Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:オーバーホール ( 67 ) タグの人気記事


2017年 05月 21日

土曜日の授業風景


1968BSA A65

a0248662_793937.jpg

a0248662_7101244.jpg

a0248662_7103065.jpg
a0248662_7105675.jpg
a0248662_711731.jpg
a0248662_7112462.jpg
a0248662_7115027.jpg
a0248662_712651.jpg


NさんのBSA A65
シリンダーのスタッドを外しヘッド面面チェック・研磨しボーリング加工の準備。
オイルポンプチェック。
69年以前のBSAのオイルポンプはアルミボディーで70年以降の鉄ボディーのものと比べ動きが悪い。分解し、ギア・ボディー内壁、ギアのでっぷりをチェック。
位置決めピンが無いこの年式のポンプは左右ボディーの連結ボルトの締めっぷりでギアの回りっぷりが変わるので良く回るところでポンプボディーのボルトを締め付け。
ケースとの合わせ面面研しケースに取り付け、規定トルクで締め付けまわりっぷりチェック。








1967TRIUMPH TR6

a0248662_7123954.jpg
a0248662_7125420.jpg
a0248662_7131448.jpg
a0248662_7133271.jpg
a0248662_7134684.jpg
a0248662_7142353.jpg

a0248662_7143746.jpg

a0248662_718433.jpg


Oさんのトライアンフはエンジン周りの螺子修正。
螺子表とにらめっこをしつつタップダイスを使い螺子修。
エンジン腰した周りすべてチェックした後、駄目だったねじ山はヘリサート加工。ボール盤にケースをセットし下穴開け、タップたて、コイル挿入。
プライマリー側の螺子山はほぼ全滅でOさん自らボール盤セットし初めてのヘリサート加工でした。







1978TRIUMPH T140

a0248662_7152877.jpg
a0248662_7154733.jpg

a0248662_7163247.jpg
a0248662_7165172.jpg

a0248662_7161026.jpg

a0248662_7185312.jpg

a0248662_719623.jpg

a0248662_7194998.jpg
a0248662_7212727.jpg



Tさんのトライアンフは車体周り分解。
フレーム単体にして清掃後、サンププレートを抜くと結構なスラッジ。
フレームがオイルタンクになっているオイルインフレームなので、フレームオイルタンク部に灯油をいれ2人がかりでシェイクし清掃。まぁ寸胴形状のオイルタンク部なので、余計なところにスラッジが溜まらず、下部のフィルターにスラッジがたまるので、オイル管理は楽かもしれません。
ネック分解。ベアリングレースは少々やられているのでベアリング交換。
スイングアームのスリーブとピボット部ブッシュ計測。
クリアランス0.05mm~0.06mmと状態良し。
固着していたブレーキキャリパーのピストンを抜くのに苦戦。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-21 07:54 | その他 | Comments(0)
2017年 05月 20日

1951TRIUMPH T100 バルブ・バルブガイド加工&製作物

a0248662_758771.jpg
a0248662_758209.jpg

HさんのトライアンフT100
ヘッド側バルブガイドホールがグズグズだったので、リーマーをバルブシートに対し垂直に通し真円に。
真円加工したガイドホールに合わせバルブガイドの加工。



a0248662_7583838.jpg
a0248662_7585679.jpg

以前にもお話した通り熱膨張率の違うアルミシリンダーに鋳鉄ガイドの組み合わせのため、ガイド圧入部にオイルが進入し固着したと思われるヘッド。
そのため、今回はアルミ青銅製のバルブガイドを使いたいのですが、いつも使っているKIBBLE WHITH製のブラックダイアモンドバルブのT100用のものが出ていない。
アルミ青銅製のガイドを使いクリアランスを詰めると、バルブステムに傷が入り抱きつき気味になる恐れがありますので、今回は実験的にバルブステムにDLC(ダイアモンド・ライク・カーボン)コーティングしてみました。
コーティング後ステム径計測しほぼ数値は変わっていませんでしたので、ガイド加工へ。

a0248662_7591588.jpg

まずはガイド内径を予め拡大。
専用生爪に銜え、バルブステム径+IN・EXそれぞれのクリアランス分のサイズのリーマーで拡大。


a0248662_80236.jpg
a0248662_803793.jpg
a0248662_804973.jpg

芯の確認をして、バルブガイド外径を真円加工したヘッド側ガイドホールに合わせ、それぞれ外径切削・研磨。
KIBBLE WHITH製のガイドは大分大きめのガイドを作っているので助かります。
というわけで、バルブガイドの前加工終わり。


