タグ:アイアンスポーツ ( 507 ) タグの人気記事


2016年 10月 31日

土日の授業風景

1970XLH900

a0248662_018434.jpg

a0248662_0193799.jpg

a0248662_020050.jpg
a0248662_0201361.jpg
a0248662_0203181.jpg


Tさんのアイアンスポーツ
シリンダーヘッドのバルブシートカット&擦り合わせ。
灯油チェックしO.Kで次回バルブスプリング周りとロッカーアーム周りとなります。






1973XLH1000

a0248662_0211544.jpg
a0248662_0213322.jpg

a0248662_0222020.jpg

a0248662_0215584.jpg


Kさんのアイアンスポーツ
ミッション周りとシリンダー計測。
状態が良かったミッション周りでありますが、クラッチギアブッシュとカウンターシャフト1STギアブッシュは交換。メインシャフトベアリングレースも虫食いがありましたので交換。
シリンダーは随分フロントシリンダーとリアシリンダーで随分の差が・・・。フロント側が随分広がっていて.060”のピストンでボーリング予定。



1955FLH1200

a0248662_0233374.jpg
a0248662_0235594.jpg


Hさんの持ち込みヘッド2基は分解後、カーボン除去&清掃。





1985FXEF1340

a0248662_0242392.jpg
a0248662_0244494.jpg

a0248662_0251070.jpg


Tさんの4速エボはトラブルがあり急遽修理。
プライマリー周り、クラッチハブ交換、オープンベルトプーリー交換となります。






1927 AJS BIGPORT


a0248662_0253949.jpg
a0248662_02622.jpg
a0248662_0262051.jpg

a0248662_030330.jpg

a0248662_051889.jpg



以前ヴェロセットで卒業した、Oさんは新たな愛車AJS持ち込み。
リアホイールのセンターだし、チェーンライン確認。製作済みのリアアクスルシャフト交換。
Dチェーンの位置が微妙に変わったため、ドライブチェーンカバーに干渉があり、プライマリー、ドライブチェーン一体式にカバーのため苦戦。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-31 00:52 | その他 | Comments(0)
2016年 10月 24日

土曜・日曜日の授業風景

土日はアイアン、A65DAYでありました。その授業模様です。



1970XLH900

a0248662_11541423.jpg

a0248662_11544973.jpg
a0248662_11551039.jpg
a0248662_11552840.jpg


Tさんのアイアンスポーツ
バルブガイド外径調整、圧入が終わり、圧入分縮んだガイド穴をリーマー通し。
バルブシートカット、擦り合わせ作業突入。







1980XLH1000

a0248662_11555143.jpg


Iさんのアイアンスポーツ
配線作業前の電装品、ライト周り、スイッチ周り取り付け。
この辺りに来ると、外装品の選定に悩み眺める時間が増えてくる。







1968BSA A65

a0248662_11561646.jpg

a0248662_11565318.jpg

a0248662_11573188.jpg

a0248662_11574423.jpg

a0248662_11581153.jpg

a0248662_11583978.jpg
a0248662_11585152.jpg


NさんのBSA
ギアボックッス、ギアケースインナーカバーを取り付け、ギアチェンジチェックし問題なしでありますが、ギアチェンジクアドラントに問題ありで交換。
エンジン周り腰下周りのチェックごとが終わりましたので、車体周りの作業に突入。

サイレントブロックと呼ばれるBSAのスイングアームピボット。ラバーマウントのスリーブが入っていて、ゴムのしなりでスイングします。
サイレントブロック圧入し次回、シャシー周り組み立てです。






1971BSA A65

a0248662_121184.jpg

a0248662_122971.jpg

a0248662_12495.jpg

a0248662_1244017.jpg

a0248662_125444.jpg

a0248662_1252792.jpg

a0248662_1254412.jpg


TさんのBSA
連結パイプが付くタイプのエキパイ取り付けで苦戦。
左側はよいものの、右側エキパイは取り付けるとカチ上がってしまっているので、アセチレンであぶり曲げ調整。両サイレンサーを付け高さをあわせます。
その他、アウタータイミングカバーに干渉していたシフトペダル、プライマリーカバーに干渉していた、リアブレーキペダルも曲げ調整。
サイレンサーマウントプレート共止めする汎用品のタンデムステップも加工し取り付け。







