タグ:アイアンスポーツ ( 518 ) タグの人気記事


2016年 12月 06日

日曜・月曜日の授業風景




1951TRIUMPH T100

a0248662_0202075.jpg

前回、フレームからエンジン、ミッションを降ろしたHさんのトライアンフ。
今回はエンジン腰下を分解していきます。


a0248662_0204241.jpg
a0248662_0205472.jpg
a0248662_021913.jpg

a0248662_0213271.jpg

タイミングギア周り分解。
カムギアのタイミングマークをチェックし専用プーラーを使いカムギア、タイミングギア抜き取り。
ギア自体に問題なし。アイドラギアスピンドルも抜けることなく、段減りもしておらず良好。



a0248662_0215259.jpg

クランクケース分解。
カムシャフトも磨耗少なく良さそうだ。

a0248662_0224459.jpg

コンロッドビッグエンド部のガタは少なく良さそうでありますが、このクランクはスラッジパイプは無く、クランクシャフトとフライホイールを分解しないと、ビッグエンドジャーナルのスラッジを取ることが出来ませんので分解。

a0248662_0225756.jpg
a0248662_0231487.jpg

ビッグエンドジャーナル、ビッグエンドメタルともに傷が少なく良さそう。
まぁ次回計測しますが。

a0248662_0232946.jpg

問題はベアリングが手スポだったクラックシャフト。特にドライブ側はポンチ攻撃がされています。このあたりは加工が必要です。


a0248662_0234582.jpg

a0248662_023593.jpg

クランクシャフト、フライホイールを分解するため、極細ソケットを製作し分解。

a0248662_0241348.jpg

a0248662_0242713.jpg

a0248662_0244624.jpg

クランク、ケースともに清掃。
ビッグエンドジャーナルのスラッジ溜りも綺麗綺麗。次回、計測作業となります。











1964XLCH900


a0248662_025819.jpg

アイアンスポーツのS君も分解作業。

a0248662_0252158.jpg
a0248662_027519.jpg

まずクランクケースを分解し計測。
コンロッドビッグエンドベアリングは非常に状態良し。うちでやる車両としては珍しいです。
このあたりは問題なし。


a0248662_027245.jpg

a0248662_0274548.jpg

ピニオンシャフトベアリングも計測。
こちらも、状態良し。もちろんラインをだしラッピングしますが、苦労は無さそうです。


a0248662_0275868.jpg
a0248662_0281156.jpg

a0248662_0282478.jpg

タペット、タペットガイド計測。
タペットは大分減ってしまっている。ローラーも大分ガタがきているのでタペットは交換したほうが良いでしょう。

a0248662_0283721.jpg

トランスミッションも分解し清掃・計測。
ギア、シフター位置など問題なし。

a0248662_0285878.jpg
a0248662_0291073.jpg

ドライブ側メインシャフトベアリング計測クリアランス0.04mmで良好。
ローラー交換だけで良さそう。


a0248662_0293883.jpg

クラッチギアブッシュ、カウンターシャフト1STギアブッシュ計測。
こちらも状態良し。ミッション周りはベアリング交換、調整だけでいけそうだ。










1939EL1000

a0248662_0301115.jpg

a0248662_030252.jpg

Wさんのナックルヘッドは前回リアブレーキペダルブッシュ取り付けのため、軸受け部の拡大作業を済ませていますので、ブッシュ製作。


a0248662_0304161.jpg

a0248662_0305857.jpg
a0248662_0311518.jpg

Wさん自らブッシュ製作。
長物のブッシュは作るのがなかなか面倒です。
時間がかかりますが、自らブッシュ製作をすると旋盤の勉強には非常に良いです。


a0248662_0313768.jpg

圧入工具も作り、グリスニップリ穴を開け圧入。

a0248662_0315356.jpg

a0248662_0322020.jpg

縮んだブッシュ内径をアジャスタブルリーマーを使い内径拡大しホーニング。


a0248662_0323482.jpg

というわけで完成。ガタなしブレーキペダルとなりました。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-12-06 01:06 | その他 | Comments(0)
2016年 12月 04日

