Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ギアボックス ( 52 ) タグの人気記事


2017年 06月 06日

1968BSA A65 ギアボックス周り NO.2

a0248662_853544.jpg

a0248662_8435827.jpg

今日は引き続き、NさんのBSAギアボックスのお話。
ハイギア組込みまで終わっています。

a0248662_8443693.jpg

a0248662_8445545.jpg

ギアボックスカバーのベアリング交換。
A65のレイシャフト軸受けのニードルベアリングはベアリング同士が接っている物ではなくケージ付きで良いですね。

a0248662_8482595.jpg
a0248662_848464.jpg
a0248662_849098.jpg
a0248662_8491677.jpg

レイシャフト周りのお話
レイシャフト1stギアブッシュはシャフトに対し0.05mm程度で良好。
レイシャフト2NDギアのスラストは4THギアの圧入っぷりで決められています。
スラスト量は0.1mm~0.15mmでO.K
4THギア側に入りシムの厚みが3種類用意されていまして、厚みを変えレイシャフトのスラスト調整。


a0248662_8494334.jpg
a0248662_854197.jpg

a0248662_8544813.jpg

a0248662_8552970.jpg

シフターフォークはメインシャフト用、レイシャフト用で違います。
BSA A65のギアボックスはハイギア以外を組んでおいてボックスに入れることが出来るので楽チンです。
シフターのカムプレートの位置を合わせておき組み付け。



a0248662_8555261.jpg

a0248662_8561418.jpg
a0248662_8563552.jpg

a0248662_8565073.jpg

a0248662_857619.jpg


キックのラチェットギアはギア部が酷く磨耗、スペーサーの役目ももつブッシュもガタガタだったので交換。
しかしながら、ギア同士の組み合わせが悪くギアの戻りが悪いため、ギア部分を少し削り取り付け。
トルク管理し取り付けO.K


a0248662_8572685.jpg

a0248662_8574276.jpg


製作したギアチェンジクアドラントを付け、リターンスプリング、ストッパー、ペダルをつけギアチェンジチェックし問題なくO.K
というわけで、ギアボックス周り終わりです。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-06-06 09:23 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2017年 06月 05日

1968BSA A65 ギアボックス周り NO.1

今日はNさんのBSA A65のギアボックス周りのお話
まずはメートリックのボルトがぶち込まれていたドレンボルト

a0248662_08372692.jpg
a0248662_08393317.jpg
a0248662_08404464.jpg
a0248662_08410148.jpg
ねじ穴に対し垂直にケースをボール盤にセットしヘリサート加工。
座面部も研磨してだし、コイルを入れ完了。




a0248662_08414465.jpg
a0248662_08420277.jpg
a0248662_08425557.jpg
ドレンボルトを真鍮で製作し取り付け。

a0248662_08440708.jpg



a0248662_08435302.jpg
パーツがでなかったプランジャープラグボルトも製作。







a0248662_08443659.jpg
a0248662_08445579.jpg
a0248662_08451378.jpg
a0248662_08453153.jpg
a0248662_08465246.jpg
ガタがあったハイギアブッシュは抜き取り、ブッシュ単品製作。
BSAのハイギアブッシュは2連で入っています。



a0248662_08471346.jpg
a0248662_08473082.jpg
a0248662_08490419.jpg
a0248662_08494263.jpg
a0248662_08502062.jpg
a0248662_08503260.jpg
ハイギアブッシュ圧入
プライマリー側のシールの受けになりますので、ブッシュの入りっぷりをチェックしつつ圧入します。
で圧入した分縮んだ内径はラッピングロッドを製作しラッピングし仕上げのホーニング。
メインシャフトに対しガタ無しさんです。





a0248662_08512552.jpg
a0248662_08535070.jpg
ケース側ベアリング交換しシール取り付けハイギア圧入。
プランジャーのプラグボルトも取り付け。



a0248662_08543518.jpg
a0248662_08550532.jpg
減っていたスプロケットも交換し、トルク管理して取り付け。
というわけで今日はここまで。







レストアスクール生徒募集中
トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。いつでも見学にお越し下さい。また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。


Vintage Motorcycle Study
東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純


by sgf1906 | 2017-06-05 09:19 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2017年 06月 03日

