Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:トライアンフ ( 139 ) タグの人気記事


2015年 03月 25日

1970TRIUMPH T120 ギアボックスその1

今日はKさんのトライアンフ・ギアボックス周りのお話。

a0248662_23214677.jpg

a0248662_23222326.jpg

ドレンボルトを抜いたときに水がドボドボと出てきたギアボックス。
ギア・シャフトは全滅でありました。

a0248662_23223420.jpg

a0248662_23224588.jpg

トリニティー講師Kさん、卒業生Hさんのご好意で入手した別体モデルのギア・シャフトアセンブリーを使います。

a0248662_23255076.jpg

a0248662_2326280.jpg

a0248662_23261745.jpg

まずはベアリングはメイン側、レイシャフト側ともに交換。

a0248662_23232228.jpg

a0248662_23234025.jpg

ハイギアブッシュはガタガタだったので交換ですが、用意してあった新品ブッシュが手スポで入ってしまう・・・。
このブッシュを観察すると、実際にシャフトとの摺動部は奥と手前だけで真ん中部分はシャフトとあたっていない。
このブッシュと同じもので精度を出し作るのは困難と判断し、ノートンなどと同じように2連のオーバーサイズブッシュを作ることに。

a0248662_2324390.jpg
a0248662_23241530.jpg
a0248662_23242342.jpg

元々ついていたブッシュの摺動部の長さを参考にして寸法を決め製作。
圧入部分の長さが短くなるのでハメ代大目。オイル溝切りし、出口側は外にオイルが出ないよう止めておきます。

a0248662_23243535.jpg

a0248662_23244742.jpg

圧入後に内径が縮む分も考え製作したので、圧入後リーマー加工なくホーニング処理だけでスルスルチャン。
トライアンフのマニュアルではここのクリアランスは0.08mm~0.1mmとハーレーのものと比べると大きめで気が楽でありました。

a0248662_23294185.jpg

実際にケースに仮組みして、回りっぷりチェック。
引っかかりなど無く問題なし。

a0248662_23304356.jpg

こちらはレイシャフト。
仮組みしてみるとシャフト回らない。

a0248662_23311015.jpg

a0248662_053941.jpg

シャフトも見てみると、二ードルベアリングとの摺動部分がユニットのものよりも別体のもののほうが長い。
ケース側のクローズド二-ドルベアリングの底の部分にドッ付いてしまっていたようです。

a0248662_23312116.jpg

a0248662_23313757.jpg

シャフトをユニット用のものと同じ長さに切削。
スラストワッシャーも少々薄くし調整、スラスト量0.1mmに。

a0248662_2331559.jpg








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-03-25 00:11 | 1970TRUMPH T120 | Comments(0)
2015年 03月 11日

平日の授業風景

a0248662_0581876.jpg





1963FL1200

a0248662_0183399.jpg
a0248662_0184791.jpg

Sさんのパンヘッド。
ヘッドの組みつけが終わり、プッシュロッド組み付け・調整、オイルライン取り付け、エキパイ取り付け位置決め作業。
ネジがナメたり、ガスタンクスタッドが折れたり、マフラーがすんなり付かなかったり、なんやかんやと。





1970TRUMPH T120

a0248662_019411.jpg
a0248662_019222.jpg

Kさんのトライアンフ。
リム組み、触れとり開始。新品スポークのエルボ部分の角度が合わず少々苦戦。





1950EL1000

a0248662_0194044.jpg

a0248662_0205119.jpg
a0248662_021258.jpg

新入生Mのパンヘッド。
以前にイロイロと問題があって、分解してあったエンジンを持ち込み。
元々車両についていたクランクケースは後家。もうひとつ所有していたケースはスプロケットベアリングレースの鋳込み部にガタが。おまけにヘッドも・・・。
初めての授業で駄目だしをするのは非常に心が痛いです。。。
まぁまた、色々とドラマが巻き起こるのでしょう。





1938 INDIAN CHIEF

a0248662_0212955.jpg
a0248662_0214119.jpg

ここからは夜の部
インディアンのMさん。
焼きが入っていて非常に硬いプッシュロッドガイド(タペットガイド)は専用ラップ棒を作りラッピングすることに。
焼きが入っているガイドをワザワザ削る必要もないかしら・・・など考えつつも、大きいところと小さいところで0.05mm程度差があることに少々納得がいかず、実験的にラッピングしてみます。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-03-11 00:57 | その他 | Comments(0)
2015年 03月 04日

