Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:トライアンフ ( 144 ) タグの人気記事


2016年 12月 06日

日曜・月曜日の授業風景




1951TRIUMPH T100

a0248662_0202075.jpg

前回、フレームからエンジン、ミッションを降ろしたHさんのトライアンフ。
今回はエンジン腰下を分解していきます。


a0248662_0204241.jpg
a0248662_0205472.jpg
a0248662_021913.jpg

a0248662_0213271.jpg

タイミングギア周り分解。
カムギアのタイミングマークをチェックし専用プーラーを使いカムギア、タイミングギア抜き取り。
ギア自体に問題なし。アイドラギアスピンドルも抜けることなく、段減りもしておらず良好。



a0248662_0215259.jpg

クランクケース分解。
カムシャフトも磨耗少なく良さそうだ。

a0248662_0224459.jpg

コンロッドビッグエンド部のガタは少なく良さそうでありますが、このクランクはスラッジパイプは無く、クランクシャフトとフライホイールを分解しないと、ビッグエンドジャーナルのスラッジを取ることが出来ませんので分解。

a0248662_0225756.jpg
a0248662_0231487.jpg

ビッグエンドジャーナル、ビッグエンドメタルともに傷が少なく良さそう。
まぁ次回計測しますが。

a0248662_0232946.jpg

問題はベアリングが手スポだったクラックシャフト。特にドライブ側はポンチ攻撃がされています。このあたりは加工が必要です。


a0248662_0234582.jpg

a0248662_023593.jpg

クランクシャフト、フライホイールを分解するため、極細ソケットを製作し分解。

a0248662_0241348.jpg

a0248662_0242713.jpg

a0248662_0244624.jpg

クランク、ケースともに清掃。
ビッグエンドジャーナルのスラッジ溜りも綺麗綺麗。次回、計測作業となります。











1964XLCH900


a0248662_025819.jpg

アイアンスポーツのS君も分解作業。

a0248662_0252158.jpg
a0248662_027519.jpg

まずクランクケースを分解し計測。
コンロッドビッグエンドベアリングは非常に状態良し。うちでやる車両としては珍しいです。
このあたりは問題なし。


a0248662_027245.jpg

a0248662_0274548.jpg

ピニオンシャフトベアリングも計測。
こちらも、状態良し。もちろんラインをだしラッピングしますが、苦労は無さそうです。


a0248662_0275868.jpg
a0248662_0281156.jpg

a0248662_0282478.jpg

タペット、タペットガイド計測。
タペットは大分減ってしまっている。ローラーも大分ガタがきているのでタペットは交換したほうが良いでしょう。

a0248662_0283721.jpg

トランスミッションも分解し清掃・計測。
ギア、シフター位置など問題なし。

a0248662_0285878.jpg
a0248662_0291073.jpg

ドライブ側メインシャフトベアリング計測クリアランス0.04mmで良好。
ローラー交換だけで良さそう。


a0248662_0293883.jpg

クラッチギアブッシュ、カウンターシャフト1STギアブッシュ計測。
こちらも状態良し。ミッション周りはベアリング交換、調整だけでいけそうだ。










1939EL1000

a0248662_0301115.jpg

a0248662_030252.jpg

Wさんのナックルヘッドは前回リアブレーキペダルブッシュ取り付けのため、軸受け部の拡大作業を済ませていますので、ブッシュ製作。


a0248662_0304161.jpg

a0248662_0305857.jpg
a0248662_0311518.jpg

Wさん自らブッシュ製作。
長物のブッシュは作るのがなかなか面倒です。
時間がかかりますが、自らブッシュ製作をすると旋盤の勉強には非常に良いです。


a0248662_0313768.jpg

圧入工具も作り、グリスニップリ穴を開け圧入。

a0248662_0315356.jpg

a0248662_0322020.jpg

縮んだブッシュ内径をアジャスタブルリーマーを使い内径拡大しホーニング。


a0248662_0323482.jpg

というわけで完成。ガタなしブレーキペダルとなりました。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-12-06 01:06 | その他 | Comments(0)
2016年 11月 24日