1970XLH900 ダイナモチェック ~土曜日の授業風景~


1970XLH900


Tさんのアイアンスポーツはダイナモのチェックごと。

a0248662_130347.jpg

a0248662_1303034.jpg

まずは分解して軽く清掃。


a0248662_1305114.jpg

ブラシの減りっぷりチェック。
ブラシの長さは17mmで問題ない。リミット13mm程度。

a0248662_1312379.jpg

a0248662_132304.jpg

フィールドコイルのチェック。
フィールドコイルの端子部で抵抗チェック。5Ω程度で問題なし。
アーマチュアコイルもチェック。
アーマチュアのそれぞれのコアとコミュテーターぼ導通チェックし問題なし。
ということで、コイル周りは問題無さそうです。


a0248662_1314490.jpg
a0248662_1315573.jpg

コミュテーター研磨し、綺麗にしてセグメント溝清掃。


a0248662_1325456.jpg

ダイナモボディーにバッテーリー+、ダイナモF端子にバッテーリー-をつけフィールドコイルに正しい方向に電気を流し、モータリングチェック。
これでちゃんとモータリングすればダイナモには問題ないです。また正しい方向で電気を流すことで、正しい方向の磁場となります。

というわけでダイナモは問題なくO.K。


a0248662_1331970.jpg
a0248662_1334298.jpg


でエンジン搭載前にフレームタッチアップ。
目を細めてみたら綺麗です。






1980XLH1000

a0248662_135341.jpg

a0248662_1352536.jpg

a0248662_1503651.jpg


Iさんのアイアンスポーツ。
リアフェンダー搭載なのですがCRフレームのい場合、フェーンダーとフレームの間に隙間が開きます。この隙間からタイヤがかき上げたゴミやら水やら入らないように、スプラッシュガード(図32)なるものをつけるのですが、元々付いていたものはボロボロ。ゴムを切り製作。


a0248662_134267.jpg

a0248662_1364953.jpg

a0248662_137529.jpg

でCRフレーム用の純正シーシーバー取り付け。
フェーンダーサポートと共止めで専用のステーあり、またタイヤと干渉しないようにボルト長を調整しつつ取り付けでなかなか面倒です。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-12-04 02:28 | 1970XLH900 | Comments(0)
2016年 12月 01日

平日の授業風景


1973XLCH1000


a0248662_052749.jpg

a0248662_054823.jpg
a0248662_0677.jpg

a0248662_0153183.jpg
a0248662_0154571.jpg

a0248662_0182220.jpg
a0248662_0184012.jpg


Kさんのアイアンスポーツ
エンジンの分解作業が終わり、クランクケース周りの作業。
消耗部品であるベアリング類、ドライブ側クランクシャフトベアリングレース、T/Mメインシャフトベアリングレース、カウンターシャフトベアリング、カムベアリングをケースを良く暖め、専用工具で抜き取り。
うちでは、それぞれベアリングの圧入っぷりを感じるために、手で回せる工具を使いベアリング類を抜きます。
問題があった場合はこの時点で、知ることが出来ます。


a0248662_0161292.jpg

クランクケースのねじ山修正。
アイアンの場合、シリンダーベーススタッド3/8”-24UNF、クランクケースボルト雌螺子5/16-18UNC、エンジンハンガー雌螺子3/8”-16UNC、プライマリーチェーンアジャスター雌螺子3/8”-16UNC、カムカバーボルト、プライマリーカバーボルト1/4”-20UNC、タイミングホール螺子5/8”-18UNF、エンジン、T/Mドレンボルト1/2”-13UNC、プライマリードレンボルト9/16”-18UNFとケース周りの螺子修正をするだけでも、色々な種類のタップ、ダイスを使います。
はじめはインチサイズに混乱しますが、こういう作業の中で螺子サイズのことをだんだんと覚えて行って貰えると幸いです。

