Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:スクール ( 24 ) タグの人気記事


2017年 05月 12日

1967TRIUMPH TR6 エンジン分解・計測作業

新入生Oさんのユニットトライアンフエンジン分解・計測のお話。
友人から譲り受けたトライアンフですが色々と不安なところがあり、VMS入学です。
なんせ古いバイクです。自分のバイクの現状を知り、直し、メンテナンス・調整法を知り乗っていくということは、不安をかかえながら、ダマシダマシ乗っていくことよりも精神衛生上健全だと思いますし、バイクいじりは楽しいです。
とわいうものの、古いバイクですから分解すると色々とあります。
こいつもなんやかんやとドラマがあるでしょう。


a0248662_9461255.jpg

a0248662_9462883.jpg

a0248662_9465232.jpg




a0248662_947432.jpg

a0248662_9471919.jpg

a0248662_9473450.jpg


というわけで、シリンダーヘッド・シリンダーを降ろし、エンジン腰したを降ろしエンジン分解。

a0248662_9482287.jpg

まずはヘッド側から。
ロッカーボックッス分解し、ロッカーアーム・スピンドル計測。
ロッカーアームスピンドルに対しロッカーアームのクリアランスは0.06mm~0.07mmとベストではないですが問題ない数値。


a0248662_951756.jpg

a0248662_9502218.jpg

a0248662_9512211.jpg
a0248662_9513691.jpg
a0248662_9514979.jpg

シリンダーヘッド分解し清掃・計測。
以前にシリンダーヘッド回りも直した形跡があり、バルブステムに対しバルブガイドのクリアランスは0.03mm~0.04mmと状態良しでガイドの交換は必要ないでしょう。
しかしながら問題はあり、バルブの頭(ロッカーアームのあたるところ)が随分減っています。
シートリングを見てみると随分掘られています。
シートカット時にバルブシートを大分カットしそのため、バルブの突き出し量が多くなった為、バルブの頭の部分を削ったのでしょう。焼きが入っているバルブの頭の部分を削ったことでロッカーにたたかれ、随分と窪んでいます。
トライアンフはマニュアルにちゃんとしたバルブ突き出し量の記載がないため、正確な数値はわかりませんが、状態がよいもの(シートリングが減っていないもの)の数値は解るので、それを基準にしてシートリング交換予定。

a0248662_9525472.jpg

ピストンとシリンダー計測。
ピストンにはSTDの刻印があるもののピストン径は71.66mm~71.68mmと.030”オーバーサイズのピストンと思われます。
シリンダーとのクリアランスは0.06mm~0.09と状態は良いです。


a0248662_9533861.jpg
a0248662_954473.jpg

タイミングギア周り
カムブッシュはカムシャフトに対し0.09mm~0.1mmとクリアランスでブッシュ交換。



a0248662_9543624.jpg

a0248662_9545838.jpg
a0248662_9552997.jpg

クランク周り。
スラッジチューブのプラグボルトはヘキサゴンレントが使えるものに変えられています。
イモネジで周り止めされています。
ドライブ側のローラーベアリングはシャフトのとともに抜けるはずがレース側にくっついたまま抜けました。
と少々不安がありながら計測作業に。

a0248662_9555391.jpg
a0248662_9561243.jpg
a0248662_9563095.jpg

まずコンロッド計測
分解前に振れが多かったタイミング側の振れっぷりを計測、0.1mm以上あるのでこれはチョット。
ビッグエンドジャーナルは傷など少なく良好でDサイド・Tサイドともに40.987mm~40.98mm
一回リグライドしているのでしょう。
コンロッドはコンロッドナットを規定トルクで締め付けメタル内径計測。
Dサイドはジャーナル径に対し0.04mm~0.06mm
Tサイドはジャーナル径に対し0.08mm~0.16mmと大分やられています。
こちらはメタル交換でいけそうです。



a0248662_956468.jpg
a0248662_9571417.jpg
a0248662_9573281.jpg

a0248662_9574578.jpg

クランクシャフト周り計測。
クランクシャフトはDサイド・Tサイド共に28.565mmと問題なし。
ベアリングレースとクランクケースの嵌め代も問題なし。
動きが渋かったDサイドローラーは新しいC3のローラーベアリングを嵌めてみて様子も見てみます。



a0248662_9581267.jpg
a0248662_9583575.jpg
a0248662_9585564.jpg
a0248662_9591230.jpg

