タグ:トライアンフ ( 125 ) タグの人気記事


2016年 06月 11日

1982TRUMPH T140ES ブレーキ周り・配線作業そして卒業

今日も引き続きNさんのトライアンフのお話。

a0248662_2141443.jpg

a0248662_2161057.jpg

錆付いていたブレーキローターはフロント、リア側ともに研磨。
パーツが出なかったフロント側のキャリパーピストンはステンレスで製作。

a0248662_2143514.jpg

熱膨張が大きいステンレス製のピストンはキャリパーに入れたまま、熱をかけチェック。
問題なさそうです。

a0248662_2155093.jpg

a0248662_2302434.jpg

元々付いていたマスターシリンダーはダブルキャリパー用としてはピストン径が小さくタッチが悪かったので、交換しエア抜き。

a0248662_2165219.jpg

a0248662_2162932.jpg

a0248662_235133.jpg

エアクリナーカバーがリア側のリザーバータンクのマウントになっていましたが、今回はエアクリナーカバーを使わないので、ステーを製作し取り付け。
リア側のキャリパーはブリーザーが下側を向いているので、車体から外した状態でブリーザーを上向きにしてエア抜き、取り付け。


a0248662_2185131.jpg

配線引きなおし。

a0248662_2191039.jpg

キーボックッスはオーナーNさんが自ら製作したサイドカバーに取り付け。

a0248662_2192198.jpg

プラグコード製作。

a0248662_2194368.jpg
a0248662_2195583.jpg

点火システムはペイゾンを使います。

a0248662_2201463.jpg



というわけで、エンジン始動&試乗。
元々付いていたコンセントリックMK2は評判通りというか、イマイチ。
というわけで手直し。

a0248662_2225645.jpg

ガス漏れがありましたのでコック交換。

a0248662_223820.jpg

キャブもコンセントリックMK1プレミアムに交換。

a0248662_2232141.jpg

エキゾーストパイプも交換。
動画を撮り忘れましたが、エンジン一発始動。キャブ交換前の加速時の燻ぶりもなくなり、軽やかに加速します。軽く試乗した分には問題は見当たりません。

a0248662_2233436.jpg

というわけで、Nさん卒業となりました。
元々車関係のお仕事をされていたNさん、ほぼ初めてのバイクいじりでしたが、さすがに手馴れたものした。
バイクいじりにもハマッてしまったようで、またVMSにカムバックするかも。
カムバックライダーでありますので、走りなれた地元で慣らし運転するそうです。
慣らし運転が終わったらまた乗らしてください。お疲れ様でした。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-11 02:55 | 1982TRUMPH T140ES | Comments(0)
2016年 06月 09日

1982TRUMPH T140ES プライマリー周り・腰上搭載

今日も引き続き、Nさんのトライアンフのお話。
まずはプライマリー周りから。


a0248662_1352769.jpg
a0248662_1353829.jpg

クラッチ、スチールディスクの歪みチェック、フリクッションディスク研磨。

a0248662_1355254.jpg

クラッチハウジング、クラッチハブ、クラッチセンターを仮組みしスラストチェック。

a0248662_1361421.jpg
a0248662_1362553.jpg
a0248662_1364118.jpg

a0248662_1365741.jpg

プライマリースプロケット周り組み付け。
エンジンスプロケットにはもともとシムが入っていましたので組み付けて、チェーンラインチェック。
クラッチセンターナット70N.m、ローターナット40N.mトルク管理をして締め付け。


a0248662_1371682.jpg

a0248662_1432234.jpg

ステーターを取り付け、ローターコイルとステーターコイルの隙間チェック。
クラッチ調整をしてプライマリー周り終わり。

a0248662_1375066.jpg

a0248662_138496.jpg

a0248662_1381692.jpg

ここからは腰上。
.020オーバーサイズでボーリング済みのシリンダー、使うピストンリングを仮組みてリングギャップ、リングクリランスチェック。


a0248662_1383826.jpg
a0248662_1384947.jpg
a0248662_139126.jpg

ピストンを取り付け、シリンダー搭載。
シリンダーナット内側30N.m、外側25N.m、規定トルクで締め付け。


a0248662_1391549.jpg

a0248662_1392883.jpg

a0248662_1393812.jpg

a0248662_139515.jpg
a0248662_140298.jpg

ヘッドスタッドを取り付け、プッシュロッドチューブ、シリンダーヘッドを仮組みしてプッシュロッドチューブオイルシールの厚み選択。


a0248662_1402067.jpg
a0248662_1403120.jpg

ヘッドボルトはそれぞれマニュアルとおり規定トルクで締め付け。
3.4.5.6スタッドナット 25N.m
7.8.9.10ボルト 25N.m
1.2ナット 20N.m 
T140のシリンダーヘッド締め付けトルクは小さめですね。

a0248662_1421955.jpg
a0248662_142309.jpg

ロッカーボックッス取り付け、タペット調整。
インナーボルト13.8N.m アウターボルト7N.m スタッドナット7N.m
こちらもトルク小さめ。
このあたりはなめ易いでしょうし、強く締めることよりもちゃんと面が出ていることが大事です。


a0248662_1424229.jpg

オイルラインを取り付け、エンジン周り完成です。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-09 02:18 | 1982TRUMPH T140ES | Comments(0)
2016年 06月 07日

