Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:トライアンフ ( 139 ) タグの人気記事


2016年 07月 08日

平日の授業風景


1970XLH900

a0248662_143416.jpg

a0248662_1431817.jpg

a0248662_143454.jpg
a0248662_1435890.jpg

a0248662_145638.jpg

a0248662_1452682.jpg
a0248662_1453921.jpg
a0248662_1455288.jpg
a0248662_146724.jpg


Tさんのアイアンスポーツはトランスミッション周り。
ドライブスプロケット側ローラー受け部分が虫食っていたメインシャフトは純正NOSものに交換。
交換したベアリングレースを新しいメインシャフト径、STDローラーサイズに合わせラッピング。
ラッピング後、メインシャフトを組みまわりっぷりチェック。
ミッションを仮組みしてシフター位置(ドッグギア)チェック。
サイズ違いのシフターフォークを組み付け、メインシャフト、カウンターシャフトそれぞれのドッグギア位置調整。







TRITON RACER

a0248662_1462942.jpg

a0248662_1472073.jpg

a0248662_1473616.jpg

a0248662_1482047.jpg

a0248662_1483925.jpg


Oさんのトライトン・レーサー
シリンダーベースからのオイル漏れ、マグネトー交換のためタイミングギアカバー分解したトライトンであります。
シリンダーベースガスケット交換し、プッシュロッドチューブオイルシールの厚み選定、ヘッド取り付け。
バルブタイミングチェック。日ごろやらないバーチカルツインのバルタイ合わせ、結構面倒ですね。









CAB CT50

a0248662_149462.jpg


M先生の50ccのハンターカブさんはパーツが来るまで清掃作業。
錆びとりをしていたら、エキパイが完全に錆で割れているのが判明。色々ありますな。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-07-08 02:08 | その他 | Comments(0)
2016年 07月 06日

平日の授業風景


1963FLH1200

a0248662_829670.jpg
a0248662_8291952.jpg
a0248662_8294248.jpg
a0248662_8295920.jpg
a0248662_8301348.jpg
a0248662_8303990.jpg
a0248662_8305117.jpg


卒業間近のSさんのパンヘッド
フロントホールを16インチから18インチ化です。
リム組みし、振れとり、車体に取り付けセンターだしをしてタイヤ取り付け。
今回使った、新しいコッカータイヤは18インチサイズの割りに非常に硬く、手作業ではなかなかきつい。
ともあれ無事取り付け。







TRUMPH RICKMAN

a0248662_8313454.jpg

a0248662_834614.jpg

a0248662_834241.jpg
a0248662_8343559.jpg


Oさんのトライアンフはフロントフォークのインナーチューブ交換。
しかしながら、もともと付いていたアウターチューブの内径が左右で0.05mm違う・・・
もちろん元々付いていたインナーチューブも左右で大きさが違います。
その為片側のアウターチューブには新しいインナーチューブが入らない。
こんなことあるのですね。





CAB CT50

a0248662_8354498.jpg

a0248662_835446.jpg


先日持ち込まれたM先生の50ccのハンターカブ(1968年製のものと思われる。)
エンジンの状態は良さそうなので、足回りワイヤー周りを整備し走れるようにします。






1965TRUMPH TR6

a0248662_8363745.jpg

a0248662_8365533.jpg


a0248662_8371510.jpg
a0248662_8372752.jpg
a0248662_837442.jpg


a0248662_8382449.jpg

a0248662_8392820.jpg

a0248662_8395451.jpg


a0248662_8403486.jpg

a0248662_8405155.jpg
a0248662_841469.jpg
a0248662_8411675.jpg

a0248662_8413058.jpg


Eさんのトライアンフ
ユニットモデルとプレユニットモデルの変換機のヘッドのため、元々付いていたバルブはプレユニットモデルのものが付いていました。バルブをユニットモデルのものにして(バルブの傘が大きい)内燃機やさんで拡大シートカット。歪が酷かったヘッド面も面研。
バルブインサースプリングを仮組みしてアウタースプリングの取り付け長チェック。
実際のバルブスプリング取り付け長でのスプリング圧チェック。
ロッカーボックスマウントのねじ山が駄目だったのでヘリサート加工(1/4-26山)しバルブ周り本組み。
コンロッドスモールエンドブッシュは今回使う日本製のピストンのピストンピン径18mmにあわせ単品製作。
圧入しオイル穴加工。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-07-06 09:11 | その他 | Comments(2)
2016年 06月 30日