で残っていたG/B周りの製作もの。

a0248662_814185.jpg

a0248662_854580.jpg

a0248662_821950.jpg
a0248662_823315.jpg

ギアチェンジスピンドルブッシュをシャフト、インナーカバーにあわせ製作。
また、ギアチェンジスピンドル用のラッピングロッド製作。


a0248662_825293.jpg
a0248662_831260.jpg

クラッチプッシュロッドのブッシュを製作しT100さんの製作物はほぼ終わりかしら。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-20 08:31 | 1951TRIUMPH T100 | Comments(0)
2017年 05月 18日

水曜日の授業風景


1979TRIUMPH T140E

a0248662_9551210.jpg

a0248662_955492.jpg
a0248662_95631.jpg

a0248662_9562969.jpg
a0248662_9565727.jpg

a0248662_957910.jpg

a0248662_9572241.jpg

a0248662_9573732.jpg
a0248662_9575022.jpg
a0248662_958198.jpg


D君のトライアンフ
クランクさんが内燃機屋さんから上がって来ましたのでクランク組み付け準備。
クランクシャフトベアリング・ギアボックス周りのベアリングを取り付け。
リグライドしてもらったビッグエンドジャーナルとコンロッドメタルのクリアランス確認後、規定トルクで組み付け。スラッジチューブ、プラグ、フライホイールボルト取り付け。
ギアボックッス・ハイギアのニードルベアリングを取替え、ギアボックッスに取り付け。
次回、クランク組み付け。








1967TRIUMPH TR6

a0248662_1024635.jpg
a0248662_103440.jpg

a0248662_1034213.jpg

a0248662_104498.jpg

a0248662_10436.jpg


a0248662_1055916.jpg

a0248662_1061158.jpg

a0248662_107837.jpg


Oさんのトライアンフ
パクリと割れていたクランクケースのDスプロケットチェーンガード部分。
TRUE CLASSICさんに出張頂き、溶接修正。
ガタがあったカムブッシュ抜き取り、ケース側カムブッシュホール計測。
ほぼ、分解計測作業が終わりましたのでケース周りのネジ修正作業へ。
螺子穴に詰まったガスケットを除去するのとともに、雌螺子・雄螺子ともにタップダイスを使い1本1本修正し、駄目な部分を確認し、ヘリサート・ウエルド君・溶接し修正します。
初めての英車でイギリスインチの規格に苦戦する地味な作業ですが、大事な作業です。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-18 10:26 | その他 | Comments(0)
2017年 05月 13日

1951TRIUMPH T100 ギアボックス分解・製作物


HさんのトライアンフT100のギアボックス。
分解・清掃・チェック・計測しギア類は問題なし。ベアリング、ブッシュ関係は全交換となります。
というわけで、今日はギアッボックスのブッシュ類をなんやかんや製作。


a0248662_22212345.jpg




a0248662_22235926.jpg
a0248662_22243169.jpg

a0248662_22261196.jpg

a0248662_22262423.jpg
a0248662_22263686.jpg

なめかかっていたドレンボルト雌螺子はヘリサート処理し、真鍮でドレンボルト製作。


a0248662_22224829.jpg
a0248662_22233666.jpg

a0248662_22223021.jpg

メインシャフト・ハイギアブッシュ、レイシャフト1STギアブッシュは0.1mm以上クリアランスがあったのでブッシュ交換。


a0248662_22313187.jpg
a0248662_22315013.jpg

a0248662_2232580.jpg
a0248662_22321926.jpg
a0248662_22323488.jpg

ハイギアブッシュはまず段つき磨耗していたメインシャフトのブッシュ摺動部を芯を確認しつつ研磨。研磨したメインシャフトに合わせハイギアブッシュ製作。
トライアンフのハイギアブッシュは1本物で左右出口部分二箇所でメインシャフトと摺動するようにっています。つまり内側で段つき加工されていますので、製作が面倒です。
オイル溝も堀り完成。


