Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ショベル ( 241 ) タグの人気記事


2016年 02月 08日

週末の授業風景


1980XLH1000

a0248662_23155873.jpg


a0248662_23165216.jpg

a0248662_23171346.jpg
a0248662_23172330.jpg
a0248662_23173794.jpg

a0248662_2317534.jpg
a0248662_2318238.jpg

Iさんのアイアンスポーツ。
ハンドルを変えたため、アッパー側のブレーキホースの長さが変わったため、長さを合わせブレーキホース製作。
テフロンホースにオリーブがちゃんと差し込まれていることと、ステンメッシュの花びらの残しっぷりがポイント。結構面倒なんです。
取り付け後、エア抜き作業。

a0248662_23181630.jpg

a0248662_23184491.jpg
a0248662_23185468.jpg
a0248662_2319712.jpg

仮止めだったリアホイールを本組み。
アクスルシャフトカラーの厚みが薄く、スイングアームの受け部分が変形しタイヤが前後に動かなくなってしまっています。これは角スイングアームのあるあるです。
鍔つきカラーを製作、変形したスイングアームは削り取り付け。






1976XLCH1000

a0248662_23194480.jpg

a0248662_2320026.jpg
a0248662_23201470.jpg

a0248662_23202854.jpg

Z君のアイアンスポーツ。
エア クリーナー交換のため、無くなったキャブマウントを製作しマニホールド取り付け。
S&S Eキャブを分解。構造・仕組みを理解し、徹底清掃。
シール関係交換、フロート位置チェックし取り付け。






1992長江

a0248662_23204681.jpg

a0248662_2321077.jpg

a0248662_23212143.jpg

a0248662_23213711.jpg

a0248662_23215594.jpg

Hさんの長江
カムシャフトにベアリングを圧入し、ケースに取り付け。
カムシャフト軸受けはクラッチ側は鉄ブッシュ、タイミングギア側はボールベアリング。
カムシャフト取り付け後、カムギアをシャフトに圧入し、ギアとシャフトが一体式になっているピニオンシャフトをクランクシャフトに圧入。カムシャフト側のキー位置を合わせながら、ピニオンギアとカムギアのタイミングマークを合わせる。
以前やったR12のときも思ったが、BMW系のエンジン(長江はBMWのコピー)は随分圧入に頼り、シャフトの螺子止めが少ない。嵌め代が弱くなれがガタが多くなるわけで非常に精度が気になるところです。
スターターのワンウェイぎあを取り付け、タイミングギア周りは終了。
ヘリカルギアの割にはクランクを回すとギアのバッククラッシュ音がする。これは磨耗からくるものか、元々の精度のものか?新品のギアは出ないようなので仕様が無い。
同じモデルのBMWのものを見てみたいな。





1976FX1200

a0248662_23224073.jpg

キャブ交換したHさんのショベルヘッド。
出世し忙しくなりなかなか取りに来れなかったHさんでありますが、以前の暴力的なHSRキャブの走りから、ノーマルケイヒンの気楽な乗り味に満足してくれたようです。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-02-08 00:15 | その他 | Comments(0)
2016年 01月 05日

明けましておめでとう御座います。

今年の年末、年始は随分暖かかったですね。
という訳で、年末はケイヒンキャブに交換したHさんのショベルヘッドのセッティング&試乗でした。
その模様をダイジェストで。

a0248662_0164660.jpg
a0248662_016599.jpg


a0248662_0171824.jpg
a0248662_0172848.jpg

e-bayで手に入れた上物ケイヒンバタフライ。
各部清掃後、フロートレベル調整。インテークマニホールド合わせ面、インマニ側、ボディー側ともに面研。


a0248662_0174718.jpg
a0248662_0175952.jpg

マニホールドシールは後期方のイカリングタイプに。

a0248662_0181568.jpg

a0248662_0182916.jpg
a0248662_0185359.jpg

アイドルアジャスタースクリュー製作。

a0248662_019858.jpg

で試乗。
インマニからの2次エア吸いはないものの、抜けが良いマフラーのためか、ガス薄めの感じ。
パイロットJETを大きめに。

a0248662_0204056.jpg

a0248662_0205591.jpg

で気になっていたところを手直し。
抜けかかっていた、プラグホールのヘリサートコイルは入れ直し。

a0248662_021128.jpg

アイドリング時、チョボチョボと加速ポンプからガソリンでてしまっている。
振動でロッドがダイアフラム押してしまっています。
ダイアフラムのスプリングを強くするか、ロッドも短くするか。今回は少々ロッドを短くしました。

