タグ:アイアンスポーツ ( 518 ) タグの人気記事


2017年 02月 01日

平日の授業風景




1976XLCH1000

a0248662_8163974.jpg


Z君のアイアンスポーツ
車検作業が終わり、一回目のオイル交換後、各部増し締めし、改めてタペット調整。
これから試乗し膿みだし作業です。








1964XLCH900

a0248662_817688.jpg
a0248662_8172775.jpg
a0248662_8174438.jpg


S君のアイアンスポーツ
写真を撮り忘れましたが、ガソリンタンクの漏れ部分確認後半田処理、クラッチハウジングのベアリング交換後、潰れていたプッシュロッドカバー修正。
外注加工ものが帰ってこないと、そろそろやることが無くなります。








1927 SUMBEAM MODEL9

a0248662_818119.jpg
a0248662_8182943.jpg
a0248662_8183992.jpg
a0248662_818585.jpg


a0248662_819192.jpg
a0248662_819351.jpg
a0248662_8195247.jpg
a0248662_820578.jpg


Oさんのサンビーム
ヘッド周りの作業。バルブ、バルブガイドは状態良かったのでそのまま使います。
あたりっぷりを確認後、シートカット擦り合わせし、あたり幅1.5mmに。灯油チェックし漏れなくO.K。
バルブの突き出し量、ラッシュキャップ有りと無しの距離確認後、ヘッドとシリンダー面面チェック。
ロッカー取り付け、ロッカーとバルブのあたり位置も問題なくO.Kです。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-02-01 08:34 | その他 | Comments(0)
2017年 01月 29日

土曜日の授業風景

a0248662_838291.jpg






1971 BSA A65

a0248662_8381673.jpg


TさんのBSA
ガソリンタンク含め外装回り取り付け、改めて始動。
2次エアを吸っていることが判明し手直し。





1970XLH900

a0248662_8383476.jpg
a0248662_8384621.jpg
a0248662_8385640.jpg


Tさんのアイアンスポーツ
クラッチフリクッションディスク研磨・面出し、スチールディスクの面チェック済みでプライマリー周り組み付。





1927 SUMBEAM MODEL9

a0248662_8392424.jpg
a0248662_8393536.jpg
a0248662_8394983.jpg


北海道からお越しのOさんのサンビーム。
もともとローラーベアリングとボールベアリングの組み合わせで組まれていたクランク軸受けベアリングは、すべてローラーに交換。このベアリングが手に入って良かった。
ケースのレース圧入部が広がってしまっていることもあり、改めて考察。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-29 08:52 | その他 | Comments(0)
2017年 01月 24日

1973XLCH1000 ロッカーアームブッシュ・バルブガイド

今日はKさんのアイアンスポーツ、ヘッド周りのお話。


a0248662_23143091.jpg
a0248662_2315138.jpg
a0248662_23153624.jpg
a0248662_23154673.jpg

まずはロッカーアームブッシュ。
毎度のことでありますが、使うブッシュはJIMS製のもにで、内径がロッカーアームシャフトに対し0.1mm近く小さめに作られています。
このまま、ロッカーアームにブッシュを圧入すると、リーマーを通すのに苦労すると共にブッシュが切れきれず、適正なサイズになりません。
というわけで、ブッシュを専用生爪に銜え予め内径拡大。ぎりぎりシャフトに入るぐらいにサイズにします。



a0248662_23162078.jpg
a0248662_23163568.jpg
a0248662_23165799.jpg
a0248662_2317932.jpg
a0248662_231745100.jpg
a0248662_23175920.jpg

