Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:スイングアーム ( 5 ) タグの人気記事


2016年 12月 03日

1958VELOCETTE VENOM スイングアーム&ブレーキパネル



修理依頼でお預かり中のベロセット・ベノム
修正に出してあったスイングアームが帰ってきたので取り付けていきます。


a0248662_0104845.jpg

a0248662_22163067.jpg
a0248662_22164368.jpg

一応、前回と同じようにセットしチェック。
以前の状態と比べるとしっかり修正されているのが解ります。


a0248662_22165756.jpg
a0248662_22171090.jpg

スイングアームブッシュの状態は良かったのでそのまま取り付け。
良さそうですね。


a0248662_22173358.jpg

a0248662_22203010.jpg
a0248662_22204750.jpg
a0248662_2221381.jpg

ホイールベアリングは新品に交換。
まずリアハブフォロースピンドルに片側のベアリングを圧入。
このリアハブフォロースピンドルはベアリングカラーであり、スピードメーターを受けるクランピングスリーブの受けでもあり、ブレーキプレートロッキングボルトの受けでもあるので、両端が飛び出します。
そのため、ベアリングの外輪だけ押せるような圧入工具を製作し取り付け。



a0248662_22213250.jpg
a0248662_22214468.jpg
a0248662_22215625.jpg

割れてしまっていたブレーキプレートは新品のものに交換。
この新しいブレーキプレート、元々のものと比べると明らかに厚みがあり丈夫そうで、補強も多く入っていますが、すんなり付くのかしらと一抹の不安が・・・。


a0248662_22221174.jpg

ブレーキカムとブッシュのガタは良好でこのまま使います。


a0248662_22224189.jpg
a0248662_2223163.jpg

ブレーキプレートロッキングボルトとワッシャーを取り付け、ブレーキドラム取り付け。
ブレーキプレートロッキングボルトとワッシャーでブレーキパネルが位置決めされます。
この車両にはシム2枚付いていましたので、それもつけて組み込み。


a0248662_22242971.jpg

ホイールを組み付けると、ホイールの動きが渋い・・・。何かが擦っているようです。

a0248662_22244763.jpg

ドラムをはずして組んでみると問題なく回ります。
ということは新しいブレーキプレートとドラムが干渉しているということ。


a0248662_2225470.jpg

ブレーキプレートに印を付けチェック。
外輪が擦っているようです。

a0248662_22252365.jpg

a0248662_22255169.jpg

ブレーキプレートロッキングボルトを使いプレートを旋盤に銜え、芯だしをし切削。

a0248662_22263997.jpg
a0248662_22265031.jpg

もうひとつ問題が、プレート側面の逃げ部分。
元々のプレートと比べると逃げ部分の幅が少ない。こちらも擦っているようなので、芯だしし突っ切りで切削。


a0248662_22271528.jpg
a0248662_22273790.jpg



a0248662_22275846.jpg

これで、プレートが擦ることはなくなりました。


a0248662_22282397.jpg

曲がってしまっていた、ブレーキカムステディーとブレーキトルクステイも交換。
ブレーキトルクステイの取り付けが悪く、プレートに変な力がかかると、ブレーキが擦ってしまったり、プレートが割れてしまう場合があります。今回はブレーキトルクステイの取り付けは問題なし。

a0248662_22284213.jpg

a0248662_2229952.jpg

ブレーキカムステディーは普通に取り付けると、位置が合いません。
ブレーキカムステディーを少々曲げ修正。


a0248662_2230812.jpg

a0248662_22302438.jpg

スピードメータードライブはクランピングスリーブとの受け部分が減ってしまい、取り付けると動きが渋くなってしまいます。このパターンは結構多いです。ハーレーアイアンスポーツのカムシムがぴったり合いますので、シム調整。


a0248662_22293176.jpg

a0248662_22294682.jpg

リムのセンターチェック。
ズレていたら、タイヤをはずしスポークで調整、センターだしをしようと思っていましたが、問題なし。
フレームの背骨部分と真っ直ぐです。

というわけで今日はここまで。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-12-03 01:00 | 1958VELOCETTE VENOM | Comments(0)
2016年 11月 08日