1951TRIUMPH T100 分解作業

今日は祭日の水曜日。しかしながら生徒さんは寂しくお一人でしたが、私が経験がないプレユニットモデル・トライアンフの作業でしたので、色々と確認しながらじっくり作業できましたというお話。


a0248662_2105486.jpg


a0248662_2112020.jpg

まず、シート、ガソリンタンク取り外し

a0248662_211496.jpg

お目見えしたエンジンさん
マグネトーは三菱製のもの付いています。
三菱製マグネトーは2次コイルが別に付いていて、フレームとシリンダーヘッドマウントステーのところについていまいた。


a0248662_212960.jpg

a0248662_212563.jpg

ロッカーカバー、シリンダーヘッド取りはずし。
この年式はシリンダーヘッドのリーターンオイルはオイルパイプからプッシュロッドチューブに戻るようになっていますが、オイルパイプ取り付けドレンボルトがスタッドに変えられていて、IN側のパイプが抜けない・・・
螺子部になにかあったのかしら。


a0248662_213179.jpg
a0248662_2132963.jpg

シリンダー抜き取り。
固着しシリンダーが抜けない・・・。タペットガイドボルトのところをコジコジとしてみびくともせず・・・。
ヘッドボルトの螺子を使いプレートを付け、こいつを垂直にたたきシリンダー抜き取り。


a0248662_2151798.jpg
a0248662_2154156.jpg

ピストンは状態良し。
スモールエンド、ビッグエンドともにガタが少なくこちらも状態良いです。
ピストンは重量合わせをした跡がありました。


a0248662_2203911.jpg


a0248662_2155897.jpg

a0248662_2162478.jpg

プライマリー側分解。
この年式はクラッチスプリング4本、ダンパーはエンジンスプロケットについています。

a0248662_216403.jpg

ギアボックス別体モデルはギアボックスを動かすことで、プライマリーチェーンの張り調整をするのですが、そのためギアボックスメインシャフトが通るプライマリー側の穴は大きくしておく必要があります。
しかしながら、ここの穴がガバだと、プライマリーオイルがどんどん外に漏れてしまうので、各メーカー色々を苦労しているようです。
トラさんは幅広ワッシャーを板バネでとめることで穴部を小さくし、穴位置が動くようになっています。



a0248662_217131.jpg

a0248662_217145.jpg

インナープライマリーカバーは前側はアウタープライマリート共留めでケース側ととまっていて、後ろ側はバッテリカバーと共留め。


a0248662_325667.jpg

a0248662_331152.jpg

a0248662_2175792.jpg

こちらもなんやかんや確認しつつ、エンジンマウントプレートを取り外し、エンジン降ろし。

a0248662_343468.jpg

a0248662_218882.jpg
a0248662_2182560.jpg

オイルタンク、ミッションマウントプレートを取り外しギアボックッス降ろし。


a0248662_2183734.jpg

というわけで次回エンジン分解、清掃、計測地獄となります。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-24 03:07 | 1951TRIUMPH T100 | Comments(0)
2016年 11月 20日

土曜・日曜日の授業風景

1971BSA A65

a0248662_2129319.jpg

a0248662_2130035.jpg
a0248662_21301891.jpg

a0248662_21312330.jpg


TさんのBSA
ルーカスタイプのIGキーボックスの動作がおかしかったので、ハーレーFX用のキーボックスに交換。
配線作業が終わり、バッテリーをつけ点灯チェックし問題なし。配線まとめ、割れてしまったフィンドクリップを交換し、次回エンジン始動です。








1985FXEF1340

a0248662_2132920.jpg
a0248662_21323645.jpg

a0248662_21331721.jpg

a0248662_21335960.jpg

a0248662_21491983.jpg


Tさんの4速エボは曲がったハンドルを熱し修正。
ブレーキフルードが無くなりエアがかんでいたRブレーキはエア抜き。
ついでに、フロントブレーキは以前に手に入れていたグりメカのマスターシリンダーに交換しようとしたものの、シリンダー径11mmのもので使い物にならず・・・。
もともとのマスターシリンダーをつけ、作業ごと終わり試乗。問題なくTさんの足バイク復活です。








