Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2016年 01月 31日

1968BSA A65 エンジン腰下周り計測作業

今日はNさんのBSA A65の計測地獄作業、腰下編です。

a0248662_1947762.jpg
a0248662_19473610.jpg
a0248662_1948170.jpg

スラッジチューブプラグが固着し抜けなかったので、六角棒をプラグに溶接し抜き取り。
スラッジチューブ内清掃し、計測開始。

a0248662_19481798.jpg

ビッグエンドジャーナルは大きな傷など無く良好。ドライブサイド42.83mmタイミングサイド42.84mmでほとんど減っていないです。

a0248662_19483237.jpg

コンロッドビッグエンドメタルボア計測。
コンロッドナットを規定トルク30N.mで締め付け計測。
タイミング側、ドライブ側ともにクリアランス0.05mm~0.09mm横方向(進行方向)が広がってしまっています。こいつはメタル交換。

a0248662_19484380.jpg

ピストンピンブッシュ計測。ピンに対し0.02mm~0.06mm縦方向に楕円になっています。
こちらもブッシュ交換。

a0248662_1949452.jpg

BSA A65の肝の部分、タイミングサイドのクランクシャフト。
タイミング側のクランクシャフト軸受けがブッシュのA65、オイルポンプから圧送されたオイルはブッシュから受けのクランクシャフトを通りビッグエンドジャーナルを潤滑します。
シャフトとブッシュのクリアランスが多くなるとビッグエンドへのオイル量が少なくなってしまいます。

というわけで計測。
クランク外側38.06mmクランク内側は38.02mm内側は0.04mm磨耗しています。
38.06mmは磨耗していないSTDサイズ。(真ん中溝の部分がオイルライン)
シャフトの研磨が必要ですな。 

a0248662_19492285.jpg

ブッシュボア計測シャフト系に対し0.06mm~0.11mmのクリアランスでこちらも駄目。
シャフト研磨後、アンダーサイズブッシュで対応します。

a0248662_19493896.jpg

カムシャフト計測。
ドライブサイド側は20.57mm タイミングサイド側は22.20mmでこちらはほぼ減っていない。

a0248662_19494977.jpg

a0248662_1950731.jpg

カムブッシュ側も計測。
タイミング側は+0.08mm ドライブ側は+0.27mm随分広がっています。


a0248662_19523658.jpg

アイドラギアシャフト&ブッシュもシャフト径18.43mmに対し+0.08mm

タイミングギア周りのブッシュはすべて交換ということになります。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-31 23:56 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2016年 01月 31日

1974XLH1000 ヘッド周り作業

今日は部分修理で入学したKさんのアイアンスポーツヘッド周りのお話。

a0248662_018520.jpg

a0248662_0183052.jpg

a0248662_0191289.jpg

ガイド抜き取り後、ヘッド側ガイドホール径計測。
フロントIN・EX、リアEXは状態良く16.32mmで楕円、変形なし。
鉄ヘッドのアイアンスポーツはここがやられていることが少なくほとんどSTDサイズのガイドでいけるのですが残念ながらリアINは変な傷あり・・・この話は後で。



a0248662_0193012.jpg
a0248662_0194185.jpg

状態がよかったガイドホール用のバルブガイド前加工。
KIMI製の鋳鉄ガイドSTDサイズをガイドホール径+嵌め代のサイズに外径研磨。

a0248662_0195314.jpg
a0248662_020125.jpg

バルブステム径+クリアランス分のサイズのリーマーで内径拡大。

a0248662_0203055.jpg
a0248662_0204463.jpg

ガイド圧入。圧入っぷりはよい感じ。嵌め代分縮んだ内径をリーマー加工。

a0248662_0205419.jpg

フロント側はO.K。次回シートカット・すり合わせ。


a0248662_0211379.jpg

問題のリアINのヘッド側ガイドホール。
以前ガイド圧入時にガイドが齧ってしまったのか、傷が入ってしまっています。
ちゃんと計測も出来ないので、一旦リーマーを通してみます。


a0248662_0241089.jpg

a0248662_0221615.jpg

というわけでリーマー冶具製作。


a0248662_025027.jpg
a0248662_0251062.jpg

とりあえず0.05mm程度内径拡大。
リーマーを通したことで全貌が判る。
つるっとしたところがリーマーの刃があたったところで、傷の深さは0.1mm程度でなかなか深いですな・・・。
もう少しリーマーを通し傷が少なくなったところのサイズでガイド加工します。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-31 00:55 | その他 | Comments(0)
2016年 01月 30日

