Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アイアンスポーツ ( 560 ) タグの人気記事


2017年 05月 24日

1964XLCH900 オイルポンプ・バルブタイミング

a0248662_8562917.jpg
a0248662_8572462.jpg
a0248662_8574366.jpg

今日はS君のアイアンスポーツのお話。
まずはオイルポンプ。
オイルポンプギア・オイルポンプボディーの内壁も傷無く問題なし。
ギア面とボディーの面の隙間をチェックしチェックバルブの当たりっぷりも光明丹でチェック。



a0248662_8584587.jpg

オイルポンプギアをまわしながら、規定トルクで均等締めしていき、オイルポンプの回りっぷりチェック。
アルミボディーのポンプは歪みで締めっぷりにより動きが渋くなるものがありますが、こいつは問題無し。


a0248662_859827.jpg

a0248662_8594572.jpg

a0248662_8592843.jpg

オイルを通しオイル流れっぷりチェック。
ビッグエンド側、ヘッドロッカー側、リターン側ともに問題なしでO.K




a0248662_982195.jpg

a0248662_971192.jpg
a0248662_974133.jpg

オイルポンプも本組みし、ここからはバルブタイミングのお話。
この車両の#1カム(リア・EX側)のカムにはタイミングマークかついておらず、消えそうなマジックで印がついていましたので、バルブタイミングのチェックをします。
そのため、R側のシリンダー、ヘッド、プッシュロッド周り仮組み。

a0248662_984954.jpg
a0248662_99765.jpg

ちなみに、900ccのアイアンの点火タイミングマーク(棒線)位置は上死点前45度、もちろんハーレーは45度Vツインなので、リア側の上死点位置は棒印の位置になります。


a0248662_910024.jpg
a0248662_91022100.jpg

タペットアジャスタースクリューは9/32”-32山
32山なので1周で0.8mm、1/2周で、0.4mm、1/4周で0.2mm動くことになります。
バルブタイミングのチェッキングクリアランスは1.35mmなので、アジャスターを調整しチェッキングクリアランスに。


a0248662_9103897.jpg

a0248662_9381423.jpg


Pカムのカムタイミングは
INオープン 上死点前34度 INクローズ 下死点後40度
EXオープン 下死点前43度 EXクローズ 上死点語31度

チェックし数値的に問題なくO.K
印を新たにつけカムタイミングチェック終わり。


a0248662_9111563.jpg
a0248662_9113290.jpg

というわけで、タイミングギア周りも本組み。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-24 09:40 | 1964XLCH900 | Comments(0)
2017年 05月 23日

1964XLCH900 クランクケース組みつけ

a0248662_8561015.jpg

今日はS君のアイアンスポーツのお話。
クランク芯だし、ピニオンシャフトベアリングレースのラッピングも終わり、クランクケースを組み付け。


a0248662_8565286.jpg
a0248662_8572647.jpg

a0248662_8573775.jpg
a0248662_8575278.jpg

ケース周りの修正ごとから
クラックが入っていたクランクドレンボルト部はクラック部溶接し、ボール盤にセットし座面だし面研とともにヘリサート加工。


a0248662_8581179.jpg
a0248662_8582460.jpg

a0248662_8583844.jpg

座面部の状態が良かったT/M側は元螺子山で位置を取りヘリサート加工。


a0248662_8585565.jpg
a0248662_859799.jpg
a0248662_85918100.jpg

ドレンボルトは真鍮で製作。

a0248662_8595382.jpg

ワンウェイバルブであるトランスファーバルブは駄目になった際、組んである状態で抜き取るのが大変なので今のうちに、抜き取りプラグ製作。ミッションブレーザーは別のところからとります。