1970XLH900

a0248662_21343192.jpg

a0248662_2135210.jpg

a0248662_21383469.jpg
a0248662_21384912.jpg


引き続きTさん。
足バイク4速エボの作業が終わり、本題のアイアンスポーツの作業。
シートカットすり合わせが終わったシリンダーヘッドにバルブスプリング(インナー)を仮組みしてスプリング取り付け長チェック。シムを使い調整し。ヘッドまわりO.K。
ヘッド面が歪んでいるので、内燃機屋さんで面研してもらいます。










1968BSA A65


a0248662_21392178.jpg

a0248662_21395824.jpg

a0248662_2140443.jpg

a0248662_21413768.jpg
a0248662_21415262.jpg
a0248662_21421541.jpg


NさんのBSA A65
ガタが多かったサイドスタンドピボットボルトはO.Sのものを製作し取り付け。サイドのガタもシムで調整。
センタースタンドも取り付け。
パーツの確認をしつつ、タイヤ取り付け前のホイールを組み付け、フロント側、リア側友ともにホイールのセンターだし。
次回タイヤを取り付け、ローリングシャシーに。





1951TRIUMPH T100

a0248662_21424896.jpg
a0248662_21431698.jpg
a0248662_21432837.jpg
a0248662_2143453.jpg
a0248662_21435650.jpg


Hさんのトライアンフ・タイガー今日から授業開始。
トライアンフのプレユニットモデルは初めてやりますので、生徒さんと共に勉強しながらの作業となります。
しかもアルミシリンダーのモデル、なんやかんやありそうですが身を引き締めてやっていきます。
とりあえず、いろいろと確認しつつヘッドまで分解しました。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-20 22:22 | その他 | Comments(0)
2016年 10月 06日

1965TRUMPH TR6 卒業

E君のトライアンフ、大まかな配線作業が終わり、点火時期調整。

a0248662_23875.jpg

a0248662_2382062.jpg

トライアンフの点火時期は圧縮上死点前38度。
分度器を使いクランク位置を出し、コンタクトブレーカー点火タイミングを決めるのですが・・・この車両についていた4CAタイプというサーキットブレーカーは、左右ポイントをそれぞれで調整することが出来ず、片側のタイミングを出すと、片側がクランク側の度数で20度近くズレてしまいます。
左右ポイントのヒール部分長さが違うようなので、削って調整しようかと考えたのですが苦労しかしなそうなので交換。


a0248662_2383430.jpg

a0248662_2391356.jpg

a0248662_2393915.jpg

というわけで、E君持込のボイヤーのフルトラに交換し点火周りO.K。

時間と予算的問題でVMSでの作業はここまで、卒業ということになります。
後は自分で、細かいところを仕上げて行きます。

すでに某バイクショップで働くことが決まっていて、勉強のためにVMSに入ったE君。
先細りの業界ではありますが、これからの活躍を願っています。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-06 01:47 | 1965TRUMPH TR6 | Comments(0)
2016年 10月 06日

1970TRUMPH T120 卒業

a0248662_22521148.jpg

a0248662_22522996.jpg





トライアンフのKさん卒業です。
近年の大雨で完水水没した車両で、ギアボックスドレンボルトを開けたときに、ドバッと真水が出てきたのを思い起こします。
私自身、トリニティースクールにいながら、トライアンフを1から10までやったことがなく、非常に勉強になりました。
とりあえず、100Kmぐらい乗ってもらい、オイル交換、増し締め、手直し作業ということになります。

Kさんお疲れ様でした。またのお越しをお待ちせいています。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-06 01:14 | 1970TRUMPH T120 | Comments(0)
2016年 09月 23日

