Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アイアンスポーツ ( 554 ) タグの人気記事


2017年 08月 16日

火曜日の授業風景


1946WR750

a0248662_2329077.jpg
a0248662_23292012.jpg
a0248662_23294073.jpg

a0248662_2330478.jpg
a0248662_23302287.jpg
a0248662_23303434.jpg
a0248662_2331381.jpg
a0248662_23315580.jpg
a0248662_23321860.jpg
a0248662_23324572.jpg
a0248662_23332379.jpg
a0248662_23333672.jpg
a0248662_233405.jpg


MさんのWR
今日は車体回りの細かな作業。
まず前回スプリング交換したスプリンガーフォークですが、スプリングがきつすぎ動きが悪いので、インナースプリングをはずし、一旦これで様子を見ます。
ヘッドコーンのストッパーである、コーンプレートのピン部分が切られていたため、Mさんが新品プレートを持ってきたのですが、ピンがついていない・・・。ローラーを加工しピンを板金半田付けし取り付け。
また、トップブリッジのライザーマウント部がハンドルライザーとの隙間があり、ちゃんとマウントできませんので、半田肉盛し研磨しガタ無しに。
ちゃんと付いていなかったギアボックスのアジャスターボルト。
WLのギアボックスアジャスターボルトはボルトの鍔部分が、フレームの溝に入ることでアジャスターが固定され、ギアボックッスを動かします。
この溝にサビ的なものが詰まっていたため、アジャスターボルトを溝に入れると、ギアボックスが浮いてしまう現象が起きていました。ギアボックスを取り外し、溝部分をリューターで削りサビ除去し解消。










1975XLH1000

a0248662_23343588.jpg
a0248662_23362231.jpg
a0248662_2336228.jpg
a0248662_23363432.jpg
a0248662_2337127.jpg
a0248662_23373827.jpg
a0248662_23375373.jpg
a0248662_23381923.jpg
a0248662_23384664.jpg
a0248662_2339826.jpg
a0248662_23393092.jpg
a0248662_23395664.jpg
a0248662_23401250.jpg


Kさんのアイアンスポーツは前回に引き続き、清掃しつつ計測作業。
ガタがあったバルブガイドは抜き取り、ガイドホール計測。ガイドホールは変形、楕円なく良好でSTDサイズガイドで行けます。
ロッカーアームシャフトは片減りなく良好。またブッシュも磨耗少なく、ブッシュ交換無しで行きます。ホーニングし取り付け。
ヘッド周りの計測作業終わり、ミッション回りへ。
ギア、シャフトは問題なし。ベアリング回りは全交換します。
クラッチギアブッシュ、カウンターギアブッシュはガタがありますので抜き取り。
抜く際に壊れてしまうことがあるクラッチギアベアリングは無事抜けました。
シフターは良く折れるリターンスプリングは交換し組み付け。
「ローラー同士が接しているニードルベアリングは磨耗してくると、バラバラと分解してしまうのでOH時は必ず交換します。」とMさんに説明後、清掃中にアクセスドアのニードルベアリング粉砕。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-16 00:13 | その他 | Comments(0)
2017年 08月 11日

1973XLCH トランスミッション

現在、ガレージでは業務用エアコン設置中のため仕事になりません。
というわけで、今のうちにKさんのアイアンスポーツのトランスミッション周りのまとめ的ブログアップをします。


a0248662_114173.jpg

フライホイールはサビサビ、コンロッドベアリングレース、カムギアは虫食いと状態がKさんのアイアン。トランスミッションも不安だらけでしたが、トランスミッションのギア周りは無事で一安心。


a0248662_1143877.jpg
a0248662_1151238.jpg
a0248662_1152826.jpg

一個一個やって生きます。
まずはクラッチギア。
アイアンのクラッチギアは片側ブッシュ、片側ニードルベアリングの軸受けになっています。
計測しガタがあったクラッチギアブッシュは交換。消耗品のニードルベアリングも交換で抜き取り。


a0248662_1154485.jpg
a0248662_1155699.jpg
a0248662_116122.jpg
a0248662_1162538.jpg
a0248662_1163643.jpg

