<   2017年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2017年 01月 16日

1958VELOCETTE VENOM シリンダースタッドシーリング

修理依頼でお預かり中のベロセット・ベノム
リアセクションの作業は終わり、何箇所か手直し。


a0248662_8462730.jpg
a0248662_8464037.jpg
a0248662_846572.jpg

まずは、発電していなかった電気周り。
エンジンをかけ、直接ダイナモの発電チェックし、ダイナモは問題なし。
エレクトリックレギュレーターの不良かしらということで、レギュレーター交換しても変化無く、ダイナモ周りの配線を手直しし無事復活。


a0248662_8472472.jpg

a0248662_8473860.jpg

もうひとつ手直し。
ヘッドスタッドとヘッドのスタッド穴の隙間からヘッドに溜まったオイルがスタッドを伝って漏れる問題。
オーナー様からの依頼でここも手直し。


a0248662_8482531.jpg

ロックナットになっているスタッドナットは、そのまま緩めるとスタッドも抜けてきてしまうので、スタッドをしつつナットを緩める。何回かばらされているものは、このスタッドのマイナス部分がだめになっているものが多く、回しづらい。この車両は状態良く問題なし。


a0248662_8514225.jpg
a0248662_851549.jpg

ヘッドナットワッシャーを厚めの45cハイテンションワッシャーにOリング用の段つき溝を加工し、Oリングを取り付けシーリング

a0248662_848027.jpg

トルク管理しヘッドナット締め付け。トルク値20lb-ft

a0248662_8522269.jpg

螺子修正しロッカーボックッス取り付け。

a0248662_8523843.jpg

a0248662_8525079.jpg

ロッカーカバーガスケットの厚みが変わったので改めてタペット調整。
IN0.15mm EX0.2mm


a0248662_853839.jpg

というわけで、うちでの修理作業はこれで終わり。
引渡しとなります。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-16 09:23 | 1958VELOCETTE VENOM | Comments(0)
2017年 01月 15日

1970XLH900 クランクケース組みつけ

今日はTさんのアイアンスポーツのお話。
Tさんのスポーツも既にエンジンの組み付け作業はほぼ終わっていますが、ブログに上げていなかったので、まとめ的ブログです。


a0248662_1455116.jpg
a0248662_146255.jpg
a0248662_1461237.jpg
a0248662_1462361.jpg

まずは、スプロケットシャフトベアリング(ドライブ側クランクシャフトベアリング)組み付け。
76年以前までの一体式のベアリイングレースを専用工具を使いケースに圧入。

a0248662_1471773.jpg
a0248662_1472955.jpg

専用冶具を使いスラスト量チェック。
ベアリングセットについていた、シムをつけた状態でスラスト量は"0”
この0という数値は、スラストがピッタリ無く0の場合もありますが、ベアリングを押しすぎていても0の数値が出ます。押しすぎもまずいので、0.08mmのシムを入れてみてスラストノ数値を確認します。
0.08mmのシムを入れるとスラスト量は0.06mmで0.02mm押している(与圧をかけている)ということになります。0.02mmの与圧でありましたら問題なしと判断しこの状態で組みます。


a0248662_1463371.jpg
a0248662_1464428.jpg
a0248662_147379.jpg

シムを入れ両サイドテーパーベアリングを圧入し組み付け。



a0248662_148285.jpg
a0248662_1481238.jpg

ピニオンシャフトベアリングレースはラインを通しラッピング済み。
レース内径34.95mmに対しシャフト径25.4mm、ローラー4.76mm(.0004”o.s)を入れクリアランス0.03mm



a0248662_1484915.jpg
a0248662_149181.jpg

エンジンハンガー仮組みして組み付けチェック。
上部のケースとの取り付け部にクラックが入ってしまっているものが多いアイアンのエンジンハンガー。
上部面があっていることを確認。


a0248662_1491397.jpg

ミッション・プライマリー内に負圧をクランクケース内に逃がすトランスファーバルブ(ワンウェイバルブ)は壊れると面倒なので、プラグを製作し留め、ミッション側にブレーザーをつけます。


a0248662_1492714.jpg

a0248662_149423.jpg

ドライブチェーンのチェーンオイラーも半田で塞ぎ両クランクケース組みつけ。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-15 09:32 | 1970XLH900 | Comments(0)
2017年 01月 14日