a0248662_22325160.jpg
a0248662_2233947.jpg

研磨したメインシャフトに合わせラッピングロッド製作。


a0248662_22344619.jpg
a0248662_22351464.jpg

レイシャフト1STギアブッシュも製作。


a0248662_22365324.jpg
a0248662_22372230.jpg

a0248662_2237414.jpg
a0248662_2238284.jpg

a0248662_22381841.jpg
a0248662_22384013.jpg


インナーカバー側のレイシャフト軸受けの鍔付きブッシュ製作。
こちらもレイシャフト摺動部が段付き磨耗していましたので、芯を確認し研磨。
研磨したシャフトにあわせブッシュ製作。


a0248662_22391282.jpg

ギアボックス側のレイシャフトブッシュは元々は貫通の鍔付きブッシュが入り、アルミのメクラ蓋が入っていますが、チェーンが干渉したのかケース側がやられ、メクラ蓋も削れパテで埋められていました。ギアボックッスが削れているため、メクラ蓋が使えないのでクローズドの鍔付きブッシュを製作します。

a0248662_22394121.jpg

a0248662_22395925.jpg

まずは外径側からブッシュ製作。

a0248662_22402265.jpg

a0248662_2241318.jpg

a0248662_22412240.jpg

a0248662_22415245.jpg

専用の生爪製作してブッシュを銜え内側製作。
すでに外輪を仕上げているため、変色やブッシュが回っていしまうことを恐れ、地道に中ぐりし製作。
スラスト調整するところなので、シャフトがぴったり入るように。


a0248662_22421883.jpg

レイシャフトのラッピングロッドも製作。

a0248662_22443935.jpg
a0248662_2245321.jpg
a0248662_22452312.jpg

a0248662_22453946.jpg

a0248662_22455430.jpg

シフターカムシャフトもノーマルのものは貫通ブッシュであります。
こいつもこのままでは、ここからオイルが漏れますのでクローズドのブッシュ製作。


a0248662_22463461.jpg
a0248662_2248764.jpg
a0248662_22482443.jpg
a0248662_22484043.jpg
a0248662_22485570.jpg

キックシャフトは大分段付きに磨耗していますので、シャフト交換し、新品シャフトにあわせブッシュ製作。

a0248662_22492057.jpg
a0248662_22493845.jpg

ギアチェンジブッシュはアウターカバーにクラックがあったんだよな・・・。
こちらがクラックを修正した後にブッシュ製作します。
というわけで、同じような絵ばかりでスミマセン。ブッシュ製作な1日でした。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-13 09:15 | 1951TRIUMPH T100 | Comments(0)
2017年 05月 12日

1967TRIUMPH TR6 エンジン分解・計測作業

新入生Oさんのユニットトライアンフエンジン分解・計測のお話。
友人から譲り受けたトライアンフですが色々と不安なところがあり、VMS入学です。
なんせ古いバイクです。自分のバイクの現状を知り、直し、メンテナンス・調整法を知り乗っていくということは、不安をかかえながら、ダマシダマシ乗っていくことよりも精神衛生上健全だと思いますし、バイクいじりは楽しいです。
とわいうものの、古いバイクですから分解すると色々とあります。
こいつもなんやかんやとドラマがあるでしょう。


a0248662_9461255.jpg

a0248662_9462883.jpg

a0248662_9465232.jpg




a0248662_947432.jpg

a0248662_9471919.jpg

a0248662_9473450.jpg


というわけで、シリンダーヘッド・シリンダーを降ろし、エンジン腰したを降ろしエンジン分解。

a0248662_9482287.jpg

まずはヘッド側から。
ロッカーボックッス分解し、ロッカーアーム・スピンドル計測。
ロッカーアームスピンドルに対しロッカーアームのクリアランスは0.06mm~0.07mmとベストではないですが問題ない数値。


