Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2017年 03月 15日

ナックルロッカーアーム

今日はオープンロッカー計画のWさんのナックルヘッド、ロッカー周りのお話。
ナックルのロッカーアームはシャフトにより距離が決まり、ロッカーアームシャフトのタイミング側はロッカーボックスで受け、ドライブ側はヘッド側で受け、ロッカーボックスとヘッドはネジで留められます。そのためまずロッカーアームシャフトの位置決め作業が必要です。


a0248662_83327100.jpg
a0248662_8334134.jpg
a0248662_8335279.jpg

シャフトの距離で位置がヘッドとロッカーボックスの距離が決まるるため、物によりロッカーボックスとヘッドをマウントすると、ドライブ側ヘッドとロッカーアームシャフトに隙間が開きます。
無理にねじ込めば留めることはできますが、ヘッドの損傷につながります。
この車両は、F側は良かったもののR側に隙間があります。


a0248662_8341739.jpg
a0248662_8343464.jpg
a0248662_8345027.jpg
a0248662_835212.jpg
a0248662_8351854.jpg

で、距離が合わない状態で無理に閉めこむとロッカーボックス側のネジもやられます。
という訳でヘリサート加工。




a0248662_8361117.jpg
a0248662_8362269.jpg

a0248662_8355643.jpg

ロッカーアームシャフトの隙間を計測すると0.6mm
元々付いている段付きのスラストワッシャーの内側に0.6mmのシムをいれシャフト組み付け。
これで余計な隙間無く、ヘッド側、ロッカーボックス側にも負担をかけません。


a0248662_8364551.jpg

ロッカーアームシャフトの位置決めが終わったところでロッカーアームを組みつけスラスト調整。
こちらもシム調整し、スラスト量0.2mm~0.3mmに。


a0248662_8431856.jpg

オープンロッカー用の目玉カップ(フロッグアイズというらしい)を留めるための加工となります。

a0248662_840791.jpg
a0248662_8432932.jpg

ロッカーアームシャフトを加工し、目玉取り付け用のネジスリーブを入れます。

a0248662_8435195.jpg
a0248662_844770.jpg
a0248662_8441846.jpg

ドリルを少しずつ大きくしシャフトにスリーブ圧入部を拡大。


a0248662_8443328.jpg
a0248662_84444100.jpg
a0248662_8445882.jpg
a0248662_8451554.jpg

ネジスリーブの外径を調整しスリーブをシャフトに圧入。


a0248662_846264.jpg

という訳で、フロッグアイズ完成。
すっとぼけた顔をしています。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-15 09:07 | 1939EL1000 | Comments(0)
2017年 03月 14日

日曜・月曜日の授業風景


1951TRIUMPH T100

a0248662_10173963.jpg
a0248662_10175790.jpg
a0248662_1018922.jpg
a0248662_10182458.jpg
a0248662_10183852.jpg
a0248662_10185362.jpg
a0248662_1019616.jpg
a0248662_10192371.jpg


Hさんのトライアンフ T100は車体周りの分解作業。
初めてやる車両なので、写真を撮りまくりながらパーツの位置を確認しつつ分解。
フロントフォークダンパーマウントボルトなどなめてスパナがかからなく、マイナス切り抜き取ったり、マウントボルトたちは錆びていたりと大分ねじ交換は必要ですね。
とにかく一旦清掃し各部チェックです。







1980FLH1340

a0248662_1020816.jpg
a0248662_1020344.jpg
a0248662_10204659.jpg
a0248662_1021058.jpg
a0248662_10211731.jpg

a0248662_1021361.jpg


Tさんのショベルヘッド
前回やったクラッチハウジングの交換後プライマリー周りは問題ないようです。
今回はT/Mフィラーボルトのカバー側ねじ山が終了したようなので、キックカバー交換です。
スタータークランクシャフトのスラストが大分あったのでシム調整ですがシムをキックカバー内側、外側と組み位置によってスタータークランクギアの位置が変わり、クランクギアのカムプレートのかかりっぷり変わりますので、シム位置を変え何回か仮組みをして組み付け。
無事交換終了。





a0248662_1022951.jpg
a0248662_10222278.jpg
a0248662_10225039.jpg


日曜は馴染みの顔ぶれがなんやかんやと。









1939EL1000

a0248662_1025529.jpg
a0248662_10261089.jpg
a0248662_10262621.jpg
a0248662_1026408.jpg
a0248662_10271774.jpg






