.jpg
a0248662_11113481.jpg
a0248662_11114661.jpg

まずはフロント側圧縮比を液体注入法で計測。
圧縮比 7.7:1で良い数値であります。

a0248662_11121857.jpg
a0248662_11123094.jpg
a0248662_11124119.jpg

リア側も計測。明らかにピストンが飛び出ています。
圧縮比 9.6:1と高すぎる数値。
やはりこのシリンダーをこのままでは使えません。



a0248662_1113846.jpg

a0248662_11132216.jpg

リアシリンダー上面には明らかに削った跡がありましたので、ヘッドがフレームに干渉するため削ったのではないかと考え、クランク・シリンダー・ヘッドをフレームに仮組みしてチェック。
ヘッドとフレームの隙間は問題なし。3mm高くなったとしても問題なく乗っかるであろう。
とするとなぜシリンダー上面をあんなに削っていたのか?





a0248662_11134978.jpg
a0248662_1114291.jpg

a0248662_11141588.jpg

でもうひとつの問題。
クランクケース、クランクシャフト軸受け部のラインを出した後、ケースベース面とフレームとのマウント部の面研をしてありますので、ケースをフレームに仮組み。

a0248662_11143555.jpg

リア側マウントだけを締め付けると、フロント側が持ち上がりフレームとケースに2.3mmの隙間が開きます。
そのまま組んでしまうと、ケースが常に力がかかった状態で組むことになってしまうので、シムを製作しフレームマウント部に対しエンジンが水平になるようにして組みます。


a0248662_11145396.jpg

a0248662_11425378.jpg

するとエンジンが起きた分ヘッドロッカーアームカバーがフレームシートポスト部に干渉するという問題が。
元々、ここは隙間がないのですが、ちょっと接触しすぎ。
何かを正そうとすると何かが駄目になる、まずいスパイラルになってきました。

リアシリンダーの件も含めまだまだ、考えることが多いです。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-12-07 12:23 | 1947FL1200 | Comments(0)
2016年 12月 06日

日曜・月曜日の授業風景




1951TRIUMPH T100

a0248662_0202075.jpg

前回、フレームからエンジン、ミッションを降ろしたHさんのトライアンフ。
今回はエンジン腰下を分解していきます。


a0248662_0204241.jpg
a0248662_0205472.jpg
a0248662_021913.jpg

a0248662_0213271.jpg

タイミングギア周り分解。
カムギアのタイミングマークをチェックし専用プーラーを使いカムギア、タイミングギア抜き取り。
ギア自体に問題なし。アイドラギアスピンドルも抜けることなく、段減りもしておらず良好。



a0248662_0215259.jpg

クランクケース分解。
カムシャフトも磨耗少なく良さそうだ。

a0248662_0224459.jpg

コンロッドビッグエンド部のガタは少なく良さそうでありますが、このクランクはスラッジパイプは無く、クランクシャフトとフライホイールを分解しないと、ビッグエンドジャーナルのスラッジを取ることが出来ませんので分解。

