タグ:サイドバルブ ( 34 ) タグの人気記事


2016年 03月 19日

1943WLC750 カムブッシュ製作


今日はHさんのWLC、カムブッシュ製作のお話。

a0248662_2335227.jpg

a0248662_23353621.jpg

ケース側のブッシュはすべて交換。
カバー側は3つのギア(ピニオンギア・#1ギア・#3ギア)と連結する#2カムギアブッシュはあまりクリアランスを詰め過ぎると動きが悪くなります。シャフトに対してのクリアランスは0.05mmだったのでそのまま使います。

a0248662_23355416.jpg
a0248662_2336453.jpg

工具類製作。

a0248662_23361781.jpg

a0248662_23362979.jpg

a0248662_23364140.jpg

カムカバーのプレート冶具
アイアンスポーツとカムブッシュのレイアウトが同じなので、ねじ穴を加工し使います。


a0248662_23365472.jpg
a0248662_2337330.jpg
a0248662_23371288.jpg

ブッシュ抜き取り。


a0248662_23372632.jpg

a0248662_23373861.jpg

それぞれ計測。
ブッシュホールは傷、変形などほぼ無く良好。


a0248662_2338926.jpg

a0248662_23382455.jpg

a0248662_23383549.jpg

a0248662_23384727.jpg

カムブッシュ製作。
それぞれケース側のブッシュホール径に合わせ+圧入代で外径を決め、圧入し縮む分も考慮し、シャフト+クリアランスで内径を決め製作。
ケース側は専用ハイスを使いオイル溝加工。

a0248662_2339378.jpg

a0248662_23391422.jpg

カバー側ブッシュ製作。
#3・#4ブッシュはケース側ブッシュとほぼ同じサイズだが全長が違う。
残念ながら全部製作することが出来ず。。。次回#1カムブッシュ、ピニオンシャフトブッシュを製作し、オイル穴やギア逃げ部分、ダウピン穴など追加工します。

というわけで一日かけてブッシュ6個しか作れなかったという話でした。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-03-19 00:05 | 1943WLC750 | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 17日

1943WLC750 エンジン腰下分解&計測作業

北海道から不定期通学する、新入生のHさんのWLC。
エンジン・ミッション持ち込みで入学です。
今日はエンジン腰下の分解作業のお話です。

a0248662_0481832.jpg


a0248662_0485030.jpg
a0248662_0491611.jpg
a0248662_0492751.jpg

a0248662_0494343.jpg

まずはタイミングギア周りから分解。
専用プーラーでガイドを抜きタイミングギア周り分解。
カムギアはギア、シャフトともに虫くいなど無く状態よし。
シャフト・カムブッシュ計測。
シャフト自体は状態良いのですが、ブッシュはケース側、カバー側ともに0.06mm~0.07mmのクリアランス。#1カム~#4カムほぼこんな感じで悪くは無いがよくも無い。せっかくなのでブッシュは交換。
またピニオンブッシュも同じくシャフトに対し0.07mmのクリアランスでこちらも交換。


a0248662_0515943.jpg

a0248662_052946.jpg

タペット計測。
タペットは#1~#4すべて18.56mmで状態よいのですがガイド内径はタペットに対し0.06mm~0.07mmでこちらも微妙な数値。
こちらも折角なのでオーバーサイズタペットを入れます。


a0248662_0502073.jpg

a0248662_0511082.jpg

クランク分解。
ピニオンシャフト・スプロケットシャフトは状態よし。
以前にやってあるようで、スプロケット側は2サイズオーバーのローラーが入り0.025mmのクリアランス。
ピニオン側は3サイズオーバーのローラーが入りクリアランス0.05mm。


a0248662_0503247.jpg

a0248662_0513979.jpg

コンロッド計測。
変な磨耗の仕方をしています。ナイフ側コンロッドは上下に楕円になっており38.07mm~38.10mmで0.03mm楕円。
フォーク側レフトサイドは38.07mm~38.09mmで0.02mm楕円。ライトサイドは38.09mm~38.12mmで0.03mm楕円。
それぞれ寸法がバラバラでラッピングに苦労しそうであります。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-03-17 01:22 | 1943WLC750 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 06日

