Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 10日

1976FXE1200 コンロッド

今日はHさんのショベルヘッド・コンロッドまわりのお話。


a0248662_9112457.jpg
a0248662_911362.jpg
a0248662_9115341.jpg
a0248662_912373.jpg

ローラーの磨耗もあり、0.07mm~0.08mm程度ガタがあったビッグエンド部
ベアリングレースも0.01mm~0.02mm楕円になっていましたのでラッピングし真円に。
真円になったベアリングレースにあわせベアリングローラーサイズ調整、フロント側.0008o.sローラー、リア側.0002o.sローラーを入れフロント側クリアランス0.02mm、リア側クリアランス0.03mmに。
仮組みしてコンロッドのガタチェック。
スモールエンド部の振れでフロント側0.5mm、リア側0.3mmに。

a0248662_9122789.jpg

ついでにコンロッドのスラストチェック。
規定トルクで締め付け0.6mm程度と少々多めでありますが、本組みしていきクランクの芯が出てくると少なくなっていく傾向がありますんで一旦このままで行って見ます。

a0248662_9124662.jpg
a0248662_913054.jpg
a0248662_9131249.jpg
a0248662_913252.jpg

こちらも0.07mm程度方ガタがあったスモールエンドブッシュも交換。
スモールエンドブッシュの圧入嵌め代は多めでありますので、圧入時にブッシュの剥がれが起きないように、コンロッド側にしっかり“案内”としてC面加工しておきます。
オイル穴あわせ圧入し専用リーマーで内径拡大。
ホーニングし仕上げて、ピストンピンに対しクリアランス0.02mmに。

というわけでコンロッド周りの作業終わりであります。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2018-01-10 09:28 | 1976FXE1200 | Comments(0)
2018年 01月 09日

月曜日の授業風景

1979FXS1200

a0248662_825853.jpg
a0248662_83975.jpg

a0248662_842943.jpg

a0248662_832632.jpg
a0248662_834481.jpg
a0248662_844168.jpg
a0248662_85644.jpg
a0248662_852273.jpg
a0248662_853420.jpg
a0248662_854967.jpg


S君のショベルヘッドはトランスミッション、キック周り。
減っているメインシャフトにあわせ単品製作したラチェットギアブッシュはギアに圧入しホーニングクリアランス調整し組み付け。
また、カバー側が少々変形していたキックシャフトブッシュも同じくブッシュ単品製作し圧入。
ラッピング・ホーニングしクリアランス調整し組み付け。
というわけでミッションの組みつけ作業終了。
作業は車体周りへ、ネックベアリングを交換し取り付け。











1976FXE1200

a0248662_861413.jpg
a0248662_863531.jpg
a0248662_865683.jpg
a0248662_87225.jpg


Hさんのショベルヘッド
バルブスプリングの取り付け長チェックは終わり、ヘッド本組み。
ロッカーのスラスト調整も終わり、トルク管理しヘッドとロッカードッキング。












1946WR750

a0248662_88285.jpg
a0248662_881754.jpg
a0248662_882955.jpg
a0248662_884195.jpg
a0248662_885127.jpg

a0248662_8441755.jpg

a0248662_892786.jpg


MさんのWR
フェンダーの穴位置を変えピリオンパッド位置変更、テールランプ配線穴あけ。
オイルタンクのステーを製作したのでタンク組み付け。
ハンドルにキルスイッチ取り付け、またケーブル類も新品に交換。ケーブルマウント取り付け。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2018-01-09 08:24 | その他 | Comments(0)
2018年 01月 08日

あけましておめでとうございます。

いよいよ2018年が始まりましたね。
私事でありますが昨年は、住居・店舗の移転や息子の誕生などバタバタと忙しいながら嬉しいことがあった年でありました。
今年は工作機械も増やし、より一層作業の出来る幅を増やしていこうと考えています。
今年もよろしくお願いします。

というわけで、日曜日の授業風景です。





1948WL750

a0248662_352287.jpg

a0248662_353554.jpg

a0248662_314033.jpg
a0248662_315563.jpg
a0248662_32718.jpg
a0248662_32263.jpg
a0248662_324757.jpg