a0248662_0164195.jpg

a0248662_0165639.jpg

螺子修正していると、ナメているところ、クラックが入っているところと見えてきます。
このあたりは、溶接、ヘリサート処理をします。


a0248662_017113.jpg

a0248662_0173629.jpg

面倒なのが、液体ガスケットの処理です。
この車両もしっかり液体ガスケットが止まり穴の螺子穴に埋まってしまっています。
この固まった液体ガスケットを除去せずそのまま、螺子を締めこんでしまうと、ボルトがガスケットを押し最悪、ケースにクラックが入ってしまいます。
この車両も同じく一部クラックが・・・。このパターンでクラックが入っているものを良く見ますので、カムカバー、プライマリーカバー分解時は螺子穴の奥をチェック、清掃してください。



a0248662_0192543.jpg









1927SUNBEAM MODEL9

a0248662_0194830.jpg
a0248662_020133.jpg


Oさんのサンビームはタイミングギア周り計測
カムギア、カムフォロアー周りは状態良し。EXカムフォロアーは盛り直し修正した跡があります。
カムタイミングは組み付け時にタイミング計測する予定。


a0248662_0202993.jpg
a0248662_0205322.jpg

a0248662_0213489.jpg

カムブッシュ、カムフォロアーブッシュ計測。
カムフォロアーブッシュは、ケース側、カバー側ともに状態良し。
カムブッシュはケース側は状態良いものの、カバー側は少々ガタありで交換予定。


a0248662_0225488.jpg
a0248662_0231648.jpg

クランク分解。
ビッグエンド部のガタは少なく良好だったのですが、クランクシャフトとクランクシャフトベアリングの嵌りっぷりが悪かったんでシャフト加工が必要。でクランク分解。オーナーのOさんも中身を知りたいと好奇心が旺盛です。
この時代のバイクのパーツリストは平面にパーツ図があり品番、名称が書いてあるものがほとんど、または図が無く、活字だけのものも多いです。今ものの立体組み立て図的なパーツリストは無く、分解しない限りどんな構造になっているか、どんなパーツが付いているか解りません。分解することで知ることが非常に多いです。
オーナーのOさんは分解したクランクに手おあわせ拝んでいました(笑)


a0248662_2163479.jpg

a0248662_0233993.jpg

a0248662_0235480.jpg
a0248662_0244538.jpg

ビッグエンドローラーは5/16”のローラーが左右2連で付いています。この方式だとガタは出づらいでしょう。
面白いのがベアリングケージの形状。
この年式のビッグエンドへの潤滑は、クランクシャフトを通り、クランクピン内部から直接オイルを潤滑するものではなく、クランクケースからコンロッドにオイルを吹きかけるもので、そのためコンロッドビッグエンドサイドにオイル穴が開いていたそこから、ベアリングケージ真ん中の溝のオイルが入り、それぞれローラーにオイルがいくようになっています。
サンビームだと1928年までがトータルロス、1929年から2WAYのリターンが付くオイルポンプになりますので、そのあたりからクランクピンに直接オイルが行くようになると思われます。



a0248662_8413394.jpg

a0248662_2153597.jpg


ビッグエンドベアリング計測。
ローラー、ピン、レースを計測しクリアランス0.15mm~0.02mm。レースの楕円なども無く問題なし。
以前にこのあたりはしっかりやっていますね。

北海道からお越しのOさんの東京出張第一弾はここまでで終了。お疲れ様でした。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-12-01 10:29 | その他 | Comments(0)
2016年 11月 29日

月曜日の授業風景



1976XLCH1000

a0248662_9233138.jpg

a0248662_9235792.jpg

a0248662_9241014.jpg


Z君のアイアンスポーツ
シーシーバーの製作もほぼ終わり、次回マフラーサポート製作すれば、外装周りの作業も終わりとなります。
このあたりの製作作業もいつものようにTRUE CLASSICさんに出張してもらっています。







