Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2016年 09月 29日

1947FL1200 オイルポンプ

今日はIさんのナックルヘッド、オイルポンプ周りのお話。

a0248662_2215394.jpg


a0248662_2216789.jpg

a0248662_22162386.jpg

オイルポンプボディーの内壁はフィード側、リターン側ともに状態良し。

a0248662_22173934.jpg

a0248662_22195488.jpg

ギアとボディーの面もフィード・リターン側ともに面一。
フィード側には黒のガスケット厚み0.2mm、リターン側には茶のガスケット厚み0.1mmが入りこの厚みがクリアランスとなります。

a0248662_2217512.jpg

a0248662_22234314.jpg

a0248662_2223135.jpg

リリーフバルブ、チェックバルブのチェック。
チェックバルブはバルブ(球)に光明丹をつけボディー側の座面をチェック。問題なし。
リリーフバルブは蓋ボルトの座面部からアジャスターネジの距離から3/8”(9.5mm)になるように。

a0248662_22241169.jpg

a0248662_2225339.jpg

a0248662_2226781.jpg

a0248662_22271263.jpg

41年~47年まで使われているCENTERIFUGAL VALVE(遠心バルブ)がついています。
オイルポンプにはある一定の油圧がかかるとリリーフバルブから余計な油圧を逃がすような仕組みになっています。ナックルの場合はリリーフバルブからカムギアケース内にオイルを逃がすようになっています。
この遠心バルブは低・中速時は遠心バルブから、リリーフバルブ裏側に油圧をかけ、リリーフバルブが開きづらくし、低・中速時の油圧が逃げないようにしています。高回転になると遠心バルブが閉まり油圧がかからずリリーフバルブが開きやすくなります。この時代オイル量コントロールに苦労していたのが解りますね。



a0248662_22275835.jpg

a0248662_22282147.jpg

a0248662_22283837.jpg

オイルポンプ仮組みし、トルク管理し組み付け。
まわるっぷりチェックしO.K。
次回本組みしてオイル回しチェック。


a0248662_22292934.jpg

a0248662_2229509.jpg
a0248662_22301099.jpg

a0248662_22303130.jpg

クランク本組み前に、デスビマウントボルトの雌螺子ヘリサート処理。
ここの螺子穴は1/4”-24UNS。
同じサイズのスタッドボルトをボール盤のチャックに銜えておき、螺子部の垂直を出し、ケースセットアップしヘリサート加工。

というわけで次回エンジン腰下本組みです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-29 22:54 | 1947FL1200 | Comments(0)
2016年 09月 28日

最近の授業風景

日曜日




1976XLCH1000

a0248662_848162.jpg


Z君のアイアンスポーツ
外装リア周り(フェーンダー、シーシーバー)加工ごとがまだ終わっていませんが、出来るところまで配線引きなおし作業。





1979FXE1200

a0248662_848238.jpg


Iさんのシャベルヘッド
卒業のはずだったのですが、最後に試乗させてもらうとフロント周りがウェービングするというか、ハンドルがとられる感じがあります。
次回ステアリングヘッド周りを分解・チェックします。








月曜日



1939EL1000

a0248662_8484560.jpg

a0248662_8491214.jpg


Wさんのナックルヘッド
フットボードからフットペダル化するため、ステーなど製作しつつ、リアテールランプをシングル球からダブル球に変換加工。



1985FX1340

a0248662_8493829.jpg


アイアンスポーツで在学中のTさんは、もう一台所有の4速エボを持ち込み、車検整備。





火曜日



1965TRUMPH TR6

a0248662_8505780.jpg

a0248662_850415.jpg


E君のトライアンフは元々ついていた、ポイント点火をやめ、ボイヤーのフルトラ化
配線作業です。



1947FL1200

a0248662_851316.jpg

a0248662_8514440.jpg

a0248662_852528.jpg

a0248662_8521895.jpg


Iさんのナックルヘッド
苦労した前後リム組み・振れ取りが終わり、スプリンガーフォークロッカーブッシュ交換。





1976XLCH1000

a0248662_8525251.jpg

a0248662_8531098.jpg


Z君のアイアンスポーツはシーシーバー製作。
ガスタンクの錆取り地獄。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-28 09:17 | その他 | Comments(2)
2016年 09月 25日

