Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ショベル ( 269 ) タグの人気記事


2017年 10月 17日

1979FXS1200 オイルポンプ仮組み


a0248662_23195893.jpg

a0248662_23205156.jpg

今日はSくんのショベルヘッド、オイルポンプ周りのお話。
もともと付いていたオイルポンプはオイル管理が悪かったのか、オイルポンプボディー内壁にザックリと傷が入っています。
これは使いものになりませんので、良品中古オイルポンプに交換。
新たに使うオイルポンプ81年以降のモデルについていたポンプであります。

a0248662_2321674.jpg

新たに使うポンプカバーを見るとドライブチェーン・プライマリーチェーンのオイラーがなくなっています。84年以降の4速エボ、またはFXBなどベルトプライマリーモデルについていたものと思われます。


a0248662_23212258.jpg
a0248662_2321388.jpg

一番の違いはリリーフバルブ周りの経路
もともと付いていたもの(80年以前)はリリーフバルブに行った余剰オイルはチェーンオイラーの経路をとりリターン側経路に行きます。
81年以降のリリーフバルブの余剰オイルはある一定までフィード側オイルラインへ。リリーフバルブが上がりきるとタイミングギアケースに行くようになります。


a0248662_23215574.jpg
a0248662_23221926.jpg
a0248662_23224195.jpg

というわけで、この年式のケースにショベル後期のオイルポンプをつける場合はタイミングギアケースへの穴加工が必要となります。(S&Sのオイルポンプを使う場合も同じ)
冶具を使い位置決めをして穴あけ加工。ドリルサイズは3.2mm


a0248662_2323646.jpg


仮付けし通路が通っているかチェックし問題なし。


a0248662_23232615.jpg
a0248662_2323408.jpg

ここからは通常通りのチェックごと。
チェックバルブは光明丹チェックし問題な無そう。


a0248662_23235962.jpg

ギア自体の高さは元々付いていたギアと同じ高さで問題なし。

a0248662_2324149.jpg
a0248662_23243054.jpg
a0248662_23245885.jpg

ギアをボディーに付け、ボディー面とギアのでっぷりチェック。
フィード側・リターン側ともに0.2mm程度。
使うジェームス製黒ペーパーガスケットも厚み0.2mmでよい感じであります。
(ここの隙間がありすぎると油圧が逃げることになり、少なすぎるとギアの回りが渋くなります)


a0248662_23252521.jpg

a0248662_23254619.jpg
a0248662_23261123.jpg
a0248662_23272959.jpg

キーを入れてCクリップを入れてと細かい組み付け講習をしつつ、オイルポンプ仮組み。


a0248662_23275713.jpg
a0248662_23281248.jpg

オイルポンプボディー・カバーを動かしつつスムーズにギアが回るところ探しつつ、規定トルク10N.mで締め付け、抵抗無くスルスルギアが回りO.Kです。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-17 09:11 | 1979FXS1200 | Comments(0)
2017年 10月 14日

土曜日の授業風景


1951 TRIUMPH T100

a0248662_22371031.jpg
a0248662_22372195.jpg
a0248662_22373585.jpg
a0248662_22381380.jpg
a0248662_22383261.jpg
a0248662_22385380.jpg
a0248662_223983.jpg
a0248662_22392634.jpg
a0248662_22394330.jpg
a0248662_2240326.jpg


Hさんのトライアンフは前回に引き続き、ギアボックスの作業。
ケース周りのブッシュ交換・調整作業が終わりハイギアベリングを入れ、シール圧入、新品スプロケット取り付け。
研磨のため取り外したレイシャフトのスピードメーターギア取り付け。
メインシャフトのクラッチプッシュロッドブッシュ取り付け。
インアーカバーにメインシャフトベアリング、スピードメーターギアを取り付け仮組み。
ギアチェンジの仕組みと組み方を講習しつつ、ギア組み付け。
インナーカバーを付けギアチェンジチェック。