1939EL1000


a0248662_1315371.jpg

a0248662_132826.jpg

a0248662_132217.jpg

a0248662_1323339.jpg


Wさんのナックルヘッドはまさに現在作業中の投稿です。
マフラー製作位置決めが終わり、ステップのステー製作です。ステップの位置決めそして、マフラーだったり、ブレーキロッドだったりを逃げながらのステー作りでなかなか面倒です。
こちらももちろんTRUE
CLASSIC
監修です。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-24 13:13 | その他 | Comments(0)
2016年 10月 17日

日曜日の授業風景


1971 BSA A65

a0248662_124986.jpg

a0248662_124324.jpg
a0248662_1245152.jpg

a0248662_125615.jpg


TさんのBSAは配線作業
レギュレーター、ペイゾン、イグニッションコイルを取り付け、発電周り、点火周りの配線作業。
プラグコードは製作。
次回ライト周りの配線作業です。




1970XLH900

a0248662_12612.jpg
a0248662_1262490.jpg

a0248662_1265948.jpg

a0248662_127111.jpg

a0248662_1272758.jpg

a0248662_1284269.jpg

a0248662_127447.jpg


Tさんのアイアンスポーツ。
ガタがあったキックスタンドは修正しガタは無くなったものの、以前にスタンドのピボット穴部分が加工されていてピボットピンとガタがある。スタンドは交換しておいたほうが良いでしょう。
車体周りの作業は終わり、ヘッド周りの作業へ。
ヘッドのガイドホールを軽くホーニングした後に内径計測。ガイドホールにあわせ適正嵌め代プラスしてバルブガイド外径研磨。
ヘッドにガイド圧入し、次回ガイドリーマー加工、シートカットとなります。





1979FXE1200

a0248662_129646.jpg

a0248662_12111185.jpg

a0248662_12115959.jpg


Iさんのシャベルは油圧タペット交換。
4本中1本だけ違うメーカーのもの入っており、他のものとサイズが違います。
4本全部交換し、アイドリング時のタペット音解消。
オイル交換しこれで、VMSでの作業はここまで。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-17 12:47 | その他 | Comments(0)
2016年 10月 11日

日曜日・月曜日の授業風景

1971 BSA A65

a0248662_23441613.jpg

a0248662_23444585.jpg
a0248662_2345438.jpg

a0248662_2358948.jpg

a0248662_23454993.jpg


TさんのBSAは外装、電装も周りを取り付け終わり、点火時期調整。
点火システムはフルトラ、ペイゾンを使います。クランク側フル進角時期34度にあわせ、ピックアップ位置決め。
ヘリサート加工が終わったアウタータイミングカバーを取り付け、クラッチワイヤー取り付け、クラッチ調整。
次回、配線作業です。





1968BSA A65

a0248662_23492466.jpg

a0248662_23461335.jpg
a0248662_23463413.jpg

a0248662_23483137.jpg
a0248662_23484385.jpg

a0248662_23485332.jpg


NさんのBSAはクランク仮組みし、タイミングギア周り仮組み。
カムギアとタイミングギアの一部に引っかかりがあったので少々擦りあわせ。
その後クラッチ周り、清掃チェック。クラッチセンターのダンパーゴムは交換。クラッチフリクッションプレートは面研磨、スチールプレートは歪みチェック。








1973XLH1000

a0248662_23494531.jpg

a0248662_2350245.jpg

a0248662_23502386.jpg


Kさんのアイアンスポーツはタペット、タペットガイド、ローラー計測後、トランスミッション分解清掃、計測。
タペットガイドは広がっているので新品に交換予定。
エンジン周りは決して良いいえる状態ではなかったので心配しいたトランスミッションは無事でシャフトギアともに交換無しで使えます。








