Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2017年 11月 29日

月・火曜日の授業風景

a0248662_82068.jpg




1951 TRIUMPH T100

a0248662_7505698.jpg
a0248662_751938.jpg
a0248662_7512040.jpg
a0248662_7513342.jpg
a0248662_861966.jpg
a0248662_86333.jpg
a0248662_864418.jpg
a0248662_865478.jpg


Hさんのトライアンフは車体周りの組み付け作業
ネックベアリングレースは問題なく、バラ球ベアリングを交換し、三又取り付け。
組み付け済みのフロントフォーク組みつけ。組み付け前にフォークオイル注入。ナセルフロントフォークの小さなオイル注入口からオイルが入るか確認。
ナセルカバーを通しておき、フォークを差込取り付け。
ハンドルを取り付け、ナセルトップユニット取り付け。







1979FXS1200

a0248662_8122494.jpg
a0248662_8123437.jpg
a0248662_8125374.jpg
a0248662_813442.jpg
a0248662_8131677.jpg
a0248662_8132814.jpg
a0248662_8133850.jpg
a0248662_8135292.jpg
a0248662_81533.jpg


Sくんのショベルヘッド
バルブスプリング取り付け時のスプリング圧確認後、ヘッドを暖め、バルブステムとバルブガイドの動きチェック。
ロッカー周りの作業へ。
ガタが多かったロッカーアームブッシュは交換。
前加工済みのロッカーアームブッシュ圧入後、リーマー加工、ラッピング加工、ホーニング加工を済ませ、仮組みスラストチェック。







1946WR750

a0248662_8203654.jpg
a0248662_8204716.jpg
a0248662_8205759.jpg
a0248662_821629.jpg


MさんのWR
手に入れたKRのヘッドは酷いクラック。
溶接処理するため、クラックが無くなるまでリューターで削り作業。
無事復活すればよいのだが・・・








1940WL750

a0248662_8281778.jpg
a0248662_8283252.jpg
a0248662_8284314.jpg
a0248662_8285557.jpg
a0248662_829663.jpg
a0248662_8292288.jpg
a0248662_8293687.jpg
a0248662_8294761.jpg
a0248662_829595.jpg

a0248662_8301142.jpg
a0248662_8303296.jpg
a0248662_8304255.jpg
a0248662_8305441.jpg

a0248662_8311365.jpg
a0248662_8312495.jpg
a0248662_831475.jpg
a0248662_832199.jpg
a0248662_8321233.jpg


I君のWLはまずクランクケース周り。
ねじ山がナメていたタイミングホールはヘリサート処理。
ガタが多かったクランクケース側のカムブッシュはすべて抜き取り。
自分でブッシュ製作するので念入りに計測作業。
クランク軸受けピニオンシャフトベアリングレース・スプロケトシャフトベアリングレースラッピング。
芯ずれも無く問題なし。
フィード側・リターン側ともにオイルポンプ経路考察。
WLのフィード側の経路は低・中速時の油圧コントロールもあり、なかなか複雑です。
ダイノモも分解し、仕組み理解。
フィールドコイルの抵抗チェック、ブラシ幅確認、コミュテーター研磨・溝カーボン除去し組み付け、モータリングチェックし問題なし。
このあたりの発電、カットアウト・レギュレートの仕組みをわかってしまえば、電気周りの怖さはなくなります。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-29 09:13 | その他 | Comments(0)
2017年 11月 28日

日曜日・月曜日の授業風景

1980FXWG 1340

a0248662_91976.jpg
a0248662_912691.jpg


卒業生Mさんのワイドグライド。
以前に転倒、故障しましたが自ら治し、無事VMSに到着。
オイル交換・タイヤ交換など軽整備。





1973 TRIUMPH TR7RV

a0248662_904130.jpg

a0248662_925984.jpg
a0248662_931182.jpg
a0248662_932824.jpg
a0248662_935185.jpg
a0248662_94626.jpg