ギアボックス周り。
ハイギアブッシュはメインシャフトに対し0.1mmクリアランスがあったのでブッシュ交換。
レイシャフトの1STギアブッシュも測るまでもなくガタがあったので交換。
ハイギアベアリング・メインシャフトベアリング・レイシャフトベアリングは交換します。
特にレイシャフト軸受けベアリングであるニードルベアリングはローラー同士を削りながら回っていきますので、壊れやすく分解時には交換します。実際、インナーカバー側のニードルベアリングは分解時にバラバラになりました。

というわけで分解エンジン分解作業終わりであります。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-12 09:28 | 1967TRIUMPH TR6 | Comments(0)
2015年 12月 07日

日曜日の授業風景

今日はBSA A65 DAY 2台並ぶのは珍しいです。


a0248662_2191486.jpg


a0248662_219282.jpg

a0248662_2193915.jpg

仮組み中のクランクと分解前のクランク。





1971 BSA A65

a0248662_2110265.jpg



a0248662_21101967.jpg



a0248662_21104819.jpg

TさんのBSA、クランクスラスト調整。
パーツで出ているシムの厚みは、0.27mm、0.13mm、0.08mm マニュアルでは0.04mm~0.07mmに調整しろとある。なかなかタイトですな。
前回ダミーベアリングを使いスラストチェックをしたところ随分とガタが多かったため、パーツリストに載っているシムリテーニングカップ(カップ型しているワッシャー)を入れ調整したもののうまくいかず・・。
単品製作した厚めのシムを使い、組み合わせ0.05mmのスラストに。
実際に使うベアリングを入れたらどうなるかしら。


a0248662_21112115.jpg

タイミングギア周り仮組み
新たに手に入れたクランク、カムブッシュのクリアランスはシャフトに対して0.05mm程度だったのでそのまま使うことに。シャフトを入れケースを組みクルクルチェックをすると少々渋みがあったので、少々ラッピング。
カムギアとアイドラギアを仮組みし、バッククラッシュチェック。トラに比べるとバッククラッシュが少ないギアです。カバーを付けまたクルクルチェックすると一部渋いところが。ラッピングが必要か。






1968 BSA A65

a0248662_211233100.jpg

NさんのBSAは車体周りの分解作業

a0248662_21124411.jpg

60年代のスイングアームはラバーブッシュなのね。

a0248662_21125611.jpg

目で見てずれていたスイングアームは計測すると左右で6mmのズレ。要修正です。

a0248662_2113963.jpg

スタンドもやり直さなければ。

a0248662_21132344.jpg

ブレーキ周り
ライニングは張替え、ブレーキカムのピボット部のガタはフロント、リアともに良好。

a0248662_21133815.jpg

スプロケットさんは交換。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-12-07 08:57 | その他 | Comments(0)
2015年 05月 06日

VELOCETTEな日

VELOCETTE VIPER

a0248662_042425.jpg

a0248662_043669.jpg

a0248662_044971.jpg

お預かりしているベロセット・バイパー
キックスタートのハウジングからオイル漏れがしており、加工してシールを入れようなどと考えていたら、groveclassicですでに製品化されていました。
というわけで交換取り付け。





VELOCETTE KSS MKⅡ

a0248662_05415.jpg

a0248662_051631.jpg

EさんのベロセットKSSは塗装に出していたフロントフェンダーが上がってきたので、フロント周り取り付け、テーパーベアリング調整。フロントブレーキケーブル製作。





VELOCETTE MODEL K
a0248662_053925.jpg

モデルKのSさんは外装周りのパーツの加工ごとをやっておりました。


そんなこんなでベロセットな日でありました。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-05-06 00:19 | その他 | Comments(0)
2015年 03月 28日

