Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 24日

日曜日の授業風景



1951TRIUMPH T100

a0248662_8422132.jpg

a0248662_8425686.jpg
a0248662_8431813.jpg
a0248662_8433764.jpg
a0248662_8435959.jpg

a0248662_844142.jpg
a0248662_8442638.jpg


Hさんのトライアンフ
フロント、リアともにブレーキ周り分解し清掃チェック。
F・Rともにブレーキオペレーティングカム軸部にガタが随分あります。
F側はカムシャフト自体の磨耗は少ないのでそのまま使い、出入り口がテーパー状に広がっているプレート軸穴をボール盤にセットしアジャスタブルリーマーで内径拡大。
片肉0.5mmのブッシュを入れるため、役1mm拡大しました。
カムシャフト径、軸部に合わせブッシュ製作し圧入。ガタ無しさんに。
リア側はカムシャフト自体樽状に変形していますので、パーツ交換。その上で調整します。




1979FXS1200

a0248662_8444520.jpg
a0248662_8451559.jpg


部分修理で入学のOさんショベルヘッド。
エンジンが暖まりきると、アイドリング時に旺盛にストールする症状を改善するものです。
この車両はうちでOHした車両ではないので現状がわかりません。
とりあえず、キャブのセッティングを変えてみたりしつつ状況をみつつ現状を把握。
やはり、エンジンが暖まり切るとマニホールド部分からエア吸いをしているようなので、このあたりから手をつけていきます。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-04-24 09:02 | その他 | Comments(0)
2017年 04月 23日

土曜日の授業風景

1970XLH900

a0248662_21545525.jpg
a0248662_21552261.jpg
a0248662_21554858.jpg
a0248662_2156274.jpg


Tさんのアイアンスポーツ
加工が終わったハンドル周りを取り付け、オイルライン取り付け。
行き側のオイルホースに直接オイルを入れオイルポンプまでオイルが行ってることを確認後、クランキングしヘッドまでオイルが行っていることを確認。オイルタンクにオイルを入れ、オイルがオイルタンクに帰ってくるまでクランキングしオイル回し。
マフラーを取り付け、エンジン始動のはずだが・・・中古で買ったフルトラさんが悪さをしているのか、エンジン始動ならず。次回このあたりを考察。









1968BSA A65

a0248662_2156318.jpg
a0248662_21564487.jpg
a0248662_2157248.jpg
a0248662_21573715.jpg
a0248662_21575366.jpg
a0248662_21591283.jpg
a0248662_2159485.jpg


NさんのBAS A65
クランクを閉じ増し締めのはずでしたが、オーバートルクでクランクケースボルトとスタッドがねじ切れました。
幸いなのはケース側の雌螺子は無事。
駄目になっケースボルトは頭が締めやすいように2面幅が小さいもの。また、スタッドボルトが切れました。
これを注文していたらまた時間がかかるので、在庫していた5/16”-26ボルトの頭を研磨しケースボルト化。スタッドボルトも製作。Nさんがうまいこと作りました。
というわけで気をとり直りクランク組み付け。
元に戻ったというお話でした。








1973XLCH1000


a0248662_8122452.jpg

a0248662_220848.jpg
a0248662_2202829.jpg
a0248662_221543.jpg
a0248662_2204948.jpg
a0248662_2212297.jpg
a0248662_2213723.jpg
a0248662_2215219.jpg


Kさんのアイアンスポーツ
シートカット擦り合わせ、面研が終わり、バルブスプリング取り付け。
インナースプリングだけ取り付け、アウタースプリングの取り付け長チェック。
シム調整をして取り付け長を合わせ、取り付け長でのバルブスプリング圧をアウター・インナー共に計測。
インナーとアウターのスプリングの組み合わせを調整し4本のスプリング取り付け圧を同じものに。

というわけで、バルブスプリング取り付けヘッド完成。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-04-23 08:17 | その他 | Comments(0)
2017年 04月 22日

TRIUMPH750 ヘッド修理(バルブガイド)

a0248662_8365416.jpg
a0248662_837787.jpg
a0248662_8371921.jpg
a0248662_837314.jpg