1960 VELOCETTE VIPER プライマリー・ホイール組み付け

修理依頼のベロセット・バイパー
とにかくベロセットのプライマリー周りはクリアランスが少ないので、確認しつつ組み付けていきます。

a0248662_175770.jpg


a0248662_181464.jpg
a0248662_182694.jpg

a0248662_18464.jpg

スリーブギアシムは交換し取り付け、クラッチスプリング、スリーブギアのクリアランス調整。
実際にキックスターターでクランキングしながらクラッチ調整。
滑らずちゃんとクラッチが切れるところにします。実際に走ると状況が変わることが多いのでここはとりあえず。

a0248662_185693.jpg

アウタープライマリーカバーを取り付け、干渉しているところが無いかチェック。
チェーンも干渉無く、クラッチを切っても問題なし。(リリーシングディスクが開いて干渉するときがよくある)

a0248662_191364.jpg
a0248662_192433.jpg

ベルトが水平になるようにダイナモの位置を出し、カバー取り付け。
分解前、プーリーとカバーが干渉していましたので、ここも光明丹をつけチェック。
ほつれてきていたベルトは交換。

a0248662_110648.jpg

リアホイール周り。
スピードメーターギアが固着してホイールと供回りし、やられてしまっているので交換。

a0248662_1413372.jpg

a0248662_1442219.jpg

スピードメーターを回す役目もしているベアリングリテーニングリングが回ってしまっています。
逆ネジになっていて進行方向には回らないのですが、メーターギアが固着し車体を後ろに動かしたときに、外れる方向に回ってしまったのでしょう。そのせいでギアが押され駄目になったのでしょう。

a0248662_111961.jpg

ついでにホイール周り清掃しチェック。

a0248662_1111973.jpg

ブレーキ周りはブレーキカムにもガタ無く、シューもまだまだいけます。

a0248662_1113195.jpg

ホイールベアリングもまったく問題なし。

a0248662_1114442.jpg


a0248662_112912.jpg

a0248662_1123825.jpg

というわけで取り付け。
新品スピードメーターギアのシール部分が干渉していたので、手直しし取り付け。


a0248662_1131739.jpg

随分伸びていたDチェーン交換。
元々ついていたのはレイノルド製。試しにEKのノンシールチェーンをつけてみたものの、やはりプライマリーカバーに干渉してしまいます。

a0248662_1133160.jpg

チェーンを比べてみる。
EKのノンシールチェーンは結構薄い方だけど、比べてみるとレイノルドは随分薄いです。プレート自体が薄いな・・・。

a0248662_1135455.jpg

a0248662_114630.jpg

ピン幅で見てみると、EK21.4mmに対しレイノルド18.6mm 2.8mmも違うのですね。こりゃ駄目だ。


a0248662_1142280.jpg

a0248662_114361.jpg

というわけで新品レイノルドチェーンに交換。干渉無くなりガタも無くなりました。



a0248662_1163676.jpg

a0248662_117639.jpg

a0248662_118594.jpg

でそろそろ試乗と思いきや、配線が焼けてしまっていることに気がつく・・・。
ダイナモ、レギューレーター、バッテリー周りの配線がやられている。
ダイナモの配線を見てみると、D+とFの配線が反対につけられていたようです。

次回配線引きなおし、ダイナモチェックです。

by sgf1906 | 2016-01-30 02:09 | 1960 VELOCETTE VIPER | Comments(0)
2016年 01月 28日

1982TRUMPH T140ES タイミングギア組み付け、オイルポンプチェック

今日はNさんのトライアンフ、タイミングギア、オイルポンプ周りの本組み作業。

a0248662_13443714.jpg


a0248662_1345222.jpg
a0248662_13451368.jpg
a0248662_13452558.jpg
a0248662_13453970.jpg

カムギアキーを紛失し本組み出来なかったタイミングギア周り。
先日行われたおパーティーに主席してもらったトラヴィス栗崎君にキーを自ら空輸してもらい無事組み付け。
タイミングあわせマークは車種ごとに違うのですがT140はこの組み合わせ。


a0248662_13462872.jpg

a0248662_13464290.jpg

a0248662_1358812.jpg

オイルポンプ分解・チェック。
この年式のオイルポンプはボールバルブが4箇所、フィード側、リーターン側それぞれ2箇所ずつついています。(650ccのポンプはフィード、リターンそれぞれ1箇所づつ計2箇所)
逆流防止のために新たに増設されたバルブと思われますが、どれぐらい効果があるかは不明。
プランジャータイプのオイルポンプはエアをかんでしまうと、オイルを吸い上げなくなるので、その防止だろうか?
フィード、リターンともにシリンダーのボア径は650ccモデルと750ccモデルで変わらず。


