2017年 04月 20日

1968BSA A65 カムシャフトブッシュ・アイドラギアシャフトブッシュ

a0248662_12423272.jpg

今日はTさんのBSA A65 タイミングギア周りのお話。
BSA A65カムシャフトブッシュはタイミングケース側2個、ドライブケース側1個の3連で組まれています。
タイミング側はシャフトに対し0.08mm~0.1mm、ドライブ側はシャフトに対し0.27mm~0.17mmとブッシュ交換。
またタイミングギアブッシュはシャフトに対し0.08mm~0.09mmとせっかくなので交換。


a0248662_12424487.jpg
a0248662_1243511.jpg
a0248662_1243243.jpg

a0248662_12433875.jpg
a0248662_12435037.jpg


まずカムブッシュ側から
ドライブ、タイミング側ともに専用に作った工具を使い抜き取り。
それぞれケース側ブッシュホールをそれぞれ計測。


a0248662_1244997.jpg
a0248662_1244255.jpg
a0248662_12443666.jpg

2連で入っているタイミング側のカムブッシュ
トライアンフの社外パーツのカムブッシュと違いBSAのものは寸法が良いので、リプロのブッシュを使います。
まず外径をケース側にあわせ加工。適正嵌め代にして、ブッシュ圧入。



a0248662_12445330.jpg
a0248662_124597.jpg
a0248662_12452032.jpg
a0248662_12453360.jpg

ドライブ側のブッシュ
リプロブッシュにはオイル穴が開いていませんので位置をあわせオイル穴加工しケースに圧入。



a0248662_12455452.jpg
a0248662_1246457.jpg

a0248662_12462310.jpg

専用リーマーを使い両ケースを合わせラインリーミング。
しかしながらリーマーを通してもカムシャフトの動きが渋い。
リーマーは元開いている穴にならい穴を拡大していくものなので、BSAやトラのようにカムシャフトの軸受けの距離が長いものは多少の芯ずれでも左右のカムブッシュの芯が合いずらいです。

a0248662_12464336.jpg
a0248662_12465687.jpg
a0248662_124776.jpg
a0248662_124834100.jpg
a0248662_12484691.jpg

専用ラッピングロッドをつくり、コンパウンドを使いラッピング。


a0248662_1249890.jpg

カムシャフトをいれスルスルに。



a0248662_12493440.jpg


a0248662_12495343.jpg
a0248662_1250318.jpg

ここからはアイドラギアブッシュ。
こちらもブッシュ交換しシャフトの動きが渋い
リーマー真直ぐ案内冶具をつくりケース側とインナーカバーをあわせラインリーミング。
リーマーはアイアン用のものがピッタリさんでありました。



a0248662_12502317.jpg

a0248662_12503631.jpg

インナーカバーガスケットを付けスラスト量チェック。


a0248662_1250503.jpg
a0248662_1251154.jpg

a0248662_12512045.jpg

新ブッシュの鍔部分の厚みあがあり、スラストが無い。
鍔部分を研磨しスラスト量0.3mmに。


a0248662_12514151.jpg
a0248662_12515398.jpg

アイドラギアとカムギアを取り付け回りっぷりチェック。
一部渋い部分がありましたので、金属磨き粉をつけ少々すり合わせ。
クランクピニオンギアをつけ回りっぷりチェックし問題なしで、タイミングギア周りの作業O.Kです。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-04-20 13:19 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2017年 04月 19日

1968BSA A65 バルブシートカット&バルブスプリング



今日はTさんのBSA A65のヘッド周りのお話。
バルブガイド加工圧入済みでバルブシートカット&スプリング組み付け。


a0248662_7321889.jpg

a0248662_7324140.jpg

バルブガイド及びバルブはkibblewhite製新品に交換。
軽く擦り合わせた状態でベタあたり。
バルブフェース面が細く作られているA65のバルブではフェース面が全部あたっている状態。
バルブシートはほとんど減っていない状態で良好。


a0248662_7325847.jpg
a0248662_7332147.jpg
a0248662_7343735.jpg

バルブシートカット、擦り合わせをしバルブ傘面とシートのあたり幅1.5mm程度に。
60度面をメインにカットし30度面は整える程度に。
一部30度面カットに苦戦、同じシートカッターを使いつつも車種によって、やり方を変える必要があるな・・・などと考える。
無事、シートカット擦り合わせ終わり。