1958VELOCETTE VENOM センタースタンド

修理依頼でお預かり中のベロセット・ベノム
ホイールの調整取り付けが終わり、まずチェーン周り。

a0248662_848479.jpg
a0248662_8485726.jpg

チェーン取り付け。
チェーン周りがタイトなベロセットはレイノルドのチェーンを使います。仮組みしチェーンライン確認。干渉なくO.K。

a0248662_849972.jpg
a0248662_8493418.jpg

チェーンガードは新品のものを取り付けます。
こちらも仮組みし、チェーンの干渉ないかチェック。
もちろんポン付けとはいかず、マウント部の穴修正したり、位置をづらしたり。加工前提の商品だから塗装されてないのかしら。位置が決まり塗装しO.K。



a0248662_8494928.jpg
a0248662_850239.jpg
a0248662_8501122.jpg

a0248662_8502644.jpg
a0248662_8504542.jpg


ガタガタだったセンタースタンド修正。また、センタースタンドをかけたときに、Rタイヤが地面についていしまうのでそちらも修正します。
まず、センタースタンドピボットのカラーに随分ガタがあったので、R/Lそれぞれオーバーサイズのカラー製作。



a0248662_8511255.jpg

a0248662_8513013.jpg

センタースタンドのストッパー部を多めに肉盛溶接。

a0248662_8514441.jpg

a0248662_8515595.jpg

センタースタンドを仮組みしつつ、多めに肉盛ったストッパー部を削りつつ、左右ストッパーがちゃんと着座する位置で、センタースタンドの角度がいい位置にして、Rタイヤも少し浮いた状態になりました。


a0248662_852954.jpg

というわけで、リアセクションの作業終わり。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-14 09:08 | 1958VELOCETTE VENOM | Comments(0)
2017年 01月 13日

1976XLCH1000 エンジン腰上組みつけ

先日エンジン始動したZ君のアイアンスポーツでありますが、ブログを見てみると作業内容をほとんど上げていなかったにで、今日はまとめ的ブログです。



a0248662_9114915.jpg
a0248662_912126.jpg
a0248662_9121134.jpg

シリンダーはボーリング済み、上面、下面ともに面研済み。
ピストンリングギャップ、クリアランスを点検後、トルク管理してシリンダー組みつけ。



a0248662_9122685.jpg
a0248662_9123612.jpg
a0248662_9124794.jpg
a0248662_9131295.jpg
a0248662_9134954.jpg

ヘッドも組み付け作業が終わっていますので搭載。
ここでひとつ問題。シリンダーヘッド面を面研したため、シリンダーインロー凸部分が少し出た状態になり、STDサイズのヘッドガスケット厚み0.4mmのものだと、どっついてしまう恐れがありましたので、1.1mmの厚いヘッドガスケットを入れ対処。
マニホールドの角度をあわせヘッドもトルク管理し取り付け。




a0248662_914865.jpg
a0248662_9143089.jpg



a0248662_914457.jpg
a0248662_915693.jpg
a0248662_9153139.jpg
a0248662_9154236.jpg
a0248662_916075.jpg


プシュロッド取り付け、タペットクリアランス調整。プッシュロッドはクロモリ製のものにコンバート。
キャブレーター清掃・チェック後取り付け。
スロットルケーブルも長さ調整し取り付け。
これでエンジン周りの作業は終わり、この後は外装周りであったのですが、これがなかなか苦労したのであります。
というわけで、また次回。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-13 09:40 | 1976XLCH1000 | Comments(0)
2017年 01月 10日

月曜日の授業風景


1939EL1000

a0248662_23105199.jpg
a0248662_2311839.jpg
a0248662_23112178.jpg
a0248662_23114331.jpg
a0248662_23115629.jpg


オープンロッカー計画進行中のWさんのナックルヘッド
ヘッド組み付け後、ヘッド交換のために抜き取ったマグネトーを元々に位置にあわ取り付け。
インテークマニホールド位置決めをして取り付け、キャブレーター取り付け。
プッシュロッド取り付け、クリアランス調整。
一回エンジンを組んでいるWさんにとってはおさらい的作業で良い復習になったと思います。