おでかけ

VMSは毎週木曜日お休みです。
というわけで今日は大田区の白田工機さんへお出かけ。

a0248662_233138100.jpg


a0248662_2332585.jpg

a0248662_23322976.jpg

a0248662_23324385.jpg

a0248662_2333246.jpg

a0248662_23331524.jpg

ギアの歯が厚く入りもしなかった、例のWLの新品カムの歯切りを頼んでいました。
作業としては旋盤カムシャフトを銜え、芯をだし、ギアの歯型に整形した超硬バイトを刃物につけ、往復台を手で送り、ギアの歯を一枚一枚切っていくというもの。ほとんど手作業の仕事。これは非常に大変だったと思います・・・。
ギアには呪いの暗号のような文字が・・・。変な仕事を心良く受けてくれ、お土産までもらい本当に有難う御座いました。






Triumph SD

a0248662_233718100.jpg

a0248662_2337409.jpg

a0248662_23391829.jpg

a0248662_2338529.jpg

a0248662_2338441.jpg

a0248662_23421929.jpg

白田さんのトライアンフSDご紹介
シフターのピボットレバー、ロッド、アームだったり、キャブファンネルだったり、ブレーキアームだったり、レバーだったり、ドラムだったり、ホイールハブだったり、サイクルスタンドだったりと単品製作盛り沢山。
ほとんどが削りだし。これを見てしまうとうちでやっているのはレストアではありませんな。本当恐れいります。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-11-06 00:18 | その他 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 31日

金曜日なんやかんやと

XL BRAKE

a0248662_858144.jpg

マウントボルト部がガタガタだったXLHのRキャリパーはラインをだしボーリング。

a0248662_8581645.jpg
a0248662_858281.jpg

a0248662_858484.jpg
a0248662_8585927.jpg

スリーブを製作し圧入。

a0248662_8592198.jpg

a0248662_859980.jpg

こちらもガタガタだったねじ部はオーバーサイズのナットを製作。




WL CONROD THRAST WASHAER

a0248662_8595758.jpg

WLのコンロッドスラストワッシャーはBT、XLとサイズが違うのですね。
ということで生爪製作。

a0248662_901560.jpg
a0248662_902643.jpg

a0248662_903863.jpg

それぞれサイズ違いのワッシャーをリン銅さんで製作。


a0248662_904842.jpg

夜はまた用事でRテックさんへ。なんだか毎週いっているな。
なんやかんやで一日が終わっていく。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-10-31 09:19 | その他 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 19日

土日の授業風景


KNUCKLE

a0248662_865594.jpg
a0248662_87882.jpg
a0248662_872015.jpg

トリニティー時代にショベルヘッドで卒業したSさん、ナックルを持ち込みで部分修理。
圧縮抜けエンジンがかからなくなっています。パンのシリンダーにナックルのヘッドをつけているもので、ヘッドボルトの雌ねじ位置が加工されています。
急遽Rテックさんでヘッド面研してもらいました。
アルミヘッドと違い鉄ヘッドの場合、歪んだヘッドを締め付けていると、シリンダー側の面も歪んでしまうことがあるよう。一旦取り付け、圧縮が抜けるようならシリンダー側も面研が必要です。






1976XLCH1000

a0248662_875388.jpg
a0248662_88530.jpg
a0248662_881478.jpg
a0248662_882920.jpg
a0248662_884714.jpg

Z君のアイアンスポーツはプライマリー側取り付け。
錆で酷かったスプロケットシャフトナットは新品に。もちろんすんなりは付かずネジ修正。
チェーンアジャスターのネジもヘリサート加工なだなどありながらプライマリー側完成。






WL ENGINE

a0248662_89016.jpg

a0248662_891036.jpg

MさんのWLは引き続きコンロッドビッグエンドラッピング。
新品レースに入れ替え、フロント、リア側ともに0.4mm以上ラッピングしほぼよいサイズに。
ローラーサイズで調整し適正クリアランスにします。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-10-19 08:35 | その他 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 12日

土・日の授業風景

WL ENGINE

a0248662_21131983.jpg
a0248662_21133380.jpg
a0248662_21134264.jpg
a0248662_211351100.jpg

a0248662_2114667.jpg

Mさんのサイドバルブ。
リム組み振れ取りを終えたRホイール、フレームに仮組みしてセンターだしをしてあらためて振れチェック。
ドラムブレーキのプレートとダストカバーが干渉していたため、少々削り。
ホイール周り完了後、ビッグエンドベアリングレースラッピングの続き。





