Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:オーバーホール ( 82 ) タグの人気記事


2017年 05月 09日

1973XLCH1000 バルブシートカット・バルブスプリング取り付け

バルブガイド交換、リーマー加工まで終わっている、Kさんのアイアンスポーツ。
今日はその後、バルブシートカットとバルブスプリング取り付け長合わせのお話。



a0248662_8233184.jpg




a0248662_8242276.jpg
a0248662_8243773.jpg
a0248662_8245028.jpg
a0248662_8334062.jpg

まずはEX側
あたり幅は悪くないが虫食いがあった45度面をシートカットし30度面、60度面ともに少々カットし、バルブシートとバルブフェースのあたり位置合わせと幅調整し当たり幅1.5mm程度に。




a0248662_825306.jpg

a0248662_8262880.jpg

a0248662_826128.jpg

a0248662_8321848.jpg

IN側は虫食いが少ないものの、シート面が大分広がっています。
此方も、バルブフェースの良い位置に当たり面がくるように30度面、60度面をカット。
特に60度面を大分カットし、バルブシートとバルブフェイスのあたり位置調整。
IN側はあたり位置が外目に来るようにしてあたり幅1.3mmに。







a0248662_834245.jpg
a0248662_8344261.jpg

a0248662_8364516.jpg

擦り合わせそして、それぞれ灯油漏れチェックしO.K。
シートカット・擦り合わせ終わり。




a0248662_835789.jpg

a0248662_8352440.jpg

ヘッド面、ロッカーカバー面面研磨



a0248662_8354240.jpg

a0248662_8373023.jpg
a0248662_8375181.jpg

ここからはバルブスプリング。
インナースプルリングを取り付け仮組みし、アウタースプリングの取り付け長計測。
一部0.4mmのシムで取り付け長を調整し、EX同士、IN同士の取り付け長をあわせる。



a0248662_838574.jpg
a0248662_8382517.jpg

取り付け長でのバルブスプリング圧計測。
アウター・インナーそれぞれ計測しアウターとインナーの組み合わせ調整し4本ともほぼ同じ取り付け圧にしてバルブスプリング取り付け。


a0248662_8384227.jpg

というわけでヘッド周りの作業終わりです。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-09 08:56 | 1973XLCH1000 | Comments(0)
2017年 04月 28日

アイアンスポーツ フロントフォーク修理 

a0248662_945039.jpg
a0248662_9452262.jpg
a0248662_9454628.jpg
a0248662_9463339.jpg

a0248662_9464868.jpg
a0248662_947116.jpg


修理依頼のアイアンスポーツのフロントフォーク
71年~72年式に使われていたフロントフォークです。
ダンパーピストンを止めているCクリップは破綻(以前やったこの年式のフォークもCクリッップ破綻していたな)ローダウンしていたのかスプリングはカットされ、ダンパーにカラーが入っています。
シールホルダーは叩かれたのか変形、ドレンボルトは駄目でしたが、雌ネジ側はタップを立て問題無し。



a0248662_9475284.jpg
a0248662_94858.jpg

インナーチューブとブッシュ計測。
インナーチューブは多少メッキがやれているものの寸法的には問題なし。
フォークブッシュはロワー側は問題無いがアッパー側は大きいところで0.3mmと広がっているので交換。


a0248662_948338.jpg
a0248662_948574.jpg

a0248662_9491129.jpg

ブッシュ抜き取り、アウターチューブ径計測。
0.05mm楕円、奥側が少々縮んでいる状態。これはブッシュで調整します。


a0248662_9495195.jpg
a0248662_9501711.jpg

変形していたシールホルダーは研磨し修正。




a0248662_9503489.jpg
a0248662_951477.jpg
a0248662_9512370.jpg
a0248662_9514114.jpg

a0248662_952136.jpg

フォークブッシュ製作。
外径37mm以上、内径33.43mmのブッシュ製作。本当はこれだけ大きいブッシュを作るのは大変なので嫌なのですが、以前に社外製ブッシュを高い値段を出して買ったところ、外径が合わずテスポなどということがありましたので、アルミ青銅で製作します。
また、フォークの場合斜め方向に力がかかるため、クリアランスは少々多目で。





a0248662_9522584.jpg

a0248662_9524689.jpg

a0248662_953280.jpg

a0248662_9531374.jpg
a0248662_9532679.jpg


ブッシュ圧入し計測。
やはりアウターチューブ側が0.05mm楕円分ブッシュも楕円に。
中古アウターチューブを使いコンパウンドを付けラッピング。修正し抵抗無くスライドするように。
ラッピングした後は、清掃しづらいアウターチューブ内をコンパウンドが残っていないように徹底清掃。

a0248662_9534744.jpg
a0248662_954554.jpg
a0248662_9542128.jpg
a0248662_9544234.jpg