MさんのWL
T/Mスプロケットは新品に交換、トルク管理し取り付け。
クラッチハブもトルク管理し取り付け、ハブベアリングはノーマルのボールベアリングを一旦取り付けたものの、ガタが多いので、ビッグローラーを取り付けてガタ問題なし。
歪んでいたフリクッションディスクは交換し、クラッチ取り付けスプリング調整。









1968 BSA A65

a0248662_362387.jpg
a0248662_363321.jpg
a0248662_365340.jpg
a0248662_37183.jpg


Nさんは最近手に入れたホンダCS90の計測作業と螺子修正、クラッチ周りの点検をしつつ、BSAさんの点火時期調整。






1985FXEF1340


a0248662_384733.jpg
a0248662_3904.jpg
a0248662_391342.jpg


Tさんの4速エボはI君にお手伝い頂き外装のカスタム作業。





1951 TRIUMPH T100

a0248662_3114142.jpg
a0248662_3115312.jpg
a0248662_312949.jpg


トライアンフのHさんは塗装作業。







1976FXE1200

a0248662_316303.jpg
a0248662_3164386.jpg
a0248662_3165328.jpg
a0248662_317571.jpg
a0248662_317164.jpg
a0248662_317342.jpg


Hさんのショベルヘッド
バルブシートカット・擦り合わせが終わり、バルブスプリング仮組みして取り付け長チェック。
取り付け長でのスプリング圧計測。









1971 BSA A65

a0248662_3193280.jpg


先日卒業したTさんは50Km走行後、2回目のオイル交換。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2018-01-08 04:24 | その他 | Comments(0)
2017年 12月 28日

月・火・水曜日の授業風景

1976WR750

a0248662_10412176.jpg
a0248662_10413066.jpg
a0248662_10415060.jpg

a0248662_1042357.jpg

a0248662_10421313.jpg


MさんのWR
オイルタンクマウント位置が悪く、現状の取り付けステーでは取り付け、取り出しが非常に大変でしたので、マウント位置変更、取り付けマウントステー製作。












1940WL750

a0248662_10462677.jpg

a0248662_10463992.jpg

a0248662_10491987.jpg

a0248662_10465149.jpg


I君のWL
タイミングギア周り、T/M周りのブッシュをひたすら単品製作。
100分台の精度を必要とするブッシュの単品製作は旋盤の勉強になります。








1976FXE1200

a0248662_10531676.jpg
a0248662_10533365.jpg

a0248662_10541930.jpg
a0248662_10543366.jpg
a0248662_10544440.jpg
a0248662_105563.jpg
a0248662_10554466.jpg
a0248662_1056750.jpg
a0248662_10562590.jpg
a0248662_10564127.jpg


Hさんのショベルヘッド
トランスミッションの本組みを終わらせ、ヘッド周りの作業。
外径、内径加工済みのバルブガイドを圧入し100分の1刻みリーマーで内径加工。
シートカット擦り合わせして、シートあたり幅、あたり位置調整。
灯油漏れチェック。










1979FXS1200

a0248662_1102510.jpg

a0248662_1113086.jpg

a0248662_1104072.jpg

a0248662_1114552.jpg
a0248662_112676.jpg
a0248662_1122633.jpg
a0248662_1123992.jpg

a0248662_11134998.jpg

a0248662_113166.jpg


Sくんのショベルヘッドはミッション組み付け。
カウンター周りのスラストは調整済み。
メインドライブギアのスラストチェックし取り付け。シールはサンダンスさんのものを使います。
メインシャフトベアリングのリテーナープレートは曲がっていましたので修正し取り付け。、
メインシャフトを取り付け回りっぷりチェックし問題なし。
カウンターシャフトを取り付け、シフター周り取り付け。
ケージ利用し、シフター位置チェック。ドラム式のシフターと違い、カムプレートタイプのものはゲージが無くても問題ないですね・・・。
ロータリートップを仮組みしそれぞれドッグギアの入りっぷりチェックしシフターフォークのシムでフォーク位置調整。














1940 INDIAN SCOUT



a0248662_11201480.jpg
a0248662_11202814.jpg
a0248662_1120481.jpg
a0248662_11211361.jpg


Mさんのインディアンは外装周りの作業
リアホイール取り外し、穴あけ加工しシート・ピリオン取り付け。
ハンドル交換に伴い、インディアンバーチカルモデルのフロントフォークトップナット位置につけるハンドルライザーをとめようとするもフォーク螺子側が駄目そう。
次回、このフロントフォークを考察する必要がありそうだ。