1976XLCH1000

a0248662_23121471.jpg

a0248662_2313435.jpg
a0248662_23135987.jpg
a0248662_23141751.jpg


Z君のアイアンスポーツ
既に塗装したガソリンタンクでありましたが、いまさらコーティングされていることが発覚・・・。
出来るだけ、コーティングを剥がし漏れチェック。
残念ながら一部漏れがありましたので、高級半田で漏れを止めました。








1964XLCH900

a0248662_23143560.jpg
a0248662_23145253.jpg

a0248662_23151111.jpg

a0248662_23153797.jpg

a0248662_23155579.jpg
a0248662_2316612.jpg

a0248662_23164565.jpg

a0248662_2317341.jpg

a0248662_2316262.jpg


Sくんのアイアンスポーツはヘッド周りの作業。
ヘッド面ロッカーボックッス面の面研後、バルブ周りの作業。
バルブガイドとステムのクリアランスも良好、バルブも交換ししてあったので、そのまま使います。
IN、EXともに擦り合わせ。虫食いがあったEX側は擦り合わせで虫食いを無くし、灯油チェックし漏れなくO.K。
バルブとシートとのあたり幅も1.5mm程度で問題なし。
バルブスプリングを仮組みして取り付け長チェック。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-10 00:22 | その他 | Comments(0)
2017年 01月 09日

日曜日の授業風景



1955FL1200

a0248662_2043352.jpg

a0248662_20433428.jpg
a0248662_20435351.jpg

a0248662_20441864.jpg
a0248662_20443876.jpg
a0248662_20445679.jpg
a0248662_20462790.jpg
a0248662_20464792.jpg


Yさんのパンヘッド
シリンダーヘッドを取り付け、まにホールド部の平行チェック。
トルク管理しシリンダーヘッドボルト締め付け。
プッシュロッド清掃し組み付け、タペットクリアランス調整。
インテークマンホールド清掃後、面研しOリングを付け取り付け。







1951TRIUMPH T100

a0248662_2047374.jpg
a0248662_20471744.jpg
a0248662_20474023.jpg

a0248662_2048198.jpg
a0248662_20482253.jpg

a0248662_20492877.jpg

a0248662_20494316.jpg

a0248662_20504826.jpg

a0248662_2051961.jpg

a0248662_20512422.jpg

a0248662_20514916.jpg


Hさんのトライアンフはギアボックス分解作業。
マウントスタッドの雌ネジ部がナメ、ボルトナット化などされていたものの、ギア周りは状態良し。
分解し清掃し、ベアリング類抜き取り。
ケース側レイシャフトブッシュホールはパテで埋められている。ドライブチェーンがあたって削られていたのであろう。レイシャフトブッシュは温めたら抜けてしまいました。
ここはちょっと見栄え良くし、クローズドのブッシュ製作し取り付け予定。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-09 08:54 | その他 | Comments(0)
2017年 01月 08日

新年一発目・土曜日の授業風景



WL ENGINE

a0248662_22265319.jpg
a0248662_22272122.jpg

a0248662_22274121.jpg
a0248662_22275454.jpg

a0248662_22281566.jpg
a0248662_22283210.jpg


MさんのWL
前回クランクの芯出しが終わったので、クランクのスラスト量調整し、タイミングギア周り組み付け。
タイミングサイドクランクケースとカムカバーの組み合わせで仮組みした際は問題なかったのですが、クランクを組み付けると、ピニオンブッシュが少々渋い。
冶具を使い少々ピニオンブッシュラッピングし仮組みO.K








1970XLH900

a0248662_22285095.jpg
a0248662_2229894.jpg
a0248662_22293452.jpg
a0248662_22295257.jpg
a0248662_2230965.jpg
a0248662_22302625.jpg
a0248662_2230446.jpg


Tさんのアイアンスポーツ
ベンディックスキャブを分解清掃し各部チェック。
インテークマニホールド面面研後、ナメていたマニホールドボルトねじ山ヘリサート加工。
バタフライ位置修正、フロートレベル修正、オーバーフローチェック。








