Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:オーバーホール ( 67 ) タグの人気記事


2017年 06月 20日

1964XLCH900 エンジン腰上取り付け・マブネトー取り付け

今日はS君のアイアンスポーツのお話。
前回エンジン腰下をフレームに搭載、プライマリー周りの作業は終わっていますので。シリンダー・シリンダーヘッドを取り付けていきます。


a0248662_7423369.jpg

a0248662_7424734.jpg

シリンダーはボーリング済みで上面、下面ともに面研済み。
ピストンは純正のNOSピストンにWPC処理したものです。



a0248662_7432224.jpg

a0248662_743883.jpg

a0248662_7434990.jpg

日頃使わない純正ピストンのピストンリング。形状をチェックしリングギャップ、リングクリアランスチェック。問題なさそうだが、ピストンリングは実際使ってみないと善し悪しが分からない。


a0248662_746274.jpg

ピストンを取り付け、シリンダーをトルク管理し取り付け。


a0248662_7461978.jpg

ロッカーボックスとシリンダーヘッドもトルク管理し取り付け。

a0248662_7471471.jpg

a0248662_7463336.jpg

ヘッドとマニホールド隙間が一番少ない位置にヘッドの角度を調整しシリンダーヘッドもトルク管理し取り付け。



a0248662_7511730.jpg

a0248662_7512990.jpg

マニホールドはヘッドに対し垂直の位置にキャブレーターがでる角度に固定。
マニホールドのステーは少々加工し、上下に取り付けカッチリ。



a0248662_7473048.jpg

オイルライン・プッシュロッド取り付け。
今回使うプッシュロッドは純正と同じアルミ製のもので、熱膨張時にバルブを押してしまう恐れがありますので、タペットクリアランスは0.2mm程度に。
タペットアジャスタースクリューは9/32”-32山。32山ということはネジ一回転で約0.8mm動く計算になりますので、クリアランス0地点から、1/4回転戻すとクリアランス0.2mmとなります。


a0248662_752398.jpg
a0248662_752576.jpg
a0248662_7531016.jpg

マグネトーは状態良く火花も強いのでOH無しでそのまま使います。
ポイントギャップ(マグネトーの場合は0.3mm)をあわせ取り付け。

a0248662_7532412.jpg

a0248662_7534251.jpg

900ccのアイアンの点火時期はフロントシリンダー上死点前45度。
マグネトーのマウントは固定式なので、フル進角時期で点火時期を合わせ取り付け。
エンジンの形になってきました。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-06-20 08:26 | 1964XLCH900 | Comments(0)
2017年 06月 14日

1964XLCH900 エンジンマウント・プライマリー周り

今日はS君のアイアンスポーツのお話。
ミッション組み付け、キック周りまで組み終わっていますので、エンジンをフレームに載せます。


a0248662_849118.jpg
a0248662_8492845.jpg
a0248662_85024.jpg
a0248662_8502688.jpg

まずフロントマウントプレートを仮組みして、スペーサーの長さとワッシャーの厚み調整。もともとが結構めちゃくちゃでした。
ナメていたマウントプレートのねじ山もヘリサート。


a0248662_8505573.jpg
a0248662_8511227.jpg

a0248662_8513371.jpg

エンジンにジャキをかけ保持しつつエンジンを載せます。
リア側のマウントであるエンジンハンガーがエンジンの位置決めとなりますので、先にエンジンハンガーをフレームにマウント。
エンジン位置が決まったところで、フロント側エンジンマウントのプレートを取り付け。


a0248662_8524959.jpg

a0248662_8522663.jpg
a0248662_8531958.jpg

a0248662_8533433.jpg

a0248662_8535352.jpg

a0248662_8541035.jpg

ここからはプレイマリー側のお話。
ドライブ側クランク軸受け部が楕円になっていたため、真円加工、ベアリングレース溶射・肉盛をした車両です。スプロケットシャフトベアリングシールカラーもオーバーサイズが必要です。
シールカラーは単品製作し、シール取り付け圧入。
うまくいって良かった。





a0248662_8543140.jpg
a0248662_8545115.jpg
a0248662_855853.jpg

エンジンスプロケット・クラッチハウジング・クラッチハブ・プライマリーチェーン&アジャスターを取り付け、エンジンスプロケット、クラッチハブをトルク管理し取り付け。



a0248662_8552359.jpg

a0248662_8554056.jpg
a0248662_8555588.jpg

a0248662_856990.jpg
a0248662_8562431.jpg

クラッチフリクッションプレート、スチールプレートを取り付け。
クラッチハブの印をあわせリリーシングディスク取り付け。印を合わせるとスプリング穴位置がハブのスタッドの真ん中に来ます。
乾式タイプのアイアンはクラッチが滑り気味になり易いのでナイスさんで作っている強めのスプリングを使ってみます。
リリーイングプレートとスプリングカップの鍔部分でスプリング取り付け長を合わせ取り付け。