フォーク組み付け。
ダンパー周りのクリップ交換。この年式のダンパーマウント部はアウターチューブ側座面部がテーパーになっており、Oリング&ワッシャーでシーリングしますが、もともとのワッシャーが変形していたので45Cの硬いワッシャーに交換し取り付け。
でかいマイナスドライバーでダンパーを固定しダンパーボルト締め付け。

a0248662_955054.jpg

a0248662_9553089.jpg

シールを取り付け、完成だが注文中のスプリングがまだ届かず・・・。
というわけでこの作業は終わり。


a0248662_956167.jpg


SさんのBSA B50 継続車検終了。
愛車VLは車検切れ、足バイクであったスペイシーは終了し最近バイクに乗っていなかった私。
試乗と称し乗ったB50は非常に軽く楽しいバイクですね。 久しぶりに購買意欲が・・・。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-04-28 10:43 | その他 | Comments(0)
2017年 04月 26日

750トライアンフヘッド修理(シートカット擦り合わせ・バルブスプリング)

a0248662_9501724.jpg
a0248662_9503766.jpg
a0248662_9505044.jpg

前回バルブガイドを入れ替えたトライアンフのヘッドさん。
光明丹をつけあたりっぷりチェック。4本とも全集に当たり状況良し。
4本ともバルブ傘下目にあたっています。


a0248662_9525388.jpg

a0248662_9511237.jpg

まずEXがわから
虫食いが酷かったEX側はまず虫食いが取れるまで最小限で45度面シートカット。


a0248662_9521170.jpg

a0248662_9523667.jpg

バルブシートとバルブ傘面の位置を合わせ30度面カットし、あたり幅1.5mmに。



a0248662_9531788.jpg
a0248662_9533336.jpg

IN側は45度面の状態が悪くなかったので、45度面は擦り合わせで仕上げます。
この車両は今までほぼシートカットをしていないと思われる車両で、なるべく45度面をカットしないようにします。
バルブ傘面とシートのあたり位置を合わせ、こちらも30度面カットし当り幅1.3mmに。

a0248662_9535061.jpg
a0248662_9541086.jpg

擦り合わせし仕上げ、灯油漏れチェックしO.K

a0248662_1094090.jpg

a0248662_1095625.jpg

a0248662_10101068.jpg

バルブガイドを鍔付きのものにしたためロワーバルスプリングブカラーは拡大加工し取り付け。

a0248662_95429100.jpg
a0248662_9544931.jpg

バルブスプリング。インナーを取り付けアウタースプリングの取り付け長チャック。
IN同士・EX同士で取り付け長の差異無くO.K。シム調整無し。

a0248662_95555.jpg
a0248662_9552370.jpg

アウタースプリング・インナースプリングを取り付け長でスプリング圧チェック。
アウターとインナーの組み合わせを調整し4本とも同じスプリング圧に。


a0248662_9554072.jpg

a0248662_10144826.jpg

バルブスプリング取り付け、ヘッド完成です。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-04-26 10:16 | その他 | Comments(0)
2017年 04月 24日

日曜日の授業風景



1951TRIUMPH T100

a0248662_8422132.jpg

a0248662_8425686.jpg
a0248662_8431813.jpg
a0248662_8433764.jpg
a0248662_8435959.jpg

a0248662_844142.jpg
a0248662_8442638.jpg


Hさんのトライアンフ
フロント、リアともにブレーキ周り分解し清掃チェック。
F・Rともにブレーキオペレーティングカム軸部にガタが随分あります。
F側はカムシャフト自体の磨耗は少ないのでそのまま使い、出入り口がテーパー状に広がっているプレート軸穴をボール盤にセットしアジャスタブルリーマーで内径拡大。
片肉0.5mmのブッシュを入れるため、役1mm拡大しました。
カムシャフト径、軸部に合わせブッシュ製作し圧入。ガタ無しさんに。
リア側はカムシャフト自体樽状に変形していますので、パーツ交換。その上で調整します。




1979FXS1200

a0248662_8444520.jpg
a0248662_8451559.jpg


部分修理で入学のOさんショベルヘッド。
エンジンが暖まりきると、アイドリング時に旺盛にストールする症状を改善するものです。
この車両はうちでOHした車両ではないので現状がわかりません。
とりあえず、キャブのセッティングを変えてみたりしつつ状況をみつつ現状を把握。
やはり、エンジンが暖まり切るとマニホールド部分からエア吸いをしているようなので、このあたりから手をつけていきます。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-04-24 09:02 | その他 | Comments(0)
2017年 04月 22日