a0248662_0225756.jpg
a0248662_0231487.jpg

ビッグエンドジャーナル、ビッグエンドメタルともに傷が少なく良さそう。
まぁ次回計測しますが。

a0248662_0232946.jpg

問題はベアリングが手スポだったクラックシャフト。特にドライブ側はポンチ攻撃がされています。このあたりは加工が必要です。


a0248662_0234582.jpg

a0248662_023593.jpg

クランクシャフト、フライホイールを分解するため、極細ソケットを製作し分解。

a0248662_0241348.jpg

a0248662_0242713.jpg

a0248662_0244624.jpg

クランク、ケースともに清掃。
ビッグエンドジャーナルのスラッジ溜りも綺麗綺麗。次回、計測作業となります。











1964XLCH900


a0248662_025819.jpg

アイアンスポーツのS君も分解作業。

a0248662_0252158.jpg
a0248662_027519.jpg

まずクランクケースを分解し計測。
コンロッドビッグエンドベアリングは非常に状態良し。うちでやる車両としては珍しいです。
このあたりは問題なし。


a0248662_027245.jpg

a0248662_0274548.jpg

ピニオンシャフトベアリングも計測。
こちらも、状態良し。もちろんラインをだしラッピングしますが、苦労は無さそうです。


a0248662_0275868.jpg
a0248662_0281156.jpg

a0248662_0282478.jpg

タペット、タペットガイド計測。
タペットは大分減ってしまっている。ローラーも大分ガタがきているのでタペットは交換したほうが良いでしょう。

a0248662_0283721.jpg

トランスミッションも分解し清掃・計測。
ギア、シフター位置など問題なし。

a0248662_0285878.jpg
a0248662_0291073.jpg

ドライブ側メインシャフトベアリング計測クリアランス0.04mmで良好。
ローラー交換だけで良さそう。


a0248662_0293883.jpg

クラッチギアブッシュ、カウンターシャフト1STギアブッシュ計測。
こちらも状態良し。ミッション周りはベアリング交換、調整だけでいけそうだ。










1939EL1000

a0248662_0301115.jpg

a0248662_030252.jpg

Wさんのナックルヘッドは前回リアブレーキペダルブッシュ取り付けのため、軸受け部の拡大作業を済ませていますので、ブッシュ製作。


a0248662_0304161.jpg

a0248662_0305857.jpg
a0248662_0311518.jpg

Wさん自らブッシュ製作。
長物のブッシュは作るのがなかなか面倒です。
時間がかかりますが、自らブッシュ製作をすると旋盤の勉強には非常に良いです。


a0248662_0313768.jpg

圧入工具も作り、グリスニップリ穴を開け圧入。

a0248662_0315356.jpg

a0248662_0322020.jpg

縮んだブッシュ内径をアジャスタブルリーマーを使い内径拡大しホーニング。


a0248662_0323482.jpg

というわけで完成。ガタなしブレーキペダルとなりました。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-12-06 01:06 | その他 | Comments(0)
2016年 11月 22日

月曜日の授業風景

1939EL1000


a0248662_20412012.jpg


a0248662_20434264.jpg

a0248662_20441275.jpg


Wさんのナックルヘッド
散々悩んだミッドポジションのフットペグ。ステー製作が終わり形になりました。
とにかく、フレーム側を加工、溶接したくないためもともとのマウントボルトを利用しつつ、良い位置にフットペグが来るようにするのが大変。
タイミング側は、ブレーキロッドが通るためブレーキピボットの位置を変えつつ、ロッドが逃げ良い位置へ。
プライマリー側はとにかくマウント出来る螺子部分が無い。転倒してしまった時に、損傷があるためクランクケース側へのマウントは避け、なかなかの形状のマウントステーとなりました。
とにかく考えるのに時間がかかりました。

a0248662_2042285.jpg

a0248662_20424015.jpg

a0248662_204391.jpg

マフラーはもともとのものが、右曲がりのときにフロントエキパイが擦ってしまうので、エキパイ位置を上げることとターンアウト化。
このエキパイは1-3/4”(44.45mm)。でU字パイプを切断しターン部分を製作したのですが、国内では45mmのパイプしか手に入りません。
製作者であるDAIいわく、それでは繋げた部分が目立ってしまうと。
44.45mmのUパイプ輸入し、マフラー製作。お陰で繋げた部分も目立たず良い感じであります。
というわけで、塗装し取り付け。

これでカスタム部門は終わり。
次回からは、あの計画を進めていきます。


基本うちではカスタム作業はやっておりません。
今回のカスタム作業はTRUE CLASSICさんの協力のもと進めたもので、カスタムのご用命はTRUE CLASSICさんまでお願いします。










1965XLCH900

a0248662_2040794.jpg


a0248662_2046291.jpg

a0248662_20464795.jpg
a0248662_20471226.jpg

Sさんのアイアンスポーツはヘッド分解・清掃・計測作業。
時間がかかる、シリンダーヘッド内のカーボン除去を終わらせ、バルブ、バルブガイド計測。
以前にこの辺りはやっているようで、バルブも磨耗少なく、ガイドとのクリアランスもIN、EXともに0.05mm~0.06mmで問題無し。

a0248662_20473995.jpg

ロッカーアームも同じく清掃・計測。
こちらは少々ガタがありますので、ブッシュ交換。


a0248662_20475670.jpg

エンジン腰上の計測が終わり、腰下分解へ。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-22 09:33 | その他 | Comments(0)
2016年 11月 16日

