タグ:キャブレーター ( 15 ) タグの人気記事


2015年 12月 10日

38VELOCETTE KSS MKⅡ キャブセティング・手直し

ミッション、プライマリーのオーバーホールが終わり、試乗のはずがスイッチの不良からヘッドライトが点かず。
使ってない配線があったりということで配線引き直し。

a0248662_274778.jpg


a0248662_28150.jpg

a0248662_281965.jpg

a0248662_283027.jpg

a0248662_284299.jpg


a0248662_2111316.jpg

で第一回目の試乗。
プラグは真っ黒さん。初めは好かったものの、途中からオーバーフローしてい終了。
キャブ周りと試乗中に気になったところを手直ししていきます。


a0248662_2113631.jpg

a0248662_2115236.jpg

a0248662_212276.jpg

キャブレーター分解。
以前に苦労した跡ががあるフロートバルブ。バルブも駄目ですが、フロートのクリップの締結力が弱く、フロート位置が定まらない。


a0248662_212184.jpg

で新品バルブとフロートに交換。
この新品バルブには溝が2本切ってあるのですが、上の段に付けると、フロートがフロートチャンバーの蓋にあたりオーバーフローします。必然的に溝位置は下の段に。


a0248662_2123338.jpg

AMAL別体フロートはスローのJETをもたず、フロートレベル調整ということになってます。
基準値はエアースクリューの下6mm程度。
とりあえず、オーバーフローすることなくガソリンが止まるようになりました。


a0248662_2233581.jpg

a0248662_2234778.jpg

セッティングにあったってサイズが分からなかったニードルジェットとメインジェットをマニュアル値の#150に交換。ニードル位置は中間位置に。



で試乗中に気になったクラッチ回りの手直し。
普通にクラッチを繋いでいるときは良いのですが、ハイギアからエンジン回転を上げクラッチをミートしようとすると、クラッチ版が空回りしている感覚があったので分解してチェック。

a0248662_224873.jpg

スペーシングディスクの爪の部分に削れた跡が。
スペーシングディスクの凸部分とプレッシャープレートの凹部分のかかりっぷりが悪く、クラッチミート時にトルクがかかると抜けてしまったのでしょう。大分深い傷になっていますので以前から同じ現象があったのでしょう。
分解時にちゃんとチェック出来ていいませんでした・・・。

a0248662_2254127.jpg

a0248662_2251193.jpg

a0248662_22608.jpg

新品のプレートに交換し、予防で爪部分を曲げて調整。


a0248662_2262799.jpg

ガタがあったネックは調整。

a0248662_2264863.jpg

a0248662_227523.jpg

ガーターフォークのスラスト調整。
ガーターフォークはフォーク側とステアリング側がリンクアームとシャフトで連結され、シャフトが摺動部となり上下運動します。

a0248662_2275085.jpg

車体右側のリンクアームには雌螺子が切ってあり雄螺子が切ってあるシャフトと結合しています。
このシャフトを回すことでシャフト位置を変え調整します。


a0248662_228417.jpg

車体左側のシャフトの段つきの量でスラストを決めます。
両サイドのリンクアーム横のローレットワッシャーがガタが無く動く位置シャフトを動かし調整。
ガタが無ければ抵抗になり動きが渋くなり、ガタが多ければガーターフォーク自体のガタにつながります。

a0248662_2285692.jpg

サイドスタンドで調整すると横方向に力がかかった状態になりますので、車体を垂直に立てフォークを動かしながら調整すると分かりやすいです。

a0248662_3551496.jpg

a0248662_3553819.jpg

a0248662_356616.jpg

a0248662_3564976.jpg

大分オイルが吹いていたので、ガスケット製作して取り付けついでにタペットクリアランスチェック。

a0248662_2291012.jpg

a0248662_2292311.jpg

というわけで試乗。
クラッチ周り、、ミッション周りは問題なし。
プラグの焼けっぷりはいいものの、走った感じはもうちょいという感じ。
もうちょっと走りこんでみます。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-12-10 02:14 | 38VELOCETTE KSS MKⅡ | Comments(0)
2015年 07月 15日