1978 TRIUMPH T140E

a0248662_22403089.jpg
a0248662_2241443.jpg
a0248662_2251716.jpg
a0248662_22512535.jpg

a0248662_22513819.jpg


Tさんのトライアンフ。
前回ローリングシャシーになり、今回は外装周りを組み付けて行きます。
外装周りは分解しただけで、清掃をしていなかったので清掃、錆止めしつつ組み付け。
私の指示なしもご自分でドンドン組み付けていきまず。









1984 SHOVEL HEAD

a0248662_22521813.jpg
a0248662_22523625.jpg
a0248662_22525615.jpg
a0248662_2253176.jpg
a0248662_22532871.jpg
a0248662_22534476.jpg
a0248662_22535642.jpg

a0248662_22542930.jpg
a0248662_22544596.jpg
a0248662_22545819.jpg
a0248662_2255168.jpg
a0248662_2255289.jpg



新入生Sさんのショベルヘッド
車体周りの問題がある車両のようで、車体周り全般と各部調整、配線周りをやる予定。
まずはローダウンされているもののストロークが多く底付きしてしまいそうなフォークから分解。
スプリングは普通のものが切られて短くなっているだけ、ダンパースプリングも付いていませんので、スプリング交換。
ネックベアリングはロワー側はやられていたのでベアリング交換。
フロントホイールベアリング分解チェック。
ベアリングは問題なさそうなのでグリスアップし、ベアリングスラストチェック。問題なくシール交換し取り付け。レフトベアリングのスペーサーは変なものが入っていたので交換します。
リムの振れは問題なさそう。
リア側ホイールはリムの振れも多そうで、随分とブレーキが引きずっています。
というわけでリアホイールをとり、両ホイールが無くなったところで今日はここまで。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-14 23:41 | その他 | Comments(0)
2017年 10月 10日

月曜日の授業風景

1967TRIUMPH TR6

a0248662_832686.jpg
a0248662_833623.jpg
a0248662_834979.jpg
a0248662_84079.jpg
a0248662_841622.jpg
a0248662_843087.jpg
a0248662_844156.jpg
a0248662_85080.jpg
a0248662_85136.jpg
a0248662_852713.jpg
a0248662_853911.jpg
a0248662_855017.jpg
a0248662_86577.jpg
a0248662_861519.jpg
a0248662_863443.jpg


Oさんのトライアンフはギアボックス周り
メイン・レイシャフトベアリング交換しレイシャフトを仮組みしてスラストチェックし問題なし。
ギアセレクターカムプレートのカシメられているシャフトが回り始めていたので溶接で点付け。
シール取り付け、ハイギア・カムプレート取り付け。
ギアボックッススプロケットは交換予定なので仮組み。
苦労したのはプランジャーホルダー。ナット部がなめかかっていたのでホルダー側を新品に交換したものの、元々入っていたプランジャーを入れると動きが渋くなり止ってしまう・・・。止まりなっているホルダーなのでプランジャーが奥に入って固着してしまうとプランジャーが抜けなくなる。
しょうがないので一部穴を開け固着したプランジャーを抜けるようにしつつ、内径をホーニングしたりラッピングしたりどうにか普通に動くように。穴は後で埋めます。
ギア周りを組み付け、インナーカバー取り付け。
ギアセレクターカムプレートは2.5速位置にしておき、カムプレートオペレーティングカムプレートのギア位置とギアセレクターカムプレートのギア位置をあわせ取り付け。
カムプレートオペレーティングカムプレートを動かし1速~4速までギアが入ることを確認し、アウターカバーを取り付け、ギアチェンジペダルでギアチェンジチェックし問題なし。
これで、外注加工待ちとなってしましました。








1979FXS 1340

a0248662_871924.jpg
a0248662_873638.jpg
a0248662_874976.jpg
a0248662_88257.jpg
a0248662_881441.jpg
a0248662_883281.jpg
a0248662_884536.jpg
a0248662_89647.jpg


S君のショベルヘッド
カム山部がやられていた純正Hカム、ギア周りはカラーコードも合っているので、ギア周りは純正のものを使いカムシャフト好感します。
S君が仕入れてきたS&Sの514カム、バルブタイミング的にはそれほどではないですが、リフト量が多めであり、取り付けにはそれなりの加工が必要と思われます。
ギアを抜き取りそれぞれシャフト側、ギア側計測し、圧入代は問題ないので儀ギア位置をあわせギア交換し圧入。
カムシャフトのスラスト調整、ブリーザーギアのスラスト調整をし問題なし。
早速カムが一部ケースと干渉しますので、ケース側を削りまた次回。








