Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2016年 06月 30日

平日の授業風景


1971FX1200

a0248662_139439.jpg
a0248662_1395617.jpg
a0248662_1401329.jpg
a0248662_1403416.jpg
a0248662_1404585.jpg
a0248662_1405887.jpg


熊本のKさん持込のショベルヘッドエンジンは大詰め。
バルブスプリング取り付け長調整後、ヘッド本組み。
ロッカーカバーをトルク管理し取り付け、ヘッドを乗せトルク管理しシリンダーヘッド取り付け。
タペット調整をしてプッシュロッド取り付け。スプロケットシャフトベアリングシールも専用工具を使い取り付け、エンジン完成。
エンジン梱包し熊本へ旅立っていきました。






1976FX1200

a0248662_1411749.jpg
a0248662_1412734.jpg
a0248662_142982.jpg
a0248662_14220100.jpg

a0248662_1424418.jpg

a0248662_1423176.jpg


同じくKさん持込みの2機目のショベルヘッドエンジン。
製作したカムブッシュ、ピニオンシャフトブッシュにオイル逃げ加工、オイル穴加工、ダウエルピン加工し、カムカバーに圧入。
カムシャフトのブッシュ摺動部分は研磨してありますので、専用のリーマーが使えないので、専用のラッピングロッドを製作して、ラッピング。トゥルトゥルに回るようになってO.K。
ピニオンシャフトはJIMS製の新品。ピニオンレースは虫食いが酷く大分ラッピングし.002”オーバーサイズのローラーを使います。
専用冶具を使いラインリーミングするのですが、大分大きくしたベアリングレースに冶具が対応せず使い物になりません。専用の冶具を製作します。





1965TRUMPH TR6

a0248662_1425949.jpg

a0248662_24587.jpg

a0248662_1433927.jpg

a0248662_1435818.jpg


Eさんのトライアンフはホイールリム組みが終わり、タイヤ装着済み。
ブレーキドラムを取り付け、張り替えたライニング取り付け、ブレーキシューのあたりっぷりチェック。
トライアンフのフローティングカムはすぐにブレーキシュー全面であたり優秀ですね。
ホイールを取り付け、外装周り取り付け。
正解がよくわからない(もともとめちゃくちゃに付いていた)オイルタンク、バッテリーカバー、サイドカバーのラバーマウント部分の取り付けに苦労。





1970TRUMPH T120

a0248662_1442581.jpg

アイドリングの戻りが悪い症状があったKさんのトライアンフは、スロットルワイヤーに癖が付き動きが悪いのが問題でありました。手直しし無事解消。
試乗を繰り返し、もう卒業であります。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-30 02:15 | その他 | Comments(0)
2016年 06月 28日

平日の授業風景



1937EL1000

a0248662_924969.jpg
a0248662_93989.jpg

a0248662_932113.jpg

a0248662_94327.jpg

a0248662_9124642.jpg

a0248662_942380.jpg


2台目持ち込みのWさんのナックルヘッド。
前回、オイルポンプの巣穴問題を解消し、オイル流れチェック済みで今回本組み。
オイルポンプの回りっぷりチェックしつつ、トルク管理しオイルポンプ取り付け。
タイミングギア周り、タペット本組み。







1971FX1200

a0248662_9131310.jpg
a0248662_9132791.jpg
a0248662_9133842.jpg
a0248662_9135464.jpg
a0248662_914419.jpg
a0248662_9141679.jpg


Kさんのショベルヘッドは前日シリンダー取り付け。
ヘッドバルブ周りは内燃機屋さんで加工済みで、バルブスプリング取り付け長チェック、シム調整。
ロッカーアームブッシュは状態良かったので、ホーニングだけ済ませ、スラスト調整。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-28 09:22 | その他 | Comments(0)
2016年 06月 27日

週末の授業風景


1970XLH900

a0248662_8415158.jpg
a0248662_842433.jpg
a0248662_8422164.jpg
a0248662_8424145.jpg
a0248662_8425695.jpg
a0248662_843143.jpg


