Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 08日

土曜日の授業風景


1968BSA A65

a0248662_83995.jpg
a0248662_833144.jpg
a0248662_83433.jpg
a0248662_835772.jpg

a0248662_855424.jpg
a0248662_861666.jpg
a0248662_862670.jpg
a0248662_87942.jpg
a0248662_873096.jpg
a0248662_881536.jpg
a0248662_883441.jpg

a0248662_8183912.jpg


NさんのBSAはケーブル周り。
まずは、スロットルケーブル製作。
使うスロットルホルダーにあわせケーブルカラーを製作しアジャスターを付け、まずアウターケーブルの長さを選定。
アウターケーブルが決まったところで、インナーケーブルを製作。
スライドバルブ側のタイコを付けスロットルバルブに取り付け、レバー側までのケーブル長さを選定し、スロットル側のタイコ取り付け。スロットルホルダーにあわせタイコ形状加工。
スロットルケーブルはこれでO.K
フロントブレーキケーブルはASSY交換済みでありますが、レバー側アジャスターの交換が必要なことと、インナーケーブルが長すぎるためインアーケーブルを詰める。
ハンドルレバー側アジャスターを交換し、パネル側レーバーの働き角度が良い位置になるようにケーブル長調整。







1967TRIUMPH TR6

a0248662_885119.jpg
a0248662_891329.jpg
a0248662_8929100.jpg

a0248662_8112547.jpg

a0248662_810180.jpg

a0248662_8114435.jpg
a0248662_812654.jpg
a0248662_8122936.jpg
a0248662_8124311.jpg

a0248662_813779.jpg


Oさんのトライアンフ
ホイールのセンターだしが終わりタイヤ取り付け。
ローリングシャシー化なのですが、Rアクスルシャフトを締め付けるとタイヤの動きが渋くなる。
スピードメーターギアがアダプターとどっ付いています。これは良くあること。
アイアンのカムシムのサイズが近いのでシムをいれ取り付け。
フロントも取り付けローリングシャシーに。この車両はカスタム作業がありますので、この後TRUE CLASSICさんに行きます。
作業はギアボックッス周りへ。
製作したハイギアブッシュ、レイシャフトローギアブッシュを圧入、ホーニングしクリアランス調整しO.K








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-10-08 08:38 | その他 | Comments(0)
2017年 10月 07日

1958陸王RTⅡ マニホールド・ヘッド

a0248662_8334714.jpg
a0248662_8341913.jpg
a0248662_8343851.jpg


先日キャブ周りが終わった陸王さん、マニホールド・キャブを取り付けます。
マニホールドシールはWL用の対策品を使います。
あたり面のチェックし取り付け。



a0248662_8345969.jpg
a0248662_8351642.jpg


前後シリンダーのインテークバルブが閉まっている状態で、マニホールド側からエアを送りマニホールドに2次エアチェック。
リアからの漏れあり。どうもシリンダーにねじ込まれている、ニップル部分ヵら漏れているようだ。
確かに分解時のプラグはR側には7番が入っていて、しかも焼け色は白めでありました。
 



a0248662_83672.jpg
a0248662_8362720.jpg

ねじ込まれているニップルを少々緩め、ねじ部にロックタイトを付け、固まってところで同じくエア漏れチェックし、問題なし。




a0248662_8364617.jpg
a0248662_836578.jpg

キャブステーも曲げ直し、マイニホールドの中心にキャブが来るように、またシリンダーに対して垂直になるように手直し。


a0248662_837139.jpg
a0248662_8372620.jpg
a0248662_8373626.jpg

a0248662_8375225.jpg

ヘッド締めすぎだったのであろうと思われるヘッドボルト&ヘッドボルトワッシャー。
伸びてしまっているボルトは交換。歪んでしまっているヘッドボルトワッシャーは全交換。