Yさんのトライアンフはギアボックス周り
1速にギアチャンジ時に移動した1STギアがストッパーであるサークリップに干渉し、レイシャフトを動かしギアチェンジを困難にする問題がありました。
ライトサイド・レフトサイドのレイシャフトスラストワッシャーの厚みを変え、レイシャフト位置を動かし1STギアとサークリップが干渉しない位置にします。
というわけで、スラストワッシャー製作。仮組みし問題なかったので、オイル溝を作り取り付け。
悩んだ時間もあり、このギアボックスには苦戦しました・・・。






a0248662_945220.jpg
a0248662_95683.jpg
a0248662_951756.jpg


a0248662_9215730.jpg



日曜日はトリニティー卒業生が偶然集まり同窓会的な感じに。
私は初のお目見えTさんのインディアン600スカウト。
生で見ると本当にコンパクトで、英車好きの卒業生が見ても造形美に納得。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-28 09:35 | その他 | Comments(0)
2017年 11月 26日

土曜日の授業風景

1980XLH1000

a0248662_96447.jpg
a0248662_953280.jpg
a0248662_954466.jpg
a0248662_962077.jpg
a0248662_963315.jpg
a0248662_964470.jpg


Iさんのアイアンスポーツは配線作業大詰め。
ショベル用の電子タコメーター取り付けで配線引き、マウント用のカラー製作。
ヘッドライト周りの配線もまとまり、配線作業終了です。









1951TRIUMPH T100

a0248662_97831.jpg
a0248662_971848.jpg


トライアンフのHさんはローリングシャシー化を目指し、一日塗装作業。









1985FXEF1340

a0248662_982533.jpg
a0248662_984813.jpg
a0248662_992353.jpg
a0248662_993896.jpg
a0248662_994921.jpg
a0248662_91047.jpg
a0248662_9101640.jpg
a0248662_9103845.jpg


Tさんの4速エボはフロントフォーク周りで2転3転。
状態の悪いパウコ製のスプリンガーをやめ、エボ・ソフテイル用の純正スプリンガー持込。
ロッカー周りが随分強靭になっていて、軸受けはピロボールに。またリアリジットフォーク側の軸受け部はコンロッドのフォーク側のように2連に枝分かれし、スラスト調整出来るようになっています。
このフォークを取り付けるため、なんやかんや煮詰めていきます。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-26 09:29 | その他 | Comments(0)
2017年 11月 25日

1979FXS1200 バルブガイド

今日はS君のショベルヘッドのヘッド周りのお話。
バルブガイド交換です。


a0248662_8364967.jpg

a0248662_8371037.jpg
a0248662_8372490.jpg

純正鋳鉄ガイドが入っていましてそれなりにガタがきていましたのでガイド抜き取り。
他の3本は良かったのですが、リアEXガイドは抜き取り時にカーボンが噛み込み深めの傷が・・・。カーボン徹底除去したはずなのですが・・・取りきれないところに噛み込んでいたのかも知れません。
バルブガイドを圧入するガイドホールに傷があると、そこからオイルが侵入する可能性がありますので、シートに対し垂直にリーマーを通す冶具を使いアジャスタブルリーマーを使い内径拡大。
4本それぞれ計測しバルブガイドのオーバーサイズ径選定。


a0248662_8374232.jpg
a0248662_8375799.jpg
a0248662_83873.jpg
a0248662_8384612.jpg


使うバルブガイドKIBBLKEWHITH製のアルミ青銅ガイド。
このガイド持ちは以上に良いと思いますが、粘り硬く加工が非常に面倒です。
まずは内径加工。専用の生爪に加え旋盤でリーマー加工。0.01mm単位でリーマーを大きくしていき、使うバルブステム径+クリアランス分の大きさにします。
インテーク側はおまじない的にガイドの頭をテーパー加工しIN側のオイル下がり防止。


a0248662_8385914.jpg
a0248662_839983.jpg
a0248662_8392136.jpg

ヘッド側ガイドホールにあわせバルブガイドの外径加工。
4本それぞれ大きめのガイドを外径研磨し適正圧入代サイズになるように加工。
また、圧入の距離(ガイドの圧入部の長さ)もそれぞれのガイドホールに合わせ調整。



a0248662_8395897.jpg
a0248662_8402650.jpg
a0248662_8405713.jpg
a0248662_8411594.jpg

