Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 05日

1968BSA A65 ギアボックス周り NO.1

今日はNさんのBSA A65のギアボックス周りのお話
まずはメートリックのボルトがぶち込まれていたドレンボルト

a0248662_08372692.jpg
a0248662_08393317.jpg
a0248662_08404464.jpg
a0248662_08410148.jpg
ねじ穴に対し垂直にケースをボール盤にセットしヘリサート加工。
座面部も研磨してだし、コイルを入れ完了。




a0248662_08414465.jpg
a0248662_08420277.jpg
a0248662_08425557.jpg
ドレンボルトを真鍮で製作し取り付け。

a0248662_08440708.jpg



a0248662_08435302.jpg
パーツがでなかったプランジャープラグボルトも製作。







a0248662_08443659.jpg
a0248662_08445579.jpg
a0248662_08451378.jpg
a0248662_08453153.jpg
a0248662_08465246.jpg
ガタがあったハイギアブッシュは抜き取り、ブッシュ単品製作。
BSAのハイギアブッシュは2連で入っています。



a0248662_08471346.jpg
a0248662_08473082.jpg
a0248662_08490419.jpg
a0248662_08494263.jpg
a0248662_08502062.jpg
a0248662_08503260.jpg
ハイギアブッシュ圧入
プライマリー側のシールの受けになりますので、ブッシュの入りっぷりをチェックしつつ圧入します。
で圧入した分縮んだ内径はラッピングロッドを製作しラッピングし仕上げのホーニング。
メインシャフトに対しガタ無しさんです。





a0248662_08512552.jpg
a0248662_08535070.jpg
ケース側ベアリング交換しシール取り付けハイギア圧入。
プランジャーのプラグボルトも取り付け。



a0248662_08543518.jpg
a0248662_08550532.jpg
減っていたスプロケットも交換し、トルク管理して取り付け。
というわけで今日はここまで。







レストアスクール生徒募集中
トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。いつでも見学にお越し下さい。また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。


Vintage Motorcycle Study
東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純


# by sgf1906 | 2017-06-05 09:19 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2017年 06月 04日

土曜日の授業風景

1968 BSA A65
a0248662_8161991.jpg
a0248662_8163362.jpg


a0248662_8165031.jpg
a0248662_8171716.jpg
a0248662_8173947.jpg

a0248662_8175775.jpg

a0248662_81896.jpg

a0248662_8182736.jpg

NさんのBSA A65
なかなか苦労した、スカベンジカバーをスタッドボルト製作し取り付けしオイルポンプ本組み。
悪名高い70年以前ののアルミ鋳物ボディーのBSAのオイルポンプはギアの組み方の組み合わせで回りっぷりが変わる。
ギアの組み合わせを変えつつ、オイルポンプの周りが引っかかり無くスムーズに回るところにして、取り付け。
しかしながら、仮組み時はよかったものの、オイルポンプスタッドナットを規定トルクで締めるとオイルポンプの動きは渋くなりました。
本組み時に入れたガスケット(厚み0.4mm)がスタッド部だけがつぶれることで、ボディーが歪み動きが渋くなったようです。
ガスケットを入れず組むと問題なし・・・。ガスケット無しでいくかしら。









1978TRIUMPH T140E

a0248662_81849100.jpg
a0248662_819916.jpg
a0248662_8202565.jpg


a0248662_8194054.jpg
a0248662_82040100.jpg
a0248662_820525.jpg

a0248662_821461.jpg

a0248662_821233.jpg
a0248662_821413.jpg




a0248662_822677.jpg
Tさんのトライアンフ
まず、トライアンフの作業の前に足バイクのべスパさんの整備。
リアアクスル部のシール不良でリアドラムブレーキ内にオイルが入りブレーキが利かないということ。これはべスパではあるあるなのでしょうか?シール交換しブレーキ遊び調整しO.K