1968BSA A65 ギアチェンジクアドラント

今日はNさんのBSA A65のギアチェンジクアドラントのお話。

a0248662_7352912.jpg

a0248662_7354296.jpg

シフトペダルが付くスプライン部分が酷い事になっていましたので交換したいのですが、このパーツが手に入らない。


a0248662_736086.jpg
a0248662_7361651.jpg
a0248662_7363098.jpg

調べてみると、68年以前と69年以降とでギアチェンジクアドラントの形状が変わります。
NさんのBSAは68年のものですが、この年式は丁度変換期の車両で68年、69年のパーツがついているようです。
でもともと付いていたクアドラントはスタッパー部分があり、リターンスプリングのストッパー部分があり、どうにか手に入れた68年のものは使えず。
そもそもインナータイミングカバーの形状が違います。


a0248662_7364980.jpg

というわけで加工して使います。
面白いもので、溶接して使うようにスプライン部分だけパーツとして出ましたので、手に入れ加工します。
まずはスプライン部シャフトに凸加工。


a0248662_737469.jpg
a0248662_7372456.jpg

a0248662_7373656.jpg

もともと付いていた69年以降と思われるクアドラントを芯を出すため、生爪を製作し旋盤に銜え、駄目だったスプライン部分を切断。
中心部に凹部分を作ります。



a0248662_7374863.jpg
a0248662_738238.jpg

圧入しこんな感じ。
もちろん圧入っぷり、全長も計算済み。


a0248662_738127.jpg

a0248662_7382314.jpg

溶接し、両センターで銜え切削仕上げ。
というわけで出来上がり。
BSA A65のギアチェンジクアドラントの加工などというマニアックな記事。誰が見るのだろうか?







1971XLH900

a0248662_746285.jpg
a0248662_7464040.jpg
a0248662_7465945.jpg
a0248662_7471077.jpg

a0248662_7473158.jpg

a0248662_7474473.jpg


卒業生のKくんのアイアンスポーツ
車検業務でお預かり。卒業してもう6年目ですか・・・早いものです。
試乗してみると、アイドリングが随分早い感じ。
点火回りを見てみると錆でガバナーが固着していました。機械式のガバナーはたまにグリスアップが必要ですね。
ウエイトのピボット部もガタガタだったので、純正新品ガバナーに交換。
また、フロント側のプラグだけ燻ぶりがあったので、ハイテンションコード交換し解消。
高電圧が流れるハイテンションコードは消耗品なので定期的な交換が必要です。
というわけで、車検通し無事終了。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-06-03 08:55 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2017年 05月 13日

1951TRIUMPH T100 ギアボックス分解・製作物


HさんのトライアンフT100のギアボックス。
分解・清掃・チェック・計測しギア類は問題なし。ベアリング、ブッシュ関係は全交換となります。
というわけで、今日はギアッボックスのブッシュ類をなんやかんや製作。


a0248662_22212345.jpg




a0248662_22235926.jpg
a0248662_22243169.jpg

a0248662_22261196.jpg

a0248662_22262423.jpg
a0248662_22263686.jpg

なめかかっていたドレンボルト雌螺子はヘリサート処理し、真鍮でドレンボルト製作。


a0248662_22224829.jpg
a0248662_22233666.jpg

a0248662_22223021.jpg

メインシャフト・ハイギアブッシュ、レイシャフト1STギアブッシュは0.1mm以上クリアランスがあったのでブッシュ交換。


a0248662_22313187.jpg
a0248662_22315013.jpg

a0248662_2232580.jpg
a0248662_22321926.jpg
a0248662_22323488.jpg

ハイギアブッシュはまず段つき磨耗していたメインシャフトのブッシュ摺動部を芯を確認しつつ研磨。研磨したメインシャフトに合わせハイギアブッシュ製作。
トライアンフのハイギアブッシュは1本物で左右出口部分二箇所でメインシャフトと摺動するようにっています。つまり内側で段つき加工されていますので、製作が面倒です。
オイル溝も堀り完成。