TRIUMPH750 ヘッド修理(バルブガイド)

a0248662_8365416.jpg
a0248662_837787.jpg
a0248662_8371921.jpg
a0248662_837314.jpg


今日は修理でお預かりしているトライアンフのヘッドのシリンダーヘッドのお話。
そもそもロッカーカバーマウントボルトのメネジ部分の修理でお預かりのヘッドでしたが、バルブフェース面、バルブシート面の虫食いもあり、ガイドホールもEX側は下部が0.15mm~0.3mmとだいぶ広がっていたので交換することに。
もともと、ロッカーマウント螺子が駄目になり、そのためロッカーアームとバルブのあたり角度が変わりバルブとガイドが齧った車両で、バルブが変磨耗したのでしょう。

a0248662_8541815.jpg

a0248662_8374867.jpg
a0248662_838114.jpg

燃焼室内、ポート内のカーボンをブラストしガイド抜き取り。
いつものように抜き取り工具でガイドを引っ張り上げると工具の螺子は進んでいくが、ガイドは上がってこない・・・?
ガイドを見てみると、押しているポート内のガイドが変形している。ガイドが抜ける前に変形したようだ。
今回、ガイドを抜く前にアルミロウで螺子部を埋めるためヘッドを熱したときにガイドが焼きなまったのか?
こらはわたくし初めての経験です。
ともあれ、変形したままだとガイドが抜けないのでヘッドを傷つけないようにリューターでガイドの変形部分を削り、バルブガイド頭側に螺子をきりボルトを入れ抜き取り。




a0248662_8383192.jpg
a0248662_8384485.jpg
a0248662_8385615.jpg

抜き取り後、ヘッド側ガイドホール計測。
しっかりカーボン除去したおかげで縦傷は少ない。
しかしながら、入り口から出口にテーパー状にに少々変形している。
この年代のトラのバルガイドには鍔が無くそのため、バルブの動作方向に変形しているものと思われる。
シートに対して垂直にリーミングできる冶具を使いリーマーで真円拡大。



a0248662_8391667.jpg
a0248662_8393072.jpg

バルブ・バルブガイドははkibblewhite製のものを使います。
ガイドは鍔つきのものに。


a0248662_8394810.jpg
a0248662_840171.jpg

うちのブログで何度も書きますが、アルミ青銅製のバルブガイドは粘り硬く、切削が困難なのでガイド圧入前にバルブステム径+クリアランス分のリーマーで内径拡大。
切れずらいので0.01mm刻みでリーマーを通します。



a0248662_8402277.jpg
a0248662_8403698.jpg

それぞれのヘッド側ガイドホールにあわせ外径加工。ホール径+嵌め代分。




a0248662_8405629.jpg
a0248662_8411038.jpg

a0248662_8412369.jpg

a0248662_8415517.jpg

テーパー状になっているガイド鍔部分にあわせ押し工具を作りバルブガイド圧入。


a0248662_8421329.jpg
a0248662_8422512.jpg
a0248662_8423719.jpg
a0248662_8434896.jpg

圧入後、圧入部分は内径が縮みますので、あらためてリーマー加工。
こちらも同じく0.01mm刻みで切って行きます。
このリーマーというやつは100分台で内径を出すためのものなので、切れすぎたらまずい。そのため切れづらくなっています。
そのためリーマーを通してもその寸法に切れていないことがあります。
リーマー通した後計測確認。



a0248662_844316.jpg

ガイド加工後、バルブの当たりっぷりチェック。
すべて、バルブとシートは全面あたりしています。つまりシートに対しガイドが真直ぐ入ったということ。
これで、シートカットが少し気楽です。
というわけで次回バルブシートカットです。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-04-22 09:24 | その他 | Comments(0)
2017年 04月 20日