ヘッドをよく暖め、垂直冶具を使いガイド圧入。
ガイド圧入後、嵌め代分縮んだ内径を仕上げのリーマー加工。こちらも0.01mm単位で拡大していいきます。
これでガイドの加工作業はほぼ終わり。シートカットが終わったれホーニングし仕上げです。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-25 09:02 | 1979FXS1200 | Comments(0)
2017年 11月 23日

火曜日・水曜日の授業風景

1947FL1200

a0248662_311412.jpg

a0248662_312420.jpg

a0248662_315225.jpg
a0248662_321478.jpg

a0248662_371944.jpg
a0248662_373913.jpg


Iさんのナックルヘッドはプライマリー周り組み立て。
プライマリーチェーン張り調整後、クラッチの切れっぷり調整。
クラッチカバースクリューの雌ねじがクラッチのプレッシャープレートと干渉していたようで、ねじ穴が無くなっていたので、ナット溶接。プレッシャープレートと干渉しないかチェック。
またクラッチプレートのボルトの長さ調整。
NO.8のボルトがついていたプライマリカバーはNO.10のスクリューに交換し取り付け。
プライマリー周りO.Kです。






1946WR750

a0248662_382430.jpg
a0248662_384041.jpg
a0248662_385036.jpg
a0248662_385849.jpg


MさんのWR
ガスタンクの花咲Gを終わらせ、フォークのトップツリー、ライザー。
マグネトーキルスイッチをつけるためハンドルにねじ穴を開け、配線、ケーブル中通ししハンドル取り付け。









1940WL750

a0248662_2542745.jpg
a0248662_2552578.jpg

a0248662_2554198.jpg

a0248662_2555149.jpg

a0248662_2561894.jpg
a0248662_2563160.jpg

a0248662_2564542.jpg
a0248662_2565419.jpg

a0248662_2574274.jpg

a0248662_2575559.jpg


I君のWLはタイミングギア周りの計測。
ピニオンシャフトベアリングは状態良しだが、カムブッシュ・ピニオンブッシュはガバ目
バルブシートが削れタペットを随分削っていたEX側のカムはフロント・リアともに随分とやられている。
同じくタペットローラーもEX側があまり見られないやられかたをしています。
タペットガイドのガタもそれなりにありますので、オーバーサイズにする必要がありそうです。
これでエンジン周りの計測作業は終わりで、問題点が見えてきました。
I君は東京ライフを円滑に進めるべく足バイクのFTRを手に入れ、しっかり整備をしています。










1973XLCH1000

a0248662_228239.jpg
a0248662_2281483.jpg
a0248662_2291353.jpg
a0248662_2294414.jpg
a0248662_2295435.jpg
a0248662_2301248.jpg
a0248662_2302012.jpg
a0248662_2303774.jpg
a0248662_2304655.jpg
a0248662_231225.jpg
a0248662_231193.jpg


Kさんのアイアンスポーツ
73年のアイアンはこの年式だけFブレーキがバナナキャリパー。大きなキャリパーなためガタが出やすいフォークとのマウント部のガタチェックし問題なし。
随分削れていたパッドピン交換、オイルシール交換し仮組み。
またフロントフォークシール周り交換。
よくやられている、フェンダーマウント部のネジ穴はしっかり無くなっていましたのでヘリサート加工。
ベアリングレース部が錆びていたネックカップは抜き取り。錆で固着していましたが計測し問題なし。テーパーベアリングにコンバートします。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-23 03:51 | その他 | Comments(0)
2017年 11月 20日