クラッチギアブッシュリプロ品でも問題ないので、ブッシュ圧入。
圧入後、縮んだブッシュ内径をラッピング・ホーニングしシャフトとのクリアランス調整。
ブッシュの調整が終わった後にニードルベアリング圧入、カラー圧入。




a0248662_117014.jpg
a0248662_1172275.jpg
a0248662_1173542.jpg
a0248662_1174727.jpg

カウンターシャフト1STギアブッシュ。
このブッシュはリプロ品を使うと、圧入がきつすぎたり内径が縮みすぎたりで、どちらにしろ加工が面倒なので単品製作。
オイル溝きりもして圧入、ホーニングしクリアランス調整。




a0248662_118563.jpg

ベアリング周りのお話に。
まずアクセスドアのボールベアリング、ニードルベアリング交換。

a0248662_1183695.jpg
a0248662_1185517.jpg
a0248662_119786.jpg

広がっていて少々虫食いがあったライトサイドメインシャフトベアリングレースはJIMS製のものに交換。ニードルベアリングも交換。




a0248662_1193397.jpg
a0248662_1194688.jpg
a0248662_11103931.jpg
a0248662_11105713.jpg

ライトサイドメインシャフトベアリングは隣り合わせで組むバラにニードルベアリングが入ります。
ベアリング同士が接しつつ組まれるため、ベアリングのクリアランスを詰めすぎると、23本のローラーが入らなかったり、組んでも渋かったりします。
ラッピングしつつ、計測しつつで内径拡大しSTDサイズのローラーを入れクリアランス0.035mmに。


a0248662_11114746.jpg

ミッション仮組みをしていきます。
まず曲がって組まれるためよく折れるシフターのリターンスプリングは交換。

a0248662_11152338.jpg

カウンターシャフトの2速ギアは、4速ギアの圧入っぷりでスラスト量を調整します。
この車両は4速ギアが入りすぎて2速ギアの周りが渋かったので調整。


a0248662_11111732.jpg
a0248662_111212.jpg

a0248662_11121874.jpg

a0248662_11122928.jpg

ミッション仮組みし、ドッグギアのシフト位置を調整。
アイアンはシフターフォークのサイズでドッグギア位置を調整します。
この車両はもともとメイン側STDサイズカウンター側は.020”o.sが入っていました。
マニュアルでは、ドッグギアの隙間を基準に調整するようになっていますが、シフターカム溝とシフターフォークにそれなりのガタがありますので、実際のドッグギアの入りっぷりを見て調整します。




a0248662_1112563.jpg

1速、2速はシフターフォークの距離を2速ギアの入りっぷりでサイズを選択しておき、1STギア側のシムの厚みで1速ギアの入りっぷりを調整。
3速・4速ギアのはもともとのシフターフォークで問題なし。


a0248662_1113129.jpg

1速
a0248662_11132479.jpg

2速
a0248662_11133946.jpg

3速
a0248662_11135123.jpg

4速

というわけでシフターの位置合わせ終わり。

a0248662_11155569.jpg

a0248662_11161786.jpg

a0248662_11163684.jpg
a0248662_1117621.jpg

メインシャフト・カウンターシャフトのスラスト量調整。
それぞれシムの厚みを変え、メイン・カウンターともに0.2mm程度に調整。


a0248662_11172630.jpg
a0248662_11175143.jpg
a0248662_1118689.jpg


段減りしていたシフターシャフトは新品に交換。
シフターブッシュはカムカバーをNOSものに交換しているため、ブッシュも新品。
少々渋いのでラッピングし調整しO.K
トランスミッション仮組みしてギアチェンジチェック。
問題なく、ミッション周りの作業終わりです。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-11 12:07 | 1973XLCH1000 | Comments(0)
2017年 08月 09日

