Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アイアンスポーツ ( 543 ) タグの人気記事


2017年 03月 12日

土曜日の授業風景


1970XLH900

a0248662_8382182.jpg
a0248662_8384173.jpg
a0248662_839480.jpg
a0248662_8392133.jpg
a0248662_8393488.jpg
a0248662_8394863.jpg
a0248662_840046.jpg


Tさんのアイアンスポーツ
もともと付いていたDスプロケットナットのシール部が破綻していたのでナットは新品に交換しプッシュロッド取り付け。
スプロケットカバー、クラッチケーブルを取り付けクラッチ調整。プレッシャープレートのでっぷり調整し、クラッチレバーもシム調整しガタを無くす。








1968BSA A65

a0248662_8403882.jpg

a0248662_8412216.jpg
a0248662_8414052.jpg
a0248662_841589.jpg

a0248662_8451893.jpg

a0248662_8425236.jpg

a0248662_8432656.jpg
a0248662_8434972.jpg


NさんのBSA A65
バルブシートカット・擦り合わせが終わり、ヘッドに熱をかけガイドとバルブの渋りっぷりチェックし、ヘッド面面研。
バルブスプリングを仮組みして、アウタースプリングの取り付け長チェック。
シム調整し取り付け長合わせ。








1973XLCH1000

a0248662_84731.jpg
a0248662_8474830.jpg
a0248662_848616.jpg
a0248662_8482091.jpg
a0248662_8483246.jpg
a0248662_8484487.jpg
a0248662_849142.jpg


Kさんのアイアンススポーツ
すべてのバルブシートカット・擦りあわせが終わり、灯油チェックしてO.K。
シリンダーヘッド面とロッカー側面研。
次回はバルブスプリングの取り付け、調整です。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-12 09:01 | その他 | Comments(0)
2017年 03月 11日

1964XLCH900 クランク軸受けベアリングラッピング冶具

先日も少しお話しましたが、暖めた時点でスプロケットシャフトベアリングレースが動いていたS君のアイアンスポーツスター。
計測すると縦方向に大きいところで0.13mm楕円になりベアリングレース径50.02mm~50.03mmに対し0.15mm大きくなっていいました。

a0248662_2347544.jpg
a0248662_23471769.jpg

内燃機屋さんに両クランクベアリング軸部のセンターをみつつ真円拡大加工してもらいました。
ベアリングレースを溶射・肉盛・研磨し圧入します。


a0248662_2347326.jpg

拡大したベアリングレース受け鋳込み部分の径は50.30mmで約0.3mm拡大しています。
ここに肉盛したレースを圧入するのですが、まだレースが帰ってきておらず。
作業が止まってしまうので、ベアリングレースラッピング用の冶具を製作します。

a0248662_23474712.jpg
a0248662_2348636.jpg

うちにあるXL用のラッピング冶具はスプロケット側のベアリングレース、ベアリングを入れベアリングを軸にしてピニオンシャフトベアリングレースをラッピングするもの。
ベアリングが無い状態だ使えません。

今回はスプロケットシャフトベアリングレース圧入部に穂のかにテーパーになっている冶具をいれラッピングする方法でいきます。

a0248662_2349081.jpg

a0248662_23483210.jpg

まずはラッピングロッドの軸受け部を作ります。ロッド径+0.05mmガタ無くロッドが回るように。


a0248662_23491944.jpg
a0248662_23502068.jpg
a0248662_23504614.jpg

ある程度外径を削った後に刃物代に角度をほんの少しづらし(線一本分)テーパー加工。
テーパー角度は0.2度程度で全長43mmで上底と下底の直径の差が0.3mm程度。



a0248662_2351630.jpg
a0248662_23511747.jpg

という訳でこれで次回はピニオンシャフトベアリングレースラッピングできます。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-11 07:00 | 1964XLCH900 | Comments(0)
2017年 03月 10日