1973XLCH1000

a0248662_23423084.jpg
a0248662_23424255.jpg
a0248662_23425731.jpg
a0248662_23432979.jpg
a0248662_23435053.jpg
a0248662_2344637.jpg
a0248662_23442654.jpg


Kさんのアイアンスポーツはロッカーアームブッシュ交換。
前加工済みのロッカーアーム圧入後、ラインリーミング&ラッピングしホーニング。
ロッカーボックスを清掃し組み付け。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-08 00:00 | その他 | Comments(0)
2017年 01月 06日

1951TRIUMPH T100 シリンダーヘッドバルブガイドホール

a0248662_272143.jpg

a0248662_261371.jpg

a0248662_262944.jpg
a0248662_273154.jpg

今日はHさんのトライアンフ、ヘッド周りのお話。
鋳鉄ガイドに青銅系のスリーブが入っていたものです。

使い物にならないガイドを何時ものようにポート内のカーボンを徹底除去後ガイドを抜き取ったものの、4本ともヘッド側バルブガイドホールに傷が入ってしまいました。(4本とも傷が入っている・変形しているのは初めてであります。)
熱膨張率が高いアルミヘッドに対し熱膨張率の低い鋳鉄ガイドが入っているのにもかかわらず、4本とも抜き取る際、随分硬く抜くのに苦労しました。
これは、ガイドとヘッドがカジッてしまっていたためと思われます。このことについては考えるところがありますが、また後で説明します。

ともあれ、傷の入ったヘッド側ガイド穴を内径拡大し傷を無くします。



a0248662_285341.jpg
a0248662_2103227.jpg
a0248662_2104688.jpg
a0248662_2105887.jpg


バルブガイドホールにリーマーを通し内径拡大しますが、バルブシートに対し垂直にリーマーを通すことが必要なので、冶具を製作。



a0248662_2142068.jpg

a0248662_2144189.jpg


冶具を使いリーミングしてみると、カーボンの付着が少なく、抜き取ったガイドが綺麗だったインテーク側の方が状態が悪い?
仮説を立てると、アルミヘッドに対し膨張率が低い鋳鉄ガイドなので、ヘッドに熱がかかりバルブの上下運動の抵抗により、ガイドが微妙に動き、ヘッドとガイドの圧入部に隙間が開き、カーボンが溜まり固着化する。
ガイドを抜き取る際にガイドホール内に固着化したカーボンが齧り傷になる。
となるとアルミヘッドに鋳鉄ガイドが入っているものがガイドを抜く際、なかなか恐ろしい・・・あくまで仮説ですが。


下画像は状態が悪かったインテーク側のリーミング作業です。


a0248662_2154449.jpg

リーミング前。
ガイド鍔の座面部にもカーボンが付着しているのがわかります。

a0248662_2161683.jpg

軽くリーマーを通し一皮剥けた状態。
上から下へカーボンが付着しています。ここの部分がマイナスしカーボンがついたままです。
つまりここの部分はガイドとガイドホールが密着していなかったところです。


a0248662_2164364.jpg

もう少し拡大していくと、上部分とした部分だけ広がっています。
バルブの上下運動ににより、ガイドが少し動いていたことが解ります。



a0248662_217826.jpg

もう少し堀り、上側のマイナス部はほぼなくなりました。下側はの広がっている部分がなくなるまで拡大すると大分大きな穴になってしまうのでここまで。



a0248662_2183028.jpg

a0248662_2184113.jpg

a0248662_2174894.jpg

仕上げにホーニングし綺麗になりました。
内径拡大したガイドホールにあわせバルブガイド外径を加工しガイド圧入します。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-06 03:24 | 1951TRIUMPH T100 | Comments(0)
2017年 01月 05日

明けましておめでとう御座います。

2017年が始まりました。今年の三が日は暖かくお出かけ日和でありましたね。
私はお招き頂いたお宅でさっさとお酒のみ一人で爆睡と、どんどん自分の父親に似てきたな・・・。
昨年は忘年会を出来なかったので新年会を企画しようと思っていますので、また詳細はご連絡します。
というわけで、今年も宜しくお願いします。