Tさんのアイアンスポーツはコンロッドビッグエンドベアリングレースラッピング後、ローラー選択。
適正クリアランスにしてコンロッドスラストチェック。
だいぶスラスト量があるのでスラストワッシャー交換です。







1971FX1200

a0248662_8451440.jpg
a0248662_8462437.jpg

a0248662_84639100.jpg
a0248662_8474746.jpg
a0248662_8482753.jpg

a0248662_8484420.jpg
a0248662_8485645.jpg
a0248662_849911.jpg
a0248662_8492826.jpg


Kさんのショベルヘッドは前回仮組みして、オイルポンプの作動チェック済み。
オイルポンプ本組みし、ガタがあったタペットローラー交換しタイミングギア周り本組み。
ピストンリングのギャップチェック、クリアランスチェックしシリンダー取り付け。






1976XLCH1000

a0248662_8494544.jpg
a0248662_8495662.jpg


Zくんのアイアンスポーツはほとんど写真を撮り忘れましたが、マフラー取り付け。
マフラーステーを曲げつつマフラー取り付け位置を出します。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-27 09:00 | その他 | Comments(0)
2016年 06月 25日

1958陸王750RTⅡ 腰下分解作業

今日は修理依頼の陸王のエンジン腰下分解。
この年式の陸王をいじるのは初めてですので、色々と観察しながらの分解です。

a0248662_2292322.jpg

a0248662_2293812.jpg

a0248662_2301562.jpg

この年式(最終型)の陸王はクラッチはフットからハンドへ。同じくシフトチェンジはフットにになっています。
WLと違いオイルタンクはシート下に。
フットボードやフットチェンジシフトをはずし、オイルタンクカバーをはずし、プライマリカーバーを外す。


a0248662_2304113.jpg
a0248662_2305457.jpg

タイミング側もフットボード、ブレーキペダルを外し、オイルラインチェック。
こちらもWLのオイルポンプと違い、フィード側とリターン側のオイルポンプ一体式。
オイルプレッシャーランプが付いていない代わりに、オイルタンクキャップからオイルリターンが見えるようになっています。

a0248662_2311238.jpg

エンジンをフレームから降ろし分解作業。

a0248662_2312635.jpg
a0248662_2313995.jpg
a0248662_2315212.jpg

点火システムはポイント点火でこの年式は自動進角になっています。
#1カムの先端がサーキットブレーカーカムになっています。
内側にタイマーカバー、外側に遠心力ガバナーが付いています。


a0248662_232770.jpg

a0248662_2322499.jpg

a0248662_2324431.jpg
a0248662_2325962.jpg

カムギア周りお目見え。
専用プーラーを使いタペット&タペットガイド抜き取り。
#1、#2、#4カムはギア、シャフトともに状態良し。
#3(フロントインテーク)カムは写真を撮り忘れましたが、ギアとシャフトが手スポで抜けてしまいました・・・。
ギアとシャフトが手スポだったところはブッシュの鍔部分がずいぶん削れています。


a0248662_2332897.jpg
a0248662_2334132.jpg

オイルポンプブレーザーギアとピニオンギアのタイミングが合っていないようです。


a0248662_234134.jpg
a0248662_2341949.jpg

a0248662_2343479.jpg

a0248662_2345248.jpg

オイルポンプ分解。
先ほども言ったようにフィード、リターン一体式のオイルポンプ。
下側が行き側、上側が戻り側でオイルポンプボディー、ギアともに状態良し。



a0248662_235983.jpg

a0248662_236120.jpg
a0248662_2361492.jpg

クランクケース分解。
太目のマイナスボルトが使われているケースボルト。陸王はこんなボルトが多いな・・・。
ケース分解すると、タイミング側のクランクベアリングレースが抜けています・・・。
道理でクランクのスラストが無かった訳だ。


a0248662_2362899.jpg

a0248662_2364220.jpg

結局手スポで抜けてしまったタイミング側クランクシャフトベアリングレース。
このレースはハーレーのものとは違い陸王のオリジナルです。
以前に溶接されたような跡ありで使い物になりません。こいつは交換せざるおえないがパーツは出ないだろうな。
というわけで単品製作の方向で考えます。