内径加工したブッシュをオイル穴を合わせ圧入。
圧入後、ラインリーミング。リーマーを通してもシャフトの動きが渋いものは、ラップロッドにコンパウンドを付けラッピング。仕上げにホーニングし組み付け。



a0248662_23183136.jpg
a0248662_23184557.jpg

ここからはバルブガイドのお話。
ガイドを抜き取ったヘッド側バルブガイドホールはホーニングし計測。穴側の磨耗無く状態良し、STDサイズのガイドでいけます。

a0248662_23185650.jpg
a0248662_23191891.jpg

kibblewhite製の鋳鉄バルブガイドを使います。
IN、EX共に適正嵌め代サイズまで外径を研磨します。


a0248662_23193298.jpg
a0248662_23194376.jpg
a0248662_23195418.jpg

ロッカーアームブッシュでの理由と同じで、小さめに作られているバルブガイド内径を専用生爪に銜え、使うバルブステム径+クリアランスサイズのリーマーを使い、予め内径拡大。
オイルを吸いやすいIN側は頭部分をテーパー加工しバルブガイド前加工O.K。



a0248662_23201781.jpg
a0248662_2320273.jpg
a0248662_23204484.jpg
a0248662_23205644.jpg

専用工具でバルブガイドをヘッドに圧入。
圧入後、嵌め代分縮んだガイド内径をリーマーで内径拡大し、バルブガイド周りの作業はこれで終わり。
次回、シートカットさんです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-24 23:40 | 1973XLCH1000 | Comments(0)
2017年 01月 23日

土日の授業風景

1971 BSA A65

a0248662_2323266.jpg

a0248662_23245436.jpg

a0248662_2323424.jpg

a0248662_23251796.jpg
a0248662_23252851.jpg

a0248662_23372797.jpg


TさんのBSA
ガソリンタンク、サイドカバー、エアクリーナーカバーの塗装があがってきましたので取り付け。
このガスタンクの取り付けかたに困惑しつつ、塗装しビシッと締まりました。
引きずっていたフロントブレーキを調整し直し、そろそろ車検さんです。






1973XLCH1000

a0248662_23262460.jpg
a0248662_23264560.jpg
a0248662_23265778.jpg
a0248662_2327735.jpg
a0248662_23271829.jpg


Kさんのアイアンスポーツはヘッド周りの作業。
前加工済みのバルブガイドを圧入しリーマー通し、シートカット開始。






1984FXEF1340

a0248662_23274162.jpg
a0248662_23282196.jpg
a0248662_23283397.jpg
a0248662_2328461.jpg


アイアンスポーツで受講中のTさんは足バイクである、4速エボが発電不良になり急遽、オルタネーター交換。
原因はステーターコイルの端子部、絶縁であるゴムカバーが硬化し亀裂が入りショートしたようです。こちらはステーター交換。
また、もともと付いていたローターコイルはシャフトと結合するスプラインの溝がなくなっていた(もともと無い奴ががあるのかしら?)ため新品に交換。
幸いレギュレーターはショートしておらず、無事発電。寒い中帰っていきました。






1951TRIUMPH T100

a0248662_2329477.jpg
a0248662_23291656.jpg

a0248662_23311683.jpg

a0248662_23314644.jpg
a0248662_2332543.jpg


Hさんのトライアンフ。
分解したギアボックスを清掃し計測作業。
ギア周りは問題ないですが、ハイギアブッシュ、レイシャフトブッシュなど含めブッシュ類はほぼ全滅で作り直しで巣。




a0248662_2332411.jpg


修理作業が終わったIさんのベロセット。
引取りでYさんのスラクストンと共に帰っていきました。
ベロセットアコガレの私としては羨ましい光景でありました。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-23 01:50 | その他 | Comments(0)
2017年 01月 21日

1976XLCH1000 外装周り

今日はZくんもアイアンスポーツ、外装周りのまとめ的お話。


a0248662_8394277.jpg


a0248662_839861.jpg
a0248662_8392165.jpg

オイルタンクは純正タンクを徹底清掃後取り付け。
上下ステー製作し取り付け。

a0248662_8395677.jpg

a0248662_840765.jpg

60年代のフレームに70年代のエンジンが付いているため、フットペグがすんなり付かない。(もともとちゃんと留まっていなかった)
フットペグを熱し曲げ位置を出し取り付け。


a0248662_8402322.jpg
a0248662_840373.jpg
a0248662_840491.jpg
a0248662_8411760.jpg
a0248662_841284.jpg

