Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アイアンスポーツ ( 569 ) タグの人気記事


2017年 12月 28日

月・火・水曜日の授業風景

1976WR750

a0248662_10412176.jpg
a0248662_10413066.jpg
a0248662_10415060.jpg

a0248662_1042357.jpg

a0248662_10421313.jpg


MさんのWR
オイルタンクマウント位置が悪く、現状の取り付けステーでは取り付け、取り出しが非常に大変でしたので、マウント位置変更、取り付けマウントステー製作。












1940WL750

a0248662_10462677.jpg

a0248662_10463992.jpg

a0248662_10491987.jpg

a0248662_10465149.jpg


I君のWL
タイミングギア周り、T/M周りのブッシュをひたすら単品製作。
100分台の精度を必要とするブッシュの単品製作は旋盤の勉強になります。








1976FXE1200

a0248662_10531676.jpg
a0248662_10533365.jpg

a0248662_10541930.jpg
a0248662_10543366.jpg
a0248662_10544440.jpg
a0248662_105563.jpg
a0248662_10554466.jpg
a0248662_1056750.jpg
a0248662_10562590.jpg
a0248662_10564127.jpg


Hさんのショベルヘッド
トランスミッションの本組みを終わらせ、ヘッド周りの作業。
外径、内径加工済みのバルブガイドを圧入し100分の1刻みリーマーで内径加工。
シートカット擦り合わせして、シートあたり幅、あたり位置調整。
灯油漏れチェック。










1979FXS1200

a0248662_1102510.jpg

a0248662_1113086.jpg

a0248662_1104072.jpg

a0248662_1114552.jpg
a0248662_112676.jpg
a0248662_1122633.jpg
a0248662_1123992.jpg

a0248662_11134998.jpg

a0248662_113166.jpg


Sくんのショベルヘッドはミッション組み付け。
カウンター周りのスラストは調整済み。
メインドライブギアのスラストチェックし取り付け。シールはサンダンスさんのものを使います。
メインシャフトベアリングのリテーナープレートは曲がっていましたので修正し取り付け。、
メインシャフトを取り付け回りっぷりチェックし問題なし。
カウンターシャフトを取り付け、シフター周り取り付け。
ケージ利用し、シフター位置チェック。ドラム式のシフターと違い、カムプレートタイプのものはゲージが無くても問題ないですね・・・。
ロータリートップを仮組みしそれぞれドッグギアの入りっぷりチェックしシフターフォークのシムでフォーク位置調整。














1940 INDIAN SCOUT



a0248662_11201480.jpg
a0248662_11202814.jpg
a0248662_1120481.jpg
a0248662_11211361.jpg


Mさんのインディアンは外装周りの作業
リアホイール取り外し、穴あけ加工しシート・ピリオン取り付け。
ハンドル交換に伴い、インディアンバーチカルモデルのフロントフォークトップナット位置につけるハンドルライザーをとめようとするもフォーク螺子側が駄目そう。
次回、このフロントフォークを考察する必要がありそうだ。












1973XLCH1000

a0248662_11341422.jpg
a0248662_11343590.jpg


Kさんのアイアンスポーツ
フレーム塗装のためフレーム剥離。スイングアームベアリング左側ベアリングレースロックリングが固着し苦労、破壊し取り外し。












1985FXEF1340

a0248662_11392525.jpg
a0248662_11394431.jpg
a0248662_1140835.jpg


Tさんの4速エボは外装周りの作業
フラットフェンダー取り付けに伴い、マウントステー製作。
私は溶接作業をやりませんので、在校生I君にお手伝いいただき、なんやかんやと。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-12-28 11:45 | その他 | Comments(0)
2017年 12月 24日

土曜日の授業風景

1978TRIUMPH T140E

a0248662_8551933.jpg
a0248662_8553143.jpg
a0248662_855405.jpg
a0248662_8555278.jpg
a0248662_856378.jpg
a0248662_8563452.jpg
a0248662_857021.jpg
a0248662_8572438.jpg
a0248662_8573613.jpg
a0248662_8574778.jpg
a0248662_8575857.jpg