平日の授業風景

住居の引越し確定申告のなんやかんやと、バタバタではありますが、やっとネット環境が整いましたので久しぶりにブログアップします。




1964XLCH900

a0248662_10334453.jpg
a0248662_10335686.jpg
a0248662_10348100.jpg
a0248662_10342451.jpg
a0248662_1034511.jpg
a0248662_1035911.jpg
a0248662_10352219.jpg
a0248662_10353491.jpg

a0248662_10354949.jpg


S君のアイアンスポーツ。
ドライブ側クランク軸受け部は0.1mm以上楕円になっていまして、両軸受けラインだし真円加工が終わり、クランクケースが帰ってきましたので、タイミングギア周りの作業から。
スプロケットシャフトベアリング周りのお話はまた次回。

カムのニードルベアリングは交換。
サイズがよかったカムブッシュはブッシュ鍔部分が段つきに減っていましたので面研。
カムギアを組み付け、スラスト調整。
60年代のアイアンはジェームス製カムカバーガスケットを使うと大分多めにスラストが出ますので、特注で厚めのシムを作っています。
今更気がつきましたが#1カムギアのタイミングマークがありません・・・。以前にマジックで書かれてある印が薄っすらとあるだけです。こいつはカムタイミングチェックが必要です。












1980FLH1340

a0248662_1036726.jpg
a0248662_10362383.jpg

a0248662_10364392.jpg

a0248662_10375061.jpg

a0248662_10371569.jpg
a0248662_10391069.jpg

a0248662_10392681.jpg
a0248662_10394152.jpg

a0248662_10395891.jpg

a0248662_1040937.jpg
a0248662_10402135.jpg
a0248662_10403432.jpg


Tさんのショベルヘッド
セルスタートするとプライマリー周りから異音がするということで御自分でプライマリーカバーを開けてみるとクラッチハウジングのスターターリングギアが破綻しておりました。
というわけで緊急入院。
リングギアとともにやられていたスタータードライブギア交換。
スターターリングは純正三層リベット留めのものはやめ、一体式になっているリングギアがついているクラッチハウジングに交換。
また、クラッチハブやクラッチスプリングも今回一新。
仮組みするとプライマリーチェーンがチェーンテンショナーの側面に干渉していますので、シム調整、チェーンライン確認し取り付。








1979 TRUMPH T140E

a0248662_10405635.jpg
a0248662_10411314.jpg
a0248662_10414079.jpg
a0248662_10415693.jpg
a0248662_1042857.jpg

a0248662_10423463.jpg
a0248662_1043999.jpg

a0248662_10433958.jpg
a0248662_1044225.jpg
a0248662_10442079.jpg
a0248662_10445741.jpg


D君のトライアンフは腰上周り計測作業。
コンロッドビッグエンド部が焼きついていたため、ピストンピンを削りピストンを抜きクランクケースを割ったんだよな。
シリンダー径はピストンに対し0.16mmと大分クリアランス多め。減っているというより、もともと大きめのクリアランスでボーリングしてあったようです。
ともあれこいつはボーリング予定。

タペットはIN側、EX側共に段つきに減っています。タペットは交換。
タペットガイド穴は変形無く、新品ガイドと比べてもサイズは変わりませんのでこのまま使います。

ヘッドバルブ周りは、バルブステム径に対しガイド内径は0.04mm~0.05mmと状態良し。でこのまま使えるでしょう。
という訳でヘッド周り、バルブ周りのカーボン除去、ヘッド面研。



a0248662_1047817.jpg

Sさん
お花有難う御座いました。嫁のテンションが以上に上がっておりました。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-10 11:32 | その他 | Comments(0)
2017年 03月 05日