オーナーZ君が持ち込んだシーシーバーももちろんポン付けができず、単品加工(ほぼ製作)しフェンダー位置を合わせ取り付け。また、マフラーも位置あわせステー製作し取り付け。
シーシーバーにフェンダーステー、リアサイレンサーステー、テールランプ、ナンバーマウントを取り付け。
このあたりの作業はすべてTRUE CLASSICさんに出張してもらいやってもらいました。カスタムのご用命はTRUE CLASSICさんまで。


a0248662_8563375.jpg

a0248662_8415369.jpg

状態が酷く新品に交換したスプロケットカバーはチェーンを取り付けると干渉。
干渉している部分を削り取り付け。


a0248662_8432035.jpg

a0248662_8443240.jpg

a0248662_8433178.jpg

a0248662_8445135.jpg

ライトサイドマウント部の長さがおかしかったフロントアクスルシャフトは旋盤講習も兼ねピッタリカラーをZ君が製作。



a0248662_8451042.jpg

外装周りの作業も終わり、お車検業務。
無事車検も通り、試乗し膿みだし作業となります。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-21 09:05 | 1976XLCH1000 | Comments(0)
2017年 01月 19日

1976XLCH1000 車体周り

今日はZくんのアイアンスポーツのお話。
実は今日Z君のアイアンスポーツは車検取得しました。
しかしながら、ブログではそこまで話が進んでおらず・・・今日は車体周りのまとめ的ブログです。


a0248662_22315017.jpg

a0248662_2232653.jpg
a0248662_2232179.jpg

ネックベアリングは段つき磨耗していたインナーレース交換、ボールも交換し取り付け。


a0248662_22324118.jpg
a0248662_22325542.jpg
a0248662_223394.jpg

フロントフォークはシール交換し、+4”のインナーチューブに交換し組みつけ。


a0248662_2234519.jpg

a0248662_22334883.jpg

a0248662_22351252.jpg

フロントホイール周り。リアホイールは以前ブログにアップ済み。
リム組みをして、振れとり。 テーパーベアリングは交換しシムえを使いスラスト量調整。



a0248662_22353245.jpg
a0248662_22354586.jpg

a0248662_22355975.jpg

ホイールをフレームにつけホイールのセンターだし。


a0248662_2237422.jpg

a0248662_2238982.jpg

ガタが多く酷かったサイドスタンドは交換。
タイヤをつけローリングシャシーに。

a0248662_22383119.jpg
a0248662_22384516.jpg
a0248662_2239377.jpg

a0248662_22391719.jpg
a0248662_22392810.jpg

フロントブレーキキャリパー分解清掃し、シール交換。
74年から76年まで使われているこのキャリパーのブレーキパッドはリベット止め。
リベットをもみ抜き取り新たにパッド取り付け。


a0248662_22394357.jpg
a0248662_22395513.jpg
a0248662_22401377.jpg

長いフォーク、長いハンドルにあわせ、ブレーキホース製作。
マスターシリンダーはグリメカに中古をオーバーホールし使用。


a0248662_22404634.jpg

a0248662_2241935.jpg

a0248662_22413088.jpg

リアドラムはもともと付いていたものは歪んでいたので新品に交換。
ブレーキシューも張替え済み。
ブレーキクロスシャフトはフレームリアエンド側がリジットなので加工し取り付け。
また、ブレーキロッドもリジットのためブレーキアームをオフセットさせ取り付け。


というわけで今日はここまで。たぶん明日もZ君ネタだと思います。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-19 23:04 | 1976XLCH1000 | Comments(0)
2017年 01月 18日

1964XLCH900 分解作業その2

今日はSくんのアイアンスポーツ分解・計測のお話。


a0248662_011225.jpg
a0248662_0111612.jpg
a0248662_0112717.jpg
a0248662_0114567.jpg

a0248662_012033.jpg
a0248662_0121197.jpg
a0248662_0122229.jpg

各部チェックしつつ、クランク分解、清掃し、計測作業。
ガタが少なかったビッグエンド部はフロント側クリアランス0.01mmリア側クリアランス0.025mmと状態良し。