a0248662_8564058.jpg
a0248662_857794.jpg

a0248662_8572696.jpg

キックカバーにつくクラッチリリーシングウォームにクラッチケーブルを取り付け(こいつは結構やりづらい)クラッチ調整。
調整範囲が少ない純正タイプのクラッチケーブルアジャスターでどうにか遊び調子し、リリーシングディスクが均等に開くように調整し取り付け終了。


a0248662_857465.jpg
a0248662_858090.jpg









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-06-14 09:27 | 1964XLCH900 | Comments(0)
2017年 06月 11日

土曜日の授業風景

1968BSA A65

a0248662_8505678.jpg
a0248662_8513191.jpg
a0248662_8515113.jpg
a0248662_852267.jpg

a0248662_85250100.jpg
a0248662_8532416.jpg

a0248662_8534746.jpg
a0248662_85476.jpg

a0248662_8572279.jpg


NさんのBSA A65
苦労したオイルポンプの組み付けが終わり、タイミングギア周りをトルク管理し本組み。
カムギアは本組みするとスラストが無くなり渋くなったので、スラスト調整し直し。
オイルパイプを付けオイルを流しオイルの回りっぷりチェック。
クラッチリリーズ周りのパーツは元々めちゃくちゃなものが入っていましたので、正規のものに交換。もちろん新品パーツがすんなり付きませんので少々加工し取り付け。
キックスプリングを付け、キックの作動チェックをしてインナーカバー本組み。
次回、車体にエンジンを載せられます。







1978 TRIUMPH T140E

a0248662_8545261.jpg

a0248662_8551776.jpg

a0248662_8554697.jpg
a0248662_9113258.jpg


a0248662_8561232.jpg
a0248662_8563767.jpg
a0248662_85706.jpg


Tさんのトライアンフ
フロントフォークを分解し清掃。
アクスルシャフトマウントカップには残念ながらクラック。また左右のスプリングの長さが違うのでスプリング交換。後は問題なしで、シール交換し組み付け。
フォーク周りの作業が終わり、これで車体周りの分解、チェックごとが終わり、ヘッド分解・清掃作業。シートリングなど状態良く、よさそうなヘッドです。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-06-11 09:11 | その他 | Comments(0)
2017年 06月 06日

1968BSA A65 ギアボックス周り NO.2

a0248662_853544.jpg

a0248662_8435827.jpg

今日は引き続き、NさんのBSAギアボックスのお話。
ハイギア組込みまで終わっています。

a0248662_8443693.jpg

a0248662_8445545.jpg

ギアボックスカバーのベアリング交換。
A65のレイシャフト軸受けのニードルベアリングはベアリング同士が接っている物ではなくケージ付きで良いですね。

a0248662_8482595.jpg
a0248662_848464.jpg
a0248662_849098.jpg
a0248662_8491677.jpg

レイシャフト周りのお話
レイシャフト1stギアブッシュはシャフトに対し0.05mm程度で良好。
レイシャフト2NDギアのスラストは4THギアの圧入っぷりで決められています。
スラスト量は0.1mm~0.15mmでO.K
4THギア側に入りシムの厚みが3種類用意されていまして、厚みを変えレイシャフトのスラスト調整。


a0248662_8494334.jpg
a0248662_854197.jpg

a0248662_8544813.jpg

a0248662_8552970.jpg

シフターフォークはメインシャフト用、レイシャフト用で違います。
BSA A65のギアボックスはハイギア以外を組んでおいてボックスに入れることが出来るので楽チンです。
シフターのカムプレートの位置を合わせておき組み付け。



a0248662_8555261.jpg

a0248662_8561418.jpg
a0248662_8563552.jpg

a0248662_8565073.jpg

a0248662_857619.jpg


キックのラチェットギアはギア部が酷く磨耗、スペーサーの役目ももつブッシュもガタガタだったので交換。
しかしながら、ギア同士の組み合わせが悪くギアの戻りが悪いため、ギア部分を少し削り取り付け。
トルク管理し取り付けO.K


a0248662_8572685.jpg

a0248662_8574276.jpg


製作したギアチェンジクアドラントを付け、リターンスプリング、ストッパー、ペダルをつけギアチェンジチェックし問題なくO.K
というわけで、ギアボックス周り終わりです。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-06-06 09:23 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2017年 06月 05日