a0248662_22325160.jpg
a0248662_2233947.jpg

研磨したメインシャフトに合わせラッピングロッド製作。


a0248662_22344619.jpg
a0248662_22351464.jpg

レイシャフト1STギアブッシュも製作。


a0248662_22365324.jpg
a0248662_22372230.jpg

a0248662_2237414.jpg
a0248662_2238284.jpg

a0248662_22381841.jpg
a0248662_22384013.jpg


インナーカバー側のレイシャフト軸受けの鍔付きブッシュ製作。
こちらもレイシャフト摺動部が段付き磨耗していましたので、芯を確認し研磨。
研磨したシャフトにあわせブッシュ製作。


a0248662_22391282.jpg

ギアボックス側のレイシャフトブッシュは元々は貫通の鍔付きブッシュが入り、アルミのメクラ蓋が入っていますが、チェーンが干渉したのかケース側がやられ、メクラ蓋も削れパテで埋められていました。ギアボックッスが削れているため、メクラ蓋が使えないのでクローズドの鍔付きブッシュを製作します。

a0248662_22394121.jpg

a0248662_22395925.jpg

まずは外径側からブッシュ製作。

a0248662_22402265.jpg

a0248662_2241318.jpg

a0248662_22412240.jpg

a0248662_22415245.jpg

専用の生爪製作してブッシュを銜え内側製作。
すでに外輪を仕上げているため、変色やブッシュが回っていしまうことを恐れ、地道に中ぐりし製作。
スラスト調整するところなので、シャフトがぴったり入るように。


a0248662_22421883.jpg

レイシャフトのラッピングロッドも製作。

a0248662_22443935.jpg
a0248662_2245321.jpg
a0248662_22452312.jpg

a0248662_22453946.jpg

a0248662_22455430.jpg

シフターカムシャフトもノーマルのものは貫通ブッシュであります。
こいつもこのままでは、ここからオイルが漏れますのでクローズドのブッシュ製作。


a0248662_22463461.jpg
a0248662_2248764.jpg
a0248662_22482443.jpg
a0248662_22484043.jpg
a0248662_22485570.jpg

キックシャフトは大分段付きに磨耗していますので、シャフト交換し、新品シャフトにあわせブッシュ製作。

a0248662_22492057.jpg
a0248662_22493845.jpg

ギアチェンジブッシュはアウターカバーにクラックがあったんだよな・・・。
こちらがクラックを修正した後にブッシュ製作します。
というわけで、同じような絵ばかりでスミマセン。ブッシュ製作な1日でした。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-13 09:15 | 1951TRIUMPH T100 | Comments(0)
2016年 09月 07日

1971 BSA A65 ギアボックス周り

今日も昨日に引き続きTさんのBAS・A65、ギアボックス周りのお話。
此方も少々前に行った作業なので思い出しながらアップになります。



a0248662_23573347.jpg

a0248662_23523333.jpg

a0248662_0134085.jpg

a0248662_23525264.jpg

BSAのハイギアブッシュは2連で付いています。
ここのブッシュがプラマリー側、バックプレートのシールの受けとなりますので、ブッシュのでっぷり調整します。
でハイギアをケース側ベアリングに圧入。

a0248662_2353842.jpg
a0248662_23532186.jpg

a0248662_23533322.jpg

レイシャフト周り。
レイシャフトには両サイドスラストワシャーが入ります。1STギア側には2.91mmのハイギア側は2.985mm、3.015mm、3.22mm、3種類のシムが用意され、シムの厚みでスラスト調整します。
1番厚いシムを入れスラスト量0.3mmに。



a0248662_23543227.jpg

a0248662_23544678.jpg

ギアボックスカバーにシフターカム、ギア周り取り付け。シフターフォークはメインシャフト側、レイシャフト側を間違えないように。
画像を取り忘れましたが、メインシャフト1stギアの圧入っぷりで3rdギアとのスラスト量調整。スラスト量0.2mmに。


a0248662_2355793.jpg

a0248662_23553061.jpg

ギアボックスアッセンブリーをクランクケースに組み付け。
クラッチセンターを仮組みしてメインシャフトが回らないようにロックし、キックギア周り組み付け。
キックギア周り取り付けることで、メインシャフトの位置が決まります。


a0248662_23555495.jpg

a0248662_034142.jpg

a0248662_23561592.jpg

ギアチェンジクアドラント、キックスタータースピンドルを組み付け、インナータイミングカバー取り付け。
シフトペグ、ギアチェンジリターンスプリングを取り付けギアチェンジチェック。
このギアチェンジリターンスプリングとアンカーピン、ストッププレートの位置関係が悪いとシフトの戻りっぷりが悪くなります。なかなか調整が面倒です。
ともあれギアボックス周りはO.Kであります。


a0248662_2354885.jpg






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-07 00:51 | 1971 BSA A65 | Comments(0)
2016年 09月 02日