a0248662_1424099.jpg

a0248662_143468.jpg

ケース側とポンプ側の面チェック。

a0248662_13592172.jpg

オイルの経路を確認。
オイルポンプで加圧されたオイルはカムカバーを通りクランクシャフトへ、クランクシャフトを通りビッグエンドジャーナルを潤滑。
またカムカバーをオイルはプレッシャーランプとリリーフバルブへ。
リリーフバルブは油圧が上がった過剰量のオイルをギアケース内に戻す。
このモデルはEXタペットブロックへのオイルラインは無し。
ヘッド側はリターンのオイルラインから。

a0248662_13593851.jpg

カムカバー側にオイルシールを取り付け、オイルポンプも組み付け。
マニュアルの締め付けトルクは7N.m。

a0248662_1484284.jpg

a0248662_13595253.jpg

オイルフィードチェック。
問題なくビッグエンドジャーナルを濡らしています。


a0248662_140559.jpg

a0248662_1401646.jpg

リターン側もチェック。
ポンプ内にエアがありなかなか吸い上げない。
リーターン側のバルブカップを開けオイルを補充すると、無事に戻って来ました。






関係者各位

先日は私ごとのパーティーに大勢の方がご出席いただき非常に感謝しております。
一人ひとりちゃんとお話が出来ず、心苦しいところもありましたが、皆様のおかげで良い日になりました。
有難う御座いました。
これからもより一層バイクと向き合っていきます。私に何か出来ることが御座いましたら何時でもご連絡下さい。
これからも宜しくお願いします。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-28 14:59 | 1982TRUMPH T140ES | Comments(0)
2016年 01月 24日

土曜日の授業風景

1980XLH1000

a0248662_2213421.jpg
a0248662_2214696.jpg

a0248662_2234177.jpg

a0248662_2232458.jpg

Iさんのアイアンスポーツはフロントフォーク、ホイールを組みローリングシャシーに。
リアアクスルカラーに少々問題ありで次回手直し予定。






1974XLH1000

a0248662_2235663.jpg
a0248662_2241444.jpg
a0248662_2242816.jpg
a0248662_2243867.jpg

以前ショベルビッグツインの部分修理で入学したKさん。
今回はアイアンスポーツ腰上修理で再入学。

ピストンシリンダーは抱きつき、ピストンが変形したしまっているのかクリアランスは0.2mm。こいつはオーバサイズピストンでボーリング。
バルブ周りも計測しガイドも抜き取り、R・INのガイドホールは以前、何かやらかした跡あり・・・。
リーマー加工し、オーバーサイズガイドを入れます。




1月24日(日)、25日(月)、26日(火)はお休みさせて頂きます。
関係者の皆様よろしくお願いします。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-24 02:35 | その他 | Comments(0)
2016年 01月 22日

1947FL1200タイミングギア周りブッシュ製作

内燃機屋さんからクランクケースが帰ってきたIさんのナックルヘッド。
かむギア周りのブッシュ製作。

a0248662_231926100.jpg
a0248662_23193695.jpg


a0248662_23195590.jpg
a0248662_2320476.jpg
a0248662_2320159.jpg

カムブッシュはケース側、カバー側ともにガタがあったため交換。
抜き取り、ケース側カバー側ブッシュホール径を計測しシャフト、ケースにあわせブッシュ製作。


a0248662_23202814.jpg

アイドラーギアのブッシュも、新品シャフトに対しガタがあったので製作します。


a0248662_23204442.jpg
a0248662_23205858.jpg
a0248662_23212393.jpg
a0248662_23213633.jpg
a0248662_2321479.jpg

カムブッシュ、ケース側、カバー側にあわせ製作。
オイル溝、オイル穴も開ける。


a0248662_2322263.jpg
a0248662_23222922.jpg

アイドラギアブッシュ製作。螺旋オイル溝堀。

a0248662_23232865.jpg

というわけで完成。


a0248662_23291792.jpg

a0248662_23292945.jpg
a0248662_23293926.jpg
a0248662_23294929.jpg

ついでに、ひとつだけ広がっていしまっていたスプリンガーロッカーアーのブッシュホールにあわせオーバーサイズブッシュ製作。ダクタイル鋳鉄で作りました。



レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-22 23:40 | 1947FL1200 | Comments(0)
2016年 01月 21日