1939EL1000

a0248662_892654.jpg


Wさんのナックルヘッド
試乗を繰り返しキャブ調整。ほぼ問題なしで好調です。
オープンロッカー化したロッカー周りからのオイル漏れをどこまで抑えるか・・・。
ということをもう少々考えます。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-10 09:06 | その他 | Comments(0)
2017年 10月 03日

1979FXS1200クランク軸受けベアリング

今日はS君のショベルヘッド、クランクシャフトベアリングのお話。


a0248662_75574.jpg

楕円・変形など無く状態がよかったピニオンシャフトベアリングレース(タイミング側)
一応左右軸受けのラインを出しラッピングします。

a0248662_7552059.jpg

JIMS製のピニオンシャフトベアリングレースラッピング工具。
スプロケットシャフトベアリング側(ドライブ側)とダミーのカムカバー側ピニオンシャフトブッシュで軸受けされるため、スプロケットシャフトベアリング・ピニオンシャフトベアリング・ピニオンシャフトブッシュ3点でのラインが出ますので非常に良いです。


a0248662_7554267.jpg
a0248662_7555341.jpg

ピニオンシャフトベアリングレースラッピングして、全周で研磨されていることを確認。
この状態で上下前後ともに楕円変形無く44.48mm

a0248662_756753.jpg
a0248662_7561619.jpg

ピニオンシャフトは31.75mmで減り無し。
STDサイズローラー6.35mmを入れクリアランス0.03mm
カムカバーを組みクルクルチェックし問題なし。



a0248662_756394.jpg
a0248662_7565022.jpg

ここからはスプロケットシャフトベアリングのお話。
テーパーベアリングであるドライブサイドの軸受けベアリング
まずアウターレース側を垂直冶具を使いケース側に圧入。ケースとレースの嵌めあいは問題なし。



a0248662_757581.jpg
a0248662_7571866.jpg

a0248662_7573429.jpg


こちらも冶具を使いテーパーベアリングスラスト調整。
両ベアリングの内側に入るC型のシムの厚みを変えスラスト量を調整。
ベアリングSETに入っていたシムではスラスト量0.1mmと多めでありましたので、シムを薄めのものにしてスラスト量0.02mmに。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-03 08:39 | 1979FXS1200 | Comments(0)
2017年 09月 26日

月曜日の授業風景

1939EL1000

a0248662_857213.jpg
wさんのナックルヘッド
一回フロートレベルの調整をした、フロートバルブ紛失事件などありつつ、調整し直し試乗、キャブセッティング。
問題無さそうで、次回長めの試乗駄目だしとなります。








WL ENGINE

a0248662_858353.jpg


a0248662_8583926.jpg
a0248662_8591477.jpg
Mさんのサイドバルブ
エンジン、ミッション持ち込みのMさんは自宅でローリングシャシー組み付け持ち込み。
ブレーキ周りチェックをしてエンジン搭載、ヘッドトルク管理して組み付け。
その他新たに持ち込んだマグネトー分解チェック。S





1979FXS1200

a0248662_8594989.jpg
a0248662_901435.jpg


S君のショベルヘッド
面チェックとネジ周りの修正
ひとつひとつ自らネジサイズを確認しタップダイスを選択する事で、駄目なネジ山を発見出来る事とともに、ネジサイズのお勉強になります。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純


