Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ナックル ( 172 ) タグの人気記事


2017年 12月 19日

月曜日の授業風景

1937EL1000

a0248662_8535470.jpg
a0248662_854886.jpg
a0248662_8541714.jpg
a0248662_8543078.jpg
a0248662_8544189.jpg
a0248662_8545682.jpg
a0248662_855835.jpg


Wさんのナックルヘッド
OH済みとして手に入れた30年代のスプリンガーフォークチェック。
ロッカーアームはブッシュはそんなに減っていませんが、スタッド側が大分減っていますので交換。
ロッドブッシングは楕円がひどいので交換。
リジットフォーク、スプリングフォークともに曲がりっぷりチェック。





1979FXS1200

a0248662_8562517.jpg
a0248662_8563481.jpg
a0248662_8564819.jpg
a0248662_856587.jpg
a0248662_8571032.jpg

a0248662_85745100.jpg

a0248662_857577.jpg

a0248662_85896.jpg


S君のショベルヘッドはミッション周り
76年LATEモデルからカウンター、メインドライブギアのニードルベアリングは一体式に。
カウンター3.4速ギアにニードルベアリング圧入し、3.4速ギア、1STギアのスラスト調整。
メインドライブギアのブッシュは前加工後、圧入してラッピング・ホーニングし取り付け。
メインドライブギアベアリングを取り付け、メインドライブギアスラストチェック。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-12-19 09:19 | その他 | Comments(0)
2017年 12月 14日

火・水曜日の授業風景

1976FXE1200

a0248662_0125517.jpg
a0248662_0131064.jpg
a0248662_0132321.jpg
a0248662_0151329.jpg
a0248662_0153436.jpg
a0248662_0155232.jpg
a0248662_016340.jpg
a0248662_0162061.jpg
a0248662_0164367.jpg
a0248662_0165790.jpg
a0248662_017759.jpg
a0248662_017205.jpg
a0248662_0175630.jpg
a0248662_0181063.jpg
a0248662_0182724.jpg


Hさんのショベルヘッド
ギア周りの本組みが終わりシフター周りへ。
シフターパウル周りのブッシュ、スプリング、爪など問題なくグリスアップし組み付け。
メイン側のシフターフォークは錆びていたので新品に交換。
ゲージをを取り付け、ドッグギアの位置チェック。問題なく組み付け。
ガタがあったラチェットギアブッシュは単品製作し取り付け。
0.2mmもガタがあったキックシャフトブッシュは使うキックシャフトにあわせ単品製作し取り付け。ラッピング仕上げ。
ミッション周りの作業はほぼ終わりヘッド周りへ。
ヘッド側にあわせ前加工済みのバルブガイドをヘッドに圧入。









1940WL750

a0248662_0195777.jpg

a0248662_020953.jpg

a0248662_0211128.jpg
a0248662_0214463.jpg

a0248662_0221017.jpg

a0248662_0244379.jpg
a0248662_0251463.jpg
a0248662_0252764.jpg
a0248662_0253794.jpg
a0248662_026040.jpg
a0248662_0261917.jpg
a0248662_0263492.jpg


IくんのWL
カム山が終了していた#1・#4カムシャフトはNOSもの手に入り、新品のT/Mメインシャフト・カウンターシャフトが来ましたので、計測作業。交換するブッシュを選出します。
ということで、カムカバー側の#3、#4カムブッシュは交換することに。
今回はI君自らブッシュは製作しますので、製作するブッシュの寸法を計算し簡単な図面を書く。
ブッシュ製作前にまずT/Mのメインシャフトベアリングレース交換。
圧入し、WL専用に製作したラッピングパイトット・ラッピングロッドを取り付けラッピングし、使うSTDローラーで適正クリアランスなる寸法まで内径を広げる。
で、ブッシュ製作へ。
10個以上作る予定で、これからブッシュ地獄が始まります。








1946WR750

a0248662_0325029.jpg
a0248662_033920.jpg
a0248662_0332546.jpg
a0248662_0333694.jpg
a0248662_0353053.jpg
a0248662_0354269.jpg
a0248662_0355121.jpg
a0248662_036215.jpg