1968BSA A65 ギアボックス周り NO.1

今日はNさんのBSA A65のギアボックス周りのお話
まずはメートリックのボルトがぶち込まれていたドレンボルト

a0248662_08372692.jpg
a0248662_08393317.jpg
a0248662_08404464.jpg
a0248662_08410148.jpg
ねじ穴に対し垂直にケースをボール盤にセットしヘリサート加工。
座面部も研磨してだし、コイルを入れ完了。




a0248662_08414465.jpg
a0248662_08420277.jpg
a0248662_08425557.jpg
ドレンボルトを真鍮で製作し取り付け。

a0248662_08440708.jpg



a0248662_08435302.jpg
パーツがでなかったプランジャープラグボルトも製作。







a0248662_08443659.jpg
a0248662_08445579.jpg
a0248662_08451378.jpg
a0248662_08453153.jpg
a0248662_08465246.jpg
ガタがあったハイギアブッシュは抜き取り、ブッシュ単品製作。
BSAのハイギアブッシュは2連で入っています。



a0248662_08471346.jpg
a0248662_08473082.jpg
a0248662_08490419.jpg
a0248662_08494263.jpg
a0248662_08502062.jpg
a0248662_08503260.jpg
ハイギアブッシュ圧入
プライマリー側のシールの受けになりますので、ブッシュの入りっぷりをチェックしつつ圧入します。
で圧入した分縮んだ内径はラッピングロッドを製作しラッピングし仕上げのホーニング。
メインシャフトに対しガタ無しさんです。





a0248662_08512552.jpg
a0248662_08535070.jpg
ケース側ベアリング交換しシール取り付けハイギア圧入。
プランジャーのプラグボルトも取り付け。



a0248662_08543518.jpg
a0248662_08550532.jpg
減っていたスプロケットも交換し、トルク管理して取り付け。
というわけで今日はここまで。







レストアスクール生徒募集中
トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。いつでも見学にお越し下さい。また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。


Vintage Motorcycle Study
東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純


by sgf1906 | 2017-06-05 09:19 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2017年 06月 04日

土曜日の授業風景

1968 BSA A65
a0248662_8161991.jpg
a0248662_8163362.jpg


a0248662_8165031.jpg
a0248662_8171716.jpg
a0248662_8173947.jpg

a0248662_8175775.jpg

a0248662_81896.jpg

a0248662_8182736.jpg

NさんのBSA A65
なかなか苦労した、スカベンジカバーをスタッドボルト製作し取り付けしオイルポンプ本組み。
悪名高い70年以前ののアルミ鋳物ボディーのBSAのオイルポンプはギアの組み方の組み合わせで回りっぷりが変わる。
ギアの組み合わせを変えつつ、オイルポンプの周りが引っかかり無くスムーズに回るところにして、取り付け。
しかしながら、仮組み時はよかったものの、オイルポンプスタッドナットを規定トルクで締めるとオイルポンプの動きは渋くなりました。
本組み時に入れたガスケット(厚み0.4mm)がスタッド部だけがつぶれることで、ボディーが歪み動きが渋くなったようです。
ガスケットを入れず組むと問題なし・・・。ガスケット無しでいくかしら。









1978TRIUMPH T140E

a0248662_81849100.jpg
a0248662_819916.jpg
a0248662_8202565.jpg


a0248662_8194054.jpg
a0248662_82040100.jpg
a0248662_820525.jpg

a0248662_821461.jpg

a0248662_821233.jpg
a0248662_821413.jpg




a0248662_822677.jpg
Tさんのトライアンフ
まず、トライアンフの作業の前に足バイクのべスパさんの整備。
リアアクスル部のシール不良でリアドラムブレーキ内にオイルが入りブレーキが利かないということ。これはべスパではあるあるなのでしょうか?シール交換しブレーキ遊び調整しO.K

でトライアンフの作業へ
フロント・リアホイールを分解。
リアのブレーキローターは錆が酷いので研磨にだします。スプロケットは使えそう。
ベアリング抜き取り、フロント・リアそれぞれホイールのオフセット量を計測し分解。
R側は随分とオフセットしています。リムのスポーク穴自体が片側によっていますね。
というわけで、リムさんキレイキレイにしてここまで。







レストアスクール生徒募集中
トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。いつでも見学にお越し下さい。また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。アイアンスポーツ大歓迎です。

