Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 29日

1950EL1000 T/M分解・メインベアリングレース交換

エンジン持込のMさんのパンヘッド。
ミッションもクラッチハブが付いたまま持込です。というわけで分解作業開始。

a0248662_23575230.jpg


a0248662_2358493.jpg

a0248662_23581591.jpg

スプロケットはトンガリさんなので交換。
メインシャフトボールベアリングは当時もの的なベアリングが入っていました。

a0248662_23582822.jpg

というわけで全バラ。ギア周りは状態は悪くありません。

a0248662_2359826.jpg

メインシャフトは段付き少なく問題なし。メインドライブギア、メイン3rdギア、キックラチェットギアのブッシュは交換で抜き取り。

a0248662_23592217.jpg

カウンアーシャフトは段付きが酷く交換。

a0248662_23593819.jpg

a0248662_2359507.jpg

虫食いが酷かったメインベアリングレースは交換。
抜き取り後、ケース側レースホール計測。
STDベアリングレース(58.78mm)だと嵌め代が少ないため、JIMS製の.002”オーバーサイズベアリングレース(58.83mm)を選択。

a0248662_004484.jpg

a0248662_005677.jpg

a0248662_012110.jpg

ケース側に対し適正嵌め代になるよう(0.02mm程度、外径研磨。
ケースをよく暖め圧入。

a0248662_02380.jpg

a0248662_021675.jpg

嵌め代分少々縮んだ内径をラッピングし、STDサイズローラー3.175mmを入れクリアランス0.03mmに。

というわけで今日はここまで。次回ブッシュ周り予定です。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-11-29 00:24 | 1950EL1000 | Comments(0)
2015年 11月 28日

1978XLH1000

白煙が吹くということで修理依頼のアイアンスポーツ。
やっと着手することが出来ました。ということでヘッド.シリンダー周り分解。

a0248662_23263398.jpg


a0248662_23264811.jpg

やはりプラグはオイルでベットリ。

a0248662_2338374.jpg

a0248662_2338147.jpg

燃焼室も大分オイルがきています。

a0248662_23382451.jpg

軽く清掃し計測。
IN、EXともにガイドとバルブステムのクリアランスは0.09mm~0.1mm。それなりに減っています。
EXはともかく、ステムシール無しと考えるとIN側は大きめか。
IN側バルブシートも大分幅が広がっていました。



a0248662_23414045.jpg

a0248662_23415331.jpg

ロッカーアーム計測。
こちらは問題なし。


a0248662_23384329.jpg
a0248662_2338515.jpg

シリンダー分解し計測。
ピストンは純正STDのものが入っていました。
こちらは大きいところで0.15mmのクリアランス。こいつはボーリング時期でしょう。


a0248662_23432160.jpg

a0248662_23433310.jpg

腰上をあけたのでコンロッドのガタチェック。
F側はスモールエンド部で3mmの触れ、R側は1mm程度。スモールエンド部でこのぐらい振れるということはビッグエンド部は0.08mm程度ガタがあるかしら・・・。
この辺はオーナー様と要相談します。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-11-28 00:04 | 1978XLH1000 | Comments(0)
2015年 11月 26日

平日の授業風景



1963FLH1200

a0248662_1234699.jpg

Sさんのパンヘッドはいよいよ試乗。
ミッション、クラッチ、足回り、ブレーキはまったく問題なし。
始動時安定いていたアイドリングは試乗すると、ストールすることはないものの少々不安定に。
少々2次エアを吸っているようです。一回目のオイル交換を済ませ、次回増し締め、タペット調整、インテークマニホールドシールをやり直し、キャブセッティングです。





a0248662_124169.jpg




VELOCETTE MSS

a0248662_1241358.jpg

トリニテイー卒業生Fさんは、Rフェンダーがタイヤと干渉しているということで、フェンダー交換。
もちろんポン付けとはいかず、ステー加工したり、穴あけしたり、位置決めしたり、何度も仮組み。
E本氏の力を借りつつなんやかんやとやっておりました。





