<   2016年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2016年 07月 16日

1956陸王750 コンロッドビッグエンド

修理依頼の陸王のエンジン。前回スモールエンドブッシュ製作が終わり、今日はコンロッドビッグエンド部のお話。


a0248662_235359.jpg

分解時、フロント側ロッドベアリングレース上下に0.02mm楕円、左右のレースで0.01mmの差。
リア側は上下に0.03mm楕円になっていました。
(陸王さんのコンロッドはフロントがフォーク、リアがナイフタイプです。)


a0248662_24645.jpg

a0248662_242098.jpg
a0248662_243297.jpg

ベアリングレースをラッピングしフロント、リア共に真円にする。
フォーク側コンロッドの左右のレース径を合わせるのがなかなか難しい。
フロント側タイミングサイド、ドライブサイド共に38.12mm。リア側38.13mmに。


a0248662_25866.jpg

段付きになっていたクランクピンは交換。WL用JIMS製のクランクピン、ピン径25.40mm
ローラーケージが錆を落とし使用。

a0248662_252019.jpg

ラッピングしたベアリングレース内径、クランクピンに合わせローラー選択。
フロント側(ショートローラー)は6.345mm(.0002"アンダーサイズ)を使いクリアランス0.03mm
リア側は(ロングローラー)は6.355mm(.0002”オーバーサイズ)を使いクリアランス0.02mm
フォーク側とナイフ側でガタの出方が違うので、クラアランスを変え調整します。

a0248662_253526.jpg

コンロッド・スモールエンド部の振れ、フロント(フォーク側)0.45mm、リア(ナイフ側)0.95mmといったところに。

a0248662_255145.jpg
a0248662_26268.jpg

クランクピンナットをトルク管理し締め付け、コンロッドのスラスト量チェック。
スラスト量0.25mmで問題なし。

クランクケースの加工ごとが終わったらクランク芯出しです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-07-16 02:32 | 1956陸王750 | Comments(0)
2016年 07月 13日

1970XLH900 タイミングギア周り

今日はTさんのアイアンスポーツ、カムギア周りのお話。

a0248662_13455217.jpg

まずクランクケース側のカムベアリングは全交換。

a0248662_1346978.jpg

カムブッシュは#1.3.4ブッシュはシャフトとのクリアランス良好。
#2カムブッシュだけ交換します。

a0248662_1346307.jpg
a0248662_1346463.jpg

カムカバー、カムシャフトに合わせブッシュ製作。

a0248662_1347198.jpg
a0248662_13472344.jpg

ダウエルピン穴加工しカムカバーに圧入。

a0248662_13474964.jpg

段つきの磨耗していた#1.3.4カムブッシュの鍔部分を面研。

a0248662_13481429.jpg

クランクケース、カムカバーを合わせラインが出た状態で専用ラッピングロッドを使いラッピング。

a0248662_1465488.jpg

カムブッシュラッピング後、カムカバーガスケットを付けカムカバー、クランクケースを取り付け、#1.2.3.4カムシャフトそれぞれスラスト調整。
調整用シムは厚み .007”(0.17mm).005”(0.12mm).015”(0.38mm)とありますが、70年以前のアイアンは大体スラスト量が大きくなり、何枚かあわせないと調整できないので、厚い調整シム(0.5mm、0.6mm)をつくり調整。
スラスト量は0.1mm0.05mm~0.1mmというところ。


a0248662_13484792.jpg
a0248662_1349797.jpg
a0248662_1349263.jpg

左右クランクケースを合わせ、ピニオンシャフトベアリングレースラッピング。
真円にしレース内径34.95mm ピニオンシャフトローラー軸受け部は25.39mmなのでローラーサイズ4.767mm(.0002”o.s)のローラーを使いクリアランス0.026mm。


a0248662_13494765.jpg

a0248662_1350620.jpg

ピニオンベアリングレースラッピングしたところで、分解時抱きつき気味だったピニオンシャフトブッシュをラインリーミング。


a0248662_1351454.jpg
a0248662_13511838.jpg

スラスト調整したカムシャフト、ピニオンシャフト&ローラーを仮組みしてクルクルチェックしO.Kであります。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-07-13 21:51 | 1970XLH900 | Comments(0)
2016年 07月 11日