1958陸王バルブシートカット

今日は修理依頼でお預かりしている陸王のバルブ周りのお話。

a0248662_2234720.jpg
a0248662_22343252.jpg

まずはガイド内径計測。
ステム径に対し8.63mmに対し0.08mm程度のクリアランスでサイドバルブのクリアランスとしてはO.K。


a0248662_22351095.jpg

a0248662_22361728.jpg
a0248662_22363282.jpg

元々付いていたバルブは傘部分が大分減っていたので交換。
陸王の最終型はインテークバルブの傘径が大きくなっています44.1mm。エキゾースト側は41.4mm。
EX側はWLのSTDサイズ、IN側はWL用の1/8”オーバーサイズがあったのでこいつを使います。



a0248662_22365699.jpg

ガイドは一応、+0.08mmのリーマーを通す。


a0248662_22422217.jpg

a0248662_22385362.jpg
a0248662_22391070.jpg

シートカット。
まず虫食いがある45度面を虫食いがなくなるまでシートカット。


a0248662_22401714.jpg

a0248662_22403170.jpg

バルブとシートのあたり面幅が1.5mm程度になるように30度面、60度面をカット。

a0248662_22432585.jpg

a0248662_2243985.jpg

擦り合わせをして完了。

a0248662_22434954.jpg

a0248662_22441083.jpg



a0248662_22443981.jpg

a0248662_22451823.jpg

灯油漏れチェックをして、仕上げでガイドホーニング。

a0248662_22453924.jpg

4本それぞれ行い、バルブ周り完了です。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-25 09:13 | 1958陸王RTⅡ | Comments(0)
2016年 09月 24日

1959XLCH フロントフォーク

今日は修理依頼で預かっているアイアンスポーツのフロントフォークのお話。
72年まで使われていた33.4mmのフロントフォーク。特に前期のダンパーロッドがついているものは、なかなか面倒です。


a0248662_23431461.jpg

a0248662_1142811.jpg

a0248662_1145561.jpg

まずは分解。
アウターチューブ下のダンパーが留まっているナットをはずすとインナーチューブとアウターチューブが分離。
スプリングをこじり、ダンパーロッドにスパナをかけ、ロッドリターナーを外すとばらけます。


a0248662_23434780.jpg

a0248662_2344445.jpg

分解し清掃、計測。
ダンパーチューブは固着無く問題なし。



a0248662_2344174.jpg

a0248662_23443268.jpg

問題は右側のアウターチューブ内のフォークブッシュ。(画像下)
ロワー側のブッシュが上まで上がってきてしまっています。確かにガタが随分多かったです。
左はのフォークブッシュはガタも少なく問題なし。(画像上)


a0248662_23444781.jpg

a0248662_2345034.jpg

自家製作の抜き取り工具を使い、ブッシュ抜き取り。
このタイプのフォークはアウターチューブ下側が止まりになっていて、スチール製なので中が錆びていたりするとブッシュを抜き取るのが非常に困難です。


a0248662_2345113.jpg
a0248662_23452327.jpg

ブッシュ抜き取り後計測。
アウターチューブ内径37.68mmに対し、新品ブッシュ外径37.65mmとブッシュの方が小さく、圧入できず新品ブッシュは使えず・・・。


a0248662_23453652.jpg
a0248662_23455114.jpg
a0248662_23462223.jpg

というわけで、アウターチューブ内径、インナーチューブ外径に合わせブッシュ製作。
フォークブッシュはクリアランスを詰め過ぎると、フレームに車体につけた際に動きが渋くなってしまいます。
かといってガタガタにするわけにもいかないので、寸法の選択が微妙です。