Tさんのトライアンフはギアボックス周り。
ハイギアのメインベアリングベアリング・ハイギアニードルベアリング・レイシャフトベアリング・メインシャフトベアリングとベアリング類は全交換。
レイシャフトを仮組みしてスラストチェック。
ギア類を仮組みしてギアチェンジチェックし問題なしなので、オイルシール・ガスケットをつけ本組み。
ブッシュ類で唯一交換がキックシャフトブッシュ。
製作し取り付け、ホーンングし組み付け。








1970XLH900

a0248662_8582098.jpg
a0248662_8583134.jpg
a0248662_8584797.jpg
a0248662_859026.jpg


Tさんのアイアンスポーツ
オーバーホール後通勤などに使い足バイクとなっている車両ですが、VMSへの通学中に発電不良に。
レギュレーターを疑い、レギュレーターを振り替えてみても発電せず・・・。
ダイナモを外し、モータリングチェックするも通電していない。フィールドコイル、もしくはアーマチュアコイルの断線、ブラシの接触不良化?
通電チェックしてみると、アーマチェアコイルの不良である。コミュテーターの各セグメントは通電してなければならないが残念ながら通電していない。
幸い、中古アーマチェアコイルがありましたので交換取り付けで問題なし。
卒業しほぼ慣らし運転が終わった車両はエンジンの回りも滑らかになり、よい感じです。






1938VELOCETTE


a0248662_8591731.jpg


Eさんのベロセット
製作したケーブル類にオイルをさしつつ、配線の手直し作業。
この車両は配線の引きなおし作業をしておらず、今になり色々と気になるところが・・・。
配線引き直しをしておけばよかったかしら。





1971 BSA A65


a0248662_94379.jpg



TさんのBSAは車両お持ち帰り。
仕事が忙しく、なかなかVMSでの試乗・膿だし作業が行えないので、お持ち帰りになります。
とりあえず50Kmぐらい走ったら2回目のオイル交換・増し締め作業にお越しください。
状態が悪く直すのに苦労したBSAさん。オーナーのTさんは仕事が忙しい中、非常に頑張ってくれました。
本当お疲れ様でした。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-12-24 09:39 | その他 | Comments(0)
2017年 12月 16日

1980XLH1000 エンジン始動

a0248662_8465596.jpg
a0248662_8461493.jpg

a0248662_847733.jpg

a0248662_8471970.jpg

今日はIさんのアイアンスポーツのお話。
マフラーはサイヤミーズを取り付け。
手に入らなかったサイレンサーマウントは単品製作し取り付け。
ライトサイドエキゾーストパイプがプライマリーカバーに干渉しないよう位置決め。また左右サイレンサーの高さがなるべく合うようにステー製作しました。



a0248662_845591.jpg
a0248662_8473124.jpg
a0248662_8473994.jpg
a0248662_8475665.jpg

配線は全引きなおし。ハンドル周りはねじ切り、穴あけをして配線中通し。
配線を引きなおすと電気の流れを知り、電気トラブルが怖くなくなります。



a0248662_8481152.jpg
a0248662_8481962.jpg

点火時期調整。
点火機械式のポイント点火。遠心力ガバナーはピンのガタが少ない純正のものに交換済み。
1000ccのアイアンのフル進角時のクランク位置は上死点前40度。この位置でポイントが開き始める位置にする。


a0248662_8483544.jpg




というわけでエンジン始動。
セルスターターオンリー車両なのであっけなく始動。
4カムギア交換した車両で、タイミングギア周りのノイズが少なく静かなエンジンになりました。
キャブ調整、車検準備・取得し試乗となります。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-12-16 09:03 | 1980XLH1000 | Comments(0)
2017年 12月 11日

