Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2017年 05月 18日

水曜日の授業風景


1979TRIUMPH T140E

a0248662_9551210.jpg

a0248662_955492.jpg
a0248662_95631.jpg

a0248662_9562969.jpg
a0248662_9565727.jpg

a0248662_957910.jpg

a0248662_9572241.jpg

a0248662_9573732.jpg
a0248662_9575022.jpg
a0248662_958198.jpg


D君のトライアンフ
クランクさんが内燃機屋さんから上がって来ましたのでクランク組み付け準備。
クランクシャフトベアリング・ギアボックス周りのベアリングを取り付け。
リグライドしてもらったビッグエンドジャーナルとコンロッドメタルのクリアランス確認後、規定トルクで組み付け。スラッジチューブ、プラグ、フライホイールボルト取り付け。
ギアボックッス・ハイギアのニードルベアリングを取替え、ギアボックッスに取り付け。
次回、クランク組み付け。








1967TRIUMPH TR6

a0248662_1024635.jpg
a0248662_103440.jpg

a0248662_1034213.jpg

a0248662_104498.jpg

a0248662_10436.jpg


a0248662_1055916.jpg

a0248662_1061158.jpg

a0248662_107837.jpg


Oさんのトライアンフ
パクリと割れていたクランクケースのDスプロケットチェーンガード部分。
TRUE CLASSICさんに出張頂き、溶接修正。
ガタがあったカムブッシュ抜き取り、ケース側カムブッシュホール計測。
ほぼ、分解計測作業が終わりましたのでケース周りのネジ修正作業へ。
螺子穴に詰まったガスケットを除去するのとともに、雌螺子・雄螺子ともにタップダイスを使い1本1本修正し、駄目な部分を確認し、ヘリサート・ウエルド君・溶接し修正します。
初めての英車でイギリスインチの規格に苦戦する地味な作業ですが、大事な作業です。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-18 10:26 | その他 | Comments(0)
2017年 05月 17日

月・火曜日の授業風景


1939EL1000

a0248662_80168.jpg

a0248662_803511.jpg

a0248662_812085.jpg

a0248662_801851.jpg
a0248662_805347.jpg


Wさんのナックルヘッド
前回マグネトーのポイント不良発覚。今回ポイントを新品に交換。新品に交換すると、なにゃかんやと状況が変わるので改めてチェック。
ポイントに板バネのアールが変わりしてしまうため、アールを変え取り付け。
改めて点火時期調整、進角時期はもとより遅角時期でもチェック。
ショートタイプのローターとシャフトが分離するタイプのマグネトーでシャフトとローターが六角で結合するのですが、ここのガタが気になるな・・






1947FL1200

a0248662_814389.jpg
a0248662_822100.jpg
a0248662_823322.jpg
a0248662_824856.jpg

a0248662_831450.jpg


Iさんのナックルヘッド

リアシリンダーヘッドを乗っけるとシートポストに干渉。また目で見てネック部が捻じれていたフレームが修正屋さんから帰ってきました。
背骨部もだいぶ猫背になっていて、シートポスト部にも大分穴が開いていたようです。シートポスト部はロウつけで埋めてもらいました。
錆とりをして風合いを壊さない程度に錆止め黒塗装しました。







1964XLCH900

a0248662_84152.jpg
a0248662_843283.jpg
a0248662_844731.jpg

a0248662_85228.jpg


Sくんのアイアンスポーツ
クランク芯だし、ピニオンベアリングレースラッピングを終え、適正サイズのピニオンベアリングを入れクランク本組み。
その後、チェックごとを終わらしているオイルポンプを仮組み規定トルクでナットを締め、オイルポンプの回りっぷりチェックしO.Kでポンプ本組み。




1979FXS1340

a0248662_852480.jpg
a0248662_8548100.jpg

a0248662_86182.jpg

a0248662_863367.jpg
a0248662_865159.jpg

a0248662_87314.jpg
a0248662_873314.jpg


a0248662_871747.jpg
a0248662_874862.jpg
a0248662_88163.jpg


Oさんのショベルヘッド
前回ネックベアリング交換、フォークスプリング交換し、今回はホイールとブレーキ周り。
ホイールベアリングはやられていたのでベアリング交換。
スラストチェックし0.1mm以上あったのでディスタンスカラーをつめてスラスト調整。
ガタがあったキャリパーマウントはブッシュ交換しマウントボルトも交換。
寝気味だったキックスタンドを少々曲げ調整。







span style="color:rgb(255,102,51);">レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-17 08:43 | その他 | Comments(0)
2017年 05月 15日