でまた試乗。
走行はまったく問題なし。しかしアイドリング時(バタフライ全閉時)クシャミをする。
もうこれはあれだな。

a0248662_0214066.jpg

a0248662_0215149.jpg

a0248662_022532.jpg

ってことでサーキットブレーカーチェック。
写真左が純正のもの、右が社外のもの。社外のものはサーキットブレーカーカムとガバナーウエイトに隙間があり、ガタになっています。そのため遅角時に点火が不安定になっていたのでしょう。
純正のものはガタ無しです。

a0248662_0221847.jpg


a0248662_0223174.jpg

という訳で、点火時期を合わせ試乗。
クシャミは止まり問題なし。
良かった良かった、これで無事年を越せると思っていたら、大掃除中にぎっくり腰。寝たきりの正月休みに・・・。まぁ休み中でよかったか。
という訳で皆様、今年も宜しくお願いします。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-05 01:12 | 1976FX1200 CHOPPER | Comments(1)
2015年 12月 27日

土曜日の授業風景

1955FL1200

a0248662_0422131.jpg
a0248662_0423274.jpg

a0248662_043192.jpg

a0248662_0431779.jpg
a0248662_0432753.jpg

Yさんのパンヘッド。
カムギア、ブリーザーギアのスラスト量チェック・調整後、タイミングギア周り、ピニオンギア、ベアリングを取り付け。回りっぷりチェック。非常に状態良し。





1963FL1200

a0248662_0443584.jpg
a0248662_0445456.jpg
a0248662_0451545.jpg

Sさんのパンヘッド。
前回の試乗で、マニホールドからの2次エア吸いの疑いありで、やり直し。
次回改めて試乗、キャブセッティング。






1933 SUMBEAM MODEL8

a0248662_0461960.jpg

a0248662_0485855.jpg
a0248662_049870.jpg

a0248662_0492396.jpg
a0248662_0493867.jpg

M君のサンビーム
ガイド圧入後、バルブ擦り合わせ。前回シートカットをしているので擦り合わせだけで問題なし。
新たに製作したスプリングを取り付けヘッド完成。





1974NORTON COMMANDO

a0248662_050244.jpg

a0248662_050466.jpg

a0248662_0511496.jpg

a0248662_0514593.jpg

Aさんのノートンコマンド
マニホールドを変えツインキャブからシングルキャブに変更し、試乗。
まだプラグは燻ぶり気味でもうちょっとセッティングは必要です。
リア側のラバーマウント(アイソラティック)のガタを気にし始める。





1976FX1200

a0248662_0531277.jpg

a0248662_0523762.jpg

ケイヒンバタフライキャブに交換したHさんのショベル。
忙しく此方に来れないH氏に代わり、F君がセッティング中。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-12-27 01:13 | その他 | Comments(0)
2015年 11月 12日

ダブルヘッダー ショベルエンジン

2台のショベルヘッドエンジン持込で入学した新入生Kさんはなんと、熊本県からの通学です。
もちろん熊本からなので不定期の通学となりますが、来られる時は3日~5日連続出席する予定でやっていきます。とにかく効率よく進めていかなければ。
今回は2日間で分解・計測し状態を見極め、これからの進め方を考えます。


a0248662_138217.jpg

a0248662_1383527.jpg

a0248662_138491.jpg



a0248662_1392241.jpg

まずは一機目分解。1971年FX
このエンジンはコンロッドビッグエンドのガタが酷く、スモールエンド部で3mm以上の振れがありました。


a0248662_1393490.jpg

ゴロゴロ感があった、クランク軸受けスプロケットシャフトベアリングは大分磨耗しています。

a0248662_1394926.jpg

ビッグエンドベアリングレース、リアのタイミング側はやられています。

a0248662_1405286.jpg

それぞれ軽く清掃し計測。
ビッグエンド部はローラーが随分減っていて、ガタはフロント、リアともに0.12mm以上。
幸いだったのはガタがあった割りにレース側の減りは少なく、フロント側のレースはラッピングしオーバーサイズのローラーでいけそう。
リア側はレース交換。