1978FXE1200  KEIHINバタフライキャブ

a0248662_1152527.jpg

修理依頼のショベルFXE、元々付いていたS&S Eキャブから、純正ケイヒンバタフライに交換。
中古品を仕入れオーバーホールです。


a0248662_1154064.jpg

バタフライには隙間が無く良好。


a0248662_1155962.jpg

a0248662_1161030.jpg

a0248662_11648100.jpg

JET類は随分大きなものが入っていたので、適正サイズに交換。

a0248662_1173618.jpg

インシュレーター製作。
厚み15mmものを使用し低回転時の安定を狙います。


a0248662_1175992.jpg

a0248662_1182493.jpg

インシュレーターの厚みに合わせ、スタッドボルトを製作するのですが、ネジ穴が駄目。

a0248662_11115236.jpg

a0248662_11125077.jpg

a0248662_1112272.jpg

という訳でヘリサート加工。5/16”-18山


a0248662_11131178.jpg
a0248662_11132146.jpg

a0248662_11133290.jpg

キャブ側、マニホールド側、インシュレーター面研。インシュレーターも面が出ていないことがあるのです。


a0248662_1114090.jpg

スタッド製作。


a0248662_1115372.jpg

プラスチックで出来ているフェーエルフィッティングは割れてしまっていることが多いです。
プラスチック製品は経年劣化でもろくなってしまうのでしょう。


a0248662_11155764.jpg

a0248662_1116933.jpg

ネジを切り、ボルトを立てスラインディングハンマーで抜き取り。

a0248662_11162775.jpg

a0248662_11163931.jpg

真鍮製のフィッティングを圧入。


a0248662_11171487.jpg

a0248662_1118246.jpg

a0248662_11182578.jpg

フロートレベルも随分ずれいたので、適正レベル(14mm~16mm)に調整。
ガソリンを流しオーバーフローチェック。


a0248662_11193057.jpg

a0248662_11194692.jpg

アイドルアジャスターも単品制作し、キャブちゃん完成。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-07-15 11:42 | 1978FXE1200 | Comments(0)
2014年 05月 07日

1965XLCH900 キャブレーター取り付け(ケイヒン)

今日はF井さんのアイアンスポーツ、キャブ回りのお話。
60年代のアイアンですが信頼性のある、ケイヒンバタフライキャブを付けます。

a0248662_1063345.jpg
a0248662_1064771.jpg

まずはシリンダーヘッドにインテークマニホールド取り付け。
キャブがエンジンに対して垂直に出るように(車体うぃ立てたときに、フロートが水平)キャブマウントステーを製作。このステーがインテークマニホールドを押したり、引っ張ったりしないような位置にします。(2次エア予防)

a0248662_1065788.jpg

15mm厚のベークライトでインシュレーター製作。
厚めのインシュレーターでアイドリング、低速時の安定を狙います。

a0248662_1071491.jpg

インシュレーターの厚みに合わせマウントスタッドも製作。

a0248662_1072382.jpg

16mm程度にフロートレベルを合わせます。
実際にガソリンを流し、止まるところと流れ始めるとことを実測。

a0248662_107363.jpg

ジェットをメイン1.65 パイロットを.65でとりあえず組みます。
パイロットジェットのラバープラグを忘れずに。

a0248662_1075254.jpg
a0248662_108266.jpg
a0248662_1081886.jpg

加速ポンプのチェックバルブが動いていなかったので分解し清掃。
このチェックバルブは加速ポンプが利いたときにフロートボウル内にガソリンが逆流しないようにしています。
フロートを振ってカチカチと音がしないと、バルブは固着しています。

a0248662_1083214.jpg
a0248662_1084494.jpg

スロットルバルブも組みなおし、ベンチュリーとバタフライに隙間が無いようにします。
ここに隙間があるとアイドリングが不安定になります。

a0248662_1085380.jpg

パイロットアジャスタースクリューにOリング取り付け。

a0248662_10946.jpg

アイドルアジャスタースクリューも制作。

a0248662_1092128.jpg

という訳でキャブレーター完成。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-05-07 10:30 | 1965XLCH900 | Comments(0)
2014年 04月 08日

1939EL1000 キャブレーター回り

今日はW辺さんのナックルヘッド・キャブ回り。
まずはマニホールドから。

a0248662_2213327.jpg
a0248662_2214551.jpg

マニホールドとブラスリング。
このブラスリングは以前に新品に交換したもののようですが、マニホールドとリングに隙間があります。
この隙間から2次エアを吸うのでは?マニホールド自体も個体差がるのでブラスリングをマニホールドに合わせ単品製作。

a0248662_2402162.jpg

a0248662_2215552.jpg

マニホールドに軽い圧入程度で入るようにしました。

a0248662_222815.jpg
a0248662_2221827.jpg

リンカートキャブの調整へ。
まず、フロートに灯油を入れフロートバルブ・シートが利いているかチェック。
灯油がピタッと止まり問題なし。
フロートレベルも調整。マニュアル値(1/4”)だと濃い目になる事が多いので少し低めに設定。
フロートの浮きっぷりが水平になるようにします。

a0248662_2223018.jpg
a0248662_2225617.jpg

スロットルシャフトはガタがあったので、ブッシュ交換。

a0248662_223583.jpg
a0248662_2232369.jpg

少々擦り合わせをして、シャフトも良品のものと交換しました。



レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。





Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-04-08 03:01 | 1939EL1000 | Comments(0)
2014年 03月 15日