土曜・日曜日の授業風景


1968BSA A65

a0248662_2251740.jpg

a0248662_226910.jpg

a0248662_2282788.jpg
a0248662_2284620.jpg
a0248662_229159.jpg
a0248662_2293235.jpg
a0248662_2295219.jpg

a0248662_2311432.jpg
a0248662_2312766.jpg


NさんのBSA A65
クラッチセンターのダンパーゴム交換後、クラッチチェーンホイールとのスラストチェック。
ミッションは以前仮組みしスラストなどチェック済みでミッション組み付け。
キックラチェットギアはスリーブ共に新品に交換。
逆回転時の動きが悪かったため、ギアの一部を削り修正し取り付け。
ギアチェンジクアドラントを取り付け、シフター周り取り付け、ギアチェンジチェック。
苦労したギアチェンジクアドラントのお話はまた改めて。







38VELOCETTE KSS MKⅡ

a0248662_2315425.jpg
a0248662_2321264.jpg
a0248662_2323159.jpg
a0248662_2351348.jpg


Eさんのベロセット
細かな製作ものをつくり、タイヤ交換。






1970XLH900

a0248662_2355278.jpg
a0248662_236112.jpg

a0248662_2365463.jpg
a0248662_237287.jpg


Tさんのアイアンスポーツ
先日、機械式のデスビでエンジン始動したのですが、駄目だったセミトラのマロニーデストリビューターの考察。
2回火花が飛ぶという謎の症状があり、ピックアップセンサー周りをチェックするとローターに原因があることが判明し、マロニーさんでも無事エンジン始動。
その後、試乗前細かな手直し。







1951TRIUMPH T100

a0248662_2374415.jpg

a0248662_2382947.jpg
a0248662_2384435.jpg

a0248662_239811.jpg
a0248662_2392669.jpg

a0248662_239394.jpg

a0248662_240719.jpg

a0248662_2402737.jpg



Hさんのトライアンフ
ガタガタだったリアブレーキのピボットカム。
カムシャフト自体が樽上に変形していますが、新品が出ない。
一応両センターでカムを銜え回したもののもちろん芯は出ていないので、旋盤で回し手でシャフト研磨。
ブレーキパネル側のカムホールも内径拡大し、ブッシュ製作。
仮組みが終わっている、フロントフォークアウターチューブは塗装さん。
登校で使っているユニット650もモディファイしてみたり。





1970 TRIUMPH TR6

a0248662_2404881.jpg

a0248662_241555.jpg


トリニティー卒業生のTさん
すでに張替え済みのRドラムブレーキシューの交換に。
ついでに、どっつき気味のスピードメーターギアのシム調整。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-15 08:55 | その他 | Comments(0)
2017年 05月 13日

1951TRIUMPH T100 ギアボックス分解・製作物


HさんのトライアンフT100のギアボックス。
分解・清掃・チェック・計測しギア類は問題なし。ベアリング、ブッシュ関係は全交換となります。
というわけで、今日はギアッボックスのブッシュ類をなんやかんや製作。


a0248662_22212345.jpg




a0248662_22235926.jpg
a0248662_22243169.jpg

a0248662_22261196.jpg

a0248662_22262423.jpg
a0248662_22263686.jpg

なめかかっていたドレンボルト雌螺子はヘリサート処理し、真鍮でドレンボルト製作。


a0248662_22224829.jpg
a0248662_22233666.jpg

a0248662_22223021.jpg

メインシャフト・ハイギアブッシュ、レイシャフト1STギアブッシュは0.1mm以上クリアランスがあったのでブッシュ交換。


a0248662_22313187.jpg
a0248662_22315013.jpg

a0248662_2232580.jpg
a0248662_22321926.jpg
a0248662_22323488.jpg

ハイギアブッシュはまず段つき磨耗していたメインシャフトのブッシュ摺動部を芯を確認しつつ研磨。研磨したメインシャフトに合わせハイギアブッシュ製作。
トライアンフのハイギアブッシュは1本物で左右出口部分二箇所でメインシャフトと摺動するようにっています。つまり内側で段つき加工されていますので、製作が面倒です。
オイル溝も堀り完成。