でトライアンフの作業へ
フロント・リアホイールを分解。
リアのブレーキローターは錆が酷いので研磨にだします。スプロケットは使えそう。
ベアリング抜き取り、フロント・リアそれぞれホイールのオフセット量を計測し分解。
R側は随分とオフセットしています。リムのスポーク穴自体が片側によっていますね。
というわけで、リムさんキレイキレイにしてここまで。







レストアスクール生徒募集中
トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。いつでも見学にお越し下さい。また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。アイアンスポーツ大歓迎です。

Vintage Motorcycle Study
東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純


# by sgf1906 | 2017-06-04 08:50 | その他 | Comments(0)
2017年 06月 03日

1968BSA A65 ギアチェンジクアドラント

今日はNさんのBSA A65のギアチェンジクアドラントのお話。

a0248662_7352912.jpg

a0248662_7354296.jpg

シフトペダルが付くスプライン部分が酷い事になっていましたので交換したいのですが、このパーツが手に入らない。


a0248662_736086.jpg
a0248662_7361651.jpg
a0248662_7363098.jpg

調べてみると、68年以前と69年以降とでギアチェンジクアドラントの形状が変わります。
NさんのBSAは68年のものですが、この年式は丁度変換期の車両で68年、69年のパーツがついているようです。
でもともと付いていたクアドラントはスタッパー部分があり、リターンスプリングのストッパー部分があり、どうにか手に入れた68年のものは使えず。
そもそもインナータイミングカバーの形状が違います。


a0248662_7364980.jpg

というわけで加工して使います。
面白いもので、溶接して使うようにスプライン部分だけパーツとして出ましたので、手に入れ加工します。
まずはスプライン部シャフトに凸加工。


a0248662_737469.jpg
a0248662_7372456.jpg

a0248662_7373656.jpg

もともと付いていた69年以降と思われるクアドラントを芯を出すため、生爪を製作し旋盤に銜え、駄目だったスプライン部分を切断。
中心部に凹部分を作ります。



a0248662_7374863.jpg
a0248662_738238.jpg

圧入しこんな感じ。
もちろん圧入っぷり、全長も計算済み。


a0248662_738127.jpg

a0248662_7382314.jpg

溶接し、両センターで銜え切削仕上げ。
というわけで出来上がり。
BSA A65のギアチェンジクアドラントの加工などというマニアックな記事。誰が見るのだろうか?







1971XLH900

a0248662_746285.jpg
a0248662_7464040.jpg
a0248662_7465945.jpg
a0248662_7471077.jpg

a0248662_7473158.jpg

a0248662_7474473.jpg


卒業生のKくんのアイアンスポーツ
車検業務でお預かり。卒業してもう6年目ですか・・・早いものです。
試乗してみると、アイドリングが随分早い感じ。
点火回りを見てみると錆でガバナーが固着していました。機械式のガバナーはたまにグリスアップが必要ですね。
ウエイトのピボット部もガタガタだったので、純正新品ガバナーに交換。
また、フロント側のプラグだけ燻ぶりがあったので、ハイテンションコード交換し解消。
高電圧が流れるハイテンションコードは消耗品なので定期的な交換が必要です。
というわけで、車検通し無事終了。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-06-03 08:55 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2017年 05月 31日

1973XLCH1000 タイミングギア回り


今日はKさんのアイアンスポーツ、タイミングギア周りのお話。

a0248662_8213714.jpg

もともと入っていたカムギアは虫食いが多くギアもやられていたので、アンドリュース製PBカムに交換。

a0248662_8382866.jpg

a0248662_8215115.jpg

クラックが入っていて、溶接困難、溶接後も加工が必要だったカムカバーはNOSのカムカバーが手に入ったのでこちらを使います。


a0248662_822586.jpg
a0248662_8222238.jpg

NOSのカムカバーを手に取るのは初めてで、メーカーがカムシャフトとカムブッシュのクリアランスをどれぐらい取っているか興味津々。
というのは、マニュアルに表記されているカムシャフトブッシュとシャフトとのクリアランスは.0005”~.002”(0.0127mm~0.0508mm)で、6つのギアからなるギアたちを0.01mm台のクリアランスで組もうともうと至難の業なのです。
計測し納得の数値でありました。