MさんのWR
ヘッドライトステー交換し、スパイラルハンドルバーの長さ調整。
ハンドルのエンドナットで止められるスパイラルハンドルバーはスラスト(隙間)が多いとスロットルの開き始め、閉じ始めレスポンスが悪くなります。
シリンダーのバルブガイドホール加工。
溶接をされていたシリンダー側は0.2mm以上楕円になっています。(鋳鉄のものでここまで楕円になっているものは初めて見ました)
バルブシートに対し垂直だし冶具を使いアジャスタブルリーマーを使い真円になるまで内径拡大。







1947FL1200

a0248662_0363668.jpg
a0248662_0365056.jpg
a0248662_03756.jpg
a0248662_0372085.jpg


Iさんのナックルヘッド
固着し開かなかったツールボックッスをどうのか錆を落とし開く様にし、板金作業しちゃんと使えるようにして取り付け。
フロントバンパーは倒した跡があり少々変形しなかなか取り付けづらいが、なんやかんや取り付け。
このあたりのバンパーは本当すんなり付かないです・・・。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-12-14 01:18 | その他 | Comments(0)
2017年 12月 12日

月曜日の授業風景

1937EL1000

a0248662_8441557.jpg
a0248662_845113.jpg
a0248662_8452620.jpg
a0248662_8453781.jpg


Wさんのナックルヘッド
1939ELの作業は終わり、2機目のトランスミッション。
以前に途中まで進めていたもので、思い出しながらの作業で必要なパーツを確認。また、パーツの使えるか・使えないか確認。
スピードメーターギア、スピードメータードライブユニットはそれぞれ年式ごとに3種類づつあり、
この年式36年~61年はスピードメーターギアは7T、ドライブユニット11Tの組み合わせ。







1979FXS1200

a0248662_8473145.jpg
a0248662_8475037.jpg
a0248662_8482741.jpg

a0248662_8504119.jpg

a0248662_8491089.jpg
a0248662_8493399.jpg
a0248662_8495273.jpg


S君のショベルヘッド
リフト量が増えるタイプのハイカム使用に伴い、バルブスプリングを.550”リフト用にコンバート。
純正のバルブスプリングとの取り付け長、スプリング圧比較。スプリングリテーナーを変更するため、ヘッドとの干渉部チェック・リテーナー側加工。
チェックごとが終わりバルブ組み付け。
多めだったロッカーアームスラストはシャフト側を少々切削し組み付け。







1976FXE1200

a0248662_8513328.jpg
a0248662_8515438.jpg
a0248662_8521978.jpg
a0248662_8523029.jpg
a0248662_8525171.jpg
a0248662_8531897.jpg


Hさんのショベルヘッド
仮組み確認作業が終わり、シールを取り本組み。
メインシャフトベアリングのリテーニングプレートは変形していたので、ある程度プレスで整形し面研し取り付け。
次回、シフターとキックギア周りです。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-12-12 09:12 | その他 | Comments(0)
2017年 11月 23日

火曜日・水曜日の授業風景

1947FL1200

a0248662_311412.jpg

a0248662_312420.jpg

a0248662_315225.jpg
a0248662_321478.jpg

a0248662_371944.jpg
a0248662_373913.jpg


Iさんのナックルヘッドはプライマリー周り組み立て。
プライマリーチェーン張り調整後、クラッチの切れっぷり調整。
クラッチカバースクリューの雌ねじがクラッチのプレッシャープレートと干渉していたようで、ねじ穴が無くなっていたので、ナット溶接。プレッシャープレートと干渉しないかチェック。
またクラッチプレートのボルトの長さ調整。
NO.8のボルトがついていたプライマリカバーはNO.10のスクリューに交換し取り付け。
プライマリー周りO.Kです。






1946WR750

a0248662_382430.jpg
a0248662_384041.jpg
a0248662_385036.jpg
a0248662_385849.jpg


MさんのWR
ガスタンクの花咲Gを終わらせ、フォークのトップツリー、ライザー。
マグネトーキルスイッチをつけるためハンドルにねじ穴を開け、配線、ケーブル中通ししハンドル取り付け。









1940WL750

a0248662_2542745.jpg
a0248662_2552578.jpg

a0248662_2554198.jpg

a0248662_2555149.jpg

a0248662_2561894.jpg
a0248662_2563160.jpg

a0248662_2564542.jpg
a0248662_2565419.jpg

a0248662_2574274.jpg

a0248662_2575559.jpg


I君のWLはタイミングギア周りの計測。
ピニオンシャフトベアリングは状態良しだが、カムブッシュ・ピニオンブッシュはガバ目
バルブシートが削れタペットを随分削っていたEX側のカムはフロント・リアともに随分とやられている。
同じくタペットローラーもEX側があまり見られないやられかたをしています。
タペットガイドのガタもそれなりにありますので、オーバーサイズにする必要がありそうです。
これでエンジン周りの計測作業は終わりで、問題点が見えてきました。
I君は東京ライフを円滑に進めるべく足バイクのFTRを手に入れ、しっかり整備をしています。










