Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ナックル ( 171 ) タグの人気記事


2017年 10月 04日

1947FL1200 リアブレーキペダルブッシュ

今日はIさんのナックルヘッド
前回にクロスオーバーシャフトに引き続き、ブレーキ周りの地味なお話です。

a0248662_822834.jpg
a0248662_8221995.jpg

a0248662_8223642.jpg

リアブレーキペダル周り。
ブレーキロッドは溶接され、調整が利かないと同時にフットボードマウントに干渉してしまっている、またリターンスプリングも付いていなかったので、交換・改良が必要。
で、ピボット部がガタガタだったブレーキペダルを修正します。


a0248662_822475.jpg
a0248662_8225849.jpg

このタイプのものはペダルピボット部にブッシュが入っていませんので、ピボット部を内径拡大してブッシュを入れます。
また、シャフト側はプレートにリベット留めされています。状態が悪いものは根元と先端が減り樽状に変形してるものも多いです。その場合はカシメ部分をもみ抜き取り、シャフトを製作しますが今回は、先端が少々減っているようなのでシャフトはそのまま使います。



a0248662_8234652.jpg
a0248662_8235866.jpg

最低片肉0.5mmのブッシュにしたいので、ブレーキペダルピボット部を1mm拡大。



a0248662_8241112.jpg
a0248662_8242416.jpg

ペダルピボット部、シャフト径に合わせブッシュ製作。
シャフトは少々変形しているため、サイズが曖昧なので内径は小さめで作っておきます。


a0248662_8245367.jpg
a0248662_8251178.jpg

ブッシュ圧入しグリスニップル穴を開ける。

a0248662_8561989.jpg

a0248662_8253831.jpg

アジャスタブルリーマーを使い内径拡大しホーニング。
アジャスタブルリーマーは字のごとくアジャスタしますのでサイズを調整できますので便利ですが、はじめのサイズ調整を間違えると刃が噛みこんでしまい、八角形やら十角形やら綺麗な円になってくれません。なかなかコツがいるリーマーなのですが、こいつの扱いにも慣れました。


a0248662_8255785.jpg
a0248662_826931.jpg

座面部も少々干渉していたので研磨し、ガタ無しさんのRブレーキペダルに。
細かなところをやり出したら切が無く時間がかかりますが、こういうところがビシっとしている車両は気持ちがいいです。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-04 08:59 | 1947FL1200 | Comments(0)
2017年 09月 28日

1947FL1200 クロスオーバーシャフトブッシュ


今日はIさんのナックルヘッド、ブレーキ周りのお話。
フットブレーキペダルとリアブレーキを連結しているクロスオーバーシャフトの軸受けであるブッシュはシャフトとブッシュの隙間が目で確認できるぐらいガタガタ。
以前にもお話しましたが、このあたりの古い車両は、車体周りの細かな部分がおざなりのことが多いです。ブレーキのタッチを左右する部分ではありますが、まぁここがガタでも走ってしまいますから・・・ということ、そのままのことが多いのでしょう。
というわけで修正していきます。

a0248662_23475331.jpg
a0248662_23482870.jpg

a0248662_0145915.jpg

リーマーを使いブッシュ抜き取り。
写真でわかるとおり薄々になっていますので、内がけプーラーが使えませんでした。
フレーム側ブッシュ圧入部内径計測。
圧入部の外側と内側では寸法が違い、内側にかけて狭く(内径が小さく)なりテーパー状になっています。
また、左右で寸法が0.2mmも違いますので社外のリプレイス品は使えないのでブッシュ単品製作。





a0248662_23485174.jpg
a0248662_23491480.jpg


ブュシュの外径は圧入部がテーパー状になっていましたので入り口部を少々テーパー上に。
内径はクロスオーバーシャフトの摺動部にあわせ製作。
全長39mmとなかなか長いブッシュです。



a0248662_23494727.jpg
a0248662_2350889.jpg


他のブッシュ軸受けのシャフトでもよくあることですが、ブッシュと摺動しているところだけが磨耗し、レバーが入る付近は減っていませんので段付きになっています。
研磨し摺動部とレーバー圧入部の径を均一にします。


