タグ:オイルポンプ ( 31 ) タグの人気記事


2016年 12月 15日

1958陸王RTⅡ オイルポンプその2

今日は先日、中途半端話がおわっていしまった陸王RT-Ⅱのオイルポンプのお話。

a0248662_0103654.jpg

a0248662_09505.jpg

オイルポンプ組み付け、オイルポンプギアクルクルチェックが終わっているオイルポンプ。
オイルの回りっぷりチェックします。

a0248662_0105275.jpg

ここでオイルの流れについて。
仕組みはアイアンスポーツに似ていますので図を引用させてもらいます。
まず、オイルタンクから自重で落ちてきたオイルはオイルポンプフィード側のギアで加圧されチェックバルブを開き、カムカバー通りピニオンシャフトブッシュへ。
ピニオンシャフトブッシュに行ったオイルはピニオンシャフトを通りコンロッドビッグエンドを潤滑。
また、このRT-2の場合はピニオンブッシュからカバー側カムブッシュのオイルがいくようになっています。
ビッグエンドいったオイルはクランクケースに落ち、クランクの回転でシリンダーを潤滑。
クランクケースに溜まったオイルはピストンのダウンストローク時にオイルポンプのブリーザーバルブが開き、クランクケースからギアケース内に、ギアケース内を潤滑します。
ギアケース内に溜まったオイルはオイルポンプに落ち、オイルポンプリターンギアによりオイルタンクに戻っていきます。

a0248662_0132170.jpg

a0248662_0133256.jpg

でここからは、ブリーザーギアのタイミングについて。
先ほどお話した通り、ピストンのダウンストローク時にブリーザーバルブが開きギアケース内のオイルが行きますが、この陸王は分解時ブリーザータイミングが狂っていたようです。
写真ブリーザーギアの青線位置がブリーザー開放位置。
ブリーザータイミングがずれていると、クランクケースからのオイルの戻りが悪くなるのと同時に、タイミングギアケースからブリーザー(ピストンダウンストローク時の負圧)を抜くようになっていますので、ケース内の内圧が逃げにくくなり、クランクシャフト軸受け部など、別の場所から圧が抜けオイル漏れの原因になります。


a0248662_0143513.jpg

a0248662_0145461.jpg

a0248662_0151171.jpg

でこちらが正しい位置。
ブリーザーギアの丸印が見えるとこでオイルポンプのウォームギアの印が上に向く位置で組みます。
このときピストンが下の位置に来たときにブリーザーバルブが開きます。


a0248662_0152983.jpg

a0248662_0161544.jpg
a0248662_0163178.jpg

でその位置でピニオンギアを組むとそれぞれカムのタイミング位置で組むことが出来ます。



a0248662_0164797.jpg

a0248662_017259.jpg
a0248662_0171495.jpg

でオイルをまわしオイル回りっぷりチェック。
ビッグエンドまでしっかりオイルが流れました。また、他のハーレーと違いカムブッシュにオイルが圧送される分、戻り側のオイルも早く落ちてきました。
これで、オイルポンプ周りO.K。次シリンダーを仮組みしてカムタイミングチェック後、エンジンをフレームに搭載します。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-12-15 00:52 | 1958陸王RTⅡ | Comments(0)
2016年 12月 11日

1958陸王RTⅡ クランクスラスト&オイルポンプ

a0248662_233395.jpg

今日は修理依頼でお預かり中の陸王さんのお話。
クランクシャフト軸受けベアリングのラインだしラッピングクランク芯出しが終わっていますので、クランク仮組みしてスラスト調整です。


a0248662_2335712.jpg

a0248662_234951.jpg

ドライブ側は1/4”のローラーが2連でつきます。ラッピング後のレース内径が34.96mm、シャフト径が22.225mmなので6.35mmのローラーを入れクリアランス0.035mm。
タイミング側はレース内径は34.95mm シャフト径は22.23mm 6.35mmのローラーを入れクリアランス0.02。


a0248662_2342238.jpg

a0248662_234369.jpg
a0248662_2344841.jpg
a0248662_235353.jpg

シム無しでスラスト量計測し、コンロッドがクランクケースの真ん中に来るようにし、スラスト量が0.3mm程度になるようにシムの厚みを調整。
ドライブ側1.6mmタイミング側1.7mmのシムを入れスラスト量0.3mmに。