a0248662_951756.jpg

a0248662_9502218.jpg

a0248662_9512211.jpg
a0248662_9513691.jpg
a0248662_9514979.jpg

シリンダーヘッド分解し清掃・計測。
以前にシリンダーヘッド回りも直した形跡があり、バルブステムに対しバルブガイドのクリアランスは0.03mm~0.04mmと状態良しでガイドの交換は必要ないでしょう。
しかしながら問題はあり、バルブの頭(ロッカーアームのあたるところ)が随分減っています。
シートリングを見てみると随分掘られています。
シートカット時にバルブシートを大分カットしそのため、バルブの突き出し量が多くなった為、バルブの頭の部分を削ったのでしょう。焼きが入っているバルブの頭の部分を削ったことでロッカーにたたかれ、随分と窪んでいます。
トライアンフはマニュアルにちゃんとしたバルブ突き出し量の記載がないため、正確な数値はわかりませんが、状態がよいもの(シートリングが減っていないもの)の数値は解るので、それを基準にしてシートリング交換予定。

a0248662_9525472.jpg

ピストンとシリンダー計測。
ピストンにはSTDの刻印があるもののピストン径は71.66mm~71.68mmと.030”オーバーサイズのピストンと思われます。
シリンダーとのクリアランスは0.06mm~0.09と状態は良いです。


a0248662_9533861.jpg
a0248662_954473.jpg

タイミングギア周り
カムブッシュはカムシャフトに対し0.09mm~0.1mmとクリアランスでブッシュ交換。



a0248662_9543624.jpg

a0248662_9545838.jpg
a0248662_9552997.jpg

クランク周り。
スラッジチューブのプラグボルトはヘキサゴンレントが使えるものに変えられています。
イモネジで周り止めされています。
ドライブ側のローラーベアリングはシャフトのとともに抜けるはずがレース側にくっついたまま抜けました。
と少々不安がありながら計測作業に。

a0248662_9555391.jpg
a0248662_9561243.jpg
a0248662_9563095.jpg

まずコンロッド計測
分解前に振れが多かったタイミング側の振れっぷりを計測、0.1mm以上あるのでこれはチョット。
ビッグエンドジャーナルは傷など少なく良好でDサイド・Tサイドともに40.987mm~40.98mm
一回リグライドしているのでしょう。
コンロッドはコンロッドナットを規定トルクで締め付けメタル内径計測。
Dサイドはジャーナル径に対し0.04mm~0.06mm
Tサイドはジャーナル径に対し0.08mm~0.16mmと大分やられています。
こちらはメタル交換でいけそうです。



a0248662_956468.jpg
a0248662_9571417.jpg
a0248662_9573281.jpg

a0248662_9574578.jpg

クランクシャフト周り計測。
クランクシャフトはDサイド・Tサイド共に28.565mmと問題なし。
ベアリングレースとクランクケースの嵌め代も問題なし。
動きが渋かったDサイドローラーは新しいC3のローラーベアリングを嵌めてみて様子も見てみます。



a0248662_9581267.jpg
a0248662_9583575.jpg
a0248662_9585564.jpg
a0248662_9591230.jpg

ギアボックス周り。
ハイギアブッシュはメインシャフトに対し0.1mmクリアランスがあったのでブッシュ交換。
レイシャフトの1STギアブッシュも測るまでもなくガタがあったので交換。
ハイギアベアリング・メインシャフトベアリング・レイシャフトベアリングは交換します。
特にレイシャフト軸受けベアリングであるニードルベアリングはローラー同士を削りながら回っていきますので、壊れやすく分解時には交換します。実際、インナーカバー側のニードルベアリングは分解時にバラバラになりました。

というわけで分解エンジン分解作業終わりであります。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-12 09:28 | 1967TRIUMPH TR6 | Comments(0)
2017年 05月 09日

1973XLCH1000 バルブシートカット・バルブスプリング取り付け

バルブガイド交換、リーマー加工まで終わっている、Kさんのアイアンスポーツ。
今日はその後、バルブシートカットとバルブスプリング取り付け長合わせのお話。



a0248662_8233184.jpg




a0248662_8242276.jpg
a0248662_8243773.jpg
a0248662_8245028.jpg
a0248662_8334062.jpg