a0248662_22325160.jpg
a0248662_2233947.jpg

研磨したメインシャフトに合わせラッピングロッド製作。


a0248662_22344619.jpg
a0248662_22351464.jpg

レイシャフト1STギアブッシュも製作。


a0248662_22365324.jpg
a0248662_22372230.jpg

a0248662_2237414.jpg
a0248662_2238284.jpg

a0248662_22381841.jpg
a0248662_22384013.jpg


インナーカバー側のレイシャフト軸受けの鍔付きブッシュ製作。
こちらもレイシャフト摺動部が段付き磨耗していましたので、芯を確認し研磨。
研磨したシャフトにあわせブッシュ製作。


a0248662_22391282.jpg

ギアボックス側のレイシャフトブッシュは元々は貫通の鍔付きブッシュが入り、アルミのメクラ蓋が入っていますが、チェーンが干渉したのかケース側がやられ、メクラ蓋も削れパテで埋められていました。ギアボックッスが削れているため、メクラ蓋が使えないのでクローズドの鍔付きブッシュを製作します。

a0248662_22394121.jpg

a0248662_22395925.jpg

まずは外径側からブッシュ製作。

a0248662_22402265.jpg

a0248662_2241318.jpg

a0248662_22412240.jpg

a0248662_22415245.jpg

専用の生爪製作してブッシュを銜え内側製作。
すでに外輪を仕上げているため、変色やブッシュが回っていしまうことを恐れ、地道に中ぐりし製作。
スラスト調整するところなので、シャフトがぴったり入るように。


a0248662_22421883.jpg

レイシャフトのラッピングロッドも製作。

a0248662_22443935.jpg
a0248662_2245321.jpg
a0248662_22452312.jpg

a0248662_22453946.jpg

a0248662_22455430.jpg

シフターカムシャフトもノーマルのものは貫通ブッシュであります。
こいつもこのままでは、ここからオイルが漏れますのでクローズドのブッシュ製作。


a0248662_22463461.jpg
a0248662_2248764.jpg
a0248662_22482443.jpg
a0248662_22484043.jpg
a0248662_22485570.jpg

キックシャフトは大分段付きに磨耗していますので、シャフト交換し、新品シャフトにあわせブッシュ製作。

a0248662_22492057.jpg
a0248662_22493845.jpg

ギアチェンジブッシュはアウターカバーにクラックがあったんだよな・・・。
こちらがクラックを修正した後にブッシュ製作します。
というわけで、同じような絵ばかりでスミマセン。ブッシュ製作な1日でした。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-13 09:15 | 1951TRIUMPH T100 | Comments(0)
2017年 05月 12日

1967TRIUMPH TR6 エンジン分解・計測作業

新入生Oさんのユニットトライアンフエンジン分解・計測のお話。
友人から譲り受けたトライアンフですが色々と不安なところがあり、VMS入学です。
なんせ古いバイクです。自分のバイクの現状を知り、直し、メンテナンス・調整法を知り乗っていくということは、不安をかかえながら、ダマシダマシ乗っていくことよりも精神衛生上健全だと思いますし、バイクいじりは楽しいです。
とわいうものの、古いバイクですから分解すると色々とあります。
こいつもなんやかんやとドラマがあるでしょう。


a0248662_9461255.jpg

a0248662_9462883.jpg

a0248662_9465232.jpg




a0248662_947432.jpg

a0248662_9471919.jpg

a0248662_9473450.jpg


というわけで、シリンダーヘッド・シリンダーを降ろし、エンジン腰したを降ろしエンジン分解。

a0248662_9482287.jpg

まずはヘッド側から。
ロッカーボックッス分解し、ロッカーアーム・スピンドル計測。
ロッカーアームスピンドルに対しロッカーアームのクリアランスは0.06mm~0.07mmとベストではないですが問題ない数値。


a0248662_951756.jpg

a0248662_9502218.jpg

a0248662_9512211.jpg
a0248662_9513691.jpg
a0248662_9514979.jpg

シリンダーヘッド分解し清掃・計測。
以前にシリンダーヘッド回りも直した形跡があり、バルブステムに対しバルブガイドのクリアランスは0.03mm~0.04mmと状態良しでガイドの交換は必要ないでしょう。
しかしながら問題はあり、バルブの頭(ロッカーアームのあたるところ)が随分減っています。
シートリングを見てみると随分掘られています。
シートカット時にバルブシートを大分カットしそのため、バルブの突き出し量が多くなった為、バルブの頭の部分を削ったのでしょう。焼きが入っているバルブの頭の部分を削ったことでロッカーにたたかれ、随分と窪んでいます。
トライアンフはマニュアルにちゃんとしたバルブ突き出し量の記載がないため、正確な数値はわかりませんが、状態がよいもの(シートリングが減っていないもの)の数値は解るので、それを基準にしてシートリング交換予定。