1982TRUMPH T140ES ギアボックス周り・腰下搭載

卒業間近のNさんのトライアンフですが、随分とブログに上げていなかったので、一挙紹介予定。
というわけで、今日はミッション周り。


a0248662_1264936.jpg



a0248662_1285020.jpg

a0248662_129439.jpg

まずはケース側、ギアボックスインナーカバーのメインシャフト、レイシャフトベアリング交換。
ハイギアブッシュベアリングはローラーです。


a0248662_129224.jpg
a0248662_1293258.jpg

a0248662_1294361.jpg

ハイギアの軸受けは左右ともにニードルベアリングになっています。
内掛けプーラーで抜き取るのですが、ニードルベアリング(シェル形の外輪がついているタイプ)は抜き取る際に破綻することが多いので嫌です。
こちらもベアリング交換し、スプロケットを仮組みして一応スラストチェック。

a0248662_13004.jpg
a0248662_1301253.jpg

レイシャフトは新品スラストワッシャー(厚み2.3mm)をいれスラストチェック。スラスト量0.15mmに。


a0248662_1302745.jpg
a0248662_1303855.jpg

a0248662_131634.jpg

はじめてやる5速ミッション、シフターフォークの位置関係、カムプレートの動きを確認しギア周り組み付け。
組み付け手順も考えつつ。

a0248662_1315269.jpg

a0248662_1323952.jpg

a0248662_1335010.jpg

アウターカバーアッセンブリーを組み付け、キックスターターの作動チェック。
ソフターペダルを仮組みして、ギアチェンジチェック。


a0248662_134572.jpg

問題なく腰下完成。



a0248662_1354185.jpg
a0248662_1355221.jpg
a0248662_13641.jpg
a0248662_1361677.jpg

フレームにエンジンを搭載する前に、リアモータープレート、マウントカラーなどを仮組しチェック。
右側のリアモーターマウントはRブレーキペダル周り、マスターシリンダーが共止め。なかなかややこしいです。

a0248662_1363891.jpg

エンジン搭載。

a0248662_1365696.jpg
a0248662_137963.jpg

エンジン下側のマウントボルトにもカラーが入り、左右で長さが違います。
また、プライマリーチェーンアジャスターも先に付けておかないと、後から入りません。


a0248662_1372317.jpg

といったところで今日はここまで。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-07 02:11 | 1982TRUMPH T140ES | Comments(0)
2016年 06月 01日

火曜日の授業風景


1982TRUMPH T140ES

a0248662_8194254.jpg

車検業務が終わったNさんのトライアンフ。
少々配線トラブルがありつつ、エキパイ交換し試乗。
元々ついていたコンセントリックMKⅡがやはりイマイチ・・・。
キャブ交換いたします。







1971FX1200

a0248662_820179.jpg

a0248662_8204027.jpg


K君のショベルヘッドはクランク組みつけ・芯だし。
夜まで延長しシャフトの振れ0.02mmに。





1965TRUMPH TR6

a0248662_8213760.jpg
a0248662_8214818.jpg
a0248662_8215993.jpg

a0248662_8221487.jpg
a0248662_8222698.jpg

a0248662_8224628.jpg

E君のトライアンフはヘッド周りの作業。
ロッカーボックッスマウント雌ねじのヘリサート加工(1/4-26山)後、ロッカー側面、ヘッド側面面研。
ヘッド側は歪が酷いので内燃機やさんにやってもらいます。
外径、内径前加工してあるバルブガイド圧入しリーミング加工。
でシートカット、擦り合わせなのですが、新品ユニット用バルブの傘径と元々ついていたバルブ傘径が合わない。どうも63年のユニットでは別体時代の傘の小さいバルブが使われているようだ・・・。
ユニット用の傘の大きなバルブにあわせシートカット予定。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-01 08:50 | その他 | Comments(0)
2016年 05月 28日

