Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ショベル ( 244 ) タグの人気記事


2017年 08月 30日

19789FXS1200 エンジン分解作業

a0248662_054920.jpg
a0248662_06288.jpg


今日はS君持込のショベルローライダーの分解作業のお話。
15年以上屋外で保管されていた車両を仕入れVMSに持ち込みです。



a0248662_062773.jpg
a0248662_064365.jpg
a0248662_07189.jpg

a0248662_07192.jpg

まずはヘッドまわり、シリンダー周り分解清掃。
バルブとガイドのクリアランスは0.1mm以上ありましたので、ガイド交換で抜き取り。


a0248662_072998.jpg
a0248662_074279.jpg


ヘッド側バルブガイドホール計測。
他3本は良かったのですが、リアEXのガイドホールはカジリ傷ありで専用冶具を使い、リーマーで真円加工。



a0248662_08110.jpg


ピストンは純正STDサイズが入っていましが、計測するとクリアランスが小さいところで0.01mmと随分詰まっています。
以前に何があったかわかりませんが、走行していた車両とも思われるものでここまでクリアランスが詰まっているのを私はじめて見ました。
ともあれ、ピストンの頭のところまで擦り跡がありますのでピストン交換、できればSTDサイズピストンでホーニングクリアランス調整し組みます。




a0248662_082285.jpg
a0248662_084211.jpg
a0248662_085442.jpg

a0248662_0102916.jpg

a0248662_092327.jpg

エンジン腰下分解。
分解前、クランクの芯振れチェック。ドライに側01.3mmタイミング側ともに0.06mmの振れ。
でコンロッド計測。
ガタが少なかったビッグエンド部はレース・ピンともに良好。クリアランスも0.02mm~0.03mmで状態良し。またスモールエンドブッシュも良好。




a0248662_0105098.jpg
a0248662_011269.jpg

a0248662_0111727.jpg
a0248662_0114390.jpg


ピニオンシャフトベアリングはローラーが減っていたものの、レース、シャフトともに良好。
スプロケットシャフトベアリングレースとケース側の鋳込み部分の嵌め合いも問題なし。




a0248662_012240.jpg

オイルポンプは残念ながらリターン側に随分傷があります。
こいつはポンプ交換となります。

a0248662_0122855.jpg

オイルポンプに傷があったということは・・・
ブリーザーギアホールにも一部傷が・・・。幸いプライマリーとの連結穴部分だけ傷が入っていますが、他の部分は減っていない状態で良かった、良かった。


a0248662_0134024.jpg
a0248662_0135754.jpg

カムシャフトブッシュ、ピニオンシャフトブッシュは状態良し。
カムシャフトは残念ながらカムに剥がれがありますので交換。


a0248662_0142333.jpg
a0248662_0143839.jpg

タペットはローラーのガタ、ガイドとのクリアランス良く状態よし。

というわけで、エンジン周りの計測作業終わりです。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-30 08:59 | 1979FXS1200 | Comments(0)
2017年 08月 22日

月・火曜日の授業風景

1939EL1000

a0248662_2240374.jpg
a0248662_22405478.jpg
a0248662_2241243.jpg
a0248662_22414652.jpg

a0248662_2242632.jpg


Wさんのナックルヘッド
ハンドル交換、POSH製のインナースロットを取り付け、ヘッドライトのハイローSWはヘッドライト側に移植し配線引きなおし。
スロットルケーブルを通すための楕円穴あけ作業、またアウターケーブルストッパーの雌螺子加工し取り付け。










1979FXS1200

a0248662_22423731.jpg
a0248662_22425157.jpg
a0248662_22433058.jpg
a0248662_22434339.jpg
a0248662_2244530.jpg

a0248662_22444052.jpg

a0248662_22442218.jpg


Sくんのショベルヘッドは車体周りの分解作業。
カッチカチのタイヤは外し、ベアリング抜き取り。
ネックベアリングレースも抜き取り、この年式のネックベアリングレースは工具の爪がかかりずらいので、TIGでレースのビートを引きレースを縮め爪をかけ取り外し。
三又にベアリング、スングアームベアリングレースも専用工具を使い抜き取り。
フロントフォーク分解・清掃。サビサビのインナーチューブは交換。
車体周りのベアリング抜き取り作業は終わり、クランクケース周りの作業へ。