まずはEX側
あたり幅は悪くないが虫食いがあった45度面をシートカットし30度面、60度面ともに少々カットし、バルブシートとバルブフェースのあたり位置合わせと幅調整し当たり幅1.5mm程度に。




a0248662_825306.jpg

a0248662_8262880.jpg

a0248662_826128.jpg

a0248662_8321848.jpg

IN側は虫食いが少ないものの、シート面が大分広がっています。
此方も、バルブフェースの良い位置に当たり面がくるように30度面、60度面をカット。
特に60度面を大分カットし、バルブシートとバルブフェイスのあたり位置調整。
IN側はあたり位置が外目に来るようにしてあたり幅1.3mmに。







a0248662_834245.jpg
a0248662_8344261.jpg

a0248662_8364516.jpg

擦り合わせそして、それぞれ灯油漏れチェックしO.K。
シートカット・擦り合わせ終わり。




a0248662_835789.jpg

a0248662_8352440.jpg

ヘッド面、ロッカーカバー面面研磨



a0248662_8354240.jpg

a0248662_8373023.jpg
a0248662_8375181.jpg

ここからはバルブスプリング。
インナースプルリングを取り付け仮組みし、アウタースプリングの取り付け長計測。
一部0.4mmのシムで取り付け長を調整し、EX同士、IN同士の取り付け長をあわせる。



a0248662_838574.jpg
a0248662_8382517.jpg

取り付け長でのバルブスプリング圧計測。
アウター・インナーそれぞれ計測しアウターとインナーの組み合わせ調整し4本ともほぼ同じ取り付け圧にしてバルブスプリング取り付け。


a0248662_8384227.jpg

というわけでヘッド周りの作業終わりです。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-09 08:56 | 1973XLCH1000 | Comments(0)
2017年 04月 28日

アイアンスポーツ フロントフォーク修理 

a0248662_945039.jpg
a0248662_9452262.jpg
a0248662_9454628.jpg
a0248662_9463339.jpg

a0248662_9464868.jpg
a0248662_947116.jpg


修理依頼のアイアンスポーツのフロントフォーク
71年~72年式に使われていたフロントフォークです。
ダンパーピストンを止めているCクリップは破綻(以前やったこの年式のフォークもCクリッップ破綻していたな)ローダウンしていたのかスプリングはカットされ、ダンパーにカラーが入っています。
シールホルダーは叩かれたのか変形、ドレンボルトは駄目でしたが、雌ネジ側はタップを立て問題無し。



a0248662_9475284.jpg
a0248662_94858.jpg

インナーチューブとブッシュ計測。
インナーチューブは多少メッキがやれているものの寸法的には問題なし。
フォークブッシュはロワー側は問題無いがアッパー側は大きいところで0.3mmと広がっているので交換。


a0248662_948338.jpg
a0248662_948574.jpg

a0248662_9491129.jpg

ブッシュ抜き取り、アウターチューブ径計測。
0.05mm楕円、奥側が少々縮んでいる状態。これはブッシュで調整します。


a0248662_9495195.jpg
a0248662_9501711.jpg

変形していたシールホルダーは研磨し修正。




a0248662_9503489.jpg
a0248662_951477.jpg
a0248662_9512370.jpg
a0248662_9514114.jpg

a0248662_952136.jpg

フォークブッシュ製作。
外径37mm以上、内径33.43mmのブッシュ製作。本当はこれだけ大きいブッシュを作るのは大変なので嫌なのですが、以前に社外製ブッシュを高い値段を出して買ったところ、外径が合わずテスポなどということがありましたので、アルミ青銅で製作します。
また、フォークの場合斜め方向に力がかかるため、クリアランスは少々多目で。





a0248662_9522584.jpg

a0248662_9524689.jpg

a0248662_953280.jpg

a0248662_9531374.jpg
a0248662_9532679.jpg


ブッシュ圧入し計測。
やはりアウターチューブ側が0.05mm楕円分ブッシュも楕円に。
中古アウターチューブを使いコンパウンドを付けラッピング。修正し抵抗無くスライドするように。
ラッピングした後は、清掃しづらいアウターチューブ内をコンパウンドが残っていないように徹底清掃。

a0248662_9534744.jpg
a0248662_954554.jpg
a0248662_9542128.jpg
a0248662_9544234.jpg