a0248662_838835.jpg
a0248662_8382277.jpg

シリンダーヘッドボルトもトルク管理し締め付け。
ヘッドとフレームのマウントステーは、ステーがフレームに干渉している状態でヘッドボルトを締めると、マウントステー側のヘッドボルトがちゃんと締められず、圧縮漏れをおこす場合があります。
ヘッド側を先に締めておき、フレームとステーは後からシム調整。


a0248662_838486.jpg


というわけでエンジン周り終わりであります。




a0248662_839450.jpg

愛車のベンリーさん
ある日エンジンがかからなくなり、移動手段がこれしか無い私にとっては大打撃。
どうもカーボンがEXバルブに噛みこんでいるようである。この車両(DIOエンジン)はよくあるらしい。トリニティー卒業生Yさんに色々と教えてもらい、燃焼室にキャブレータークリーナーブッコミ作戦で、無事始動。秋葉原の材料屋さんに行くことも出来よかった、よかった。


a0248662_8391784.jpg

コンクリ打ちの仕上げ作業をMさんにやってもらっています。
仕事の合間に本当申し訳ない・・・
機械が搬入されるのも間近?でありますがスペースの問題が出てきましたな・・・。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-10-07 09:22 | 1958陸王RTⅡ | Comments(0)
2017年 10月 06日

水曜日・木曜日の授業風景

1947FL1200

a0248662_23312125.jpg
a0248662_23314336.jpg
a0248662_23315565.jpg
a0248662_233212100.jpg
a0248662_23323177.jpg
a0248662_23324393.jpg
a0248662_23325685.jpg
a0248662_23331636.jpg
a0248662_23332829.jpg



Iさんのナックルヘッドは先日に引き続き細かな話が続きます。
ブレーキ周りの問題が一段落しプライマリー回りの取り付けに。
プライマリーインナーカバーは前側はクランクケースでマウント、リア側はフレームとオイルタンクでマウントします。
Rチェーンガードと共止めである、プライマリーとオイルタンクのマウント部は以前から無理して留めてあったようで、穴位置が合わないです。
オイルタンク前側のマウントスペーサーを短くしてみたものの、状況はそんなに変わらないので、スペーサーの座面部に角度を付け取り付け、リア側マウント部はスペーサー代わりのシムをいれ調整。
問題なく留まるように。







1946WR750

a0248662_23334999.jpg
a0248662_2334184.jpg
a0248662_23341332.jpg
a0248662_23343175.jpg

a0248662_23345766.jpg
a0248662_23352242.jpg


MさんのWR
WL系のシングルクレードルフレームはダブルクレードルのフレームと比べ、ジャキアップなどがしづらく、タイヤ交換などのメンテナンス時に苦労します。
というわけで今回、サイクルスタンドをつけようとなんやかんや、こちらも細かな作業。
手に入れた中古スタンドはストッパー部が大分減っていて、スタンドを立てると随分寝てしまいます。また、フェンダーをカットしているため、スタンダードのサイクルスタンドマウント位置に付けると、スタンドとタイヤが干渉する恐れが。
この車両に元々付いていた、サイクルスタンドマウント用のステーと思われるものを使い取り付けることに。
このステーはボルト1本留めなので、スタンドを掛け重さがかかった時に動いてしまうので、ストッパー部分を製作し取り付け。








1971 BSA A65

a0248662_23353825.jpg


TさんのBSA A65は中古新規で車検作業です。
初めての埼玉運輸支局にて無事車検取得。
後はオイル交換し、駄目だし試乗・慣らし運転となります。













レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-10-06 09:52 | その他 | Comments(0)
2017年 10月 04日