平日の授業風景


1971FX1200

a0248662_139439.jpg
a0248662_1395617.jpg
a0248662_1401329.jpg
a0248662_1403416.jpg
a0248662_1404585.jpg
a0248662_1405887.jpg


熊本のKさん持込のショベルヘッドエンジンは大詰め。
バルブスプリング取り付け長調整後、ヘッド本組み。
ロッカーカバーをトルク管理し取り付け、ヘッドを乗せトルク管理しシリンダーヘッド取り付け。
タペット調整をしてプッシュロッド取り付け。スプロケットシャフトベアリングシールも専用工具を使い取り付け、エンジン完成。
エンジン梱包し熊本へ旅立っていきました。






1976FX1200

a0248662_1411749.jpg
a0248662_1412734.jpg
a0248662_142982.jpg
a0248662_14220100.jpg

a0248662_1424418.jpg

a0248662_1423176.jpg


同じくKさん持込みの2機目のショベルヘッドエンジン。
製作したカムブッシュ、ピニオンシャフトブッシュにオイル逃げ加工、オイル穴加工、ダウエルピン加工し、カムカバーに圧入。
カムシャフトのブッシュ摺動部分は研磨してありますので、専用のリーマーが使えないので、専用のラッピングロッドを製作して、ラッピング。トゥルトゥルに回るようになってO.K。
ピニオンシャフトはJIMS製の新品。ピニオンレースは虫食いが酷く大分ラッピングし.002”オーバーサイズのローラーを使います。
専用冶具を使いラインリーミングするのですが、大分大きくしたベアリングレースに冶具が対応せず使い物になりません。専用の冶具を製作します。





1965TRUMPH TR6

a0248662_1425949.jpg

a0248662_24587.jpg

a0248662_1433927.jpg

a0248662_1435818.jpg


Eさんのトライアンフはホイールリム組みが終わり、タイヤ装着済み。
ブレーキドラムを取り付け、張り替えたライニング取り付け、ブレーキシューのあたりっぷりチェック。
トライアンフのフローティングカムはすぐにブレーキシュー全面であたり優秀ですね。
ホイールを取り付け、外装周り取り付け。
正解がよくわからない(もともとめちゃくちゃに付いていた)オイルタンク、バッテリーカバー、サイドカバーのラバーマウント部分の取り付けに苦労。





1970TRUMPH T120

a0248662_1442581.jpg

アイドリングの戻りが悪い症状があったKさんのトライアンフは、スロットルワイヤーに癖が付き動きが悪いのが問題でありました。手直しし無事解消。
試乗を繰り返し、もう卒業であります。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-30 02:15 | その他 | Comments(0)
2016年 06月 16日

1965TRUMPH TR6 フロントフォーク

今日はEさんのトライアンフ、フロントフォークのお話。

a0248662_15057.jpg

この車両のフロントフォークはユニットモデル時代のアウタースプリングが付くタイプのものではなく、インナースプリングとダンパーチューブが入るものが組まれていました。
どうもこのフロントフォークは1963年式、ユニットと別体モデルの変換期に使われていたもののようです。


a0248662_1503290.jpg

a0248662_1504530.jpg
a0248662_151029.jpg
a0248662_1514328.jpg

a0248662_1523665.jpg

ロワー側は良かったのですがアッパー側のフォークブッシュが大分ガタ(0.2mm)があったので、インナーチューブ径にあわせブッシュ製作。
クリアランスを詰め過ぎてフォークが動かなくなるのがいやなので、インナーチューブに対しクリアランス0.06mm~0.07mmで製作。
それでもまだ動きが渋かったのでホーニングし帳尻合わせ。