a0248662_7393739.jpg

灯油漏れチェックしO.K


a0248662_7385053.jpg

a0248662_814024.jpg

a0248662_739260.jpg

ヘッド面やマニホールド面など面研して、バルブを付けヘッドに熱をかけバルブの動きが渋くならないかチェック。



a0248662_7395798.jpg

ここからはバルブスプリングのお話。
バルブのスプリング長チェック。マニュアル値44.45mm
4本とも数値的の問題ないので交換せずそのまま使用。


a0248662_7402273.jpg
a0248662_7413553.jpg

a0248662_742066.jpg

インアースプリングだけ取り付け、アウタースプリングの取り付け長チェック。



a0248662_7421793.jpg
a0248662_872355.jpg

シム調整をしIN同士、EX同士のスプリング取り付け長を合わせる。
丁度ハーレー用のスプリングシムがピッタリであります。



a0248662_7425385.jpg
a0248662_743773.jpg

アウター・インナースプリングのスプリング圧をそれぞれ計測し、組み合わせを変え、4本のスプリング圧を均等にする。
またA65のバルブスプリング(アウター)はサージング防止プログレッシブになっています。
巻きが細かいほうが下にして組みます。

a0248662_7432324.jpg

というわけで組み付けバルブ周り完了。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-04-19 08:21 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2017年 04月 17日

土日の授業風景


1968 BSA A65


a0248662_644897.jpg
a0248662_6443071.jpg
a0248662_6445299.jpg
a0248662_645683.jpg
a0248662_645192.jpg
a0248662_6453988.jpg


TさんのBSA
ギアボックスのスプロケットを組み付け、クランクケースを仮組みし、フレームに一旦搭載。
クランクケースとフレームのマウントを確認し、クランク本組み。







1970XLH900

a0248662_646837.jpg
a0248662_6463889.jpg


Tさんのアイアンスポーツ
配線の引きなおしはしていませんが、手直しチェック。
オイルライン引き作業とカラーを製作しハンドル詰め作業。





1967TRUMPH TR6

a0248662_6474372.jpg

a0248662_648648.jpg
a0248662_6482681.jpg


新入生Oさんのトライアンフ
は車体周りの分解作業。ホイール周り分解、フォーク分解・清掃。



1971BSA A65

a0248662_6484592.jpg



TさんのBSA
そろそろ車検を通す段階なのですが、タペット音的なものが気になりタペット調整したものの、あまり変わらず・・。ロッカーカバーを外しエンジン始動すると音はなくなります。
ロッカーカバーとどこかが干渉してるようですが、見極めが難しい。もう少し考察します。






1951TRIUMPH T100

a0248662_649342.jpg

a0248662_6493090.jpg
a0248662_6495093.jpg
a0248662_6501592.jpg

a0248662_710147.jpg



Hさんのトライアンフ
はホイール周りの分解作業。
初めてやるハブクッションはなかなか難解な仕組みですね。
また、チェーンで削れていたフレームはトゥルークラッシックさんに出張いただき、溶接修正。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-04-17 07:11 | その他 | Comments(0)
2017年 04月 15日

金曜日なんやかんや製作物





1951 TRIUMPH T100



a0248662_830670.jpg
a0248662_8303756.jpg
a0248662_8305393.jpg
a0248662_831637.jpg

Hさんのトライアンフギアボックッス周りの製作もの
まずはヘリサート処理したドレンボルト製作。



a0248662_8324369.jpg
a0248662_8325747.jpg

レイシャフト1STギアのブッシュもぴったりに製作。


a0248662_8331331.jpg
a0248662_8333062.jpg
a0248662_8334280.jpg

a0248662_83499.jpg

a0248662_8342235.jpg

ハイギアブッシュ
まず段減りしていたメインシャフトの芯の確認し、ハイギア摺動部の研磨。
研磨したシャフトにあわせブッシュ製作。
長物のブッシュでしかもトラのブッシュは段付き加工がされていて、なかなか面倒です。
オイル溝加工もしO.K。



a0248662_8344493.jpg
a0248662_8345796.jpg

研磨し小さくなったハイギアブッシュの内径にあわせ、ラッピングロッド製作。





1968BSA A65



a0248662_8352964.jpg
a0248662_8354781.jpg
a0248662_836075.jpg


TさんのBSA
こちらもギアボックス・ヘリサート処理したドレンボト製作。


a0248662_8362527.jpg
a0248662_8364059.jpg
a0248662_837360.jpg
a0248662_8371657.jpg
a0248662_8372863.jpg