月曜日の授業風景

1979FXS1200

a0248662_22142163.jpg

a0248662_22145295.jpg
a0248662_221533.jpg

a0248662_22151755.jpg

a0248662_22152752.jpg

a0248662_2216674.jpg

a0248662_22162576.jpg

a0248662_22164535.jpg

a0248662_2217069.jpg


S君のショベルヘッドはヘッド周りの加工。
バルブガイド圧入、リーマー加工を終わらせ、シートカット&擦り合わせ。
放置期間が長かった車両なのか、IN・EXともに虫食いが多めでありました。
45度面のをカットし虫食いを無くした状態で、30度面・60度面カットしシートのとバルブ傘面のアタリ幅をIN側は1.3mm、EX側は1.5mmに。
擦り合わせをして灯油漏れチェックし問題なし。
インナーバルブスプリングを仮組みして、アウタースプリングの取り付け長計測。
一部バルブスプリングの取り付け長を合わすためシム調整。






1940WL750

a0248662_2262188.jpg
a0248662_2263598.jpg
a0248662_2265598.jpg
a0248662_227765.jpg
a0248662_2271717.jpg
a0248662_2273046.jpg
a0248662_227451.jpg
a0248662_228195.jpg


I君のWL
分解前のコンロッドスモールエンド部の振れはフロント側(ナイフコンロッド側)は2.7mmリア側(フォークコンロッド側)は1.2mmこれはビッグエンド側では0.06mm~0.08mmのクリアランスと思われる。
というわけで、クランク分解していいきます。
まずはリターン側オイルポンプ分解。ボディー一部内壁に虫食いあり。
ケースを割り、クランク分解前に一応クランクシャフトの振れチェック。ドライブ側シャフト0.08mm、タイミング側0.04mmフライホイールが開く方向に振れています。
クランク分解しコンロッド回り計測。
コンロッドフロント側はクリアランス0.05mm~0.06mmリア側は0.06mm~0.07mm。
レースラッピングし.002”o.sのベアリングで行けそうです。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-20 22:48 | その他 | Comments(0)
2017年 11月 19日

日曜日の授業風景

1980XLH1000

a0248662_22252267.jpg

a0248662_22253138.jpg

a0248662_22375021.jpg

a0248662_22254116.jpg


Iさんのアイアンスポーツ
フルトラが付いていたサーキットブレーカー周りは機械式ポイント点火に変更取り付け。
スターター周りのケーブルは長さを合わせ製作・取り付け。
スピード・タコ周りの配線を終わらせたら、配線作業終わりです。







1985FXEF1340

a0248662_22274618.jpg
a0248662_2228186.jpg
a0248662_22281558.jpg

a0248662_22283067.jpg

a0248662_22284385.jpg


Tさんの4速エボ
パウコ製のスプリンガーを取り付けるべくなんやかんや。
リジットフォークに圧入されたいるはずのステムシャフトは手スポでイモネジで固定されている。
またトップツリーとステムの位置が合わず、ステム位置の帳尻合わせをして、リジットフォークにステムをロウ付けする必要があります。
ロッカーアームブッシュはナイロン的ブッシュであり、スタッドと溶けるように一体化しているものもありで、ブッシュは単品製作します。
ともあれ、パウコ製のスプリンガーは作りが良くないです・・・。







1974XLH1000

a0248662_2235149.jpg

a0248662_22352730.jpg

a0248662_22353747.jpg

a0248662_22355785.jpg


K君のアイアンスポーツ
カウンター1STギアのシム調整、カウンターシャフトのスラスト調整も終わり、メインシャフト側に。
メインシャフトスプロケット側のベアリングローラーは一個足りなかった(23個入り)ためSTDサイズローラーを新たに入れ、レース径は問題なしでクリアランスは0.04mm。
クラッチギア側のベアリングも交換。
メイン側もスラストチェックし問題なし。
T/M本組みでプライマリー周り本組み。ここでVMSでの作業はこれで終わり。








a0248662_22192588.jpg
a0248662_22193559.jpg


花咲G投入のため珍しく日曜日に登場のMさん。
寒い中お外でジャブジャブ。





a0248662_2219518.jpg
a0248662_22201517.jpg
a0248662_22202740.jpg
a0248662_22204594.jpg