1964XLCH900

a0248662_9243841.jpg
a0248662_925390.jpg
a0248662_9252762.jpg
a0248662_9254538.jpg


S君のアイアンスポーツ
プライマリー周り、ミッション、オイルポンプ分解し、クランクケース割り作業。
清掃し、ねじ山がやられているところが何箇所かあるものの、ケースにクラックなどは無さそうで一安心。






1927SUNBEAM MODEL9

a0248662_9261349.jpg

a0248662_926494.jpg

a0248662_9262579.jpg

a0248662_9275059.jpg

a0248662_9281123.jpg
a0248662_9283480.jpg
a0248662_9284928.jpg


Oさんのサンビーム
もともと付いていた、ピストンとシリンダー計測。やはりこのあたりの年代に英国車、クリアランスは0.2mm以上あります。
Oさんが以前に手に入れていた新品ピストンと比較。チェック。
それぞれのピストンを使い、液体注入法で圧縮比測定。
それぞれ、圧縮比6.5対1と望ましい数値。まぁ。このあたりも改めて紹介します。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-29 09:44 | その他 | Comments(0)
2016年 11月 28日

日曜日の授業風景


1971BSA A65


a0248662_0131121.jpg
a0248662_0132213.jpg

a0248662_0134183.jpg


TさんのBSAは配線作業も終わり、まとめエンジン始動です。
無事エンジン始動し、今までの苦労が報われます。
塗装に出した、ガソリンタンク、サイドカバーが上がってきたら、改めてキャブ調整。
まだもろもろ調整ごとが残っているので、そのあたりが終わったら試乗となります。








1970XLH900

a0248662_0142592.jpg
a0248662_0145140.jpg
a0248662_015823.jpg

a0248662_0292485.jpg

a0248662_0152185.jpg



Tさんのアイアンスポーツ
段つき磨耗していたロッカーアームシャフトは新品に交換。
新しいシャフトに対し、ロッカーアームブッシュのクリアランスは0.05mm程度だったのでブッシュはそのまま、ホーニングして使います。
後は、エンジンをフレームに搭載前にオイルタンク清掃。なかなかの鉄粉が出てきました。
また、国産7/8”ハンドルにつくマスターシリンダーを削り1”バーに付くように加工。








1927SUNBEAM MODEL9

a0248662_0154585.jpg

a0248662_016789.jpg

a0248662_0165742.jpg
a0248662_017868.jpg
a0248662_0172181.jpg

 
Oさんのサンビームは昨日に引き続き分解、計測作業。
クランクシャフトベアリングを抜き取り計測。ドライブ側はローラーベアリングとボールベアリングの2連、タイミング側はローラーベアリングがついていました。このあたりは改めてベストなベアリングを選択予定。
問題が抜けてきてしまった手スポのベアリングレース。特にタイミング側は酷くポンチ攻撃、ロックタイトで留めてあったのですが、ベアリングレースよりもケース側が0.15mmと大きい・・。
溶射・肉盛・研磨しベアリングレースを太らせ、取り付け予定。
ともあれ、なんやかんや加工が必要そうです。またこのあたりは改めて詳しく書きます。

by sgf1906 | 2016-11-28 00:38 | その他 | Comments(0)
2016年 11月 27日

土曜日の授業風景



1980XLH1000


a0248662_119778.jpg
a0248662_1193037.jpg


Iさんのアイアンスポーツは配線引きなおし前の外装周り取り付け。
リアフェンダー取り付け、ウィンカーの配線の取り回しを変えつつ取り付け。






1973XLCH1000

a0248662_120067.jpg
a0248662_1202054.jpg
a0248662_1203164.jpg
a0248662_1204697.jpg
a0248662_1205870.jpg