憂うべき土曜日

今日は土曜日だというのに生徒さん1人、遊びに来た卒業生が4人という憂うべき状況でありました。
という訳で
土日クラスの生徒さん急募します。

ご興味ある方はご連絡ください。また見学は随時受付中です。


a0248662_2319799.jpg

a0248662_23192684.jpg




VELOCETTE KSS MKⅡ

a0248662_23194120.jpg

a0248662_2319539.jpg

a0248662_2320383.jpg

ベロセットのEさんは人が少ない隙を狙って旋盤作業。
スプリングホルダーのアジャスターツール製作。自分の車両に合う工具を自ら作る!
特にベロのクラッチは少々特殊で仕組みを理解し、調整を自分で出来ないとベロを乗っていくことは出来ません。







VELOCETTE MODEL K


同じくベロセットの卒業生は、はまり過ぎてやばい車両を買ってしまいました。
始動動画を送ってくれたのでどうぞ。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-03-28 23:57 | その他 | Comments(0)
2014年 11月 05日

1970TRIUMPH T120 授業開始

新入生のKさん、トライアンフのユニットボンネビルを持ち込みレストアスクール授業開始です。
私はトリニティースクールで8年間勤務しながらも、今までトライアンフを1から10までちゃんとやったことがありませんでした。トリニティーにはトライアンフを出来る方が沢山いましたから・・・。
その旨をオーナーのKさんに話したところ「それでもやりたい!」と情熱ある返事が。
という訳で初めてのトライアンフレストア開始です。

a0248662_915869.jpg
a0248662_921353.jpg
a0248662_922423.jpg

a0248662_924450.jpg


6,7年放置してあったトライアンフのエンジンからは乳化したオイルと水が沢山出てきました。
また、色々とドラマがありそうです。



レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-11-05 09:17 | 1970TRUMPH T120 | Comments(0)
2014年 06月 15日

授業風景

今日は土・日曜日の授業風景

a0248662_221095.jpg



1971 BSA A65

a0248662_22104849.jpg
a0248662_2211798.jpg
a0248662_22113486.jpg

BSAの塚本さんはヘッドワーク
バルブガイドの加工ごとが終わり、ヘッドに圧入。
圧入後、嵌め代分縮まったガイド内径を0.01mm刻みでリーマー通し。
次回シートカットです。




1963 TRIUMPHシリンダーヘッド

a0248662_2219127.jpg

a0248662_22305525.jpg

a0248662_22195153.jpg
a0248662_22201437.jpg

トラのヘッド加工中のH塚さん。
ガイドリーマー加工後、バルブとシートの擦り合わせ。元々シートカットされていたヘッドらしく擦り合わせだけで問題なし。シートとバルブ傘面の当り幅はIN・EX共に1.3mm程度。
擦り合わせ後ガイドホーニング。ヘッドに熱をかけ、温間時と冷間時のバルブステムとガイドの動きをチェック。バルブスプリング取り付け長確認。面研しヘッド完成です。




a0248662_22211895.jpg




1979FLH1340

a0248662_22204451.jpg

F田さんのショベルヘッドは配線引き直しはほぼ終わり、そろそろエンジン始動です。

 



1965XLCH900

a0248662_22214954.jpg

Fさんのアイアンスポーツ。
片排のような現象(フロントシリンダーが2回爆発に対しリアが1回しか爆発しない。それでいてリアの排気圧は強い)がありまして少々悩みましたが、#1カム(R・EX)のカムタイミングが一山ずれていました・・・。
ともあれ、タイミングを直し一件落着。車検作業に入りました。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-06-15 22:49 | その他 | Comments(0)
2014年 06月 03日

1971BSA A65 ステアリングヘッド

今日はT本さんのBSAのネック回り。

a0248662_1245294.jpg

a0248662_1255810.jpg

ステムシャフトとベアリング圧入部にガタがあったのでステムシャフト交換。
ろうを溶かしステムを抜き取り各部計測。

a0248662_126983.jpg

a0248662_1261820.jpg

ステムシャフトは白田工機さんで単品製作。
アンダーブラケットへの圧入部分にお洒落に「止め」を作ってもらいました。

a0248662_1262937.jpg
a0248662_126456.jpg

アンダーブラケットに圧入し、溶接止め。

a0248662_127830.jpg

テーパーベアリング圧入。
嵌め代は0.01mm。

a0248662_1272018.jpg

ガタ無しネック出来上がりです。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-06-03 01:45 | 1971 BSA A65 | Comments(0)
2014年 03月 23日