1973TRIUMPH TR7RV

a0248662_22454058.jpg
a0248662_22455317.jpg

a0248662_22461159.jpg
a0248662_22464196.jpg
a0248662_22465674.jpg
a0248662_22472211.jpg
a0248662_22473657.jpg


Yさんのトライアンフ
ギアボックッスを分解しまして、できるだけ綺麗に清掃し、ハイギアベアリング、レイシャフトニードルベアリング圧入。
エンジン搭載のままでベアリングを圧入するので、垂直圧入冶具を作っておき圧入しました。
また、インナーカバーのメインシャフトベアリング、レイシャフトニードルベアリング交換。
ガタがあった、ギアチェンジスピンドル、キックシャフトスピンドルブッシュ交換。






1946WR750

a0248662_22491430.jpg
a0248662_22493649.jpg
a0248662_22515777.jpg
a0248662_22523811.jpg
a0248662_22525198.jpg
a0248662_2253691.jpg


MさんのWR
18インチ化リム組みをしまして、リム振れとりをし、フォークに仮組みしてセンターだし。
リム組みが終わり、タイヤを取り付け組み付け。








1975XLH1000

a0248662_22542426.jpg
a0248662_22545453.jpg
a0248662_22551037.jpg

a0248662_2311977.jpg

a0248662_22554234.jpg
a0248662_22555431.jpg
a0248662_2256894.jpg


Kさんのアイアンスポーツ
クランクケース周りのベアリングを抜き取り後、螺子講習を済ませケース周りの螺子修正作業。
プライマリー側の螺子穴には大量のガスケットが入っていました。このままボルトを締めこんでいくと、ケースを割ってしまうことがあります。
プライマリードレンボルトにテーパーネジがブチこまれていたり、T/Mアクセスドアマウント部分はクラックが入っていたりとそれなりに修正箇所があります。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-22 23:41 | その他 | Comments(0)
2017年 08月 17日

水曜日の授業風景

1946WR750

a0248662_14162121.jpg
a0248662_14164878.jpg
a0248662_14174457.jpg
a0248662_14175829.jpg
a0248662_14181866.jpg
a0248662_14183935.jpg
a0248662_1419369.jpg
a0248662_14192739.jpg
a0248662_14194680.jpg
a0248662_1420754.jpg
a0248662_14202558.jpg
a0248662_14205228.jpg
a0248662_14211251.jpg
a0248662_14213135.jpg


MさんのWR
今日はフロントホイール周りの作業。18”リムにコンバートします。
まず、スポークを取り外しドラムとシューのあたりチャック。
シューのあたりっぷりはともかく、ドラム側は前週であたっていますので変形などないようですが、段減りしてますので、旋盤にセットし凸部分を切削。ドラム自体はそこそこ減っているようなので、後はシュー側で調整します。
ホイールベアリングのレース部分、コーンともに段減りなく良好でホッとしました。
ハブと一体のベアリングレースなのでここだ駄目だと厄介です。
ベアリング(5/16”)は新品に交換し取り付け。
コーンはサイドクリアランス調整スクリューとなっています。ガタ無くスムーズに回るところまで締め付け、専用ロックワッシャーでロックします。
でスポーク組み付け。
というわけで、次回振れ取りです。

















1979FXS1200

a0248662_14223879.jpg
a0248662_1423828.jpg
a0248662_14232618.jpg
a0248662_14233988.jpg
a0248662_14235312.jpg
a0248662_14241361.jpg
a0248662_14245767.jpg
a0248662_14244353.jpg
a0248662_14253727.jpg
a0248662_14255728.jpg
a0248662_14265041.jpg
a0248662_14263152.jpg
a0248662_1427876.jpg
a0248662_14273438.jpg

a0248662_14291910.jpg


Sくんのショベルヘッド
まず、前回分解したトランスミッションの計測作業。
メインシャフト・カウンターシャフトは問題無いのでこのまま使います。
ドライブギアブッシュはガタ多めなので交換、抜き取り。
キックラチェトギアブッシュもガタ多めなのでブッシュ交換、こちらはブッシュ単品製作します。
また、メインシャフトのキックラチェットギア摺動部は少々段磨耗していますので研磨。
カウンターシャフトのロー・セカンドギアのフローティングブッシュはガタが多かったローギアブッシュは交換。
ベアリング類は全交換します。
ドレンボルトの雌ネジをボール盤にセットもヘリサート加工。座面も出しています。
T/Mの計測作業終了後、車体回り分解作業。
15年以上放置されてカッチカチに固まったタイヤの取り外しに苦労。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-17 15:05 | その他 | Comments(0)
2017年 08月 08日