1973XLCH1000

a0248662_228239.jpg
a0248662_2281483.jpg
a0248662_2291353.jpg
a0248662_2294414.jpg
a0248662_2295435.jpg
a0248662_2301248.jpg
a0248662_2302012.jpg
a0248662_2303774.jpg
a0248662_2304655.jpg
a0248662_231225.jpg
a0248662_231193.jpg


Kさんのアイアンスポーツ
73年のアイアンはこの年式だけFブレーキがバナナキャリパー。大きなキャリパーなためガタが出やすいフォークとのマウント部のガタチェックし問題なし。
随分削れていたパッドピン交換、オイルシール交換し仮組み。
またフロントフォークシール周り交換。
よくやられている、フェンダーマウント部のネジ穴はしっかり無くなっていましたのでヘリサート加工。
ベアリングレース部が錆びていたネックカップは抜き取り。錆で固着していましたが計測し問題なし。テーパーベアリングにコンバートします。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-23 03:51 | その他 | Comments(0)
2017年 11月 14日

月曜日の授業風景

1937EL1000

a0248662_8294283.jpg

a0248662_8301310.jpg

a0248662_8303038.jpg
a0248662_831335.jpg
a0248662_8312527.jpg
a0248662_8315297.jpg


1939ELオープンロッカー化は一段落し、1937ELを進めて行きます。
30年代のフレームさんのネック周りを計測し、ネックカップ外輪切削加工しフレームにネックカップ圧入。
途中で止まっていたギアボックスの組み立て開始。










1979FXS1200

a0248662_832917.jpg
a0248662_832279.jpg

a0248662_833060.jpg


S君は1964XLCHのスプロケットシールをサンダンスの良品シールに交換。
その後引き続き1979年ショベルのショベルシートカット。










1976FXE1200

a0248662_833208.jpg

a0248662_8333714.jpg

a0248662_834671.jpg
a0248662_8342512.jpg


Hさんのショベルヘッド。
クランク分解前に現状の芯の振れっぷりチェック。振れっぷりは0.05mm~0.08mm
ピニオンシャフトベアリング軸受け部は残念ながら虫食い有り。
コンロッドビッグエンドベアリング・スモールエンドブッシュ。
ピニオンシャフトベアリング・ピニオンシャフトブッシュ、カムブッシュと計測。
清掃作業し、エンジン回りの分解・計測作業終わり。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-14 08:48 | その他 | Comments(0)
2017年 11月 09日

火曜日・水曜日の授業風景

1947FL1200


a0248662_10124714.jpg
a0248662_1013060.jpg
a0248662_10131780.jpg
a0248662_1013308.jpg
a0248662_10134266.jpg
a0248662_10135417.jpg


Iさんのナックルヘッド
オイルポンプの流れっぷりチェックを忘れていたので、プライマリー周りを組む前にチェック作業。
インナープライマリーカバーとアウタープライマリーカバーの合わせ修正を終わらせ、プライマリー側組みつけ。
クラッチハブを規定トルクで締め付け、クラッチハウジング・エンジンスプロケット・プライマリーチェーン取り付け。プライマリーチェーン・エンジンスプロケットは新品に交換。
錆が酷かったスチールプレートも新品に交換し組み付け。








1985FXEF1340


a0248662_10141270.jpg
a0248662_10142345.jpg
a0248662_10143724.jpg
a0248662_10145728.jpg
a0248662_10151182.jpg
a0248662_10152485.jpg


Tさんの4速エボはパウコ製スプリンガーフォークに交換にともないネックベアリング交換。
中古で仕入れたスプリンガーフォークは中古のためか、パウコ製のためか判らないがお世辞にも良い物とは言えず・・・
取り付けにあたりチェック・加工作業・製作作業が必要です。