38VELOCETTE KSS MKⅡ

a0248662_1242591.jpg

修理依頼のベロセットは配線引きなおし。
ハイロースイッチが死んでいてヘッドライトはポジションランプ点かず、アンメーターも終わっていました。この辺は交換。




1982TRUMPH T140ES

a0248662_1251054.jpg

a0248662_1252210.jpg

a0248662_1253769.jpg

a0248662_1254777.jpg

Nさんのトライアンフのフロントキャリパーピストン。
ロッキード36パイのキャリパーピストンが手に入らず、ステンレスで製作。
切削した引き目からオイルが漏れるようであれば、改めて研磨します。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-11-26 01:55 | その他 | Comments(1)
2015年 11月 24日

月曜日の授業風景

KNUCKLE HEAD

a0248662_0535179.jpg

a0248662_054856.jpg
a0248662_0541859.jpg

Wさんはうちに持ち込んだ3基目のナックルのヘッド。
EXポートにおもいっきり入っていたクラックを溶接仙人に溶接してもらい、修正作業。





1971 BSA A65

a0248662_0565919.jpg

a0248662_0561971.jpg
a0248662_0563319.jpg
a0248662_0564295.jpg

TさんのBSAはクランクのバランスとり、芯出しが終わり、各部計測後本組み。
中古ベアリングを使い、クランクのスラスト調整。





1982TRUMPH T140ES

a0248662_1132646.jpg

a0248662_0573848.jpg

Nさんのトライアンフは外装取り付け作業。
オーナーの体格に合わせフォークの長さ調整、シートのアンコ抜き計画する。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-11-24 01:12 | その他 | Comments(0)
2015年 11月 23日

土・日の授業風景

1980XLH1000

a0248662_22363787.jpg
a0248662_22364966.jpg
a0248662_2237542.jpg
a0248662_22371683.jpg

a0248662_22372982.jpg
a0248662_22381385.jpg

a0248662_23423474.jpg

Iさんのアイアンスポーツ。
ケイヒンキャブのフロートレベルを調整。実際のガソリンを入れチェック。フロートのガソリンの止まりっぷり、加速ポンプチェック。





1974NORTON COMMANDO

a0248662_2239180.jpg
a0248662_22391574.jpg

Aさんのノートンコマンドはキャブセッティング。
試乗、ジェッティングを繰り返す。




1971XLH900

a0248662_22393293.jpg
a0248662_22394344.jpg

a0248662_22395826.jpg

a0248662_22405473.jpg

卒業生K君のアイアンスポーツは低速、アイドリング不良で修理。
約3年でインマニのシールリングがやられました。でシール交換。
Oリングタイプのシールからフラットタイプのシールに交換する場合に使うアダプターリング(V-TWIN製)は外輪が大きくそのまま使うとインマニバンドを締めた際にしっかりシールされなかったり変形したりします。
外輪を削り使用。
タペット調整もして無事復活。





1976XLCH1000

a0248662_22414232.jpg

a0248662_22415314.jpg

a0248662_22443515.jpg

Zくんのアイアンスポーツ。
シリンダーヘッド面研磨したためシリンダーのインロー部の凸部分とヘッドの凹部分が干渉してまいました。
シリンダーの凸部分が4.5mmに対しヘッドの凹部分は4.2mm程度。
実際にシリンダーとヘッドを組みヘッドとシリンダーの隙間を計測すると、大きいところ0.4mmの隙間があります。ジェームスのSTDの銅ガスケットは厚み0.4mm。これでは組んだときにほとんどつぶれません。
ジェームスのカタログにはこのガスケットは、ほとんどつぶれない的な数値が書かれていますが、少々心配なので厚めのガスケットを使います。




1968BSA A65

a0248662_22452013.jpg

a0248662_22453590.jpg

a0248662_2247198.jpg

a0248662_22472575.jpg

NさんレのBSAは車体周りの分解作業。
ネックベアリング側はやはり駄目。アッパー側もレースとフレームがスポスポ。
動かなく嫌な予感がしたフロントフォークは錆つき固着。
ダンパーチューブ、シールが付いているスリーブナット、ブッシュアウターチューブすべて錆で固着でこいつの分解で時間を費やす。あの手この手でどうにか分解。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-11-23 00:22 | その他 | Comments(0)
2015年 11月 21日