水曜日の授業風景


1965TRUMPH TR6

a0248662_183834.jpg
a0248662_185315.jpg
a0248662_19929.jpg

a0248662_192413.jpg

a0248662_195913.jpg

a0248662_1102087.jpg


E君のトライアンフは前回ギアボックスの組みつけが終わり、今回はプライマリー周りの組み付け。
まずはクラッチハブを取り付け、テーパーの利きっぷりを確認。
エンジンスプロケット、クラッッチスプロケットハウジング、チェーン取り付け。
クラッチセンターを取り付けクラッチセンターナットを規定トルクで締め付け。クラッチセンターを取り付けたときのクラッチスプロケットハウジングのスラストは組み付け前の仮組みの際に確認済み。クラッチセンターのダンパーラバーも交換済み。
オルタネーターを取り付け、ローターナットも規定トルクで締め付け。
オルタネーターは付いていたものを一回付けてみて駄目だったら交換市します。
クラッチ周りも取り付け、クラッチケーブルも取り付け、クラッチの切れっぷり調整。プレッシャープレートの開きっぷりを均等にします。
プライマリー組み付け後、キャブ周り分解、清掃。
随分と歪んでいたマニホールド面とフロートボウル面の面研。







1970TRUMPH TR6

a0248662_1111731.jpg

a0248662_1103943.jpg
a0248662_1105344.jpg


Tさんのトライアンフ
ギア欠けしていたレイシャフトハイギアを交換しギアボックス組み付け。
組み付け位置が曖昧なトラのカムプレートオペレーティングクアドラントの位置を確認しつつ組み付け。
ギアチェンジチェックしO.Kだったのですが、レイシャフトニードルベアリングの不良があったので交換することに。此方はパーツ待ちとなりました。
プライマリー側は本組み(上記1965年と同じ内容になりますので割愛)し今回はここまで。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-02 01:35 | その他 | Comments(0)
2016年 06月 07日

1982TRUMPH T140ES ギアボックス周り・腰下搭載

卒業間近のNさんのトライアンフですが、随分とブログに上げていなかったので、一挙紹介予定。
というわけで、今日はミッション周り。


a0248662_1264936.jpg



a0248662_1285020.jpg

a0248662_129439.jpg

まずはケース側、ギアボックスインナーカバーのメインシャフト、レイシャフトベアリング交換。
ハイギアブッシュベアリングはローラーです。


a0248662_129224.jpg
a0248662_1293258.jpg

a0248662_1294361.jpg

ハイギアの軸受けは左右ともにニードルベアリングになっています。
内掛けプーラーで抜き取るのですが、ニードルベアリング(シェル形の外輪がついているタイプ)は抜き取る際に破綻することが多いので嫌です。
こちらもベアリング交換し、スプロケットを仮組みして一応スラストチェック。

a0248662_13004.jpg
a0248662_1301253.jpg

レイシャフトは新品スラストワッシャー(厚み2.3mm)をいれスラストチェック。スラスト量0.15mmに。


a0248662_1302745.jpg
a0248662_1303855.jpg

a0248662_131634.jpg

はじめてやる5速ミッション、シフターフォークの位置関係、カムプレートの動きを確認しギア周り組み付け。
組み付け手順も考えつつ。

a0248662_1315269.jpg

a0248662_1323952.jpg

a0248662_1335010.jpg

アウターカバーアッセンブリーを組み付け、キックスターターの作動チェック。
ソフターペダルを仮組みして、ギアチェンジチェック。


a0248662_134572.jpg

問題なく腰下完成。



a0248662_1354185.jpg
a0248662_1355221.jpg
a0248662_13641.jpg
a0248662_1361677.jpg