ピニオンシャフトも4.765mmのオーバーサイズローラーが入っており、レースとのクリアランスは0.04mmと状態良し。

a0248662_0123417.jpg
a0248662_0124563.jpg

タペットはタペット下部が減っており、ローラーもガタが出ていますので好感予定。

a0248662_013468.jpg
a0248662_01317100.jpg

a0248662_0133068.jpg

トランスミッションはギア周り状態良し。
ドライブ側メインシャフトベアリングレースも磨耗少なく状態良し。
クラッチギアブッシュ、カウンターシャフト1stギアブッシュも状態良し。
ベアリング交換とシフト位置調整でいけそうです。

a0248662_0135183.jpg
a0248662_014651.jpg

タイミングギア周り
カムギア周りは状態良くそのまま使います。
#2カムギアブッシュホールにクラックが入っていたカムカバーは中古良品を入手。
新たなカムカバーのブッシュ計測。それぞれカムブッシュは状態良いもののピニオンシャフトブッシュはガタがきているので交換。

a0248662_0295734.jpg
a0248662_030918.jpg

a0248662_0303166.jpg

ヘッド周りも徹底カーボン除去後、計測。
バルブ、ガイドともに状態良くそのまま使います。
ロッカーアームブッシュはガタが来ていましたので交換。


a0248662_0142887.jpg

思いの他状態が良い部分が多かったのですが、残念ながらクランク軸受けドライブ側クランクシャフトベアリングレースが手スポになってしまっています・・・。
大きいところでベアリングレース径より圧入部分が0.15mmもおおきくなってしまっています・・・。
ここは、両クランクケース軸受け部のラインを出し、ドライブ側レース圧入部をボーリングし真円加工し、拡大した穴に合わせレース溶射・肉盛・研磨し圧入します。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-18 00:53 | 1964XLCH900 | Comments(0)
2017年 01月 15日

1970XLH900 クランクケース組みつけ

今日はTさんのアイアンスポーツのお話。
Tさんのスポーツも既にエンジンの組み付け作業はほぼ終わっていますが、ブログに上げていなかったので、まとめ的ブログです。


a0248662_1455116.jpg
a0248662_146255.jpg
a0248662_1461237.jpg
a0248662_1462361.jpg

まずは、スプロケットシャフトベアリング(ドライブ側クランクシャフトベアリング)組み付け。
76年以前までの一体式のベアリイングレースを専用工具を使いケースに圧入。

a0248662_1471773.jpg
a0248662_1472955.jpg

専用冶具を使いスラスト量チェック。
ベアリングセットについていた、シムをつけた状態でスラスト量は"0”
この0という数値は、スラストがピッタリ無く0の場合もありますが、ベアリングを押しすぎていても0の数値が出ます。押しすぎもまずいので、0.08mmのシムを入れてみてスラストノ数値を確認します。
0.08mmのシムを入れるとスラスト量は0.06mmで0.02mm押している(与圧をかけている)ということになります。0.02mmの与圧でありましたら問題なしと判断しこの状態で組みます。


a0248662_1463371.jpg
a0248662_1464428.jpg
a0248662_147379.jpg

シムを入れ両サイドテーパーベアリングを圧入し組み付け。



a0248662_148285.jpg
a0248662_1481238.jpg

ピニオンシャフトベアリングレースはラインを通しラッピング済み。
レース内径34.95mmに対しシャフト径25.4mm、ローラー4.76mm(.0004”o.s)を入れクリアランス0.03mm



a0248662_1484915.jpg
a0248662_149181.jpg

エンジンハンガー仮組みして組み付けチェック。
上部のケースとの取り付け部にクラックが入ってしまっているものが多いアイアンのエンジンハンガー。
上部面があっていることを確認。


a0248662_1491397.jpg

ミッション・プライマリー内に負圧をクランクケース内に逃がすトランスファーバルブ(ワンウェイバルブ)は壊れると面倒なので、プラグを製作し留め、ミッション側にブレーザーをつけます。


a0248662_1492714.jpg

a0248662_149423.jpg

ドライブチェーンのチェーンオイラーも半田で塞ぎ両クランクケース組みつけ。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-15 09:32 | 1970XLH900 | Comments(0)
2017年 01月 13日