a0248662_23503389.jpg
a0248662_23505778.jpg

圧入工具を使いブッシュ圧入。
先ほどもお話したとおり、テーパー状になっていて尚且つ全長39mmの長めのブッシュのため、奥に行くほど圧入キツメ。



a0248662_23513258.jpg


圧入部がテ^パー上になっているため、圧入したブッシュは入り口は良いものの奥側はより多く縮みシャフトが入りません。
シャフト長は260mmでこんな長いリーマーはありませんので、アジャスタブルリーマーを使い片側づつ内径拡大し、ブッシュ内径を真直ぐに。



a0248662_23515824.jpg
a0248662_23522839.jpg


左右ブッシュのラインを出すため、ラッピング用のロッド製作。




a0248662_2353078.jpg
a0248662_23533787.jpg

ラッピングしガタ無くスルスルに。
これでクロスオーバーシャフトブッシュの作業は終わり。

今回のようにブッシュ受け部が変形していたり、使うシャフトが段付き磨耗していることは旧車では良くあること。今回はその状況にあわせブッシュ製作をした訳であります。
完璧ということを考えれば、ブッシュ圧入部をボーリングし、それに合わせブッシュ製作、シャフトも磨耗していないものを使うのが良いと思いますが、軸受けの距離が260mmあるフレームのを左右センターをあわせボーリングするのは現実的では無いし、コストが随分かかってしまう。
今回の作業は完璧とは言えないものの、現状では最善といえるものと考えます。






a0248662_2354771.jpg
a0248662_23543317.jpg
a0248662_23545459.jpg


序にRブレーキオペレーションカムレバーのお話。
圧入気味で入る四角部分がガタガタでありましたので、肉盛りして研磨。
圧入気味で入るようにしてガタ無し。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-09-28 01:05 | 1947FL1200 | Comments(0)
2017年 09月 26日

月曜日の授業風景

1939EL1000

a0248662_857213.jpg
wさんのナックルヘッド
一回フロートレベルの調整をした、フロートバルブ紛失事件などありつつ、調整し直し試乗、キャブセッティング。
問題無さそうで、次回長めの試乗駄目だしとなります。








WL ENGINE

a0248662_858353.jpg


a0248662_8583926.jpg
a0248662_8591477.jpg
Mさんのサイドバルブ
エンジン、ミッション持ち込みのMさんは自宅でローリングシャシー組み付け持ち込み。
ブレーキ周りチェックをしてエンジン搭載、ヘッドトルク管理して組み付け。
その他新たに持ち込んだマグネトー分解チェック。S





1979FXS1200

a0248662_8594989.jpg
a0248662_901435.jpg


S君のショベルヘッド
面チェックとネジ周りの修正
ひとつひとつ自らネジサイズを確認しタップダイスを選択する事で、駄目なネジ山を発見出来る事とともに、ネジサイズのお勉強になります。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純


by sgf1906 | 2017-09-26 14:10 | その他 | Comments(0)
2017年 09月 16日

1947FL1200 フレーム・シリンダーヘッド干渉問題

今日はEさんのナックルヘッドののついて触れておこう。
一旦ローリングシャシーになったもののフレームの状態が酷いということで、フレーム修正に出したんですよね。



a0248662_19373264.jpg
a0248662_19374419.jpg
a0248662_19375444.jpg
a0248662_19381170.jpg
a0248662_19385184.jpg