a0248662_1411323.jpg

a0248662_142895.jpg

a0248662_1423460.jpg

ピニオン側は、レース、ローラー、シャフトともに良好。
スプロケットシャフトベアリングは交換。


a0248662_142503.jpg

a0248662_143755.jpg

ガタが多かった、カムシャフト、ピニオンシャフトブッシュは交換。
ロックタイトハメアイが塗ってあったため、いつも使う3つ爪内ガケプーラーでは刃が立たず、ブッシュにねじを切り即席プーラーで抜き取り。
ブッシュはシャフトに合わせ製作予定。
a0248662_2405813.jpg

引掛りがあり抜けなかったブリーザーギア。
よーく暖めて抜き取り。スラスト量が少なくドッ付いてケース側の入り口が少々変形していたようです。


a0248662_144615.jpg

a0248662_1442140.jpg

a0248662_1444033.jpg

ピストン・シリンダー計測。
ピストンとシリンダーのクリアランスは大きいところで0.2mm・・・。シリンダーも減っているがピストン側も随分減っているようだ。
びっくりしたのはピストンピンの減りっぷり。0.05mmも減っています。ここまで減っているのははじめて見ました。





a0248662_1453478.jpg

a0248662_1465567.jpg

2日目2期目分解。1976FX
連続分解作業なので2回目はスムーズ。

a0248662_149730.jpg


a0248662_1471979.jpg

a0248662_1474517.jpg

a0248662_148363.jpg

此方のエンジンはピニオン側の虫食いが酷い。


a0248662_1482878.jpg

ビッグエンドはガタがあったものの状態は悪くない。

a0248662_1492676.jpg

スラストワッシャーはあからさまに段減り。こいつは交換。

a0248662_149394.jpg

清掃し、計測作業。

a0248662_1495462.jpg

ビッグエンドベアリング計測。
ピン・ローラーの状態は良いものの、0.06mm~0.09mmのクリアランス(ガタ)
ベアリングレースはフロント側、リア側ともにタイミングサイドが減っています。

a0248662_1502795.jpg

ピニオンシャフトは交換。レースはラッピングをしてみて、虫食いがとりきれなったらレース交換。

a0248662_1504619.jpg

a0248662_151278.jpg

a0248662_1511736.jpg

カムブッシュ・ピニオンブッシュも交換。ケース側ホール計測し、ホール径シャフト系にあわせブッシュ製作。
カムシャフトは段減りしているので研磨し使う予定。


デジャブ的な作業が終わり、こっちがこっちで、こっちがこっちとなんとなく段取りが付いたところで今日は終了。
Kさん、帰路お気をつけて。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-11-12 03:10 | その他 | Comments(0)
2015年 11月 07日

1978FXE1200 仕上げ(遠心力ガバナー)

膿だしをしていたショベルFXE。
キャブ調整も決まりアイドリングも安定。しかしながらまれに、アイドリング時にくしゃみ(失火)をする。
エンジンがストールしないほどだが、くしゃみしたり、しなかったり・・・。気になってしまう。
インテークマニホールドからの2次エア吸いや、キャブの問題、エキゾーストからのエア吸いなど、同じ症状の原因と考えられるところはありますが、これらの事柄はずでにつぶしているので、ガバナーを考察。

a0248662_175225.jpg

3つの遠心力ガバナー。
右が元々付いていたもの。真ん中、左は新品。
遠心力ガバナーはエンジン回転数に合わせウエイトが開き自動で点火タイミングを進角させていくものです。
つまり機械式の自動進角装置。
両ウエイトと結んでいるスプリングが弱まるとアイドリングが不安定になったり、強めると進角タイミングが変わります。