a0248662_1524957.jpg

a0248662_153421.jpg

このタイプのダンパーチューブの構造考察。
インナーチューブの穴の開き方がアウタースプリングタイプのフォークと違います。
このインナーチューブは63年のインナースプリング用のものと思われます。


a0248662_1591259.jpg

ダストエクスクラウダースリーブナットはアウタースプリングタイプ用のもののようですが、機能は問題なし。
シール交換し取り付け。


a0248662_1592916.jpg

34,37のガイドロッドは入っていませんでした。スプリングの捩れを予防するもの思われます。
大小のロッドか重なりスプリングのポンピングに合わせ伸び縮みする仕組み。
ですが大小のロッドが干渉し動きが悪くなるのでは?そんな理由から外されていたと推測し今回もつけません。(あくまで推測です)


a0248662_202780.jpg
a0248662_204399.jpg

というわけで組み立てフォーク完成。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-16 02:21 | 1965TRUMPH TR6 | Comments(0)
2016年 06月 11日

1982TRUMPH T140ES ブレーキ周り・配線作業そして卒業

今日も引き続きNさんのトライアンフのお話。

a0248662_2141443.jpg

a0248662_2161057.jpg

錆付いていたブレーキローターはフロント、リア側ともに研磨。
パーツが出なかったフロント側のキャリパーピストンはステンレスで製作。

a0248662_2143514.jpg

熱膨張が大きいステンレス製のピストンはキャリパーに入れたまま、熱をかけチェック。
問題なさそうです。

a0248662_2155093.jpg

a0248662_2302434.jpg

元々付いていたマスターシリンダーはダブルキャリパー用としてはピストン径が小さくタッチが悪かったので、交換しエア抜き。

a0248662_2165219.jpg

a0248662_2162932.jpg

a0248662_235133.jpg

エアクリナーカバーがリア側のリザーバータンクのマウントになっていましたが、今回はエアクリナーカバーを使わないので、ステーを製作し取り付け。
リア側のキャリパーはブリーザーが下側を向いているので、車体から外した状態でブリーザーを上向きにしてエア抜き、取り付け。


a0248662_2185131.jpg

配線引きなおし。

a0248662_2191039.jpg

キーボックッスはオーナーNさんが自ら製作したサイドカバーに取り付け。

a0248662_2192198.jpg

プラグコード製作。

a0248662_2194368.jpg
a0248662_2195583.jpg

点火システムはペイゾンを使います。

a0248662_2201463.jpg



というわけで、エンジン始動&試乗。
元々付いていたコンセントリックMK2は評判通りというか、イマイチ。
というわけで手直し。

a0248662_2225645.jpg

ガス漏れがありましたのでコック交換。

a0248662_223820.jpg

キャブもコンセントリックMK1プレミアムに交換。

a0248662_2232141.jpg

エキゾーストパイプも交換。
動画を撮り忘れましたが、エンジン一発始動。キャブ交換前の加速時の燻ぶりもなくなり、軽やかに加速します。軽く試乗した分には問題は見当たりません。

a0248662_2233436.jpg

というわけで、Nさん卒業となりました。
元々車関係のお仕事をされていたNさん、ほぼ初めてのバイクいじりでしたが、さすがに手馴れたものした。
バイクいじりにもハマッてしまったようで、またVMSにカムバックするかも。
カムバックライダーでありますので、走りなれた地元で慣らし運転するそうです。
慣らし運転が終わったらまた乗らしてください。お疲れ様でした。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-11 02:55 | 1982TRUMPH T140ES | Comments(0)
2016年 06月 09日