火曜日の授業風景


1973XLCH1000

a0248662_8571542.jpg
a0248662_8573251.jpg
a0248662_857466.jpg
a0248662_8581882.jpg
a0248662_8583625.jpg
a0248662_8585141.jpg

Kさんのアイアンスポーツ。
まず、キックスターターのクランクギアスラストチャックし問題なし。
キックラチェットギアとクラッチシェル側のギアのあたりっぷりチェック。
トランスミッション、キックギアの調整、チェックが終わり車体周りへ。
F・Rのホイール分解。
Rドラムは随分と段付きに減っていますのでドラム交換。
またFブレーキローターは錆がひどいので研磨にだします。
同じく錆が酷いスポークは全交換で分解。








1975XLH1000

a0248662_8592161.jpg
a0248662_8593527.jpg
a0248662_8595569.jpg
a0248662_91352.jpg

a0248662_92550.jpg

a0248662_911961.jpg
a0248662_913365.jpg


Kさんのアイアンスポーツ
まずはタイミングギア周りの計測続きから。
タペットとタペットガイドのクリアランスチェックとタペットローラーのクリアランスチェック。
ヘッド分解し、燃焼室内のカーボン徹底除去後、ガイドとバルブのクリアランスチェック。
ガタが多かったのでガイド抜き取り。









1946WR750

a0248662_923193.jpg


MさんのWR
午後からの出席のため、細かなことを。
オイルタンクを取り出し清掃作業でありますが、カスタムオイルタンクのためシムやらステーやらカラーやらと分解・取り付けに苦戦。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-09 09:17 | その他 | Comments(0)
2017年 08月 08日

土・日の授業風景 


1947FL1200

a0248662_719572.jpg
a0248662_7192850.jpg


Iさんのナックルヘッド
資料をみつつ位置決めをして穴あけし、フロントフェンダーのバンパー、リアフェンダーのキャリアー取り付け。
純正フェンダーに穴あけ、緊張します。








1973XLCH1000

a0248662_7201676.jpg
a0248662_721429.jpg
a0248662_7232959.jpg
a0248662_7235288.jpg
a0248662_7241785.jpg

a0248662_7244219.jpg
a0248662_72549.jpg
a0248662_7252843.jpg
a0248662_7254141.jpg


Kさんのアイアンスポーツ。
T/Mの調整ごとが終わり、仮組みしてギアチェンジチェックし問題なし。
えらくデカイT/Mスプロケットが付けてあったため、もともと付いていたスプトケットカバーは破綻。スプロケットカバーはNOSものに交換。
割れていた、スプロケットカバーマウント部は溶接修正済みでダウエルピンを取り付け、位置決めし雌ネジ部製作。
スプロケットカバーの位置決めが終わったところで、キックブッシュ取り付けキックシャフトのラインだし。問題なくOK。
クラッチ周りチェックですが、以前に検討違いの加工がされていますので、なんやかんや交換です。








1985FXEF1340

a0248662_7261020.jpg

a0248662_7264722.jpg

a0248662_7271364.jpg
a0248662_7273292.jpg
a0248662_7274475.jpg


Tさんの4速エボ
トランスミッションの分解作業、計測が終わりエンジン周りに。
VMSでは初めてやるエボエンジンでありますので、一個一個確認しつつの分解作業です。
シリンダー分解しビッグエンド部のガタチェックし問題なし。
またシリンダーとピストンも状態良しです。









1979FXS1200

a0248662_7281267.jpg
a0248662_728305.jpg
a0248662_7285059.jpg
a0248662_7291439.jpg
a0248662_72929100.jpg
a0248662_7295496.jpg
a0248662_7301334.jpg
a0248662_7302725.jpg
a0248662_7304156.jpg


