Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:インディアン ( 19 ) タグの人気記事


2015年 06月 03日

1938 INDIAN CHIEF T/Mカウンターシャフトブッシュ

今日はMさんのインディアン・カウンターシャフトブッシュの交換

a0248662_1083038.jpg

インディアンのカウンターギアの軸受けはブッシュ。
ハーレーの場合はバラのニードルベアリングで、受けているギア側のレースが虫食いがあることも多く、直す場合にギア交換することも多いです。
ブッシュの場合ギアの軸受け部分自体がやられてる事が無く、ブッシュ交換、調整で済み、高回転で回さないインディアン、ハーレーには良いのでは。

a0248662_1085921.jpg

a0248662_1091424.jpg

ブッシュ抜き取り。
内がけプーラーの爪を掛け抜き取り。両ブッシュの間にブッシュ位置決めのカラーが入っています。

a0248662_1094585.jpg

a0248662_10305142.jpg

ブッシュ圧入。
今回使ったブッシュはインディアンのパーツ屋JERRYでとったもの。このブッシュがなかなか良く、ギアとの嵌め合いが0.04mm。圧入前の内径はシャフトに対して0.08mmあったものの、圧入後縮み0.04mmに。
マニュアルのクリアランスが0.038mm~0.05mmで規定内のクリアランスに。
ブッシュ加工することなくそのまま圧入しよい感じです。

ちなみにブッシュのでっぷりは2mm程度、ここの出っぷりでスラスト量が変わります。

a0248662_1095899.jpg

少々ラッピング、ホーニングしガタ無くスムーズに。


a0248662_10101082.jpg

仮組みしてスラスト量計測。
実測値は0.3mm。 マニュアル規定量は0.12mm~0.25mm
多い場合はシム調整するのですが薄々のシムを入れても削れてしまっても意味が無いので今回はこれで行きます。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-06-03 10:47 | 1938 INDIAN CHIEF | Comments(0)
2015年 06月 02日

1938 INDIAN CHIEF オイルポンプ組み立て

今日はMさんのインディアン・チーフ、オイルポンプ組み立て。

a0248662_824849.jpg


a0248662_83675.jpg

a0248662_832292.jpg

まずはFEED側から。
フロントカムシャフトで駆動し、ガイドスクリューで支持され、上下運動するプランジャー式のオイルポンプ。
加圧さてたオイルはピニオンシャフトを通りビッグエンドベアリングを潤滑。

写真を撮り忘れましたが、新しくしたカムシャフトのウォームギアに少々引っかかりがあったのですり合わせをする。


a0248662_833562.jpg

a0248662_83503.jpg

仮組みしてオイルの回りっぷりチェック。
プランジャーだとナメていたら、しっかりとオイルを圧送する。


a0248662_841791.jpg

お次はリーターン側。
リア側のカムシャフトで駆動し、お馴染みの歯車型のギアを回しオイルを戻す。
リターンギアオイルポンプドライブシャフトはデストリビューターを回す役目も。


a0248662_844037.jpg

a0248662_85340.jpg

リターンギアは新品に交換。
ボディーとの隙間をチェック。0.06mm程度ギアが出ている状態。ガスケットの厚みが0.15mm。組み付けガスケットがつぶれたとして、0.1mm弱のクリアランスってとこかしら。

a0248662_87677.jpg

少々細かな微調整。(といってもこういう事が時間がかかる)
リターンギアポンプシャフトは上側につくブッシュとボディ側で軸受けされるのですが、ボディ側が渋い。
シャフトを抜く際に変形させてしまったのかもしれません。
バリ取りして少々擦り合わせ。

a0248662_865163.jpg

a0248662_873684.jpg

リターン側のギアは新品なのですが、シャフト側のギアとシャフトのハメ合いがキツイ。
ここのギアは圧入がキツイと抜く際に非常に苦労します。
シャフトに対しハメ代がほぼ0になる程度までホーニング。

a0248662_875095.jpg

a0248662_88299.jpg

リターン側ポンプギアを仮組み。
ガスケット、カバーを付け、ギアの回りっぷりチェック。引っかかり無く良好。

a0248662_881751.jpg

a0248662_883953.jpg

リターン側もオイルを入れチェック。
グングン戻ってきます。インディアンのオイルポンプ良いかも。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-06-02 08:45 | 1938 INDIAN CHIEF | Comments(0)
2015年 05月 25日