1976XLCH1000

a0248662_23504717.jpg

a0248662_23511427.jpg

a0248662_23513957.jpg

a0248662_2352436.jpg


Z君のアイアンスポーツは配線作業
フェンダーにブレーカーサポートをリベット留めし、配線を3系統にします。
まだ、加工、製作ごとが終わっていないリア周り以外の配線は引き終わり、まとめ点灯チェック。





1939EL1000

a0248662_23524228.jpg

a0248662_2353955.jpg
a0248662_23532975.jpg
a0248662_2353525.jpg

a0248662_23541275.jpg

a0248662_23543740.jpg


Wさんのナックルヘッドは引く続きマフラー製作。
今日もまたTRUE CLASSICのDAI君に協力頂き、擦っていたフロントマフラーを上に上げ、曲がり角度調整、エキパイがなるべく上に来るように、ブレーキオぺダルブラケットは加工。
ナックルはヘッドとエキパイのマウントが無いのでマフラーにステーを溶接し2点で留める。
というわけでフロント側にエキパイはOK。前後エキパイの平行、水平も綺麗に出ています。




1979FXE1200

a0248662_2357614.jpg


Iさんのショベルヘッドは前回、ネック周りの調整、引きずっていたフロントキャリパーのシール交換が終わったので試乗。
ブレーキの引きずりも無くなり取り回しも軽くなり、ハンドルをとられるような症状も無くなり、「手離し運転をしても真っ直ぐ進みます」と無事解消。
残念なのは調整して一箇所だけタペット音がしているので、油圧ユニットを交換してみます。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-11 01:52 | その他 | Comments(0)
2016年 10月 09日

土曜日の授業風景


1970XLH900

a0248662_2339641.jpg
a0248662_23391785.jpg
a0248662_23392824.jpg
a0248662_2339554.jpg

Tさんのアイアンスポーツは車体周りの作業。
スプロケットは大分磨耗し、段減りしていたリアドラムはTさんが所有していた良品ドラムに交換。
ついでにリアホイールベアリング分解、清掃。ベアリングは状態良かったのでそのまま使います。
ドラム交換したのでブレーキシューのあたりっぷりチェックし組み立て。

a0248662_23401839.jpg
a0248662_23403191.jpg

a0248662_23404964.jpg

スイングアーム分解し、ベアリング部チェック。
ベアリング、スイングアームシャフトともに以前に交換済みで問題なし。
清掃、グリスアップし独特なアイアンのスイングアームの構造、調整法を理解し組み立て。






1973XLH1000

a0248662_23421322.jpg

a0248662_23423729.jpg

新入生Kさんのアイアンスポーツは第一回目の計測作業。
初めてのマイクロメーター、シリンダーゲージの扱いに苦戦しつつ100分台の計測。
コンロッドベアリングレースはフロント側は虫食いあり、リア側のドライブサイドのレースは大分広がっています。また、ブッシュが抜けてしまっていたフロント側スモールエンド部は0.2mm近く楕円になっています。
タイミングサイドクランクベアリングレースにも少々虫食いはあるが、ラッピングでいけそう。

a0248662_2343667.jpg

a0248662_23434135.jpg

a0248662_23444317.jpg

カムギアは虫食い減りが酷く交換決定。
カムブッシュも#2、#3ブッシュは抜けかかっていて交換決定。
ピニオンシャフトブッシュはシャフトに対し0.12mmのクリアランスがありブッシュ交換決定。