S君のショベルヘッド
エンジン腰下の計測作業。コンロッドビッグエンド部、スモールエンド部ともに状態良し。
ピニオンシャフトベアリング周りも状態は悪くない。
カムブッシュ、ピニオンブッシュも状態良いものの、カムは剥がれがきていますので交換。
タペット周りも状態は悪くない。
というわけで、エンジンの計測作業は終わり、ギアボックス分解作業へ。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-08 08:02 | その他 | Comments(0)
2017年 08月 06日

土曜日の授業風景


1973XLH1000

a0248662_8214141.jpg

a0248662_8215596.jpg

Kさんのアイアンスポーツはトランスミッション周りの作業。
まず、ガタが多かったカウンターシャフト1STギアブッシュは単品製作し、ギアに圧入・ホーニングしクリアランス調整し取り付け。



a0248662_8223457.jpg

a0248662_8225211.jpg

a0248662_8425381.jpg

a0248662_8251482.jpg

トランスミッション組み付けて、シフター位置の調整。
1stギアのスペーターの厚みを調整し、それぞれドッグギアの入りっぷり調整。


a0248662_825396.jpg
a0248662_8255233.jpg
a0248662_826960.jpg
a0248662_8262344.jpg

メインシャフトベアリングレースを新品にしましたので、レースラッピング。
ここのベアリングはクリアランスを詰めすぎると動きが渋くなるので、ラッピングしつつ計測、ローラー仮組みしシャフトを入れチェックしつつ、内径拡大。



a0248662_8265380.jpg
a0248662_827959.jpg
a0248662_8272289.jpg
a0248662_8273986.jpg
a0248662_8281575.jpg

ベアリング周りの調整が終わり、メインシャフト、カウンターシャフトのスラスト調整。
それぞれシムの厚みで調整し適正のスラストに。

というわけで、トランスミッションの調整ごと終わり。









1978 TRIUMPH T140E

a0248662_8283610.jpg
a0248662_8285588.jpg
a0248662_8291145.jpg
a0248662_8292876.jpg
a0248662_829423.jpg


Tさんのトライアンフはヘッド周りの作業。
仕上げのリーマーを通しバルブとシートのあたりっぷりチェック。
シートの状態良くあたりっぷり、シート幅とも良い。
というわけで、まず先に擦り合わせをして、バルブとシートのあたりを良くし、灯油漏れチェックし問題なし。

a0248662_8302082.jpg
a0248662_8303772.jpg
a0248662_830502.jpg
a0248662_831539.jpg

a0248662_858364.jpg

シートカットしバルブとシートのあたり位置、あたり幅調整。
先ほども言ったように状態が良いので、微調整程度のカットでIN側あたり幅1.3mm程度、EX1.5mm程度のあたり幅に。




a0248662_8313626.jpg
a0248662_83265.jpg
a0248662_8322382.jpg
a0248662_8325685.jpg
a0248662_83393.jpg

バルブシート周りの作業が終わり、バルブスプリングのチェック。
インナースプリングを取り付け、アウタースプリングの取り付け長チェック。
取り付け長は均一でシム調整いらず。
取り付けちょうで、それぞれスプリング圧計測し、IN同士、EX同士を合わせ取り付け。

これでヘッド周りの作業は終わり。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-06 09:04 | その他 | Comments(0)
2017年 08月 02日

火曜日の授業風景

1947FL1200

a0248662_0161270.jpg
a0248662_0163521.jpg
a0248662_0165584.jpg


Iさんのナックルヘッド
車体外装周りの取り付けです。
ネジ一本一本修正しつつ、さび防止をしつつ丁寧にとりつけていいます。
細かいところまで丁寧に作業するのは、自分の車両を自分でいじるスクールならでは。










1946WR750

a0248662_0194180.jpg
a0248662_0204095.jpg
a0248662_0213384.jpg
a0248662_022196.jpg
a0248662_0223372.jpg
a0248662_023746.jpg