平日の授業風景

a0248662_0465946.jpg




1963FL1200

a0248662_0475090.jpg

Sさんのパンヘッド。
ヘッド本組み後、点火時期調整など。





1970TRUMPH T120

a0248662_0495782.jpg
a0248662_0503877.jpg

Kさんのトライアンフ。
クランク・タイミングギア仮組みし、ギアのバッククラッシュチェックだったのですが、インターメディエイトギアのスピンドルとケースの側が手スポだった事を思い出す・・・・。O.Sのスピンドルで対処します。





1955FL1200

a0248662_0511597.jpg
a0248662_0512480.jpg
a0248662_0513799.jpg

Yさんのパンヘッド。
ヘッド周り計測後、ガイド抜き取り。





1978FXS1200

a0248662_0515576.jpg

ここからは夜の部。
卒業生のNさんのショベル。F側からの白煙問題があり、分解チェックしたものの問題なし。
リリーフバルブスプリングを疑う。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-03-04 01:03 | その他 | Comments(0)
2015年 02月 26日

授業風景

今日も平日の授業風景



1963FL1200

a0248662_0285396.jpg

a0248662_0292425.jpg

a0248662_0293662.jpg
a0248662_0294927.jpg

a0248662_0301954.jpg

Sさんのパンヘッド。
仮組みしロッカーアームとバルブのあたりっぷりチェックが終わりヘッド本組み。
新たに使うアルミ製のパンカバーにパッドを付け、パンカバーを組むとヘッドカバースクリューのヘッドのねじ山がナメた様子。急遽ヘリサートしヘッド完成。





1950VF1200

a0248662_0322152.jpg

a0248662_0325352.jpg
a0248662_033556.jpg
a0248662_033171.jpg
a0248662_033259.jpg

a0248662_0333547.jpg

Tさんの陸王。
カムブッシュの加工が終わり、4つのカム、アイドラーギア、ピ二オンギアを仮組みし回りっぷりチェック。
スルスル回りO.Kだったのでスラスト量チェック。
バルブ側に移り、シートカット擦り合わせ開始。




1970TRUMPH T120]

a0248662_0335576.jpg

a0248662_0341596.jpg

a0248662_0344122.jpg

a0248662_035557.jpg

Kさんのトライアンフ。
ケースを組む前になんかんや仮組み。
ミッションを仮組みし、シフトチェンジチェック。
ベアリングを圧入しクランクも仮組み。カムシャフトのスラスト量が少ない、購入したカムギア工具が加工しないと使えない、などなどありながらも、仮組みチェック終わり。次回は本組み。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-02-26 00:55 | その他 | Comments(0)
2015年 02月 18日

授業風景

今日は平日の授業風景です。


1947FL1200

a0248662_0475639.jpg

a0248662_048685.jpg

a0248662_0482456.jpg
a0248662_0484074.jpg

ナックルヘッドのIさんはヘッド周りの作業。
加工ごとが終わったバルブガイドをヘッドに圧入。

a0248662_0491052.jpg

a0248662_0565775.jpg

圧入後リーミング。

a0248662_0504746.jpg

シートとバルブの当りも良く良い感じでシートカット、すり合わせは楽できそう。
というわけで次回はシートカット&擦り合わせ。





1970TRUMPH T120

a0248662_0512214.jpg

a0248662_0513862.jpg

トライアンフのKさんは、クランク作業が終わり、クランクを組む前にミッション仮組み。

a0248662_0515578.jpg
a0248662_052330.jpg
a0248662_0521290.jpg
a0248662_0522029.jpg

ベアリング類は全交換・・・水没エンジンでしたから。

a0248662_0524813.jpg

ギアチェンジスピンドルブッシュは単品製作して交換。

a0248662_053010.jpg

a0248662_0531075.jpg

ハイギアブッシュは新品ブッシュがスカスカ。
こいつも製作します。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-02-18 01:06 | その他 | Comments(0)
2015年 02月 11日

1970TRIUMPH T120 プライマリードレン

クラックが入っていたKさんのトライアンフ・プライマリードレンボルトのねじ山部。
こいつを修正していきます。

a0248662_2357356.jpg


a0248662_235714100.jpg
a0248662_23574153.jpg

プライマリーチェーンのアジャスタースクリューが収まっている穴と共になっているドレンボルト部分。
プライマリーカバーの面を出すためネジ部の肉厚が非常に少ない。
取り外しを頻繁にするドレンボルト部の肉厚がこんなに薄いのは設計ミスでしょう。