この年式の陸王になると、このベアリングレースも含め、カムやオイルポンプ、サーキットブレーカーなどハーレーと共用ではないパーツが多いですね。
またこちらも色々とドラマがありそうです。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-25 03:16 | 1958陸王RTⅡ | Comments(0)
2016年 06月 23日

1978XLH1000 スターターモーター・ダイナモ

今日はアイアンスポーツの電気周りのチェックごと。

a0248662_3254393.jpg

まずはスターターモーター。
分解し清掃。

a0248662_326534.jpg
a0248662_3261771.jpg

コミュテーターを軽く研磨し、セグメント溝にたまったカーボン除去。

a0248662_3264149.jpg
a0248662_326527.jpg

ブラシの幅は13.7mmで状態良し。リミットは6.4mm。
ブラシホルダーの穴位置関係とブラシの順番を間違わないように組みます。
ブラシの組む順番を間違えるとモーターは回らなくなります。



a0248662_3271522.jpg

a0248662_3273077.jpg

モータリングし問題なし。で取り付け。
アイアンのスターターモーター周りはオイルライン、スターターケーブル類が通るので、ごちゃごちゃしてなかかなか面倒です。



a0248662_3274819.jpg

でこちらはダイナモのブラシ。
厚みは16.5mmで問題なし。ちなみに新品のブラシは17.3mm。

a0248662_3275952.jpg
a0248662_3281584.jpg

ガタがあったベアリングは交換。

a0248662_3282990.jpg

こちらも同じくコミュテーター研磨。セグメント溝のカーボン除去。

a0248662_3285315.jpg
a0248662_329677.jpg

バッテリープラスをボディーに、バッテリーマイナスをF端子につけモータリング。
問題なくクルクル回りました。
モータリングチェックする際に正しい方向に電流を流さないと、電流の流れが逆転し発電しなくなります。
というわけで電気周りO.Kです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-23 03:49 | 1978XLH1000 | Comments(0)
2016年 06月 22日

1978XLH1000 シリンダー・シリンダーヘッド組み付け

今日は修理依頼のアイアンスポーツのお話。
まず、内燃機屋さんからボーリング、前後シリンダー長をを合わせベース面、シリンダーヘッド面を面研磨をしたシリンダーが上がってきましたので取り付け。

a0248662_143271.jpg
a0248662_144296.jpg
a0248662_145228.jpg
a0248662_15171.jpg

ピストンリング、ギャップ、クリアランスチェックし取り付け。
シリンダーは化粧直し済み。

a0248662_154021.jpg
a0248662_154990.jpg

シリンダー取り付け、ベースナット規定トルクで締め付け。



a0248662_161697.jpg
a0248662_171046.jpg
a0248662_172154.jpg

a0248662_1195114.jpg

シリンダーヘッド組み付け。
シートカット、すり合わせが終わっているシリンダーヘッド。バルブインアースプリングを仮組みしてアウタースプリングの取り付け長チェック。前後ヘッドのインテーク同士、エキゾースト同士、同じスプリング取り付け長にになるようにシム調整。
スプリング取り付け長でのバルブスプリング圧計測。4本ともほぼ同じ。

a0248662_174116.jpg

ヘッド化粧直しして本組み。



a0248662_175737.jpg
a0248662_18889.jpg

ロッカーアームシャフトとロッカーアームブッシュのガタは0.04mm~0.05mmだったので交換せずそのまま使います。ホーニングだけしておきます。

a0248662_182713.jpg

ロッカーアーム取り付けると、フロント側のOリングが出すぎです。
以前にロッカーカバーの面を研磨しすぎたのかしら?