日曜の授業風景


1962 NORTON 650SS

a0248662_8392849.jpg

a0248662_8373938.jpg

a0248662_8375329.jpg

a0248662_838926.jpg

Hさんのノートンドミネーターはカムブッシュ圧入後、専用ラップロッド製作しラッピング。
ガタ無くトゥルトゥルに。





1938 INDIAN CHIEF

a0248662_8394982.jpg

a0248662_840923.jpg

a0248662_8411781.jpg

Mさんのインディアンはバルブシートカット。
状態が良かったガイドとバルブはそのまま使い、あたり幅が約4mmあったので1.5mm程度までシートカット、擦り合わせ。





1970TRUMPH T120

a0248662_8414192.jpg

トリニティー卒業生のTさん。
ロッカーボックスボルトの雌ネジのナメ、エキゾーストパイプアダプターのガタ、オイル漏れなどなどで手直し作業で入学。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-05-25 08:53 | その他 | Comments(0)
2015年 04月 27日

土・日の授業風景

1953FL1200

a0248662_933485.jpg
a0248662_934463.jpg

a0248662_94044.jpg

Nさんのパンヘッド
リアEX側のプッシュロッドが短く、調整しろが足りなっかたので新しいものに交換。
キャブ本組みし、点火時期調整。





1980XLH1000

a0248662_941386.jpg

アイアンスポーツのIさんですが、今日は特別クラス
セローのフロントフォーク、ブレーキ周りのリビルド




VELOCETTE KSS MKⅡ

a0248662_942456.jpg

a0248662_943479.jpg

a0248662_944422.jpg

a0248662_945671.jpg

ベロセットのEさん
BTHマグネトーの進角ワイヤー製作。殆どの物を単品製作





1976XLCH1000

a0248662_95207.jpg

a0248662_973299.jpg

a0248662_953324.jpg

a0248662_97598.jpg

Z君のアイアンスポーツ
フロントホイルの振れとりが終わり、三又、フロントフォーク本組み





1938 INDIAN CHIEF

a0248662_9151216.jpg

a0248662_9152584.jpg

Mさんのインディアン
T/M分解後清掃。部品選出。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-04-27 09:20 | その他 | Comments(0)
2015年 04月 07日

1938 INDIAN CHIEF ミッション・クラッチ分解

今日はMさんのインディアンチーフ、トランスミッション分解のお話。

a0248662_8421315.jpg


a0248662_8422444.jpg

まずはクラッチ分解。
このクラッチはPULLタイプでリリーシングプレートが引っ張られることでクラッチが切れる仕組み。
アウタープライマリーカバーに螺旋状のスプラインが切ってあるスリーブが圧入されていて、そこでリリースウォームが回ることで引っ張られます。


a0248662_8424848.jpg

クラッチのリリースウォームにはスラストベアリングが付いています。

a0248662_843078.jpg
a0248662_843871.jpg

クラッチハブはメインシャフトにテーパー止め。
このハブは工具が引っかかるところが無いのでこの状態では取れない。
メインシャフトごと抜きます。

a0248662_8432868.jpg

a0248662_8434172.jpg

Dスプロケットを取り、クラッチスプロケットを止めているクラッチスプロケットナットを取り、クラッチハブ、クラッチスプロケットをメインシャフトと一体で抜きます。

a0248662_8435314.jpg

a0248662_8443100.jpg

これには特殊工具が必要。
クラッチスプロケットナットを専用レンチで固定。
クラッチスプロケットレンチを使い、クラッチスプロケットをまわし、ナットを緩める。

a0248662_8443298.jpg

こんな感じで抜けます。

a0248662_8475373.jpg

クラッチスプロケットの後ろにはプライマリーチェーンアライメント調整のシム。
この調整面倒そうだな・・・。

a0248662_8445633.jpg

a0248662_8451212.jpg

a0248662_8452578.jpg

シフターシャフトを抜き、スライダーギアを取る。
クリップを取っておき、カウンターシャフトを抜き取る。

a0248662_8454238.jpg

a0248662_8462485.jpg

でメインシャフトギア、カウンターシャフトギアが抜けます。
メイン側シャフト軸受けはボールベアリング、カウンターシャフトギアの軸受けはブッシュで、ハーレーのように面倒臭いバラのニードルローラーを使っておらず好ましい。