a0248662_182022.jpg

こちらは元々付いていたガバナー。
ウエイトの軸部分にガタがあったために、スタンダードの強さのスプリングを付けるとアイドリングが不安定に。強化タイプのスプリングを付けるとアイドリングは安定したものの、吹け上がりがもたつく感じがあり、たまに失火する現象。


a0248662_1115937.jpg

こちらは2番目に付けた新品ガバナー。
ブレーカーカムの凹とウエイトのカムが引っかかるところにガタがある。
こちらも上と同じくたまに失火する。また、ポイントヒールがカム山を乗り越えるときにカタカタと音がする。
油圧タペットの静かなエンジンなので少々気になる。

a0248662_183576.jpg

3番目につけたガバナー。
ウエイト軸のピンのガタ、カムの凹のガタも無く良好。
ガバナーにリベラ製のスプリングを付け状態良し。失火が無くなる。
リベラ製ガバナースプリングはスプリングの戻りっぷりが良い割りに、エンジンの吹けあがりも良く好印象。
というわけで、失火問題も解決。

a0248662_192060.jpg


a0248662_19322.jpg

新品にしたバッテリーマウントのラバースタッドが既にヤラレたので交換し、2回目のオイル交換を済ませ最後の試乗。


a0248662_110519.jpg

調整しながらなんやかんやと500Km走行。
なんだか楽しいのでもうチョット乗っていたい気持ちがあるものの、お待たせしてしまっているので週末に引渡し予定。
パワーもあるし、のんびり乗っても楽しい。メカノイズも静かでセル一発でエンジンがかかるお気楽さ。
やっぱりショベルいいなぁー。





38VELOCETTE KSS MKⅡ

a0248662_1122566.jpg
a0248662_1123588.jpg

一段落したので、ミッションまで終わって止まっていたベロさん着手。(詳しくはまた次回)
プライマリー周りを完成させ一旦試乗してみます。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-11-07 02:08 | 1978FXE1200 | Comments(0)
2015年 10月 15日

平日の授業風景



1963FLH1200

a0248662_21105756.jpg
a0248662_2111787.jpg

a0248662_21112750.jpg

Sさんのパンヘッド。
試乗予定だったのですが、Sさん、まさかの腰痛で断念。
エンジン始動時の吹き返しが多かったのでフロートレベル見直し。
また、一ヶ月放置でエンジンオイルがクランクケースに落ち、ブリーザーから大分オイルを吹いたので、オイルポンプチェックバルブをチェック。





1947FL1200

a0248662_21114757.jpg
a0248662_2112778.jpg
a0248662_21121728.jpg
a0248662_2112303.jpg
a0248662_21124393.jpg

Iさんのナックルヘッド。
ブレーキライニング張替え後、ホイールを車体に組み付け擦り合わせ。
ホイールを回すと大分振れている。エンジン・ミッションのオーバーホールで入学だったのですがやる事が増えて行きます。スプリンガーロッカーアームもガタが・・・。






1950EL1000

a0248662_2113536.jpg
a0248662_21131554.jpg

a0248662_21133838.jpg
a0248662_21135443.jpg

Mさんのパンヘッド。
T/Mのメインドライブギアベアリングレースは虫食いが多く、大分広がっていましたので交換。
ケースにあわせオーバーサイズのレース外径研磨後、圧入。ケースが楕円だった分レース内径も0.02mm程度楕円に。ラッピングして真円加工。STDサイズロ-ラー取り付け。





VELOCETTE THRUXTON

a0248662_2114685.jpg

木曜日はお休みなのですが、丁度陸運局が入れるって事で、頼まれていたスラクストンの車検業務。
四輪の方は入り口まで並ぶぐらい、非常に混んでいたな。





1978FXE1200

a0248662_21144038.jpg

a0248662_21145251.jpg

引き続き試乗膿だし中のFXE。
不意にクシャミをする原因を追究。たまにオーバーフローするので、フロートバルブを疑い見てみると、フロート自体にガソリンが混入。フロートの浮きっぷりが悪かったのですね。
溜めた水にフロートを沈めても気泡は出てこず、どこからガソリンが入ったか解らない・・・。たまにこの現象ありますよね。
というわけでストックしてあった別のフロートに交換、レベル調整し、イエイ不意のクシャミ止まる。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-10-15 21:49 | その他 | Comments(0)
2015年 10月 12日

