Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 09日

水曜日の授業風景・金曜日なんやかや

1980XLH1000

a0248662_972878.jpg

a0248662_974041.jpg
a0248662_98181.jpg


Iさんのアイアンスポーツはエンジンオイルを回しエンジン始動
カムギア全交換、ブッシュ周りの全交換したこの車両はさすがにギア周りのバッククラッシュ音が無く、静かなエンジンです。
2次エアなど無く問題なし。
次回、車検準備となります。





1940WL750

a0248662_984324.jpg
a0248662_985877.jpg

a0248662_991718.jpg
a0248662_993919.jpg

a0248662_910360.jpg

a0248662_910171.jpg


I君のWLはT/M周り
メインシャフトベアリング、カウンターシャフト軸受けブッシュ。メインシャフト1ST/2NDギアブッシュ、シフターブッシュなどほぼすべて抜き取り計測。
だめだったメイン・カウンターの新品シャフトが来たら合わせブッシュ製作となります。








1976FXE1200

a0248662_9104371.jpg

a0248662_911251.jpg


Hさんのショベルヘッド
ロッカーブッシュ交換後、スラストチェック・調整。
ギアボックス周りのネジ修正作業。






a0248662_8574641.jpg
a0248662_8575885.jpg
a0248662_858939.jpg



a0248662_8582464.jpg
a0248662_8583578.jpg


ここからは金曜日の作業。
1976FXE用のバルブガイドの内径拡大・外径研磨作業。
またキックラチェットギアブッシュ製作。



a0248662_8594897.jpg


こちらは私の足バイク・ベンリィーさん、名義変更業務のため役所に移動中に終了したベンリィーさんはベルトがちぎれていました。






a0248662_90125.jpg
a0248662_903040.jpg
a0248662_904161.jpg


卒業生のXLH。海外転勤のため残念ながら手放すことに。
放置期間が長かったため、オイルが落ちプライマリー側まで回っていました。
また、キャブレーター加速ポンプ周りもやられていたので交換。
軽整備をして走行チェックします。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-12-09 09:27 | その他 | Comments(0)
2017年 12月 06日

月・火曜日の授業風景

1946WR750

a0248662_104515.jpg
a0248662_10565.jpg
a0248662_112327.jpg
a0248662_11487.jpg
a0248662_121223.jpg
a0248662_123857.jpg


MさんのWR
WRの腰下のKRのシリンダーを乗せるということで、スリーブ・ボーリング加工があがってきたシリンダーチェック作業。
左右1.3mm程度シリンダーの高さが違うためプレートを入れる必要がある。
バルブ、バルブガイドともにKとKRとではステム計、傘径とも違うバルブ周り。
ガイドを抜き取り、シリンダー側バルブホール計測。溶接加工されていたフロント側はだいぶ歪んでいてリーマー加工後、ガイド製作する必要があります。












1940WL750

a0248662_13187.jpg
a0248662_132356.jpg
a0248662_134442.jpg
a0248662_135449.jpg
a0248662_14236.jpg
a0248662_144276.jpg
a0248662_15173.jpg
a0248662_151683.jpg


I君のWL
T/Mの分解・清掃・計測作業。
メインシャフトのメインベアリング摺動部に虫食いあり、クラッチギアベアリング摺動部に虫食い。
カウンターシャフトも同じくベアリング摺動部に虫食いありで、キックシャフトでもあるカウンターシャフトは曲がりもありと、ギア、シャフト、ベアリング、ブッシュ周りは交換が必要なものが多数。
ギアケース自体は以前に交換しているのではないかというくらい状態が良い。
軸受けベアリングがすべてニードルローラーでそれぞれサイズが違うWLのミッションは計測作業が大変です。







1976FXE1200

a0248662_153988.jpg
a0248662_16181.jpg
a0248662_162545.jpg
a0248662_164896.jpg
a0248662_171135.jpg
a0248662_172934.jpg
a0248662_17582.jpg
a0248662_19249.jpg
a0248662_193073.jpg
a0248662_194414.jpg


Hさんのショベルヘッドはヘッド周り。
ねじ修正作業、ヘッド面面研作業が終わり、ナメていたエキパイボルトの雌ネジをヘリサート加工。
ロッカーアームブッシュは圧入前に内径加工を圧入。リーマー加工、ラッピングをしロッカーブッシュ交換終わり。








1964XLCH900

a0248662_1103888.jpg
a0248662_1105020.jpg
a0248662_111873.jpg
a0248662_1111869.jpg

a0248662_112226.jpg

a0248662_1113160.jpg

a0248662_1124747.jpg


卒業したS君のアイアンスポーツはちょっとした事故があったらしく、曲がったフロントフォークで現れました。
最近新品33.4mmのインナーチューブはB.Oになっているらしく、すぐに手に入らない。
インナーチューブを定盤でチェック。曲がっている部分のは0.9mm程度の隙間。
というわけでプレスで曲がり修正。
プレスで押して0.1mm以下の隙間にはなりましたが、うちの中華製プレスではこれがめいっぱい。
組み付けて問題はなさそう。
33.4mmフォークのパーツも無くなってきたのですね・・・。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-12-06 08:32 | その他 | Comments(0)
2017年 12月 04日

日曜日の授業風景

1992長江750

a0248662_8184381.jpg
a0248662_8185676.jpg
a0248662_8191549.jpg
a0248662_8193413.jpg
a0248662_8194724.jpg