トップチューブの曲がりがあったため修正。また、ダウンチューブ下エンジンマウントあたりも曲がりありで修正。ステアリングヘッドの曲がりも修正。
シートチューブには穴が開いていましたのでロウ付けし修正してもらいました。
リアサスペンションを持たないリジットフレームは鯖折り的な力がかかり、トップチューブ、ダウンチューブあたりに曲がりが出てるものが多いようです。



a0248662_193985.jpg

雰囲気を崩さない程度に塗装。




a0248662_19391832.jpg
a0248662_19393080.jpg
a0248662_1939421.jpg

修正のためネックベアリングカップを外したので取り付け。フォーク・タイヤを取り付けローリングシャシーに。
この辺りは以前にブログに書いていますので割愛。



a0248662_19395486.jpg
a0248662_19401844.jpg
a0248662_19403061.jpg
a0248662_19404139.jpg
a0248662_19405256.jpg

a0248662_19412829.jpg

a0248662_1941435.jpg

フロントフェンダーも新たにバンパーを追加し取り付け。
オイルタンクを取り付けリアフェンンダーもリアキャリア・バンパーを追加し取り付け。
ガタガタだったシートポストブッシュも交換。




a0248662_19414616.jpg

ローリングシャシーになったところで、Rシリンダーヘッドとシートチューブが干渉する問題に
元々ついていたRシリンダーはFシリンダーと比べ3mm短く削られていました。
たぶんこれは、Rシリンダーヘッドを取り付けたときの、ヘッドがフレームに干渉し取り付けることが出来ない為、削ったものと思われる。
これの辻褄を合わせていきます。


a0248662_19415826.jpg
a0248662_19421569.jpg

a0248662_1942516.jpg

a0248662_19436100.jpg

クランクケースフレームマント面は面研していますので、一旦ケースをフレームに乗せフレームとケースの平行を見る。
リア側マウントボルトを締め付けるとフロント側マウント部でフレームとケースに2.3mm程度の隙間が開くのでシムを入れ取り付け。
またシリンダーは3mm短いので同じく3mmのシムを入れシリンダー取り付け。


a0248662_19432277.jpg

これで一旦ヘッドを取り付けてみると、ヘッドEXバルブカバーとシートチューブは干渉してしまう。
只、前回フレーム修正前に同じ状況でチェックした時には、シリンダーヘッドボルトが入らないぐらい干渉していたので、状況は随分良くなっている。



a0248662_19433751.jpg
a0248662_19435461.jpg
a0248662_1944671.jpg

今度はエンジンのマウント角度を変えるためフロントマウント側に2.0mmのシムを入れて、マウントボルトを締めこむと、リア側マウント部に少々隙間が開きました。フレーム側エンジンマウント部の前後平行も微妙に違うのであろう。
隙間があいたままマウントボルトを締め付けてしますとケースが歪むので、リア側マウント部も隙間に合わせシム製作し取り付け。





a0248662_19443573.jpg
a0248662_19444754.jpg

やったー隙間が0.5mm程度できました。こんなことでIさんと2人で大喜びです。
リアシリンダーは良品と思われるものを手配済み。問題が起きませんように・・・。
なんやかんやで1歩前に進みました。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-09-16 08:37 | 1947FL1200 | Comments(0)
2017年 09月 12日

日曜日・月曜日の授業風景

1971 BSA A65

a0248662_7513654.jpg


TさんのBSA
ロッカー周りの音問題も解消し試乗。
一回目の試乗ではキャブのニードルが外れかかって燻るトラブルがありつつも、他は問題なし。
卒業が見えてきました。





1985FXEF1340

a0248662_75211100.jpg
a0248662_752322.jpg
a0248662_7525924.jpg
a0248662_7531983.jpg


Tさんの4速エボ
サスペンシャンピボット部がオフセットし付けられているスイングアームのサスペンション取り付け部を補強の溶接し、余計なステー類は削り落とし、塗装作業。
フレーム周りもタッチアップ的に塗装。
リアホイールのベアリングチェック。状態が良かったのでそのまま使い、シール交換、スラストチェック。
この年式になるとホイールスペーサーが改良されてすね。




1973TRIUMPH TR7RV

a0248662_7535168.jpg
a0248662_7541552.jpg
a0248662_7544095.jpg
a0248662_755566.jpg
a0248662_7552845.jpg


Yさんのトライアンフはギアボックッス周り。
シムを少々研磨しレイシャフトのスラスト調整。
5速ミッションの取り付け方を憶え取り付け。
カムプレートとオペレーティングクアドラントの位置決めをして取り付け。