38VELOCETTE KSS MKⅡ プライマリー周り組み付け その2

a0248662_135955.jpg

今日は修理以来のベロセットのお話。
干渉ポイントが盛り沢山のベロのプライマリー周り。仮組み、クランキングを繰り返し組み付けていきます。

a0248662_1352829.jpg
a0248662_1353868.jpg

a0248662_1355324.jpg

まずは前回仮組みした時に、プライマリーチェーンが何処かで干渉していた問題。
犯人はダイナモベルトカバーマウントのスタッドナットとチェーン連結部のクリップさん。
スタッドとスタッドナットを薄くし解消。


a0248662_136698.jpg

プライマリーチェーンの干渉は無くなり、クラッチを切った際にアウタープライマリーカバーがクラッチプレッシャープレートと干渉することも無くO.K。(クラッチの切れが悪いベロはここが干渉している場合がある。)


a0248662_1363078.jpg
a0248662_1364146.jpg

ダイナモベルトカバーも組み付け。ここも盲点で良く干渉してしまっている。
インナーダイナモベルトカバーはプライマリーカバーのマウントスタッドとマグネトーマウントのバンドに共留め。
バンド止めされているダイナモはシャフトがボディーに対しエキセントリックになっていて、ダイナモを回転させることでベルトの張り調整するのですが、一本のバンドで止められているため、スラスト方向にもダイナモがマウントできてしまいます。インナーベルトカバーもバンド留めなので、ダイナモとインナーベルトカバーは自由にマウントでいてしまいます。
とりあえずは、エンジン側のプーリーとダイナモ側のプーリーが平行になるように位置決め。

a0248662_1365699.jpg

a0248662_1371163.jpg

a0248662_1372929.jpg

でアウターダイナモベルトカバー取り付け。
以前にクランクシャフトとダイナモプーリーが干渉していた跡があるので、光明丹をつけてチェック。
干渉しているようなら、インナーカバーをスライドさすかシム調整って感じです。


a0248662_1374648.jpg

a0248662_138573.jpg

a0248662_1381593.jpg

プライマリーチェーンの遊び調整。
スプロケットを新品に変えたのでもちろん着つくなっています。
ミッションプレートにマウントされているボルト、上2本、下1本を緩め、アジャスターで調整。
このマウントボルトを緩めるのと、アジャスターを回すのが困難・・・おまけにしたのマウントボルト部にオイルホースがある為時間を費やす。


a0248662_1383365.jpg

リアドライブチェーンは干渉無しでO.K

a0248662_1385149.jpg

エンジンオイル、ミッションオイル交換。
で忘れていた、ミッションのなめていたドレンボルトは真鍮さんで製作。はずしやすいように頭は長めにしてあります。このボルトはBSP1/8-28(配管ボルト) 1/4Wのレンチで緩みます。


a0248662_1394777.jpg

というわけでエンジン始動。
エンジンのかかりも良くアイドリングも安定しています。
試乗しようと外を見ると既に真っ暗。バッテリーを付けライト周りをチェックするとなんだかおかしい。配線もちゃんと見なくてはなりません・・・・。というわけで試乗はお預け。また次回。

by sgf1906 | 2015-11-21 02:25 | 38VELOCETTE KSS MKⅡ | Comments(0)
2015年 11月 18日

1955FL1200 シリンダーヘッド組みつけ

Yさんのパンヘッド。
バルブシートカット擦り合わせが終わり、ヘッド組付けへ。

a0248662_23333861.jpg


a0248662_23374589.jpg

a0248662_23375760.jpg

まずはヘッド面研。

a0248662_233449.jpg

a0248662_2334372.jpg
a0248662_23344799.jpg

バルブステムシールを付けるために加工されたロワースプリングカラー。
コイツがもともと付いていましたが、このカラーではスプリング取り付け長を調整出来ないので、スタンダードなものに交換。

a0248662_2336852.jpg

a0248662_23363383.jpg

インナースプリングを取り付け、取り付け長計測しシム調整。

a0248662_233797.jpg

a0248662_23372649.jpg

スプリング圧を計測しバルブ組み付け。


a0248662_23383099.jpg

a0248662_23384671.jpg

a0248662_2338584.jpg

ロッカー周り計測。
珍しく状態がよく、ロッカーアームシャフトは段減り無く、ロッカーブロックもクリアランス0.03mm~0.04mm程度で良し。むしろリアEX側が少々クリアランスが小さい。

a0248662_23392077.jpg

ロッカーアームナットを規定トルク 25N.m~27N.mで均等に締めつけ。

a0248662_23393651.jpg

a0248662_23394887.jpg

やはりリアEX側の動きが渋い。
あらためて計測すると、プッシュロッド側は良いがバルブのクリアランスが少ない。
少々ホーニングしスムーズに動くように。

a0248662_2340896.jpg

a0248662_23402076.jpg


というわけで本組みしてヘッド完成。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-11-18 23:58 | 1955FL1200 | Comments(0)
2015年 11月 17日