a0248662_23464352.jpg
a0248662_234721.jpg

a0248662_23472171.jpg

ブッシュを入れる前にナメていた、ドレンボルト螺子部をヘリサート加工。
此方も同じく右側のフォーク。



a0248662_23474734.jpg

a0248662_23483574.jpg

a0248662_23480100.jpg

ブッシュ圧入。
此方も自家製圧入工具を使い圧入。
ロワー側ブッシュはブッシュの止まり位置まで約200mmも圧入していくので、嵌め代がきつ過ぎると途中で止まってしまいます。また緩過ぎると中で動いてしまう恐れがありますので、圧入加減を見つつ、ブッシュの外径を研磨し調整。

a0248662_23495494.jpg

a0248662_23481493.jpg

同じくアッパー側ブッシュも圧入し、中古インナーチューブを使いラッピング。
ラッピングの際に使うバルブコンパウンドをアウターチューブ内に残らないよう、泣きながら清掃。



a0248662_23524741.jpg

a0248662_2353248.jpg

組みつけ作業。
ダンパーロッドとリテーナーを取り付ける際に、フォークスプリングを縮めておく必要があります。
此方も自家製工具を使い、スプリングを縮めておき取り付け。
フォークスプリングは新品に交換。


a0248662_23531590.jpg

a0248662_2353302.jpg

アウターチューブを取り付け、ダンパーチューブのマウントナットをシーリングし完成。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-24 01:54 | その他 | Comments(0)
2016年 09月 23日

1965TRUMPH TR6 エンジン腰上組みつけ

今日はE君のトライアンフのお話。
前回エンジン腰下をフレームに乗せ、その続きです。

a0248662_2344478.jpg

ピストン、ピストンリングはE君の持ち込みのもの。
シリンダーはピストンに合わせボーリング済み。

a0248662_235677.jpg
a0248662_2352548.jpg
a0248662_2354370.jpg

ピストンリングは日本ピストンリング製。
トップリングはバレルフィースタイプ、セカンドリングはアンダーカットタイプ、オイルリングは3ピースのものです。セカンドリングのアンダーカットタイプは古いバイクを扱っているとあまりお目にかからないですね。初めて使います。


a0248662_2361163.jpg
a0248662_2362228.jpg


a0248662_2363847.jpg

ピストンリングギャップ、ピストンリングクリアランスチェックし問題なし。
ピストン、シリンダー搭載すベースナット締め付け。



a0248662_2392831.jpg

ロッカーアームとロッカーアームシャフトのクリアランスは良好だったので、Oリング交換し組み付け。

a0248662_237451.jpg
a0248662_2371919.jpg

a0248662_2405895.jpg

使用するヘッドガスケット、シリンダーヘッド、プッシュロッドチューブを仮組みして、プッシュロッドチューブのオイルシールの厚み選出。
プッシュロッドチューブアッパー側にはOリングを付け、ロワー側の角断面シールの厚みを選択し、1mm程度つぶれる厚みにします。



a0248662_240812.jpg

a0248662_2373246.jpg

a0248662_2582465.jpg

ヘッドボルトの締め付け順序を確認しつつ、トルク管理しヘッド締め付け。
タペット調整をして、エンジン腰上組み立て完了。








なんやかんや製作物


a0248662_243273.jpg

a0248662_2434279.jpg

Tさんのアイアンスポーツ用シフターシャフトブッシュ



a0248662_2435717.jpg
a0248662_2441092.jpg
a0248662_2442256.jpg
a0248662_2443447.jpg

Iさんのアイアンスポーツ用、鍔付きのリアアクスルシャフトスペーサー




a0248662_2444940.jpg

a0248662_245268.jpg

修理依頼でお預かり中の初期型アイアンスポーツフロントフォークのブッシュ








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-23 03:05 | 1965TRUMPH TR6 | Comments(0)
2016年 09月 21日