1976XLCH1000 エンジン腰上組みつけ

先日エンジン始動したZ君のアイアンスポーツでありますが、ブログを見てみると作業内容をほとんど上げていなかったにで、今日はまとめ的ブログです。



a0248662_9114915.jpg
a0248662_912126.jpg
a0248662_9121134.jpg

シリンダーはボーリング済み、上面、下面ともに面研済み。
ピストンリングギャップ、クリアランスを点検後、トルク管理してシリンダー組みつけ。



a0248662_9122685.jpg
a0248662_9123612.jpg
a0248662_9124794.jpg
a0248662_9131295.jpg
a0248662_9134954.jpg

ヘッドも組み付け作業が終わっていますので搭載。
ここでひとつ問題。シリンダーヘッド面を面研したため、シリンダーインロー凸部分が少し出た状態になり、STDサイズのヘッドガスケット厚み0.4mmのものだと、どっついてしまう恐れがありましたので、1.1mmの厚いヘッドガスケットを入れ対処。
マニホールドの角度をあわせヘッドもトルク管理し取り付け。




a0248662_914865.jpg
a0248662_9143089.jpg



a0248662_914457.jpg
a0248662_915693.jpg
a0248662_9153139.jpg
a0248662_9154236.jpg
a0248662_916075.jpg


プシュロッド取り付け、タペットクリアランス調整。プッシュロッドはクロモリ製のものにコンバート。
キャブレーター清掃・チェック後取り付け。
スロットルケーブルも長さ調整し取り付け。
これでエンジン周りの作業は終わり、この後は外装周りであったのですが、これがなかなか苦労したのであります。
というわけで、また次回。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-13 09:40 | 1976XLCH1000 | Comments(0)
2017年 01月 10日

月曜日の授業風景


1939EL1000

a0248662_23105199.jpg
a0248662_2311839.jpg
a0248662_23112178.jpg
a0248662_23114331.jpg
a0248662_23115629.jpg


オープンロッカー計画進行中のWさんのナックルヘッド
ヘッド組み付け後、ヘッド交換のために抜き取ったマグネトーを元々に位置にあわ取り付け。
インテークマニホールド位置決めをして取り付け、キャブレーター取り付け。
プッシュロッド取り付け、クリアランス調整。
一回エンジンを組んでいるWさんにとってはおさらい的作業で良い復習になったと思います。






1976XLCH1000

a0248662_23121471.jpg

a0248662_2313435.jpg
a0248662_23135987.jpg
a0248662_23141751.jpg


Z君のアイアンスポーツ
既に塗装したガソリンタンクでありましたが、いまさらコーティングされていることが発覚・・・。
出来るだけ、コーティングを剥がし漏れチェック。
残念ながら一部漏れがありましたので、高級半田で漏れを止めました。








1964XLCH900

a0248662_23143560.jpg
a0248662_23145253.jpg

a0248662_23151111.jpg

a0248662_23153797.jpg

a0248662_23155579.jpg
a0248662_2316612.jpg

a0248662_23164565.jpg

a0248662_2317341.jpg

a0248662_2316262.jpg


Sくんのアイアンスポーツはヘッド周りの作業。
ヘッド面ロッカーボックッス面の面研後、バルブ周りの作業。
バルブガイドとステムのクリアランスも良好、バルブも交換ししてあったので、そのまま使います。
IN、EXともに擦り合わせ。虫食いがあったEX側は擦り合わせで虫食いを無くし、灯油チェックし漏れなくO.K。
バルブとシートとのあたり幅も1.5mm程度で問題なし。
バルブスプリングを仮組みして取り付け長チェック。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-10 00:22 | その他 | Comments(0)