a0248662_90115.jpg
a0248662_903690.jpg

a0248662_905289.jpg
a0248662_911555.jpg

0.15mmもガタがあったスプロケットシャフトベアリングレース受け部は真円加工後、レース外輪を溶射・肉森・研磨しています。
ケース暖め圧入。

a0248662_925423.jpg
a0248662_93345.jpg

a0248662_942220.jpg

スプロケットシャフトベアリングのスラスト量をチェック後、ベアリング圧入。


a0248662_943755.jpg

a0248662_945077.jpg

ピニオンシャフトベアリングはラッピングしたレースにあわせオーバーサイズベアリングをいれクリアランス調整。
液体ガスケットをつけクランク組み付け。


a0248662_97670.jpg
a0248662_972815.jpg

というわけで、次回オイルポンプ周り、タイミングギア周り組み付けとなります。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-23 09:28 | 1964XLCH900 | Comments(0)
2017年 05月 17日

月・火曜日の授業風景


1939EL1000

a0248662_80168.jpg

a0248662_803511.jpg

a0248662_812085.jpg

a0248662_801851.jpg
a0248662_805347.jpg


Wさんのナックルヘッド
前回マグネトーのポイント不良発覚。今回ポイントを新品に交換。新品に交換すると、なにゃかんやと状況が変わるので改めてチェック。
ポイントに板バネのアールが変わりしてしまうため、アールを変え取り付け。
改めて点火時期調整、進角時期はもとより遅角時期でもチェック。
ショートタイプのローターとシャフトが分離するタイプのマグネトーでシャフトとローターが六角で結合するのですが、ここのガタが気になるな・・






1947FL1200

a0248662_814389.jpg
a0248662_822100.jpg
a0248662_823322.jpg
a0248662_824856.jpg

a0248662_831450.jpg


Iさんのナックルヘッド

リアシリンダーヘッドを乗っけるとシートポストに干渉。また目で見てネック部が捻じれていたフレームが修正屋さんから帰ってきました。
背骨部もだいぶ猫背になっていて、シートポスト部にも大分穴が開いていたようです。シートポスト部はロウつけで埋めてもらいました。
錆とりをして風合いを壊さない程度に錆止め黒塗装しました。







1964XLCH900

a0248662_84152.jpg
a0248662_843283.jpg
a0248662_844731.jpg

a0248662_85228.jpg


Sくんのアイアンスポーツ
クランク芯だし、ピニオンベアリングレースラッピングを終え、適正サイズのピニオンベアリングを入れクランク本組み。
その後、チェックごとを終わらしているオイルポンプを仮組み規定トルクでナットを締め、オイルポンプの回りっぷりチェックしO.Kでポンプ本組み。




1979FXS1340

a0248662_852480.jpg
a0248662_8548100.jpg

a0248662_86182.jpg

a0248662_863367.jpg
a0248662_865159.jpg

a0248662_87314.jpg
a0248662_873314.jpg


a0248662_871747.jpg
a0248662_874862.jpg
a0248662_88163.jpg


Oさんのショベルヘッド
前回ネックベアリング交換、フォークスプリング交換し、今回はホイールとブレーキ周り。
ホイールベアリングはやられていたのでベアリング交換。
スラストチェックし0.1mm以上あったのでディスタンスカラーをつめてスラスト調整。
ガタがあったキャリパーマウントはブッシュ交換しマウントボルトも交換。
寝気味だったキックスタンドを少々曲げ調整。







span style="color:rgb(255,102,51);">レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-17 08:43 | その他 | Comments(0)
2017年 05月 15日

土曜・日曜日の授業風景


1968BSA A65

a0248662_2251740.jpg

a0248662_226910.jpg

a0248662_2282788.jpg
a0248662_2284620.jpg
a0248662_229159.jpg
a0248662_2293235.jpg
a0248662_2295219.jpg

a0248662_2311432.jpg
a0248662_2312766.jpg


NさんのBSA A65
クラッチセンターのダンパーゴム交換後、クラッチチェーンホイールとのスラストチェック。
ミッションは以前仮組みしスラストなどチェック済みでミッション組み付け。
キックラチェットギアはスリーブ共に新品に交換。
逆回転時の動きが悪かったため、ギアの一部を削り修正し取り付け。
ギアチェンジクアドラントを取り付け、シフター周り取り付け、ギアチェンジチェック。
苦労したギアチェンジクアドラントのお話はまた改めて。