オープンロッカー計画中だったWさんのナックルヘッド
ヘッド組みつけエンジン始動。相変わらずメカノイズの少ないエンジンです。
オープンロッカーため、ヘッドに圧送されるオイルの量をコントロールしないとヘッド周りがオイル塗れになります。このあたりをまだまだ考察しなければ。
という訳で、このあたりの詳しいお話はまた次回。









1964XLCH900

a0248662_10344351.jpg


a0248662_1035322.jpg

a0248662_10351580.jpg
a0248662_10353066.jpg

a0248662_10355346.jpg

a0248662_1036133.jpg
a0248662_10362767.jpg
a0248662_10365864.jpg
a0248662_10371252.jpg


S君のアイアンスポーツ
ピニオンブッシュ製作しダウエルピン穴加工。
ピニオンシャフトベアリングレースラッピング用の冶具を製作しレースラッピング。
ラッピング後、冶具とラッピングロッドを使いピニオンブッシュラッピング。
少々細くなったピニオンシャフトのブッシュとの摺動部に合わせピニオンブッシュを製作していますので、専用リーマーが使えません。
タイミング側ケース、カムカバー、ピニオンシャフトを組みクルクルチェックし問題なし。
問題は新品ピニオンギア。こいつに引っかかりがあります・・・。
という訳でギア合わせは次回。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-14 11:05 | その他 | Comments(0)
2017年 03月 12日

土曜日の授業風景


1970XLH900

a0248662_8382182.jpg
a0248662_8384173.jpg
a0248662_839480.jpg
a0248662_8392133.jpg
a0248662_8393488.jpg
a0248662_8394863.jpg
a0248662_840046.jpg


Tさんのアイアンスポーツ
もともと付いていたDスプロケットナットのシール部が破綻していたのでナットは新品に交換しプッシュロッド取り付け。
スプロケットカバー、クラッチケーブルを取り付けクラッチ調整。プレッシャープレートのでっぷり調整し、クラッチレバーもシム調整しガタを無くす。








1968BSA A65

a0248662_8403882.jpg

a0248662_8412216.jpg
a0248662_8414052.jpg
a0248662_841589.jpg

a0248662_8451893.jpg

a0248662_8425236.jpg

a0248662_8432656.jpg
a0248662_8434972.jpg


NさんのBSA A65
バルブシートカット・擦り合わせが終わり、ヘッドに熱をかけガイドとバルブの渋りっぷりチェックし、ヘッド面面研。
バルブスプリングを仮組みして、アウタースプリングの取り付け長チェック。
シム調整し取り付け長合わせ。








1973XLCH1000

a0248662_84731.jpg
a0248662_8474830.jpg
a0248662_848616.jpg
a0248662_8482091.jpg
a0248662_8483246.jpg
a0248662_8484487.jpg
a0248662_849142.jpg


Kさんのアイアンススポーツ
すべてのバルブシートカット・擦りあわせが終わり、灯油チェックしてO.K。
シリンダーヘッド面とロッカー側面研。
次回はバルブスプリングの取り付け、調整です。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-12 09:01 | その他 | Comments(0)
2017年 03月 11日

1964XLCH900 クランク軸受けベアリングラッピング冶具

先日も少しお話しましたが、暖めた時点でスプロケットシャフトベアリングレースが動いていたS君のアイアンスポーツスター。
計測すると縦方向に大きいところで0.13mm楕円になりベアリングレース径50.02mm~50.03mmに対し0.15mm大きくなっていいました。

a0248662_2347544.jpg
a0248662_23471769.jpg

内燃機屋さんに両クランクベアリング軸部のセンターをみつつ真円拡大加工してもらいました。
ベアリングレースを溶射・肉盛・研磨し圧入します。


a0248662_2347326.jpg

拡大したベアリングレース受け鋳込み部分の径は50.30mmで約0.3mm拡大しています。
ここに肉盛したレースを圧入するのですが、まだレースが帰ってきておらず。
作業が止まってしまうので、ベアリングレースラッピング用の冶具を製作します。

a0248662_23474712.jpg
a0248662_2348636.jpg

うちにあるXL用のラッピング冶具はスプロケット側のベアリングレース、ベアリングを入れベアリングを軸にしてピニオンシャフトベアリングレースをラッピングするもの。
ベアリングが無い状態だ使えません。