日曜日の授業風景

1976FXE1200


a0248662_855278.jpg

a0248662_8553168.jpg

a0248662_8564692.jpg
a0248662_8565893.jpg

a0248662_857202.jpg
a0248662_8574046.jpg
a0248662_858338.jpg
a0248662_8583574.jpg
a0248662_8585848.jpg


Hさんのショベルヘッド
カウンターシャフトブッシュを交換し、3rd&4thギアのスラスト調整。また1stギアのスラストも特製シムで調整。
メインドライブギアブッシュは圧入前の内径加工をし圧入。ラッピング&ホーニング。
メインドライブベアリングレースは状態良く、ニードルベアリングだけ交換。仮組みしてスラストチェック。
メインシャフト・カウンターシャフト仮組みして回りっぷりチェックし、問題なし。







1978TRIUMPH T140E

a0248662_90578.jpg
a0248662_901929.jpg
a0248662_903386.jpg
a0248662_905680.jpg
a0248662_911016.jpg
a0248662_913640.jpg
a0248662_91497.jpg
a0248662_92207.jpg
a0248662_924047.jpg
a0248662_93370.jpg
a0248662_9327100.jpg


Tさんのトライアンフ
クランクはビッグエンド部のガタが問題ないので分解せず。
タイミングギア周りチェック。
オイルポンプチェックバルブ、面チェック。またインターメディアイトギアのブッシュとスミンドルも問題なし。ギア周りも状態が良いです。
ギアボックッス周りチェック。
ベアリング類はすべて交換。ギア周りのブッシュ周り計測。ほぼすべて0.06mm程度のクリアランスで直ちに交換する必要は無いでしょう。
ギアチェンジ周りも問題なし。キックブッシュは交換します。






1980XLH1000

a0248662_98570.jpg


Iさんのアイアンスポーツ
前回エンジン始動し、細かなステーなど製作しつつ車検車検準備作業。
キャブミクスチャースクリューが折れるなど少々トラブルがありつつ、もうすぐ試乗です。












レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-12-11 09:24 | その他 | Comments(0)
2017年 11月 23日

火曜日・水曜日の授業風景

1947FL1200

a0248662_311412.jpg

a0248662_312420.jpg

a0248662_315225.jpg
a0248662_321478.jpg

a0248662_371944.jpg
a0248662_373913.jpg


Iさんのナックルヘッドはプライマリー周り組み立て。
プライマリーチェーン張り調整後、クラッチの切れっぷり調整。
クラッチカバースクリューの雌ねじがクラッチのプレッシャープレートと干渉していたようで、ねじ穴が無くなっていたので、ナット溶接。プレッシャープレートと干渉しないかチェック。
またクラッチプレートのボルトの長さ調整。
NO.8のボルトがついていたプライマリカバーはNO.10のスクリューに交換し取り付け。
プライマリー周りO.Kです。






1946WR750

a0248662_382430.jpg
a0248662_384041.jpg
a0248662_385036.jpg
a0248662_385849.jpg


MさんのWR
ガスタンクの花咲Gを終わらせ、フォークのトップツリー、ライザー。
マグネトーキルスイッチをつけるためハンドルにねじ穴を開け、配線、ケーブル中通ししハンドル取り付け。









1940WL750

a0248662_2542745.jpg
a0248662_2552578.jpg

a0248662_2554198.jpg

a0248662_2555149.jpg

a0248662_2561894.jpg
a0248662_2563160.jpg

a0248662_2564542.jpg
a0248662_2565419.jpg

a0248662_2574274.jpg

a0248662_2575559.jpg


I君のWLはタイミングギア周りの計測。
ピニオンシャフトベアリングは状態良しだが、カムブッシュ・ピニオンブッシュはガバ目
バルブシートが削れタペットを随分削っていたEX側のカムはフロント・リアともに随分とやられている。
同じくタペットローラーもEX側があまり見られないやられかたをしています。
タペットガイドのガタもそれなりにありますので、オーバーサイズにする必要がありそうです。
これでエンジン周りの計測作業は終わりで、問題点が見えてきました。
I君は東京ライフを円滑に進めるべく足バイクのFTRを手に入れ、しっかり整備をしています。