38VELOCETTE KSS MKⅡ

a0248662_2315425.jpg
a0248662_2321264.jpg
a0248662_2323159.jpg
a0248662_2351348.jpg


Eさんのベロセット
細かな製作ものをつくり、タイヤ交換。






1970XLH900

a0248662_2355278.jpg
a0248662_236112.jpg

a0248662_2365463.jpg
a0248662_237287.jpg


Tさんのアイアンスポーツ
先日、機械式のデスビでエンジン始動したのですが、駄目だったセミトラのマロニーデストリビューターの考察。
2回火花が飛ぶという謎の症状があり、ピックアップセンサー周りをチェックするとローターに原因があることが判明し、マロニーさんでも無事エンジン始動。
その後、試乗前細かな手直し。







1951TRIUMPH T100

a0248662_2374415.jpg

a0248662_2382947.jpg
a0248662_2384435.jpg

a0248662_239811.jpg
a0248662_2392669.jpg

a0248662_239394.jpg

a0248662_240719.jpg

a0248662_2402737.jpg



Hさんのトライアンフ
ガタガタだったリアブレーキのピボットカム。
カムシャフト自体が樽上に変形していますが、新品が出ない。
一応両センターでカムを銜え回したもののもちろん芯は出ていないので、旋盤で回し手でシャフト研磨。
ブレーキパネル側のカムホールも内径拡大し、ブッシュ製作。
仮組みが終わっている、フロントフォークアウターチューブは塗装さん。
登校で使っているユニット650もモディファイしてみたり。





1970 TRIUMPH TR6

a0248662_2404881.jpg

a0248662_241555.jpg


トリニティー卒業生のTさん
すでに張替え済みのRドラムブレーキシューの交換に。
ついでに、どっつき気味のスピードメーターギアのシム調整。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-15 08:55 | その他 | Comments(0)
2017年 05月 10日

平日の授業風景


1939EL1000

a0248662_8583675.jpg
a0248662_8585693.jpg
a0248662_902378.jpg


オープンロッカー化中のWさんのナックルヘッド。
試乗し、ロッカーオイルカップからのオイル漏れを確認するはずが、いきなりの点火周り不良でマウネトー周りチェック。
コンデンサーは交換しコイル抵抗チェックし問題なし。
原因は結局ポイントの変形でした。コンデンサーが終了し、ポイント周りに火花がでたことで変形したかもしれません。
ポイント修正し取り付けO.K。
オイルカップ周りもシーリングし次回試乗です。








1964XLCH900


a0248662_972066.jpg
a0248662_98265.jpg

a0248662_981880.jpg
a0248662_984238.jpg
a0248662_99552.jpg


S君のアイアンスポーツ
エンジン周りのパーツが到着が遅れているため、車体周り効きが悪いフロントブレーキチェック。
まず、フォークとブレーキパネルのマウントでもあり、ブレーキライニングのピボット部でもあるピボットスタッドでありますが、ブレーキパネルとの隙間が2mm以上あります。
そのため組み付けるたびにブレーキライニング位置が変わりブレーキの効きっぷりが変わります。
うまい事組んでやればよいのですが、今回はスリーブを製作しガタをなくし取り付け。
しかしながら、もともとのドラム自体が錆のせいで真円に当たっていない。
しっかりしたブレーキにするためにはドラム研磨が必要です。