週末の授業風景

a0248662_9165467.jpg





1980XLH1000

a0248662_9161696.jpg

a0248662_9175148.jpg

a0248662_918820.jpg

a0248662_9183641.jpg

Iさんのアイアンスポーツはまずプライマリー周り。
もともと付いていたプライマリーカバーは以前こけたのかクラックが入っていたので、新しいものに交換。
フットペグサポートのスタッド(エンジンケースから伸びるやつ)も曲がっていてカバーが入らないので、スタッド製作。

a0248662_9192320.jpg
a0248662_9193885.jpg

a0248662_920152.jpg
a0248662_9203048.jpg

新しいプライマリーカバーにはシフターシャフトブッシュが入っていなかったのでブッシュ製作し、取り付け。
ホーニングしクリアランス調整し、スラスト調整。

a0248662_9214267.jpg
a0248662_9215822.jpg
a0248662_9221318.jpg
a0248662_9222571.jpg
a0248662_9224072.jpg

a0248662_923512.jpg
a0248662_9231858.jpg

ガタガタだったリアブレーキペダルのブッシュ製作。
こちらも圧入しクリアランス調整しとりつけ。







1970XLH900

a0248662_925286.jpg

Tさんのアインスポーツは先日、ミッションのシフター位置調整が終わり、仮組みしてギアチェンジチェック。
入りっぷりに問題なく良好だが、シフターシャフトが段減りしていてガタ多し。シフターシャフト交換。


a0248662_9254068.jpg

a0248662_926621.jpg
a0248662_9262957.jpg
a0248662_9264850.jpg

キックシャフトブッシュのチェックのためスプロケットカバー取り付けですが、上下の位置決めダウエルピンが付いていません。片側はスプロケットカバーに埋まってまして、タップを立て抜き取り。ダウエルピン取り付け。
キックシャフトブッシュはガタ多く交換。


a0248662_928197.jpg
a0248662_9283327.jpg

クラッチスチールディスクの歪みチェック、フリクッションディスクの面研。

a0248662_9285478.jpg
a0248662_929840.jpg
a0248662_9292127.jpg
a0248662_9293425.jpg

見た目で隙間がある、キックラチェットギアブッシュは抜き取り、単品製作。








TRITON RACER

a0248662_947719.jpg


Oさんのトライトンはバルタイチェック後、点火タイミングチェックしO.Kであります。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-07-11 10:06 | その他 | Comments(0)
2016年 07月 09日

1978XLH1000 エンジン始動

修理依頼でお預かり中のアイアンスポーツ、エンジン始動です。
まず細かな作業から。

a0248662_8165238.jpg

a0248662_8172093.jpg
a0248662_8173263.jpg
a0248662_8174328.jpg
a0248662_8175578.jpg

この年式のアイアンはフットペグのサポートはケース側から伸びているスタッドボルトに留めますが、回り止めのためダウエルピンがついています。
プライマリー側のサポートのダウエルピンが折れてしまっていたので、中折れしてしまっているピンをドリルでもみピン製作し圧入。

a0248662_8181319.jpg
a0248662_8183630.jpg
a0248662_8185628.jpg

こちらは車体右側のフットペグ。
随分曲がってついていましたので、アセチレンバーナーであぶり曲げ修正。


a0248662_8191665.jpg

a0248662_8193815.jpg

切れかけていた、ケーブルを製作し、取り付け配線チェック。

a0248662_8195525.jpg
a0248662_820875.jpg

ジェネレーターランプが切れていたので、ランプ交換。
フロントブレーキSWも駄目だったので交換しています。


a0248662_8203048.jpg
a0248662_820423.jpg
a0248662_8205592.jpg

点火時期を合わせ。


a0248662_8225640.jpg

a0248662_8231163.jpg

オイルを入れエンジンにオイルを回す。


a0248662_8235145.jpg




ガソリンタンクを付けエンジン始動。
簡単に始動し、少しガソリンが薄めだったのでパイロットスクリューを少しあけアイドリング安定。

これから膿みだし、セッティングの試乗が始まります。暑いに日中を避け夜な夜なな試乗になると思います。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-07-09 08:47 | 1978XLH1000 | Comments(0)
2016年 07月 08日

平日の授業風景


1970XLH900

a0248662_143416.jpg

a0248662_1431817.jpg

a0248662_143454.jpg
a0248662_1435890.jpg

a0248662_145638.jpg

a0248662_1452682.jpg
a0248662_1453921.jpg
a0248662_1455288.jpg
a0248662_146724.jpg


Tさんのアイアンスポーツはトランスミッション周り。
ドライブスプロケット側ローラー受け部分が虫食っていたメインシャフトは純正NOSものに交換。
交換したベアリングレースを新しいメインシャフト径、STDローラーサイズに合わせラッピング。
ラッピング後、メインシャフトを組みまわりっぷりチェック。
ミッションを仮組みしてシフター位置(ドッグギア)チェック。
サイズ違いのシフターフォークを組み付け、メインシャフト、カウンターシャフトそれぞれのドッグギア位置調整。