平日の授業風景 ~1964XLCH900分解作業~



1964XLCH900

a0248662_23262972.jpg

以前、部分修理コースでフロントフォークOH、キャブレーターOH、配線引き直しをやったSくんのアイアンスポーツ。
走行中にエンジンストールしエンジンがかからなくなったとの連絡。
クランキングはするものの、圧縮は少ないとのこと。プッシュロッドを見てみるとクランキングしてもプッシュロッドが4本とも動いていないということ。
こりゃピニオンギア周りが怪しいということで緊急入院。



a0248662_23265943.jpg

というわけで、カムカバーを外してみるとピニオンギアが思いっきり割れています。


a0248662_23284444.jpg

ピニオンシャフトの振れチェック。
0.04mmで少々振れはあるもののギア割れした原因ではないだろうと・・・。

a0248662_23291994.jpg

カムカバー周りをチェックすると#2カムブッシュのところにクラックが。
ギア欠けをおこし、ギアが噛みこみその際に#2カムギアに力がかかりクラックが入ったと思われます。
一応計測するとカムブッシュのクリアランスは良いものの、ピニオンシャフトブッシュはシャフトに対し0.4mmのガタがあり、ビッグエンドを潤滑する油圧も逃げていたことでしょう。

ともあれ、カムブッッシュ、ピニオンシャフトブッシュをやり直すためには、クランクケース側とのラインをだす必要があるため、クランクを分解しなければなりません。
最近このアイアンを手放そうそ考えていたオーナーさんですが、覚悟を決めてエンジンOHすることに。
というわけで、エンジンを分解していきます。


a0248662_23294697.jpg

a0248662_2330105.jpg

まずは腰上分解。
ピストンは前後とも抱つきを起こしています。プラグホールを濡らしていたオイルの原因はこれかしら。


a0248662_23305897.jpg
a0248662_23315057.jpg

a0248662_2332114.jpg

a0248662_23322072.jpg

CHのオイルタンクマウントボルトは転造ねじになっている専用ボルト。
頭を細めたボルトを使い抜き取り。
オイルタンクを抜き取り、エンジン腰下を降ろします。




a0248662_23324670.jpg
a0248662_2333842.jpg
a0248662_23332189.jpg

エンジン分解前に車体周りの気になるところを修正。
まず、センターからずれていたホイールをスポークで調整しセンターだし。ついでに振れチェック。
また、リアショックをはずしスイングアームのガタチェックし問題なし。


a0248662_23334567.jpg

曲がっていたフットペグサポートの取り付け部分も熱し曲げ修正。







1947FL1200

a0248662_2335221.jpg

Iさんのナックルヘッドは地道な作業であります。
オイルタンクのオイルライン取り付け螺子部の修正。パイプラインが入るここの螺子は垂直にナットを入れづらく、螺子がやられていることが多いです。
あまり使わない9/16”-24山UNEF(Extra Fine)のタップ・ダイスを使い修正。


a0248662_2335356.jpg

でオイルタンク清掃でありますが、スラッジと鉄粉が酷い。
リジットモデルのオイルタンクの形状はスラッジが溜まりやすいフィード側にアクセスしづらく、また覗くことができないため、ひたすら灯油を入れシェイクしスラッジ、鉄粉がなくなるまで清掃。
ほぼ1日がかりでした。
ともあれ綺麗になり取り付け。OHしたエンジンに鉄粉スラッジ混じりのオイルを投入することはできませんから。

a0248662_2336527.jpg










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-16 00:22 | 1964XLCH900 | Comments(0)
2016年 11月 11日

1947FL1200 ローリングシャシー

今日はIさんのナックルヘッド、フロントフォーク、ホイール取り付けローリングシャシー化へというお話。


a0248662_23364478.jpg

ネックベアリングは良好でそのまま使います。
ボールベアリングは交換。5/16”のボールベアリングアッパー側17個ロワー側17個で合計34個

a0248662_2337292.jpg
a0248662_23383219.jpg

フォーク取り付け、ヘッドコーンベアリングアッパーガード(アジャスタースクリュー)を締め付け、フォークがガタ無く、スムーズに動くところに調整。

a0248662_23384414.jpg

a0248662_233954.jpg

ハンドル、ロックプレート、クランプナット取り付け。
ロックプレートにより調整したアジャスタースクリューに位置を固定します。

a0248662_2522753.jpg

a0248662_23393016.jpg

ステアリングダンパーを取り付け。
ダンパーノブと共に動くダンパースクリューはクランプナットに螺子が切ってあり、ダンパースクリューを緩める方向に回すと、ダンパーロッドが持ち上げられ、下側のフリクッションワッシャーの抵抗でダンパーが効きます。ダンパーのアジャスティングナットの位置でダンパーがフリーに位置と効く位置を調整します。