新規開店一回目の授業

皆様の手助けのお陰で無事昨日から授業を始める事ができました。
皆様本当に有難う御座いました。
また昨日も沢山の人にお祝いを頂き有難く思っています。


約一ヶ月間引越し作業、大工仕事だったため久しぶりのバイクいじりは新鮮でありました。


a0248662_820324.jpg
a0248662_8204574.jpg





1985FXEF1340

a0248662_8221397.jpg

a0248662_8222997.jpg

アイアンスポーツのTさんは足バイクの4速エボのメンテナンス作業。






1973XLCH1000

a0248662_8224491.jpg
a0248662_8225941.jpg
a0248662_823111.jpg

a0248662_8232457.jpg


Kさんのアイアンスポーツはヘッド周りの作業であります。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-05 08:42 | その他 | Comments(0)
2017年 02月 04日

西新井・最後の授業


水曜日の授業風景です。
この日がこのガレージでの授業が最後になります。
3年前にこのガレージに引っ越してきたときは正月休みに突貫工事的に作ったんだよな・・・。
もちろん3年前よりも物が増えているので、引越しが思いやられるな。






1947FL1200

a0248662_964275.jpg
a0248662_965797.jpg
a0248662_971279.jpg
a0248662_973018.jpg


Iさんのナックルヘッドはキャブ周りの作業。
もともと付いていたキャブのベンチュりーが固着して抜けず、メインノズルの穴位置もずれている。
ベンチュリー自体、1000cc用のものが入っているので、簡易的な抜き取り工具を使い抜き取り。
各部清掃・チェック。









1976XLCH1000

a0248662_974523.jpg


Zくんのアイアンスポーツは車検取得したので、試乗膿みだし。
プラグの焼けっぷりを見つつ、ひたすら試乗。









1927 SUMBEAM MODEL9

a0248662_98097.jpg

a0248662_982944.jpg

a0248662_993824.jpg

a0248662_9103984.jpg

a0248662_9105022.jpg

a0248662_98483.jpg
a0248662_9111425.jpg


Oさんのサンビームはギアボックス周りの分解・清掃・計測・チェック。
ギア周り、シャフト周り問題なし。今回はハイギアのスライダーギア、ハイギア、カウンタギアに交換予定なので、ギア比計測。
問題はキックシャフトの軸受け部・・・。ドライブチェーンが車体左側から出ているサンビームは、クラッチスプロケットを直接回すため、車体左側から右側へ長いキックシャフトが通します。そのためキックペダルを踏んだときに、長いキックシャフトのテコの力がかかり、軸受け部に大分力がかかります。
この車両もケース側に以前溶接して直した跡があり、キックシャフトのスリーブにもポンチ攻撃が・・・。
すでにキックシャフトスリーブとケースにガタがありますんで、修理が必要でなかなか大変そうです。



a0248662_916946.jpg


ともあれ、これで授業が終わり引越し作業となります。
引越し作業の進行具合はこのブログでお知らせするとともに、今まで上げられていなかった作業内容も書いていこうと思っていますので、宜しくお願いします。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-02-04 09:46 | その他 | Comments(0)
2017年 02月 01日

平日の授業風景




1976XLCH1000

a0248662_8163974.jpg


Z君のアイアンスポーツ
車検作業が終わり、一回目のオイル交換後、各部増し締めし、改めてタペット調整。
これから試乗し膿みだし作業です。








1964XLCH900

a0248662_817688.jpg
a0248662_8172775.jpg
a0248662_8174438.jpg


S君のアイアンスポーツ
写真を撮り忘れましたが、ガソリンタンクの漏れ部分確認後半田処理、クラッチハウジングのベアリング交換後、潰れていたプッシュロッドカバー修正。
外注加工ものが帰ってこないと、そろそろやることが無くなります。








1927 SUMBEAM MODEL9

a0248662_818119.jpg
a0248662_8182943.jpg
a0248662_8183992.jpg
a0248662_818585.jpg


a0248662_819192.jpg
a0248662_819351.jpg
a0248662_8195247.jpg
a0248662_820578.jpg


Oさんのサンビーム
ヘッド周りの作業。バルブ、バルブガイドは状態良かったのでそのまま使います。
あたりっぷりを確認後、シートカット擦り合わせし、あたり幅1.5mmに。灯油チェックし漏れなくO.K。
バルブの突き出し量、ラッシュキャップ有りと無しの距離確認後、ヘッドとシリンダー面面チェック。
ロッカー取り付け、ロッカーとバルブのあたり位置も問題なくO.Kです。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-02-01 08:34 | その他 | Comments(0)
2017年 01月 29日