MさんのWRは車体周りの作業へ。
配線は引きなおすのですべて外し、フォーク取り外し、フレームに溶接されていた後付ステーを削り落とす。形を仕上げ塗装。
ネックベアリングレースは問題なしでフロントフォーク分解。








1975XLH1000

a0248662_024841.jpg
a0248662_0244958.jpg
a0248662_0254436.jpg
a0248662_0263740.jpg


新入生Kさんのアイアンスポーツ
クランク分解しコンロッドビッグエンド部、スモールエンド部、ピニオンシャフトベアリング周り計測。少々ガタがあったビッグエンド部は大分ローラーが減っていたものの、レースが側は楕円なく良好。クランクピンも問題なし。スモールエンドブッシュはガタが少ないものの、ブッシュが動いた跡があるのでブッシュ交換。
また、ピニオンベアリングはレース側が少々変形しつつ減っているのでラッピングが必要。
カムシャフト、カムブッシュ計測。
カムブッシュは状態良し、ピニオンブッシュは残念ながら0.1mm以上ガタがあるので交換します。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-02 08:58 | その他 | Comments(0)
2017年 07月 12日

火・水曜日の授業風景


1946WR750

a0248662_2281666.jpg
a0248662_2283494.jpg
a0248662_2285592.jpg
a0248662_2293223.jpg
a0248662_2295115.jpg
a0248662_2210897.jpg

a0248662_22152079.jpg

a0248662_22154314.jpg

a0248662_2216464.jpg

a0248662_221141.jpg

a0248662_22103029.jpg
a0248662_22111752.jpg
a0248662_22114295.jpg


MさんのWR
WR用の穴あきコンロッドのベアリングレースはフロント側(ナイフ側)は0.04mm楕円、リア側(フォーク側)も0.03mm楕円、しかもタイミング側とドライブ側で寸法が違います。
D側・F側と寸法が違うリア側は一工夫しつつラッピングし、虫食い無し、真円に加工。
真円加工したビッグエンドベアリングレース内径に合わせローラーベアリング選択。
WRのコンロッドベアリングローラーはフロント側(ロング)はXL用のものとほぼ同サイズだが、リア側(ショート)側はXL用ののもの比べ短い。他の車両のベアリングと比べても同サイズのものが無いです。
幸い手に入れていたローラーが使えそうなので、問題なし。このあたりはまた詳しくお話します。
ビッグエンドベアリングレースのラッピングが終わり、スモールエンドブッシュ交換。
ブッシュホールは楕円無く良好。
JIMS製のブッシを圧入しリーミング。ホーニングしクリアランス調整しO.K。
ボールベアリング軸受けであるWRのカムベアリング。
このベアリングサイズはメートリックなので日本製のものが使えます。
カムシャフトとの嵌めあいを調整し圧入、仮組み。
この辺りは色々と考えるべきことが多いので、なんやかんやと仮組みが続くと思われます。
この辺りももた詳しくお伝えします。








1975XLH1000

a0248662_22123133.jpg
a0248662_22125386.jpg
a0248662_22131078.jpg
a0248662_22162828.jpg

a0248662_22201049.jpg
a0248662_22213641.jpg
a0248662_2222071.jpg
a0248662_22225747.jpg
a0248662_22231614.jpg
a0248662_22232987.jpg
a0248662_22234584.jpg
a0248662_2224158.jpg
a0248662_22241619.jpg
a0248662_22243198.jpg

a0248662_22261982.jpg


新入生Kさんのアイアンスポーツ
火・水曜日と二日間連続での授業です。
車体周りもなにゃかんやと問題がありそうな車両でありますが、まずエンジンから分解していきます。
マフラーやら、キャブレーターやら外し、ヘッド分解。
ヘッドボルトがスタッドに袋ナットというものに変えられていたため、分解に少々苦労しつつエンジン腰上分解。リア側ピストンはしっかり抱きついています。
またコンロッドのガタもそれなりにあるのでクランクも分解します。
フレームからエンジンを降ろしプライマリー側から分解。スターターラチェットギアブッシュはガタガタです。
タイミングギア周りは#3カムギアは薄利してしまっていますのでカムギア交換。
オイルポンプはボディー内壁、ギアともに良好。
でクランク割り。この後クランクケースを清掃しここまで。
次回、クランク分解、ヘッド周り分解し清掃、計測地獄となります。