1973XLCH1000

a0248662_228239.jpg
a0248662_2281483.jpg
a0248662_2291353.jpg
a0248662_2294414.jpg
a0248662_2295435.jpg
a0248662_2301248.jpg
a0248662_2302012.jpg
a0248662_2303774.jpg
a0248662_2304655.jpg
a0248662_231225.jpg
a0248662_231193.jpg


Kさんのアイアンスポーツ
73年のアイアンはこの年式だけFブレーキがバナナキャリパー。大きなキャリパーなためガタが出やすいフォークとのマウント部のガタチェックし問題なし。
随分削れていたパッドピン交換、オイルシール交換し仮組み。
またフロントフォークシール周り交換。
よくやられている、フェンダーマウント部のネジ穴はしっかり無くなっていましたのでヘリサート加工。
ベアリングレース部が錆びていたネックカップは抜き取り。錆で固着していましたが計測し問題なし。テーパーベアリングにコンバートします。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-23 03:51 | その他 | Comments(0)
2017年 11月 13日

日曜日の授業風景



1948WL750


a0248662_8193373.jpg
a0248662_8194825.jpg

a0248662_8203295.jpg
a0248662_8205553.jpg
a0248662_821828.jpg
a0248662_8213137.jpg
a0248662_8214296.jpg


MさんのWLはT/Mの4速化計画中
ありもののスラストワッシャーではクラッチギアのスラスト、3速ギア(3速ミッションでは2速)のスラスト量の調整が出来なかったので、4速1STギアの位置につけるスラストワッシャーを製作し、それぞれクラッチギア、3速ギアのスラスト調整。
カウンターシャフト側もローラー選定。メイン・カウンターともに左右ローラーサイズが違い寸法を出すWLのミッションはローラー管理で混乱します。
メイン・カウンター組みつけ、シフター回りの作業に。
シフター周りもなんやかんやありそうです。









1976FXE1200

a0248662_8221217.jpg
a0248662_8222464.jpg
a0248662_8224166.jpg
a0248662_8225651.jpg
a0248662_823836.jpg

a0248662_823346.jpg
a0248662_8234767.jpg
a0248662_824033.jpg



Hさんのショベルヘッド
今日はエンジン腰下の分解作業となります。
まずはタイミングギア周りから分解。カムシャフトはすべてのカム部分に虫食いがあり交換決定。
ブレーザーギアは問題なし。
オイルポンプはマウントボルトをオーバートルクで締め付けていたのか、クランクの回りが渋くなるぐらい、オイルポンプの回りがキツイ。
オイルポンプボディーの内壁はフィード・リターンともに傷あり・・・。
ケースも分解し。次回クランク回りの分解と計測作業となります。








1974XLH1000


a0248662_8242177.jpg
a0248662_8244180.jpg
a0248662_8251546.jpg
a0248662_8253738.jpg
a0248662_82556100.jpg


以前うちでエンジン腰上のOHをしたK君のアイアンスポーツ。
今回はミッション回りで気になることがあるということで部分修理。
問題点①はアイドリング中にプライマリー回りからの音が気になるということ。
これはチェーン自体の消耗ガタとチェーン遊び調整によるもので問題なし。
問題点②たまにキックギアが抜けるということ。
ギアの噛み合いチェックをし問題は無さそう。ラチェットギアのブッシュのガタもそれほどなので、ラチェットギアの押しスプリングを良品に変えれば良いでしょう。
問題点③は1速ギアに入れるときにカンカンカンとドッグギアがあたる音がするというもの。
ミッション分解し1速ギア位置をチェック。
ニュートラル状態で、1STギアのドッグ部分と3RDギアが干渉していました・・・。
シムの厚みを変え1STギア位置を適正のところに調整。
1STギア位置が変わればカウンターシャフトのスラスト量も変わるのでスラスト調整。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-13 08:50 | その他 | Comments(0)
2017年 11月 06日