今日は修理でお預かりしているトライアンフのヘッドのシリンダーヘッドのお話。
そもそもロッカーカバーマウントボルトのメネジ部分の修理でお預かりのヘッドでしたが、バルブフェース面、バルブシート面の虫食いもあり、ガイドホールもEX側は下部が0.15mm~0.3mmとだいぶ広がっていたので交換することに。
もともと、ロッカーマウント螺子が駄目になり、そのためロッカーアームとバルブのあたり角度が変わりバルブとガイドが齧った車両で、バルブが変磨耗したのでしょう。

a0248662_8541815.jpg

a0248662_8374867.jpg
a0248662_838114.jpg

燃焼室内、ポート内のカーボンをブラストしガイド抜き取り。
いつものように抜き取り工具でガイドを引っ張り上げると工具の螺子は進んでいくが、ガイドは上がってこない・・・?
ガイドを見てみると、押しているポート内のガイドが変形している。ガイドが抜ける前に変形したようだ。
今回、ガイドを抜く前にアルミロウで螺子部を埋めるためヘッドを熱したときにガイドが焼きなまったのか?
こらはわたくし初めての経験です。
ともあれ、変形したままだとガイドが抜けないのでヘッドを傷つけないようにリューターでガイドの変形部分を削り、バルブガイド頭側に螺子をきりボルトを入れ抜き取り。




a0248662_8383192.jpg
a0248662_8384485.jpg
a0248662_8385615.jpg

抜き取り後、ヘッド側ガイドホール計測。
しっかりカーボン除去したおかげで縦傷は少ない。
しかしながら、入り口から出口にテーパー状にに少々変形している。
この年代のトラのバルガイドには鍔が無くそのため、バルブの動作方向に変形しているものと思われる。
シートに対して垂直にリーミングできる冶具を使いリーマーで真円拡大。



a0248662_8391667.jpg
a0248662_8393072.jpg

バルブ・バルブガイドははkibblewhite製のものを使います。
ガイドは鍔つきのものに。


a0248662_8394810.jpg
a0248662_840171.jpg

うちのブログで何度も書きますが、アルミ青銅製のバルブガイドは粘り硬く、切削が困難なのでガイド圧入前にバルブステム径+クリアランス分のリーマーで内径拡大。
切れずらいので0.01mm刻みでリーマーを通します。



a0248662_8402277.jpg
a0248662_8403698.jpg

それぞれのヘッド側ガイドホールにあわせ外径加工。ホール径+嵌め代分。




a0248662_8405629.jpg
a0248662_8411038.jpg

a0248662_8412369.jpg

a0248662_8415517.jpg

テーパー状になっているガイド鍔部分にあわせ押し工具を作りバルブガイド圧入。


a0248662_8421329.jpg
a0248662_8422512.jpg
a0248662_8423719.jpg
a0248662_8434896.jpg

圧入後、圧入部分は内径が縮みますので、あらためてリーマー加工。
こちらも同じく0.01mm刻みで切って行きます。
このリーマーというやつは100分台で内径を出すためのものなので、切れすぎたらまずい。そのため切れづらくなっています。
そのためリーマーを通してもその寸法に切れていないことがあります。
リーマー通した後計測確認。



a0248662_844316.jpg

ガイド加工後、バルブの当たりっぷりチェック。
すべて、バルブとシートは全面あたりしています。つまりシートに対しガイドが真直ぐ入ったということ。
これで、シートカットが少し気楽です。
というわけで次回バルブシートカットです。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-04-22 09:24 | その他 | Comments(0)
2017年 04月 20日

1968BSA A65 カムシャフトブッシュ・アイドラギアシャフトブッシュ

a0248662_12423272.jpg

今日はTさんのBSA A65 タイミングギア周りのお話。
BSA A65カムシャフトブッシュはタイミングケース側2個、ドライブケース側1個の3連で組まれています。
タイミング側はシャフトに対し0.08mm~0.1mm、ドライブ側はシャフトに対し0.27mm~0.17mmとブッシュ交換。
またタイミングギアブッシュはシャフトに対し0.08mm~0.09mmとせっかくなので交換。


a0248662_12424487.jpg
a0248662_1243511.jpg
a0248662_1243243.jpg

a0248662_12433875.jpg
a0248662_12435037.jpg


まずカムブッシュ側から
ドライブ、タイミング側ともに専用に作った工具を使い抜き取り。
それぞれケース側ブッシュホールをそれぞれ計測。


a0248662_1244997.jpg
a0248662_1244255.jpg
a0248662_12443666.jpg

2連で入っているタイミング側のカムブッシュ
トライアンフの社外パーツのカムブッシュと違いBSAのものは寸法が良いので、リプロのブッシュを使います。
まず外径をケース側にあわせ加工。適正嵌め代にして、ブッシュ圧入。



a0248662_12445330.jpg
a0248662_124597.jpg
a0248662_12452032.jpg
a0248662_12453360.jpg

