タグ:タペット ( 2 ) タグの人気記事


2016年 10月 29日

1958陸王RTⅡ タペットローラー

今日は修理依頼でお預かり中の陸王RT-Ⅱのタペット周りのお話。


a0248662_121314.jpg

タペットとガイドのクリアランスは0.04mm~0.06mmと状態良いのでO.K

a0248662_1212071.jpg

a0248662_121432.jpg

タペットローラーはどのローラーもクリアランス0.1mm以上とガタガタ。
ローラー外輪も随分やられていますのでローラー交換です。


a0248662_121571.jpg
a0248662_1222824.jpg

a0248662_1251987.jpg

カシメをもみ、チェーンカッターを使いローラーピン抜き取り。
陸王のローラーはハーレーのニードルローラーのものと違い、鉄ブッシュで受けています。


a0248662_1274393.jpg

a0248662_1254464.jpg

ここで問題が・・・。
ハーレーのタペットローラーが使えると思いきや、ピン径が違います。
ハーレーのローラーピンは7/32”(5.5mm)に対し陸王のピンは1/4”(6.35mm)
ガイドのローラー受け部分がハーレーのピンを使うとガタガタです。もちろんローラーインナーレースの穴径も同サイズでありまして、ハーレー用のタペットローラーは使えません・・・。


a0248662_1275881.jpg

a0248662_1284874.jpg

ならばタペットごと交換できるのか・・・と比べてみるとハーレー用のタペットと陸王のものでは、全長はそれほど変わらないものの、摺動部分の長さが随分違います。
ためしに組んでみたものの陸王のものを使ったほうが良いなと。
まぁ摺動部分の距離が長い陸王のタペットのほうが良いでしょうね。

というわけで、タペットローラー外輪はハーレーのリプレイス品を使い、インナーブッシュとピンは製作することにします。


a0248662_1301731.jpg

a0248662_1341128.jpg

インナーブッシュをアルミ青銅で製作。
まずピン穴はタペットガイドのピン受け部の径に合わせ6.35mmのリーマーを使い作ります。

a0248662_1303037.jpg

外径は使うタペットローラーの外輪に合わせ製作。


a0248662_1304876.jpg

a0248662_131079.jpg

生つめに銜えブッシュの長さ調整。ガイドのローラー受け部の距離に合わせ長さ調整。
ローラー外輪とインナーブッシュの距離の差がスラスト量となります。


a0248662_133052.jpg

インナーブッシュ完成。


a0248662_13512.jpg

a0248662_1355056.jpg
a0248662_136259.jpg
a0248662_136156.jpg

ローラーピン製作。
細いピンなので、先端部と根元で数値が変わってきますので、ある程度切削した後、耐水ペーパーを使い研磨し、インナーブッシュに対しピッタリサイズにします。
カシメやすいよいうに先端部をセンタードリルで掘っておきます。



a0248662_1364687.jpg

a0248662_1372268.jpg

a0248662_137425.jpg

専用カシメ工具を使いカシメ。良い出来です。

a0248662_1375569.jpg

ローラーピンがガイドと干渉しないかチェック。

a0248662_1381435.jpg

クリアランスは0.01mm。心配していた偏芯も無くO.Kです。

a0248662_1384182.jpg

4本とも交換。


a0248662_139050.jpg

a0248662_1391218.jpg

タペットアジャスタースクリューのネジ修正とバルブとの当たり面が段付きに減っていたので修正。
ちなみにタペットアジャスタースクリューの螺子山は9/32”-32山
1インチ内に32山あるわけですから、螺子一周で約0.8mm動きます。1/4回転で0.2mm、1/8回転で0.1mmとタペット調整時に目安となります。

a0248662_1392380.jpg


というわけで、随分時間がかかってしまいましたが、タペットO.Kであります。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-29 02:25 | 1958陸王RTⅡ | Comments(0)
2012年 09月 23日

1968XLH900 タペットローラー

今日はハーレー・アイアンスポーツのタペットローラーのお話。

a0248662_21225968.jpg

ダイアルメーターで、ローラーのクリアランスを測ります。
マニュアル上では タペットローラークリアランス 0.0127mm~0.025mm(縦ガタ)
            ローラーサイドクリアランス  0.2mm~0.25mm とあります。
まぁ、0.03mm以上あったら交換しておいたほうが良いでしょう。

a0248662_2123986.jpg

ローラーだけの交換も出来ますが、今回はタペットに少々磨耗もあったのでSIFTON製MAX-AXKE TAPPETを使います。ローラーのクリアランス0.01mm以下。

ちなみに、タペットアジャスタースクリューのネジサイズは9/32”-32山。
32山という事は1”の長さに32山数があるということで、これを計算するとスクリュー1回転で約0.79mmネジが移動します。
タペットクリアランスがシックネスゲージなどで調整できないハーレーの場合、このネジが目安になります。
タペットクリアランス0地点から、タペットアジャスタースクリューを1/4回転戻すと0.79÷1/4で約0.2mmのクリアランス、1/8回転も戻すと約0.1mmのクリアランスとなります。

マニュアルには Just Free (NO Lash)としか書いてませんから・・・。




トリニティースクールでは生徒募集しています。

学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-09-23 00:00 | 1968XLH900 | Comments(0)