水曜日の授業風景

車検業務が終わったSさんのパンヘッド、Kさんのトライアンフともに試乗、膿みだし、細かな調整作業です。


a0248662_11343731.jpg






1963FLH1200

a0248662_11355915.jpg

a0248662_11345459.jpg

Sさんのパンヘッド。
4速の入りが少々悪かったので、ポリスシフトのゲージ部分を削り解消。
ほぼ問題なしですがプラグの焼けっぷりを見つつキャブの微調整。






1970TRUMPH T120

a0248662_11362065.jpg

a0248662_11365278.jpg

a0248662_11363171.jpg




Kさんのトライアンフ。
始めは出ていた白煙問題も収まり、ホッと一安心。アイドリングの戻りが悪い現象が出ているので、製作したガバナースプリングに交換。後は細かなキャブ調整です。







1965TRUMPH TR6

a0248662_11373962.jpg

a0248662_11384777.jpg
a0248662_11385643.jpg

Eくんのトライアンフはフロントホイールのセンターだしの後、オイルタンク清掃、くちゃくちゃだったバッテリーマウント部の仮付け、必要な交換パーツ確認。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-05-28 09:24 | その他 | Comments(0)
2016年 05月 25日

車検業務


1973XLH1000

a0248662_8582989.jpg
a0248662_8584198.jpg
a0248662_858524.jpg
a0248662_859252.jpg
a0248662_8591342.jpg


卒業生Tさんのアイアンスポーツ。
巷で噂のナンバー問題がありますので、TRUE CLASSICさんに出張してもらいシーシーバー製作。
無事車検業務終わり。
うちではカスタムはやっておりませんので、ご用命はTRUE CLASSICさんまで。







1982TRUMPH T140ES

a0248662_8592847.jpg


Nさんのトライアンフも車検取得。
これで試乗しもろもろ膿だし、セッティングしていきます。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-05-25 09:08 | その他 | Comments(0)
2016年 05月 20日

1982TRUMPH T140ES ホイール周り

今日はNさんのトライアンフのホイール周りのお話。

a0248662_128832.jpg
a0248662_1283478.jpg
a0248662_1284477.jpg
a0248662_1285590.jpg

T140のホイールハブは分割タイプのもの。
ディスクローターと共止めのハブボルトで仮組みしベアリング交換。
片側のベアリングを圧入後、ディスタンスカラーを入れロックリング側のベアリングしロックリング取り付け。
ベアリングの与圧調整はホイールを組んでから。


a0248662_1291720.jpg
a0248662_1292794.jpg
a0248662_1293795.jpg

こちらはフトントホイールハブ。
同じくハブごるとで仮組み。フロント側はアクスルシャフトがディスタンスカラー代わりをするんで、右側のベアリングを組んでシャフトをいれ、左側ノベアリング圧入、ロックリングを閉めこむ。

a0248662_1294975.jpg

というわけでハブ出来上がり。



a0248662_130174.jpg

a0248662_13230100.jpg

a0248662_1301914.jpg

a0248662_130306.jpg

リム・スポークを組んでいきます。
リム、スポークともに新品。フロント側のリムのスポーク穴は右側のハブからのスポークがリムの左側の穴に入り、左側のハブからのスポークがリム左側の穴に入ります。フロント側のリムはこのタイプが多いです。
このタイプの場合、ハブに全部のスポークを入れておき、3クロスになるようにリムに組んでいきます。

a0248662_1325356.jpg
a0248662_1331317.jpg

同じくリア側。
もともとついていたリムは、ハブ左側から伸びたスポークはリム左側の穴、ハブ右から伸びたスポークはリム右側の穴に入るタイプだったのですが、新しいものはフロントと同じものがきました。
というわけで同じように組みます。


a0248662_1334033.jpg
a0248662_1335242.jpg

フロント・リアともに振れとり。
振れ量1mm以内といったところ。



a0248662_134830.jpg
a0248662_1341924.jpg
a0248662_1343037.jpg

a0248662_1344462.jpg

車体にホイールを組み付け、ホイールのセンターだし。
リア側はホイールの周りが渋かったので調整。

a0248662_13538.jpg

というわけで棟上完了。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-05-20 02:15 | 1982TRUMPH T140ES | Comments(0)
2016年 05月 17日

1982TRUMPH T140ES ネックベアリング&フロントフォーク

随分前のお話になりますが、今日はNさんのトライアンフの車体周りのお話。
気がつくと、ぜんぜんネタにしてませんでした。


a0248662_2330628.jpg
a0248662_23302798.jpg
a0248662_23304456.jpg

a0248662_23311268.jpg
a0248662_23313277.jpg

a0248662_23323938.jpg

a0248662_23314372.jpg

まずはネックベアリング。
レース・ベアリングともにやられていましたので新品に交換。
垂直冶具を使いベアリングレース圧入しベアリング取り付け。
ステアリングトップナットを締め付けテーパーベアリングに与圧をかけO.K




a0248662_23373225.jpg

a0248662_23333987.jpg
a0248662_23335029.jpg

a0248662_23342015.jpg

a0248662_2334825.jpg

a0248662_23351240.jpg

フロントフォークを分解し清掃チェック。
インナーチューブとアウターチューブのガタは問題なし。
シールを交換。T140のフロントフォークシールは外輪が柔らかく圧入ではありません。クリップ止めしてインナーチューブが入ったことで外側に広がり、うちがわ、外側のシーリングをするようです。
ダンパーチューブスプリングは1個追加し2連。身長の低いオーナーにあわせローダウン化。
T140ですがオーナーさんの好みでトップカバーを付けフロント周り終わりです。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-05-17 23:58 | 1982TRUMPH T140ES | Comments(0)
2016年 05月 12日