1955FL1200 バルブガイド・バルブ

今日はYさんのパンヘッド、ヘッドまわりのお話。

a0248662_0164114.jpg

少々ガタがあったバルブガイドは抜き取り交換。
ヘッド側ガイドホールは楕円、変形無く良好。
軽くホーニングし、フロントIN・EX、リアINは14.41mm、リアEXは14.43mm
.003”、.004"オーバーサイズガイドを使います。



a0248662_0173194.jpg

a0248662_017516.jpg

a0248662_0174261.jpg

バルブガイド前加工。
外径はヘッドにあわせハメ代0.04mmに研磨。
ガイド穴はステム径+クリアランス分でリーマー加工。
インテーク側は少々テーパー加工。

a0248662_0175285.jpg


a0248662_018461.jpg

a0248662_0181555.jpg

ケースをよく暖めガイド圧入。
圧入後、嵌め代縮んだガイド穴リーミング。


a0248662_0202354.jpg

a0248662_0182914.jpg
a0248662_0183867.jpg
a0248662_0184954.jpg

で擦り合わせ。
今回はシートの状態が良く、擦り合わせだけでO.K
インテーク、エキゾーストともにあたり幅1.5mm程度。


a0248662_0191832.jpg

最後に灯油漏れチェックしてO.K




1978FXE1200

a0248662_0193094.jpg

土曜日にはFXEのオーナーであるSさんが試乗しに遊びに来てくれました。
初めて乗るショベル 「久々に感動しました」のお言葉お頂きました。
喜んでくれて一安心。
恥ずかしい話でありますが、オーナーさんが喜んでれることで、色んなことが報われた気持ちになれます。
最近人気が下がってきたショベルではありますが、あのパワーとお気楽間は良いですよ本当。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-10-12 00:43 | 1955FL1200 | Comments(0)
2015年 10月 07日

1978FXE1200 膿だし

オーバーホール依頼のショベル・FXEは車検業務が終わり、微調整。

a0248662_8253611.jpg


a0248662_8254829.jpg

一回目オイル交換。


a0248662_8255943.jpg
a0248662_82688.jpg

シリンダー・ヘッド周り増し締め、タペット調整。


a0248662_8272743.jpg

アイドリングの戻りが悪かったため、ガバナースプリングは強めのものに交換。


この後少々走りこみ膿だしをしていきます。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-10-07 08:35 | 1978FXE1200 | Comments(0)
2015年 09月 05日

1978FXE1200  手直し・キャブセッティング あともろもろ

a0248662_23455340.jpg

a0248662_2346668.jpg

Sさんのショベルヘッドも佳境に。
ウェービングしていたフロントローター交換。固着していることが多きローターボルトはやはり固着している。
インパクトドライバーを使いどうにか抜く。ローターボルトか交換し、ローター取り付け。
クラッチの遊びも再調整。


a0248662_23465253.jpg
a0248662_2347170.jpg

キャブセッティングをしつつ、試乗をしていたのですが始め吸っていなかった2次エアを吸い始める・・・。
マニホールドクランプを増し締めするとよけいに酷くなる。バラすとハダプターリングが変形してしまっています。このアダプターリングはシールリングの内径より少々大きかったのです。そのためクランクを増し締めしたときに変形したのでしょう。これは組む前に分かっていた事・・・ちゃんとアダプターリングを削っておけばよかった・・・。
ともあれ、インマニシールはOリングタイプに交換し取り付け。2次エアは無し。