とまぁ今回のこの車両も色々と盛りだくさんとなりそうです。







1955FLH1200


a0248662_2346462.jpg

a0248662_234733.jpg

ショベルヘッドで卒業したHさん。
今回はもう一台所有している55年パンヘッドのヘッド、クランクを購入し、持ち込み清掃、点検作業であります。




1971BSA A65

a0248662_2347272.jpg

a0248662_2348137.jpg
a0248662_23483782.jpg
a0248662_23485493.jpg

a0248662_23491531.jpg

a0248662_23494381.jpg


アウタータイミングカバーのクラッチケーブルアダプター受け部分がクラックが入っていたTさんのBSA。
溶接しクラックを埋めヘリサート作業。
タイミングカバーをイケールにセットし、スタッドボルトを使いネジ部が垂直になるように、ボール版のテーブルの角度を変えセットアップ。
ネジをきった後、そのままのセットアップで座面だし。コイルを入れ完成。
後は生徒さんに成形してもらいます。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-09 00:30 | その他 | Comments(0)
2016年 10月 04日

日曜日・月曜日の授業風景




1979FXE1200

a0248662_23184657.jpg

a0248662_23191998.jpg

Iさんのショベルヘッド
前回試乗時にハンドルがとられる感じがありましたので、ネック周り調整。
随分と強めにベアリングに与圧がかかっていたで、ガタなく動きがよくなるところで調整。

フロントブレーキも引きずっていましたので、キャリパーピストンを引き戻す役目を持つキャリパーシール交換。

で試乗というところですが、カギを忘れて試乗は持ち越し。









1978XLH1000

a0248662_2319378.jpg


エンジンオーバーホールでお預かりしていた、Tさんのアイアンスポーツは納車です。
試乗して頂き調子をみてもらい、オーナー様の笑顔をみてこちらも一安心です。
その後、1日スクールで自らウィンカー交換、配線作業をしていきました。
また、細かな作業がありましたらお越し下さい。







1939EL1000

a0248662_2320457.jpg

a0248662_23212023.jpg


Wさんのナックルヘッドは今日もまた、TRUE CLASSICさんにお手伝いいただき、マフラー製作作業。
元々付いていたドラックパイプは右カーブの際に擦ってしまい非常にストレスを感じていました。
今回懸案事項だったマフラー周りを一新します。
というものの、マフラーを擦らない位置にするために、フットボード(ステップ)位置の変更、ブレーキシャフトピボット部の加工などなど、なかなか大変です。







1947FL1200

a0248662_23223291.jpg

a0248662_23225355.jpg

a0248662_23233023.jpg

a0248662_2324730.jpg

a0248662_2325169.jpg
a0248662_23252057.jpg


Iさんのナックルヘッドは前回、オイルポンプの本組みが終わり、タペット組み付け、タイミングギア周り本組みし、エンジン腰した完成です。
その後、単品製作したシャンクルバーブッシュにグリス穴を開け圧入。ホーニングし仕上げ。
そろそろ棟上作業となります。





1976XLCH1000

a0248662_23255899.jpg


Z君のアイアンスポーツもリアフェンダー、シーシーバー、マフラー周りの外装製作作業を残すものの、今日は配線作業。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-04 00:10 | その他 | Comments(0)
2016年 10月 02日

土曜日の授業風景

1980XLH1000

a0248662_8293077.jpg

a0248662_8294643.jpg

a0248662_8313372.jpg
a0248662_8314310.jpg

Iさんのアイアンスポーツはプライマリー周りの組み付け作業。
ダンパー機能を持たないこの年式のアイアンスポーツにコンペンセータースプロケットを移植できるよう加工しました。このあたりのお話はまた次回として、トルク管理しコンペンセータースプロケット、クラッチハブ取り付け、クラッチ組み付け、ケーブルを通しチェック。






1970XLH900

a0248662_8321772.jpg

a0248662_8322940.jpg

a0248662_8324787.jpg

a0248662_8332552.jpg

a0248662_8333873.jpg
a0248662_833581.jpg

Tさんのアイアンスポーツはタイミングギアボックッス、トランスミッション本組み。
ガタが多かったタペットガイドは新品。しかしながら組み付け前は問題ないのだが、ケースに組みつけマウントボルトを締めると、#2ガイドだけ動きが渋くなる。ケース側が歪んでいて取り付けると微妙に変形するようです。ケースに組み付けて状態でホーニングしスムーズに動くようにして、カムギア周り本組み。
仮組みが終わっているトランスミッションもシール周りを取り付け本組み。