1968BSA A65 スイングアーム

a0248662_10462152.jpg

a0248662_1048150.jpg

今日はNさんのBSA A65のスイングアームのお話
68年までのBSAのスイングアームピボットはサイレントブロック(ゴムダンパー)が使われています。
スイングアームに圧入される外輪スリーブとシャフトの受けとなる内輪スリーブの間にゴムが注入されているものです。
殆ど稼動距離のないスイングアームのピボットとしては、ゴムで受けているためベアリングなどと比べると持ちも良く、スラスト方向のガタも出ないので良いと思われますが、交換時期が良くわからない。
ゴムが破綻すれば交換なのでしょうが、ゴムの劣化としては、柔らかくなっていくよりも、硬くなっていく方向だと思われます。ということは硬化すると動きが悪くなっていくのでしょうが、初めて扱うサイレントブロックのスイングアームで正常ののものが解りません・・・。
というわけで今回新しいものに変えてみることに。



a0248662_10464020.jpg
a0248662_10465380.jpg

というわけで、抜き取り、圧入工具製作。


a0248662_10471315.jpg

a0248662_10472953.jpg

a0248662_10474976.jpg

まずは内輪側のスリーブをプレスを使い抜き取り。
で外輪側はスイングアーム側に止まりの段付きとなっていますので押し込んで抜くことが出来ない・・・。
外輪内側にフラットバーを溶接して橋渡しをして外側に抜き取り。
こいつの抜き取りに非常に苦戦しました。




a0248662_12113395.jpg

a0248662_12115441.jpg

分解しに曲がっていたスイングアームはフレーム修正屋さんで修正済み。
塗装もパウダーコート済みで組み付け作業。


a0248662_10483933.jpg

a0248662_10493563.jpg

外輪スリーブを押す圧入工具で圧入。
ここの嵌め代は0.1mm以上でなかなか圧入がきついです。



a0248662_1049297.jpg
a0248662_10495232.jpg

サイレントブロックの内輪の長さとフレーム側スイングアーム受けのプレートの距離をあわせるため調整。


a0248662_1050137.jpg
a0248662_1050355.jpg

a0248662_1050553.jpg
a0248662_1051665.jpg

圧入したサイレントブロックの左右内輪に芯があっていません。ゴムで受けている内輪スリーブであたりまえですね。
先端をテーパーにしシャフトと合うように尻側を凸にした棒を使いシャフト取り付け。
というわけでなんやかんや苦労したスイングアーム完成です。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-08 12:21 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2014年 03月 28日

1975XLH1000 スイングアーム

今日はO山さんのアイアンスポーツ・スイングアーム。
分解時に車体右側のスイングアームとベアリングレースは手スポでした・・・。

a0248662_8483448.jpg

a0248662_8504680.jpg

テーパーベアリングが内側、ベアリングレースが外側にありベアリングレースを動かすことで与圧をかけてベアリングのガタ調整をするアイアンスポーツのスイングアームはスイングアームとレースの嵌め合いが悪くなる場合が多いです。

a0248662_8484727.jpg

ベアリングレース外径を溶射&研磨で太らせガタをなくしました。

a0248662_8492571.jpg

専用工具で圧入。

a0248662_8494893.jpg

ベアリング・スペーサー・ダストカバー・ベアリングレースナットを組んで、スペーサー面がスイングアーム面より少し出でいるようにしておきます。

a0248662_850987.jpg

ピボットボルトを締め付け、内側のテーパーベアリングの位置決めをします。

a0248662_8501922.jpg

ベアリングレースロックナットを締めていき(ベアリングレースを押し)、テーパーベアリングとレースのガタ調整をします。与圧をかけ気味が良いでしょう。

a0248662_8502837.jpg

ベアリングレースロックナットにロックワシャーを付けスイングアーム完成。



レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。





Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-03-28 09:12 | 1975XLH1000 | Comments(0)
2013年 12月 05日