1976FXE1200


a0248662_10163278.jpg

a0248662_10161196.jpg
a0248662_10164941.jpg
a0248662_1017534.jpg
a0248662_10172191.jpg


a0248662_1017385.jpg
a0248662_10174836.jpg


三重からお越しの新入生Hさんのショベルヘッド
ヘッド周りの燃焼室内の地獄のカーボン除去が終わり、バルブとバルブガイド計測。
ガイド交換ということになりガイド抜き取り。排気側ガイドホールは少々抜き取りの際に傷がついたものの軽傷でホーニング程度で問題なしで内径計測し必要ガイド径選出。
ロッカーアームとシャフトのクリアランスは少々あり、ブッシュ交換。
ピストンは純正STDのものが入っていたので、一瞬これは当たりかしらと思うものの、シリンダーは大分掘られている。計測するとピストン径88.77mmつまり1340cc用のSTDピストンが入っていました・・・。(1200cc用のピストンとすると.060”o.s相当)










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-09 10:45 | その他 | Comments(0)
2017年 11月 07日

月曜日の授業風景



a0248662_8331385.jpg








1939EL1000

a0248662_8323820.jpg


オープンロッカー化したWさんのナックルヘッド
試乗・キャブセッティングも済ませ機関問題なしでお持ち帰り。
オープンロッカーの為、ある程度のロッカー部分のオイル漏れはありますので、地元山梨で乗り込んでもらい、漏れが多いようだとまた思考しようかというところ。








1946WR750


a0248662_8341180.jpg


MさんのWRはエンジン周りは、外注加工待ち。
シートマウント位置変更のため、マウントステー製作。










1979FXS1200

a0248662_8345410.jpg
a0248662_8353725.jpg
a0248662_836699.jpg


S君はOH済みの1964XKCHの手直し作業を終わらせ、ショベルさんのヘッドバルブシートカット作業。








1976FXE1200

a0248662_8364539.jpg
a0248662_8374121.jpg
a0248662_838148.jpg
a0248662_8384179.jpg



三重県からお越しのHさん。
76年のショベルヘッド持込。
エンジン周り、ミッション周りをOH予定ですが程度はいかに。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-07 08:58 | その他 | Comments(0)
2017年 10月 26日

水曜日の授業風景

1947FL1200

a0248662_23104139.jpg
a0248662_23105614.jpg
a0248662_2311925.jpg
a0248662_23112598.jpg
a0248662_23114639.jpg
a0248662_23121292.jpg


Iさんのナックルヘッド
元々付いていたリアブレーキのフロント側ロッドはクラビスがロッドと溶接され、曲がりがきつくリターンスプリングマウント側のフットボードステーと干渉。そのためリターンスプリングもついていませんでした。
そのフロント側ブレーキロッド周り一新しそれぞれが干渉しない位置に。
リターンスプリングが付いてことで、ペダル位置も調整できるように。
アウター側インナー側のボルト位置が合わないプライマリーカバーはなんやかんやと板金作業。
こういうことが時間がかかります。






1973XLCH1000

a0248662_23123911.jpg
a0248662_2313155.jpg
a0248662_23131796.jpg
a0248662_23133025.jpg


Kさんアイアンスポーツ
車体周りのパーツが持ち込まれ、それぞれ分解・清掃・チェック。
ネックベアリングはカップ自体が錆びてしまっているので交換、テーパーベアリングにコンバートします。リアブレーキパネルのピボットスタッド部は、回り止め部が折れてしまっていて、溶接修理。
フロント側ブレーキのバナナキャリパーは状態良し。
フロントフォークも状態悪く無く、シール交換で問題なさそうです。







1970 TRIUMPH TR6

a0248662_23135380.jpg


トリニティー卒業生のTさんはタイヤ交換。
トリニティーを卒業したのはもう10年以上前、何回目のタイヤ交換でしょうか?
これだけ走って貰えて幸せなバイクです。









DV-1の発表会&試乗会のお知らせ

a0248662_0241713.jpg


校長が設計をしたダイナベクターDV-1の発表会が行われます。
詳しくはこちら
アンチノーズダイブ構造をもつ、引っ張りバネを使ったリンク式フロントフォークは必見。
是非試乗しノーズダイブしないフォークをもつ自転車の乗り心地を味わって下さい。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-26 00:43 | その他 | Comments(0)
2017年 10月 13日