1971 BSA A65

a0248662_8342446.jpg

a0248662_8344328.jpg

a0248662_835141.jpg

TさんのBSAはドライブチェーン取り付け、外装周りを取り付け。
新品パーツを取り付けていきますが、もちろんスンナリ付きませんので、ネジ修正しつつ、穴を拡大しつつ取り付け。次回は配線作業ですね。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-02 08:49 | その他 | Comments(0)
2016年 09月 28日

最近の授業風景

日曜日




1976XLCH1000

a0248662_848162.jpg


Z君のアイアンスポーツ
外装リア周り(フェーンダー、シーシーバー)加工ごとがまだ終わっていませんが、出来るところまで配線引きなおし作業。





1979FXE1200

a0248662_848238.jpg


Iさんのシャベルヘッド
卒業のはずだったのですが、最後に試乗させてもらうとフロント周りがウェービングするというか、ハンドルがとられる感じがあります。
次回ステアリングヘッド周りを分解・チェックします。








月曜日



1939EL1000

a0248662_8484560.jpg

a0248662_8491214.jpg


Wさんのナックルヘッド
フットボードからフットペダル化するため、ステーなど製作しつつ、リアテールランプをシングル球からダブル球に変換加工。



1985FX1340

a0248662_8493829.jpg


アイアンスポーツで在学中のTさんは、もう一台所有の4速エボを持ち込み、車検整備。





火曜日



1965TRUMPH TR6

a0248662_8505780.jpg

a0248662_850415.jpg


E君のトライアンフは元々ついていた、ポイント点火をやめ、ボイヤーのフルトラ化
配線作業です。



1947FL1200

a0248662_851316.jpg

a0248662_8514440.jpg

a0248662_852528.jpg

a0248662_8521895.jpg


Iさんのナックルヘッド
苦労した前後リム組み・振れ取りが終わり、スプリンガーフォークロッカーブッシュ交換。





1976XLCH1000

a0248662_8525251.jpg

a0248662_8531098.jpg


Z君のアイアンスポーツはシーシーバー製作。
ガスタンクの錆取り地獄。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-28 09:17 | その他 | Comments(2)
2016年 09月 24日

1959XLCH フロントフォーク

今日は修理依頼で預かっているアイアンスポーツのフロントフォークのお話。
72年まで使われていた33.4mmのフロントフォーク。特に前期のダンパーロッドがついているものは、なかなか面倒です。


a0248662_23431461.jpg

a0248662_1142811.jpg

a0248662_1145561.jpg

まずは分解。
アウターチューブ下のダンパーが留まっているナットをはずすとインナーチューブとアウターチューブが分離。
スプリングをこじり、ダンパーロッドにスパナをかけ、ロッドリターナーを外すとばらけます。


a0248662_23434780.jpg

a0248662_2344445.jpg

分解し清掃、計測。
ダンパーチューブは固着無く問題なし。



a0248662_2344174.jpg

a0248662_23443268.jpg

問題は右側のアウターチューブ内のフォークブッシュ。(画像下)
ロワー側のブッシュが上まで上がってきてしまっています。確かにガタが随分多かったです。
左はのフォークブッシュはガタも少なく問題なし。(画像上)


a0248662_23444781.jpg

a0248662_2345034.jpg

自家製作の抜き取り工具を使い、ブッシュ抜き取り。
このタイプのフォークはアウターチューブ下側が止まりになっていて、スチール製なので中が錆びていたりするとブッシュを抜き取るのが非常に困難です。


a0248662_2345113.jpg
a0248662_23452327.jpg

ブッシュ抜き取り後計測。
アウターチューブ内径37.68mmに対し、新品ブッシュ外径37.65mmとブッシュの方が小さく、圧入できず新品ブッシュは使えず・・・。


a0248662_23453652.jpg
a0248662_23455114.jpg
a0248662_23462223.jpg

というわけで、アウターチューブ内径、インナーチューブ外径に合わせブッシュ製作。
フォークブッシュはクリアランスを詰め過ぎると、フレームに車体につけた際に動きが渋くなってしまいます。
かといってガタガタにするわけにもいかないので、寸法の選択が微妙です。