1947FL1200 リアブレーキペダルブッシュ

今日はIさんのナックルヘッド
前回にクロスオーバーシャフトに引き続き、ブレーキ周りの地味なお話です。

a0248662_822834.jpg
a0248662_8221995.jpg

a0248662_8223642.jpg

リアブレーキペダル周り。
ブレーキロッドは溶接され、調整が利かないと同時にフットボードマウントに干渉してしまっている、またリターンスプリングも付いていなかったので、交換・改良が必要。
で、ピボット部がガタガタだったブレーキペダルを修正します。


a0248662_822475.jpg
a0248662_8225849.jpg

このタイプのものはペダルピボット部にブッシュが入っていませんので、ピボット部を内径拡大してブッシュを入れます。
また、シャフト側はプレートにリベット留めされています。状態が悪いものは根元と先端が減り樽状に変形してるものも多いです。その場合はカシメ部分をもみ抜き取り、シャフトを製作しますが今回は、先端が少々減っているようなのでシャフトはそのまま使います。



a0248662_8234652.jpg
a0248662_8235866.jpg

最低片肉0.5mmのブッシュにしたいので、ブレーキペダルピボット部を1mm拡大。



a0248662_8241112.jpg
a0248662_8242416.jpg

ペダルピボット部、シャフト径に合わせブッシュ製作。
シャフトは少々変形しているため、サイズが曖昧なので内径は小さめで作っておきます。


a0248662_8245367.jpg
a0248662_8251178.jpg

ブッシュ圧入しグリスニップル穴を開ける。

a0248662_8561989.jpg

a0248662_8253831.jpg

アジャスタブルリーマーを使い内径拡大しホーニング。
アジャスタブルリーマーは字のごとくアジャスタしますのでサイズを調整できますので便利ですが、はじめのサイズ調整を間違えると刃が噛みこんでしまい、八角形やら十角形やら綺麗な円になってくれません。なかなかコツがいるリーマーなのですが、こいつの扱いにも慣れました。


a0248662_8255785.jpg
a0248662_826931.jpg

座面部も少々干渉していたので研磨し、ガタ無しさんのRブレーキペダルに。
細かなところをやり出したら切が無く時間がかかりますが、こういうところがビシっとしている車両は気持ちがいいです。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-10-04 08:59 | 1947FL1200 | Comments(0)
2017年 10月 03日

1979FXS1200クランク軸受けベアリング

今日はS君のショベルヘッド、クランクシャフトベアリングのお話。


a0248662_75574.jpg

楕円・変形など無く状態がよかったピニオンシャフトベアリングレース(タイミング側)
一応左右軸受けのラインを出しラッピングします。

a0248662_7552059.jpg

JIMS製のピニオンシャフトベアリングレースラッピング工具。
スプロケットシャフトベアリング側(ドライブ側)とダミーのカムカバー側ピニオンシャフトブッシュで軸受けされるため、スプロケットシャフトベアリング・ピニオンシャフトベアリング・ピニオンシャフトブッシュ3点でのラインが出ますので非常に良いです。


a0248662_7554267.jpg
a0248662_7555341.jpg

ピニオンシャフトベアリングレースラッピングして、全周で研磨されていることを確認。
この状態で上下前後ともに楕円変形無く44.48mm

a0248662_756753.jpg
a0248662_7561619.jpg

ピニオンシャフトは31.75mmで減り無し。
STDサイズローラー6.35mmを入れクリアランス0.03mm
カムカバーを組みクルクルチェックし問題なし。



a0248662_756394.jpg
a0248662_7565022.jpg

ここからはスプロケットシャフトベアリングのお話。
テーパーベアリングであるドライブサイドの軸受けベアリング
まずアウターレース側を垂直冶具を使いケース側に圧入。ケースとレースの嵌めあいは問題なし。



a0248662_757581.jpg
a0248662_7571866.jpg

a0248662_7573429.jpg


こちらも冶具を使いテーパーベアリングスラスト調整。
両ベアリングの内側に入るC型のシムの厚みを変えスラスト量を調整。
ベアリングSETに入っていたシムではスラスト量0.1mmと多めでありましたので、シムを薄めのものにしてスラスト量0.02mmに。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-10-03 08:39 | 1979FXS1200 | Comments(0)