2017年 03月 31日

空き状況情報


在校生の皆様


明日、4月1日(土)空きがありますので、良かったらお越し下さい。

# by sgf1906 | 2017-03-31 22:05 | その他 | Comments(0)
2017年 03月 31日

平日の授業風景





1939EL1000

a0248662_032319.jpg
a0248662_0332585.jpg
a0248662_0363998.jpg

a0248662_0374669.jpg




Wさんのナックルヘッド
ロッカーアームに圧送されたオイルがヘッド側に落ちてしまう問題は、試しに30年代のアームの横のオイル穴が開いているものに交換してみてチェック。
圧送されたオイルはちゃんとカップに流れているようだ。










1964XLCH900

a0248662_0382270.jpg
a0248662_0383514.jpg
a0248662_039330.jpg


a0248662_0392487.jpg
a0248662_0393894.jpg
a0248662_0395122.jpg


S君のアイアンスポーツ。
トランスミッションの仮組み、動作チェックが終わり、ついでにキックスターター周りのチェック。
キックブッシュ、シフトブッシュはガタガタで交換予定。
前回チェック中に割れてしまったアイドラーギアはNOS純正のものに交換し、組み付けクルクルチェック。
動きが渋い部分があるので、擦り合わせし調整。手でピニオンギア、アイドラギア、カムギアと6個のギアが回るように。










1976XLCH1000

a0248662_0401197.jpg



Z君のアイアンスポーツ
ガスフィルターの詰まりや、製作したブレーキホースからのオイル漏れなど少々手直しなどしつつ、
ひたすら試乗。








1947FL1200

a0248662_041045.jpg
a0248662_0413087.jpg

a0248662_049861.jpg

a0248662_042435.jpg
a0248662_0422783.jpg
a0248662_043194.jpg


Iさんのナックルヘッド
圧入気味に入っていたもともとのベンチュリーは1-1/8”と1000cc用のものが入っていましたので、1-5/16”のものをいれ、キャブレーター組み付。
ダイナモもコミュテーター部分の清掃、通電チェック、ベアリング・シーツ交換など済ませ組み付け。









1979TRIUMPH T140E

a0248662_0434189.jpg
a0248662_0435476.jpg
a0248662_044984.jpg
a0248662_0442446.jpg
a0248662_0443843.jpg


D持込のトライアンフエンジンはガタがあったカムブッシュを自ら製作。












レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-03-31 09:21 | その他 | Comments(0)
2017年 03月 27日

1970XLH900 オイルポンプ

今日も昨日に引き続きTさんのアイアンスポーツ、オイルポンプのお話。

a0248662_1225841.jpg
a0248662_12395.jpg

オイルポンプボディー内壁に傷は無く状態よし。
ギア面とボディー面もツライチでO.K



a0248662_1235559.jpg

ブリーザーギア兼オイルポンプシャフトをまず組み付け。
ブリーザーギアはクランクケース内のオイルをエンジンの負圧でカムギアケース内にオイルを行かせる役目をします。




a0248662_1233329.jpg

フィード側組みつけ。
ガスケットの厚み0.13mmでボディー面とギア面のクリアランスとなります。

a0248662_124668.jpg
a0248662_1241933.jpg

a0248662_1244492.jpg

リターン側組みつけ、規定トルクで均等締め。
アルミボディーのアイアンオイルポンプは、位置決めのダウエルピンがあるものの、締める位置でポンプの回りっぷりが変わります。
今回は一部ギアにバリがありその部分で渋くなっていたもで、少々研磨。


a0248662_1245492.jpg

クルクルチェックしO.K

a0248662_1252843.jpg
a0248662_1262936.jpg

先ほどもお話したとおり、ブレーザーギアはクランクケース内にたまったオイルをピストンダウンストローク時の負圧でカムギアケース内にオイルを行かせる役目あります。
また、アイアンはカムギアケースにブリーザーパイプがついていますので、ケースなの内圧をカムギアケースから外へ逃がします。
そのため、ブリーザーギアのタイミングを合わす必要があります。



a0248662_1264215.jpg

a0248662_1265775.jpg

a0248662_1272092.jpg

ポンプにオイルをまわしオイル回りっぷりチェック。
ビッグエンド側、ヘッドへのオイルラインへの流れO.Kでオイルポンプ組み付け終わりです。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-03-27 09:17 | 1970XLH900 | Comments(0)
2017年 03月 26日