a0248662_8483211.jpg





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-04-07 09:17 | 1938 INDIAN CHIEF | Comments(0)
2015年 04月 02日

平日の授業風景

1970TRUMPH T120

a0248662_1552896.jpg
a0248662_1554099.jpg
a0248662_1555694.jpg


Kさんのトライアンフ
ホイールの振れ取り、センター出しが終わり、タイヤをつけローリングシャシーに。




ここからは夜の部

a0248662_1561683.jpg





1978FX1200

a0248662_1565343.jpg


卒業生Nさんのショベルヘッド
大阪在住のNさん、東京出張を利用し手直し。





1962 NORTON 650SS


a0248662_157942.jpg

a0248662_1572199.jpg

a0248662_1573459.jpg


ノートンドミネーターのHさんも真面目にやっております。
カムブッシュ、メインシャフトベアリングを抜き計測。
ドライブ側のカムブッシュを抜くのに苦戦。





1938 INDIAN CHIEF

a0248662_158459.jpg

a0248662_1581772.jpg

a0248662_1582939.jpg

a0248662_1583818.jpg


Mさんのインディアン
虫食いがあったドライブ側クランクシャフトベアリングレース抜き取り、計測。
コンロッドのスラスト量チェック。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-04-02 02:10 | その他 | Comments(0)
2015年 03月 11日

平日の授業風景

a0248662_0581876.jpg





1963FL1200

a0248662_0183399.jpg
a0248662_0184791.jpg

Sさんのパンヘッド。
ヘッドの組みつけが終わり、プッシュロッド組み付け・調整、オイルライン取り付け、エキパイ取り付け位置決め作業。
ネジがナメたり、ガスタンクスタッドが折れたり、マフラーがすんなり付かなかったり、なんやかんやと。





1970TRUMPH T120

a0248662_019411.jpg
a0248662_019222.jpg

Kさんのトライアンフ。
リム組み、触れとり開始。新品スポークのエルボ部分の角度が合わず少々苦戦。





1950EL1000

a0248662_0194044.jpg

a0248662_0205119.jpg
a0248662_021258.jpg

新入生Mのパンヘッド。
以前にイロイロと問題があって、分解してあったエンジンを持ち込み。
元々車両についていたクランクケースは後家。もうひとつ所有していたケースはスプロケットベアリングレースの鋳込み部にガタが。おまけにヘッドも・・・。
初めての授業で駄目だしをするのは非常に心が痛いです。。。
まぁまた、色々とドラマが巻き起こるのでしょう。





1938 INDIAN CHIEF

a0248662_0212955.jpg
a0248662_0214119.jpg

ここからは夜の部
インディアンのMさん。
焼きが入っていて非常に硬いプッシュロッドガイド(タペットガイド)は専用ラップ棒を作りラッピングすることに。
焼きが入っているガイドをワザワザ削る必要もないかしら・・・など考えつつも、大きいところと小さいところで0.05mm程度差があることに少々納得がいかず、実験的にラッピングしてみます。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-03-11 00:57 | その他 | Comments(0)
2015年 03月 10日