土曜日の授業風景

a0248662_838291.jpg






1971 BSA A65

a0248662_8381673.jpg


TさんのBSA
ガソリンタンク含め外装回り取り付け、改めて始動。
2次エアを吸っていることが判明し手直し。





1970XLH900

a0248662_8383476.jpg
a0248662_8384621.jpg
a0248662_8385640.jpg


Tさんのアイアンスポーツ
クラッチフリクッションディスク研磨・面出し、スチールディスクの面チェック済みでプライマリー周り組み付。





1927 SUMBEAM MODEL9

a0248662_8392424.jpg
a0248662_8393536.jpg
a0248662_8394983.jpg


北海道からお越しのOさんのサンビーム。
もともとローラーベアリングとボールベアリングの組み合わせで組まれていたクランク軸受けベアリングは、すべてローラーに交換。このベアリングが手に入って良かった。
ケースのレース圧入部が広がってしまっていることもあり、改めて考察。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-29 08:52 | その他 | Comments(0)
2017年 01月 24日

1973XLCH1000 ロッカーアームブッシュ・バルブガイド

今日はKさんのアイアンスポーツ、ヘッド周りのお話。


a0248662_23143091.jpg
a0248662_2315138.jpg
a0248662_23153624.jpg
a0248662_23154673.jpg

まずはロッカーアームブッシュ。
毎度のことでありますが、使うブッシュはJIMS製のもにで、内径がロッカーアームシャフトに対し0.1mm近く小さめに作られています。
このまま、ロッカーアームにブッシュを圧入すると、リーマーを通すのに苦労すると共にブッシュが切れきれず、適正なサイズになりません。
というわけで、ブッシュを専用生爪に銜え予め内径拡大。ぎりぎりシャフトに入るぐらいにサイズにします。



a0248662_23162078.jpg
a0248662_23163568.jpg
a0248662_23165799.jpg
a0248662_2317932.jpg
a0248662_231745100.jpg
a0248662_23175920.jpg

内径加工したブッシュをオイル穴を合わせ圧入。
圧入後、ラインリーミング。リーマーを通してもシャフトの動きが渋いものは、ラップロッドにコンパウンドを付けラッピング。仕上げにホーニングし組み付け。



a0248662_23183136.jpg
a0248662_23184557.jpg

ここからはバルブガイドのお話。
ガイドを抜き取ったヘッド側バルブガイドホールはホーニングし計測。穴側の磨耗無く状態良し、STDサイズのガイドでいけます。

a0248662_23185650.jpg
a0248662_23191891.jpg

kibblewhite製の鋳鉄バルブガイドを使います。
IN、EX共に適正嵌め代サイズまで外径を研磨します。


a0248662_23193298.jpg
a0248662_23194376.jpg
a0248662_23195418.jpg

ロッカーアームブッシュでの理由と同じで、小さめに作られているバルブガイド内径を専用生爪に銜え、使うバルブステム径+クリアランスサイズのリーマーを使い、予め内径拡大。
オイルを吸いやすいIN側は頭部分をテーパー加工しバルブガイド前加工O.K。



a0248662_23201781.jpg
a0248662_2320273.jpg
a0248662_23204484.jpg
a0248662_23205644.jpg

専用工具でバルブガイドをヘッドに圧入。
圧入後、嵌め代分縮んだガイド内径をリーマーで内径拡大し、バルブガイド周りの作業はこれで終わり。
次回、シートカットさんです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-24 23:40 | 1973XLCH1000 | Comments(0)
2017年 01月 23日