1963FLH1200 2次エアー

修理依頼のパンヘッド。エンジンがかからなくなった、という事で持ち込まれました。
火花は飛んでいる、圧縮はある、ガソリンはキャブまで来ている、という事でキャブ・インテークマニホールドあたりからの2次エアを疑い分解。

a0248662_9315433.jpg

マニホールドのOリング。
コイツもやられているので交換。

a0248662_932677.jpg
a0248662_9321455.jpg

インマニとキャブの当り面の下側から吹き返した後があります。
コイツが怪しい。

a0248662_9323717.jpg

原因はここ。
キャブボディーのネジ山がナメています。
ここの締結が弱く2次エアを吸っていたのでしょう。

a0248662_932553.jpg

一応、キャブも点検・清掃。

a0248662_9331380.jpg

インテークマニホールドのキャブボディーとの当り面は歪んでいます。
先日お話しましたが、Oリングでシーリングするタイプはボディー面とマニホールド面の間にあるOリングを潰してシーリングするため、面当りしていないインマニ面はネジを締めこむことで歪んでしまいます。

a0248662_9333774.jpg

a0248662_9334736.jpg

ボディー側、インマニ側共に面研し、インシュレーター、紙ガスケット製作。

a0248662_934025.jpg
a0248662_9341049.jpg

壊れていたねじ山もヘリサート加工。

a0248662_1064280.jpg

二次エアも無くな、無事エンジンかかりました。
この後、試乗です。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。





Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-03-15 11:02 | その他 | Comments(0)
2014年 03月 13日

続・遊んでるわけではありません。

軽整備でお預かりしていたナックルヘッド。
今日はオーナーのI藤さん試乗です。
初めてのフットクラッチ・ハンドチェンジの車両でスパルタ運転講習です。
もちろんI籐さんはニヤニヤしっぱなしです。

a0248662_2334698.jpg


後日、エンジン・ミッションOHクラスで入学予定。




でコチラは小ネタ。
修理依頼でお預かりしているパンヘッドについていたS&S・Eキャブ。
このキャブレーターはインテークマニホールドとキャブボディーをOリングでシーリングしています。
私はこのOリングタイプはあまり好きではありません。
ボディー面とマニホールド面の間にあるOリングを潰してシーリングするため、面当りしていないインマニ面はネジを締めこむことで歪んでしまいます。

a0248662_234232.jpg

a0248662_2341678.jpg

定盤で軽く面研したマニホールドです。両端しか当たっていません。

a0248662_2342550.jpg

インテークマニホールド面キャブボディー面共に面研し、新たにインシュレーター、紙ガスケットをつくり対処します。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。





Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-03-13 02:57 | その他 | Comments(0)
2014年 03月 11日

ティロットソンキャブレーター

今日はO仲君のアイアンスポーツ・ティロットソンキャブレーターのお話。
このキャブレーターはフロートボウルを持たず、エンジンの負圧によりダイアフラムを開閉しキャブレーター内にガソリンを供給するもの。その為まずしっかり密閉されていることが大事です。

a0248662_10502479.jpg
a0248662_10504831.jpg

コイツは加速ポンプを持たないタイプ。

a0248662_105136.jpg

a0248662_10514830.jpg

ダイアフラムとインレットコントロールレバー&バルブ。
負圧よって持ち上がったダイアフラムがシーソー型のコントロールレバーを押してインレットバルブ(フロートバルブ)を押しガソリンを供給します。
負圧がかからなくなるとスプリングに押されインレットバルブは締まります。
このスプリングの強さによってもバルブの締まりっぷりも変わるので微妙なところです。
この構造で解るように、キックスタート時などの負圧が弱いときのガソリン供給量が問題です。

a0248662_10511984.jpg

インレットコントロールレバーの高さチェック。
ダイアフラムが下がっているときに接点同士だ当たっている程度が良いのではないかと。

a0248662_10531623.jpg

インレットバルブから供給されたガソリンは印の付いた穴から、メインのガソリン通路へ。

a0248662_110307.jpg

白い印の穴は加速ポンプへのガソリン通路。
コイツは使わないのでガスケットで止めます。

a0248662_10542166.jpg

コチラはメインジェット .057(スポーツスターSTDサイズ)

a0248662_10543045.jpg

a0248662_10561146.jpg

インターメディエイトスクリュー、中速域のガソリン量を調整します。
ベンチュリー上部の複数の穴かポート内へ。

a0248662_10562935.jpg

ボディー上部のアイドルスクリューでアイドリング時のガソリン量調整。

今回は生徒さんの強い希望でこのキャブレーターを使いましたが、負圧のかかりが弱くなるとガソリンを供給しなくなるこのキャブは、問題が多くお勧めできませんね。
まぁこういう問題をひとつづつ改善していくのも旧車イジリの面白さでしょうか。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-03-11 12:10 | 1968XLCH900 | Comments(1)
2014年 02月 15日