1965TRUMPH TR6 エンジン腰上組みつけ

今日はE君のトライアンフのお話。
前回エンジン腰下をフレームに乗せ、その続きです。

a0248662_2344478.jpg

ピストン、ピストンリングはE君の持ち込みのもの。
シリンダーはピストンに合わせボーリング済み。

a0248662_235677.jpg
a0248662_2352548.jpg
a0248662_2354370.jpg

ピストンリングは日本ピストンリング製。
トップリングはバレルフィースタイプ、セカンドリングはアンダーカットタイプ、オイルリングは3ピースのものです。セカンドリングのアンダーカットタイプは古いバイクを扱っているとあまりお目にかからないですね。初めて使います。


a0248662_2361163.jpg
a0248662_2362228.jpg


a0248662_2363847.jpg

ピストンリングギャップ、ピストンリングクリアランスチェックし問題なし。
ピストン、シリンダー搭載すベースナット締め付け。



a0248662_2392831.jpg

ロッカーアームとロッカーアームシャフトのクリアランスは良好だったので、Oリング交換し組み付け。

a0248662_237451.jpg
a0248662_2371919.jpg

a0248662_2405895.jpg

使用するヘッドガスケット、シリンダーヘッド、プッシュロッドチューブを仮組みして、プッシュロッドチューブのオイルシールの厚み選出。
プッシュロッドチューブアッパー側にはOリングを付け、ロワー側の角断面シールの厚みを選択し、1mm程度つぶれる厚みにします。



a0248662_240812.jpg

a0248662_2373246.jpg

a0248662_2582465.jpg

ヘッドボルトの締め付け順序を確認しつつ、トルク管理しヘッド締め付け。
タペット調整をして、エンジン腰上組み立て完了。








なんやかんや製作物


a0248662_243273.jpg

a0248662_2434279.jpg

Tさんのアイアンスポーツ用シフターシャフトブッシュ



a0248662_2435717.jpg
a0248662_2441092.jpg
a0248662_2442256.jpg
a0248662_2443447.jpg

Iさんのアイアンスポーツ用、鍔付きのリアアクスルシャフトスペーサー




a0248662_2444940.jpg

a0248662_245268.jpg

修理依頼でお預かり中の初期型アイアンスポーツフロントフォークのブッシュ








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-23 03:05 | 1965TRUMPH TR6 | Comments(0)
2016年 09月 21日

火曜日の授業風景

1943WLC750

a0248662_2243127.jpg

a0248662_225377.jpg

4日連続でお越しの北海道HさんのWL
シリンダーベースナットをトルク管理し締め付け後、タペット調整。

a0248662_2254464.jpg
a0248662_226730.jpg

a0248662_227671.jpg

点火タイミング調整。
この年式あたりの点火タイミングクランク位置はマニュアルにピストン位置で表記されています。
BTC1/4”~9/32” ピストン位置が上死点位置から6.35mm~7.14mmに下がったところということですね。
分度器をつけて確認すると圧縮上死点前29度。私のVLも30度でありました。


a0248662_2273078.jpg
a0248662_227492.jpg

a0248662_229438.jpg

a0248662_229457.jpg

でここでひとつ問題が起きました。
デスビのタイミングコントロールブラケット(ストッパー的なもの)を付け忘れていました・・・。
こいつは#3タペットと共止めになるので、シリンダーを抜き、#3タペットを抜き取りつけ。
改めて、点火タイミングを合わせ無事終了。
エンジンの作業はここまでとなり、北海道に送り出します。








TRUMPH T140

a0248662_22102213.jpg

a0248662_22104373.jpg

a0248662_2211086.jpg

a0248662_2211385.jpg

a0248662_22132399.jpg

a0248662_22133798.jpg

此方も同じくHさんの所有するトライアンフ・ハリスボンネのヘッドさん。
ロッカーボックッスをマウント部のねじ山が逝ってしまったようで持込。
チェックすると4箇所とも駄目、以前にヘリサートされていた部分もコイルが抜けてきていました。
3箇所はヘリサートしコイルが抜けた一箇所は生きていたねじ部を生かしコイルを入れました。
ヘッド面研し、此方の作業も終わり。









1965TRUMPH TR6


a0248662_221699.jpg

Eくんのトライアンフは配線引きなおし中。
次回点火周りをやったら、エンジンかけられるかしら。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-21 00:34 | その他 | Comments(0)
2016年 09月 17日