a0248662_23355111.jpg
a0248662_23361475.jpg
a0248662_23363021.jpg

リアブレーキ周りは以前に調整済み。
フロントブレーキ周りはカムブッシュのガタ、サイドカバーブッシュ共にガタ少なく良好。
ドラムとブレーキシューのあたりを確認し取り付け。

a0248662_2340030.jpg

スプリンガーフォークはリジットフォーク側のロッカーアームピボット部が支点になり動くことでの上下運動します。フロントフォークが沈んだときにはフロントタイヤはかすかに前方向に動き、ブレーキパネル円運動をしていることになります。
その為、ブレーキパネルはフォークに固定されず、中心にブッシュが圧入され、フォークに固定されるアクスルスリーブを軸にして動いています。今回は問題なかったですが、ここのブッシュにガタがきますと、当然ブレーキのあたりが悪くなります。
ロッカー周りのブッシュやシャンクルバーのブッシュなどスプリンガーはやることが多いです。



a0248662_2341334.jpg

a0248662_23414999.jpg

a0248662_2342857.jpg

a0248662_23422073.jpg

フロントホイールを取り付けるとタイヤの動きが渋い。
フロントアクスルシャフトカラーが段減りしベアリングカバーに干渉していました。
段減りしていたカラーを面だしし、シムを製作し調整して、O.K



a0248662_23423645.jpg

a0248662_23425239.jpg
a0248662_2343327.jpg

振れとりを終わらした、ホイールを組み付け前後共にホイールのセンターだし。
フロント側はヘッドチューブを基準、リア側はフレームトップチューブ基準にしてセンターを出します。


a0248662_23432096.jpg

タイヤ取り付け。
今回のタイヤはやわらかくてよかった。
未だにタイヤレバーで16”のタイヤ交換をしていますと、硬いタイヤを入れるとなると骨が折れます。
最近は硬いタイヤが多いですからね。


a0248662_2343421.jpg
a0248662_23443037.jpg

というわけでローリングシャシーに。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-11 04:00 | 1947FL1200 | Comments(0)
2016年 11月 10日

1947FL1200 スプリンガーフォーク

a0248662_11574518.jpg

今日はIさんのナックルヘッド・スプリンガーフォーク
ガタがきていたブッシュ周りのお話。


a0248662_11581312.jpg
a0248662_11582649.jpg

まずはシャンクルバーブッシュ。
ドラムパネル側スタッド、フォーク側スタッドに対し0.5mmもガタがありましたのでブッシュ交換。


a0248662_1158516.jpg
a0248662_1159465.jpg
a0248662_11594268.jpg


a0248662_11595651.jpg
a0248662_120843.jpg

シャンクルバーのブッシュ穴径は楕円無く良好。
それぞれ、ドラム側シャンクルスタッド、フォーク側シャンクルスタッド径、シャンクルバーブッシュ穴径にあわせブッシュ製作。
今回はダクタイル鋳鉄で作ってしました。
グリス通路溝と穴を作り圧入。ホーニングしてシャフトに合わせます。



a0248662_121380.jpg

a0248662_1211545.jpg

ロッカーアームブッシュ、スタッド共に随分とやられている。
この鋳鉄ロッカーアームブッシュ随分硬い素材で作られていて、大体シャフト側もやられていますので、セットで交換。



a0248662_1215324.jpg

ブッシュ抜き取り計測。
4箇所中3箇所は状態良く、STDサイズのリプロブッシュでいけますが、1箇所はロッカーアームプレートの穴が広がってしまっていたので、O.Sブッシュを製作することに。

a0248662_122229.jpg
a0248662_1223339.jpg

a0248662_1225499.jpg

というわけで、ロッカーアームブッシュもダクタイル鋳鉄を使い製作。
新品スタッドと新品ブッシュとのクリアランスを参考にして寸法を決め製作。
ロッカーアームスタッドに対し0.1mm程度のクリアランスになるはず。


a0248662_1231399.jpg

a0248662_123372.jpg

a0248662_124358.jpg

スタッド新品、ブッシュ圧入しフォークに取り付け、完成であります。


a0248662_1241964.jpg







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-10 12:59 | 1947FL1200 | Comments(0)
2016年 11月 04日