土・日の授業風景 


1947FL1200

a0248662_719572.jpg
a0248662_7192850.jpg


Iさんのナックルヘッド
資料をみつつ位置決めをして穴あけし、フロントフェンダーのバンパー、リアフェンダーのキャリアー取り付け。
純正フェンダーに穴あけ、緊張します。








1973XLCH1000

a0248662_7201676.jpg
a0248662_721429.jpg
a0248662_7232959.jpg
a0248662_7235288.jpg
a0248662_7241785.jpg

a0248662_7244219.jpg
a0248662_72549.jpg
a0248662_7252843.jpg
a0248662_7254141.jpg


Kさんのアイアンスポーツ。
T/Mの調整ごとが終わり、仮組みしてギアチェンジチェックし問題なし。
えらくデカイT/Mスプロケットが付けてあったため、もともと付いていたスプトケットカバーは破綻。スプロケットカバーはNOSものに交換。
割れていた、スプロケットカバーマウント部は溶接修正済みでダウエルピンを取り付け、位置決めし雌ネジ部製作。
スプロケットカバーの位置決めが終わったところで、キックブッシュ取り付けキックシャフトのラインだし。問題なくOK。
クラッチ周りチェックですが、以前に検討違いの加工がされていますので、なんやかんや交換です。








1985FXEF1340

a0248662_7261020.jpg

a0248662_7264722.jpg

a0248662_7271364.jpg
a0248662_7273292.jpg
a0248662_7274475.jpg


Tさんの4速エボ
トランスミッションの分解作業、計測が終わりエンジン周りに。
VMSでは初めてやるエボエンジンでありますので、一個一個確認しつつの分解作業です。
シリンダー分解しビッグエンド部のガタチェックし問題なし。
またシリンダーとピストンも状態良しです。









1979FXS1200

a0248662_7281267.jpg
a0248662_728305.jpg
a0248662_7285059.jpg
a0248662_7291439.jpg
a0248662_72929100.jpg
a0248662_7295496.jpg
a0248662_7301334.jpg
a0248662_7302725.jpg
a0248662_7304156.jpg


S君のショベルヘッド
エンジン腰下の計測作業。コンロッドビッグエンド部、スモールエンド部ともに状態良し。
ピニオンシャフトベアリング周りも状態は悪くない。
カムブッシュ、ピニオンブッシュも状態良いものの、カムは剥がれがきていますので交換。
タペット周りも状態は悪くない。
というわけで、エンジンの計測作業は終わり、ギアボックス分解作業へ。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-08 08:02 | その他 | Comments(0)
2017年 08月 01日

月曜日の授業風景


1939EL1000

a0248662_8153770.jpg
a0248662_8161996.jpg
a0248662_8164514.jpg


Wさんのナックルヘッド
ハンドル交換に伴い、ボッシュのインナースロットル取り付け。
ハンドルの長さ調整しカット、インナースロットルを加工し溶接取り付け。








1946WR750

a0248662_8171526.jpg
a0248662_8174215.jpg
a0248662_8183061.jpg
a0248662_8184399.jpg


MさんのWRは段減りしていたコンロッドスラストワッシャー抜き取り。
ダミーワッシャーを作り、仮組み、適正スラスト量にするためのコンロッドスラストワッシャーの厚みを逆算するのだが、コンロッドが変わったため帳尻が合わず苦戦。












1979FXS1200

a0248662_8191914.jpg
a0248662_8271648.jpg
a0248662_8274944.jpg
a0248662_8283519.jpg
a0248662_8285610.jpg
a0248662_8291412.jpg

a0248662_849437.jpg


S君のショベルヘッドはクランク周り分解。
まずオイルポンプ分解ですが、ボディー内壁がずいぶんやられています。。。これは使い物にならないです。
コンロッドビッグエンド部のガタは良好だったのですが、クランクシャフトの振れっぷりが0.1mm以上ありましたので、クランク分解。で清掃開始。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-01 08:50 | その他 | Comments(0)
2017年 07月 24日