月曜日の授業風景


KNUCKLE HEAD

a0248662_931435.jpg
a0248662_9315621.jpg

a0248662_93271.jpg
a0248662_9322117.jpg
a0248662_9323176.jpg
a0248662_9324088.jpg
a0248662_9325369.jpg

a0248662_9331475.jpg

Wさんのナックルヘッドはロッカーーアーム周りの加工。
加工したロッカーアームの穴に合わせ、ネジ山が切ってあるスリーブの外径研磨。
ロッカーアームに圧入し完成。
この作業の全貌はまた次回詳しく。





1947FL1200

a0248662_9342241.jpg
a0248662_9343238.jpg
a0248662_9344257.jpg

Iさんのナックルヘッドは振れていたホイール周り。
フロント側はタイヤ抜き取り。リムバンド代わりの謎のオレンジが付いています。こいつを剥がすのに苦労しそう。リア側は錆でニップルが回らないことを懸念していましたが、40本しっかり回り、一回バラシモリブデングリスを塗り組み付け。振れとりをしていきます。






1982TRUMPH T140ES

a0248662_9363760.jpg

a0248662_9352428.jpg

a0248662_935347.jpg

a0248662_9362233.jpg

Nさんのトライアンフはタイヤを付け棟上。
ヘッドの面研が外注から上がってきたので、バルブスプリングの取り付け長をシムで調整し本組み。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-11-17 09:53 | その他 | Comments(0)
2015年 11月 15日

土・日曜日の授業風景


1980XLH1000

a0248662_2240162.jpg
a0248662_22402874.jpg
a0248662_22404033.jpg
a0248662_22405268.jpg
a0248662_22411164.jpg

Iさんのアイアンスポーツはキャブレーター分解。
全分解後、清掃インマニ部の面研、バタフライバルブの位置合わせ。ライトを照らしチェック。





1974NORTON COMMANDO

a0248662_22413877.jpg
a0248662_22422471.jpg
a0248662_22424621.jpg
a0248662_22431258.jpg

Aさんのノートンコマンド。
タペットクリアランス調整後、ケース内のオイルの落ちっぷりチェック。
一週間で約1.3Lもケース内のオイルが落ちている。こんなにも落ちるのか。
行き側のオイルラインにコック付け様子を見ます。
ガスタンクのコック付近からガソリンが少々漏れていたためネジ修正。





KNUCKLE

a0248662_22435389.jpg

a0248662_22443879.jpg

a0248662_22442381.jpg

a0248662_2245107.jpg

a0248662_22452679.jpg

a0248662_2245383.jpg

Sさんのナックルヘッド。
ヘッド周り外注加工待ち、その間にガイド周りの加工もの。
ガイド外径研磨後、ガイド穴リーマー加工。
ヘッド側ガイドホール内径加工用のリーマー冶具製作。
Sさんは一日中旋盤作業でした。





1976XLCH1000

a0248662_22461381.jpg

a0248662_22462684.jpg

a0248662_22463876.jpg

a0248662_22471285.jpg

Z君のアイアンスポーツ
シリンダーのボーリング加工があがってきたので、組み付け前のピストンシリンダーの計測後、ピストンリングギャップ、クリアランスチェック。
シリンダー組みつけ。





1992長江750

a0248662_22475122.jpg

a0248662_2248258.jpg

a0248662_22482270.jpg

a0248662_22483364.jpg

a0248662_22485054.jpg

Hさんの長江
製作したスモールエンドブッシュ圧入後、斜めに空いている4箇所のオイル穴を空けるため、ボール盤にコンロッドをセットアップし穴あけ。
また、ボール盤にセットし垂直にスモールエンドブッシュリーミング。その後ホーニングしてスモールエンドブッシュ完成。
ビッグエンド部のパーツもそろい、クランクは内燃機屋さんへ。