1965XLCH900 スイングアームベアリング

今日はF井さんのアイアンスポーツ・スイングアーム。
なんやかんや問題の多いF井さんの車両、今回もまた・・・。

a0248662_15051.jpg

分解時の状態です。
サスペンションを取ってもビーンと立っているスイングアーム。ベアリングレースが段付いている証拠です。

a0248662_151161.jpg

しかしながら、問題はここから。
抜いたベアリングレースはガタガタ。測ってみると車体右側のスイングアームベアリング受け部分は0.5mmも楕円になっています。
これでは使い物にならず・・・。
真円にボーリングしスリーブを入れる作戦も考えましたが、左右のセンターを出してのボーリング、しかもアジャスターナットのねじ山がある為、加工も困難、お金もかかるぜってことで、スイングアームを交換することに。
(もちろん中古)
しかしながら、新たな中古スイングアームも同じく車体右側のベアリング受け部が0.07mm程度広がっています。楕円の程度は0.01mm~0.02mm。
両方ともドライブスプロケット側の右側がやられていました。やはり力がかかるのですね。

a0248662_16680.jpg

という訳で今回はベアリングレース外周を太らして、ガタを無くします。
アールテックエンジニアリングさんに発注し、溶射&研磨で42.88mmのベアリングレース外径を42.97mmに。
アジャスターナットでレースを押しベアリングに与圧を与える為、スイングアームに対し嵌め代0~0.01mm程度。

a0248662_162088.jpg

a0248662_1473178.jpg

a0248662_164690.jpg

レースをスイングアームに圧入し、ベアリングにグリスアップし、ダストカバー、カラー、、スペーサー、ピボットボルトナットを組み付け、フレームにドッキングします。

a0248662_1711100.jpg

まずはピボットボルトを締め付け、ベアリングを固定します。
ピボットボルトナットは横向きにします。

a0248662_172575.jpg

右側のベアリングロックナットを締め付け、ベアリングレースを動かしベアリングとレースに与圧をかけます。

a0248662_173554.jpg

という訳で、ガタ無くスムーズに動くスイングアームになりました。

しかしながら、以前にもお話したとおりレース側を動かしプリロード調整をする上、グリスニップルなど無く分解しないとグリスアップが出来ないアイアンのスイングアームは問題が多いです。
今後、こんな状態のアイアンと何台出会うのでしょう。

ちなみにマニュアルには10000マイル(16000km)にグリスアップ、調整をしろと書いてあります。

a0248662_174511.jpg






ハーレー・レストアスクール生徒募集中

今年一杯でトリニティースクールは閉校となってしまいますが、ハーレーのレストアスクールは継続していきます。
来年からは心機一転、東京の足立区に場所を変えバイクいじりに励んでいきます。
興味・質問がある方は sgf1906@nifty.com までお問い合わせ下さい。

ハーレークラス講師  奈良 純




わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-12-05 02:08 | 1965XLCH900 | Comments(0)
2013年 06月 15日

1977XLCR スイングアーム

今日はアイアンスポーツXLCRのスイングアーム

a0248662_042406.jpg
a0248662_042531.jpg

錆付いていた細かなパーツ達は、錆をとり耐熱塗料焼付けして化粧直し。

a0248662_04347.jpg

ピボットボルト、ベアリングは新品に交換です。

a0248662_0432860.jpg
a0248662_044878.jpg

まず始めに両サイドのロックナット、ピボットボルトナット、アウタースペーサーをスイングアームに付けておきます。

a0248662_0443461.jpg

今回新たに作ったベアリングレース圧入工具を使いレースを圧入。

a0248662_044442.jpg

ベアリングにグリスを塗り、インナースペーサー、ダストカバーを付けます。

a0248662_0445773.jpg

スイングアームとフレームをドッキング。
ピボットボルトを締め付け、ディスタンスカラー的な役割をしているフレームにドッ付くまで締めこみます。
(アイアンのスイングアームベアリングは、ベアリング側を固定し、レース側を動かしてベアリングのガタ調整をします。)

a0248662_045637.jpg
a0248662_0455089.jpg

ピボットボルトナットの位置は横方向にしておきます。
フレームにケースを積んだときに、ケースがピボットボルトナットを固定します。

a0248662_046132.jpg
a0248662_0462828.jpg

ロックナット(アジャスターナット)を締め込みます。
スイングアームを動かしガタが無く、スムーズに動くところまで締めこんでいきます。
このロックナットを締め付けることで、レース側が動きベアリングとのクリアランスを詰めています。
良い位置でロックタブを付け終了です。

a0248662_0463815.jpg






トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-06-15 01:13 | 1977XLCR1000 | Comments(0)