Vintage Motorcycle Study
東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純


by sgf1906 | 2017-06-04 08:50 | その他 | Comments(0)
2017年 06月 03日

1968BSA A65 ギアチェンジクアドラント

今日はNさんのBSA A65のギアチェンジクアドラントのお話。

a0248662_7352912.jpg

a0248662_7354296.jpg

シフトペダルが付くスプライン部分が酷い事になっていましたので交換したいのですが、このパーツが手に入らない。


a0248662_736086.jpg
a0248662_7361651.jpg
a0248662_7363098.jpg

調べてみると、68年以前と69年以降とでギアチェンジクアドラントの形状が変わります。
NさんのBSAは68年のものですが、この年式は丁度変換期の車両で68年、69年のパーツがついているようです。
でもともと付いていたクアドラントはスタッパー部分があり、リターンスプリングのストッパー部分があり、どうにか手に入れた68年のものは使えず。
そもそもインナータイミングカバーの形状が違います。


a0248662_7364980.jpg

というわけで加工して使います。
面白いもので、溶接して使うようにスプライン部分だけパーツとして出ましたので、手に入れ加工します。
まずはスプライン部シャフトに凸加工。


a0248662_737469.jpg
a0248662_7372456.jpg

a0248662_7373656.jpg

もともと付いていた69年以降と思われるクアドラントを芯を出すため、生爪を製作し旋盤に銜え、駄目だったスプライン部分を切断。
中心部に凹部分を作ります。



a0248662_7374863.jpg
a0248662_738238.jpg

圧入しこんな感じ。
もちろん圧入っぷり、全長も計算済み。


a0248662_738127.jpg

a0248662_7382314.jpg

溶接し、両センターで銜え切削仕上げ。
というわけで出来上がり。
BSA A65のギアチェンジクアドラントの加工などというマニアックな記事。誰が見るのだろうか?







1971XLH900

a0248662_746285.jpg
a0248662_7464040.jpg
a0248662_7465945.jpg
a0248662_7471077.jpg

a0248662_7473158.jpg

a0248662_7474473.jpg


卒業生のKくんのアイアンスポーツ
車検業務でお預かり。卒業してもう6年目ですか・・・早いものです。
試乗してみると、アイドリングが随分早い感じ。
点火回りを見てみると錆でガバナーが固着していました。機械式のガバナーはたまにグリスアップが必要ですね。
ウエイトのピボット部もガタガタだったので、純正新品ガバナーに交換。
また、フロント側のプラグだけ燻ぶりがあったので、ハイテンションコード交換し解消。
高電圧が流れるハイテンションコードは消耗品なので定期的な交換が必要です。
というわけで、車検通し無事終了。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-06-03 08:55 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2017年 05月 28日

1973XLCH1000 コンロッド・ビッグエンドベアリングレース

a0248662_83251.jpg
a0248662_831630.jpg


今日はKさんのアイアンスポーツ、ビッグエンドベアリングレースのお話。
ラッピングして現状のレースを使うとしてもMAXオーバーサイズのローラーを使うところまで広がっていたベアリングレース。虫食いもありラッピングでとりきれるか微妙なところだったので、レース交換。


a0248662_832931.jpg

a0248662_844655.jpg

中古レースを抜き取り、新品レースとコンロッド計測。
コンロッドとベアリングレースの嵌め代は大きいので、圧入時に金属同士噛み込んでしまわないように、コンロッド側、レース側にしっかり“案内部分”を作っておきます。
直径が大きく、長さが短いコンロッドレースの圧入は垂直に入れるのに注意。



a0248662_85107.jpg
a0248662_854573.jpg

a0248662_85577.jpg


新品ベアリングレースを交換するのはなるべくしたくない。
その理由は、もともと内径が小さめに作られているため、STDローラーを入れるとして、0.15mm以上ラッピングし内径拡大する必要があります。
普通ラッピング作業は0.02mm~0.03mm程度研磨するもので、その5,6倍でありますから時間もかかります。
特に、ナイフコンロッドのフロント側はレースの出入口が多く削れ易く、ラッパ状にならないように注意しつつラッピングする必要があるので大変です。

とゴチャゴチャいってても仕様が無いのでラッピングしつつ、計測を繰り返します。




a0248662_861773.jpg
a0248662_863230.jpg
a0248662_864392.jpg

クランクピンも虫食いがあったので交換。
新品クランクピン径、STDサイズローラー径にあわせ、それぞれフロント側、リア側ロッドの適正クリアランスサイズなるまでベアリングレースラッピングしました。



a0248662_86584.jpg

実際に組み付け、コンロッドのガタチェックしO.Kであります。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-28 08:32 | 1973XLCH1000 | Comments(0)
2017年 05月 24日