卒業生F君はスターハブのスラストが大分大きくなったとのことでタイヤ持込。
原因はラージベアリング側のリテーニングリングが磨耗しスタッパー部分が大きくなり、スラスト量が増えたようです。リテーニングリング交換し新たにスラスト量調整し組み付け。













レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-19 23:33 | その他 | Comments(0)
2017年 11月 18日

土曜日の授業風景

1968 BSA A65

a0248662_22195466.jpg
a0248662_2220414.jpg
a0248662_22201747.jpg

a0248662_22202977.jpg
a0248662_22204213.jpg


NさんのBSA
サイドカバーのマウント問題も一段落し配線作業へ。
ハイテンションコードは長さを合わせ製作。
また、エレクトリックレギュレーター・ペイゾンのフルトライグニッションを使うため、モジュールとレギュレーターのマウントステー製作。
A65は思いのほか置けるスペースが少ないですね。










1978TRIUMPH T140E

a0248662_22132896.jpg
a0248662_22133971.jpg

a0248662_22135122.jpg
a0248662_22141471.jpg

a0248662_22143568.jpg
a0248662_22145329.jpg

a0248662_2215155.jpg
a0248662_2215253.jpg


Tさんのトライアンフ
まずは清掃作業・化粧直しが終わった、リアブレーキ周り取り付け。
トラのリマブレーキマステー周りはなかなか取り付けが面倒。エンジンマウントステーとリアペダルシャフトとマスターシリンダーが共止め的になっています。
リア周り取り付け、フロントブレーキのブレーキホースを長さを合わせ製作。
エア抜きをしフロントブレーキ周り終わり。






1984FXS1340

a0248662_2244494.jpg
a0248662_2245563.jpg
a0248662_225641.jpg
a0248662_2251832.jpg
a0248662_2253256.jpg
a0248662_2254443.jpg
a0248662_2255587.jpg
a0248662_226473.jpg
a0248662_2262130.jpg
a0248662_226301.jpg
a0248662_2264577.jpg
a0248662_2265432.jpg


Sさんのショベルヘッド
フロントブレーキローターとキャリパーマウントの干渉問題も問題なく、OH済みのキャリパー取り付け。
ハンドルを交換したので、長くなったハンドルに合わせブレーキホース製作。オリーブの取り付けが少々面倒。エア抜きをしてFブレーキO.K
スロットルケーブルも長くなったハンドルに合わせ製作。
スロットル側のアジャスターは元々ついていたものを分解し使います。
まずはアウターケーブルの長さを決め、インナーケーブルの長さを仮組みをしてあわせます。
太鼓を板金半田で取り付け完成。
ブレーキホース・スロットルケーブルともに長さを合わせ気持ちが良いです。

by sgf1906 | 2017-11-18 22:45 | その他 | Comments(0)
2017年 11月 16日

火・水曜日の授業風景


1946WR750

a0248662_283464.jpg
a0248662_285549.jpg



MさんのWR
清掃作業が終わったオイルタンクを取り付け。帳尻合わせ的についていたオイルタンクは取り付けに苦労しつつ、シートマウント、Rチェーンガード、Rフェンダー取り付け。
次回は新たに取り付けたサイクルスタンドのマウントを製作しなければ。










1976FXE1200

a0248662_292499.jpg
a0248662_293550.jpg
a0248662_295060.jpg

a0248662_2132368.jpg
a0248662_213359.jpg
a0248662_2134467.jpg
a0248662_2135596.jpg
a0248662_214870.jpg
a0248662_2141951.jpg


