Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:トライアンフ ( 173 ) タグの人気記事


2015年 10月 28日

1982TRUMPH T140ES スイングアーム

Nさんのトライアンフ。
エンジン周りは加工待ちで車体周りの作業に。


a0248662_8471645.jpg
a0248662_8472631.jpg
a0248662_8473764.jpg

でスイングアームから。
トラの750と同じオイルインフレームのスイングアーム。
フレームの中心にある軸の両サイドにスリーブ、位置決めのディシタンスピースが入り、ピボットボルトが入りフレームのマウントプレートで締結。フレーム側に締結されたスリーブ上でブッシュが入ったスイングアームが動く仕組み。

仮組みすると、ピボットボルトを締めれば締めるほどスイングアームの動きが渋くなる。
フレーム両サイドのプレートが薄いためピボットボルトを締めていくとハの字に曲がり、ディスタンスピースとスイングアームが干渉しているようだ。



a0248662_8475231.jpg
a0248662_84837.jpg

ピボットボルトを締めたときに、フレームのマウントプレートの平行が保たれていなければならないにで、両サイドのディスタンスピースの厚さが問題と判断。オーバーサイズディスタンスピース単品製作。


a0248662_848164.jpg
a0248662_8482665.jpg

ピボット部のスリーブは錆びていたので新品に交換。


a0248662_8485290.jpg

仮付け。
ちゃんとピボットボルトを締め付けても動くようになりました。


a0248662_849263.jpg
a0248662_849174.jpg

ゴムのダストカバーをつけ本組み。
スイングアームO.Kさん。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-10-28 09:12 | 1982TRUMPH T140ES | Comments(0)
2015年 10月 20日

1982TRUMPH T140ES バルブシートカット・擦り合わせ、バルブスプリング

バルブガイド交換、圧入作業が終わったNさんのトライアンフ。
バルブシートカットをしていきます。

a0248662_855197.jpg

ガイド圧入後、軽くシートとバルブを擦り合わせ。
全周であたっているもののベタあたり気味。あたり幅は2.0mm程度。4本とも同じ感じ。

a0248662_8551873.jpg
a0248662_8553571.jpg

今回は4本とも30度面をシートカット。

a0248662_8555251.jpg

シートカット後擦り合わせし、シートのあたりはこんな感じ。

a0248662_85687.jpg

バルブの当たり位置は真ん中辺りに。
あたり幅は1.5mm程度に。

a0248662_8561998.jpg

それぞれ灯油漏れチェック。問題なくO.K

a0248662_8565466.jpg

ガイドをホーニングし仕上げ。



a0248662_857615.jpg

a0248662_8571788.jpg
a0248662_8572846.jpg

バルブスプリング周り。
バルブスプリングのロワカラーは鍔無しガイド用のものだったので、鍔付きガイドに合うよう内径拡大。

a0248662_857381.jpg

a0248662_858511.jpg

インナースプリングを取り付け、アウタースプリングの取り付け長計測。
タイミングとドアリブ側、両スプリング取り付け長の差異は0.3mm。
このぐらいならシム調整はいらないかしら。

a0248662_8582790.jpg

a0248662_8583847.jpg

取り付け長の長さ圧縮しバルブスプリング圧計測。
差異は少なく良好。圧力は少々弱いような。

後はヘッド面研しヘッド周りはO.K







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-10-20 09:18 | 1982TRUMPH T140ES | Comments(0)
2015年 10月 12日

土・日の授業風景

WL ENGINE

a0248662_21131983.jpg
a0248662_21133380.jpg
a0248662_21134264.jpg
a0248662_211351100.jpg

a0248662_2114667.jpg

Mさんのサイドバルブ。
リム組み振れ取りを終えたRホイール、フレームに仮組みしてセンターだしをしてあらためて振れチェック。
ドラムブレーキのプレートとダストカバーが干渉していたため、少々削り。
ホイール周り完了後、ビッグエンドベアリングレースラッピングの続き。