1970XLH900 トランスミッション組み付け

今日はTさんのアイアンスポーツ、トランスミッション周りのお話
クラッチギアのブッシュ・ベアリング交換、メインシャフとベアリングレース交換・ラッピングが終わっていまして、その後のお話。



a0248662_8544421.jpg
a0248662_8552084.jpg

メインシャフトはベアリング摺動部がやられていましたので新品に交換。
67年~70年用のもの。


a0248662_858622.jpg

a0248662_8571628.jpg
a0248662_8574114.jpg

トランスミッションを仮組みして、ドッグギア位置チェック。
3rdギアと4thギアの入りっぷり良いものの、1stギアと2ndギアの入りっぷりがイマイチなのでシフターフォークサイズを変更しギア位置調整。


a0248662_8592292.jpg

a0248662_859328.jpg
a0248662_8594059.jpg

シフト位置調整が終わったところでメインシャフと、カウンターシャフトのスラスト調整。
それぞれシム調整をして0.1mm~0.2mmのスラストに。


a0248662_901813.jpg
a0248662_903760.jpg

段減りしていたシフターシャフトはプレーンタイプ(シフトペダルとの結合部分に止めが無いもの)からスプラインタイプのものに変更。
仮組みると干渉するので干渉部分を加工。


a0248662_90553.jpg

a0248662_914113.jpg

a0248662_911419.jpg

シフターシャフトブッシュも単品製作し組み付け。
トランスミッション仮組みしてギアチェンジチェック。
問題なく、トランスミッション周りの作業終わり。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-03-26 09:19 | 1970XLH900 | Comments(0)
2017年 03月 25日

トライアンフ シリンダーヘッド修理

引越し前に預かっていたトライアンフT140のヘッド、やっと手をつけられます。遅れてすみません。
修理内容はまず、ロッカーカバーマウントボルトの雌螺子修正です。


a0248662_8393697.jpg
a0248662_840115.jpg
a0248662_8402163.jpg
a0248662_840348.jpg

タイミング側2箇所は普通に螺子山がナメてしまっています。
ドライブ側2箇所は元々入っていたインサートコイルが抜けてきてしまっています。
ここのねじ山は絞めすぎるとすぐナメるのでご注意を。




a0248662_8411626.jpg
a0248662_8412874.jpg
a0248662_8414495.jpg
a0248662_8415774.jpg

なめてしまっているタイミング側はヘリサート処理。
ボール盤にヘッドをセットし下穴を開け専用タップでねじ切り、コイル注入。
以前は1Dのコイルが入っていましたが、今回は1.5Dの長めのコイルを入れました。
ちなみにネジサイズは1/4”-20山UNCです。



a0248662_8425089.jpg
a0248662_843821.jpg
a0248662_843278.jpg

コイルが抜けてしまっていたD側は残っているねじ山をドリルでもみ、ウエルド君(アルミロウ)で穴を埋めます。


a0248662_844465.jpg

a0248662_8441770.jpg

T140はロッカーボックスに位置決めのピンが入っていますのでピンを抜き面研。
ついでにシリンダー面側も研磨。


a0248662_8444567.jpg
a0248662_8445950.jpg

穴埋め、研磨した穴はこんな感じ。しっかり埋まっています。



a0248662_8455533.jpg
a0248662_846917.jpg
a0248662_8462453.jpg

ピンを付け直し、ロッカーボックスを仮組みして位置決め。
ロッカーボックスボルト穴にぴったりのボルトを使い穴位置決め。


a0248662_8464917.jpg
a0248662_847370.jpg

a0248662_9467.jpg

それぞれ位置決めした位置でヘッドをセットし下穴、タップをたてD側の螺子修正もO.Kです。


a0248662_8473316.jpg
a0248662_8475195.jpg

a0248662_965461.jpg

ロッカーボックッスのスタッドボルトも抜き、螺子修正と面研。
ヘッドとロッカーボックスの面あたりもよさそうです。
というわけで螺子修正終了です。

a0248662_848745.jpg








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-03-25 09:08 | その他 | Comments(0)