クラックが入ったネジ山を埋めるにしても、アジャスタースクリューが入る長穴で斜めに開いている穴を開け直すとなると、ちゃんとした冶具を作らなくてはいけません。
肉厚が薄いためヘリサートも出来ない。
熊本のトライアンフスペシャリストに相談すると、歪むのであまり熱をかけないほうが良いとのこと。
という事は、全周肉盛しヘリサート作戦も駄目。

クラック部分だけ溶接し、残ってるねじ山を活かし多めにねじ山を切り、首下の長いドレンボルトを製作し、乗り切る作戦に。

a0248662_2358837.jpg

という訳で、クラック部分を溶接。
内側に溶け込まないように、ボルトを入れときました。

a0248662_23581993.jpg
a0248662_23583054.jpg

プライマリーカバーの合わせ面の溶接はオイルストーンを使いシコシコと削る。
ドレン上部の持った部分は、見た目は悪いですが、肉厚確保のため削らずにそのまま。


a0248662_23591291.jpg

a0248662_23592617.jpg

a0248662_23594856.jpg

中まで溶け込んでしまった溶接はリューターで削り、多めにタップでネジ山を切る。


a0248662_00869.jpg

ケースをボール盤にセットアップし座面部を作ります。

a0248662_002096.jpg

ドレンネジ山と同じ7/16”-14山に切った棒をチャックに銜え、ドレン部に差し込んだ状態でセットアップし、ネジ穴に対し垂直を出します。

a0248662_003584.jpg

セットアップ後、砥石を使い研磨。

a0248662_005374.jpg

以前よりも座面の当り面も多くなり、しっかり面の出ました。


a0248662_011072.jpg

a0248662_012126.jpg

首下長めのドレンボルト製作。
ついでに回し易いように頭も長めにしておきました。

a0248662_01493.jpg

という訳で加工終了。
どうにか上手くいきました。
初めてやる作業で緊張していたのか、無事作業が終わったときに急な睡魔が襲ってきました。

こういう作業を乗り切ると、共に作業をした生徒さんであるIさんと、年の差を越えて友情が芽生えたような気になります。これだからスクールはやめられません。ネジ山を見て「いいですねー」と言っている画はヤバイですが・・・。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-02-11 00:51 | 1970TRUMPH T120 | Comments(0)
2015年 02月 04日

1970TRIUMPH T120 カムブッシュ

今日はKさんのトライアンフ・カム周り作業のお話。

a0248662_146810.jpg

先日、製作したリン青銅で製作したカムブッシュ。
購入した新品カムブッシュは使うカムシャフトに対し、すでに0.1mm以上のクラアランスがあったので作ってみました。なんやかんや確認後圧入します。


a0248662_1462226.jpg

まず、カムシャフトにブッシュ、ギアをつけて、スラストチェック。

a0248662_1463959.jpg

a0248662_1465568.jpg

ドライブ側ケース、カムブッシュホールのオイル穴位置が微妙にIN側とEX側で違うことを、オーナーのKさんが発見。

a0248662_147724.jpg
a0248662_1471776.jpg

それぞれケース側の穴位置にあわせオイル穴を開け、圧入時に穴が合うように印をつける。

a0248662_1472843.jpg

a0248662_1474852.jpg

圧入工具を製作し、ドライブ側、タイミング側それぞれ圧入。

a0248662_1481566.jpg

a0248662_148265.jpg

圧入後、ブッシュ内径計測。
ハメ代分、内径が縮むことも考えブッシュ製作したので、タイミング側の径はバッチリ、クリアランス0.03mmに。
しかしながらドライブ側は、写真で白く塗ってある部分が多く縮み、カムシャフトが入らず・・・。
ケース側は楕円はなかったので、ケースの形状のためか?


a0248662_1484186.jpg

a0248662_1485880.jpg

ともあれ、ラインリーミング。
左右ケースを組みタイミング側に冶具を入れ、専用リーマーでドライブ側のブッシュを掘ります。

a0248662_1491148.jpg

カムを入れ左右ケースを組み、カムシャフトの回りっぷりチェック。
IN側はエクセレント。
EX側は少々渋い・・・少々ラッピングしスルスルに。


a0248662_1492775.jpg

a0248662_1494074.jpg

最後にホーニングして終了。
とりあえずここまでは良い感じ。クランクやらギア周りやら組むと何かしらあるかもしれませんので、まだまだ気が抜けません。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-02-04 02:19 | 1970TRUMPH T120 | Comments(0)
2015年 01月 31日