1974NORTON COMMANDO

a0248662_21142141.jpg
a0248662_21143059.jpg

Aさんのノートンコマンド。
新品メーター取り付け、ケーブル&配線作業が終わり、次回こそは試乗へ。





1970TRUMPH T120

a0248662_21145256.jpg
a0248662_2115421.jpg

前回始動したKさんのトライアンフ。
メーターケーブル周り、ガスタンク取り付けガスライン取り付けなど、試乗前準備。





1982TRUMPH T140ES

a0248662_21155082.jpg

a0248662_211652.jpg

a0248662_21171698.jpg

a0248662_2116176.jpg

Nさんのトライアンフ
バルブシートカット&擦り合わせ。灯油チェックし問題なし。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-10-12 23:14 | その他 | Comments(0)
2015年 10月 06日

1982TRUMPH T140ES バルブガイド

今日はNさんのトライアンフヘッド周りのお話。

a0248662_916462.jpg
a0248662_9165639.jpg

ガタ多めだったバルブガイドは抜き取り。
この年式のガイドは鍔無しでCクリップで圧入位置が決まっているものが付いています。
このガイドパーツも出ないし、鍔が無いのは嫌だなってことで、普通の鍔つきガイドを使います。


a0248662_9171756.jpg

ヘッド側ガイドホールは傷変形なく良好。
4箇所とも12.71mm

a0248662_9172811.jpg

いつものKIBBLEWHITE製、バルブガイドとバルブを使います。
ガイドは+.002”サイズ(外径12.77mm)


a0248662_917436.jpg

まず外径をヘッドとの嵌め代0.04mm程度になるよう、0.02mm研磨。

a0248662_9175438.jpg

バルブステム径に対しIN0.03mm、EX0.05mmクリアランスをとり予めリーマー加工。
これを初めにやっておかないと、圧入後のリーマー通しが大変です。

a0248662_9183917.jpg


a0248662_9185552.jpg

ケースをよく暖めガイド圧入。
良い嵌りっぷり。

a0248662_919572.jpg

圧入後、嵌め代縮んだガイド穴をりーミングしガイド完成。
次回、シートカット・擦り合わせです。

a0248662_9191672.jpg






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-10-06 09:44 | 1982TRUMPH T140ES | Comments(0)
2015年 09月 23日

シルバーウィークの授業風景


9月20日 カムに泣く


1953FL1200

a0248662_2041474.jpg

a0248662_20411978.jpg
a0248662_20412912.jpg
a0248662_20414573.jpg

Nさんのパンヘッドは何回かの試乗が終わり、さぁ乗って帰るかという段階でエンジンストール・・・しかもエンジンロック気味で止まる・・・。
エンジン冷寒時でのだったので、シリンダーやヘッド周りの抱きつき系の問題ではない、タイミングギア周りの問題と判断し、タイミングギアを分解するとカムギアシャフトとスラストワッシャー、ロックワッシャーが固着している。スラスト量が無く、カムギアシャフトとロックワッシャーが固着しロックしたようだ。
以前にカムカバーを交換した際、カムスラスト調整をしたはずなのですが、カムカバー、ガスケットを仮組みした時に、カムカバーボルトの締め付けが弱かったのでしょう・・・。何回か増し締めをしてガスケットが潰れ、カムスラストが無くなっていたようです。「ガスケットが潰れるまでちゃんと締めてください。」 この一言が無かった為に・・・。一つ一つもっとちゃんと見なければならない。





WL ENGINE

a0248662_20451272.jpg

a0248662_20453094.jpg
a0248662_20453955.jpg

a0248662_2048232.jpg

a0248662_2330374.jpg

a0248662_20484063.jpg

MさんのWLはカムブッシュのラッピングが終わり、スラスト不良パンヘッドを横目にカムスラスト調整。
調整が終わり新品カムを組もうとすると、ギアが回らないどころか、ギアが入らない。
もちろん中古カムギアを入れると、スルスル回る。少々解りづらが中古と新品ではギアの形状が微妙に違います・・・メーカー不明の新品ギアにやられました。なんやかんや対処法を考えなければ。