1947FL1200クランク軸受けベアリング その2

今日はIさんのナックルヘッド、クランクベアリングのお話。
左右クランク軸受けベアラングレースが広がっていたため、レースを抜き取り新品レースを入れ、左右レースの同芯を出してもらいました。

a0248662_1243630.jpg

a0248662_1245088.jpg

a0248662_1252472.jpg

左右のレースは抜き取り後、ケースレースホールを左右の芯を出してもらい、新品レースを圧入。
ドライブ側はJIMS製のSTDサイズ。タイミング側はオーバーサイズのレースを入れ左右同芯になるようラッピング。


a0248662_125414.jpg
a0248662_1255216.jpg

a0248662_1263680.jpg

左右軸受けの芯が出たところで、シリンダーベース面研、フレームマウント部面研。


a0248662_129920.jpg

a0248662_1292141.jpg

a0248662_1293294.jpg

a0248662_129445.jpg

レース内径を計測し、ベアリングローラー選出。
レース内径はスプリケット側、ピニオン側ともに38.12mm。スプロケットシャフト、ピニオンシャフトの外径はともに25.39mm。STD6.35mmのローラーでクリアランス0.03mm。
ローラーを付けチェック。ガタ無しトゥルトゥルです。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-21 02:05 | 1947FL1200 | Comments(0)
2016年 01月 20日

平日の授業風景


1982TRUMPH T140ES

a0248662_0321471.jpg
a0248662_0324368.jpg
a0248662_0325426.jpg


a0248662_0331251.jpg
a0248662_0332497.jpg
a0248662_0333414.jpg

前回、クランクケースがドッキングしたNさんのトライアンフ。
ギアボックスを組む前にクラッチ周りを仮組みしてクラッチチェーンホイールのスラストチェック。
ここのスラストが多いと切れが悪くなりますから。こいつは問題無し。
前回ミッションの仮組みは私がやりましたので、今回は生徒さんにやってもらい、ギアチェンジチェック。
問題無く本組み。







1964XLCH900


a0248662_0334891.jpg
a0248662_034382.jpg
a0248662_0341479.jpg
a0248662_0342580.jpg

前回、フロントフォークの修理をしたSさんのアイアンスポーツ。
今回は配線引きなおしで登場。
マグネトーモデルのXLCH、余裕で終わると油断していたら思わず苦戦。
夜までかかりましたが、今日中に終わって良かった、良かった。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-20 02:14 | その他 | Comments(0)
2016年 01月 19日

1955FL1200 ビッグエンドベアリングレースラッピング

今日はYさんのパンヘッド、コンロッドビッグエンドベアリングのお話。

a0248662_1221328.jpg

ベアリングレース内径はフロント側41.26mm~41.29mmで0.03mm縦方向に楕円。
リア側タイミング側は41.26mm~41.29mmで同じく0.03mm縦方向に楕円。
ドライブ側は41.26mm~41.27mm楕円は小さいものの他のところ比べ最大値が小さい。
こいつをラッピングし、現在の最大値41.29mm程度で真円し、オーバーサイズのローラーで0.02mm~0.03mm程度のクリアランスにするというわけです。
今回は大分磨耗していたラッパーを新しくしました。

a0248662_1222356.jpg

a0248662_1223440.jpg

おおー新品ラッパー流石っという感じでフロント側、リアともに41.29mmの真円に。
正確には縦方向41.29mm横方向41.285mmといったところ。この差0.005mmを追っていくと、どんどん広がっていくのでやめておきます。

この作業下手にやると、レースがラッパ状(レースの出口が広る)になり、真ん中と外側でレースの寸法が変わってしまいます。そうすると手直しが面倒なので、ラッパーとレースにガタが無いようにセットし地道に研磨していきます。


a0248662_1224580.jpg
a0248662_1225529.jpg


というわけでラッピング終了。
ビッグエンドレース内径41.29mm ピストンピン31.72mmなので ローラーサイズ4.772mm(0.0004”オーバーサイズ)のものを使いクリアランス 0.026mmということになりました。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-19 01:47 | 1955FL1200 | Comments(0)
2016年 01月 18日

日曜日の授業風景



1976XLCH1000

a0248662_21125789.jpg

a0248662_21264042.jpg

a0248662_21293677.jpg

Z君のアイアンスポーツ
プッシュロッド取り付け調整後、オイルラインを取り付け。面研磨したキャブレーターを仮組みして、キャブレーターマウントステー製作。
その後オイルタンク清掃。やばいぐらいのスラッジと鉄粉が出てきました。





1968BSA A65

a0248662_2127068.jpg

a0248662_21271591.jpg
a0248662_21272569.jpg
a0248662_21273437.jpg

NさんのBSA。
車体周りの交換パーツを確認後、計測作業へ。
シリンダーはタイミング側とドライブ側で0.05mmサイズが違い、ドライブ側はクリアランスがずいぶん小さめ。ドライブ側だけ抱きついていた訳がわかりました。
タペットはガイド側(BSAはシリンダーと一体)状態良し。タペットは少々減っているので交換したほうがよいかしら。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-18 00:15 | その他 | Comments(0)