a0248662_23472348.jpg

ついでに第一回目の増し締め。
プッシュロッドを抜き、ヘッド、シリンダーの増し締め。すでに緩んでいました。


a0248662_2347422.jpg

a0248662_23475428.jpg
a0248662_2348387.jpg

でキャブセッティングをしつつ、試乗を繰り返す。
大分煮詰まってきましたが、もう一声って感じです。





1950 陸王VF1200

a0248662_23501575.jpg

a0248662_23502932.jpg

a0248662_23504458.jpg

a0248662_23505653.jpg

穴が開いていたシリンダーのエキゾースト部分。
溶接で穴を塞ぎ、整形。後はシリンダーをボーリングし陸王さんもほぼ終わり。






38VELOCETTE KSS MKⅡ

a0248662_23514624.jpg
a0248662_23515516.jpg

a0248662_23521646.jpg

a0248662_23523051.jpg

修理以来のベロセット。
ガタガタだったミッション、レイシャフトの2ND、3RDギアのブッシュ交換。
計測しブッシュ単品製作。





WL ENGINE

a0248662_043529.jpg

a0248662_04477.jpg

MさんのWLのスモールエンドブッシュ前加工。
生爪に銜え、内径拡大。これでリーマーを通すのも楽チン。



a0248662_051081.jpg

a0248662_052825.jpg

a0248662_053938.jpg

a0248662_061933.jpg

こちらもWLのコンロッド。
新品ビッグエンドベアリングレースを圧入。
随分と圧入代が多いので、レース側、コンロッド側にしっかりC面(案内)を作り、圧入。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-09-05 00:33 | 1978FXE1200 | Comments(0)
2015年 08月 11日

月曜日の授業風景

KNUCKLE HEAD

a0248662_0272972.jpg

a0248662_028169.jpg

a0248662_0274463.jpg

a0248662_0283558.jpg

オープンロッカー計画中のWさんのナックルヘッド。
ガイドの前加工が終わり、バルブスプリングを仮組み。バルブスプリングとスプリングカップが干渉しないか仮組みしてチェック。バルブスプリングカップの位置がロッカーアームに対して良い位置に来るように調整しつつ、ガイドを圧入。ロッカーアームのストローク時にアームがカップに干渉しない位置にします。





1976XLCH1000

a0248662_0285665.jpg

a0248662_0484355.jpg

a0248662_0291534.jpg

a0248662_029266.jpg

a0248662_0294079.jpg

a0248662_0295155.jpg

Z君のアイアンスポーツ。
クランクも組み付け作業の筈がいろいろとやり忘れたことが・・・。
まずクランクピンのロックタブの位置が悪く、ケースを組み付けると干渉。ロックタブを加工する。
スプロケットカバーのダウエルピンがチェーンで削られ、可愛そうなことに。
エンドミルでとんがったダウエルピンを削り落としねじ山を立て、プーラーの要領で抜き取る。
続きは夜の部。





VELOCETTE KSS MKⅡ

a0248662_0304090.jpg

a0248662_0305817.jpg

a0248662_0312580.jpg

Eさんのベロセット
シリンダーヘッドのフレームマウントとデコンプアジャスターのマウントの役割をしているボルトがナメていて使い物にならず・・・。
自ら単品製作。




1976FX1200

a0248662_0313920.jpg

Hさんのショベルヘッド。
HSRからケイヒンバタフライキャブに交換後、2次エア問題も解決し、不安定な天候でスコール的な雨にずぶ濡れになりながらの試乗。
まだ少々薄いか・・・次回引き続きセッティングしながらの試乗です。





夜の部

a0248662_0322736.jpg

a0248662_0325264.jpg

Z君アイアンスポーツの続き。
プライマリー側に付いている、オイルタランスファーバルブ。ワンウェイバルブになっていて、プライマリー側(ミッションも含む)の内圧をクランクケース側に逃がします。このバルブがやられていると、エンジンオイルがプライマリー側に行ってしまいます。
で、ただの穴になっていたこのバルブをとるのですが、毎回固着しとるのに苦労します。
作業しに来たE氏を捕まえ、六角棒を溶接してもらい抜き取り。





SHOVEL ROCKER

a0248662_0331630.jpg

a0248662_0335720.jpg

a0248662_0332995.jpg

ショベルヘッドのロッカー持込で入学のKさん、今日から授業開始。
縦方向で0.09mmクリアランスがあったロッカーアームブッシュ交換。
今回は純正ブッシュで行きます。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-08-11 01:19 | その他 | Comments(0)