1982TRUMPH T140ES プライマリー周り・腰上搭載

今日も引き続き、Nさんのトライアンフのお話。
まずはプライマリー周りから。


a0248662_1352769.jpg
a0248662_1353829.jpg

クラッチ、スチールディスクの歪みチェック、フリクッションディスク研磨。

a0248662_1355254.jpg

クラッチハウジング、クラッチハブ、クラッチセンターを仮組みしスラストチェック。

a0248662_1361421.jpg
a0248662_1362553.jpg
a0248662_1364118.jpg

a0248662_1365741.jpg

プライマリースプロケット周り組み付け。
エンジンスプロケットにはもともとシムが入っていましたので組み付けて、チェーンラインチェック。
クラッチセンターナット70N.m、ローターナット40N.mトルク管理をして締め付け。


a0248662_1371682.jpg

a0248662_1432234.jpg

ステーターを取り付け、ローターコイルとステーターコイルの隙間チェック。
クラッチ調整をしてプライマリー周り終わり。

a0248662_1375066.jpg

a0248662_138496.jpg

a0248662_1381692.jpg

ここからは腰上。
.020オーバーサイズでボーリング済みのシリンダー、使うピストンリングを仮組みてリングギャップ、リングクリランスチェック。


a0248662_1383826.jpg
a0248662_1384947.jpg
a0248662_139126.jpg

ピストンを取り付け、シリンダー搭載。
シリンダーナット内側30N.m、外側25N.m、規定トルクで締め付け。


a0248662_1391549.jpg

a0248662_1392883.jpg

a0248662_1393812.jpg

a0248662_139515.jpg
a0248662_140298.jpg

ヘッドスタッドを取り付け、プッシュロッドチューブ、シリンダーヘッドを仮組みしてプッシュロッドチューブオイルシールの厚み選択。


a0248662_1402067.jpg
a0248662_1403120.jpg

ヘッドボルトはそれぞれマニュアルとおり規定トルクで締め付け。
3.4.5.6スタッドナット 25N.m
7.8.9.10ボルト 25N.m
1.2ナット 20N.m 
T140のシリンダーヘッド締め付けトルクは小さめですね。

a0248662_1421955.jpg
a0248662_142309.jpg

ロッカーボックッス取り付け、タペット調整。
インナーボルト13.8N.m アウターボルト7N.m スタッドナット7N.m
こちらもトルク小さめ。
このあたりはなめ易いでしょうし、強く締めることよりもちゃんと面が出ていることが大事です。


a0248662_1424229.jpg

オイルラインを取り付け、エンジン周り完成です。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-09 02:18 | 1982TRUMPH T140ES | Comments(0)
2016年 06月 07日

1982TRUMPH T140ES ギアボックス周り・腰下搭載

卒業間近のNさんのトライアンフですが、随分とブログに上げていなかったので、一挙紹介予定。
というわけで、今日はミッション周り。


a0248662_1264936.jpg



a0248662_1285020.jpg

a0248662_129439.jpg

まずはケース側、ギアボックスインナーカバーのメインシャフト、レイシャフトベアリング交換。
ハイギアブッシュベアリングはローラーです。


a0248662_129224.jpg
a0248662_1293258.jpg

a0248662_1294361.jpg

ハイギアの軸受けは左右ともにニードルベアリングになっています。
内掛けプーラーで抜き取るのですが、ニードルベアリング(シェル形の外輪がついているタイプ)は抜き取る際に破綻することが多いので嫌です。
こちらもベアリング交換し、スプロケットを仮組みして一応スラストチェック。

a0248662_13004.jpg
a0248662_1301253.jpg

レイシャフトは新品スラストワッシャー(厚み2.3mm)をいれスラストチェック。スラスト量0.15mmに。


a0248662_1302745.jpg
a0248662_1303855.jpg

a0248662_131634.jpg

はじめてやる5速ミッション、シフターフォークの位置関係、カムプレートの動きを確認しギア周り組み付け。
組み付け手順も考えつつ。

a0248662_1315269.jpg

a0248662_1323952.jpg

a0248662_1335010.jpg

アウターカバーアッセンブリーを組み付け、キックスターターの作動チェック。
ソフターペダルを仮組みして、ギアチェンジチェック。


a0248662_134572.jpg

問題なく腰下完成。



a0248662_1354185.jpg
a0248662_1355221.jpg
a0248662_13641.jpg
a0248662_1361677.jpg