a0248662_235273.jpg
a0248662_23542100.jpg
a0248662_2355426.jpg

クランク、タイミングギア周り仮組みして回りっぷりチェック。
引っかかりや渋いところ無く問題なし。
ということで、オイルポンプへ。




a0248662_2313168.jpg

この年式のオイルポンプはWLとは違い、フィード側、リターン側が一体式で組まれ、タイミングギアボックス下に取り付けられます。
ブリーザーギアであるオイルポンプシャフトがフィード、リターンギアを回します。
仕組みとしてはアイアンスポーツとほぼ同じ。


a0248662_23131422.jpg

a0248662_23132862.jpg

ポンプボディーは鉄製でポンプ内壁、ギア共に状態良い。

a0248662_23134210.jpg
a0248662_23135590.jpg

a0248662_23141061.jpg

a0248662_23143419.jpg

まずチェックバルブのチェック。
大分オイルが落ちるとオーナー様が言われていたので、チェックバルブ座面部擦り合わせして、光明丹で当たりっぷりチェックし、灯油をいれ漏れチェック。


a0248662_23462087.jpg

オイルポンプガスケットはもちろん無いので0.2mmのガスケットシートを使い製作。


a0248662_231457100.jpg

マウントボルトは元々一本長いボルトがはいていました。
というのは、ケース側ねじ山がナメ無くなり、奥の残っている螺子山を使いとめていました。
また、もう一箇所螺子山がなめかかっていましたので合計2本ヘリサート処理します。


a0248662_23154044.jpg

a0248662_23155761.jpg
a0248662_2316758.jpg

a0248662_23165217.jpg

クランクケースをボール盤にセットし垂直水平を出し下穴開け、タップたて、コイルを入れます。
ネジサイズは1/4”-24UNSです。


a0248662_23171871.jpg
a0248662_23173121.jpg
a0248662_23174379.jpg
a0248662_23175487.jpg

同じく2箇所目もボール盤にセットし垂直だしヘリサート。
ちなみに入れたコイルは2D。2ダイヤの略でコイルの全長がボルトの直径×2ということになります。
この長さが長くなれば、螺子とのはたらいている距離が長くなりますので、強くなります。




a0248662_23185171.jpg

a0248662_23193811.jpg
a0248662_23195323.jpg

螺子がはたらいている距離が少なかった元々のボルトはやめ、螺子部を長くしたスタッドボルトを使います。
パン・ナックルのオイルポンプ用スタッドの螺子部の距離を増やし使用。




a0248662_2320735.jpg

a0248662_2320256.jpg

オイルポンプを仮組みして、回りっぷりチェック。
このオイルポンプは位置決めのダウエルピンも無く、ねじとポンプボディーのボルト穴もガタがあるので、オイルポンプボディーの組み付け位置により、オイルポンプの回りっぷりが変わります。
ボディーを少しずつ動かしながら、いい位置を決め締め付け。


やばい酷い眠気に襲われてきたので、続きはまた次回。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-12-11 01:36 | 1958陸王RTⅡ | Comments(0)
2016年 10月 26日

1971 BSA A65 タイミングギア・オイルポンプ周り

今日はTさんのBSA、タイミングギア周りとオイルポンプのお話。


a0248662_094957.jpg

カムブッシュ、アイドラギアブッシュは状態が良かったのでそのまま使います。
カムギア、アイドラギア、ピニオンギアを組み付け、45度づつまわし、それぞれギアのバッククラッシュ、渋さが無いかチェック。

a0248662_0101276.jpg

ピニオンギアはオイルポンプギア、ピニオンギアナットともの逆ネジ。
規定トルク48N.mで締め付け。

a0248662_0103071.jpg
a0248662_0104540.jpg

アイドラギアの印は2本対角上にあるので、上下はありません。
タイミングを合わせ組み付け。



a0248662_0113668.jpg

a0248662_0112128.jpg

a0248662_0115361.jpg

a0248662_0123663.jpg

オイルポンプはオイルの流れを確認し取り付け。
オイルフィード側にチェックバルブが入ります。
この年式のオイルポンプボディーは鉄製で60年代の鋳造アルミボディーと違い歪みが少なく、動きが非常に良いです。