フォーク組み付け。
ダンパー周りのクリップ交換。この年式のダンパーマウント部はアウターチューブ側座面部がテーパーになっており、Oリング&ワッシャーでシーリングしますが、もともとのワッシャーが変形していたので45Cの硬いワッシャーに交換し取り付け。
でかいマイナスドライバーでダンパーを固定しダンパーボルト締め付け。

a0248662_955054.jpg

a0248662_9553089.jpg

シールを取り付け、完成だが注文中のスプリングがまだ届かず・・・。
というわけでこの作業は終わり。


a0248662_956167.jpg


SさんのBSA B50 継続車検終了。
愛車VLは車検切れ、足バイクであったスペイシーは終了し最近バイクに乗っていなかった私。
試乗と称し乗ったB50は非常に軽く楽しいバイクですね。 久しぶりに購買意欲が・・・。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-04-28 10:43 | その他 | Comments(0)
2017年 04月 26日

750トライアンフヘッド修理(シートカット擦り合わせ・バルブスプリング)

a0248662_9501724.jpg
a0248662_9503766.jpg
a0248662_9505044.jpg

前回バルブガイドを入れ替えたトライアンフのヘッドさん。
光明丹をつけあたりっぷりチェック。4本とも全集に当たり状況良し。
4本ともバルブ傘下目にあたっています。


a0248662_9525388.jpg

a0248662_9511237.jpg

まずEXがわから
虫食いが酷かったEX側はまず虫食いが取れるまで最小限で45度面シートカット。


a0248662_9521170.jpg

a0248662_9523667.jpg

バルブシートとバルブ傘面の位置を合わせ30度面カットし、あたり幅1.5mmに。



a0248662_9531788.jpg
a0248662_9533336.jpg

IN側は45度面の状態が悪くなかったので、45度面は擦り合わせで仕上げます。
この車両は今までほぼシートカットをしていないと思われる車両で、なるべく45度面をカットしないようにします。
バルブ傘面とシートのあたり位置を合わせ、こちらも30度面カットし当り幅1.3mmに。

a0248662_9535061.jpg
a0248662_9541086.jpg

擦り合わせし仕上げ、灯油漏れチェックしO.K

a0248662_1094090.jpg

a0248662_1095625.jpg

a0248662_10101068.jpg

バルブガイドを鍔付きのものにしたためロワーバルスプリングブカラーは拡大加工し取り付け。

a0248662_95429100.jpg
a0248662_9544931.jpg

バルブスプリング。インナーを取り付けアウタースプリングの取り付け長チャック。
IN同士・EX同士で取り付け長の差異無くO.K。シム調整無し。

a0248662_95555.jpg
a0248662_9552370.jpg

アウタースプリング・インナースプリングを取り付け長でスプリング圧チェック。
アウターとインナーの組み合わせを調整し4本とも同じスプリング圧に。


a0248662_9554072.jpg

a0248662_10144826.jpg

バルブスプリング取り付け、ヘッド完成です。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-04-26 10:16 | その他 | Comments(0)
2017年 04月 24日

日曜日の授業風景



1951TRIUMPH T100

a0248662_8422132.jpg

a0248662_8425686.jpg
a0248662_8431813.jpg
a0248662_8433764.jpg
a0248662_8435959.jpg

a0248662_844142.jpg
a0248662_8442638.jpg


Hさんのトライアンフ
フロント、リアともにブレーキ周り分解し清掃チェック。
F・Rともにブレーキオペレーティングカム軸部にガタが随分あります。
F側はカムシャフト自体の磨耗は少ないのでそのまま使い、出入り口がテーパー状に広がっているプレート軸穴をボール盤にセットしアジャスタブルリーマーで内径拡大。
片肉0.5mmのブッシュを入れるため、役1mm拡大しました。
カムシャフト径、軸部に合わせブッシュ製作し圧入。ガタ無しさんに。
リア側はカムシャフト自体樽状に変形していますので、パーツ交換。その上で調整します。