フレームにエンジンを搭載する前に、リアモータープレート、マウントカラーなどを仮組しチェック。
右側のリアモーターマウントはRブレーキペダル周り、マスターシリンダーが共止め。なかなかややこしいです。

a0248662_1363891.jpg

エンジン搭載。

a0248662_1365696.jpg
a0248662_137963.jpg

エンジン下側のマウントボルトにもカラーが入り、左右で長さが違います。
また、プライマリーチェーンアジャスターも先に付けておかないと、後から入りません。


a0248662_1372317.jpg

といったところで今日はここまで。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-07 02:11 | 1982TRUMPH T140ES | Comments(0)
2016年 06月 01日

火曜日の授業風景


1982TRUMPH T140ES

a0248662_8194254.jpg

車検業務が終わったNさんのトライアンフ。
少々配線トラブルがありつつ、エキパイ交換し試乗。
元々ついていたコンセントリックMKⅡがやはりイマイチ・・・。
キャブ交換いたします。







1971FX1200

a0248662_820179.jpg

a0248662_8204027.jpg


K君のショベルヘッドはクランク組みつけ・芯だし。
夜まで延長しシャフトの振れ0.02mmに。





1965TRUMPH TR6

a0248662_8213760.jpg
a0248662_8214818.jpg
a0248662_8215993.jpg

a0248662_8221487.jpg
a0248662_8222698.jpg

a0248662_8224628.jpg

E君のトライアンフはヘッド周りの作業。
ロッカーボックッスマウント雌ねじのヘリサート加工(1/4-26山)後、ロッカー側面、ヘッド側面面研。
ヘッド側は歪が酷いので内燃機やさんにやってもらいます。
外径、内径前加工してあるバルブガイド圧入しリーミング加工。
でシートカット、擦り合わせなのですが、新品ユニット用バルブの傘径と元々ついていたバルブ傘径が合わない。どうも63年のユニットでは別体時代の傘の小さいバルブが使われているようだ・・・。
ユニット用の傘の大きなバルブにあわせシートカット予定。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-01 08:50 | その他 | Comments(0)
2016年 05月 28日

水曜日の授業風景

車検業務が終わったSさんのパンヘッド、Kさんのトライアンフともに試乗、膿みだし、細かな調整作業です。


a0248662_11343731.jpg






1963FLH1200

a0248662_11355915.jpg

a0248662_11345459.jpg

Sさんのパンヘッド。
4速の入りが少々悪かったので、ポリスシフトのゲージ部分を削り解消。
ほぼ問題なしですがプラグの焼けっぷりを見つつキャブの微調整。






1970TRUMPH T120

a0248662_11362065.jpg

a0248662_11365278.jpg

a0248662_11363171.jpg




Kさんのトライアンフ。
始めは出ていた白煙問題も収まり、ホッと一安心。アイドリングの戻りが悪い現象が出ているので、製作したガバナースプリングに交換。後は細かなキャブ調整です。







1965TRUMPH TR6

a0248662_11373962.jpg

a0248662_11384777.jpg
a0248662_11385643.jpg

Eくんのトライアンフはフロントホイールのセンターだしの後、オイルタンク清掃、くちゃくちゃだったバッテリーマウント部の仮付け、必要な交換パーツ確認。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-05-28 09:24 | その他 | Comments(0)
2016年 05月 25日

車検業務


1973XLH1000

a0248662_8582989.jpg
a0248662_8584198.jpg
a0248662_858524.jpg
a0248662_859252.jpg
a0248662_8591342.jpg


卒業生Tさんのアイアンスポーツ。
巷で噂のナンバー問題がありますので、TRUE CLASSICさんに出張してもらいシーシーバー製作。
無事車検業務終わり。
うちではカスタムはやっておりませんので、ご用命はTRUE CLASSICさんまで。







1982TRUMPH T140ES

a0248662_8592847.jpg


Nさんのトライアンフも車検取得。
これで試乗しもろもろ膿だし、セッティングしていきます。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-05-25 09:08 | その他 | Comments(0)