TRITON RACER

a0248662_1462942.jpg

a0248662_1472073.jpg

a0248662_1473616.jpg

a0248662_1482047.jpg

a0248662_1483925.jpg


Oさんのトライトン・レーサー
シリンダーベースからのオイル漏れ、マグネトー交換のためタイミングギアカバー分解したトライトンであります。
シリンダーベースガスケット交換し、プッシュロッドチューブオイルシールの厚み選定、ヘッド取り付け。
バルブタイミングチェック。日ごろやらないバーチカルツインのバルタイ合わせ、結構面倒ですね。









CAB CT50

a0248662_149462.jpg


M先生の50ccのハンターカブさんはパーツが来るまで清掃作業。
錆びとりをしていたら、エキパイが完全に錆で割れているのが判明。色々ありますな。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-07-08 02:08 | その他 | Comments(0)
2016年 07月 06日

平日の授業風景


1963FLH1200

a0248662_829670.jpg
a0248662_8291952.jpg
a0248662_8294248.jpg
a0248662_8295920.jpg
a0248662_8301348.jpg
a0248662_8303990.jpg
a0248662_8305117.jpg


卒業間近のSさんのパンヘッド
フロントホールを16インチから18インチ化です。
リム組みし、振れとり、車体に取り付けセンターだしをしてタイヤ取り付け。
今回使った、新しいコッカータイヤは18インチサイズの割りに非常に硬く、手作業ではなかなかきつい。
ともあれ無事取り付け。







TRUMPH RICKMAN

a0248662_8313454.jpg

a0248662_834614.jpg

a0248662_834241.jpg
a0248662_8343559.jpg


Oさんのトライアンフはフロントフォークのインナーチューブ交換。
しかしながら、もともと付いていたアウターチューブの内径が左右で0.05mm違う・・・
もちろん元々付いていたインナーチューブも左右で大きさが違います。
その為片側のアウターチューブには新しいインナーチューブが入らない。
こんなことあるのですね。





CAB CT50

a0248662_8354498.jpg

a0248662_835446.jpg


先日持ち込まれたM先生の50ccのハンターカブ(1968年製のものと思われる。)
エンジンの状態は良さそうなので、足回りワイヤー周りを整備し走れるようにします。






1965TRUMPH TR6

a0248662_8363745.jpg

a0248662_8365533.jpg


a0248662_8371510.jpg
a0248662_8372752.jpg
a0248662_837442.jpg


a0248662_8382449.jpg

a0248662_8392820.jpg

a0248662_8395451.jpg


a0248662_8403486.jpg

a0248662_8405155.jpg
a0248662_841469.jpg
a0248662_8411675.jpg

a0248662_8413058.jpg


Eさんのトライアンフ
ユニットモデルとプレユニットモデルの変換機のヘッドのため、元々付いていたバルブはプレユニットモデルのものが付いていました。バルブをユニットモデルのものにして(バルブの傘が大きい)内燃機やさんで拡大シートカット。歪が酷かったヘッド面も面研。
バルブインサースプリングを仮組みしてアウタースプリングの取り付け長チェック。
実際のバルブスプリング取り付け長でのスプリング圧チェック。
ロッカーボックスマウントのねじ山が駄目だったのでヘリサート加工(1/4-26山)しバルブ周り本組み。
コンロッドスモールエンドブッシュは今回使う日本製のピストンのピストンピン径18mmにあわせ単品製作。
圧入しオイル穴加工。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-07-06 09:11 | その他 | Comments(2)
2016年 07月 04日

1973XLH1000 コンロッドビッグエンドベアリング

久しぶりに登場のIさんのアイアンスポーツのお話。
2台分のエンジンを持ち込み状態が良いほうのパーツを使いつつエンジンを組んでいきます。
というわけで、今日はコンロッドビッグエンドベアリング周り。

a0248662_22523785.jpg

a0248662_22525778.jpg
a0248662_2253127.jpg

2台分のコンロッド。

片側はレースの状態は良いが内径が大分広がっていてフロント、リアともに41.40mm
これはMAXオーバーサーズ(.002”o.s)のローラーを使って適正クリアランスが出るかどうかギリギリの大きさです。

片側のレースは虫食いが酷いがレース内径41.30mm。
ラッピングして虫食いを無くしたときにどれ位の大きさになるか。

新品のベリングレースに入れ替えても、ラッピングし0.2mm近く内径拡大をしなければならないので悩ましいところです。

a0248662_22535927.jpg
a0248662_22541357.jpg

クランクピンは純正とJIMS製ののもので寸法が少し違います。
純正のピン 31.72~31.73mm
JIMSのピン 31.75mm
と0.02mm~0.03mmJIMS製が大きいので、JIMS製を使えば、レースラッピングできる幅も多少広がります。