Hさんのショベルヘッド
エンジン分解・計測作業が終わりトランスミッションの分解作業へ。
メインシャフトはメインドライブギア摺動部、キックラチェットギア摺動部ともに段減りしています。特にハイギア側は0.06mmも段べりしているためメインシャフト交換します。
アンドリュース製に変えられていたメインドライブギアブッシュとクラッチギアブッシュは新たに使うシャフトに合わせブッシュ調整。
カウンターシャフト側もカウンターシャフトのベアリング軸受け部、カウンターシャフトギア(3rd/4thギア)のベアリング軸受け部は虫食いがあり、残念ながら交換。
メインドライブギアベアリングレース・シフター周りは問題なし。
キックシャフトの減りっぷりは問題ないものの、ブッシュは随分減っていますので交換します。
ミッション周りの計測作業は終わり、簡単な螺子講義後螺子修正作業へ。











1940WL750


a0248662_2143919.jpg
a0248662_2145016.jpg
a0248662_2151198.jpg

a0248662_215258.jpg

a0248662_217425.jpg

a0248662_2183111.jpg
a0248662_2184685.jpg
a0248662_21985.jpg
a0248662_2191939.jpg


a0248662_2194756.jpg
a0248662_220189.jpg

a0248662_2201976.jpg




熊本のI君は火曜日から授業開始。
この車両はI君が現地アメリカで買いつけそのままアメリカ横断、いや往復した車両であります。
男の子なら一度は夢見る大冒険でありますが、私には出来ません・・・。
大陸を1600Km以上走った車両の中身はいかに。
走行中どんどんバルブシートが減り圧縮がなくなったというバルブ回り、F・EXは随分シートが沈みタペットアジャスアー部がなくなっています。
一応現状の圧縮比を測ってみる。バルブが下がっているF側は圧縮比3.8対1と大分やられていますね。
またヘッドマウントは3/8”スタッドがついています。
今までうちでやってきたアルミヘッドのヘッドボルトは7/16”、3/8”のスタッドは鉄ヘッド用のもののようです。で鉄シリンダーに鉄のスタッドボルトで固着したスタッドを抜き取るのに苦労しました。
シリンダー抜きとりピストン・シリンダー計測0.3mm以上のガタにI君も一瞬混乱、バルブガイドとステムのガタもEX側最大値で0.4mm以上となかなかのものです。
一番問題のバルブシートに減り。
WLバルブ突き出し量のちゃんとしたデータ持ってませんので正解がわかりませんが、現状での突き出し量を見てみると、数値が小さいところと比べ、シートが減っているF・EXは4mm以上下がっています・・・。もちろんバルブシート打ち変えが必要ですが、突き出し量を考える必要があります。
タイミングギア周り分解。タペットローラーもなかなか見ない減り方で、色々とドラマがありそうです。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-16 11:55 | その他 | Comments(0)
2017年 11月 14日

月曜日の授業風景

1937EL1000

a0248662_8294283.jpg

a0248662_8301310.jpg

a0248662_8303038.jpg
a0248662_831335.jpg
a0248662_8312527.jpg
a0248662_8315297.jpg


1939ELオープンロッカー化は一段落し、1937ELを進めて行きます。
30年代のフレームさんのネック周りを計測し、ネックカップ外輪切削加工しフレームにネックカップ圧入。
途中で止まっていたギアボックスの組み立て開始。










1979FXS1200

a0248662_832917.jpg
a0248662_832279.jpg

a0248662_833060.jpg


S君は1964XLCHのスプロケットシールをサンダンスの良品シールに交換。
その後引き続き1979年ショベルのショベルシートカット。










1976FXE1200

a0248662_833208.jpg

a0248662_8333714.jpg

a0248662_834671.jpg
a0248662_8342512.jpg


Hさんのショベルヘッド。
クランク分解前に現状の芯の振れっぷりチェック。振れっぷりは0.05mm~0.08mm
ピニオンシャフトベアリング軸受け部は残念ながら虫食い有り。
コンロッドビッグエンドベアリング・スモールエンドブッシュ。
ピニオンシャフトベアリング・ピニオンシャフトブッシュ、カムブッシュと計測。
清掃作業し、エンジン回りの分解・計測作業終わり。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-14 08:48 | その他 | Comments(0)