というわけでこの日はカム問題で意気消沈。K田さん宅での秋刀魚パーティーに顔を出そうと思っていたが、とてもそんな気になれずふて寝。






9月21日 Nさんパンヘッド復活、卒業



1953FL1200

a0248662_20492583.jpg

a0248662_204937100.jpg

カムギア周りを組みなおし試乗、問題なく晴れて卒業。
一旦帰路、乗り回し膿みだしをして、また来週手直しに来る予定。
一時はどうなることかと思いましたが、軽症で済み良かったです。エンジン始動性も良く調子良し。





1970TRUMPH T120

a0248662_2050995.jpg

a0248662_20502011.jpg

a0248662_20505263.jpg

a0248662_2051533.jpg

Kさんのトライアンフは、Dチェーン取り付け、チェーンカバー修正取り付けなど細かな取り付け作業を行い、次回エンジン始動ってところまで完成。



授業終了後、どうも納得いかないFXEのキャブ調整をしつつ、狭い室内でエンジンを回しっぱなしにしていると、いつの間にか一酸化炭素中毒でフラフラになり終了。






9月22日 Kさんのトライアンフエンジン始動


WL ENGINE

a0248662_20515942.jpg

a0248662_20521635.jpg

a0248662_20523716.jpg

a0248662_20525016.jpg

a0248662_2053782.jpg

WLのMさんはカムギア問題の解決策を思考後、ホイールベアリング組み付け、スポーク組みなおし、触れ取り。ホイールベアリングはハブ、ベアリングごと新品の中古?です。一応計測し問題ないので組み付け。
新品スポークと新品リムの組み合わせで、触れとりも苦労少なく終わり、触れ量は0.1mm以下。




a0248662_20545860.jpg

アイアンスポーツで卒業生のKさんが購入したWLで登場。
いーなーWL。そのうち軽整備で持ち込むようです。





1970TRUMPH T120

a0248662_20543532.jpg

a0248662_20535279.jpg

Kさんのトライアンフはエンジン始動。
オイル回しに苦労したものの、エンジンは2、3回のキックで始動しアイドリングも安定。ノイズ振動も少なそうです。ただマフラーから白煙がモクモクと・・・始動前のオイル回し時に随分クランクケース内にオイル入れたからな。次回もう少しエンジンを回し様子を見ます。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-09-23 00:22 | その他 | Comments(0)
2015年 09月 15日

1982TRUMPH T140ES カムブッシュ

今日はNさんのトライアンフ、カム周りのお話。

a0248662_243877.jpg

a0248662_245079.jpg

カムブッシュはそれなりのガタで交換することに。
カムシャフトはドライブ側20.59mm タイミング側22.17mmでほぼ減っていないと思われる。


a0248662_275754.jpg

a0248662_281165.jpg

ブッシュを抜き取り計測。
ケース側ブッシュホールはドライブ側、タイミング側ともに変形、楕円無く良好。


a0248662_25227.jpg

a0248662_255551.jpg
a0248662_261045.jpg

でブッシュ製作。
外径はケースに対し嵌め代0.03mm~0.04mm。
内径は圧入して縮む分も考慮し、シャフトに対し+0.05mm程度に。
タイミング側ブッシュの鍔部分は少々厚めにしておき、後でスラスト調整します。