1979FXS1340

a0248662_993366.jpg

a0248662_911629.jpg

a0248662_9112639.jpg
a0248662_9114810.jpg
a0248662_912757.jpg

a0248662_91227100.jpg

a0248662_91384.jpg

a0248662_9134463.jpg
a0248662_914323.jpg

a0248662_914255.jpg


部分修理のOさんのショベルローライダー
ネック周り、フォーク周り、Fブレーキ周りとフロント周りのメンテナンス。
まずネックベアリング交換。
この年式ぐらいになるとネックベアリングレースを抜く工具の爪がかからないので、レースに溶接のビートを引きレース抜き取り。
新たなベアリング組み付け。
フロントフォークはプログレッシブのロワスプリングキッドを組みました。
というわけで次回はフロントブレーキ周り。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-10 09:33 | その他 | Comments(0)
2017年 05月 09日

1973XLCH1000 バルブシートカット・バルブスプリング取り付け

バルブガイド交換、リーマー加工まで終わっている、Kさんのアイアンスポーツ。
今日はその後、バルブシートカットとバルブスプリング取り付け長合わせのお話。



a0248662_8233184.jpg




a0248662_8242276.jpg
a0248662_8243773.jpg
a0248662_8245028.jpg
a0248662_8334062.jpg

まずはEX側
あたり幅は悪くないが虫食いがあった45度面をシートカットし30度面、60度面ともに少々カットし、バルブシートとバルブフェースのあたり位置合わせと幅調整し当たり幅1.5mm程度に。




a0248662_825306.jpg

a0248662_8262880.jpg

a0248662_826128.jpg

a0248662_8321848.jpg

IN側は虫食いが少ないものの、シート面が大分広がっています。
此方も、バルブフェースの良い位置に当たり面がくるように30度面、60度面をカット。
特に60度面を大分カットし、バルブシートとバルブフェイスのあたり位置調整。
IN側はあたり位置が外目に来るようにしてあたり幅1.3mmに。







a0248662_834245.jpg
a0248662_8344261.jpg

a0248662_8364516.jpg

擦り合わせそして、それぞれ灯油漏れチェックしO.K。
シートカット・擦り合わせ終わり。




a0248662_835789.jpg

a0248662_8352440.jpg

ヘッド面、ロッカーカバー面面研磨



a0248662_8354240.jpg

a0248662_8373023.jpg
a0248662_8375181.jpg

ここからはバルブスプリング。
インナースプルリングを取り付け仮組みし、アウタースプリングの取り付け長計測。
一部0.4mmのシムで取り付け長を調整し、EX同士、IN同士の取り付け長をあわせる。



a0248662_838574.jpg
a0248662_8382517.jpg

取り付け長でのバルブスプリング圧計測。
アウター・インナーそれぞれ計測しアウターとインナーの組み合わせ調整し4本ともほぼ同じ取り付け圧にしてバルブスプリング取り付け。


a0248662_8384227.jpg

というわけでヘッド周りの作業終わりです。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-09 08:56 | 1973XLCH1000 | Comments(0)
2017年 05月 04日

水曜日の授業風景



1973XLCH1000

a0248662_9213974.jpg
a0248662_9215460.jpg
a0248662_92282.jpg
a0248662_9222059.jpg
a0248662_9223826.jpg
a0248662_9225139.jpg
a0248662_923510.jpg

a0248662_9565027.jpg

a0248662_9231872.jpg


Kさんのアイアンスポーツ
先日スプロケットベアリングを取り付け、スラストチェック終わってますので、ドライブ側、タイミング側両ケースを合わせ、ピニオンシャフトベアリングレースラッピング。
ケースボルトのネジ修正を行い組みつけ。物によってはケースボルトの入りっぷりが悪く出し入れにストレスを感じるものがありますは、こいつはすんなり入ってくれました。
ピニオンベアリングレースラッピングし錆が酷く感じられたレースですが問題無し。
オーバーサイズローラーでクリアランス調整しカムギア、ピニオンシャフト、ピニオンギアを組み回りっぷりチェックし問題なし。
タイミングギア周りのチェックが終わり、コンロッド側へ。
コンロッドベアリングレースはR側レースは最終段階まで広がっていまして、F側は深い虫食いがありましたので、レース交換することに。
レース抜き取り、嵌め代チェック後、新しいベアリングレースを圧入。
ここは嵌め代が多いのでその分、レース交換するとラッピングする量が多いです。
次回、地獄のラッピング作業。