フレームにエンジンを搭載する前に、リアモータープレート、マウントカラーなどを仮組しチェック。
右側のリアモーターマウントはRブレーキペダル周り、マスターシリンダーが共止め。なかなかややこしいです。

a0248662_1363891.jpg

エンジン搭載。

a0248662_1365696.jpg
a0248662_137963.jpg

エンジン下側のマウントボルトにもカラーが入り、左右で長さが違います。
また、プライマリーチェーンアジャスターも先に付けておかないと、後から入りません。


a0248662_1372317.jpg

といったところで今日はここまで。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-07 02:11 | 1982TRUMPH T140ES | Comments(0)
2016年 05月 12日

1965TRUMPH TR6 ギアボックス


今日はEさんのトライアンフ、ギアボックッス周りのお話。

a0248662_12152098.jpg
a0248662_12153154.jpg
a0248662_12154712.jpg
a0248662_1215596.jpg

まずはガタがあったメインシャフトハイギアブッシュ、レイシャフトローギアブッシュ製作。
トラのハイギアブッシュは一本ものでありますが、実際にシャフトと摺動する部分は手前と奥部分で真ん中はシャフトにあたりません。このブッシュを作るのがなかなか面倒。またオイルの螺旋溝もクラッチ側にオイルが行かないように止まりになっています。


a0248662_12161156.jpg
a0248662_12162464.jpg

a0248662_12163543.jpg

ハイギアブッシュ圧入。シャフトに入れると少々渋いので軽くラッピング&ホーニングし仕上げ。

a0248662_12165025.jpg

同じくレイシャフトブッシュも圧入しホーニング仕上げ。

a0248662_1217860.jpg

a0248662_12174380.jpg

a0248662_12172041.jpg

レイシャフトハイギアはギア欠けしていたため交換なのですが、レイシャフトハイギアはシャフトとASSYでシャフトごと交換。
で来たシャフトは別体でも使えるもので、車体側軸受け部分がユニットのものよりも長いです。
ユニットで使う場合、クローズタイプのニードルベアリングにどっ付いてしまうので同じサイズにきります。



a0248662_12175963.jpg

a0248662_1218112.jpg

a0248662_12182595.jpg

ケース側、ギアボックッスインナーカバー側ともにメインシャフト、レイシャフトのベアリング取り付け。
レイシャフト側ニードルベアリングはスラストワッシャーの案内分出しておきます。


a0248662_12183812.jpg
a0248662_12185016.jpg

でもともと付いていたスラストワッシャー(厚み2.25mm)を取り付けスラストチェック。
ガスケットをつけていない状態で0.15mmのスラスト量。



a0248662_12191961.jpg
a0248662_12193489.jpg

メインシャフトも仮組み。
メインシャフトはキックスターターラチェットギアを取り付けることで位置決めされるので、ギアを組みチェック。
問題なし。



a0248662_12195418.jpg

a0248662_1220792.jpg

ギアの構造、組み付け方を理解し仮組み。

a0248662_12202250.jpg

a0248662_12203446.jpg

ギアセレクターカムプレート位置を2.5速にしておき、カムプレートオペレーティングクアドラントのギアを中心位置で組み付ける。つまりカムプレートオペレーティングクアドラントが上下にストロークしたときにちゃんとギアセレクターカムが1速位置から4速位置に動く位置にします。

というわけでギア周りの調整終わりです。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-05-12 12:48 | 1965TRUMPH TR6 | Comments(0)
2016年 01月 09日

1960 VELOCETTE VIPER プライマリー周り取り付け

今日はギアボックスが組み終わったベロセット・バイパーのギアボックス搭載、プライマリー周り組み付けです。

a0248662_041479.jpg

ギアボックスマウントでもあるリアエンジンプレートをギアボックスに取り付け。
車体右側のプレートだけ付ける。

a0248662_044934.jpg

a0248662_051076.jpg

フレームに仮止めし、車体左側のプレートを取り付ける。

a0248662_053624.jpg

ギアボックスピボット部のボルトは予め差し込んでおく。


a0248662_0827.jpg

a0248662_081714.jpg

ついでにオイルタンク、チェックバルブ清掃。残念ながらフィルターは入っておらず。
ベロのオイルタンクについているタイプのチェックバルブはオイルが吸われることでバルブが開くため、頼りないスプリングが付きます。ですので当然オイルは落ちます。かといって加圧される部分のバルブではないので、強いスプリングを付けたくない。あまりいい仕組みではないですね。