Hさんの長江
キャブレーター取り付け、フロートレベルチェック工具を作り、左右それぞれのフロートレベルチェック。ちゃんとしたフロートレベルの記載が無いため、左右レベルを合わせることとオーバーフローしなおことを重要とする。
イグニッションコイル・スタータースイッチを仮組みしスターター周り、点火周りの配線し、エンジンをフレームに載せないでエンジン始動する準備。オイルを入れクランキング。
次回エンジン始動。





1984FXS1340

a0248662_8205917.jpg

a0248662_8204111.jpg
a0248662_8212623.jpg


Sさんのショベルヘッド
キャリパーマウントブラケットのアンカーアーム部分が切断され、キャリパーボディー自体でフレームにマウントされたいたため、随分引きずっていたリアブレーキ。
斜めに減っていたパッドともに、マウントピン・シール交換。
キャリパーマウントブラケットは新品に交換。新たなブラケットの2点のスライドピン位置をキャリー側のピン位置が微妙に合わず動きが渋い。
この、キャリパーは2点で軸受けしガタが少ない状態で左右にスライドする必要があります。
キャリパー側のピンを少々加工し取り付け。
アンカーアーム・マウントカラーを製作し取り付け。









1975FXS1200

a0248662_8221384.jpg


Hさんのショベルヘッド
ヘッド周りの清掃作業とねじ修正。地道な作業が続きます。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-12-04 08:46 | その他 | Comments(0)
2017年 12月 03日

土曜日の授業風景

1968 BSA A65

a0248662_8391847.jpg
a0248662_8393994.jpg
a0248662_8395453.jpg
a0248662_840581.jpg


NさんのBSAは配線作業。
点火モジュールとレギュレーターの設置位置を決め、ステー製作し発電周り、点火周りの配線作業。









1973 TRIUMPH TR7EV

a0248662_8402547.jpg
a0248662_8403694.jpg
a0248662_8405496.jpg
a0248662_84111100.jpg
a0248662_841296.jpg
a0248662_841394.jpg
a0248662_842016.jpg


Yさんのトライアンフ
ギアボックスの作業が終わり、プライマリー周り取り付け。
クラッチセンター・クラッチスプロケットのガタ確認。ローターとステーターの隙間チェックしオルタネーター取り付け。クラッチのリリースディスクは面チェックし社外のものに交換。クラッチ調整。
点火時期確認しペイゾンのピックアップ取り付け。




1985 FXEF 1340

a0248662_8424124.jpg
a0248662_8425521.jpg
a0248662_84382.jpg
a0248662_8432060.jpg
a0248662_8433787.jpg


Tさんの4速エボは新たに取り付けるエボ用スプリンガーのカラー製作。
ブレーキマウントのピボット部にあわせ軸受け部分を作る必要があります。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-12-03 08:56 | その他 | Comments(0)
2017年 12月 02日

1940WL750 エンジン分解作業まとめ

a0248662_8424574.jpg

a0248662_8425866.jpg
a0248662_843857.jpg

a0248662_843216.jpg

I君のWLエンジン分解作業のまとめです。
EX側のバルブが随分沈んでタペットを削らないと圧縮がなくなり走行出来なくなっていまして・・・
分解前に圧縮比計測。
バルブの沈みが酷かったフロント側は3.8対1。まだましたっだリア側は5.2対1というところ。




a0248662_8433220.jpg
a0248662_8434287.jpg
a0248662_8435710.jpg

分解しバルブの突き出し量から考えると沈みが酷かったフロントEX側は4mm近く沈んでいるようです。
シリンダーボア計測。
内径71.50mmで入っていたピストンは71.15mmでクリアランスは0.3mmと随分大きい。
.070”オーバーサオイズでギリギリボーリングできるか・・・?もしくはスリーブ入れ替えとなります。
バルブシート打ち変えもしまければならないので、新品シリンダーを使うか検討します。
また、バルブガイドとバルブステムのクリアランスもEX側は広いとことで0.4mm以上とガタガタでありました。


a0248662_8445972.jpg
a0248662_8451053.jpg
a0248662_8452287.jpg

a0248662_8495338.jpg

クランク周りビッグエンド計測。
フロント側は0.06mmのクリアランス。リア側は0.07mm~0.08mm
クランクピンは少々虫食いがあるものの、レースはラッピングしオーバーサイズローラーでクリアランス調整出来そうです。
スプロケットシャフト、ピニオンシャフトともに無事。両クランクシャフトベアリングレースも問題なし。


a0248662_8454681.jpg
a0248662_8455726.jpg
a0248662_846813.jpg

a0248662_8462976.jpg


バルブシートか沈んでいたEX側のカムシャフトは酷くやられていますにで交換。
カムブッシュはクランクケース側は4個とも広がっていますので交換。
カムカバー側は微妙なところで、新しいカムシャフトが来たら判断することに。


a0248662_8464480.jpg
a0248662_8465437.jpg
a0248662_847686.jpg


タペットも同じくEX側のローラーがやられています。
ガイドとタペットのガタがきていますのでオーバーサイズローラーを入れます。


a0248662_8472125.jpg
a0248662_8474828.jpg

オイルポンプはフィード側は問題なし。
リターン側のボディー内壁に剥がれがあります。
リプレイスメントパーツではアルミボディーのものが出ているようですが、純正と同じ鉄ボディーのものを使いたいな・・・。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-12-02 09:15 | 1940WL750 | Comments(0)