HONDA Chaly

a0248662_9235167.jpg


WLエンジンをオーバーホール中のMさんでありますが、今日はシャリーさんの配線引き直し作業。
日本車をいじるときは和の心持で正座で作業しています。
無事、引き直し作業終わり帰っていきました。










1943WLC750

a0248662_9241393.jpg

a0248662_9243126.jpg


北海道から5日連続でお越しだったHさんのWLC
ミッションの組み立て作業が終わり、梱包し北海道へ発送。
これで、エンジン、ミッションとOH終了。組み直したエンジンがどう変わるか、楽しみですね。
Hさんお疲れ様でした。
またいつでもご連絡ください。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-04 09:55 | その他 | Comments(0)
2017年 05月 03日

火曜日の授業風景

1943WLC750

a0248662_7484451.jpg
a0248662_7485634.jpg

a0248662_7493573.jpg
a0248662_7495098.jpg
a0248662_750173.jpg

a0248662_7505536.jpg
a0248662_7511380.jpg


HさんのWLCはギアボックス本組み。
メインシャフト、カウンターシャフトともに仮組みスラストチェック後、シフターを仮組みしてそれぞれドッグギアの入りっぷりチェック。
問題なく、シール周りを組み付け本組みです。
今回私自身初めてやったWLのギアボックス、メイン・カウンターともにスプリングでスラストを無くしていたり、車体右側に出るDスプロケットのための変わったキックギアの仕組みだったり、なかなか面白く勉強になりました。このあたりのお話はまた改めて。








1970XLH900

a0248662_7515352.jpg
a0248662_7521241.jpg




Tさんのアイアンスポーツはエンジン始動。
中古で買ったマロリーのデストリビュータは改めて点火時期を合わしたものの駄目・・・。
機械式の自動進角デスビに交換しエンジン始動です。
スノボーで負傷した足で痛みをこらえながらのエンジン始動となりました。
手直ししたプライマリー側のオイル漏れも止まり、細かなところチェックし試乗となります。









1973XLCH1000

a0248662_7534786.jpg

a0248662_7541378.jpg
a0248662_754261.jpg
a0248662_7545027.jpg

a0248662_755237.jpg
a0248662_7551753.jpg


Kさんのアイアンスポーツはカムギアのスラスト量をシム調整。
その後、ケースマウントネジ部がなめていたので、ボール盤にセットしヘリサート加工。
スプロケットシャフトベアリングケース側ホール計測し、冶具を使い圧入通りつけ。
冶具を使いスプロケットシャフトベアリングのスラスト量チェック。








1964XLCH900

a0248662_756462.jpg
a0248662_7571382.jpg
a0248662_7573437.jpg
a0248662_757487.jpg


S君のアイアンスポーツ。
ネックベアリングにガタがあったためチェック。
以前に組まれたときに、スペーサーを取り付ける位置を間違って組まれていたため、スリーブナットでの調整が利いていませんでした。
正しい位置に組み直し。またスペーサーの厚みが合わなかったのでシム調整し取り付け。
調整しガタ無くなりました。






1933 SUMBEAM MODEL8

a0248662_8262535.jpg

a0248662_8264445.jpg


コイルバルブスプリング化をしたM君のサンビーム。
不安を払拭する旅をコツコツと続けているようです。問題なく調子良さそうですね。
PETROL BUG'S




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-03 08:33 | その他 | Comments(0)
2017年 05月 02日

月曜日の授業風景

1943WLC750

a0248662_0562093.jpg
a0248662_0564295.jpg

a0248662_0584658.jpg
a0248662_059731.jpg

a0248662_0592276.jpg

a0248662_059491.jpg


HさんのWLCはギアボックス組み付け作業。
メインシャフト・クラッチギア・カウンターギア両軸のニードルベアリングサイズ選定し組み付け。
WLのギアボックスは軸受けニードルベアリングを4週類使うので混乱します。
新品スラストベアリングレースの厚みが厚く干渉するなどありつつ、組み付け。
2ND・3RDギアのスラスト、クラッチギアのスラスト調整しO.K。








