2017年 04月 07日

1964XLCH900 トランスミッション組み付け

今日はS君のアイアンスポーツ、トランスミッションのお話。
ギア周り、シャフトは状態良く、消耗品、調整作業で良さそうなギアボックッス。


a0248662_19841.jpg
a0248662_193486.jpg
a0248662_194994.jpg
a0248662_110050.jpg

アクセスドアのメインシャフトベアリング、カウンターシャフトベアリング交換。


a0248662_110228.jpg

ケース側メインシャフトベアリングレースは楕円変形無く、内径33.14mmで状態良し。ローラー交換だけでO.K
カウンターシャフトのニードルベアリング交換。

a0248662_1105759.jpg

シフター周りは折れやすいスプリングは交換。

a0248662_1111327.jpg

クラッチギアブッシュは磨耗少なく、このまま使います。
消耗品であるニードルベアリングは交換。


a0248662_1113185.jpg
a0248662_1114385.jpg

抜きづらいクラッチギアのベアリングは内ガケプーラーで抜き取り。
難易度が高く、ぶっ壊れてしまうことが多い・・・。

a0248662_1115495.jpg

新しいニードルベリング、カラーを圧入。


a0248662_1121340.jpg

a0248662_1083499.jpg

a0248662_1122647.jpg

アクセスドア周り、ギア周り組み付けて、ドッグギア位置チェック。
カウンターシャフトは1STギアとドッグギアである3RDギアの隙間と2NDギアと3RDギアの隙間をチェック。
メインシャフトは3RDギアとドッグギアである2NDギア、4THギアと2NDギアの隙間をチェック。


a0248662_1125469.jpg
a0248662_113744.jpg

実際にギアチェンジし、それぞれギアの入りっぷりチェック。
2NDギアとドッグギアの入りが浅く、1STギアとドッグギアは、ドッグギアが1STギアを押してしまっています。

a0248662_1132146.jpg
a0248662_113378.jpg

ドッグギアを2NDギアよりにさせるため、シフターフォーク交換。
社外のシフターフォークは顎部分?が太く、組んだときにギアに干渉する恐れがあるので、少し削ります。

a0248662_1135593.jpg
a0248662_1141332.jpg

フォークを換え、2NDギアよりにドッグギアが行ったところで、シム調整しドッグギアと1STギア位置の調整。
ギアシフト調整はこれで終わり。
次回、ケースに取り付けスラストチェックであります。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-04-07 10:22 | 1964XLCH900 | Comments(0)
2017年 04月 05日

1964XLCH900 タイミングギア周りの作業

今日もS君アイアンスポーツ、タイミングギア周りのお話。
元々、ピニオンギア粉砕しギアがロックしカムカバーにもクラックが入ってしまった車両で、やはりなんやかんやありました。


a0248662_815854.jpg
a0248662_8152064.jpg

まずは、クランクケース側カムシャフト軸受けのニードルベアリング交換。


a0248662_8155118.jpg

カムカバーはクラックが入っていたため、中古良品に交換。
カムシャフトとブッシュのガタは良好でしたが、ブッシュ鍔部分が段減りしていましたので、鍔部分面研。

a0248662_816390.jpg
a0248662_8161621.jpg

カムを一個ずつ取り付け、スラスト調整。
60年代のアイアンにジェームス製の厚みがあるガスケットを入れるとスラスト量が多くなります。既製品では何枚も重ねないと調整できません。厚みがあるカムスラストワッシャーを製作していますので、シム調整し0.1mm程度のスラストに。

a0248662_8163699.jpg

#1カムのタイミングマークが無く、マジックで印がついていました。
組み付けてカムタイミングを測る必要があります。


a0248662_8165888.jpg
a0248662_817106.jpg
a0248662_8172465.jpg

ピニオンギアは新品に交換。
この年式のアイアンはピニオンギアのサイズを選べません。
カムギアとピニオンギアを組み回りっぷりチェックすると一部渋いので、渋い部分だけコンパウンドを塗り擦り合わせ。
カムシャフト4個とピニオンギアでの回りっぷりはスルスルでO.K。



a0248662_8174062.jpg
a0248662_8175284.jpg

カムギアとピニオンギあの組み合わせではスルスル回ましたが、アイドラギアを入れるとまた渋い・・・。
こちらも渋い位置にコンパウンドをつけ擦り合わせするものの、ギアが割れる・・・。
もともとギアがヘタっていたと思われるが、多少のギアの噛み込みで欠けてしまうギアを考えると、旧車のギア周りの怖さ感じるのと同時に、ギア周りの回りっぷりチェックは重要ですね。



a0248662_818834.jpg
a0248662_8182245.jpg
a0248662_8184396.jpg

a0248662_819039.jpg

以前、社外のアイドラギアは良くなかったので、純正NOSものを入手。
同じく回りっぷりチェックするとやはり一部渋い。こちらも擦り合わせし、ピニオンギア、4カムギア、アイドラギアの組でスルスル回るようになりました。
というわけで、カムギア周りの作業終わり。
4カムギアでギア交換、カムカバー交換をすると帳尻が合わなくなり、大変だというお話でした。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-04-05 08:55 | 1964XLCH900 | Comments(0)
2017年 04月 04日