日曜日の授業風景


1951TRIUMPH T100

a0248662_8531454.jpg
a0248662_854307.jpg
a0248662_85561.jpg
[#IMAGE|a0248662_8554944.jpg|201711/06/62/|mid|700|1050#

Hさんのトライアンフは車体周りの作業に。
分解・調整・仮組み済のフロントフォークは化粧直しをして本組み。
また、フレームも化粧直しをして組み付け。マウントボルトはずべて新品に交換。




1980XLH1000

a0248662_8561540.jpg


久しぶりに登場のIさんのアイアンスポーツは配線作業。
後はポイント周りとスターター周りの配線を終わらせれば配線作業は終わり。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-06 09:01 | その他 | Comments(0)
2017年 10月 26日

水曜日の授業風景

1947FL1200

a0248662_23104139.jpg
a0248662_23105614.jpg
a0248662_2311925.jpg
a0248662_23112598.jpg
a0248662_23114639.jpg
a0248662_23121292.jpg


Iさんのナックルヘッド
元々付いていたリアブレーキのフロント側ロッドはクラビスがロッドと溶接され、曲がりがきつくリターンスプリングマウント側のフットボードステーと干渉。そのためリターンスプリングもついていませんでした。
そのフロント側ブレーキロッド周り一新しそれぞれが干渉しない位置に。
リターンスプリングが付いてことで、ペダル位置も調整できるように。
アウター側インナー側のボルト位置が合わないプライマリーカバーはなんやかんやと板金作業。
こういうことが時間がかかります。






1973XLCH1000

a0248662_23123911.jpg
a0248662_2313155.jpg
a0248662_23131796.jpg
a0248662_23133025.jpg


Kさんアイアンスポーツ
車体周りのパーツが持ち込まれ、それぞれ分解・清掃・チェック。
ネックベアリングはカップ自体が錆びてしまっているので交換、テーパーベアリングにコンバートします。リアブレーキパネルのピボットスタッド部は、回り止め部が折れてしまっていて、溶接修理。
フロント側ブレーキのバナナキャリパーは状態良し。
フロントフォークも状態悪く無く、シール交換で問題なさそうです。







1970 TRIUMPH TR6

a0248662_23135380.jpg


トリニティー卒業生のTさんはタイヤ交換。
トリニティーを卒業したのはもう10年以上前、何回目のタイヤ交換でしょうか?
これだけ走って貰えて幸せなバイクです。









DV-1の発表会&試乗会のお知らせ

a0248662_0241713.jpg


校長が設計をしたダイナベクターDV-1の発表会が行われます。
詳しくはこちら
アンチノーズダイブ構造をもつ、引っ張りバネを使ったリンク式フロントフォークは必見。
是非試乗しノーズダイブしないフォークをもつ自転車の乗り心地を味わって下さい。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-26 00:43 | その他 | Comments(0)
2017年 10月 22日

1973XLCH1000 リアホイール


今日はKさんのアイアンスポーツ
エンジン・ミッション周りの作業から車体周りの作業に移ります。
まずはリアホイール周りから。

a0248662_23133424.jpg

a0248662_2313494.jpg

リムは磨いてキレイキレイに。
ハブも化粧直し。
ベアリングロックナットは緩み防止のためカシメられています。
カシメ部分を目立てしロックナットがスムーズに動くようにしておきます。


a0248662_2314187.jpg

a0248662_2314396.jpg

ベアリング取り付け。
車体左側は一個、車体右側(ドラムスプロケット側)は2連で付きます。
ロックリングにはカラーとシールが付きまが、今回はシールベアリングを使いますんでシールなしでも大丈夫。