by sgf1906 | 2017-09-26 14:10 | その他 | Comments(0)
2017年 08月 30日

19789FXS1200 エンジン分解作業

a0248662_054920.jpg
a0248662_06288.jpg


今日はS君持込のショベルローライダーの分解作業のお話。
15年以上屋外で保管されていた車両を仕入れVMSに持ち込みです。



a0248662_062773.jpg
a0248662_064365.jpg
a0248662_07189.jpg

a0248662_07192.jpg

まずはヘッドまわり、シリンダー周り分解清掃。
バルブとガイドのクリアランスは0.1mm以上ありましたので、ガイド交換で抜き取り。


a0248662_072998.jpg
a0248662_074279.jpg


ヘッド側バルブガイドホール計測。
他3本は良かったのですが、リアEXのガイドホールはカジリ傷ありで専用冶具を使い、リーマーで真円加工。



a0248662_08110.jpg


ピストンは純正STDサイズが入っていましが、計測するとクリアランスが小さいところで0.01mmと随分詰まっています。
以前に何があったかわかりませんが、走行していた車両とも思われるものでここまでクリアランスが詰まっているのを私はじめて見ました。
ともあれ、ピストンの頭のところまで擦り跡がありますのでピストン交換、できればSTDサイズピストンでホーニングクリアランス調整し組みます。




a0248662_082285.jpg
a0248662_084211.jpg
a0248662_085442.jpg

a0248662_0102916.jpg

a0248662_092327.jpg

エンジン腰下分解。
分解前、クランクの芯振れチェック。ドライに側01.3mmタイミング側ともに0.06mmの振れ。
でコンロッド計測。
ガタが少なかったビッグエンド部はレース・ピンともに良好。クリアランスも0.02mm~0.03mmで状態良し。またスモールエンドブッシュも良好。




a0248662_0105098.jpg
a0248662_011269.jpg

a0248662_0111727.jpg
a0248662_0114390.jpg


ピニオンシャフトベアリングはローラーが減っていたものの、レース、シャフトともに良好。
スプロケットシャフトベアリングレースとケース側の鋳込み部分の嵌め合いも問題なし。




a0248662_012240.jpg

オイルポンプは残念ながらリターン側に随分傷があります。
こいつはポンプ交換となります。

a0248662_0122855.jpg

オイルポンプに傷があったということは・・・
ブリーザーギアホールにも一部傷が・・・。幸いプライマリーとの連結穴部分だけ傷が入っていますが、他の部分は減っていない状態で良かった、良かった。


a0248662_0134024.jpg
a0248662_0135754.jpg

カムシャフトブッシュ、ピニオンシャフトブッシュは状態良し。
カムシャフトは残念ながらカムに剥がれがありますので交換。


a0248662_0142333.jpg
a0248662_0143839.jpg

タペットはローラーのガタ、ガイドとのクリアランス良く状態よし。

というわけで、エンジン周りの計測作業終わりです。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-30 08:59 | 1979FXS1200 | Comments(0)
2017年 08月 22日

月・火曜日の授業風景

1939EL1000

a0248662_2240374.jpg
a0248662_22405478.jpg
a0248662_2241243.jpg
a0248662_22414652.jpg

a0248662_2242632.jpg


Wさんのナックルヘッド
ハンドル交換、POSH製のインナースロットを取り付け、ヘッドライトのハイローSWはヘッドライト側に移植し配線引きなおし。
スロットルケーブルを通すための楕円穴あけ作業、またアウターケーブルストッパーの雌螺子加工し取り付け。










1979FXS1200

a0248662_22423731.jpg
a0248662_22425157.jpg
a0248662_22433058.jpg
a0248662_22434339.jpg
a0248662_2244530.jpg

a0248662_22444052.jpg

a0248662_22442218.jpg


Sくんのショベルヘッドは車体周りの分解作業。
カッチカチのタイヤは外し、ベアリング抜き取り。
ネックベアリングレースも抜き取り、この年式のネックベアリングレースは工具の爪がかかりずらいので、TIGでレースのビートを引きレースを縮め爪をかけ取り外し。
三又にベアリング、スングアームベアリングレースも専用工具を使い抜き取り。
フロントフォーク分解・清掃。サビサビのインナーチューブは交換。
車体周りのベアリング抜き取り作業は終わり、クランクケース周りの作業へ。











1973TRIUMPH TR7RV

a0248662_22454058.jpg
a0248662_22455317.jpg

a0248662_22461159.jpg
a0248662_22464196.jpg
a0248662_22465674.jpg
a0248662_22472211.jpg
a0248662_22473657.jpg