1965TRUMPH TR6 シリンダーヘッド周り

今日は先日と引き続き、E君のトライアンフのヘッド周りのお話。


a0248662_063531.jpg

バルブガイド抜き取り、ヘッド側ガイドホール計測。
楕円、深い傷など無く良好であるが、穴は広がっています。
IN側は12.71mm、EX側は12.6mmで嵌め代分プラスでガイドサイズを考えると、IN側は.002”o.s、EX側は.004”o.sのガイドが必要です。


a0248662_065526.jpg

a0248662_071342.jpg

まずはロッカカバーマウントボルトのねじ穴が終わっていたので、ヘリサート処理。
この年代は1/4”-26山BSCです。


a0248662_072896.jpg

a0248662_074732.jpg

ロッカー側、シリンダー側ともに面研。
ロッカー側は、うちでやる定盤面研でいけましたが、シリンダー側は歪みが酷いので、内燃機屋さんに頼むことに。

a0248662_081659.jpg
a0248662_08297.jpg
a0248662_084386.jpg

バルブガイド前加工。
使うバルブガイドはkibblewhiteのバルブガイド。
このガイド材料の C 630 Nickel Aluminum Bronze というやつは粘り硬く、穴が小さき状態で圧入してしまうと、その後のリーマー加工が大変になります。
その為、圧入前に専用の生爪に銜え、旋盤でリーマー加工。IN,EXそれぞれバルブステム径+クリアランスのサイズのリーマーで内径拡大。
また、ガイド外径も加工。
先ほども述べたようにIN側は.002”オーバーサイズ、EX側は.004”オーバーサイズのガイドをヘッド側のガイドホール内径+圧入代のサイズまで研磨。


a0248662_094793.jpg
a0248662_010789.jpg
a0248662_0102591.jpg

バルブガイド圧入。
圧入後縮んだガイド穴を改めて+クリアランス分のリーマーを使い内径拡大。


a0248662_0113882.jpg

a0248662_012178.jpg

ここへ来て、もう一箇所ロッカーカバーマウントボルトのねじ山へりサート加工。
見落としていました。



a0248662_0144454.jpg

a0248662_0152161.jpg

a0248662_015373.jpg

バルブシートカット。
このトライアンフは、ユニットエンジンでありますが、もともと付いていたバルブはプレユニットのものが付いていました。(バルブの傘径が違い、IN,EXともにプレユニットのもののほうが傘径が大きい)
どうも63年のユニットエンジン(ユニットとプレユニットモデルの変換期)にはプレユニットエンジンと同じサイズのバルブが使われていたようです。
56-62年プレユニットモデルIN傘径38.10mmEX傘径34.11mm
63-83年ユニットモデル IN傘径40.64mmEX傘径36.58mm

今回はユニットモデルの大きな傘のバルブを使い、拡大シートカットをRテック内燃機屋さんに依頼。
ヘッド面研もしてもらい、加工ごとはこれで終わり。


a0248662_0122924.jpg

a0248662_0124259.jpg

a0248662_0125717.jpg

a0248662_0133524.jpg

インナースプリングだけ仮組みして、アウタースプリングの取り付け長計測。
IN,EXそれぞれの取り付け長差異は0.2mm程度だったので、シム調整は無し。
アウタースプリングも取り付け長で圧縮し、計測。4本とも均等な数値で問題なし。
というわけで、本組みして、ヘッド作業終了です。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-17 01:03 | 1965TRUMPH TR6 | Comments(0)
2016年 09月 16日

1965TRUMPH TR6 クランク周り組み付け

今日はE君のトライアンフ、クランク周りのお話。

a0248662_12334378.jpg

まず、クランク組み付け前に、クランクケースをフレームに乗せチェックごと。
クランクケース下のフレームとのマウント部分には隙間が開きましたので、シムを製作し調整。

a0248662_1234458.jpg

a0248662_1234196.jpg

a0248662_12344217.jpg

ドライブ側、タイミング側ともにクランクシャフトベアリングが手スポだたので、内燃機屋さんで両シャフト溶射・肉盛・研磨し、使うベアリングがちゃんと圧入できるように加工。
ビッグエンドメタル調整、芯出し済み。