でここからバイクのお話。
修理依頼でお預かり中の陸王さんのエンジン。
内燃機加工がやっと上がってきましたので、作業報告的お話です。




1956陸王750 クランク周り組み付け

a0248662_23321562.jpg

この年式の陸王のクランク軸受けはドライブ側はローラーベアリング2連。
タイミング側はブッシュであります。
この車両はクランク軸受けに問題がありましたので、手直ししていきます。

a0248662_2332419.jpg

まずはドライブサイドクランクシャフトベアリングレース。
クランクケースにベアリングレースが圧入され、ストッパースクリューで留められていますが、ベアリングレースが動いてしまっていますので、分解計測。
ベアリングレース外径49.25mmに対し、ケース側は49.29mm~49.30mmと0.04mm~0.05mm広がっています。
鉄が鋳込んでいなくアルミケースに直接レースが圧入されているため、陸王の軸受けベアリングレースが動いてしまっているものは多いのでは?
こちらは左右ケースの軸受け部の芯を拾い、ケース側ベアリングレース圧入部を真円加工し、その穴にあわせベアリングレース外径を溶射・肉盛り・研磨し、しっかり圧入出来るようにします。



a0248662_2333231.jpg
a0248662_23331549.jpg

タイミングサイド側クランク軸受け。
シャフト径22.22mmに対し軸受けブッシュは0.1mm~0.2mmと大分広がっています。
タイミングサイドのクランクシャフト受けがブッシュになっているタイプのものは、オイルポンプからタイミングサイドクランクシャフトをオイル通り、コンロッドビッグエンド部へオイルが行くのと動じにシャフト側面に開いている穴から軸受けブッシュの潤滑のためオイル行くようになっています。
そのため、ここのブッシュのガタが大きくなりますと、ビッグエンド部へのオイル行き量が減ります。
また、ビッグエンド部へのオイルはケースの溜まりシリンダー内壁を潤滑します。サイドバルブエンジンの場合、ヘッドに行くオイルはありませんので、タイミングサイドクランクシャフトとブッシュのクリアランスは重要です。



a0248662_23343763.jpg

内燃機屋さんから上がってきたクランクケース。
ドライブサイドはベアリングレース外輪、溶射肉盛り・研磨し圧入。


a0248662_2335776.jpg
a0248662_23352510.jpg
a0248662_23354356.jpg

タイミングサイドは今回タイミングギア周りはお預かりしていませんので、ピニオンシャフトギアの芯がズレてしまうと、4カムギアのギアトレインのズレが生じてしまうとまずいので、分解時のブッシュ中心をあてにして元々ついていたブッシュをボーリング。
ボーリングしたブッシュ径に合わせ、シャフトを溶射・肉盛り・研磨してクリアランス0.05mmにしてあります。
また、シャフトは摺動部用モリブデン系の溶射をしてもらっています。



a0248662_2336594.jpg
a0248662_23362128.jpg
a0248662_23364187.jpg

コンロッドビッグエンドラッピング、スモールエンドブッシュ製作は終わっていますので、クランク組み付け。
まずはドライブ側、タイミング側シャフトとフライホイールを組み付け、ホイールの振れ、シャフトの振れをチェックしクランク組み付け。


a0248662_2337779.jpg
a0248662_23372888.jpg



a0248662_23374968.jpg

クランク芯だし
ドライブサイドは0.01mm、タイミングサイドは0.15mm振れ。
クランクピンはロックタイト&ロックタブを取り付けO.K


a0248662_23383546.jpg

a0248662_23385423.jpg

a0248662_23391268.jpg

a0248662_23393420.jpg

クランクのサイドスラスト調整。
タイミングサイドがブッシュのものはタイミングサイドのスラストワッシャーは無く、ドライブ側のスラストワッシャー1枚の厚みで調整。
1.5mm厚のシムを製作し取り付け。
スラスト量0.25mm。

a0248662_23394712.jpg

というわけでクランク周りの終わり、うちでの作業はここまでなので、オーナーさんに引渡しです。
長らくお待たせしてしまってスミマセンでした。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-05 01:08 | 1956陸王750 | Comments(0)