1979FXS1200

a0248662_2227259.jpg
a0248662_22271766.jpg


Oさんのショベルヘッド
TRUE CLASSICに出張頂き、お子さんとの北海道ツーリングのため、リアキャリア製作中。










1947FL1200

a0248662_22274133.jpg
a0248662_22275585.jpg
a0248662_22281380.jpg


Iさんのナックルヘッド
フレーム修正が終わりとりあえずローリングシャシーにしておきましたが、なんやかんや取り付けていきます。
OH済みのギアボックス取り付け。
一旦リアタイヤを外し、リアフェンダーと共止めのオイルタンク取り付けリアフェンダー取り付け。
後付のバディーシート用のサポートを取り付け、キャリアの位置決めをします。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-07-12 23:19 | その他 | Comments(0)
2017年 07月 09日

土曜日の授業風景

a0248662_8079.jpg




1970XLH900

a0248662_7593665.jpg
a0248662_815028.jpg

Tさんのアイアンスポーツは試乗を済まし一回目のオイル交換、各部増し締め。
発電問題がありましたが、バッテリ電圧低下のため、レギュレーターがカットインしてくれないものでした。
というわけで、Tさんは今日乗って帰ります。


1985FXEF1340

a0248662_83811.jpg
a0248662_833292.jpg
a0248662_85342.jpg


a0248662_883852.jpg


で同じくTさんはアイアンと入れ替わりで足バイクであった4速フレームのエボビッグツインを持ち込み。
まずはミッションから見ていきます。


というわけで、Tさんのアイアンスポーツは卒業ということになります。
無事帰宅後連絡があり、何の問題も無く調子良いようです。
今度はビッグツインでVMSに通うのでアイアンで通ってもらい膿みだし整備しつつといった感じでしょうか。
Tさん、とりあえずお疲れ様でした。







1968BSA A65

a0248662_8312896.jpg


NさんのBSA
シリンダーは外注加工待ちで外装周りの取り付け。
写真を撮り忘れましたが、ハンドル交換、サスペンション交換、サイドカバー取り付け。
もともとサイドカバー正しい取り付け方で付いていなかったので、正しい取り付けに戻すのに苦労。
また、各部マウントネジも滅茶苦茶だったので、細かいところで苦労します。





1979TRIUMPHT140E

a0248662_855783.jpg
a0248662_861770.jpg
a0248662_863694.jpg
a0248662_872177.jpg
a0248662_87539.jpg
a0248662_874273.jpg


Tさんのトライアンフ
ガタがあったバルブガイドは抜き取り。ヘッドガイドホールはホーニングし計測。楕円・変形・傷など無く良好。
プライマリー側分解。
エンジンスプロケット、クラッチハブとクラッチセンター、またクラッチハブとトランスミッションメインシャフトとそれぞれ嵌め合い良好。
クラッチセンターのダンパーゴムも生きています。
この車両非常に程度が良いと思われます。







1968XLH900

a0248662_881773.jpg

久しぶりに登場の卒業生、Sさんはオイル交換。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-07-09 08:47 | その他 | Comments(0)
2017年 07月 04日

1964XLCH900 卒業そして・・・

a0248662_9301410.jpg
a0248662_9303384.jpg
a0248662_9305050.jpg
a0248662_931254.jpg

エンジン始動し軽く試乗を済ましたSくんのアイアンスポーツ。
一回目のオイル交換を済まし、交換したフロントホイールのセンターだし、曲がっていたリアブレーキペダルを曲げ戻し、だれていたフットペグも調整し水平位置に。
というわけで、卒業となります。
家も近いので、慣らしをしつつ通いつつでその後の様子を見ます。