Yさんのトライアンフ
ギアボックッスを分解しまして、できるだけ綺麗に清掃し、ハイギアベアリング、レイシャフトニードルベアリング圧入。
エンジン搭載のままでベアリングを圧入するので、垂直圧入冶具を作っておき圧入しました。
また、インナーカバーのメインシャフトベアリング、レイシャフトニードルベアリング交換。
ガタがあった、ギアチェンジスピンドル、キックシャフトスピンドルブッシュ交換。






1946WR750

a0248662_22491430.jpg
a0248662_22493649.jpg
a0248662_22515777.jpg
a0248662_22523811.jpg
a0248662_22525198.jpg
a0248662_2253691.jpg


MさんのWR
18インチ化リム組みをしまして、リム振れとりをし、フォークに仮組みしてセンターだし。
リム組みが終わり、タイヤを取り付け組み付け。








1975XLH1000

a0248662_22542426.jpg
a0248662_22545453.jpg
a0248662_22551037.jpg

a0248662_2311977.jpg

a0248662_22554234.jpg
a0248662_22555431.jpg
a0248662_2256894.jpg


Kさんのアイアンスポーツ
クランクケース周りのベアリングを抜き取り後、螺子講習を済ませケース周りの螺子修正作業。
プライマリー側の螺子穴には大量のガスケットが入っていました。このままボルトを締めこんでいくと、ケースを割ってしまうことがあります。
プライマリードレンボルトにテーパーネジがブチこまれていたり、T/Mアクセスドアマウント部分はクラックが入っていたりとそれなりに修正箇所があります。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-22 23:41 | その他 | Comments(0)
2017年 08月 17日

水曜日の授業風景

1946WR750

a0248662_14162121.jpg
a0248662_14164878.jpg
a0248662_14174457.jpg
a0248662_14175829.jpg
a0248662_14181866.jpg
a0248662_14183935.jpg
a0248662_1419369.jpg
a0248662_14192739.jpg
a0248662_14194680.jpg
a0248662_1420754.jpg
a0248662_14202558.jpg
a0248662_14205228.jpg
a0248662_14211251.jpg
a0248662_14213135.jpg


MさんのWR
今日はフロントホイール周りの作業。18”リムにコンバートします。
まず、スポークを取り外しドラムとシューのあたりチャック。
シューのあたりっぷりはともかく、ドラム側は前週であたっていますので変形などないようですが、段減りしてますので、旋盤にセットし凸部分を切削。ドラム自体はそこそこ減っているようなので、後はシュー側で調整します。
ホイールベアリングのレース部分、コーンともに段減りなく良好でホッとしました。
ハブと一体のベアリングレースなのでここだ駄目だと厄介です。
ベアリング(5/16”)は新品に交換し取り付け。
コーンはサイドクリアランス調整スクリューとなっています。ガタ無くスムーズに回るところまで締め付け、専用ロックワッシャーでロックします。
でスポーク組み付け。
というわけで、次回振れ取りです。

















1979FXS1200

a0248662_14223879.jpg
a0248662_1423828.jpg
a0248662_14232618.jpg
a0248662_14233988.jpg
a0248662_14235312.jpg
a0248662_14241361.jpg
a0248662_14245767.jpg
a0248662_14244353.jpg
a0248662_14253727.jpg
a0248662_14255728.jpg
a0248662_14265041.jpg
a0248662_14263152.jpg
a0248662_1427876.jpg
a0248662_14273438.jpg

a0248662_14291910.jpg


Sくんのショベルヘッド
まず、前回分解したトランスミッションの計測作業。
メインシャフト・カウンターシャフトは問題無いのでこのまま使います。
ドライブギアブッシュはガタ多めなので交換、抜き取り。
キックラチェトギアブッシュもガタ多めなのでブッシュ交換、こちらはブッシュ単品製作します。
また、メインシャフトのキックラチェットギア摺動部は少々段磨耗していますので研磨。
カウンターシャフトのロー・セカンドギアのフローティングブッシュはガタが多かったローギアブッシュは交換。
ベアリング類は全交換します。
ドレンボルトの雌ネジをボール盤にセットもヘリサート加工。座面も出しています。
T/Mの計測作業終了後、車体回り分解作業。
15年以上放置されてカッチカチに固まったタイヤの取り外しに苦労。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-17 15:05 | その他 | Comments(0)
2017年 08月 08日