1947FL1200 リム組み

今日はIさんのナックルヘッド、リム組みのお話です。

a0248662_2443961.jpg
a0248662_2445915.jpg
a0248662_2451161.jpg

ホイールベアリング後、リムの振れを見てみると縦方向に随分振れていましたので、振れとり調整なのですがスポークがニップル部が錆びているので調整が出来ません。
スポークが折れてしまう恐れがあるので、NOSスポークを調達しリムをばらします。
こびりついたリムバンドを剥離剤を使い剥がし、スポーク抜き取り。



a0248662_2454337.jpg
a0248662_246455.jpg

まだカドミウムメッキが残っているNOSスポーク。
中には何本か今もののスポークが混ざっていました。
この年式の純正スポークはNO.8-40山。現在の規格のスポークですとNO.8-32山です。


a0248662_2462544.jpg
a0248662_2465049.jpg
a0248662_247365.jpg

スポーク組み付け。
ハブ内側から組み、外側と内側のスポークが4クロスになるように組みます。
スターハブは一列づつスポークが組めるので、組みやすいです。




a0248662_2472458.jpg

a0248662_2474315.jpg

同じく前後共にリム組みをして振れとり。振れは1mm以内にしてあります。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-04 03:06 | 1947FL1200 | Comments(0)
2016年 11月 01日

月曜日の授業風景



1947FL1200


a0248662_984236.jpg

a0248662_982098.jpg

a0248662_99588.jpg

a0248662_993174.jpg
a0248662_995237.jpg

a0248662_9102241.jpg

a0248662_9105744.jpg
a0248662_9111491.jpg
a0248662_9113672.jpg


Iさんのナックルヘッド
スプリンガーフォークの組みつけが終わり、取り付けローリングシャシーにしていきます。
ネックベアリングのベアリングレースは状態が良かったのでそのまま。ボールベアリング5/16”は交換し取り付け。
アッパヘッドコーン(アジャスタースクリュー)を調整し、ネックのガタ調整。
ピン止めでアッパーヘッドコーン固定するプレートを取り付け。
ステアリングダンパーも調整し取り付け。レバーを緩めていくとロッドが引っ張られウリクッションワッシャーに圧がかかります。
リアホイールを取り付け、センターだししてO.K。





1939EL1000

a0248662_9123961.jpg
a0248662_9135276.jpg
a0248662_91413100.jpg

a0248662_9143432.jpg


Wさんのナックルヘッド
1-3/4”(44.45mm)のUパイプを手に入れ、マフラーエンド部製作。
44.45mmのパイプを使っているので、もともとのエキパイとの断面はピッタリ。
前後エキパイの水平、平行を確認しつつ、前後エキパイとも2箇所のマウントステーを製作し溶接。
エンド部がターンアウトしていますので、中にバッフルを忍ばしています。
もともとの状態と比べるフロントエキパイ位置は上に上がったはず。これで右曲がり時にエキパイをすることも無くなる筈です。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-01 09:36 | その他 | Comments(0)
2016年 10月 24日

土曜・日曜日の授業風景

土日はアイアン、A65DAYでありました。その授業模様です。



1970XLH900

a0248662_11541423.jpg

a0248662_11544973.jpg
a0248662_11551039.jpg
a0248662_11552840.jpg


Tさんのアイアンスポーツ
バルブガイド外径調整、圧入が終わり、圧入分縮んだガイド穴をリーマー通し。
バルブシートカット、擦り合わせ作業突入。







1980XLH1000

a0248662_11555143.jpg


Iさんのアイアンスポーツ
配線作業前の電装品、ライト周り、スイッチ周り取り付け。
この辺りに来ると、外装品の選定に悩み眺める時間が増えてくる。







1968BSA A65

a0248662_11561646.jpg

a0248662_11565318.jpg

a0248662_11573188.jpg

a0248662_11574423.jpg

a0248662_11581153.jpg

a0248662_11583978.jpg
a0248662_11585152.jpg


NさんのBSA
ギアボックッス、ギアケースインナーカバーを取り付け、ギアチェンジチェックし問題なしでありますが、ギアチェンジクアドラントに問題ありで交換。
エンジン周り腰下周りのチェックごとが終わりましたので、車体周りの作業に突入。

サイレントブロックと呼ばれるBSAのスイングアームピボット。ラバーマウントのスリーブが入っていて、ゴムのしなりでスイングします。
サイレントブロック圧入し次回、シャシー周り組み立てです。