a0248662_0134198.jpg

オイルパイプユニオンはケースに干渉していたので、少々整形。

a0248662_143478.jpg

クランクケースのオイルリターンパイプのボールバルブ。
こいつが動かないと、オイルが戻りません。この車両も固着していました。お気をつけを。

a0248662_0125540.jpg

オイルポンプで加圧された、オイルはクランクケース・タイミングサイドクランクシャフトの軸受けブッシュにオイルが行き、タイミングサイドクランクシャフトブッシュを潤滑。またタイミング側クランクシャフトにオイル穴が開いていますので、シャフトを通りコンロッドビッグエンドジャーナルを潤滑。
クランクケースに落ちたオイルはサンプカバーに溜まりスカベンジパイプから吸い上げられオイルタンクに戻る。
ヘッドへはリターン側オイルパイプユニオンから分岐ロッカーアームを潤滑。
右側クランクケース前方にあるリリーフバルブは、オイル圧送量をコントロールする。
回転が上がり圧送量が上がると、リリーフバルブが開き余計なオイルをバイパスする。




a0248662_0131132.jpg

オイルポンプボルトを規定トルク11N.m~14N.mで締め付け。

a0248662_0135535.jpg

a0248662_014919.jpg

オイルを流し、ビッグエンドジャーナルを潤滑していることを確認。
というわけで、タイミングギア・オイルポンプ周りO.K。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-26 01:28 | 1971 BSA A65 | Comments(0)
2016年 10月 19日

1943WLC750 クランクスラスト&オイルポンプ

今日はHさんのWLのお話。


a0248662_21235730.jpg
a0248662_21241226.jpg

コンロッドビッグエンドベアリングレースのラッピング、ローラー合わせ、スモールエンドブッシュ交換が終わっている、クランクはフライホイールに随分と穴が開いていましたので、Rテックさんでバランス取り、芯だしをしてもらい、クランク組み付け。


a0248662_21245244.jpg
a0248662_2125889.jpg
a0248662_21252513.jpg
a0248662_21253995.jpg

a0248662_2126199.jpg

左右それぞれフライホイールワッシャーの厚みを変え、コンロッドの中心がクランクケースの中心に来るようにしつつ、スラスト量が0.3mmになるように調整。





a0248662_212732.jpg

ここからはオイルポンプのお話。まずはフィード側のオイルポンプから。
WLのオイルポンプはフィード側とリターン側が別々に付いています。
フィード側は#1カムと連動して動きます。

a0248662_21272188.jpg

WLのフィード側はローターバルブによりオイルを加圧します。

a0248662_21274342.jpg

またローターバルブには遠心バルブが付いていて、低中速時と高速時のオイル量を調整しています。
この遠心バルブ(CENTRIFUGAL VALVE)41年~47年のナックルにも使われているもので、低中速時にバルブが開き、リリーフバルブ裏側に油圧をかけリリーフバルブが開きづらくし低中即時オイルをエンジンに行かします。高回転になると遠心バルブが閉じ、リリーフバルブが開きやすくなり余計なオイルをギアケース内に逃がします。

a0248662_21585553.jpg

WLのオイルポンプにはリリーフバルブとチェックバルブが2箇所付いています。
リリーフバルブは圧量調整されており、プラグボルト座面から3/8”(9.5mm)にアジャスターボルトの頭が来るところにします。またポンプ下側のチェックバルブはローターバルブからのオイルを止めています。リリーフバルブ横のチェックバルブは遠心バルブからのオイルを止めています。

a0248662_21315254.jpg
a0248662_21323815.jpg

a0248662_21343694.jpg

ローターバルブで加圧されたオイルはチェックバルブを開き、カムカバー、ピニオンシャフトを通りコンロッドビッグエンドを潤滑。
高回転時オイル圧送量が多くなるとリリーフバルブを開き余計なオイルをカムギアケースに逃がします。(クランクケース内に行かなくします。)また、リリーフバルブからカムギアケースへのバイパスラインに、プライマリーチェーンへのオイルラインがあります。
遠心バルブ(CENTRIFUGAL VALVE)は低中速字開き、リリーフバルブ裏側に油圧をかけ、リリースバルブの開きっぷりを調整しオイル量をコントロールしています。