a0248662_26359.jpg
a0248662_264560.jpg


a0248662_218158.jpg

a0248662_2182668.jpg

タイミング側ブッシュのオイル穴は、ケース側のオイル穴を実測し位置決めし穴あけ。

a0248662_2183963.jpg

a0248662_2185171.jpg

カムシャフトを仮組みしてスラスト量計測。
ブッシュ鍔部分を切削しスラスト量は0.2mmに。


a0248662_219316.jpg


a0248662_2192318.jpg
a0248662_2193214.jpg

a0248662_2194350.jpg

ケースを暖めブッシュ圧入。
シャフトとブッシュのガタは絶妙。


a0248662_2195639.jpg

a0248662_220836.jpg

a0248662_2201938.jpg

カムシャフトを入れ左右両ケースを合わせ、カムシャフトの回りっぷりをチェック。
渋いながらも回る程度。
これならラインりーミングする必要無しと判断し、ブッシュに磨き粉を付け擦り合わせ。
渋みが無くなったところで、オイルをつけ回す。ガタ無くトゥルトゥルに回ります。
最後にホーニングして終了。
今回のケース状態が良く左右カムブッシュ位置のラインが出ていたのでしょう。おかげでスムーズに作業がおわりました。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-09-15 02:51 | 1982TRUMPH T140ES | Comments(0)
2015年 09月 09日

月・火曜日の授業風景


KNUCKLE HEAD

a0248662_23571786.jpg

a0248662_23521827.jpg

a0248662_23532247.jpg

a0248662_23533640.jpg

Wさんのナックルヘッド
バルブシートカットが終わり、ヘッド組みつけ作業。
バルブスプリングを取り付け、ロッカーアームを組みつけます。その前にロッカーアームのにねじ山を切る・・・その訳はまた次回詳しく。





1982TRUMPH T140ES

a0248662_23535113.jpg

a0248662_23543915.jpg

a0248662_2354115.jpg
a0248662_23541193.jpg

Nさんのトライアンフはフォーク周りの組み立て。
清掃後、シール交換、ダンパースプリングを2個付けしローダウン化し組み立て。





1968XLH900

a0248662_2355314.jpg

a0248662_23551517.jpg

a0248662_23552857.jpg





1947FL1200

a0248662_23554149.jpg

a0248662_23555354.jpg

a0248662_0101273.jpg

a0248662_23561479.jpg

Iさんのナックルヘッドはドライブスプロケット交換。
スプロケット位置決めし、リベット打ち。一人はドラムを保持し、一人はハンマーでリベットを打ちの二人がかりの作業。合計20本のリベットを打ち肩が重い。
その後もちろん真円ではないダストカバーとブレーキパネルの干渉を叩いたり、削ったりして修正。




a0248662_23563271.jpg





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-09-09 00:19 | その他 | Comments(0)
2015年 08月 25日

月曜日の授業風景


1947FL1200

a0248662_0254975.jpg
a0248662_026253.jpg

a0248662_0262275.jpg
a0248662_0263430.jpg

a0248662_0265249.jpg
a0248662_0271171.jpg

Iさんのナックルヘッドはスターハブのベアリング交換、クリアランス、スラスト調整後、スプロケット交換。
スプロケットをブレーキハブ、ホイールに仮組みして偏芯っぷチェック。
芯を出した位置でリベットを打ちます。