1974NORTON COMMANDO

a0248662_21142141.jpg
a0248662_21143059.jpg

Aさんのノートンコマンド。
新品メーター取り付け、ケーブル&配線作業が終わり、次回こそは試乗へ。





1970TRUMPH T120

a0248662_21145256.jpg
a0248662_2115421.jpg

前回始動したKさんのトライアンフ。
メーターケーブル周り、ガスタンク取り付けガスライン取り付けなど、試乗前準備。





1982TRUMPH T140ES

a0248662_21155082.jpg

a0248662_211652.jpg

a0248662_21171698.jpg

a0248662_2116176.jpg

Nさんのトライアンフ
バルブシートカット&擦り合わせ。灯油チェックし問題なし。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-10-12 23:14 | その他 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 04日

土曜・日曜日の授業風景


1980XLH1000

a0248662_20504464.jpg

a0248662_2051104.jpg
a0248662_20514264.jpg
a0248662_2051551.jpg
a0248662_20521151.jpg
a0248662_20522573.jpg

Iさんのアイアンスポーツ
オイルポンプを組み付け、オイルポンプギアの回りっぷり、バッククラッシュチェック後、タイミングギア周り本組みし、オイルの回りチェック。


a0248662_20531940.jpg
a0248662_20534341.jpg


a0248662_20544667.jpg
a0248662_20545648.jpg

a0248662_20551385.jpg

クラッチ回りチェック後、ダンパースプロケット(コンペンセータースプロケット)取り付け計画のため考察。
(77年以降のアイアンにはエンジンダンパーが付かなくなります)


a0248662_2056286.jpg

a0248662_20561611.jpg

a0248662_20563425.jpg
a0248662_20564475.jpg

ホイールベアリング交換後、ベアリングのガタチェック。
シム調整もいらず良好だが、フロントリムは以前にぶつかった形跡が・・・。次回スポークの張りで調整してみます。






1974NORTON COMMANDO

a0248662_2057187.jpg
a0248662_20573099.jpg
a0248662_20574270.jpg

a0248662_2057537.jpg

Iさんのノートンコマンド
効かないで有名なフロントディスクブレーキはマスターシリンダーを純正からロッキードに交換。
ブレーキホースの長さ調整をして、エア抜き。


a0248662_20581068.jpg

a0248662_2058334.jpg

a0248662_2059052.jpg

マスターシリンダー側のスイッチボックスを排除したので、ハンドル回りの配線やり直し。
純正のハンドル回りの配線のまとめ方が美しい。
写真を撮り忘れましたが、スピード・タコメーターも交換。社外メーターの全長が違いうためマウントスクリューを加工し取り付け。マスキングテープでメーターの塗装が剥げるなどの事件あり。





WL ENGINE

a0248662_2183526.jpg

a0248662_2181315.jpg

a0248662_2185443.jpg

a0248662_2193877.jpg

MさんのWLはコンロッドビッグエンドベアリングレースのラッピング。
虫食いがひどかったレースは新品に交換。新品とSTDサイズローラーを使う計算で、両ロッドレース0.4mm以上研磨しなければなりません。
この0.4mmという数値、少なく感じますがラッピングして広げるのは非常に大変です。
ラッパーとレースにガタがあるままラッピングしてしますと、レースが変形してしまいますのでラッパーを調整しつつラッピングしていきます。(平行でなければいけないレースが逆樽状(テーパー状)になってしまう)
またこのラッパー、厳密には平行ではなくテーパー気味になっています。そのため削っては計測しつつ、変形しないように注意を払いながらの作業です。
この日削れた数値は0.3mm・・・苦行です。