a0248662_12361224.jpg

コンロッドを規定トルクで締め付け、スラッジチューブ、スラッジチューブナット取り付け。


a0248662_1236434.jpg

a0248662_12365799.jpg

ベアリング組み付け。
タイミングサイドはボールベアリング。ドライブサイドは抜き差ししやすいようにローラーベアリングにしています。

a0248662_12381152.jpg

a0248662_12383232.jpg

ケース合わせる前に、ギアボックッスハイギアシール、スプロケットを付けておきます。

a0248662_12371033.jpg
a0248662_1239082.jpg

カムシャフトを組み込みケース組みつけ。
IN側に入る、ロータリーブリーザーバルブとスプリングを入れるとスラストが無くなり動きが渋くなってしまう・・・。
スプリングの長さを調整し組み付け。

a0248662_12405350.jpg

タイミングマークを合わせ、タイミングギア周り組み付け。
回転させそれぞれ、ギアのバッククラッシュ、渋くなるところがないかチェック。問題なくO.K


a0248662_12411722.jpg

a0248662_12414955.jpg

オイルポンプ、カムカバーをつけ、オイル回りっぷりチェック。

a0248662_124232.jpg

クランク本組みして、フレームに搭載。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-16 13:06 | 1965TRUMPH TR6 | Comments(0)
2016年 09月 09日

平日の授業風景



1939EL1000

a0248662_11293164.jpg
a0248662_11294451.jpg
a0248662_1130054.jpg


Wさんのナックルヘッド。
引き続きTRUE CLASSICのDAI君に出張してもらいシーシーバー単品製作。
平行してバルブシートカット、擦り合わせが終わっている3基目のヘッドを組み付け作業。








1947FL1200

a0248662_11303262.jpg
a0248662_1131183.jpg
a0248662_11312313.jpg
a0248662_11314443.jpg
a0248662_113274.jpg
a0248662_11321776.jpg
a0248662_11323580.jpg
a0248662_11325531.jpg

a0248662_11355848.jpg


Iさんのナックルヘッド。
ジェネレーター分解作業&清掃・チェックなのでありますが、ジュネレーターギアマウントピンが中折れしているのかピンが抜けい・・・。ギアとアーマチュアコイルシャフトがカシメられて留められているので以前に何かあったのかもしれない。
とりあえず、ギア部分のピンと思われるものをエンドミルでもみ、ギア抜き取り。
シャフト部に残っているピンと思われるものは、エンドミル、ドリルでもんでみても刃が立たず・・・。シャフト側のピン穴も変形しているので、以前も同じ作業をやって抜けなかったのでしょう。
以前、中折れしたタップをモミ取るために買ったハードカットドリル(3mm)を使い、無事貫通。ドリルが中折してそのままだったのかも知れません。
ともあれ、ギアとの穴位置も良さそうで一安心。
コミュテータ部分の清掃をし、次回組み付け。
中途半端で終わっていたリムの振れ取り作業。








1979FXE1340

a0248662_1134269.jpg

a0248662_11341618.jpg

a0248662_11344244.jpg

a0248662_1135073.jpg


Iさんのショベルヘッド。
前回、点火時期調整、タペットクリアランス調整が終わり、ドライブチェーン交換。
ウィンカーの配線がフェンダーストラッドにかんでしまってしたため、ついでにリアフェンダー周りの配線引きなおし。
軽整備で入学したIさんの作業はこれでほぼ終わり。







1965TRUMPH TR6

a0248662_11353287.jpg
a0248662_11354340.jpg

a0248662_11365262.jpg

a0248662_11371072.jpg

a0248662_11373195.jpg

a0248662_1137442.jpg

a0248662_11382158.jpg


Eくんのトライアンフ。
ピストンリングのギャップ、クリアランスチェック後、ボーリング加工が終わってるシリンダー組みつけ。
ヘッドシートカット、シリンダーとの面面研が終わっているヘッドを仮組みし、プッシュロッドオイルシールの厚み選出、ヘッド組みつけ。
ロッカーカバー組み付け、タペットクリアランス調整し、エンジン周りの組み付け終わり。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-09 12:18 | その他 | Comments(0)