火曜日の授業風景

1943WLC750

a0248662_2243127.jpg

a0248662_225377.jpg

4日連続でお越しの北海道HさんのWL
シリンダーベースナットをトルク管理し締め付け後、タペット調整。

a0248662_2254464.jpg
a0248662_226730.jpg

a0248662_227671.jpg

点火タイミング調整。
この年式あたりの点火タイミングクランク位置はマニュアルにピストン位置で表記されています。
BTC1/4”~9/32” ピストン位置が上死点位置から6.35mm~7.14mmに下がったところということですね。
分度器をつけて確認すると圧縮上死点前29度。私のVLも30度でありました。


a0248662_2273078.jpg
a0248662_227492.jpg

a0248662_229438.jpg

a0248662_229457.jpg

でここでひとつ問題が起きました。
デスビのタイミングコントロールブラケット(ストッパー的なもの)を付け忘れていました・・・。
こいつは#3タペットと共止めになるので、シリンダーを抜き、#3タペットを抜き取りつけ。
改めて、点火タイミングを合わせ無事終了。
エンジンの作業はここまでとなり、北海道に送り出します。








TRUMPH T140

a0248662_22102213.jpg

a0248662_22104373.jpg

a0248662_2211086.jpg

a0248662_2211385.jpg

a0248662_22132399.jpg

a0248662_22133798.jpg

此方も同じくHさんの所有するトライアンフ・ハリスボンネのヘッドさん。
ロッカーボックッスをマウント部のねじ山が逝ってしまったようで持込。
チェックすると4箇所とも駄目、以前にヘリサートされていた部分もコイルが抜けてきていました。
3箇所はヘリサートしコイルが抜けた一箇所は生きていたねじ部を生かしコイルを入れました。
ヘッド面研し、此方の作業も終わり。









1965TRUMPH TR6


a0248662_221699.jpg

Eくんのトライアンフは配線引きなおし中。
次回点火周りをやったら、エンジンかけられるかしら。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-21 00:34 | その他 | Comments(0)
2016年 09月 20日

日、月曜日の授業風景


1971 BSA A65

a0248662_23272738.jpg

a0248662_23302616.jpg
a0248662_23304841.jpg

a0248662_23315291.jpg

TさんのBSA
不良だったスロットルホルダーを新品に交換し、スロットルケーブル取り付け、左右キャブレーターの同調をとる。
それぞれ穴径がおかしかったロッカーアームワッシャーは新しいものに交換し、改めてタペット調整。
付けるのを忘れていた、ロッカーアームのオイルラインに付く、オイル流量を調整すると思われるUピンを取り付け。







1968BSA A65

a0248662_2332588.jpg

a0248662_23332380.jpg
a0248662_23334191.jpg

a0248662_23345762.jpg

a0248662_23355490.jpg

NさんのBSA
スラスト調整、ベアリング交換、ハイギアブッシュの交換が終わったギアボックスを取り付け、ギアのチェンジチェックし問題なし。
ドライブ側クランクベアリングを交換し、以前ダミーベアリングを取り付け、シム選択は終わらせているのでシムを取り付け、ケースを組みスラストチェック。
ブリーザーのロータリーバルブを付け、カムシャフトを組むとバルブの動きが渋い、すり合わせしスルスル回るように。







1963FLH1200

a0248662_23361773.jpg

Sさんのパンヘッド
オイルポンプのチェックバルブの手直しが終わり、最後の試乗。
これで、卒業ということになります。
9月末で地元の京都に帰るということになったSさん。なんだか寂しいですが、地元でガンガン乗って下さい。








1943WLC750

a0248662_2339542.jpg
a0248662_234012100.jpg
a0248662_23413349.jpg

a0248662_2343633.jpg

a0248662_23431959.jpg

a0248662_23465715.jpg

a0248662_23473450.jpg

a0248662_23474853.jpg
a0248662_2348264.jpg
a0248662_23481795.jpg

a0248662_23492272.jpg

北海道からお越しのHさんは4日間続けての作業。
フィード側、リターン側のオイルポンプを仮組みして回りっぷチェックし問題なし。
オイルポンプギア(ブリーザーギア)のタイミング合わせオイルポンプ組み付け、オイルをまわしチェック。
シリンダー、ピストンはホーニング作業、シリンダー下面の面研済み、ピストンリングのリングギャップクリアランスをチェックし、シートカットすり合わせ済みのバルブを組み付け。
タペット、シリンダーを組み付け、大分形になりました。