ドライブ側のブッシュ
リプロブッシュにはオイル穴が開いていませんので位置をあわせオイル穴加工しケースに圧入。



a0248662_12455452.jpg
a0248662_1246457.jpg

a0248662_12462310.jpg

専用リーマーを使い両ケースを合わせラインリーミング。
しかしながらリーマーを通してもカムシャフトの動きが渋い。
リーマーは元開いている穴にならい穴を拡大していくものなので、BSAやトラのようにカムシャフトの軸受けの距離が長いものは多少の芯ずれでも左右のカムブッシュの芯が合いずらいです。

a0248662_12464336.jpg
a0248662_12465687.jpg
a0248662_124776.jpg
a0248662_124834100.jpg
a0248662_12484691.jpg

専用ラッピングロッドをつくり、コンパウンドを使いラッピング。


a0248662_1249890.jpg

カムシャフトをいれスルスルに。



a0248662_12493440.jpg


a0248662_12495343.jpg
a0248662_1250318.jpg

ここからはアイドラギアブッシュ。
こちらもブッシュ交換しシャフトの動きが渋い
リーマー真直ぐ案内冶具をつくりケース側とインナーカバーをあわせラインリーミング。
リーマーはアイアン用のものがピッタリさんでありました。



a0248662_12502317.jpg

a0248662_12503631.jpg

インナーカバーガスケットを付けスラスト量チェック。


a0248662_1250503.jpg
a0248662_1251154.jpg

a0248662_12512045.jpg

新ブッシュの鍔部分の厚みあがあり、スラストが無い。
鍔部分を研磨しスラスト量0.3mmに。


a0248662_12514151.jpg
a0248662_12515398.jpg

アイドラギアとカムギアを取り付け回りっぷりチェック。
一部渋い部分がありましたので、金属磨き粉をつけ少々すり合わせ。
クランクピニオンギアをつけ回りっぷりチェックし問題なしで、タイミングギア周りの作業O.Kです。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-04-20 13:19 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2017年 04月 19日

1968BSA A65 バルブシートカット&バルブスプリング



今日はTさんのBSA A65のヘッド周りのお話。
バルブガイド加工圧入済みでバルブシートカット&スプリング組み付け。


a0248662_7321889.jpg

a0248662_7324140.jpg

バルブガイド及びバルブはkibblewhite製新品に交換。
軽く擦り合わせた状態でベタあたり。
バルブフェース面が細く作られているA65のバルブではフェース面が全部あたっている状態。
バルブシートはほとんど減っていない状態で良好。


a0248662_7325847.jpg
a0248662_7332147.jpg
a0248662_7343735.jpg

バルブシートカット、擦り合わせをしバルブ傘面とシートのあたり幅1.5mm程度に。
60度面をメインにカットし30度面は整える程度に。
一部30度面カットに苦戦、同じシートカッターを使いつつも車種によって、やり方を変える必要があるな・・・などと考える。
無事、シートカット擦り合わせ終わり。


a0248662_7393739.jpg

灯油漏れチェックしO.K


a0248662_7385053.jpg

a0248662_814024.jpg

a0248662_739260.jpg

ヘッド面やマニホールド面など面研して、バルブを付けヘッドに熱をかけバルブの動きが渋くならないかチェック。



a0248662_7395798.jpg

ここからはバルブスプリングのお話。
バルブのスプリング長チェック。マニュアル値44.45mm
4本とも数値的の問題ないので交換せずそのまま使用。


a0248662_7402273.jpg
a0248662_7413553.jpg

a0248662_742066.jpg

インアースプリングだけ取り付け、アウタースプリングの取り付け長チェック。



a0248662_7421793.jpg
a0248662_872355.jpg

シム調整をしIN同士、EX同士のスプリング取り付け長を合わせる。
丁度ハーレー用のスプリングシムがピッタリであります。



a0248662_7425385.jpg
a0248662_743773.jpg

アウター・インナースプリングのスプリング圧をそれぞれ計測し、組み合わせを変え、4本のスプリング圧を均等にする。
またA65のバルブスプリング(アウター)はサージング防止プログレッシブになっています。
巻きが細かいほうが下にして組みます。

a0248662_7432324.jpg

というわけで組み付けバルブ周り完了。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-04-19 08:21 | 1968BSA A65 | Comments(0)