a0248662_2135321.jpg

a0248662_21355326.jpg

a0248662_21361635.jpg

#1カムギアを付け、フィード側オイルポンプ仮組み。
トルク管理し組み付け回りっぷりチェックし、問題なし。


a0248662_21381671.jpg

a0248662_22541728.jpg

リターン側オイルポンプはギア式。
オイルポンプシャフトとブリーザーギアが一体式になっっているもので、アイアンスポーツと同じ仕組み。


a0248662_21384920.jpg

a0248662_2139470.jpg

こちらも仮組みして、ギアの回りっぷりチェック。問題なし。


a0248662_21404329.jpg

a0248662_21455972.jpg

クランクケースに溜まったオイルは、ピストンダウンストローク時にケース内の負圧によりブリーザーギアを通りカムギアケース内にオイルをぶちまけ、カムギアケース内を潤滑します。
というわけで、ブリーザーギアはバルブとなっていますので、ピストンダウンストローク時にバルブが開くようにタイミングを合わせる必要があります。
タイミングホールにタイミングマークが出ている位置(クランク位置)でブリーザーギアの〇印が凹の位置になるように。

a0248662_2373899.jpg

a0248662_21493239.jpg

カムギアケース内に溜まったオイルはオイルスリンガー(フィルター)を通りオイルポンプへ行きタンクへリターンされます。
リターン側にドライブチェーンのチェーンオイラーがあります。

a0248662_21394684.jpg

a0248662_213958100.jpg

というわけでオイルポンプを組み付け、オイルを流し、回りっぷりチェック。
問題なく、オイルポンプO.Kです。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-19 23:13 | 1943WLC750 | Comments(0)
2016年 09月 29日

1947FL1200 オイルポンプ

今日はIさんのナックルヘッド、オイルポンプ周りのお話。

a0248662_2215394.jpg


a0248662_2216789.jpg

a0248662_22162386.jpg

オイルポンプボディーの内壁はフィード側、リターン側ともに状態良し。

a0248662_22173934.jpg

a0248662_22195488.jpg

ギアとボディーの面もフィード・リターン側ともに面一。
フィード側には黒のガスケット厚み0.2mm、リターン側には茶のガスケット厚み0.1mmが入りこの厚みがクリアランスとなります。

a0248662_2217512.jpg

a0248662_22234314.jpg

a0248662_2223135.jpg

リリーフバルブ、チェックバルブのチェック。
チェックバルブはバルブ(球)に光明丹をつけボディー側の座面をチェック。問題なし。
リリーフバルブは蓋ボルトの座面部からアジャスターネジの距離から3/8”(9.5mm)になるように。

a0248662_22241169.jpg

a0248662_2225339.jpg

a0248662_2226781.jpg

a0248662_22271263.jpg

41年~47年まで使われているCENTERIFUGAL VALVE(遠心バルブ)がついています。
オイルポンプにはある一定の油圧がかかるとリリーフバルブから余計な油圧を逃がすような仕組みになっています。ナックルの場合はリリーフバルブからカムギアケース内にオイルを逃がすようになっています。
この遠心バルブは低・中速時は遠心バルブから、リリーフバルブ裏側に油圧をかけ、リリーフバルブが開きづらくし、低・中速時の油圧が逃げないようにしています。高回転になると遠心バルブが閉まり油圧がかからずリリーフバルブが開きやすくなります。この時代オイル量コントロールに苦労していたのが解りますね。



a0248662_22275835.jpg

a0248662_22282147.jpg

a0248662_22283837.jpg

オイルポンプ仮組みし、トルク管理し組み付け。
まわるっぷりチェックしO.K。
次回本組みしてオイル回しチェック。


a0248662_22292934.jpg

a0248662_2229509.jpg
a0248662_22301099.jpg

a0248662_22303130.jpg

クランク本組み前に、デスビマウントボルトの雌螺子ヘリサート処理。
ここの螺子穴は1/4”-24UNS。
同じサイズのスタッドボルトをボール盤のチャックに銜えておき、螺子部の垂直を出し、ケースセットアップしヘリサート加工。

というわけで次回エンジン腰下本組みです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-29 22:54 | 1947FL1200 | Comments(0)
2016年 09月 14日