a0248662_091517.jpg

という訳でギアボックス搭載。

a0248662_094276.jpg
a0248662_095875.jpg

チェーンカバーを取り付ける前に耐油コルクでガスケット製作。
ついでにねじ修正。

a0248662_0101694.jpg

チェーンカバー固定スクリューを取り付け、回り止めでワイヤリング。

a0248662_0103256.jpg

a0248662_0104875.jpg

元々付いていたクラッチスラストベアリングのレース部分は大分段付きに減っていたので新品に交換。

a0248662_011462.jpg

a0248662_0111778.jpg

クラッチチェーンホイール、ベアリングも交換。
計測するとチェーンホイールの内径が小さく、ベアリングに対し嵌め代が0.14mm。
試しに圧入してみると嵌め代がきつ過ぎベアリングが回らなくなります。


a0248662_0113250.jpg

a0248662_0114888.jpg

クラッチチェーンホイールを旋盤に銜え、スプロケット部分で芯をひろい内径拡大。
ベアリングに対し0.03mm~0.04mmの嵌め代に。

a0248662_012184.jpg

a0248662_012158.jpg

圧入しちゃんと動くようになりました。

a0248662_0123335.jpg

クラッチ組み付け。
フリクッションプレートは元々付いていたもの、スチールプレートは錆びていたため交換。

a0248662_0125354.jpg

a0248662_013711.jpg

スチールプレートの凸部分の入りっぷりが悪かったので、少々修正。
ここの入りっぷりが悪いと、クラッチを切ったときに空回りする場合があります。


a0248662_0141262.jpg
a0248662_0143465.jpg

スラストピンも交換しクラッチ取り付け。
面倒なベロのプライマリー調整ごとのお話はまた次回。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-09 03:01 | 1960 VELOCETTE VIPER | Comments(0)
2016年 01月 07日

1960 VELOCETTE VIPER ギアボックス組み立て

修理依頼のベロセット・バイパー。
メインシャフト1stギアブッシュスリーブギアブッシュの製作が終わりギアボックスを組みたてていきます。

a0248662_0251131.jpg

a0248662_0253342.jpg

シーリングワッシャーを付け、スリーブギアベアリング交換。

a0248662_0255331.jpg

a0248662_026553.jpg

メインシャフト・レイシャフトベアリング交換。

a0248662_0263985.jpg
a0248662_0264968.jpg

クラッチオペレーティングカップの位置チェック。
元々入っていたシム5枚を入れ仮組み。オペレーティングカップがベアリングに干渉していないことを確認。


a0248662_0295413.jpg

a0248662_0273370.jpg

a0248662_0274693.jpg

a0248662_0275786.jpg

キックスターターハウジングのガスケットを製作し、レイシャフト仮組み。
スラスト量はは0.2mm程度で良好。


a0248662_0281570.jpg

a0248662_02830100.jpg
a0248662_0284047.jpg

メインシャフトも仮組みしてスラスト量チェック。
メインシャフトだけのスラスト量は0.1mm程度だが、メインシャフトベアリングがハウジング内で少々動いてしまっているようだ。今回はシムを製作しベアリング位置を固定し解消する。


a0248662_030865.jpg
a0248662_0301855.jpg

ギアセレクター周り組み付け。
ベロのセレクター周りの仕組みは小スペースで非常に優れていると思います。このあたりが駄目なものはあまり見ないです。しかしながら、戦後のベロはギアボックスが大きくなるので小スペースこのシステムの有難味が半減。元々外に出ていたシフターチェンジのリンケージをギアボックス内に収納したために、ギアボックスが大きくなったのでしょう。おかげで、シフトチェンジ周りのガタは本当少ないです。
戦前などのシフターチェンジが外にでているベロのギアボックスは、ブッシュを交換しても、すぐガタが出てしまう、弱点なのですね。


a0248662_0303417.jpg

a0248662_030443.jpg

ギアやシャフトは問題なしで組み付け。

a0248662_0305662.jpg

という訳でギアボックス完成。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-07 01:09 | 1960 VELOCETTE VIPER | Comments(0)