1970XLH900

a0248662_23525481.jpg

a0248662_2350262.jpg
a0248662_23532379.jpg

Tさんのアイアンスポーツ
クランクケースを本組みし、オイルポンプ本組みですが、前回チェックして問題なかったオイルポンプの回りっぷりが悪く、苦戦。
位置決めダウエルピンが付いているものの、微妙に動くポンプボディーのため、微妙な位置のずれでギアの動きが渋くなる。また今回はフィード側のギアに干渉があったため渋くなってしまったようだ。
毎回ながら、アイアンのギア式ポンプはなかなか神経質です。
ともあれ、変な引っかかり無くスムーズに回るようになりました。







1979FXE1200

a0248662_23533977.jpg


軽整備コースで入学したIさんのショベルヘッド。
作業ごとは終わり試乗し問題なし。また、今回一番の目的であるプライマリー周りからのオイル漏れも大丈夫そうです。というわけでIさんも卒業ということになります。次回はアイアンですかね(笑)








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-20 00:39 | その他 | Comments(0)
2016年 09月 18日

土曜日の授業風景


1943WLC750

a0248662_838302.jpg

a0248662_8384485.jpg
a0248662_8393555.jpg
a0248662_840977.jpg

a0248662_8402342.jpg

a0248662_8404368.jpg
a0248662_841934.jpg

北海道からお越しのHさんのWL
クランクの組み付け作業は終わっていますので、今回はケース組み付け作業。
フライホイールワッシャーの厚みをあけクランクのスラスト調整。
規定のスラスト量にしつつ、コンロッドがケースの真ん中に来るように。
スラスト調整後、オイルポンプの構造、オイルの流れ考察。組み付け。







1970XLH900

a0248662_8414341.jpg
a0248662_8415524.jpg
a0248662_8422532.jpg
a0248662_8423983.jpg
a0248662_842513.jpg
a0248662_8432292.jpg

a0248662_8434054.jpg

Tさんのアイアンスポーツ
クランク、カムギア、オイルポンプ、T/Mの仮組みが終わっていますので、クランクの本組み作業。
ドライブ側のクランクベアリングのスラスト量をチェック後、プライマリーのワンウェイバルブ、メクラ化、エンジンハンガーの取り付けチェックを済ませ、液体ガスケットを付け、クランク本組み。







1980XLH1000

a0248662_8441342.jpg

a0248662_8442795.jpg

a0248662_8444177.jpg

Iさんのアイアンスポーツ
キャブ清掃、チェックごと、面研を終わらせたケイヒンキャブ。
今回は、インシュレーターをつける為、長さを合わせスタッドボルト製作。
Oリングの隙間を均等にしつつ、マニホールド取り付け、キャブレーター取り付け。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-18 08:57 | その他 | Comments(0)
2016年 09月 17日

1965TRUMPH TR6 シリンダーヘッド周り

今日は先日と引き続き、E君のトライアンフのヘッド周りのお話。


a0248662_063531.jpg

バルブガイド抜き取り、ヘッド側ガイドホール計測。
楕円、深い傷など無く良好であるが、穴は広がっています。
IN側は12.71mm、EX側は12.6mmで嵌め代分プラスでガイドサイズを考えると、IN側は.002”o.s、EX側は.004”o.sのガイドが必要です。


a0248662_065526.jpg

a0248662_071342.jpg

まずはロッカカバーマウントボルトのねじ穴が終わっていたので、ヘリサート処理。
この年代は1/4”-26山BSCです。


a0248662_072896.jpg

a0248662_074732.jpg

ロッカー側、シリンダー側ともに面研。
ロッカー側は、うちでやる定盤面研でいけましたが、シリンダー側は歪みが酷いので、内燃機屋さんに頼むことに。

a0248662_081659.jpg
a0248662_08297.jpg
a0248662_084386.jpg

バルブガイド前加工。
使うバルブガイドはkibblewhiteのバルブガイド。
このガイド材料の C 630 Nickel Aluminum Bronze というやつは粘り硬く、穴が小さき状態で圧入してしまうと、その後のリーマー加工が大変になります。
その為、圧入前に専用の生爪に銜え、旋盤でリーマー加工。IN,EXそれぞれバルブステム径+クリアランスのサイズのリーマーで内径拡大。
また、ガイド外径も加工。
先ほども述べたようにIN側は.002”オーバーサイズ、EX側は.004”オーバーサイズのガイドをヘッド側のガイドホール内径+圧入代のサイズまで研磨。