パーツが出なかったプランジャーのプラグボルトも製作。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-04-15 08:48 | その他 | Comments(0)
2017年 04月 13日

今週の授業風景


1927SUNBEAM MODEL9

a0248662_10381196.jpg
a0248662_10383087.jpg
a0248662_10384417.jpg
a0248662_1039899.jpg
a0248662_10392874.jpg
a0248662_10394972.jpg
a0248662_10402511.jpg
a0248662_10405178.jpg
a0248662_10412474.jpg
a0248662_10421124.jpg
a0248662_10423053.jpg
a0248662_10432063.jpg


北海道からお越しのOさんのサンビーム。
今回も5日連続の授業でありますが、5日間ほぼ旋盤講習です。
ガタがあったカムブッシュ交換のため、ブッシュ抜き取り・圧入工具を製作し抜き取り計測。
ブッシュも自ら製作。製作に面倒なカバー側EXの止まり穴の鍔付きブッシュも自ら製作。
旋盤にははまり購入予定のOさんであります。
5日間お疲れ様でした。









1951TRIUMPH T100

a0248662_1045169.jpg
a0248662_10454531.jpg
a0248662_1046572.jpg


Hさんのトライアンフ
車体周りの分解作業が終わり、フレーム分解・清掃・塗装準備。
清掃、錆取りを済ませると、溶接が必要な箇所が少々ありましたので修正後塗装となります。








WL ENGINE

a0248662_10462864.jpg
a0248662_10464379.jpg
a0248662_104751.jpg
a0248662_1047211.jpg

a0248662_10483914.jpg
a0248662_104907.jpg
a0248662_10491851.jpg
a0248662_1049468.jpg

a0248662_10505451.jpg


MさんのWLはマグネトーOH
上下ベアリング交換し組み付け。ベアリングと軸にガタなく良好。
ローターは交換せずそのまま使用で組み付け火花チェック。問題なく良好。
ローター軸のブッシュは単品製作し取り付け。でマグネトーO.K。






1964XLCH900

a0248662_1052751.jpg

a0248662_1053775.jpg

a0248662_10522452.jpg
a0248662_10533421.jpg
a0248662_10535454.jpg


S君のイアンスポーツ
クランクの芯だし。なかなか性格の良いクランクで順調に芯だし終了。
少々問題のあるフロントブレーキ周りを調整。
付いていなかった、ブレーキカムワッシャー単品製作し、ブレーキケーブルを交換し、張り替えたブレーキライニングの擦り合わせ。






1967TRUMPH TR6


a0248662_10542687.jpg
a0248662_10553551.jpg
a0248662_10555222.jpg
a0248662_10561851.jpg
a0248662_10565170.jpg
a0248662_10571358.jpg
a0248662_10573143.jpg
a0248662_10581183.jpg


新入生のOさんのトライアンフ
授業一発目の分解作業、エンジン腰上分解後、腰下を降ろし、スペースの問題からまず車体周りから分解していきました。
なんやかんやカスタムされている車両で、この車両も色々とドラマがありそうです。






1947FL1200

a0248662_10595547.jpg


Iさんのナックルヘッド。
フレームの状態が悪く、修正屋さんに持ち込み中でありますが、エンジンとの合わせが必要な為、エンジンも修正屋さんにドナドナ。







1979TRIUMPH T140E

a0248662_1103033.jpg
a0248662_1105752.jpg
a0248662_1112217.jpg
a0248662_1114146.jpg
a0248662_112239.jpg


D君持込のトラアンフエンジン
カムブッシュ単品製作後、オイル穴位置を出し穴加工しブッシュ圧入。
両ケース合わせブッシュをラインを通しラッピング作業。
ガタなくスルスルになりました。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-04-13 11:41 | その他 | Comments(0)