1976XLCH1000

a0248662_21134480.jpg

a0248662_21115460.jpg

a0248662_21111885.jpg

a0248662_21123893.jpg

a0248662_21124950.jpg

Z君のアイアンスポーツ。
終わっていたスプロケットカバーは新品に交換。そのため左右キックシャフトブッシュの位置がずれるので、調整ラッピング。その後、キッククランクギアのスラストチェック。
ラチェットギアブッシュのスリーブは段付きに減っていたの良品に交換。ブッシュは状態が良かったのでそのまま使いいます。仮組みして作動チェック良好でO.K。


a0248662_2114199.jpg
a0248662_21143051.jpg

エンジンマウント部の螺子製作、ネジ山修正しエンジン乗っけ。
エンジンかち上がってます。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-10-04 22:10 | その他 | Trackback | Comments(0)
2015年 09月 29日

WL スモールエンドブッシュ

今日はMさんのWL、コンロッドスモールエンドブッシュのお話。

a0248662_0294517.jpg
a0248662_0295567.jpg

状態が悪かったスモールエンドブッシュ交換。
ブッシュ抜き取り後、計測すると0.05mm楕円でしたが、今回はコンロッド側は加工せず、ブッシュで調整します。
使うブッシュはJIMS製で内径は小さめに作られていて、19.86mm。
ピストンピンは20.10mm。このままコンロッドに圧入すると、リーマー加工に苦労するので前加工します。


a0248662_030619.jpg

0.05mm楕円がある分、小さめに内径加工20.0mmに。

a0248662_0301930.jpg

a0248662_0303921.jpg

ブッシュ圧入後リーマー加工。

a0248662_0305857.jpg

リーマー加工後もピストンピンの入りが渋いので、中古ピンを使いラッピング。

a0248662_032296.jpg

初期タイプのピストンピンのクリップ溝のバリ取りなどしても、まだ少々渋い・・・。
ショベルなどのピストンピン(同径20.10mm)ピンはスムーズに通るのにこのピンだと渋い・・・微妙に精度が悪いのかしら。使うピンで直にラッピング。


a0248662_0325731.jpg

最後ホーニングして仕上げ。

a0248662_031833.jpg






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-09-29 00:51 | WL ENGINE | Trackback | Comments(0)
2015年 09月 23日

シルバーウィークの授業風景


9月20日 カムに泣く


1953FL1200

a0248662_2041474.jpg

a0248662_20411978.jpg
a0248662_20412912.jpg
a0248662_20414573.jpg

Nさんのパンヘッドは何回かの試乗が終わり、さぁ乗って帰るかという段階でエンジンストール・・・しかもエンジンロック気味で止まる・・・。
エンジン冷寒時でのだったので、シリンダーやヘッド周りの抱きつき系の問題ではない、タイミングギア周りの問題と判断し、タイミングギアを分解するとカムギアシャフトとスラストワッシャー、ロックワッシャーが固着している。スラスト量が無く、カムギアシャフトとロックワッシャーが固着しロックしたようだ。
以前にカムカバーを交換した際、カムスラスト調整をしたはずなのですが、カムカバー、ガスケットを仮組みした時に、カムカバーボルトの締め付けが弱かったのでしょう・・・。何回か増し締めをしてガスケットが潰れ、カムスラストが無くなっていたようです。「ガスケットが潰れるまでちゃんと締めてください。」 この一言が無かった為に・・・。一つ一つもっとちゃんと見なければならない。





WL ENGINE

a0248662_20451272.jpg

a0248662_20453094.jpg
a0248662_20453955.jpg

a0248662_2048232.jpg

a0248662_2330374.jpg

a0248662_20484063.jpg

MさんのWLはカムブッシュのラッピングが終わり、スラスト不良パンヘッドを横目にカムスラスト調整。
調整が終わり新品カムを組もうとすると、ギアが回らないどころか、ギアが入らない。
もちろん中古カムギアを入れると、スルスル回る。少々解りづらが中古と新品ではギアの形状が微妙に違います・・・メーカー不明の新品ギアにやられました。なんやかんや対処法を考えなければ。


というわけでこの日はカム問題で意気消沈。K田さん宅での秋刀魚パーティーに顔を出そうと思っていたが、とてもそんな気になれずふて寝。






9月21日 Nさんパンヘッド復活、卒業



1953FL1200

a0248662_20492583.jpg

a0248662_204937100.jpg

カムギア周りを組みなおし試乗、問題なく晴れて卒業。
一旦帰路、乗り回し膿みだしをして、また来週手直しに来る予定。
一時はどうなることかと思いましたが、軽症で済み良かったです。エンジン始動性も良く調子良し。