a0248662_8234733.jpg

a0248662_8251565.jpg


a0248662_8242042.jpg

a0248662_8254767.jpg


ケース側のカムベリング交換し、カムシャフトを一個づつ取り付けスラスト量チェックし、シム調整。
既製品では0.12mm、0.177mm、0.38mmのシムがありますが、3種類のシムで調整できない場合がありますので、0.5mm、0.6mm、0.7mmと厚いシムを作ってあります。
シム調整し4つとも0.1mm程度のスラスト量に。


a0248662_8273940.jpg
a0248662_8275120.jpg

a0248662_828431.jpg
a0248662_8281630.jpg

a0248662_8282935.jpg

ピニオンシャフトベアリングレースをラッピングするため、スプロケットシャフトベアリング(ドライブ側クランクシャフトベアリング)をとりつけ。
計測し、クランクケースとベアリングレースのハメ代は問題なし。
特殊工具で圧入しベアリングのスラスト量チェック。



a0248662_8291673.jpg

a0248662_828473.jpg

両クランクケースをあわせ、ピニオンシャフトベアリングレースラッピングし真円加工。



a0248662_831272.jpg

.0004”オーバーサイズ(4.772mm)のローラーを入れクリアランス0.03mmに。

a0248662_8312290.jpg

a0248662_8313836.jpg

4つのカムギア・ピニオンギア・アイドラギアを入れクルクルチェック。
さすが、NOSカバーさん加工ごと無しでクルクルO.Kでタイミングギア回りの作業終わりです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-05-31 09:09 | 1973XLCH1000 | Comments(0)
2017年 05月 30日

1964XLCH900 キックスターター回り


今日はS君のアイアンスポーツ・キック周りのお話。
まずは、ガタガタだったキックシャフトブッシュの交換。

a0248662_7354869.jpg

スプロケットカバー側のブッシュホールは広がってしまっていて、既製品のブッシュは使えませんのでブッシュ単品製作。

a0248662_73611.jpg
a0248662_7362363.jpg

シャフト側ブッシュ摺動部も変磨耗していますので、芯を拾い切削。

a0248662_7363772.jpg
a0248662_7365159.jpg
a0248662_7384567.jpg

カバー、シャフトにあわせブッシュ単品製作。
圧入しO.K



a0248662_739581.jpg

a0248662_7391930.jpg

a0248662_7393350.jpg

この車両のスプロケットカバーは位置決めダウエルピンの穴が随分ガバガバでした。
あからさまに以前に穴を広げたものと思われます。
この年式のアイアンのスプロケットカバーはクラッチプッシュロッドのリリースにもなっていますし、キックシャフトの軸にもなっています。しかもボルト2本で留めるため、ここのダウエルは重要です。
というわけで、段月オーバーサイズダウエルピン製作し取り付け。

a0248662_739462.jpg


ダウエルピンを付け、位置決めがされたところでキックシャフトブッシュの擦り合わせ。
車体右側にDスプロケットがくるアイアンはクラッチハウジングを直接回しクランキングをするので、キックシャフトが随分長く、曲がってしまっているものも多いです。
これだけ長いキックシャフトなので、キックするときにはテコの力は随分かかるはず、キックオンリーのアイアンここをしっかりガタ無しにしておきたいです。


a0248662_7401255.jpg

ギア抜けが怖いアイアンのキックラチェットギア。
クラッチハウジング側のギアとのあたりっぷりチェック。この車両は問題なし。

a0248662_7403011.jpg
a0248662_7404571.jpg

キックラチェットギアブッシュのガタも良好で、クラッチハウジング仮組みし、作動チェック、干渉チェックし問題なしでキック回りO.K






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-05-30 08:13 | 1964XLCH900 | Comments(0)