金曜日なんやかんやと

197XLH900



トリニティー卒業生K君のアイアンスポーツ。セルスターターの取り付け依頼です。
早いもので卒業して3年たつのですね。
スターター取り付け、配線作業、エンジン、ミッションオイル交換が終わり始動チェック。
残念ながら雪で試乗はできず。




1960 VELOCETTE VIPER



こちらも2年前にうちでエンジン、ミッションオーバーホールしたベロセット。
エンジンがかからなくなったとのことで入庫しましたが、問題なくエンジンはかかる。
プライマリーチェーンが大分遊んでいたので調整後始動。
マグネトーが暖まったときに問題が出るかもしれませんので、この後試乗し様子を見ます。




TRUMPH TR6

a0248662_0531652.jpg

a0248662_0532965.jpg

a0248662_054936.jpg


車検・整備のトライアンフ。
軽く清掃後、前後タイヤ交換、Dチェーン交換、車検用ヘッドライト取り付け、エンジン、ミッション、プライマリーオイル交換、曲がってしまっていたウィンカーステーを曲がり修正・塗装。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-01-31 00:57 | その他 | Comments(0)
2015年 01月 22日

授業風景


a0248662_04328100.jpg



1947FL1200

a0248662_0435046.jpg
a0248662_04408.jpg
a0248662_0449100.jpg

a0248662_0544114.jpg

ナックルヘッドのIさんはミッション組み立て作業。
製作したスターターギアブッシュ圧入。圧入代縮んだブッシュをホーニングし、ガタ無しスムーズに。
スターターカバーブッシュは状態が良かったのでそのままで、キック周りを組み完成。




1963FL1200

a0248662_045682.jpg
a0248662_0451527.jpg

Sさんのパンヘッドは短すぎたフェンダーを交換。
リブつきユニバーサルフェンダーをカットしステーに合わせ穴あけ取り付け。
穴位置失敗的な笑事件がありつつ取り付け。この後塗装です。





1970TRUMPH T120

a0248662_0474753.jpg

a0248662_0471692.jpg

a0248662_0473264.jpg

a0248662_0475751.jpg

トライアンフのKさんは製作したブッシュのオイル穴加工。
元々入っていたブッシュとアフターパーツのブッシュ穴位置が違うなぁ・・・などと言っていると、Kさんが「ケース側の穴位置がINとEXで違います」と発見。
どうにかケース側の穴位置距離を測り、ブッシュ側に穴加工。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-01-22 01:09 | その他 | Comments(0)
2015年 01月 21日

1970TRIUMPH T120 バルブガイド

今日はKさんのトライアンフ・バルブガイドのお話。

a0248662_0214087.jpg

シリンダーヘッド分解後、バルブガイド穴径計測。
インテークバルブガイドは大分ガタがあったので交換。
エキゾースト側は使用するKIBBLEWHITE製のブラックダイアモンドバルブとの組み合わせで使えそうなのでそのまま。(KIBBLEWHITE製のブラックダイアモンドのバルブステムは少々太めに作られている)

a0248662_022240.jpg

a0248662_0233716.jpg

IN側のバルブガイドを抜き、ヘッドガイドホール径計測。
残念ながら0.03mm程度楕円だったのでリーマーを通し真円にします。

a0248662_026245.jpg

a0248662_0262095.jpg

冶具をつくり、最小のリーマーサイズで真円拡大。


a0248662_024846.jpg
a0248662_0241978.jpg

バルブガイドも加工。
ガイドもバルブもKIBBLEWHITE製。ステム径+クリアランス分のサイズのリーマーでガイド穴拡大。
専用生爪に加え旋盤で拡大していきますが、使うアルミ青銅のガイドは粘り硬く、一気に切れきれないので、0.01mm刻みでリーマーを通し、適正サイズにします。

a0248662_0243595.jpg

ガイド外径も真円拡大したヘッド側ガイドホール径+嵌め代のサイズまで研磨。


a0248662_0265073.jpg

ヘッドをよく暖めガイドを圧入。

a0248662_027056.jpg

a0248662_027925.jpg

圧入後、縮んだガイド穴をリーミング。
エキゾースト側も使うバルブステム径+クリアランス分のサイズでリーミング。
インテーク側よりも熱がかかるエキゾースト側はクリアランス大目にしておきます。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。





Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-01-21 00:57 | 1970TRUMPH T120 | Comments(0)