月曜日の授業風景

a0248662_23262718.jpg






1937EL1000


a0248662_23265061.jpg
a0248662_2327153.jpg
a0248662_23273729.jpg
a0248662_23283510.jpg
a0248662_23285354.jpg
a0248662_23291444.jpg


Wさんは2台目の30年代ナックルのフレーム持込み。
上下寸法が違うネック圧入部に合わせ、ネックベアリングカップ外径研磨。









1947FL1200

a0248662_23294836.jpg


Iさんのナックルヘッドは外装部品取り付け。
なんやかんやとオプションパーツ取り付けていますが、なかなか一筋縄ではいきません。









1979FXS1200


a0248662_23301715.jpg
a0248662_2330308.jpg
a0248662_23305237.jpg
a0248662_23311246.jpg
a0248662_23314245.jpg
a0248662_2331571.jpg


S君のショベルヘッド
バルブガイドを抜いたシリンダーヘッドガイド穴計測。
一生懸命カーボン除去しましたが、R・EX穴は少々“剥がれ”が出来てしまいました。
シートリングに対し垂直にリーマー加工が出来る冶具を付け、真円加工。
他のガイド穴は傷、変形無く問題なし。
その後、プライマリー周り、タイミングギア周り分解。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-07-24 23:47 | その他 | Comments(0)
2017年 07月 11日

月曜日の授業風景


1939EL1000

a0248662_8205690.jpg

a0248662_8212440.jpg

a0248662_8222036.jpg
a0248662_8224865.jpg

a0248662_8233230.jpg

a0248662_824223.jpg


Wさんのナックルヘッド
朝一で検査所に行き車検業務。
無事終わり、VMSに戻り機械式レギュレーター(ボッシュのもの)のカットアウトとレギュレートの仕組み講習。
継続車検が終わり早速ハンドル周りを交換しています。








1979FXS1200

a0248662_8244737.jpg
a0248662_82586.jpg
a0248662_8253057.jpg
a0248662_825531.jpg
a0248662_8263194.jpg


Sくんのショベルヘッド
シリンダーピストン計測し、ヘッド周り分解。
地獄のヘッド周りカーボン除去であります。
シリンダーとピストンのクリアランスはありえない数値が出て頭が???。
この辺りはまた次回詳しくお話します。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-07-11 08:36 | その他 | Comments(0)
2017年 07月 04日

1964XLCH900 卒業そして・・・

a0248662_9301410.jpg
a0248662_9303384.jpg
a0248662_9305050.jpg
a0248662_931254.jpg

エンジン始動し軽く試乗を済ましたSくんのアイアンスポーツ。
一回目のオイル交換を済まし、交換したフロントホイールのセンターだし、曲がっていたリアブレーキペダルを曲げ戻し、だれていたフットペグも調整し水平位置に。
というわけで、卒業となります。
家も近いので、慣らしをしつつ通いつつでその後の様子を見ます。








1979FXS1200

a0248662_9312471.jpg
a0248662_9313724.jpg

卒業とともに始まりへ。
15年間放置されていたショベルビッグツインを教材として仕入れていたS君は早速、持ち込みエンジン分解であります。
今回は車体周りも含みフルオーバーホールとなりそうです。
外装とのやれ具合とは裏腹にエンジン中身は良さそうでありますが、どうなることか。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-07-04 09:45 | 1964XLCH900 | Comments(2)
2017年 06月 16日

水曜日の授業風景

1979 TRIUMPH T140E
a0248662_9535153.jpg



a0248662_9372611.jpg
a0248662_937516.jpg

a0248662_9394081.jpg

a0248662_9382863.jpg
a0248662_9395686.jpg


D君のトライアンフはプライマリー周りの作業。
ぐずぐずだったクラッチセンターのダンパーゴムは新品に交換。
今回ダンパーゴムが随分硬く入れるのに苦戦し写真撮り忘れ。
どうにか組み込み本組みするものの、クラッチセンターインナープレートに切ってあるねじ山がなめました。というわけでヘリサートし取り付け。
プライマリーチェーンやらクラッチ版やらオルタネーターは以前に交換済みらしいのでそのまま使います。
スプロケットナット、クラッチセンターナットをトルク管理し取り付け。