1968BSA A65 カムシャフトブッシュ・アイドラギアシャフトブッシュ

a0248662_12423272.jpg

今日はTさんのBSA A65 タイミングギア周りのお話。
BSA A65カムシャフトブッシュはタイミングケース側2個、ドライブケース側1個の3連で組まれています。
タイミング側はシャフトに対し0.08mm~0.1mm、ドライブ側はシャフトに対し0.27mm~0.17mmとブッシュ交換。
またタイミングギアブッシュはシャフトに対し0.08mm~0.09mmとせっかくなので交換。


a0248662_12424487.jpg
a0248662_1243511.jpg
a0248662_1243243.jpg

a0248662_12433875.jpg
a0248662_12435037.jpg


まずカムブッシュ側から
ドライブ、タイミング側ともに専用に作った工具を使い抜き取り。
それぞれケース側ブッシュホールをそれぞれ計測。


a0248662_1244997.jpg
a0248662_1244255.jpg
a0248662_12443666.jpg

2連で入っているタイミング側のカムブッシュ
トライアンフの社外パーツのカムブッシュと違いBSAのものは寸法が良いので、リプロのブッシュを使います。
まず外径をケース側にあわせ加工。適正嵌め代にして、ブッシュ圧入。



a0248662_12445330.jpg
a0248662_124597.jpg
a0248662_12452032.jpg
a0248662_12453360.jpg

ドライブ側のブッシュ
リプロブッシュにはオイル穴が開いていませんので位置をあわせオイル穴加工しケースに圧入。



a0248662_12455452.jpg
a0248662_1246457.jpg

a0248662_12462310.jpg

専用リーマーを使い両ケースを合わせラインリーミング。
しかしながらリーマーを通してもカムシャフトの動きが渋い。
リーマーは元開いている穴にならい穴を拡大していくものなので、BSAやトラのようにカムシャフトの軸受けの距離が長いものは多少の芯ずれでも左右のカムブッシュの芯が合いずらいです。

a0248662_12464336.jpg
a0248662_12465687.jpg
a0248662_124776.jpg
a0248662_124834100.jpg
a0248662_12484691.jpg

専用ラッピングロッドをつくり、コンパウンドを使いラッピング。


a0248662_1249890.jpg

カムシャフトをいれスルスルに。



a0248662_12493440.jpg


a0248662_12495343.jpg
a0248662_1250318.jpg

ここからはアイドラギアブッシュ。
こちらもブッシュ交換しシャフトの動きが渋い
リーマー真直ぐ案内冶具をつくりケース側とインナーカバーをあわせラインリーミング。
リーマーはアイアン用のものがピッタリさんでありました。



a0248662_12502317.jpg

a0248662_12503631.jpg

インナーカバーガスケットを付けスラスト量チェック。


a0248662_1250503.jpg
a0248662_1251154.jpg

a0248662_12512045.jpg

新ブッシュの鍔部分の厚みあがあり、スラストが無い。
鍔部分を研磨しスラスト量0.3mmに。


a0248662_12514151.jpg
a0248662_12515398.jpg

アイドラギアとカムギアを取り付け回りっぷりチェック。
一部渋い部分がありましたので、金属磨き粉をつけ少々すり合わせ。
クランクピニオンギアをつけ回りっぷりチェックし問題なしで、タイミングギア周りの作業O.Kです。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-04-20 13:19 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2017年 04月 19日

1968BSA A65 バルブシートカット&バルブスプリング



今日はTさんのBSA A65のヘッド周りのお話。
バルブガイド加工圧入済みでバルブシートカット&スプリング組み付け。


a0248662_7321889.jpg

a0248662_7324140.jpg

バルブガイド及びバルブはkibblewhite製新品に交換。
軽く擦り合わせた状態でベタあたり。
バルブフェース面が細く作られているA65のバルブではフェース面が全部あたっている状態。
バルブシートはほとんど減っていない状態で良好。


a0248662_7325847.jpg
a0248662_7332147.jpg
a0248662_7343735.jpg

バルブシートカット、擦り合わせをしバルブ傘面とシートのあたり幅1.5mm程度に。
60度面をメインにカットし30度面は整える程度に。
一部30度面カットに苦戦、同じシートカッターを使いつつも車種によって、やり方を変える必要があるな・・・などと考える。
無事、シートカット擦り合わせ終わり。


a0248662_7393739.jpg

灯油漏れチェックしO.K


a0248662_7385053.jpg

a0248662_814024.jpg

a0248662_739260.jpg

ヘッド面やマニホールド面など面研して、バルブを付けヘッドに熱をかけバルブの動きが渋くならないかチェック。



a0248662_7395798.jpg

ここからはバルブスプリングのお話。
バルブのスプリング長チェック。マニュアル値44.45mm
4本とも数値的の問題ないので交換せずそのまま使用。


a0248662_7402273.jpg
a0248662_7413553.jpg

a0248662_742066.jpg

インアースプリングだけ取り付け、アウタースプリングの取り付け長チェック。



a0248662_7421793.jpg
a0248662_872355.jpg

シム調整をしIN同士、EX同士のスプリング取り付け長を合わせる。
丁度ハーレー用のスプリングシムがピッタリであります。



a0248662_7425385.jpg
a0248662_743773.jpg

アウター・インナースプリングのスプリング圧をそれぞれ計測し、組み合わせを変え、4本のスプリング圧を均等にする。
またA65のバルブスプリング(アウター)はサージング防止プログレッシブになっています。
巻きが細かいほうが下にして組みます。

a0248662_7432324.jpg

というわけで組み付けバルブ周り完了。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-04-19 08:21 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2017年 04月 15日