a0248662_9525472.jpg

ピストンとシリンダー計測。
ピストンにはSTDの刻印があるもののピストン径は71.66mm~71.68mmと.030”オーバーサイズのピストンと思われます。
シリンダーとのクリアランスは0.06mm~0.09と状態は良いです。


a0248662_9533861.jpg
a0248662_954473.jpg

タイミングギア周り
カムブッシュはカムシャフトに対し0.09mm~0.1mmとクリアランスでブッシュ交換。



a0248662_9543624.jpg

a0248662_9545838.jpg
a0248662_9552997.jpg

クランク周り。
スラッジチューブのプラグボルトはヘキサゴンレントが使えるものに変えられています。
イモネジで周り止めされています。
ドライブ側のローラーベアリングはシャフトのとともに抜けるはずがレース側にくっついたまま抜けました。
と少々不安がありながら計測作業に。

a0248662_9555391.jpg
a0248662_9561243.jpg
a0248662_9563095.jpg

まずコンロッド計測
分解前に振れが多かったタイミング側の振れっぷりを計測、0.1mm以上あるのでこれはチョット。
ビッグエンドジャーナルは傷など少なく良好でDサイド・Tサイドともに40.987mm~40.98mm
一回リグライドしているのでしょう。
コンロッドはコンロッドナットを規定トルクで締め付けメタル内径計測。
Dサイドはジャーナル径に対し0.04mm~0.06mm
Tサイドはジャーナル径に対し0.08mm~0.16mmと大分やられています。
こちらはメタル交換でいけそうです。



a0248662_956468.jpg
a0248662_9571417.jpg
a0248662_9573281.jpg

a0248662_9574578.jpg

クランクシャフト周り計測。
クランクシャフトはDサイド・Tサイド共に28.565mmと問題なし。
ベアリングレースとクランクケースの嵌め代も問題なし。
動きが渋かったDサイドローラーは新しいC3のローラーベアリングを嵌めてみて様子も見てみます。



a0248662_9581267.jpg
a0248662_9583575.jpg
a0248662_9585564.jpg
a0248662_9591230.jpg

ギアボックス周り。
ハイギアブッシュはメインシャフトに対し0.1mmクリアランスがあったのでブッシュ交換。
レイシャフトの1STギアブッシュも測るまでもなくガタがあったので交換。
ハイギアベアリング・メインシャフトベアリング・レイシャフトベアリングは交換します。
特にレイシャフト軸受けベアリングであるニードルベアリングはローラー同士を削りながら回っていきますので、壊れやすく分解時には交換します。実際、インナーカバー側のニードルベアリングは分解時にバラバラになりました。

というわけで分解エンジン分解作業終わりであります。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-12 09:28 | 1967TRIUMPH TR6 | Comments(0)
2017年 05月 10日

平日の授業風景


1939EL1000

a0248662_8583675.jpg
a0248662_8585693.jpg
a0248662_902378.jpg


オープンロッカー化中のWさんのナックルヘッド。
試乗し、ロッカーオイルカップからのオイル漏れを確認するはずが、いきなりの点火周り不良でマウネトー周りチェック。
コンデンサーは交換しコイル抵抗チェックし問題なし。
原因は結局ポイントの変形でした。コンデンサーが終了し、ポイント周りに火花がでたことで変形したかもしれません。
ポイント修正し取り付けO.K。
オイルカップ周りもシーリングし次回試乗です。








1964XLCH900


a0248662_972066.jpg
a0248662_98265.jpg

a0248662_981880.jpg
a0248662_984238.jpg
a0248662_99552.jpg


S君のアイアンスポーツ
エンジン周りのパーツが到着が遅れているため、車体周り効きが悪いフロントブレーキチェック。
まず、フォークとブレーキパネルのマウントでもあり、ブレーキライニングのピボット部でもあるピボットスタッドでありますが、ブレーキパネルとの隙間が2mm以上あります。
そのため組み付けるたびにブレーキライニング位置が変わりブレーキの効きっぷりが変わります。
うまい事組んでやればよいのですが、今回はスリーブを製作しガタをなくし取り付け。
しかしながら、もともとのドラム自体が錆のせいで真円に当たっていない。
しっかりしたブレーキにするためにはドラム研磨が必要です。