1964XLCH900 オイルポンプ・バルブタイミング

a0248662_8562917.jpg
a0248662_8572462.jpg
a0248662_8574366.jpg

今日はS君のアイアンスポーツのお話。
まずはオイルポンプ。
オイルポンプギア・オイルポンプボディーの内壁も傷無く問題なし。
ギア面とボディーの面の隙間をチェックしチェックバルブの当たりっぷりも光明丹でチェック。



a0248662_8584587.jpg

オイルポンプギアをまわしながら、規定トルクで均等締めしていき、オイルポンプの回りっぷりチェック。
アルミボディーのポンプは歪みで締めっぷりにより動きが渋くなるものがありますが、こいつは問題無し。


a0248662_859827.jpg

a0248662_8594572.jpg

a0248662_8592843.jpg

オイルを通しオイル流れっぷりチェック。
ビッグエンド側、ヘッドロッカー側、リターン側ともに問題なしでO.K




a0248662_982195.jpg

a0248662_971192.jpg
a0248662_974133.jpg

オイルポンプも本組みし、ここからはバルブタイミングのお話。
この車両の#1カム(リア・EX側)のカムにはタイミングマークかついておらず、消えそうなマジックで印がついていましたので、バルブタイミングのチェックをします。
そのため、R側のシリンダー、ヘッド、プッシュロッド周り仮組み。

a0248662_984954.jpg
a0248662_99765.jpg

ちなみに、900ccのアイアンの点火タイミングマーク(棒線)位置は上死点前45度、もちろんハーレーは45度Vツインなので、リア側の上死点位置は棒印の位置になります。


a0248662_910024.jpg
a0248662_91022100.jpg

タペットアジャスタースクリューは9/32”-32山
32山なので1周で0.8mm、1/2周で、0.4mm、1/4周で0.2mm動くことになります。
バルブタイミングのチェッキングクリアランスは1.35mmなので、アジャスターを調整しチェッキングクリアランスに。


a0248662_9103897.jpg

a0248662_9381423.jpg


Pカムのカムタイミングは
INオープン 上死点前34度 INクローズ 下死点後40度
EXオープン 下死点前43度 EXクローズ 上死点語31度

チェックし数値的に問題なくO.K
印を新たにつけカムタイミングチェック終わり。


a0248662_9111563.jpg
a0248662_9113290.jpg

というわけで、タイミングギア周りも本組み。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-24 09:40 | 1964XLCH900 | Comments(0)
2017年 05月 23日

1964XLCH900 クランクケース組みつけ

a0248662_8561015.jpg

今日はS君のアイアンスポーツのお話。
クランク芯だし、ピニオンシャフトベアリングレースのラッピングも終わり、クランクケースを組み付け。


a0248662_8565286.jpg
a0248662_8572647.jpg

a0248662_8573775.jpg
a0248662_8575278.jpg

ケース周りの修正ごとから
クラックが入っていたクランクドレンボルト部はクラック部溶接し、ボール盤にセットし座面だし面研とともにヘリサート加工。


a0248662_8581179.jpg
a0248662_8582460.jpg

a0248662_8583844.jpg

座面部の状態が良かったT/M側は元螺子山で位置を取りヘリサート加工。


a0248662_8585565.jpg
a0248662_859799.jpg
a0248662_85918100.jpg

ドレンボルトは真鍮で製作。

a0248662_8595382.jpg

ワンウェイバルブであるトランスファーバルブは駄目になった際、組んである状態で抜き取るのが大変なので今のうちに、抜き取りプラグ製作。ミッションブレーザーは別のところからとります。


a0248662_90115.jpg
a0248662_903690.jpg

a0248662_905289.jpg
a0248662_911555.jpg

0.15mmもガタがあったスプロケットシャフトベアリングレース受け部は真円加工後、レース外輪を溶射・肉森・研磨しています。
ケース暖め圧入。

a0248662_925423.jpg
a0248662_93345.jpg

a0248662_942220.jpg

スプロケットシャフトベアリングのスラスト量をチェック後、ベアリング圧入。


a0248662_943755.jpg

a0248662_945077.jpg

ピニオンシャフトベアリングはラッピングしたレースにあわせオーバーサイズベアリングをいれクリアランス調整。
液体ガスケットをつけクランク組み付け。


a0248662_97670.jpg
a0248662_972815.jpg

というわけで、次回オイルポンプ周り、タイミングギア周り組み付けとなります。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-23 09:28 | 1964XLCH900 | Comments(0)