1938 INDIAN CHIEF カムブッシュ

今日はMさんのインディアン・チーフカムブッシュのお話。
カムシャフトに対し、0.1mm程度のガタがあった、クランクケース側のF・Rのカムブッシュ、カムカバーのFカムブッシュを交換します。

a0248662_2131931.jpg
a0248662_2133766.jpg

カムブッシュ抜き取り語、クランクケース側、カムカバー側それぞれ計測。
楕円や傷無く良好。

a0248662_2135528.jpg
a0248662_214562.jpg

カムシャフトは大分痛んでいたので交換。
カムシャフトだけでパーツが出るのがすばらしい!この新品シャフトに合わせクリアランス調整します。

a0248662_21596.jpg

まずはクランクケース側のカムブッシュ。
.005”オーバーサイズのブッシュを使います。

a0248662_2152188.jpg

まずはクランクケース側ブッシュホール径にあわせ外径切削。
クランクケース側ブッシュホール径+ハメ代分のサイズにします。

a0248662_2153832.jpg
a0248662_2155818.jpg

カムブッシュ鍔、カムフォロアーの“逃げ”部分を削る。

a0248662_2161576.jpg

オイル通路をあわせ圧入。

a0248662_217104.jpg

カムカバー側はブッシュ加工なしで問題なく圧入。
この時点でブッシュとシャフトのクリアランスは良いのですが、ケースとカムカバーを組んだ状態でと、カムシャフトが通らない・・・。

a0248662_2175225.jpg

a0248662_2181838.jpg

という訳で冶具をつくりラインリーミング。
インディアンのカムシャフトは段つきになっていた、ケース側、カバー側でサイズが違います。(ついでにフロントとリアでもサイズが違う)
特にリア側はケース側とカバー側の差異が0.15mm(片肉0.075mm)で冶具を作るのに苦労しました。


a0248662_2183123.jpg

a0248662_2184497.jpg

ラインリーミング後、カムシャフトは通るようになりましたが、少々動きが渋い・・・。
こちらもフロント用、リア用それぞれラップロッドを製作し少々ラッピング。

a0248662_2185454.jpg

ガタ無く、オイルをつけヌタリと動くようになりました。
カム周り作業、第一段階終了です。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-03-10 02:50 | 1938 INDIAN CHIEF | Comments(0)
2015年 03月 03日

平日の授業風景


a0248662_0564732.jpg




1947FL1200
a0248662_057577.jpg

a0248662_0572256.jpg

ナックルヘッドのIさんは引き続きヘッド回りの作業。
シートカット後摺り合せ。





4SPEED TRANSMISSION

a0248662_0575750.jpg
a0248662_05869.jpg

ミッション持込のWさんはメインシャフト3rdギアのブッシュ製作。





1938 INDIAN CHIEF

a0248662_0582030.jpg
a0248662_0583050.jpg
a0248662_0584197.jpg

ここからは夜の部
Mさんのインディアンチーフは冶具を製作しカムブッシュラインリーム。
その後タペットガイドをリーマー加工をしようとしたものの、ガイドが非常に硬く刃が立たない・・・。
これは作戦変更をしなければ・・・。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-03-03 01:12 | その他 | Comments(0)
2015年 01月 20日

授業風景

4 SPEED TRANSMISSION

a0248662_029467.jpg

a0248662_0293268.jpg
a0248662_0294115.jpg
a0248662_0295084.jpg

2機目のギアボックス組み立て中のWさん。
メインドライブギアベアリングレースを入れ替えラッピング&計測。
STDローラーを組み、メインドライブギアエンドプレイ計測。




1955FL1200

a0248662_030519.jpg
a0248662_0302448.jpg
a0248662_03033100.jpg

a0248662_0304791.jpg

パンヘッドのYさんはエンジン腰下分解。
心配していたオイルポンプボディーは状態よく一安心。
カッチカチの液体がガスケットがついており、ケースを割るのに苦戦。





1938 INDIAN CHIEF

a0248662_031237.jpg

a0248662_0312392.jpg
a0248662_0313351.jpg

ここからは夜の部。
Mさんのインディアンはクランクケース側のカムブッシュ入れ替え。
オーバーサイズのブッシュ外径をケースブッシュホールにあわせ切削。
F側ブッシュのバルブリフターの“逃げ”を加工し、圧入。
初めてのインディアン、試行錯誤しながらの作業であります。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-01-20 00:56 | その他 | Comments(0)