1970TRUMPH T120

a0248662_2050995.jpg

a0248662_20502011.jpg

a0248662_20505263.jpg

a0248662_2051533.jpg

Kさんのトライアンフは、Dチェーン取り付け、チェーンカバー修正取り付けなど細かな取り付け作業を行い、次回エンジン始動ってところまで完成。



授業終了後、どうも納得いかないFXEのキャブ調整をしつつ、狭い室内でエンジンを回しっぱなしにしていると、いつの間にか一酸化炭素中毒でフラフラになり終了。






9月22日 Kさんのトライアンフエンジン始動


WL ENGINE

a0248662_20515942.jpg

a0248662_20521635.jpg

a0248662_20523716.jpg

a0248662_20525016.jpg

a0248662_2053782.jpg

WLのMさんはカムギア問題の解決策を思考後、ホイールベアリング組み付け、スポーク組みなおし、触れ取り。ホイールベアリングはハブ、ベアリングごと新品の中古?です。一応計測し問題ないので組み付け。
新品スポークと新品リムの組み合わせで、触れとりも苦労少なく終わり、触れ量は0.1mm以下。




a0248662_20545860.jpg

アイアンスポーツで卒業生のKさんが購入したWLで登場。
いーなーWL。そのうち軽整備で持ち込むようです。





1970TRUMPH T120

a0248662_20543532.jpg

a0248662_20535279.jpg

Kさんのトライアンフはエンジン始動。
オイル回しに苦労したものの、エンジンは2、3回のキックで始動しアイドリングも安定。ノイズ振動も少なそうです。ただマフラーから白煙がモクモクと・・・始動前のオイル回し時に随分クランクケース内にオイル入れたからな。次回もう少しエンジンを回し様子を見ます。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-09-23 00:22 | その他 | Trackback | Comments(0)
2015年 09月 13日

WL ENGINE クランクシャフトベアリングレース&カムブッシュ

今日はMさんのWLのお話。
まずはクランクシャフトベアリングレースから。

a0248662_21465368.jpg
a0248662_2147784.jpg
a0248662_21471826.jpg

虫食いが酷かったクランク軸受けのベアリングレースは一旦ラッピングし、虫食いが取れるか見てみたものの駄目。レース交換することに。


a0248662_21473362.jpg
a0248662_21474286.jpg
a0248662_214751100.jpg

a0248662_2231840.jpg

レース抜きとり冶具を製作し、レース抜き取り。


a0248662_21481247.jpg
a0248662_21482241.jpg
a0248662_21484997.jpg

抜き取り後計測。
入っていたレースはSTDサイズ。ケース側のレース受け部分はスプロケット側、ピニオン側ともに楕円なく良好。

a0248662_214912.jpg

a0248662_21491443.jpg

a0248662_21492852.jpg

で新品ベアリングレース圧入。
ベアリングレースはSTDサイズで外径44.52mm ケースとの嵌め城は0.06mm程度。
次回ラッピング作業。


a0248662_2154224.jpg

ここからはカムブッシュのお話。
ガタ多目で、鍔部分にも変形(タペットがあたったと思われる)があったのでブッシュ交換。
カムカバー側のブッシュは状態が良かったのでそのまま。


a0248662_21542196.jpg

a0248662_2155142.jpg

新たに使う、新品カムシャフトとケースのブッシュホール径に合わせかカムブッシュ製作。


a0248662_21553094.jpg

a0248662_21554268.jpg

a0248662_21563413.jpg

a0248662_21564588.jpg

a0248662_21565767.jpg

専用のハイスでオイル溝を掘り、オイル溝が上に来るように位置決めして、冶具を使いダウエルピン穴を開けます。
カムブッシュを交換する際に新たにケース側にダウエルピンの穴を開けるのが嫌なため、この方法でピンをとめます。

a0248662_21571430.jpg


a0248662_21573870.jpg

ケースを暖め、カムブッシュ側のダウエルピン位置とケース側の元々開いていたピン穴位置を合わせブッシュ圧入。


a0248662_21575042.jpg







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-09-13 22:23 | WL ENGINE | Trackback | Comments(0)