1979FXS1340

a0248662_993366.jpg

a0248662_911629.jpg

a0248662_9112639.jpg
a0248662_9114810.jpg
a0248662_912757.jpg

a0248662_91227100.jpg

a0248662_91384.jpg

a0248662_9134463.jpg
a0248662_914323.jpg

a0248662_914255.jpg


部分修理のOさんのショベルローライダー
ネック周り、フォーク周り、Fブレーキ周りとフロント周りのメンテナンス。
まずネックベアリング交換。
この年式ぐらいになるとネックベアリングレースを抜く工具の爪がかからないので、レースに溶接のビートを引きレース抜き取り。
新たなベアリング組み付け。
フロントフォークはプログレッシブのロワスプリングキッドを組みました。
というわけで次回はフロントブレーキ周り。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-10 09:33 | その他 | Comments(0)
2017年 05月 09日

1973XLCH1000 バルブシートカット・バルブスプリング取り付け

バルブガイド交換、リーマー加工まで終わっている、Kさんのアイアンスポーツ。
今日はその後、バルブシートカットとバルブスプリング取り付け長合わせのお話。



a0248662_8233184.jpg




a0248662_8242276.jpg
a0248662_8243773.jpg
a0248662_8245028.jpg
a0248662_8334062.jpg

まずはEX側
あたり幅は悪くないが虫食いがあった45度面をシートカットし30度面、60度面ともに少々カットし、バルブシートとバルブフェースのあたり位置合わせと幅調整し当たり幅1.5mm程度に。




a0248662_825306.jpg

a0248662_8262880.jpg

a0248662_826128.jpg

a0248662_8321848.jpg

IN側は虫食いが少ないものの、シート面が大分広がっています。
此方も、バルブフェースの良い位置に当たり面がくるように30度面、60度面をカット。
特に60度面を大分カットし、バルブシートとバルブフェイスのあたり位置調整。
IN側はあたり位置が外目に来るようにしてあたり幅1.3mmに。







a0248662_834245.jpg
a0248662_8344261.jpg

a0248662_8364516.jpg

擦り合わせそして、それぞれ灯油漏れチェックしO.K。
シートカット・擦り合わせ終わり。




a0248662_835789.jpg

a0248662_8352440.jpg

ヘッド面、ロッカーカバー面面研磨



a0248662_8354240.jpg

a0248662_8373023.jpg
a0248662_8375181.jpg

ここからはバルブスプリング。
インナースプルリングを取り付け仮組みし、アウタースプリングの取り付け長計測。
一部0.4mmのシムで取り付け長を調整し、EX同士、IN同士の取り付け長をあわせる。



a0248662_838574.jpg
a0248662_8382517.jpg

取り付け長でのバルブスプリング圧計測。
アウター・インナーそれぞれ計測しアウターとインナーの組み合わせ調整し4本ともほぼ同じ取り付け圧にしてバルブスプリング取り付け。


a0248662_8384227.jpg

というわけでヘッド周りの作業終わりです。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-09 08:56 | 1973XLCH1000 | Comments(0)
2017年 05月 08日

土曜・日曜日の授業風景



1955FLH1200

a0248662_7165929.jpg
a0248662_7171649.jpg
a0248662_7172936.jpg

a0248662_7181281.jpg
a0248662_718245.jpg


Yさんのパンヘッド
チェック済みのキャブレーター取り付け。
一旦キャブを組み付け、位置決めした上でマニホールド本組みし、キャブレーター取り付け。
スロットルケーブル、チョークロッド取り付け、作動チェック。
クランクを点火時期位置に合わせデストリビューター取り付け。
此方も進角ケーブルを取り付け、点火時期調整。







1967 TRIUMPH TR6

a0248662_7191031.jpg
a0248662_7193267.jpg
a0248662_720545.jpg

a0248662_7203130.jpg
a0248662_7204726.jpg
a0248662_721250.jpg


Oさんのトライアンフはエンジン腰下分解。
どうも以前にクランク周りまで手が入っている車両のようであります。
ドライブサイドのローラーベアリングはローラーとレースが齧り気味でケース分解の際、圧入されているシャフトとベアリングが抜けたり、ズラッジチューブのプラグボルトがイモネジでカシメられていたりとなんやかんやありそうです。
とにかくこの後計測地獄となります。