1982TRUMPH T140ES

a0248662_028369.jpg

a0248662_0282284.jpg
a0248662_0283319.jpg
a0248662_0284289.jpg

a0248662_029186.jpg
a0248662_0292050.jpg
a0248662_0293097.jpg

Nさんのトライアンフも同じくホイール周り。
前後ホイールベアリング交換後、新品スポーク、新品リムの組み合わせでリム組み。
Nさん初めてのリム組み振れとり。






SHOVEL HEAD

a0248662_0295660.jpg

a0248662_0301659.jpg

a0248662_0302922.jpg

a0248662_0313061.jpg

a0248662_0314119.jpg

a0248662_0315319.jpg

a0248662_032487.jpg

夜の部、部分修理のKさんのショベルヘッド。
ロッカーアームブッシュ交換後スラスト調整。
もともと入っていたカラー&バネワッシャー(バネワッシャーを入れロッカーアーム位置を固定するもの)は排除し、普通に調整し使用としたものの、バネワッシャーを入れるためにロッカーアームが削られていました・・・。そのため、多いところでは1.2mmスラストがあります。
あらあという訳でそれぞれシム製作し、0.3mm程度のスラスト量に。
その後、使うインシュレーターの厚みに合わせてキャブスタッド製作、マニホールド面研、アイドルスクリュー製作し、Kさんの部分修理完了。
Kさん、お疲れ様でした。また何かありましたら連絡ください。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-08-25 00:59 | その他 | Comments(0)
2015年 08月 18日

盆休み明け授業風景

1947FL1200

a0248662_2325221.jpg

a0248662_23251455.jpg

Iさんのナックルヘッド
ヘッドの調整ごとが終わり、本組みヘッド完成。
クランクケースの加工が上がってきていませんので、車体周りの作業を行います。




KNUCKLE HEAD

a0248662_23252874.jpg
a0248662_23253935.jpg
a0248662_23254988.jpg

Wさんのナックルヘッド。
バルブガイド圧入後、リーマーを通し。シートカット作業に。
どのシートも荒れていて少々苦労しそう。



1982TRUMPH T140ES

a0248662_23262562.jpg

a0248662_23263831.jpg

a0248662_23265355.jpg
a0248662_2327471.jpg
a0248662_23271443.jpg

Nさんのトライアンフ。
ブッシュやベアリングなどの交換部品はすべて抜き取り、ネジ穴修正。
その後プライマリー周り清掃・チェック。



a0248662_23345841.jpg

夜の部のKさんのショベルヘッド。
ロッカーアームブッシュを交換後、スラスト量計測するスラスト量過多。専用シムを製作することに。
気を取り直してケイヒンキャブのフェーエルノズル交換。ハメ代が0.1mmもあり、ノズル側を少々研磨し圧入。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-08-18 01:26 | その他 | Comments(0)
2015年 08月 14日

火・水 平日の授業風景


1947FL1200

a0248662_951957.jpg

a0248662_9513841.jpg
a0248662_9515455.jpg
a0248662_952441.jpg

Iさんのナックルヘッド。
ロッカーアームシールのなじませ作業。スプリングとスプリングカップの干渉チェック。
ロッカーアームとアッパー側のカバーとの干渉チェック。
ナックルのヘッド周りは色々と大変です。





1970TRUMPH T120

a0248662_9524772.jpg
a0248662_953147.jpg

Kさんのトライアンフ
配線作業が終わり、それぞれチェック。オルタネーターを取り付けローターとステーターの干渉チェック。





1982TRUMPH T140ES

a0248662_953305.jpg

a0248662_954537.jpg
a0248662_9541448.jpg

Nさんのトライアンフ
ケース周りのベアリング、カムブッシュなど抜き取り、計測。カムブッシュは製作します。
その後ケース周りのねじ山修正。





SHOVEL ROCKER

a0248662_9542913.jpg

a0248662_9544224.jpg

a0248662_9545351.jpg

夜の部、部分修理で入学のKさん
ショベルのロッカーアームブッシュ交換、リーマーを通しラッピング。
仕上げでホーニング。





1970TRUMPH T120

a0248662_955668.jpg

a0248662_9553433.jpg

a0248662_9555153.jpg

a0248662_956452.jpg

2日連続出席のKさんのトライアンフ。
点火タイミングを合わせ、オイルホース取り付け、マフラー取り付け。
アップスイープにエキパイの取り付けに苦戦。




a0248662_9562394.jpg

トリニティー卒業生のD
外装周りの手直し、やはりアップスイープは面倒臭い。





a0248662_9573052.jpg

卒業正、アイアンのK君はオイル交換。
路上整備になってしまいました。





お知らせ

8月15日、16日はお休みさせていただきます。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-08-14 10:21 | その他 | Comments(0)