1979FXS1200

a0248662_9312471.jpg
a0248662_9313724.jpg

卒業とともに始まりへ。
15年間放置されていたショベルビッグツインを教材として仕入れていたS君は早速、持ち込みエンジン分解であります。
今回は車体周りも含みフルオーバーホールとなりそうです。
外装とのやれ具合とは裏腹にエンジン中身は良さそうでありますが、どうなることか。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-07-04 09:45 | 1964XLCH900 | Comments(2)
2017年 07月 01日

最近のVMS授業風景

ここ何日間はTさんのアイアンスポーツネタばからりだったので久しぶりに授業風景です。


1951 TRIUMPH T100

a0248662_0473087.jpg
a0248662_048296.jpg
a0248662_0482627.jpg
a0248662_0485138.jpg
a0248662_0513879.jpg
a0248662_05239.jpg
a0248662_0522787.jpg
a0248662_0525265.jpg
a0248662_053206.jpg


Hさんのトライアンフ
ガタが多かったカムブッシュはカムシャフト、ケース側にあわせブッシュ単品製作。
圧入する前にオイル穴の位置を確認し穴開け。また、カムシャフトにギアを圧入し、カムシャフトのスラスト量チェック。圧入してからスラスト量が少ないと加工するのが面倒なので今のうち調整。
ブッシュ圧入し回りっぷりチェック。
IN側は動きが渋いので専用ロッドでラッピングしスルスル回るように。








1979 TRIUMPH T140E

a0248662_054296.jpg
a0248662_0552789.jpg
a0248662_055522.jpg
a0248662_0561926.jpg
a0248662_0565346.jpg
a0248662_0572090.jpg


Dくんのトライアンフ
ヘッド周りは以前にOHされているようでガイド・バルブ共に状態よし。なのですが、ロワー側のバルブスプリングカラーが少し浮いてしまっている。
光明丹をつけてチェックすると、バルブガイドの位置決めCクリップ(この年代のトラのバルブガイドは鍔無しでCクリップ止めとなっている)がヘッドの凹部分より少し出てしまってカラーを持ち上げている。
また、IN側は貫通気味になっているマニホールドマウントスタッドが少々干渉。
ロワースプリングカラーを段つき加工し、スタッドボルトも段つき加工し取り付け。
ちゃんと座るようになり、ヘッド本組み。















1964XLCH900

a0248662_171885.jpg
a0248662_174649.jpg
a0248662_182237.jpg


前回エンジン始動したSくんのアイアンスポーツ
中古良品のハンバーガードラムを手に入れ、ホイール交換。ついでにタイヤ交換し取り付け。
その後、試乗し心配していた大口径のLキャブさんも問題無さそう。
次回、一回目のオイル交換、増し締めをして試乗し問題なければ、乗って帰れそうです。
自宅がVMSと近いので、慣らしをしながら通い調整できるので、安心です。













1946WR750

a0248662_192986.jpg
a0248662_110968.jpg
a0248662_1104036.jpg

a0248662_1114495.jpg

a0248662_1111194.jpg
a0248662_1121116.jpg
a0248662_1124131.jpg
a0248662_113737.jpg
a0248662_113314.jpg


MさんのWR
前回はスプリンガーフォークのロッカーブッシュを交換し、今回はタペットガイドを交換するつもりでした。
この車両は腰したWR、腰上Kモデルのもので、バルブガイドの角度が違うためガイド交換をするためシリンダーを抜いたのですが、コンロッドスモールエンド部、ビッグエンド部共にガタガタだったので、急遽エンジンをバラすことに。
カム・カムブッシュはブッシュ仕様になっていますが、クランク軸受けはボールベアリングとやはりWR仕様。
私はWRをやるのは初めてなので、勉強・考察が必要です。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-07-01 08:28 | その他 | Comments(0)