今回はスプロケットシャフトベアリングレース圧入部に穂のかにテーパーになっている冶具をいれラッピングする方法でいきます。

a0248662_2349081.jpg

a0248662_23483210.jpg

まずはラッピングロッドの軸受け部を作ります。ロッド径+0.05mmガタ無くロッドが回るように。


a0248662_23491944.jpg
a0248662_23502068.jpg
a0248662_23504614.jpg

ある程度外径を削った後に刃物代に角度をほんの少しづらし(線一本分)テーパー加工。
テーパー角度は0.2度程度で全長43mmで上底と下底の直径の差が0.3mm程度。



a0248662_2351630.jpg
a0248662_23511747.jpg

という訳でこれで次回はピニオンシャフトベアリングレースラッピングできます。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-11 07:00 | 1964XLCH900 | Comments(0)
2017年 03月 10日

平日の授業風景

住居の引越し確定申告のなんやかんやと、バタバタではありますが、やっとネット環境が整いましたので久しぶりにブログアップします。




1964XLCH900

a0248662_10334453.jpg
a0248662_10335686.jpg
a0248662_10348100.jpg
a0248662_10342451.jpg
a0248662_1034511.jpg
a0248662_1035911.jpg
a0248662_10352219.jpg
a0248662_10353491.jpg

a0248662_10354949.jpg


S君のアイアンスポーツ。
ドライブ側クランク軸受け部は0.1mm以上楕円になっていまして、両軸受けラインだし真円加工が終わり、クランクケースが帰ってきましたので、タイミングギア周りの作業から。
スプロケットシャフトベアリング周りのお話はまた次回。

カムのニードルベアリングは交換。
サイズがよかったカムブッシュはブッシュ鍔部分が段つきに減っていましたので面研。
カムギアを組み付け、スラスト調整。
60年代のアイアンはジェームス製カムカバーガスケットを使うと大分多めにスラストが出ますので、特注で厚めのシムを作っています。
今更気がつきましたが#1カムギアのタイミングマークがありません・・・。以前にマジックで書かれてある印が薄っすらとあるだけです。こいつはカムタイミングチェックが必要です。












1980FLH1340

a0248662_1036726.jpg
a0248662_10362383.jpg

a0248662_10364392.jpg

a0248662_10375061.jpg

a0248662_10371569.jpg
a0248662_10391069.jpg

a0248662_10392681.jpg
a0248662_10394152.jpg

a0248662_10395891.jpg

a0248662_1040937.jpg
a0248662_10402135.jpg
a0248662_10403432.jpg


Tさんのショベルヘッド
セルスタートするとプライマリー周りから異音がするということで御自分でプライマリーカバーを開けてみるとクラッチハウジングのスターターリングギアが破綻しておりました。
というわけで緊急入院。
リングギアとともにやられていたスタータードライブギア交換。
スターターリングは純正三層リベット留めのものはやめ、一体式になっているリングギアがついているクラッチハウジングに交換。
また、クラッチハブやクラッチスプリングも今回一新。
仮組みするとプライマリーチェーンがチェーンテンショナーの側面に干渉していますので、シム調整、チェーンライン確認し取り付。








1979 TRUMPH T140E

a0248662_10405635.jpg
a0248662_10411314.jpg
a0248662_10414079.jpg
a0248662_10415693.jpg
a0248662_1042857.jpg

a0248662_10423463.jpg
a0248662_1043999.jpg

a0248662_10433958.jpg
a0248662_1044225.jpg
a0248662_10442079.jpg
a0248662_10445741.jpg


D君のトライアンフは腰上周り計測作業。
コンロッドビッグエンド部が焼きついていたため、ピストンピンを削りピストンを抜きクランクケースを割ったんだよな。
シリンダー径はピストンに対し0.16mmと大分クリアランス多め。減っているというより、もともと大きめのクリアランスでボーリングしてあったようです。
ともあれこいつはボーリング予定。