1939EL1000

a0248662_7561948.jpg
a0248662_7564392.jpg
a0248662_7571792.jpg


Wさんのナックル
車検をとり、ハンドル交換、エキパイ交換を終わらせ試乗したところ、燻る現象が・・・。
改めてマグネトーチェック、点火時期チェック、キャブチェック。





1964XLCH900

a0248662_7575040.jpg
a0248662_7581038.jpg
a0248662_7583953.jpg
a0248662_759022.jpg


Sくんのアイアンスポーツ
調子良く走っていたアイアンでありますが、マグネトーマウントボルトが緩み雌ねじ部が終了しました。
というわけで、カムカバーを取り外し冶具に取り付け、垂直セットアップしてヘリサート。
ここにネジはNO.12-24山であります。





1951TRIUMPH T100

a0248662_7593894.jpg
a0248662_80170.jpg
a0248662_802998.jpg
a0248662_81140.jpg
a0248662_812655.jpg
a0248662_82066.jpg
a0248662_822614.jpg


Hさんのトライアンフはタイミングギア周りの取り付け。
専用工具を使いカムギアを取り付け、ピニオンギア、インターメディエイトギア取り付け、回りっぷりチェックし問題なし。
オイルポンプのチェックごとを済ませ取り付け。
オイルを入れクランキングしオイルの流れっぷりチェック。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-09-12 08:37 | その他 | Comments(0)
2017年 09月 05日

月曜日の授業風景

a0248662_9121238.jpg




1939EL1000

a0248662_9123796.jpg
a0248662_9125156.jpg
a0248662_913535.jpg


Wさんのナックルヘッド
ハンドル交換にともないスロットルケーブル、フロントブレーキケーブルの長さ調整し取り付け。
また、以前製作してマフラーと取り付け試乗。
エンジンを回した時に失火しているような症状が出ているので、もう少し煮詰めhが必要。










1947FL1200

a0248662_9164296.jpg
a0248662_917966.jpg
a0248662_9172682.jpg
a0248662_9174240.jpg
a0248662_9175866.jpg

a0248662_9181662.jpg
a0248662_9184215.jpg
a0248662_9185382.jpg


Iさんのナックルヘッド
仮組みだったRキャリアー取り付け、抜けてしまったエンンダートリムのスタッドを半田付け、Rバンパー取り付け。
フロンドブレーキケーブル取り付け、シートポスブッシュ交換。ちなみにグリスニッップルのネジサイズは5/16”-32山。フットボード周り取り付け。
エンジン腰下もフレームに搭載したのですが、写真取り忘れ。








1964XLCH900

a0248662_9192313.jpg
a0248662_9194370.jpg


Sくんのアイアンスポーツ
午後からの登校だったS君はアイアンのマグネトーがガタガタ動くということで、マグネトマウント雌ネジ部がナメていました・・・。
次回、カムカバーをとりヘリサート処理するとして今回は首下が長いボルトを使用してネジ山が生きている部分で効かせ留めました。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-09-05 09:51 | その他 | Comments(0)
2017年 08月 22日

月・火曜日の授業風景

1939EL1000

a0248662_2240374.jpg
a0248662_22405478.jpg
a0248662_2241243.jpg
a0248662_22414652.jpg

a0248662_2242632.jpg


Wさんのナックルヘッド
ハンドル交換、POSH製のインナースロットを取り付け、ヘッドライトのハイローSWはヘッドライト側に移植し配線引きなおし。
スロットルケーブルを通すための楕円穴あけ作業、またアウターケーブルストッパーの雌螺子加工し取り付け。