1963FLH1200 オイルポンプ周り

Sさんのパンヘッド、卒業間近であったのですが仕事が忙しくVMSの来られない期間が1ヶ月ばかり。
そこで気がついたことが。
1ヶ月間エンジンを回さず保管していたため、オイルがエンジンケース内に落ち、ドライブ側クランクシャフトあたりから、オイルが漏れています。
この車両はうちで、腰下周りは見ていないので改善しておこうという話。

a0248662_83335.jpg


a0248662_8332019.jpg
a0248662_8333319.jpg

a0248662_8335333.jpg

まずは、ドライブ側クランクシャフトのプーリーを外し、シールチェック。
やはりシールがヘタっていたのでシール交換。



a0248662_8353615.jpg

a0248662_835572.jpg
a0248662_8361524.jpg
a0248662_8363517.jpg

オイルポンプ分解しチェック。
ギアやオイルポンプボディーの内壁は状態よし。
チェックバルブあたり部を擦り合わせしつつ、光明丹で当たりっぷりチェック。
チェックバルブを付け、オイルをたらしておき漏れチェック。

a0248662_8525970.jpg

a0248662_8592917.jpg

a0248662_837319.jpg
a0248662_8371560.jpg

オイルポンプのまわるっぷりを確認するために、タイミングギア周り分解し、オイルポンプ組み付け。
螺子部が駄目になっていたスタッドは交換し、新たなガスケットをつけ、仮組みしてオイルポンプ回りっぷりチェック。
問題なく本組み。
これで改善されてくれれば良いのだが。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-14 08:57 | 1963FLH1200 | Comments(0)
2015年 06月 02日

1938 INDIAN CHIEF オイルポンプ組み立て

今日はMさんのインディアン・チーフ、オイルポンプ組み立て。

a0248662_824849.jpg


a0248662_83675.jpg

a0248662_832292.jpg

まずはFEED側から。
フロントカムシャフトで駆動し、ガイドスクリューで支持され、上下運動するプランジャー式のオイルポンプ。
加圧さてたオイルはピニオンシャフトを通りビッグエンドベアリングを潤滑。

写真を撮り忘れましたが、新しくしたカムシャフトのウォームギアに少々引っかかりがあったのですり合わせをする。


a0248662_833562.jpg

a0248662_83503.jpg

仮組みしてオイルの回りっぷりチェック。
プランジャーだとナメていたら、しっかりとオイルを圧送する。


a0248662_841791.jpg

お次はリーターン側。
リア側のカムシャフトで駆動し、お馴染みの歯車型のギアを回しオイルを戻す。
リターンギアオイルポンプドライブシャフトはデストリビューターを回す役目も。


a0248662_844037.jpg

a0248662_85340.jpg

リターンギアは新品に交換。
ボディーとの隙間をチェック。0.06mm程度ギアが出ている状態。ガスケットの厚みが0.15mm。組み付けガスケットがつぶれたとして、0.1mm弱のクリアランスってとこかしら。

a0248662_87677.jpg

少々細かな微調整。(といってもこういう事が時間がかかる)
リターンギアポンプシャフトは上側につくブッシュとボディ側で軸受けされるのですが、ボディ側が渋い。
シャフトを抜く際に変形させてしまったのかもしれません。
バリ取りして少々擦り合わせ。

a0248662_865163.jpg

a0248662_873684.jpg

リターン側のギアは新品なのですが、シャフト側のギアとシャフトのハメ合いがキツイ。
ここのギアは圧入がキツイと抜く際に非常に苦労します。
シャフトに対しハメ代がほぼ0になる程度までホーニング。

a0248662_875095.jpg

a0248662_88299.jpg

リターン側ポンプギアを仮組み。
ガスケット、カバーを付け、ギアの回りっぷりチェック。引っかかり無く良好。

a0248662_881751.jpg

a0248662_883953.jpg

リターン側もオイルを入れチェック。
グングン戻ってきます。インディアンのオイルポンプ良いかも。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-06-02 08:45 | 1938 INDIAN CHIEF | Comments(0)
2014年 09月 11日