a0248662_23464352.jpg
a0248662_234721.jpg

a0248662_23472171.jpg

ブッシュを入れる前にナメていた、ドレンボルト螺子部をヘリサート加工。
此方も同じく右側のフォーク。



a0248662_23474734.jpg

a0248662_23483574.jpg

a0248662_23480100.jpg

ブッシュ圧入。
此方も自家製圧入工具を使い圧入。
ロワー側ブッシュはブッシュの止まり位置まで約200mmも圧入していくので、嵌め代がきつ過ぎると途中で止まってしまいます。また緩過ぎると中で動いてしまう恐れがありますので、圧入加減を見つつ、ブッシュの外径を研磨し調整。

a0248662_23495494.jpg

a0248662_23481493.jpg

同じくアッパー側ブッシュも圧入し、中古インナーチューブを使いラッピング。
ラッピングの際に使うバルブコンパウンドをアウターチューブ内に残らないよう、泣きながら清掃。



a0248662_23524741.jpg

a0248662_2353248.jpg

組みつけ作業。
ダンパーロッドとリテーナーを取り付ける際に、フォークスプリングを縮めておく必要があります。
此方も自家製工具を使い、スプリングを縮めておき取り付け。
フォークスプリングは新品に交換。


a0248662_23531590.jpg

a0248662_2353302.jpg

アウターチューブを取り付け、ダンパーチューブのマウントナットをシーリングし完成。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-24 01:54 | その他 | Comments(0)
2016年 09月 23日

1965TRUMPH TR6 エンジン腰上組みつけ

今日はE君のトライアンフのお話。
前回エンジン腰下をフレームに乗せ、その続きです。

a0248662_2344478.jpg

ピストン、ピストンリングはE君の持ち込みのもの。
シリンダーはピストンに合わせボーリング済み。

a0248662_235677.jpg
a0248662_2352548.jpg
a0248662_2354370.jpg

ピストンリングは日本ピストンリング製。
トップリングはバレルフィースタイプ、セカンドリングはアンダーカットタイプ、オイルリングは3ピースのものです。セカンドリングのアンダーカットタイプは古いバイクを扱っているとあまりお目にかからないですね。初めて使います。


a0248662_2361163.jpg
a0248662_2362228.jpg


a0248662_2363847.jpg

ピストンリングギャップ、ピストンリングクリアランスチェックし問題なし。
ピストン、シリンダー搭載すベースナット締め付け。



a0248662_2392831.jpg

ロッカーアームとロッカーアームシャフトのクリアランスは良好だったので、Oリング交換し組み付け。

a0248662_237451.jpg
a0248662_2371919.jpg

a0248662_2405895.jpg

使用するヘッドガスケット、シリンダーヘッド、プッシュロッドチューブを仮組みして、プッシュロッドチューブのオイルシールの厚み選出。
プッシュロッドチューブアッパー側にはOリングを付け、ロワー側の角断面シールの厚みを選択し、1mm程度つぶれる厚みにします。



a0248662_240812.jpg

a0248662_2373246.jpg

a0248662_2582465.jpg

ヘッドボルトの締め付け順序を確認しつつ、トルク管理しヘッド締め付け。
タペット調整をして、エンジン腰上組み立て完了。








なんやかんや製作物


a0248662_243273.jpg

a0248662_2434279.jpg

Tさんのアイアンスポーツ用シフターシャフトブッシュ



a0248662_2435717.jpg
a0248662_2441092.jpg
a0248662_2442256.jpg
a0248662_2443447.jpg

Iさんのアイアンスポーツ用、鍔付きのリアアクスルシャフトスペーサー




a0248662_2444940.jpg

a0248662_245268.jpg

修理依頼でお預かり中の初期型アイアンスポーツフロントフォークのブッシュ








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-23 03:05 | 1965TRUMPH TR6 | Comments(0)