タグ:コンロッド ( 2 ) タグの人気記事


2016年 11月 19日

1958陸王RTⅡ コンロッド・スモールエンドブッシュ

今日は修理依頼でお預かり中の陸王RT-Ⅱのコンロッドスモールエンドブッシュ製作のお話。


a0248662_040373.jpg

a0248662_0405858.jpg

ナイフ側フォーク0.1mm、フォーク側0.2mmと楕円が多かったので内燃機屋さんでホーニング真円加工してもらった、コンロッドスモールエンド部。
陸王のスモールエンドブッシュはコンロッドスモールエンド部の肉厚が薄く、ブッシュが肉厚に作られています。35年以前のハーレーと同じ。
こいつはパーツが出ないので製作します。


a0248662_0411499.jpg
a0248662_0413074.jpg

以前にやった陸王はもともと付いていたピストンボスの距離が、ハーレーのものと違い、スモールエンドブッシュの長さが違いましたので一応チェック。
今回は、新たに使うハーレーWL用のピストンピンボスの距離ともともと付いていたピストンピンボスの距離は同じで問題なし。もともと付いていたブッシュ距離に合わせ、ピストンのスラスト量2.3mmとなります。


a0248662_0441173.jpg
a0248662_0442954.jpg
a0248662_0444349.jpg

ブッシュ製作。
まずは内径加工。JIMSのピストンピンリーマーを使うので、リーマーの“案内”部分に合わせ内径寸法をだします。


a0248662_045251.jpg
a0248662_0451782.jpg

a0248662_162378.jpg

コンロッドスモールエンド部に合わせ外径の寸法を決めます。
嵌め代が大きいので案内をしっかり作ります。


a0248662_046766.jpg
a0248662_0461986.jpg

a0248662_0463164.jpg

専用の冶具を使い、上部オイル穴製作。


a0248662_0465053.jpg

a0248662_047340.jpg

こちらも専用ハイスをつかいオイル溝切り。


a0248662_0484857.jpg

a0248662_049793.jpg

a0248662_0492424.jpg

a0248662_0494752.jpg

コンロッドスモールエンド部もしっかりC面加工をしておきます。
嵌め代がきつい為、圧入時にブッシュを削りながら入ってしまうと、圧入後ブッシュが抜けやすくなってしまいます。
圧入しリーミング。
ブッシュ圧入後のブッシュ内径は19.80mm、ピストンピン径は20.10mm。
0.3mmほどリーマーで内径拡大することになります。0.3mmは結構大きな数値でリーマーを通すのがキツイですが、それでもブッシュは動くことが無かったので嵌め代は問題なし。
圧入が弱いとこの時点でブッシュが動いてしまいます。



a0248662_050258.jpg

初期タイプのピストンピンはピンクリップの溝のバリを取っておく。

a0248662_05045100.jpg

a0248662_0505743.jpg

ピストンピン径は20.10mm。リーマーを通した後のブッシュ内径は20.11mmでこれでは渋い。
ホーニングしてクリアランス調整しガタ無くスルスルに。クリアランスは0.025mm。


a0248662_0511168.jpg

a0248662_051232.jpg

コンロッドの曲がりっぷりチェック。
今回は問題なし。曲がっていた場合はこの時点で修正。
というわけで、今日はここまで。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-19 01:20 | 1958陸王RTⅡ | Comments(0)
2013年 04月 04日

1976FX1200 スモールエンドブッシュ

今日はショベル・ビッグツインのスモールエンドブッシュのお話。

a0248662_111023.jpg
a0248662_112595.jpg

使うスモールエンドブッシュはJIMS製のもので、素材はAMPCO45(アルミ青銅)です。
以前にも書きましたが、アルミ青銅は耐摩耗性が良い分、粘り硬く加工が大変で毎回苦労します。
しかも、ピストンピンより0.1mm程度内径が小さく作られており、コンロッドに圧入すると約0.1mm縮み、合計約0.2mmリーマーで削るので大変で、時間がかかります。

a0248662_131169.jpg

という訳で、今回は旋盤を使ってブッシュ内径を拡大します。
生爪を加工し旋盤にブッシュを銜え、ピストンピンがギリギリ入るぐらいまで内径拡大。

a0248662_141088.jpg

オイル穴の位置を合わせ、コンロッドに圧入。

a0248662_134056.jpg

a0248662_144612.jpg

専用リーマーでリーミングします。
しかし内径を拡大してしまったのでリーマーの食い付き部とブッシュにガタができてしまったので、ボール盤を使って垂直を出します。
(この専用リーマーはリーマー先端の食い付き部がガイドになり真っ直ぐ切ります)

a0248662_15225.jpg

リーマーを通した後もまだ少々渋いので、中古ピストンピンにバルブコンパウンドを付けラッピング。

a0248662_152913.jpg
a0248662_15411.jpg

ブッシュの穴が垂直に開いているかチェック。

a0248662_155483.jpg

最後にホーニングして終了です。クリアランス0.02mm。
(ブッシュの内壁にキズをつけ、オイル溜まりが出来る様にします。ブッシュの内側にオイルフィルムがある事で、軸がスムーズに回ります。)

簡単に言うと円柱状のブッシュを真円に真っ直ぐ垂直にするということなのですが、これがなかなか大変なのです。

a0248662_161553.jpg





トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-04-04 02:11 | 1976FX1200 CHOPPER | Comments(0)