1946 BSA B31 途中経過

修理依頼のBSA B31、ビッグエンドが焼きつきピストンが粉砕した車両です。

a0248662_1212121.jpg
a0248662_121312.jpg

新品のビッグエンドアッセンブリー。
分解したときは消滅していたベアリングケージはちゃんとあります(笑)

a0248662_1214290.jpg

曲がってしまっているコンロッドは曲がり修正してもらいます。

a0248662_1265966.jpg

ビッグエンドへ行くオイルライン、枝分かれしてフライホイールの内側に通じているオイル穴は塞ぎます。
ビッグエンドへ行く油圧が逃げてしまうからです。

a0248662_1215943.jpg
a0248662_122863.jpg

シャフトが減りベアリングとガタがあったクランクシャフト。
溶射肉盛りして研磨。ベアリングとの嵌めあい0.01mmを狙いました。
フライホイールとシャフトはリベット止めされているため、フライホイールが付いたまま研磨、大変だったのでは・・・。

a0248662_1241983.jpg

ビッグエンドが焼き付いた車両でありますので、オイルポンプに問題があったのでは?
分解しチェック。

a0248662_1243681.jpg
a0248662_124419.jpg

リターン側
ポンプボディー、ギア共に問題なし。

a0248662_1245478.jpg

フィード側も問題無しで一安心。

a0248662_1251651.jpg
a0248662_1253512.jpg

仮組みして作動チェック。
変な引っ掛かりなど無くヌタリと良い感じで動きます。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-09-11 02:01 | 1946 BSA B31 | Comments(0)
2014年 09月 02日

1938 INDIAN CHIEF オイルポンプのイモネジ

Mさんのインディアンチーフ・オイルポンプのお話。
このオイルポンプはF側のカムギアシャフトでフィード側のオイルポンプギアを回し、R側のカムシャフトでリターン側のオイルポンプギアとデストリビューターを回します。
そのデストリビュータースリーブを止めているイモネジが固着しマイナス頭がナメてしまいました・・・。

という訳で冶具をつくりイモネジを抜きます。

a0248662_0311667.jpg
a0248662_0312699.jpg

③のスリーブを⑳のイモネジが止めています。

a0248662_0314038.jpg
a0248662_0321557.jpg

オイルポンプマウントスクリューの穴にピッタリ合うポンチを旋盤で製作。
Mさん初めての旋盤作業、練習には丁度良いです。

a0248662_0321331.jpg
a0248662_0322942.jpg

ポンチで位置決。

a0248662_032391.jpg

位置決めしたところにNO.12-24のネジサイズの下穴、タッピングをし、オイルポンプボディー取り付け。

a0248662_0332788.jpg

オイルポンプボディーの表面が曲面のため、ボール盤に垂直にボディーをセットするために冶具を製作した訳です。

a0248662_0332579.jpg

エンドミルで掘る。

a0248662_0333497.jpg

ねじ山無事で見事イモネジを削りとりました。
簡単に書いてしまいましたが、なんやかんや苦労しました。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-09-02 01:01 | 1938 INDIAN CHIEF | Comments(0)
2014年 04月 15日

1967XLH900 オイルポンプ

部分修理コースのK松さんのアイアンスポーツ。
油圧が弱いのではないかと不安があったオイルポンプ分解。

a0248662_1241283.jpg

エンジンを降ろさずオイルポンプをバラシます。
アイアンのオイルポンプはライト側クランクケース、タイミングギアケースの下側にある為、フレームが邪魔してオイルポンプを外すことが出来ません。
エンジンマウントボルトを抜き、エンジンを持ち上げての作業になります。
(これがなかなか恐ろしい・・・。)

a0248662_1242481.jpg

分解したオイルポンプギアボディーのスカベンジ側内壁には傷が・・・。

a0248662_1245263.jpg

という訳で、NOSオイルポンプボディーに交換。

a0248662_125157.jpg
a0248662_1251155.jpg

アイドルギアシャフト、ダウエルピンは付け替え。

a0248662_1252795.jpg

オイルポンプギアとボディー面の隙間チェック。
差異は0.07mm(ギア面が高い)でカミガスケット厚み0.15mmが入るのでギアのクリアランスは0.08mmとなります。
このクリアランスが多いと油圧は弱くなり、少なすぎるとポンプの動きが渋くなります。

a0248662_127648.jpg

仮組みして、オイルポンプの動きをチェック。
この状態でオイルポンプを組んでいくのは大変です。

a0248662_1271736.jpg

ポンプの回りは引っ掛かりが無く、ヌターっとある程度の抵抗がありつつもスムーズに動く感じで良し。
写真を撮り忘れましたが、オイルを入れクランキングしてオイルの回りチェック済みです。

by sgf1906 | 2014-04-15 01:51 | 1967XLH900 | Comments(0)