Kさんのアイアンスポーツはロッカーボックス分解・清掃・計測。
シャフトは状態良し。ブッシュにはガタがあったので交換します。
抜けかかっていた#2、#3カムブッシュ、ガタが多かったピニオンシャフトブッシュを抜き取り、ブッシュ、ケース側ホール計測。






1927SUNBEAM MODEL9

a0248662_121235.jpg
a0248662_1215125.jpg
a0248662_122773.jpg
a0248662_1222033.jpg
a0248662_122358.jpg
a0248662_1224886.jpg
a0248662_123615.jpg


今日から授業開始、新入生のOさんは北海道から起こしで、不定期で通学します。
20年代のサンビームのエンジン、ミッションを持ち込み、分解、構造理解、オーバーホールしていきます。
苦労が多いサンビームエンジンですが、楽しみも多いドキドキしますね。
この辺りのレポートはまた改めて詳しく。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-27 01:35 | その他 | Comments(0)
2016年 11月 22日

月曜日の授業風景

1939EL1000


a0248662_20412012.jpg


a0248662_20434264.jpg

a0248662_20441275.jpg


Wさんのナックルヘッド
散々悩んだミッドポジションのフットペグ。ステー製作が終わり形になりました。
とにかく、フレーム側を加工、溶接したくないためもともとのマウントボルトを利用しつつ、良い位置にフットペグが来るようにするのが大変。
タイミング側は、ブレーキロッドが通るためブレーキピボットの位置を変えつつ、ロッドが逃げ良い位置へ。
プライマリー側はとにかくマウント出来る螺子部分が無い。転倒してしまった時に、損傷があるためクランクケース側へのマウントは避け、なかなかの形状のマウントステーとなりました。
とにかく考えるのに時間がかかりました。

a0248662_2042285.jpg

a0248662_20424015.jpg

a0248662_204391.jpg

マフラーはもともとのものが、右曲がりのときにフロントエキパイが擦ってしまうので、エキパイ位置を上げることとターンアウト化。
このエキパイは1-3/4”(44.45mm)。でU字パイプを切断しターン部分を製作したのですが、国内では45mmのパイプしか手に入りません。
製作者であるDAIいわく、それでは繋げた部分が目立ってしまうと。
44.45mmのUパイプ輸入し、マフラー製作。お陰で繋げた部分も目立たず良い感じであります。
というわけで、塗装し取り付け。

これでカスタム部門は終わり。
次回からは、あの計画を進めていきます。


基本うちではカスタム作業はやっておりません。
今回のカスタム作業はTRUE CLASSICさんの協力のもと進めたもので、カスタムのご用命はTRUE CLASSICさんまでお願いします。










1965XLCH900

a0248662_2040794.jpg


a0248662_2046291.jpg

a0248662_20464795.jpg
a0248662_20471226.jpg

Sさんのアイアンスポーツはヘッド分解・清掃・計測作業。
時間がかかる、シリンダーヘッド内のカーボン除去を終わらせ、バルブ、バルブガイド計測。
以前にこの辺りはやっているようで、バルブも磨耗少なく、ガイドとのクリアランスもIN、EXともに0.05mm~0.06mmで問題無し。

a0248662_20473995.jpg

ロッカーアームも同じく清掃・計測。
こちらは少々ガタがありますので、ブッシュ交換。


a0248662_20475670.jpg

エンジン腰上の計測が終わり、腰下分解へ。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-22 09:33 | その他 | Comments(0)
2016年 11月 20日

土曜・日曜日の授業風景

1971BSA A65

a0248662_2129319.jpg

a0248662_2130035.jpg
a0248662_21301891.jpg

a0248662_21312330.jpg


TさんのBSA
ルーカスタイプのIGキーボックスの動作がおかしかったので、ハーレーFX用のキーボックスに交換。
配線作業が終わり、バッテリーをつけ点灯チェックし問題なし。配線まとめ、割れてしまったフィンドクリップを交換し、次回エンジン始動です。