1947FL1200 シリンダーが来ったっぞ

a0248662_21533519.jpg
今日はIさんのナックルヘッドのお話
元々付いていたリアシリンダーは上面が約3mm削られていて、使いものにならず

a0248662_21535249.jpg
a0248662_2154985.jpg
a0248662_21543159.jpg
e-bayでやっと手に入れたシリンダーはNOSという事。
勿論e-bay で手に入れたものなので実際の状態はわからないにで、ドキドキワクワクのチェック。
入っていたピストン、シリンダー内径共にSTDサイズで問題無し。
問題のシリンダー上面から下面の距離もフロント側の寸法とほぼ同じく140.7mmと問題なし。



a0248662_21544569.jpg
一応クランクに仮組みしフレームとの干渉問題もクリアでありまして、無事前後シリンダーのボーリングが出来ます。





a0248662_2155360.jpg
a0248662_21551452.jpg
a0248662_21552792.jpg
プライマー周りチェック
全長がマチマチになってしまっているクラッチスプリングや何故か一枚だけアルミ製のフリクッションプレート、大分錆がきているスチールプレート、プライマーチェーンなど交換し組み付けて行きます。



a0248662_21554766.jpg

S さんのショベルは車検整備でフォークオイル、ブレーキオイル交換。何時もの事ながらフロントブレーキSWは駄目なので交換しておきます。
OH してもう2年ですか、月日の流れは早いですね。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純


by sgf1906 | 2017-10-13 13:37 | 1947FL1200 | Comments(0)
2017年 10月 10日

月曜日の授業風景

1967TRIUMPH TR6

a0248662_832686.jpg
a0248662_833623.jpg
a0248662_834979.jpg
a0248662_84079.jpg
a0248662_841622.jpg
a0248662_843087.jpg
a0248662_844156.jpg
a0248662_85080.jpg
a0248662_85136.jpg
a0248662_852713.jpg
a0248662_853911.jpg
a0248662_855017.jpg
a0248662_86577.jpg
a0248662_861519.jpg
a0248662_863443.jpg


Oさんのトライアンフはギアボックス周り
メイン・レイシャフトベアリング交換しレイシャフトを仮組みしてスラストチェックし問題なし。
ギアセレクターカムプレートのカシメられているシャフトが回り始めていたので溶接で点付け。
シール取り付け、ハイギア・カムプレート取り付け。
ギアボックッススプロケットは交換予定なので仮組み。
苦労したのはプランジャーホルダー。ナット部がなめかかっていたのでホルダー側を新品に交換したものの、元々入っていたプランジャーを入れると動きが渋くなり止ってしまう・・・。止まりなっているホルダーなのでプランジャーが奥に入って固着してしまうとプランジャーが抜けなくなる。
しょうがないので一部穴を開け固着したプランジャーを抜けるようにしつつ、内径をホーニングしたりラッピングしたりどうにか普通に動くように。穴は後で埋めます。
ギア周りを組み付け、インナーカバー取り付け。
ギアセレクターカムプレートは2.5速位置にしておき、カムプレートオペレーティングカムプレートのギア位置とギアセレクターカムプレートのギア位置をあわせ取り付け。
カムプレートオペレーティングカムプレートを動かし1速~4速までギアが入ることを確認し、アウターカバーを取り付け、ギアチェンジペダルでギアチェンジチェックし問題なし。
これで、外注加工待ちとなってしましました。








1979FXS 1340

a0248662_871924.jpg
a0248662_873638.jpg
a0248662_874976.jpg
a0248662_88257.jpg
a0248662_881441.jpg
a0248662_883281.jpg
a0248662_884536.jpg
a0248662_89647.jpg


S君のショベルヘッド
カム山部がやられていた純正Hカム、ギア周りはカラーコードも合っているので、ギア周りは純正のものを使いカムシャフト好感します。
S君が仕入れてきたS&Sの514カム、バルブタイミング的にはそれほどではないですが、リフト量が多めであり、取り付けにはそれなりの加工が必要と思われます。
ギアを抜き取りそれぞれシャフト側、ギア側計測し、圧入代は問題ないので儀ギア位置をあわせギア交換し圧入。
カムシャフトのスラスト調整、ブリーザーギアのスラスト調整をし問題なし。
早速カムが一部ケースと干渉しますので、ケース側を削りまた次回。








1939EL1000

a0248662_892654.jpg


Wさんのナックルヘッド
試乗を繰り返しキャブ調整。ほぼ問題なしで好調です。
オープンロッカー化したロッカー周りからのオイル漏れをどこまで抑えるか・・・。
ということをもう少々考えます。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-10 09:06 | その他 | Comments(0)