ケイヒンバタフライキャブレーター(加速ポンプ)

今日は修理依頼のT口さんのアイアンスポーツのキャブ交換です。
交換するキャブレーターはケイヒンバタフライ。もちろん新品は無いので、中古品を購入しオーバーホール。

a0248662_2314135.jpg

まず全バラし清掃。

a0248662_2321017.jpg

割れてしまっていたインレットフィッティングは交換。
純正のプラスティックのものは良く割れています。

a0248662_232232.jpg

アイドルトランスファーポート上のメクラ蓋部分にロックタイトを塗り2次エア予防。

a0248662_2324026.jpg

フロートレベル調整。
フランジ表面から16mm程度。

a0248662_2325620.jpg
a0248662_2331148.jpg

スロットルケーブルが付いていなかったので製作。

a0248662_2334819.jpg

スロットルストップスクリューも製作。

a0248662_2341825.jpg

スロットルケーブルも長さを調整し直し、取り付け。
しかしながら加速ポンプからガソリンが噴射しない。

a0248662_2344274.jpg

加速ポンプノズルを抜き取る。

a0248662_235174.jpg
a0248662_2351022.jpg

原因はコイツ。
加速ポンプのチェックバルブが固着していました。

a0248662_2355668.jpg

a0248662_2422848.jpg

フロートボウルの底にある小さな穴から、加速ポンプハウジング内にガソリンが供給されます。
ダイヤフラムが押されると圧力で加速ポンプノズルからガソリンが噴射されるわけですが、その時フロートボウル内に逆流しようとするガソリンをチェックバルブが止めるわけです。

固着していない場合フロートボウルを振るとカラカラと音がします。

a0248662_2363412.jpg

点火時期も少々早かったので調整し直し、エンジン始動。
キャブセッッティングしがてら試乗でも・・・などと考えていたのですがまたもや大雪。
狭い作業場ではバイクを出さなきゃ作業が出来ない・・・という事でワタクシのVLDは雪に埋もれています。







業務連絡
明日も店を開けちまちまと作業をしていますが、生徒の皆様は無理をせずに。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-02-15 03:26 | その他 | Comments(0)
2014年 01月 25日

1977XLCR ケイヒンキャブレーター

a0248662_1161673.jpg

今日はXLCRのキャブのお話。
もともと付いていたウエバー製ツースロートは却下。中古ケイヒンバタフライをオーバーホルして使います。

a0248662_1162566.jpg

分解し徹底洗浄。

a0248662_116441.jpg

マニホールド当り面、面研。
ここの面がでていないと2次エアの原因になります。インシュレーターもやっておくと良いです。

a0248662_1174240.jpg

JETはとりあえずメイン165。パイロット0.65を入れてみます。

a0248662_117113.jpg

パイロットジェットのゴムプラグを入れるのを忘れずに。

a0248662_1171362.jpg

フロートレベルを合わせます。
14mm~16mm程度。

a0248662_1173374.jpg

中速域バイパスポートのメクラ蓋にロックタイトを塗ります。
ここから2次エアを吸う場合があるのです。

a0248662_1175219.jpg

ロースピードミクスチャースクリューにOリングをつけえます。これも2次エア防止。

a0248662_119482.jpg

スロットルストップスクリューはアジャストしやすいものを製作。

a0248662_120732.jpg

という訳でキャブレーター取り付け完了。


今週土曜日、日曜日はトリニティースクール解体作業、閉校式があるのでお休みします。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。





Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-01-25 02:22 | 1977XLCR1000 | Comments(0)
2013年 07月 27日

1971XLH900 出戻り

卒業生のK田君のアイアンスポーツ。
「絶好調ですよ!」発言から何日か後の事故報告。
油断大敵慣れた頃が危ないのです。皆さん事故にはお気を付けを。

a0248662_156858.jpg

幸いバイクは軽傷でキャブ、アクセルワイヤー、配線回りなど軽整備で済みそうです。
という訳で終了したキャブを交換。
元々付いていたキャブはケイヒンバタフライ。このキャブのチョーク、加速ポンプ回りのプラスティック部品はパーツが出ないのでキャブ本体をヤフオクで購入。
清掃、シール交換、各部チェック。

a0248662_221334.jpg

フロートバルブを交換し、フロートレベルをチェック。
14mm~16mm

a0248662_22235.jpg

パイロットジェットのラバープラグを忘れずに。

a0248662_231219.jpg

a0248662_223550.jpg

元々メクラされている年式のパイロットアジャスタースクリューには2次エア防止でOリングを入れると良いです。

a0248662_224869.jpg

スロットルケーブルホルダーも年式によって違います。
このキャブには付いてなかったので、元々付いていたものを加工してつけました。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-07-27 02:36 | 1971XLH900 | Comments(0)