1985FXEF1340

a0248662_2132920.jpg
a0248662_21323645.jpg

a0248662_21331721.jpg

a0248662_21335960.jpg

a0248662_21491983.jpg


Tさんの4速エボは曲がったハンドルを熱し修正。
ブレーキフルードが無くなりエアがかんでいたRブレーキはエア抜き。
ついでに、フロントブレーキは以前に手に入れていたグりメカのマスターシリンダーに交換しようとしたものの、シリンダー径11mmのもので使い物にならず・・・。
もともとのマスターシリンダーをつけ、作業ごと終わり試乗。問題なくTさんの足バイク復活です。








1970XLH900

a0248662_21343192.jpg

a0248662_2135210.jpg

a0248662_21383469.jpg
a0248662_21384912.jpg


引き続きTさん。
足バイク4速エボの作業が終わり、本題のアイアンスポーツの作業。
シートカットすり合わせが終わったシリンダーヘッドにバルブスプリング(インナー)を仮組みしてスプリング取り付け長チェック。シムを使い調整し。ヘッドまわりO.K。
ヘッド面が歪んでいるので、内燃機屋さんで面研してもらいます。










1968BSA A65


a0248662_21392178.jpg

a0248662_21395824.jpg

a0248662_2140443.jpg

a0248662_21413768.jpg
a0248662_21415262.jpg
a0248662_21421541.jpg


NさんのBSA A65
ガタが多かったサイドスタンドピボットボルトはO.Sのものを製作し取り付け。サイドのガタもシムで調整。
センタースタンドも取り付け。
パーツの確認をしつつ、タイヤ取り付け前のホイールを組み付け、フロント側、リア側友ともにホイールのセンターだし。
次回タイヤを取り付け、ローリングシャシーに。





1951TRIUMPH T100

a0248662_21424896.jpg
a0248662_21431698.jpg
a0248662_21432837.jpg
a0248662_2143453.jpg
a0248662_21435650.jpg


Hさんのトライアンフ・タイガー今日から授業開始。
トライアンフのプレユニットモデルは初めてやりますので、生徒さんと共に勉強しながらの作業となります。
しかもアルミシリンダーのモデル、なんやかんやありそうですが身を引き締めてやっていきます。
とりあえず、いろいろと確認しつつヘッドまで分解しました。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-20 22:22 | その他 | Comments(0)
2016年 11月 16日

平日の授業風景 ~1964XLCH900分解作業~



1964XLCH900

a0248662_23262972.jpg

以前、部分修理コースでフロントフォークOH、キャブレーターOH、配線引き直しをやったSくんのアイアンスポーツ。
走行中にエンジンストールしエンジンがかからなくなったとの連絡。
クランキングはするものの、圧縮は少ないとのこと。プッシュロッドを見てみるとクランキングしてもプッシュロッドが4本とも動いていないということ。
こりゃピニオンギア周りが怪しいということで緊急入院。



a0248662_23265943.jpg

というわけで、カムカバーを外してみるとピニオンギアが思いっきり割れています。


a0248662_23284444.jpg

ピニオンシャフトの振れチェック。
0.04mmで少々振れはあるもののギア割れした原因ではないだろうと・・・。

a0248662_23291994.jpg

カムカバー周りをチェックすると#2カムブッシュのところにクラックが。
ギア欠けをおこし、ギアが噛みこみその際に#2カムギアに力がかかりクラックが入ったと思われます。
一応計測するとカムブッシュのクリアランスは良いものの、ピニオンシャフトブッシュはシャフトに対し0.4mmのガタがあり、ビッグエンドを潤滑する油圧も逃げていたことでしょう。