a0248662_094793.jpg
a0248662_010789.jpg
a0248662_0102591.jpg

バルブガイド圧入。
圧入後縮んだガイド穴を改めて+クリアランス分のリーマーを使い内径拡大。


a0248662_0113882.jpg

a0248662_012178.jpg

ここへ来て、もう一箇所ロッカーカバーマウントボルトのねじ山へりサート加工。
見落としていました。



a0248662_0144454.jpg

a0248662_0152161.jpg

a0248662_015373.jpg

バルブシートカット。
このトライアンフは、ユニットエンジンでありますが、もともと付いていたバルブはプレユニットのものが付いていました。(バルブの傘径が違い、IN,EXともにプレユニットのもののほうが傘径が大きい)
どうも63年のユニットエンジン(ユニットとプレユニットモデルの変換期)にはプレユニットエンジンと同じサイズのバルブが使われていたようです。
56-62年プレユニットモデルIN傘径38.10mmEX傘径34.11mm
63-83年ユニットモデル IN傘径40.64mmEX傘径36.58mm

今回はユニットモデルの大きな傘のバルブを使い、拡大シートカットをRテック内燃機屋さんに依頼。
ヘッド面研もしてもらい、加工ごとはこれで終わり。


a0248662_0122924.jpg

a0248662_0124259.jpg

a0248662_0125717.jpg

a0248662_0133524.jpg

インナースプリングだけ仮組みして、アウタースプリングの取り付け長計測。
IN,EXそれぞれの取り付け長差異は0.2mm程度だったので、シム調整は無し。
アウタースプリングも取り付け長で圧縮し、計測。4本とも均等な数値で問題なし。
というわけで、本組みして、ヘッド作業終了です。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-17 01:03 | 1965TRUMPH TR6 | Comments(0)
2016年 09月 16日

1965TRUMPH TR6 クランク周り組み付け

今日はE君のトライアンフ、クランク周りのお話。

a0248662_12334378.jpg

まず、クランク組み付け前に、クランクケースをフレームに乗せチェックごと。
クランクケース下のフレームとのマウント部分には隙間が開きましたので、シムを製作し調整。

a0248662_1234458.jpg

a0248662_1234196.jpg

a0248662_12344217.jpg

ドライブ側、タイミング側ともにクランクシャフトベアリングが手スポだたので、内燃機屋さんで両シャフト溶射・肉盛・研磨し、使うベアリングがちゃんと圧入できるように加工。
ビッグエンドメタル調整、芯出し済み。

a0248662_12361224.jpg

コンロッドを規定トルクで締め付け、スラッジチューブ、スラッジチューブナット取り付け。


a0248662_1236434.jpg

a0248662_12365799.jpg

ベアリング組み付け。
タイミングサイドはボールベアリング。ドライブサイドは抜き差ししやすいようにローラーベアリングにしています。

a0248662_12381152.jpg

a0248662_12383232.jpg

ケース合わせる前に、ギアボックッスハイギアシール、スプロケットを付けておきます。

a0248662_12371033.jpg
a0248662_1239082.jpg

カムシャフトを組み込みケース組みつけ。
IN側に入る、ロータリーブリーザーバルブとスプリングを入れるとスラストが無くなり動きが渋くなってしまう・・・。
スプリングの長さを調整し組み付け。

a0248662_12405350.jpg

タイミングマークを合わせ、タイミングギア周り組み付け。
回転させそれぞれ、ギアのバッククラッシュ、渋くなるところがないかチェック。問題なくO.K


a0248662_12411722.jpg

a0248662_12414955.jpg

オイルポンプ、カムカバーをつけ、オイル回りっぷりチェック。

a0248662_124232.jpg

クランク本組みして、フレームに搭載。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-16 13:06 | 1965TRUMPH TR6 | Comments(0)