1979FXS1340


a0248662_9401218.jpg
a0248662_9405229.jpg
a0248662_9411134.jpg
a0248662_9422297.jpg

a0248662_9424219.jpg
a0248662_9431068.jpg


部分修理で入学のOさんのショベルヘッド。
前回はネックベアリング交換、フォークスプリング交換、フロントブレーキマウント部のブッシュ交換をしています。
フロントブレーキの効きがが悪いとのことで見てみると、ローターが曲がりウェービング気味でブレーキが効いていました。
今回は、曲がってしまっていたフロントブレーキローター交換。
ローターマウントのボルトは皿螺子でヘキサゴンレンチで回すものでありますが、緩み防止のロックタイトが利き非常に硬くしまっているため、ねじ六角部がナメていき非常に取りづらい。
ロックタイトを利かなくするため暖めたいのだが、塗装されているアルミキャストホイールのためなかなか暖まらないため随分時間がかかりました。
このあたりも苦戦したため、写真取り忘れ。
無事抜き取り、ローター交換。
リア側スプロケットも51Tから48Tのスプロケットに交換。これで高速巡航が大分楽になるはずです。




WL DRAM SPROKET

a0248662_9455877.jpg


スプロケットが動いているということでお預かりしたWLのドラムさん。
縦横には動くことはなく進行方向に動いているようです。
スプロケットが動くということは、多少なりともドラムまたはスプロケット側のリベット穴が楕円になっている恐れがありますが、今回はそこまで状態は悪くないので、そのまま増し打ちしてみます。
このリベット打ちですが一人では作業出来ません。
今回はHさんに協力頂き、ドラムを固定してもらい、一個一個リベットを打っていきます。
リベットに印をつけながら対角線上均等にリベットを打ち作業終了。
これで動いてくれなければよいのだが。
この作業、一人で出来るように冶具など考えておかなければ。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-06-16 10:19 | その他 | Comments(0)
2017年 05月 17日

月・火曜日の授業風景


1939EL1000

a0248662_80168.jpg

a0248662_803511.jpg

a0248662_812085.jpg

a0248662_801851.jpg
a0248662_805347.jpg


Wさんのナックルヘッド
前回マグネトーのポイント不良発覚。今回ポイントを新品に交換。新品に交換すると、なにゃかんやと状況が変わるので改めてチェック。
ポイントに板バネのアールが変わりしてしまうため、アールを変え取り付け。
改めて点火時期調整、進角時期はもとより遅角時期でもチェック。
ショートタイプのローターとシャフトが分離するタイプのマグネトーでシャフトとローターが六角で結合するのですが、ここのガタが気になるな・・






1947FL1200

a0248662_814389.jpg
a0248662_822100.jpg
a0248662_823322.jpg
a0248662_824856.jpg

a0248662_831450.jpg


Iさんのナックルヘッド

リアシリンダーヘッドを乗っけるとシートポストに干渉。また目で見てネック部が捻じれていたフレームが修正屋さんから帰ってきました。
背骨部もだいぶ猫背になっていて、シートポスト部にも大分穴が開いていたようです。シートポスト部はロウつけで埋めてもらいました。
錆とりをして風合いを壊さない程度に錆止め黒塗装しました。







1964XLCH900

a0248662_84152.jpg
a0248662_843283.jpg
a0248662_844731.jpg

a0248662_85228.jpg


Sくんのアイアンスポーツ
クランク芯だし、ピニオンベアリングレースラッピングを終え、適正サイズのピニオンベアリングを入れクランク本組み。
その後、チェックごとを終わらしているオイルポンプを仮組み規定トルクでナットを締め、オイルポンプの回りっぷりチェックしO.Kでポンプ本組み。




1979FXS1340

a0248662_852480.jpg
a0248662_8548100.jpg

a0248662_86182.jpg

a0248662_863367.jpg
a0248662_865159.jpg

a0248662_87314.jpg
a0248662_873314.jpg


a0248662_871747.jpg
a0248662_874862.jpg
a0248662_88163.jpg


Oさんのショベルヘッド
前回ネックベアリング交換、フォークスプリング交換し、今回はホイールとブレーキ周り。
ホイールベアリングはやられていたのでベアリング交換。
スラストチェックし0.1mm以上あったのでディスタンスカラーをつめてスラスト調整。
ガタがあったキャリパーマウントはブッシュ交換しマウントボルトも交換。
寝気味だったキックスタンドを少々曲げ調整。







span style="color:rgb(255,102,51);">レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-17 08:43 | その他 | Comments(0)