授業風景

土曜日、日曜日の授業風景です。

a0248662_2073734.jpg




1955FL1200

a0248662_2074980.jpg
a0248662_208134.jpg
a0248662_2084887.jpg

H本さんのパンヘッド。
2次エアを吸っているため各部チェック。キャブレーターのマウントのズレによって、ヘッドとインテークマニホールドの位置が変わった為、2次エアを吸い始めたと思われます。
リンカートキャブはフロート・フローバルブ不良でガソリンが止まらなくなっています。





1975XLH1000


a0248662_2085971.jpg

a0248662_2015504.jpg

O山さんのアイアンスポーツはリム組み振れとり。
振れは1mm以内に。





1968XLCH900

a0248662_20102963.jpg

a0248662_20105063.jpg

O仲君のアイアンスポーツ。
試乗・セッティング中にヘッドとシリンダー間から2次エアを吸っている事が発覚。
ヘッドをバラシ面研し直し、また組み立てました。





1971BSA A65

a0248662_20114584.jpg
a0248662_2012043.jpg

T本さんのBSAは引き続き塗装作業。
随分テゥルテゥルになりました。





1979FLH1340

a0248662_20123915.jpg
a0248662_20162636.jpg

ショベルヘッドの福田さんは配線作業。
自ら配線図を書き勉強中。
で最後にはT本氏が講師となり電気の講義となりました。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-03-23 20:50 | その他 | Comments(0)
2014年 03月 01日

遊んでるわけではありません。

なんだかポカポカ春の陽気。ナイス!ッてことで予約が取れない足立区車検所に無理やり突っ込み、H本さんのパンヘッド継続車検。レーンは一発O.Kながら納税証明書の不備があり江東区役所に行くことに。

a0248662_8473394.jpg

a0248662_8474885.jpg

人様のバイクを乗り回すのもなんなので愛車VLDで。
通勤が無くなり最近乗れてなったVLD。陽気も手伝い非常に楽しい。
H本さん、無事車検終わりました。

a0248662_8481365.jpg
a0248662_8482424.jpg
a0248662_8483485.jpg

こちらはI籐氏のナックルヘッド。
とにかく乗って駄目だしをしてくれとのご依頼。
圧縮が抜け気味と感じられたリアシリンダーはタペットが詰まっていただけで問題なし。
ロッカークラッチの〝切れ始め”の位置調整。遅角にしたときにストールしていたので少々キャブ調整。
などなど軽整備をしつつ試乗を繰り返す。

a0248662_8492559.jpg
a0248662_8495819.jpg

なんやかんや用事を済ませた後、H瀬邸へ。
抱きつき疑惑の愛車XSのエンジン分解中。無二の親友T嶋氏に手伝ってもらいながら奮闘中。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-03-01 09:29 | その他 | Comments(0)
2014年 01月 27日

トリニティースクール終わりと始まり

土曜日、日曜日はトリニティースクール解体作業、閉校パーティーでした。
多くの卒業生の協力により2日間で解体作業もほぼ終わり、パーティーも大盛況、楽しいお酒を飲むことが出来ました。

a0248662_953940.jpg
a0248662_9532085.jpg
a0248662_9533148.jpg
a0248662_9534459.jpg
a0248662_9545978.jpg


トリニティースクールとはなんだったのか・・・

自分にとっては、バイクいじりを通じて多くの仲間と出会いった第二の青春を過ごした場所、たまり場でもあり研究所でもある、学校らしくないけれど一番多くのこと教えてもらった学び舎でした。

校長が言っていた「トリニティースクールを卒業してからが始まり」という言葉が思い出されます。
トリニティースクールが無くなった後に学校の存在理由を思い知らされるのかも知れません。
また、富成校長が輩出した卒業生が、トリニティースクールの意味を作っていくのかも知れません。

僕自身もトリニティー精神を引き継ぎ、VMSと名を変えレストアスクールを続けて行きます。
より多くの人にバイクに乗ること、いじることの楽しさを伝え、多くの仲間が出来る場所を作って行きたいと思っています。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-01-27 11:06 | その他 | Comments(0)