1968BSA A65

a0248662_22493315.jpg

a0248662_22501717.jpg

NさんのBSAはエンジン腰下を降ろし、外装周り取り外し。
随分さっぱりしました。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-11-15 23:30 | その他 | Comments(0)
2015年 11月 14日

38VELOCETTE KSS MKⅡ プライマリー周り組み付け

a0248662_055104.jpg

修理依頼のベロセットKSSマークⅡ。
クラッチチェーンホイールはインサートタイプからフリクッションが張り付いているもの(新品)に交換。

a0248662_0553916.jpg

a0248662_0554918.jpg

圧入工具を作り新品ベアリングをプレスで圧入。
しかしながら、圧入がきつくベアリングの動きが悪くなる。忘れてた新品ベアリングはこのパターンがあるのでした。

a0248662_0561598.jpg
a0248662_0562677.jpg

で計測。
スプロケットホイールベアリング圧入部の内径よりベアリング外径が0.1mm大きい。つまりハメ代0.1mmこれでは渋くなる。

a0248662_0565074.jpg

a0248662_057782.jpg

a0248662_0571910.jpg

というわけでスプロケットホイール圧入部、内径拡大。
取り付け冶具を製作しようと思ったが、幸い旋盤に銜え、スプロケット部分をダイヤルで計測すると振れは問題なく、切削できました。
約0.07切削しハメ代0.03mm。

a0248662_0582788.jpg

圧入しベアリングもスムーズに回ります。

a0248662_0584130.jpg
a0248662_0585238.jpg

クラッチ組み付け。フリクッションディスクも新品に。

a0248662_059147.jpg

ギアボックッスとプラマリカバーの間のガスケットは耐油コルクで製作。

a0248662_0592944.jpg

オペレーティングパッドシムはもともと3枚入っていたのでそのまま3枚入れます。(普通2枚)
ここの厚みを調整し、ギアボックスボールベアリングのシーリングワッシャーとクラッチオペレーティングスラストカップが干渉しないようにしています

a0248662_0595714.jpg

クラッチスラストベアリングは状態が良くそのまま。

a0248662_101057.jpg

プライマリーマウントスクリューはワイヤリング。
ワイヤリングはねじが緩まないように締まる方向に巻きます。

a0248662_102335.jpg

クラッチスラストピンを忘れずに入れる。

a0248662_1110100.jpg

エンジンスプロケット、クラッチホイールスプロケット、プライマリーチェーンを組む。

a0248662_112483.jpg

もともと1枚の厚いものが入っていたスリーブギアワッシャーは2枚入れます。
これはクラッチスプリングの引っかかり突っ張りを防ぐために2枚入っているものと思われます。

a0248662_113656.jpg

長さがバラバラだったスプリングも新品にして均一に。

a0248662_115444.jpg

クラッチスプリングホルター(アジャスター)を入れ、スプリング、スリーブギアを組む。
スリーブギアはドッ付くまで締め込み。

a0248662_12573.jpg

クラッチスプリングホルター(アジャスター)はクラッチが切れ始めるところまで締め付け、キックスタータークランキングしつつ、1/4回転、1/8回転、緩めながらクラッチが滑らず、しっかり切れるところにします。

a0248662_122434.jpg

a0248662_1245100.jpg

a0248662_12574.jpg

エンジンスプロケットナットはドン付まで締めこむと、ロックピン穴が随分合っていなかったのでシムを製作調整。

a0248662_131331.jpg

a0248662_133582.jpg

a0248662_134859.jpg

さぁここからが厄介。
薄々プライマリーのベロセットはプライマリーチェーンやらドライブチェーンやらダイナモベルト付近やら干渉ポイントが多いので、一旦仮組み。干渉している場合はあの手この手で解消していきます。
ドライブスプロケットは干渉していませんが、プライマリー側は一部干渉している音が・・・。

a0248662_141615.jpg

アウタープライマリーのダイナモカバーマウントのスタッドボルトのナットが干渉しています。
以前に溶接されてしまっているので削るしかありませんな・・・。

というわけで今日はここまで。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-11-14 02:06 | 38VELOCETTE KSS MKⅡ | Comments(0)