1979FXS1200

a0248662_22423731.jpg
a0248662_22425157.jpg
a0248662_22433058.jpg
a0248662_22434339.jpg
a0248662_2244530.jpg

a0248662_22444052.jpg

a0248662_22442218.jpg


Sくんのショベルヘッドは車体周りの分解作業。
カッチカチのタイヤは外し、ベアリング抜き取り。
ネックベアリングレースも抜き取り、この年式のネックベアリングレースは工具の爪がかかりずらいので、TIGでレースのビートを引きレースを縮め爪をかけ取り外し。
三又にベアリング、スングアームベアリングレースも専用工具を使い抜き取り。
フロントフォーク分解・清掃。サビサビのインナーチューブは交換。
車体周りのベアリング抜き取り作業は終わり、クランクケース周りの作業へ。











1973TRIUMPH TR7RV

a0248662_22454058.jpg
a0248662_22455317.jpg

a0248662_22461159.jpg
a0248662_22464196.jpg
a0248662_22465674.jpg
a0248662_22472211.jpg
a0248662_22473657.jpg


Yさんのトライアンフ
ギアボックッスを分解しまして、できるだけ綺麗に清掃し、ハイギアベアリング、レイシャフトニードルベアリング圧入。
エンジン搭載のままでベアリングを圧入するので、垂直圧入冶具を作っておき圧入しました。
また、インナーカバーのメインシャフトベアリング、レイシャフトニードルベアリング交換。
ガタがあった、ギアチェンジスピンドル、キックシャフトスピンドルブッシュ交換。






1946WR750

a0248662_22491430.jpg
a0248662_22493649.jpg
a0248662_22515777.jpg
a0248662_22523811.jpg
a0248662_22525198.jpg
a0248662_2253691.jpg


MさんのWR
18インチ化リム組みをしまして、リム振れとりをし、フォークに仮組みしてセンターだし。
リム組みが終わり、タイヤを取り付け組み付け。








1975XLH1000

a0248662_22542426.jpg
a0248662_22545453.jpg
a0248662_22551037.jpg

a0248662_2311977.jpg

a0248662_22554234.jpg
a0248662_22555431.jpg
a0248662_2256894.jpg


Kさんのアイアンスポーツ
クランクケース周りのベアリングを抜き取り後、螺子講習を済ませケース周りの螺子修正作業。
プライマリー側の螺子穴には大量のガスケットが入っていました。このままボルトを締めこんでいくと、ケースを割ってしまうことがあります。
プライマリードレンボルトにテーパーネジがブチこまれていたり、T/Mアクセスドアマウント部分はクラックが入っていたりとそれなりに修正箇所があります。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-22 23:41 | その他 | Comments(0)
2017年 08月 08日

土・日の授業風景 


1947FL1200

a0248662_719572.jpg
a0248662_7192850.jpg


Iさんのナックルヘッド
資料をみつつ位置決めをして穴あけし、フロントフェンダーのバンパー、リアフェンダーのキャリアー取り付け。
純正フェンダーに穴あけ、緊張します。








1973XLCH1000

a0248662_7201676.jpg
a0248662_721429.jpg
a0248662_7232959.jpg
a0248662_7235288.jpg
a0248662_7241785.jpg

a0248662_7244219.jpg
a0248662_72549.jpg
a0248662_7252843.jpg
a0248662_7254141.jpg


Kさんのアイアンスポーツ。
T/Mの調整ごとが終わり、仮組みしてギアチェンジチェックし問題なし。
えらくデカイT/Mスプロケットが付けてあったため、もともと付いていたスプトケットカバーは破綻。スプロケットカバーはNOSものに交換。
割れていた、スプロケットカバーマウント部は溶接修正済みでダウエルピンを取り付け、位置決めし雌ネジ部製作。
スプロケットカバーの位置決めが終わったところで、キックブッシュ取り付けキックシャフトのラインだし。問題なくOK。
クラッチ周りチェックですが、以前に検討違いの加工がされていますので、なんやかんや交換です。








1985FXEF1340

a0248662_7261020.jpg

a0248662_7264722.jpg

a0248662_7271364.jpg
a0248662_7273292.jpg
a0248662_7274475.jpg


Tさんの4速エボ
トランスミッションの分解作業、計測が終わりエンジン周りに。
VMSでは初めてやるエボエンジンでありますので、一個一個確認しつつの分解作業です。
シリンダー分解しビッグエンド部のガタチェックし問題なし。
またシリンダーとピストンも状態良しです。