ともあれ、カムブッッシュ、ピニオンシャフトブッシュをやり直すためには、クランクケース側とのラインをだす必要があるため、クランクを分解しなければなりません。
最近このアイアンを手放そうそ考えていたオーナーさんですが、覚悟を決めてエンジンOHすることに。
というわけで、エンジンを分解していきます。


a0248662_23294697.jpg

a0248662_2330105.jpg

まずは腰上分解。
ピストンは前後とも抱つきを起こしています。プラグホールを濡らしていたオイルの原因はこれかしら。


a0248662_23305897.jpg
a0248662_23315057.jpg

a0248662_2332114.jpg

a0248662_23322072.jpg

CHのオイルタンクマウントボルトは転造ねじになっている専用ボルト。
頭を細めたボルトを使い抜き取り。
オイルタンクを抜き取り、エンジン腰下を降ろします。




a0248662_23324670.jpg
a0248662_2333842.jpg
a0248662_23332189.jpg

エンジン分解前に車体周りの気になるところを修正。
まず、センターからずれていたホイールをスポークで調整しセンターだし。ついでに振れチェック。
また、リアショックをはずしスイングアームのガタチェックし問題なし。


a0248662_23334567.jpg

曲がっていたフットペグサポートの取り付け部分も熱し曲げ修正。







1947FL1200

a0248662_2335221.jpg

Iさんのナックルヘッドは地道な作業であります。
オイルタンクのオイルライン取り付け螺子部の修正。パイプラインが入るここの螺子は垂直にナットを入れづらく、螺子がやられていることが多いです。
あまり使わない9/16”-24山UNEF(Extra Fine)のタップ・ダイスを使い修正。


a0248662_2335356.jpg

でオイルタンク清掃でありますが、スラッジと鉄粉が酷い。
リジットモデルのオイルタンクの形状はスラッジが溜まりやすいフィード側にアクセスしづらく、また覗くことができないため、ひたすら灯油を入れシェイクしスラッジ、鉄粉がなくなるまで清掃。
ほぼ1日がかりでした。
ともあれ綺麗になり取り付け。OHしたエンジンに鉄粉スラッジ混じりのオイルを投入することはできませんから。

a0248662_2336527.jpg










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-16 00:22 | 1964XLCH900 | Comments(0)
2016年 11月 07日

日曜日の授業風景

1976XLCH1000

a0248662_904153.jpg
a0248662_91450.jpg

a0248662_921948.jpg

a0248662_924783.jpg
a0248662_912262.jpg


Z君のアイアンスポーツ
TRUE CLASSICのDAI君に出張いただきシーシーバー製作取り付け。
ガスタンクを交換したため、スロットルケーブルの取り回しが悪くなったのでステー交換、新しいスターに合わせスロットルケーブルを詰め調整。





1971BSA A65

a0248662_935534.jpg
a0248662_944518.jpg
a0248662_955369.jpg


TさんのBSA A65は外装周り取り付け&配線作業
穴径が合わない新品シートとクッションラバーや新品組み合わせのリアフェンダー、テールライト、グラブバーの帳尻が合わず取り付けに苦戦。





1973XLCH1000

a0248662_9112158.jpg

a0248662_914058.jpg
a0248662_9142814.jpg
a0248662_9145085.jpg
a0248662_9151558.jpg


Kさんのアイアンスポーツはシリンダーヘッド周りの清掃計測
こびりついたカーボンを徹底除去。こいつが時間がかかるのです。
でガイド内径計測、随分と広がってしまっていたのでガイド交換。
バルブガイド抜き取り、ヘッド側ガイドホール計測、STDガイドでいけそうです。





1985FXEF1340

a0248662_916993.jpg
a0248662_9161912.jpg

a0248662_9164869.jpg
a0248662_917964.jpg


Tさんの4速エボはスタッドが曲がってしまった、クラッチハブ交換しプライマリー、組み付け。
ひび割れていたフロントタイヤ交換、クラックが入っていたブレーキローターも交換です。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-07 09:39 | その他 | Comments(0)