1979FXS1200

a0248662_8444520.jpg
a0248662_8451559.jpg


部分修理で入学のOさんショベルヘッド。
エンジンが暖まりきると、アイドリング時に旺盛にストールする症状を改善するものです。
この車両はうちでOHした車両ではないので現状がわかりません。
とりあえず、キャブのセッティングを変えてみたりしつつ状況をみつつ現状を把握。
やはり、エンジンが暖まり切るとマニホールド部分からエア吸いをしているようなので、このあたりから手をつけていきます。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-04-24 09:02 | その他 | Comments(0)
2017年 04月 22日

TRIUMPH750 ヘッド修理(バルブガイド)

a0248662_8365416.jpg
a0248662_837787.jpg
a0248662_8371921.jpg
a0248662_837314.jpg


今日は修理でお預かりしているトライアンフのヘッドのシリンダーヘッドのお話。
そもそもロッカーカバーマウントボルトのメネジ部分の修理でお預かりのヘッドでしたが、バルブフェース面、バルブシート面の虫食いもあり、ガイドホールもEX側は下部が0.15mm~0.3mmとだいぶ広がっていたので交換することに。
もともと、ロッカーマウント螺子が駄目になり、そのためロッカーアームとバルブのあたり角度が変わりバルブとガイドが齧った車両で、バルブが変磨耗したのでしょう。

a0248662_8541815.jpg

a0248662_8374867.jpg
a0248662_838114.jpg

燃焼室内、ポート内のカーボンをブラストしガイド抜き取り。
いつものように抜き取り工具でガイドを引っ張り上げると工具の螺子は進んでいくが、ガイドは上がってこない・・・?
ガイドを見てみると、押しているポート内のガイドが変形している。ガイドが抜ける前に変形したようだ。
今回、ガイドを抜く前にアルミロウで螺子部を埋めるためヘッドを熱したときにガイドが焼きなまったのか?
こらはわたくし初めての経験です。
ともあれ、変形したままだとガイドが抜けないのでヘッドを傷つけないようにリューターでガイドの変形部分を削り、バルブガイド頭側に螺子をきりボルトを入れ抜き取り。




a0248662_8383192.jpg
a0248662_8384485.jpg
a0248662_8385615.jpg

抜き取り後、ヘッド側ガイドホール計測。
しっかりカーボン除去したおかげで縦傷は少ない。
しかしながら、入り口から出口にテーパー状にに少々変形している。
この年代のトラのバルガイドには鍔が無くそのため、バルブの動作方向に変形しているものと思われる。
シートに対して垂直にリーミングできる冶具を使いリーマーで真円拡大。



a0248662_8391667.jpg
a0248662_8393072.jpg

バルブ・バルブガイドははkibblewhite製のものを使います。
ガイドは鍔つきのものに。


a0248662_8394810.jpg
a0248662_840171.jpg

うちのブログで何度も書きますが、アルミ青銅製のバルブガイドは粘り硬く、切削が困難なのでガイド圧入前にバルブステム径+クリアランス分のリーマーで内径拡大。
切れずらいので0.01mm刻みでリーマーを通します。



a0248662_8402277.jpg
a0248662_8403698.jpg

それぞれのヘッド側ガイドホールにあわせ外径加工。ホール径+嵌め代分。




a0248662_8405629.jpg
a0248662_8411038.jpg

a0248662_8412369.jpg

a0248662_8415517.jpg

テーパー状になっているガイド鍔部分にあわせ押し工具を作りバルブガイド圧入。


a0248662_8421329.jpg
a0248662_8422512.jpg
a0248662_8423719.jpg
a0248662_8434896.jpg

圧入後、圧入部分は内径が縮みますので、あらためてリーマー加工。
こちらも同じく0.01mm刻みで切って行きます。
このリーマーというやつは100分台で内径を出すためのものなので、切れすぎたらまずい。そのため切れづらくなっています。
そのためリーマーを通してもその寸法に切れていないことがあります。
リーマー通した後計測確認。



a0248662_844316.jpg

ガイド加工後、バルブの当たりっぷりチェック。
すべて、バルブとシートは全面あたりしています。つまりシートに対しガイドが真直ぐ入ったということ。
これで、シートカットが少し気楽です。
というわけで次回バルブシートカットです。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-04-22 09:24 | その他 | Comments(0)