a0248662_184413.jpg

a0248662_185866.jpg
a0248662_191378.jpg

ロッカーアームワッシャーの厚み1.5mmのものをつくり(純正のものは2.3mm)取り付け。



a0248662_19302.jpg
a0248662_194486.jpg

ロッカーボックス取り付け。
もともとついていたロッカーボックボルトはステンレスで首下が短くねじの効きっぷりが悪かったので、首下が長いものに交換。
ロッカーボックスとヘッド取り付け。規定トルクで締め付け。



a0248662_111310.jpg
a0248662_1111317.jpg
a0248662_1112564.jpg

シリンダーヘッド取り付け。
インテークマニホールドの角度を合わせヘッド取り付け。
プッシュロッド側のヘッドボルトは工具が入りづらく、トルク管理が出来ないので、専用のロングトルクアダプタを使いトルク管理。



a0248662_1114684.jpg
a0248662_1115778.jpg

前後別々のヘッドマウントプレート取り付け。


a0248662_112197.jpg
a0248662_1123464.jpg

プッシュロッドは純正のアルミプッシュロッドからクロモリプッシュロッドに交換し取り付け、タペット調整。
というわけで個々まで来ました。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-22 01:47 | 1978XLH1000 | Comments(0)
2016年 06月 21日

1937EL1200 オイルポンプ

今日はWさんが新たに持ち込んだナックルヘッドエンジンのお話。
こちらのエンジンは以前にちゃんとしたショップさんでオーバーホールしたもの。
クランクビッグエンド部、スモールエンドブッシュ、クランク芯だし、30年代ナックルの分割ピニオンシャフトは40年代のものに交換。30年代の止まりにになっている面倒なベアリングレースは40年代クランクベアリングレースに交換してあります。またカムブッシュ、ピニオンブッシュ、ブリーザーギア周りもやってあり、エンジン問題なくうちではやりません。

a0248662_022059.jpg

a0248662_0221484.jpg

ただひとつ問題は、オイルを回すとオイルポンプスタッド(オイルポンプカバー右上)からオイルが漏れてきます。オイルポンプスタッド自体はカムギアボックスに貫通していないので、そんなとこから漏れてくるはずはないのですが・・・。


a0248662_022417.jpg

a0248662_0225541.jpg

まずはボディー面が出ていないのではと疑い、アイドラギアシャフトをずらし面研。

a0248662_02384.jpg
a0248662_0231885.jpg

オイルポンプボディー(内壁)、ギアともに状態よし。

a0248662_023358.jpg
a0248662_023459.jpg

オイルを流しチェック。
やはりスタッドからもれてきます・・・。

a0248662_024314.jpg

a0248662_025568.jpg

なんやかんやと原因追求。
スタッドボルトマウント穴に巣穴が。。。オイルプレッシャースイッチの穴下の巣穴が通じています。
犯人はこいつだ。


a0248662_0241826.jpg

a0248662_0252010.jpg

ということで、以前Mさんに頂いた高級板金半田(高熱でもなかなか溶けないやつ)を使い巣穴を埋めます。
オイルを回しチェック。O.K漏れません。

とまぁ、なんやかんやと原因追求作業で一日がかりでありました。

a0248662_0253854.jpg









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-21 00:51 | 1937EL1000 | Comments(0)
2016年 06月 19日

土曜日の授業風景


1980XLH1000

a0248662_014717.jpg
a0248662_021194.jpg
a0248662_022469.jpg


Iさんのアイアンスポーツ。
オイルタンク化粧直し後、タンクマウントグロメット交換し取り付け、オイルホース引きなおし。
手に入れてサイアミーズマフラー仮組み、必要なパーツを選出します。







1955FL1200

a0248662_025951.jpg
a0248662_031128.jpg
a0248662_032341.jpg
a0248662_033374.jpg
a0248662_035512.jpg
a0248662_041138.jpg
a0248662_043017.jpg
a0248662_044327.jpg


Yさんのパンヘッド
前回タイミングギア周り、オイルポンプ仮組みしてオイル回りチェックして問題なかったので、今回本組み。
改めてギアの、回りっぷりをチェックしつつオイルポンプを組み、規定トルクで締め付け。
状態良かったタペット周り、スラストチェック済みのカムシャフト取り付け、エンジン腰下フレーム搭載。