1979FXS1200

a0248662_7281267.jpg
a0248662_728305.jpg
a0248662_7285059.jpg
a0248662_7291439.jpg
a0248662_72929100.jpg
a0248662_7295496.jpg
a0248662_7301334.jpg
a0248662_7302725.jpg
a0248662_7304156.jpg


S君のショベルヘッド
エンジン腰下の計測作業。コンロッドビッグエンド部、スモールエンド部ともに状態良し。
ピニオンシャフトベアリング周りも状態は悪くない。
カムブッシュ、ピニオンブッシュも状態良いものの、カムは剥がれがきていますので交換。
タペット周りも状態は悪くない。
というわけで、エンジンの計測作業は終わり、ギアボックス分解作業へ。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-08 08:02 | その他 | Comments(0)
2017年 08月 02日

火曜日の授業風景

1947FL1200

a0248662_0161270.jpg
a0248662_0163521.jpg
a0248662_0165584.jpg


Iさんのナックルヘッド
車体外装周りの取り付けです。
ネジ一本一本修正しつつ、さび防止をしつつ丁寧にとりつけていいます。
細かいところまで丁寧に作業するのは、自分の車両を自分でいじるスクールならでは。










1946WR750

a0248662_0194180.jpg
a0248662_0204095.jpg
a0248662_0213384.jpg
a0248662_022196.jpg
a0248662_0223372.jpg
a0248662_023746.jpg



MさんのWRは車体周りの作業へ。
配線は引きなおすのですべて外し、フォーク取り外し、フレームに溶接されていた後付ステーを削り落とす。形を仕上げ塗装。
ネックベアリングレースは問題なしでフロントフォーク分解。








1975XLH1000

a0248662_024841.jpg
a0248662_0244958.jpg
a0248662_0254436.jpg
a0248662_0263740.jpg


新入生Kさんのアイアンスポーツ
クランク分解しコンロッドビッグエンド部、スモールエンド部、ピニオンシャフトベアリング周り計測。少々ガタがあったビッグエンド部は大分ローラーが減っていたものの、レースが側は楕円なく良好。クランクピンも問題なし。スモールエンドブッシュはガタが少ないものの、ブッシュが動いた跡があるのでブッシュ交換。
また、ピニオンベアリングはレース側が少々変形しつつ減っているのでラッピングが必要。
カムシャフト、カムブッシュ計測。
カムブッシュは状態良し、ピニオンブッシュは残念ながら0.1mm以上ガタがあるので交換します。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-02 08:58 | その他 | Comments(0)
2017年 08月 01日

月曜日の授業風景


1939EL1000

a0248662_8153770.jpg
a0248662_8161996.jpg
a0248662_8164514.jpg


Wさんのナックルヘッド
ハンドル交換に伴い、ボッシュのインナースロットル取り付け。
ハンドルの長さ調整しカット、インナースロットルを加工し溶接取り付け。








1946WR750

a0248662_8171526.jpg
a0248662_8174215.jpg
a0248662_8183061.jpg
a0248662_8184399.jpg


MさんのWRは段減りしていたコンロッドスラストワッシャー抜き取り。
ダミーワッシャーを作り、仮組み、適正スラスト量にするためのコンロッドスラストワッシャーの厚みを逆算するのだが、コンロッドが変わったため帳尻が合わず苦戦。












1979FXS1200

a0248662_8191914.jpg
a0248662_8271648.jpg
a0248662_8274944.jpg
a0248662_8283519.jpg
a0248662_8285610.jpg
a0248662_8291412.jpg

a0248662_849437.jpg


S君のショベルヘッドはクランク周り分解。
まずオイルポンプ分解ですが、ボディー内壁がずいぶんやられています。。。これは使い物にならないです。
コンロッドビッグエンド部のガタは良好だったのですが、クランクシャフトの振れっぷりが0.1mm以上ありましたので、クランク分解。で清掃開始。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-01 08:50 | その他 | Comments(0)