タペットはIN側、EX側共に段つきに減っています。タペットは交換。
タペットガイド穴は変形無く、新品ガイドと比べてもサイズは変わりませんのでこのまま使います。

ヘッドバルブ周りは、バルブステム径に対しガイド内径は0.04mm~0.05mmと状態良し。でこのまま使えるでしょう。
という訳でヘッド周り、バルブ周りのカーボン除去、ヘッド面研。



a0248662_1047817.jpg

Sさん
お花有難う御座いました。嫁のテンションが以上に上がっておりました。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-10 11:32 | その他 | Comments(0)
2017年 03月 06日

1968BSA A65 バルブガイド

今日はNさんのBSA A65のバルブガイドのお話。

ガタがあったバルブガイドは抜き取り、ヘッド側バルブガイドホール内径計測。
楕円、傷など無く良好で径も広がっておらず、EX側12.71mm~12.72mm IN側12.70mmでSTDサイズのバルブガイドでいけます。

a0248662_81450.jpg

a0248662_815389.jpg

a0248662_81408.jpg

a0248662_812951.jpg

使うバルブとバルブガイドはkibblewhite製。
粘り硬いアルミ青銅製のバルブガイドはヘッド側ガイドホールに合わせ外径研磨。
専用生爪に銜え。あらかじめ内径拡大。粘り硬いので0.01mm刻みのリーマーを使い、ステム径+クリアランス分のサイズまで拡大。



a0248662_82326.jpg
a0248662_825515.jpg
a0248662_83744.jpg

前加工を済ましたバルブガイドをヘッドを良く暖め圧入。
圧入後、嵌め代分縮んだ内径をリーマーで内径拡大。
これがなかなか大変で、粘り硬い分すんなり切れてくれません。
こちらも0.01mm刻みでリーマーを使い内径拡大。



a0248662_834732.jpg

100分台のリーマーは切れすぎ防止か切れづらく、リーマーを通したものの内径が広がっていない場いいがありますので、リーマーを通した後内径計測し確認。
問題なくO.Kで、バルブシート周り加工となります。



a0248662_8195484.jpg





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study


東京都足立区入谷1-22-14
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-06 08:21 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2017年 03月 05日

新規開店一回目の授業

皆様の手助けのお陰で無事昨日から授業を始める事ができました。
皆様本当に有難う御座いました。
また昨日も沢山の人にお祝いを頂き有難く思っています。


約一ヶ月間引越し作業、大工仕事だったため久しぶりのバイクいじりは新鮮でありました。


a0248662_820324.jpg
a0248662_8204574.jpg





1985FXEF1340

a0248662_8221397.jpg

a0248662_8222997.jpg

アイアンスポーツのTさんは足バイクの4速エボのメンテナンス作業。






1973XLCH1000

a0248662_8224491.jpg
a0248662_8225941.jpg
a0248662_823111.jpg

a0248662_8232457.jpg


Kさんのアイアンスポーツはヘッド周りの作業であります。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-05 08:42 | その他 | Comments(0)
2017年 03月 01日

ガレージ引越し作業完了

月曜日は在校生、ナックルWさんにお手伝い頂き、住居のほうの荷物搬入と床の仕上げワックスがけをやって頂く。
動力もつながり、機械も動かせます。
火曜日は某BMW工場長EさんとTRUE CLASSIC D君、在校生ナックルIさんにお手伝い頂き、車両とバイクリフトの搬入。
車両が入ると広いと思われていたガレージはミッチリとなりました・・・。

というわけで、在校生、卒業生含め色々な方々の手助けのお陰で、ガレージの引越し作業は無事終わりました。一人ではこれだけの期間で引越しを終わらせることは出来ませんでした。
皆様、本当に有難う御座いました。

年末はバタバタしていまして忘年会、新年会なども出来ませんでしたので、改めて開校パーティーを企画しようと思いますので、そのときはまたご報告します。


また、授業再開日は3月4日(土)を予定していますので、来られそうな方はご連絡ください。
よろしくお願いします。



a0248662_8423033.jpg
a0248662_8424244.jpg
a0248662_8425534.jpg



a0248662_8431184.jpg
a0248662_8432576.jpg
a0248662_843431.jpg
a0248662_8435610.jpg



レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study


NEW GARAGE
東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-01 09:09 | その他 | Comments(0)