ローラーサイズはSTD(4.762mm)、.0002”o.s(4.767mm)、.0004o.s(4.772mm)、.0006”o.s(4.777mm)、.0008”o.s(4.785mm)、.001”o.s(4.787mm)、.002”o.s(4.813mm)とあり、0.005mm刻みとなります。 
.001”o.sから.002”o.sがいきなり跳んでしまうので問題でこの間に.0002”刻みでオーバーサイズローラーがあるとうれしい。


a0248662_22542869.jpg
a0248662_22544160.jpg

とりあえず虫食いがあった方を虫食いがなくなるまでラッピング。
結局虫食いがなくなった時点のサイズは41.37mmで.001o.sローラーでは収まりきれず・・・。
.002”o.sローラーで適正クリアランスになるまでラッピングします。


a0248662_225562.jpg

a0248662_22552015.jpg

昨日は日曜日だというのに生徒さん一人、遊びに来た卒業生3~4人と憂うべき状況でありました。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-07-04 09:38 | 1973XLH1000 | Comments(0)
2016年 07月 03日

1978XLH1000 キャブレーター取り付け

今日は修理依頼のアイアンスポーツ、キャブレーターのお話。

a0248662_8483996.jpg

a0248662_8485624.jpg

キャブレーター徹底清掃後、マニホールド面の面研。

a0248662_849122.jpg
a0248662_849299.jpg

フロートレベル調整。ボディー側面から15mm~16mm程度に。
ガソリンを流し止りっぷりチェック。

a0248662_905493.jpg

a0248662_850153.jpg

インシュレーターを取り付けるために長めのスタッド製作。

a0248662_8501731.jpg

a0248662_911933.jpg

マニホールド取り付け。
ヘッドとマニホールドの隙間少なく良好です。

a0248662_8521032.jpg
a0248662_852322.jpg

スロットルストップアジャスタースクリュー製作。
キャブレーターマウントカラー製作。


a0248662_8524535.jpg

というわけでキャブレーター取り付け終了。
状態よさそうなキャブです。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-07-03 09:04 | 1978XLH1000 | Comments(0)
2016年 07月 02日

1956陸王750 コンロッドスモールエンドブッシュ

エンジン修理依頼の7500ccの陸王、ハーレーRL・DLモデルのライセンス生産されたものです。
クランクシャフト軸受けのドライブ側ベアリングレースガタガタ問題は内燃機屋さんの加工待ち。
その他ところを進めていきます。


a0248662_8403167.jpg

a0248662_8413943.jpg

コンロッドビッグエンド部にガタがあったのでクランク分解。

a0248662_8415233.jpg
a0248662_842464.jpg

ベアリングレース・ベアリング・クランクピンそれぞれ計測
ローラーはSTDと比べ0.03mm減っています。クランクピンは少々段付き有り。
コンロッドベアリングレースはフロント側(フォーク側)は0.02mm楕円、リア側(ナイフ側)は0.03mm楕円になっていますので、ラッピングし真円にします。



a0248662_8422397.jpg

スモールエンドブッシュを抜き取り、ブッシュホール径計測。
陸王のスモールエンドブッシュ部分は、コンロッド側の肉厚が薄く、ブッシュが肉厚になっています。(昔のハーレーもそうだが)
そのためか、コンロッドのブッシュホールが変形してしまっています。(以前にやった陸王もそうでした)
大きいところで、0.05mm近く差があるところがありますので、真円加工します。


a0248662_8425047.jpg

というわけで、内燃機屋さんラッピングしてもらい真円に。
これでブッシュ製作できます。

a0248662_843791.jpg
a0248662_8432030.jpg
a0248662_8433061.jpg

使うピストンはオーナー様持込のWL用のピストン。
ピストンボスの距離を測り、WL用のスモールエンドブッシュを参考にブッシュ長を選定。


a0248662_843481.jpg

a0248662_844220.jpg

ピストンピン径、コンロッドブッシュホール、ブッシュ長を合わせブッシュ製作。

a0248662_84416100.jpg
a0248662_8442798.jpg

a0248662_8444460.jpg

陸王用のマウント冶具を製作し、オイル穴加工。


a0248662_8445949.jpg
a0248662_8451282.jpg

a0248662_8452768.jpg

a0248662_8453941.jpg

ブッシュ圧入しリーマー通し、ホーニングしスモールエンドブッシュ完成。



a0248662_8455236.jpg







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-07-02 09:13 | 1956陸王750 | Comments(0)