1964XLCH900 ピニオンシャフトベアリングレース・ピニオンシャフトブッシュ

今日はS君のアイアンスポーツ、ピニオンシャフト周りのお話。
ピニオンギアを割れたことでVMSに入学した車両。ピニオンギアが割れた際に#2カムブッシュ受け部、カムカバーにクラックが入りましたので、カムカバー交換です。
カムカバーを交換するとなんやかんやと合わせが必要ですので、ひとつづつ解消していきます。


a0248662_9315735.jpg

計測するとカムブッシュ周りは状態が良いのでそのまま使います。
ピニオンシャフトブッシュはガタがありましたので、ブッシュ交換。

a0248662_9323813.jpg
a0248662_9325231.jpg

まず、段付に減っているシャフトは研磨し段付を無くします。

a0248662_933329.jpg
a0248662_9331436.jpg

使うカムカバー、研磨したシャフトにあわせブッシュ製作。




a0248662_9334398.jpg
a0248662_934528.jpg
a0248662_9341844.jpg

製作したブッシュに冶具を使いダウエルピン穴を作り、カバーに圧入。




a0248662_9352370.jpg

ドライブ側クランクベアリングレース軸部をボーリングしたため専用のラッピング用冶具製作しました。


a0248662_9355927.jpg
a0248662_9361452.jpg

ピニオンシャフトベアリングレースラッピングし、クランクドライブ側、タイミング側のラインだし。


a0248662_9362938.jpg

ピニオンシャフトベアリングレースのラッピングが終わったところで、冶具を使いピニオンシャフトブッシュもラッピング。


a0248662_9365561.jpg
a0248662_937795.jpg

ピニオンシャフト、ベアリング、カムカバーをつけ、クルクルチェックしO.K。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-04-04 09:57 | 1964XLCH900 | Comments(0)
2017年 04月 03日

土日の授業風景

1970XLH900

a0248662_813467.jpg

a0248662_8101245.jpg
a0248662_8111337.jpg
a0248662_8113827.jpg
a0248662_8115186.jpg
a0248662_8121589.jpg
a0248662_8123370.jpg


Tさんのアイアンスポーツ
交換したハンドル周りの加工作業し、エキゾーストパイプのマウントステーを曲げ、エキパイの取り付け位置前後平行に。また、ガタガタだったキックアームの取り付け部修正など。









1968BSA A65

a0248662_8141457.jpg
a0248662_8143318.jpg
a0248662_8144786.jpg

a0248662_815132.jpg

a0248662_816324.jpg

a0248662_8171175.jpg
a0248662_817356.jpg
a0248662_8175719.jpg

a0248662_8182071.jpg


NさんのBSA A65
クランクケーススカベンジャーカバーはドレンボルトが付くタイプに変更。しかしながらフィルターの段付き部分が干渉するため、旋盤に銜え芯だしし段付き加工。
また、スカベンジャーカバー取り付けスタッドの雌螺子部が変な位置に穴あけされていたので、アルミロウ肉盛り後面研後、クランクケースをボール盤にセットして螺子切り直し。
また、ミッションドレンボルトも同じくボール盤にセットしヘリサート加工、座面だし。






1971 BSA A65

a0248662_8191924.jpg
a0248662_8194096.jpg
a0248662_8195955.jpg
a0248662_820519.jpg


TさんのBSA A65
テースランプを変更しグラブバー取り付け。
前回エンジン始動時気になったプライマリーチェーン周りのチェックまた、タペットクリアランス再調整。







WL ENGINE

a0248662_8242745.jpg
a0248662_8244184.jpg
a0248662_825375.jpg

a0248662_8253976.jpg

a0248662_825158.jpg


MさんのWL
仮組み、チェック作業が終わり、タペットガイド圧入後、エンジン腰した本組み。
ダイナモ分解しチェック作業。







1951TRIUMPH T100

a0248662_8262066.jpg

a0248662_8263991.jpg
a0248662_8265936.jpg
a0248662_827347.jpg


Hさんのトライアンフ
フロントフォーク分解しチェック。
ブッシュ自体は状態良し。
シールホルダー螺子部が少々やられていたので修正。
フレームを清掃しつつ分解作業。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-04-03 08:49 | その他 | Comments(0)
2017年 04月 01日

1943WLC750 T/M周り工具づくり

今日はWLのトランスミッションの工具作り。
WLのT/Mは専用の工具がほぼ出ていないので自分で作っていきます。


a0248662_375536.jpg
a0248662_381020.jpg


まずは交換予定のメインシャフトベアリングレース
暖めれば抜けると思いますが、一応垂直抜き取り、圧入冶具製作。



a0248662_383871.jpg
a0248662_385419.jpg

こちらはメインシャフトベアリングレース用のラッピングヘッド。
こちらもパーツとして出てきません。
新品のベアリングレース内径を参考にして、1-3/4”のラッピングヘッドを(パンやショベルのタイミング側ベアリングレースラッピング用)切削し専用のラッピングヘッド製作。


a0248662_391264.jpg
a0248662_393651.jpg
a0248662_395479.jpg

a0248662_3105542.jpg


メインシャフトベアリングレースラッピング用の軸になるパイロットも製作。
穂のかにテーパー加工ししっかり位置が決まるようにする。



a0248662_3111048.jpg
a0248662_31124100.jpg

というわけで、ラッピング工具完成。



a0248662_312342.jpg
a0248662_3121668.jpg
a0248662_3122839.jpg
a0248662_3124127.jpg

カウンターシャフトブッシュのラッピング用ロッドも製作。





a0248662_313921.jpg
a0248662_313271.jpg

クラッチギアブッシュ圧入、抜き取り工具も製作。

a0248662_3134412.jpg

クラッチギアブッシュラッピング用ロッド製作。


a0248662_3395048.jpg
a0248662_340836.jpg

カウンターシャフトブッシュ圧入、抜き取り工具製作。



a0248662_314014.jpg
a0248662_3141261.jpg

メインシャフト2ndギア、3rdギアブッシュ抜き取り、圧入工具も製作。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-04-01 08:55 | 1943WLC750 | Comments(1)