1970XLH900

a0248662_05412.jpg
a0248662_052222.jpg
a0248662_053990.jpg
a0248662_081250.jpg

a0248662_082573.jpg
a0248662_083750.jpg


Tさんのアイアンスポーツ。
前回カムブッシュ入れ替え後、スラスト調整が終わりピニオンシャフト周りの作業。
まずドライブ側クランクシャフトベアリング取り付け。両ケース合わせドライブ側ベアリングを軸にタイミング側ベアリングレースラッピング。レース状態良くほとんど研磨せずO.K。
ラッピングしたタイミング側ベアリングレースを軸にピニオンブッシュリーミング。
カムシャフト、ピニオンシャフト、ピニオンベアリグ取り付け、タイミングギア周りの回りっぷりチェック。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-19 00:26 | その他 | Comments(0)
2016年 06月 18日

1978XLH1000 プライマリー周り組み付け

今日は修理依頼のアイアンスポーツ、プライマリー周りのお話。

a0248662_0431432.jpg
a0248662_043254.jpg

まずはクランクシャフトベアリングシール取り付け。
冶具を使い垂直に圧入。

a0248662_0433821.jpg
a0248662_0434993.jpg

スプロケットホイールベアリング、リリーシングプレートベアリング交換。

a0248662_047368.jpg

a0248662_0473618.jpg

メインシャフトナット88N.m クラッチハブナット200N.m
規定トルクで締め付け。

a0248662_0463447.jpg

スチールディスクは縒れなくO.K

a0248662_044372.jpg
a0248662_0441598.jpg

74年からのアイアンスポーツはクラッチスプリングの取り付け長をカラーの長さで調整します。
入っていたものはSTDサイズ(38.8mm)クラッチが滑るようなら短くします。


a0248662_0443519.jpg

a0248662_0445647.jpg

クラッチスプリングはインナースプリングの線径5.5mm(純正のものより少し細い)ものをつけ、重いクラッチを緩和させます。


a0248662_0481979.jpg
a0248662_0483133.jpg

シフターシャフトをシム調整しスラスト量調整。
0.3mm程度にしました。

シリンダーのボーリングも上がって来ていますので、どんどん組んでいきます。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-18 01:09 | 1978XLH1000 | Comments(0)
2016年 06月 16日

1965TRUMPH TR6 フロントフォーク

今日はEさんのトライアンフ、フロントフォークのお話。

a0248662_15057.jpg

この車両のフロントフォークはユニットモデル時代のアウタースプリングが付くタイプのものではなく、インナースプリングとダンパーチューブが入るものが組まれていました。
どうもこのフロントフォークは1963年式、ユニットと別体モデルの変換期に使われていたもののようです。


a0248662_1503290.jpg

a0248662_1504530.jpg
a0248662_151029.jpg
a0248662_1514328.jpg

a0248662_1523665.jpg

ロワー側は良かったのですがアッパー側のフォークブッシュが大分ガタ(0.2mm)があったので、インナーチューブ径にあわせブッシュ製作。
クリアランスを詰め過ぎてフォークが動かなくなるのがいやなので、インナーチューブに対しクリアランス0.06mm~0.07mmで製作。
それでもまだ動きが渋かったのでホーニングし帳尻合わせ。



a0248662_1524957.jpg

a0248662_153421.jpg

このタイプのダンパーチューブの構造考察。
インナーチューブの穴の開き方がアウタースプリングタイプのフォークと違います。
このインナーチューブは63年のインナースプリング用のものと思われます。


a0248662_1591259.jpg

ダストエクスクラウダースリーブナットはアウタースプリングタイプ用のもののようですが、機能は問題なし。
シール交換し取り付け。


a0248662_1592916.jpg

34,37のガイドロッドは入っていませんでした。スプリングの捩れを予防するもの思われます。
大小のロッドか重なりスプリングのポンピングに合わせ伸び縮みする仕組み。
ですが大小のロッドが干渉し動きが悪くなるのでは?そんな理由から外されていたと推測し今回もつけません。(あくまで推測です)


a0248662_202780.jpg
a0248662_204399.jpg

というわけで組み立てフォーク完成。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-16 02:21 | 1965TRUMPH TR6 | Comments(0)