1973XLCH1000

a0248662_11341422.jpg
a0248662_11343590.jpg


Kさんのアイアンスポーツ
フレーム塗装のためフレーム剥離。スイングアームベアリング左側ベアリングレースロックリングが固着し苦労、破壊し取り外し。












1985FXEF1340

a0248662_11392525.jpg
a0248662_11394431.jpg
a0248662_1140835.jpg


Tさんの4速エボは外装周りの作業
フラットフェンダー取り付けに伴い、マウントステー製作。
私は溶接作業をやりませんので、在校生I君にお手伝いいただき、なんやかんやと。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-12-28 11:45 | その他 | Comments(0)
2017年 12月 26日

1976FXE1200 トランスミッション その2

a0248662_094195.jpg
a0248662_095451.jpg
a0248662_01086.jpg
a0248662_0101937.jpg

今日はHさんのショベルヘッド、トランスミッション組み立てのお話の続き。
メインドライブギアブッシュの摺動部が0.06mmも段減りしていたメインシャフトはアンドリュース製のものに交換。
で新品シャフトとメインドライブギアブッシュのクリアランスを計測すると0.08mmのクリアランス。マニュアルでの上限値ですがブッシュ交換しておきます。
JIMS製のメインドライブギアブッシュ、内径が0.1mm近く小さめに作られていて、そのまま圧入してリーマー加工となると非常に大変なので、予め内径拡大をしておき、ラッピング・ホーニングしてクリアランス調整。


a0248662_0104514.jpg

a0248662_0112770.jpg

メインドライブギアベアリングレースはほとんど減っていないので、そのまま使用。
レース内径47.77mm・メインドライブ径41.39mm・STDローラー径3.165mm
STDローラー(3.165mm)を使いクリアランス0.05mm
スプロケット・スペーサーを仮組みしてスラストチェック。
0.3mmのスラスト量で基準内。

a0248662_012430.jpg
a0248662_012172.jpg

メインシャフト仮組みして、クルクルチェックし問題なし。
メインシャフトベアリングのリテーニングプレートは曲がっていましたのでプレスで押し、少々面研磨しまっすぐにして取り付け。
クラッチのプレッシャーいよりメインシャフトが押されプレートは曲がってしまうことがあります。


a0248662_0124243.jpg
a0248662_013143.jpg
a0248662_013171.jpg

調整済みのカウンターシャフトを取り付け、オイルシール取り付け。

a0248662_0144625.jpg

a0248662_0141778.jpg
a0248662_0142949.jpg

弓なり状で取り付けられるパウルキャリアスプリングは折れていましたので交換し、凹部分をあわせシフト位置を合わせシフター周り組みつけ。

a0248662_0145797.jpg

a0248662_0151063.jpg

a0248662_0152296.jpg
a0248662_0153231.jpg

a0248662_0564158.jpg

錆付いていたメイン側シフターフォークは新品に交換。
冶具を使いドッグギア位置調整。
専用冶具はニュートラルポジションでのドッグギアに位置調整しかできませんので、一工夫して1速~4速それぞれのドッグギア位置確認。
一部位置が悪かったのでシフターフォークの位置をシム調整。


a0248662_016758.jpg

a0248662_0185858.jpg

a0248662_0164760.jpg
a0248662_0171914.jpg

キックラチェットギアブッシュも新たなシャフトにあわせ製作。
圧入後、ホーニングしクリアランス調整。


a0248662_0191462.jpg
a0248662_0192625.jpg
a0248662_0195762.jpg
a0248662_0194540.jpg

a0248662_0225263.jpg
a0248662_023475.jpg


キックシャフトブッシュもシャフトに対し0.15mmと大分ガタになっていましたのでブッシュ交換。少々減っているキックシャフトにあわせ単品製作。
カバーに圧入しラッピング&ホーニングしクリアランス調整し組み付け。
スローアウトベアリングも崩壊寸前という感じでレースがやられていましたので新品に交換し取り付け。


a0248662_023512.jpg
a0248662_024644.jpg


というわけで組み付け、トランスミッション完成です。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-12-26 01:05 | 1976FXE1200 | Comments(0)