1979 TRIUMPH T140E

a0248662_7215465.jpg

a0248662_7221149.jpg
a0248662_723076.jpg
a0248662_7232356.jpg
a0248662_7233934.jpg

a0248662_7235919.jpg


新入生のTさんのトライアンフ
国内もので走行距離も少なそうな車両で、エンジンの状態は良さそう。ということで、とりあえずエンジンを降ろし、車体周りを中心にOHしていきます。
エンジン腰上をばらし、ビッグエンドのガタチェックし良好。
リアブレーキのマスターシリンダーのマウントが共止めになっているエンジンマウントプレートの抜き取りに苦労しつつエンジンをおろしました。







1951 TRIUMPH T100

a0248662_7243558.jpg
a0248662_724493.jpg
a0248662_725117.jpg
a0248662_7253467.jpg
a0248662_7255767.jpg

a0248662_7495115.jpg

a0248662_750416.jpg

a0248662_7262282.jpg
a0248662_7264860.jpg
a0248662_7272337.jpg
a0248662_727275.jpg
a0248662_7274171.jpg


Hさんのトライアンフ
フロントホイールのスピンドルスリーブとブレーキパネル軸部に約1mmのガタがありましたので、片肉0.5mmにスリーブを作り圧入。
ガタがなくなったところでホイール、ブレーキ周りを仮組みしブレーキの当たりっぷりチェック。
左右両ブレーキーシューにしっかり当たっていますんで問題なくO.K
Rホイールはベアリングにグリスをしっかり付け仮組み。
初めてやるハブクッションなのでそれぞれのパーツの役割を確認しつつ仮組み。
後付けだと思われるスペーサーなど入っていましたので、確認も含め仮組み。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-08 07:56 | その他 | Comments(0)
2017年 05月 06日

金曜日コンクリート再び

a0248662_2332222.jpg
a0248662_2332361.jpg
a0248662_23325115.jpg

a0248662_23344219.jpg

a0248662_2333214.jpg
a0248662_23333974.jpg
a0248662_2334010.jpg



今回もCWC松岡さんにご指導いただき、新たな機械搬入に向け、コンクリート打ち。
Hさん、Aさんにもお手伝い頂き、ゴールデンウィーク中に何をやっているのだ。
まず型枠をつくり、ワイヤーメッシュを入れ補強。
でセメント、砂、砂利、水を比率を合わせコネまくる。
今回は以前よりも使うコンクリートの量が多く思っていたよりも時間がかかったものの、無事完了。
皆様、お疲れ様でした。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-06 08:19 | その他 | Comments(0)
2017年 05月 04日

水曜日の授業風景



1973XLCH1000

a0248662_9213974.jpg
a0248662_9215460.jpg
a0248662_92282.jpg
a0248662_9222059.jpg
a0248662_9223826.jpg
a0248662_9225139.jpg
a0248662_923510.jpg

a0248662_9565027.jpg

a0248662_9231872.jpg


Kさんのアイアンスポーツ
先日スプロケットベアリングを取り付け、スラストチェック終わってますので、ドライブ側、タイミング側両ケースを合わせ、ピニオンシャフトベアリングレースラッピング。
ケースボルトのネジ修正を行い組みつけ。物によってはケースボルトの入りっぷりが悪く出し入れにストレスを感じるものがありますは、こいつはすんなり入ってくれました。
ピニオンベアリングレースラッピングし錆が酷く感じられたレースですが問題無し。
オーバーサイズローラーでクリアランス調整しカムギア、ピニオンシャフト、ピニオンギアを組み回りっぷりチェックし問題なし。
タイミングギア周りのチェックが終わり、コンロッド側へ。
コンロッドベアリングレースはR側レースは最終段階まで広がっていまして、F側は深い虫食いがありましたので、レース交換することに。
レース抜き取り、嵌め代チェック後、新しいベアリングレースを圧入。
ここは嵌め代が多いのでその分、レース交換するとラッピングする量が多いです。
次回、地獄のラッピング作業。








HONDA Chaly

a0248662_9235167.jpg


WLエンジンをオーバーホール中のMさんでありますが、今日はシャリーさんの配線引き直し作業。
日本車をいじるときは和の心持で正座で作業しています。
無事、引き直し作業終わり帰っていきました。










1943WLC750

a0248662_9241393.jpg

a0248662_9243126.jpg


北海道から5日連続でお越しだったHさんのWLC
ミッションの組み立て作業が終わり、梱包し北海道へ発送。
これで、エンジン、ミッションとOH終了。組み直したエンジンがどう変わるか、楽しみですね。
Hさんお疲れ様でした。
またいつでもご連絡ください。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-04 09:55 | その他 | Comments(0)