金曜日なんやかんや製作物





1951 TRIUMPH T100



a0248662_830670.jpg
a0248662_8303756.jpg
a0248662_8305393.jpg
a0248662_831637.jpg

Hさんのトライアンフギアボックッス周りの製作もの
まずはヘリサート処理したドレンボルト製作。



a0248662_8324369.jpg
a0248662_8325747.jpg

レイシャフト1STギアのブッシュもぴったりに製作。


a0248662_8331331.jpg
a0248662_8333062.jpg
a0248662_8334280.jpg

a0248662_83499.jpg

a0248662_8342235.jpg

ハイギアブッシュ
まず段減りしていたメインシャフトの芯の確認し、ハイギア摺動部の研磨。
研磨したシャフトにあわせブッシュ製作。
長物のブッシュでしかもトラのブッシュは段付き加工がされていて、なかなか面倒です。
オイル溝加工もしO.K。



a0248662_8344493.jpg
a0248662_8345796.jpg

研磨し小さくなったハイギアブッシュの内径にあわせ、ラッピングロッド製作。





1968BSA A65



a0248662_8352964.jpg
a0248662_8354781.jpg
a0248662_836075.jpg


TさんのBSA
こちらもギアボックス・ヘリサート処理したドレンボト製作。


a0248662_8362527.jpg
a0248662_8364059.jpg
a0248662_837360.jpg
a0248662_8371657.jpg
a0248662_8372863.jpg

パーツが出なかったプランジャーのプラグボルトも製作。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-04-15 08:48 | その他 | Comments(0)
2017年 04月 12日

1964XLCH900 クランク芯だし

今日もS君のアイアンスポーツ、クランク周りのお話。

a0248662_8161711.jpg

a0248662_8134395.jpg

コンロッドベアリングレースは状態良くそのまま使います。以前にしっかりラッピング済みという感じです。
ローラーは交換し、4.778mmのローラーを入れ、F側0.015mm、R側0.025mmのクリアランス。
コンロッドの振れっぷりはF側0.65mmR側0.4mm程度


a0248662_813598.jpg
a0248662_8141242.jpg




クランク芯だししドライブ側、タイミング側ともに0.01mm程度の振れに調整。
クランクの芯だしはクランクピンナットが規定トルクを目安に締まりきるところで振れを無くすのが難しいです。クランクピンナットを締めれば締めるほどクランクが言う事を聞かなくなるからです。
ある程度ナットを閉めつつ、クランクの振れを調整し、またナットを締め調整・・・を繰り返し芯を出していく感じです。


a0248662_8145167.jpg

ともあれ、無事終了し、クランクとケース組みつけ作業。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-04-12 08:31 | 1964XLCH900 | Comments(0)
2017年 04月 11日

1964XLCH900 コンロッドスラスト

今日はS君のアイアンスポーツ、クランク周りのお話

a0248662_8181021.jpg

分解前、コンロッドのスラスト量を計測すると0.7mm~0.8mmと少々多め。
スラストワッシャーを交換することに。
元々付いていたものは1.85mmのSTDサイズでスラストワッシャー自体はそんなには減っていない。コンロッド側が減っていると思われる。

a0248662_820556.jpg

スラストワッシャーはアルミ青銅で単品製作。

a0248662_8202397.jpg
a0248662_8203764.jpg

専用生爪に銜え、逆算したオーバーサイズのワッシャー製作。
なかなか説明が難しいがこの2mm程度の厚みのワッシャーの両端面の平行を出すのが難しい。


a0248662_8214359.jpg

寸法をしっかり出しているので、フライホイールに圧入気味で取り付け。

a0248662_822871.jpg

アルミ系ワッシャーにあわせ、ベアリングケージはアルミ製のものに交換。

a0248662_8222159.jpg

一旦仮組み、スラスト量を計ると少なめだったので、研磨し調整。


a0248662_8235138.jpg

クランクピンナットを規定トルクで締め付け、スラスト量0.3mm程度に。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-04-11 08:39 | 1964XLCH900 | Comments(0)