1964XLCH900


a0248662_103562.jpg
a0248662_10591.jpg
a0248662_11296.jpg


a0248662_111412.jpg

a0248662_115890.jpg
a0248662_122885.jpg
a0248662_124923.jpg


S君のアイアンスポーツ
まず製作したシフターブッシュを交換し、ホーニング、少々ラッピングし取り付け。
キックブッシュも製作し取り付けですが、もともとスプロケットカバー側のダウエルピン穴が拡大されているため、位置決めが出来ない。
ケース側、スプロケットカバーに合わせ段付きダウエルピン製作し取り付け。
キックシャフト、スプロケットカバーを取り付け、擦り合わせ。
両軸の距離が長いアイアンのキックシャフト周りの調整はなかなか面倒です。




1973XLCH1000

a0248662_131413.jpg

a0248662_133764.jpg
a0248662_14396.jpg

a0248662_14236.jpg


Kさんのアイアンスポーツ
駄目だったカムシャフトはアンドリュースのものに交換。
カムカバーはNOSものが手に入ったので交換します。
NOSのカムカバーを扱うのは初めてで、もともとメーカーがカムブッシュ・ピニオンブッシュのサイズをどれぐらいで作っているのか興味がありました。
それぞれ計測し非常に勉強になりました。
カムベアリングを取り付け、カムシャフトを組みスラスト量チェック。





38VELOCETTE KSS MKⅡ

a0248662_15364.jpg
a0248662_151561.jpg


久しぶりに登場のベロセットのEさん。
ストッパー部が減りブレーキロッドに干渉していた再度スタンドは、ストッパー部肉盛りし整形取り付け。
ねじを新たに作りつつ、始動準備。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-02 08:15 | その他 | Comments(0)
2017年 05月 01日

日曜日の授業風景


1943WLC750

a0248662_7551820.jpg
a0248662_7564282.jpg

a0248662_7573152.jpg

a0248662_757442.jpg

a0248662_758954.jpg

a0248662_7583638.jpg

a0248662_7585654.jpg
a0248662_7591150.jpg
a0248662_759304.jpg
a0248662_7594524.jpg
a0248662_8064.jpg


HさんのWLCはギアボックス周りの組み付け作業
クラッチギア・2ND・3RDギアブッシュ交換ホーニングし、ラッピングしたクラッチギアベアリングレースローラーサイズを合わせクリアランス調整し、メインシャフト周り仮組みしチェック。
カウンター側はキック側のDスプロケット逃げがある変わった形のブッシュを真直ぐ圧入冶具をつくり圧入。
圧入後シャフト仮組みしラッピング後、カウンター周りのキックラチェットギアとカウンターギア周りを仮組みしてチェック。







1981FXS1340

a0248662_803731.jpg
a0248662_805694.jpg


部分修理のOさんショベル
アイドリング中ストールする現象があったショベルさん、インマニからの2次エア吸いの疑いがありましたので、マニホールド周り交換。
もともとはカシメタイプのバンドでフラットタイプのシールを留めてありましたが、カシメタイプなので調整が利きません。ネジタイプのクランプに変え、S&SにマニホールドシーリングのOリングもやめ面だししてガスケットを製作し取り付け。
試乗を繰り返し、キャブセッティング。アイドリング中ストールすることが無くなりました。




1976XLCH1000

a0248662_812254.jpg


Z君のアイアンスポーツ
車検取得後、50Km試乗し問題無しで卒業です。
とわいうものの、この後また50Kmぐらい走ってもらい、2回目のオイル交換、増し締めにまたVMSにきて貰います。
Z君お疲れ様でした。まだならし中なので飛ばし過ぎないように。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-01 08:29 | その他 | Comments(0)