土日の授業風景

1971 BSA A65

a0248662_2323266.jpg

a0248662_23245436.jpg

a0248662_2323424.jpg

a0248662_23251796.jpg
a0248662_23252851.jpg

a0248662_23372797.jpg


TさんのBSA
ガソリンタンク、サイドカバー、エアクリーナーカバーの塗装があがってきましたので取り付け。
このガスタンクの取り付けかたに困惑しつつ、塗装しビシッと締まりました。
引きずっていたフロントブレーキを調整し直し、そろそろ車検さんです。






1973XLCH1000

a0248662_23262460.jpg
a0248662_23264560.jpg
a0248662_23265778.jpg
a0248662_2327735.jpg
a0248662_23271829.jpg


Kさんのアイアンスポーツはヘッド周りの作業。
前加工済みのバルブガイドを圧入しリーマー通し、シートカット開始。






1984FXEF1340

a0248662_23274162.jpg
a0248662_23282196.jpg
a0248662_23283397.jpg
a0248662_2328461.jpg


アイアンスポーツで受講中のTさんは足バイクである、4速エボが発電不良になり急遽、オルタネーター交換。
原因はステーターコイルの端子部、絶縁であるゴムカバーが硬化し亀裂が入りショートしたようです。こちらはステーター交換。
また、もともと付いていたローターコイルはシャフトと結合するスプラインの溝がなくなっていた(もともと無い奴ががあるのかしら?)ため新品に交換。
幸いレギュレーターはショートしておらず、無事発電。寒い中帰っていきました。






1951TRIUMPH T100

a0248662_2329477.jpg
a0248662_23291656.jpg

a0248662_23311683.jpg

a0248662_23314644.jpg
a0248662_2332543.jpg


Hさんのトライアンフ。
分解したギアボックスを清掃し計測作業。
ギア周りは問題ないですが、ハイギアブッシュ、レイシャフトブッシュなど含めブッシュ類はほぼ全滅で作り直しで巣。




a0248662_2332411.jpg


修理作業が終わったIさんのベロセット。
引取りでYさんのスラクストンと共に帰っていきました。
ベロセットアコガレの私としては羨ましい光景でありました。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-23 01:50 | その他 | Comments(0)
2017年 01月 21日

1976XLCH1000 外装周り

今日はZくんもアイアンスポーツ、外装周りのまとめ的お話。


a0248662_8394277.jpg


a0248662_839861.jpg
a0248662_8392165.jpg

オイルタンクは純正タンクを徹底清掃後取り付け。
上下ステー製作し取り付け。

a0248662_8395677.jpg

a0248662_840765.jpg

60年代のフレームに70年代のエンジンが付いているため、フットペグがすんなり付かない。(もともとちゃんと留まっていなかった)
フットペグを熱し曲げ位置を出し取り付け。


a0248662_8402322.jpg
a0248662_840373.jpg
a0248662_840491.jpg
a0248662_8411760.jpg
a0248662_841284.jpg

オーナーZ君が持ち込んだシーシーバーももちろんポン付けができず、単品加工(ほぼ製作)しフェンダー位置を合わせ取り付け。また、マフラーも位置あわせステー製作し取り付け。
シーシーバーにフェンダーステー、リアサイレンサーステー、テールランプ、ナンバーマウントを取り付け。
このあたりの作業はすべてTRUE CLASSICさんに出張してもらいやってもらいました。カスタムのご用命はTRUE CLASSICさんまで。


a0248662_8563375.jpg

a0248662_8415369.jpg

状態が酷く新品に交換したスプロケットカバーはチェーンを取り付けると干渉。
干渉している部分を削り取り付け。


a0248662_8432035.jpg

a0248662_8443240.jpg

a0248662_8433178.jpg

a0248662_8445135.jpg

ライトサイドマウント部の長さがおかしかったフロントアクスルシャフトは旋盤講習も兼ねピッタリカラーをZ君が製作。



a0248662_8451042.jpg

外装周りの作業も終わり、お車検業務。
無事車検も通り、試乗し膿みだし作業となります。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-21 09:05 | 1976XLCH1000 | Comments(0)