1971BSA A65

a0248662_121184.jpg

a0248662_122971.jpg

a0248662_12495.jpg

a0248662_1244017.jpg

a0248662_125444.jpg

a0248662_1252792.jpg

a0248662_1254412.jpg


TさんのBSA
連結パイプが付くタイプのエキパイ取り付けで苦戦。
左側はよいものの、右側エキパイは取り付けるとカチ上がってしまっているので、アセチレンであぶり曲げ調整。両サイレンサーを付け高さをあわせます。
その他、アウタータイミングカバーに干渉していたシフトペダル、プライマリーカバーに干渉していた、リアブレーキペダルも曲げ調整。
サイレンサーマウントプレート共止めする汎用品のタンデムステップも加工し取り付け。







1939EL1000


a0248662_1315371.jpg

a0248662_132826.jpg

a0248662_132217.jpg

a0248662_1323339.jpg


Wさんのナックルヘッドはまさに現在作業中の投稿です。
マフラー製作位置決めが終わり、ステップのステー製作です。ステップの位置決めそして、マフラーだったり、ブレーキロッドだったりを逃げながらのステー作りでなかなか面倒です。
こちらももちろんTRUE
CLASSIC
監修です。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-24 13:13 | その他 | Comments(0)
2016年 10月 11日

日曜日・月曜日の授業風景

1971 BSA A65

a0248662_23441613.jpg

a0248662_23444585.jpg
a0248662_2345438.jpg

a0248662_2358948.jpg

a0248662_23454993.jpg


TさんのBSAは外装、電装も周りを取り付け終わり、点火時期調整。
点火システムはフルトラ、ペイゾンを使います。クランク側フル進角時期34度にあわせ、ピックアップ位置決め。
ヘリサート加工が終わったアウタータイミングカバーを取り付け、クラッチワイヤー取り付け、クラッチ調整。
次回、配線作業です。





1968BSA A65

a0248662_23492466.jpg

a0248662_23461335.jpg
a0248662_23463413.jpg

a0248662_23483137.jpg
a0248662_23484385.jpg

a0248662_23485332.jpg


NさんのBSAはクランク仮組みし、タイミングギア周り仮組み。
カムギアとタイミングギアの一部に引っかかりがあったので少々擦りあわせ。
その後クラッチ周り、清掃チェック。クラッチセンターのダンパーゴムは交換。クラッチフリクッションプレートは面研磨、スチールプレートは歪みチェック。








1973XLH1000

a0248662_23494531.jpg

a0248662_2350245.jpg

a0248662_23502386.jpg


Kさんのアイアンスポーツはタペット、タペットガイド、ローラー計測後、トランスミッション分解清掃、計測。
タペットガイドは広がっているので新品に交換予定。
エンジン周りは決して良いいえる状態ではなかったので心配しいたトランスミッションは無事でシャフトギアともに交換無しで使えます。








1976XLCH1000

a0248662_23504717.jpg

a0248662_23511427.jpg

a0248662_23513957.jpg

a0248662_2352436.jpg


Z君のアイアンスポーツは配線作業
フェンダーにブレーカーサポートをリベット留めし、配線を3系統にします。
まだ、加工、製作ごとが終わっていないリア周り以外の配線は引き終わり、まとめ点灯チェック。





1939EL1000

a0248662_23524228.jpg

a0248662_2353955.jpg
a0248662_23532975.jpg
a0248662_2353525.jpg

a0248662_23541275.jpg

a0248662_23543740.jpg


Wさんのナックルヘッドは引く続きマフラー製作。
今日もまたTRUE CLASSICのDAI君に協力頂き、擦っていたフロントマフラーを上に上げ、曲がり角度調整、エキパイがなるべく上に来るように、ブレーキオぺダルブラケットは加工。
ナックルはヘッドとエキパイのマウントが無いのでマフラーにステーを溶接し2点で留める。
というわけでフロント側にエキパイはOK。前後エキパイの平行、水平も綺麗に出ています。




1979FXE1200

a0248662_2357614.jpg


Iさんのショベルヘッドは前回、ネック周りの調整、引きずっていたフロントキャリパーのシール交換が終わったので試乗。
ブレーキの引きずりも無くなり取り回しも軽くなり、ハンドルをとられるような症状も無くなり、「手離し運転をしても真っ直ぐ進みます」と無事解消。
残念なのは調整して一箇所だけタペット音がしているので、油圧ユニットを交換してみます。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-11 01:52 | その他 | Comments(0)