a0248662_2315103.jpg

a0248662_23145786.jpg

ドラム側の2連のベアリングに間にはスペーサーシムが入ります。
ここに位置でブレーキパネルの位置決めをします。
ここの調整が今一でブレーキドラムとブレーキカムと干渉し削れているものが多いです。




a0248662_23153939.jpg
a0248662_23155155.jpg

錆錆だったスポークは新品に交換しリム組み。
アイアンのRハブはドラム側の穴から一本づつ組んでいけるので組みやすいです。
面倒なフロントリムをやる前にリム組みに慣れてもらう意味も含めリアからリム組みをやってもらいます。




a0248662_23163914.jpg

a0248662_23165770.jpg

リム中心から左サイドにある穴にハブ左サイドのスポークを組み、リム右サイドの穴にハブ右サイドのスポークを入れ4クロスになるよう組みます。
スポーク張り調整。
それぞれのスポークが引っ張り合うことで組まれていますので、はじめのスポークの張り調整でそれぞれのスポークが均一になるように出来ると後が楽です。


a0248662_23172337.jpg
a0248662_23173351.jpg

今回は初めの張りっぷりがよく、振れとり作業がスムーズでありました。
縦方向、横方向ともに0.1mm程度に。



a0248662_081156.jpg
a0248662_082469.jpg

フロント側も組んでありますがその話は、また次回。







1985FXEF1340

a0248662_0105993.jpg
a0248662_011962.jpg


Tさんの4速エボはカスタム思案中。
大幅な変更がありそうです。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-22 00:12 | 1973XLCH1000 | Comments(0)
2017年 10月 15日

1973XLCH キックスターター周り


今日はKさんのアイアンスポーツキックスターター周りのお話。
駄目駄目だったスプロケットカバーはNOSカバーに交換。

a0248662_23155754.jpg
a0248662_23162366.jpg
a0248662_23163320.jpg

a0248662_23264832.jpg

a0248662_23165278.jpg
a0248662_23171136.jpg


クランクケースのスプロケットカバーマウント雌ネジ部はクラックが入っていましたので溶接し新たにネジ穴を作ります。
まず抜けてしまっていた位置決めダウエルピンを取り付け、下側のマウントボルトを留め、専用ポンチを作り穴あけする位置決めしボール盤にセットし下穴開け、タップを立てます。


a0248662_23172699.jpg
a0248662_23174319.jpg
a0248662_23175994.jpg


新品スプロケットカバーにはブッシュが入っていませんでしたので、ブッシュ圧入し少々すり合わせ。

a0248662_23181618.jpg
a0248662_23183026.jpg


スタータークランクギアを付けスラストチェック。
スラストが多い場合はスターターシャフトのスラストプレートの間にシムを入れ、スラストが少ない場合はシャフトを研磨したりしたりしますが、今回はシムいらずでO.K

a0248662_231929.jpg

スターターラチェットギアのキアの噛み合いチェック。
9個のギアがちゃんとあたっているので問題なさそうです。


a0248662_23191751.jpg
a0248662_23193052.jpg
a0248662_23194646.jpg
a0248662_2320186.jpg

スターターラチェットギアのスペーサーは元々付いていたものが錆だらけだったので新品に交換。
で新品のスペーサーにあわせラチェットギアブッシュ単品製作。

a0248662_23201666.jpg
a0248662_23202899.jpg

a0248662_23204329.jpg

ホーニングしクリアランス調整し取り付け。
ガタ無しさんです。


a0248662_23205787.jpg
a0248662_23212439.jpg
a0248662_23214158.jpg

キック周り仮組み、クラッチハブ、クラッチハウジング仮組みしキック作動チェック。
干渉するところなど無く(クランクギアのナットとクラッチハウジングが干渉するときがある)問題なしキック周りO.Kです。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-15 23:51 | 1973XLCH1000 | Comments(0)