1965TRUMPH TR6 ギアボックス


今日はEさんのトライアンフ、ギアボックッス周りのお話。

a0248662_12152098.jpg
a0248662_12153154.jpg
a0248662_12154712.jpg
a0248662_1215596.jpg

まずはガタがあったメインシャフトハイギアブッシュ、レイシャフトローギアブッシュ製作。
トラのハイギアブッシュは一本ものでありますが、実際にシャフトと摺動する部分は手前と奥部分で真ん中はシャフトにあたりません。このブッシュを作るのがなかなか面倒。またオイルの螺旋溝もクラッチ側にオイルが行かないように止まりになっています。


a0248662_12161156.jpg
a0248662_12162464.jpg

a0248662_12163543.jpg

ハイギアブッシュ圧入。シャフトに入れると少々渋いので軽くラッピング&ホーニングし仕上げ。

a0248662_12165025.jpg

同じくレイシャフトブッシュも圧入しホーニング仕上げ。

a0248662_1217860.jpg

a0248662_12174380.jpg

a0248662_12172041.jpg

レイシャフトハイギアはギア欠けしていたため交換なのですが、レイシャフトハイギアはシャフトとASSYでシャフトごと交換。
で来たシャフトは別体でも使えるもので、車体側軸受け部分がユニットのものよりも長いです。
ユニットで使う場合、クローズタイプのニードルベアリングにどっ付いてしまうので同じサイズにきります。



a0248662_12175963.jpg

a0248662_1218112.jpg

a0248662_12182595.jpg

ケース側、ギアボックッスインナーカバー側ともにメインシャフト、レイシャフトのベアリング取り付け。
レイシャフト側ニードルベアリングはスラストワッシャーの案内分出しておきます。


a0248662_12183812.jpg
a0248662_12185016.jpg

でもともと付いていたスラストワッシャー(厚み2.25mm)を取り付けスラストチェック。
ガスケットをつけていない状態で0.15mmのスラスト量。



a0248662_12191961.jpg
a0248662_12193489.jpg

メインシャフトも仮組み。
メインシャフトはキックスターターラチェットギアを取り付けることで位置決めされるので、ギアを組みチェック。
問題なし。



a0248662_12195418.jpg

a0248662_1220792.jpg

ギアの構造、組み付け方を理解し仮組み。

a0248662_12202250.jpg

a0248662_12203446.jpg

ギアセレクターカムプレート位置を2.5速にしておき、カムプレートオペレーティングクアドラントのギアを中心位置で組み付ける。つまりカムプレートオペレーティングクアドラントが上下にストロークしたときにちゃんとギアセレクターカムが1速位置から4速位置に動く位置にします。

というわけでギア周りの調整終わりです。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-05-12 12:48 | 1965TRUMPH TR6 | Comments(0)
2016年 05月 11日

月曜・火曜日の授業風景


KNUCKLE HEAD

a0248662_8581512.jpg
a0248662_8583610.jpg
a0248662_8584748.jpg


Wさんのナックルヘッド
バルブガイド圧入後、リーマー加工、シートカット擦り合わせ開始。






1955FL1200

a0248662_859922.jpg
a0248662_8592091.jpg


Oさんのパンヘッド
進角スロットルケーブル製作し取り付け、サーキットブレーカーの動きが悪かったので手直し。
配線周りを取り付け、ハッドライト周り取り付け。






1982TRUMPH T140ES

a0248662_8595878.jpg

a0248662_903444.jpg

a0248662_904871.jpg

a0248662_91090.jpg


Nさんのトライアンフはオイルを回し、エンジン始動。
問題なく始動しアイドリングする。白煙など無く問題なし。
少々排気漏れをしているので手直し。また重かったスロットルケーブルを作り直し。





1965TRUMPH TR6

a0248662_933466.jpg

a0248662_912010.jpg
a0248662_913071.jpg

a0248662_914948.jpg

a0248662_9267.jpg


Eさんのトライアンフはギアボックッスの加工ごと、ベアリング交換、ブッシュ交換が終わりスラスト調整し仮組み。仕組みを理解しつつ、シフトチェックし問題なし。
もともと16”がホイールがついていたため、新たな中古18”ホールを分解・チェックし使います。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-05-11 09:20 | その他 | Comments(0)