土・日の授業風景 


1947FL1200

a0248662_719572.jpg
a0248662_7192850.jpg


Iさんのナックルヘッド
資料をみつつ位置決めをして穴あけし、フロントフェンダーのバンパー、リアフェンダーのキャリアー取り付け。
純正フェンダーに穴あけ、緊張します。








1973XLCH1000

a0248662_7201676.jpg
a0248662_721429.jpg
a0248662_7232959.jpg
a0248662_7235288.jpg
a0248662_7241785.jpg

a0248662_7244219.jpg
a0248662_72549.jpg
a0248662_7252843.jpg
a0248662_7254141.jpg


Kさんのアイアンスポーツ。
T/Mの調整ごとが終わり、仮組みしてギアチェンジチェックし問題なし。
えらくデカイT/Mスプロケットが付けてあったため、もともと付いていたスプトケットカバーは破綻。スプロケットカバーはNOSものに交換。
割れていた、スプロケットカバーマウント部は溶接修正済みでダウエルピンを取り付け、位置決めし雌ネジ部製作。
スプロケットカバーの位置決めが終わったところで、キックブッシュ取り付けキックシャフトのラインだし。問題なくOK。
クラッチ周りチェックですが、以前に検討違いの加工がされていますので、なんやかんや交換です。








1985FXEF1340

a0248662_7261020.jpg

a0248662_7264722.jpg

a0248662_7271364.jpg
a0248662_7273292.jpg
a0248662_7274475.jpg


Tさんの4速エボ
トランスミッションの分解作業、計測が終わりエンジン周りに。
VMSでは初めてやるエボエンジンでありますので、一個一個確認しつつの分解作業です。
シリンダー分解しビッグエンド部のガタチェックし問題なし。
またシリンダーとピストンも状態良しです。









1979FXS1200

a0248662_7281267.jpg
a0248662_728305.jpg
a0248662_7285059.jpg
a0248662_7291439.jpg
a0248662_72929100.jpg
a0248662_7295496.jpg
a0248662_7301334.jpg
a0248662_7302725.jpg
a0248662_7304156.jpg


S君のショベルヘッド
エンジン腰下の計測作業。コンロッドビッグエンド部、スモールエンド部ともに状態良し。
ピニオンシャフトベアリング周りも状態は悪くない。
カムブッシュ、ピニオンブッシュも状態良いものの、カムは剥がれがきていますので交換。
タペット周りも状態は悪くない。
というわけで、エンジンの計測作業は終わり、ギアボックス分解作業へ。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-08 08:02 | その他 | Comments(0)
2017年 08月 01日

月曜日の授業風景


1939EL1000

a0248662_8153770.jpg
a0248662_8161996.jpg
a0248662_8164514.jpg


Wさんのナックルヘッド
ハンドル交換に伴い、ボッシュのインナースロットル取り付け。
ハンドルの長さ調整しカット、インナースロットルを加工し溶接取り付け。








1946WR750

a0248662_8171526.jpg
a0248662_8174215.jpg
a0248662_8183061.jpg
a0248662_8184399.jpg


MさんのWRは段減りしていたコンロッドスラストワッシャー抜き取り。
ダミーワッシャーを作り、仮組み、適正スラスト量にするためのコンロッドスラストワッシャーの厚みを逆算するのだが、コンロッドが変わったため帳尻が合わず苦戦。












1979FXS1200

a0248662_8191914.jpg
a0248662_8271648.jpg
a0248662_8274944.jpg
a0248662_8283519.jpg
a0248662_8285610.jpg
a0248662_8291412.jpg

a0248662_849437.jpg


S君のショベルヘッドはクランク周り分解。
まずオイルポンプ分解ですが、ボディー内壁がずいぶんやられています。。。これは使い物にならないです。
コンロッドビッグエンド部のガタは良好だったのですが、クランクシャフトの振れっぷりが0.1mm以上ありましたので、クランク分解。で清掃開始。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-01 08:50 | その他 | Comments(0)