<   2015年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2015年 08月 14日

火・水 平日の授業風景


1947FL1200

a0248662_951957.jpg

a0248662_9513841.jpg
a0248662_9515455.jpg
a0248662_952441.jpg

Iさんのナックルヘッド。
ロッカーアームシールのなじませ作業。スプリングとスプリングカップの干渉チェック。
ロッカーアームとアッパー側のカバーとの干渉チェック。
ナックルのヘッド周りは色々と大変です。





1970TRUMPH T120

a0248662_9524772.jpg
a0248662_953147.jpg

Kさんのトライアンフ
配線作業が終わり、それぞれチェック。オルタネーターを取り付けローターとステーターの干渉チェック。





1982TRUMPH T140ES

a0248662_953305.jpg

a0248662_954537.jpg
a0248662_9541448.jpg

Nさんのトライアンフ
ケース周りのベアリング、カムブッシュなど抜き取り、計測。カムブッシュは製作します。
その後ケース周りのねじ山修正。





SHOVEL ROCKER

a0248662_9542913.jpg

a0248662_9544224.jpg

a0248662_9545351.jpg

夜の部、部分修理で入学のKさん
ショベルのロッカーアームブッシュ交換、リーマーを通しラッピング。
仕上げでホーニング。





1970TRUMPH T120

a0248662_955668.jpg

a0248662_9553433.jpg

a0248662_9555153.jpg

a0248662_956452.jpg

2日連続出席のKさんのトライアンフ。
点火タイミングを合わせ、オイルホース取り付け、マフラー取り付け。
アップスイープにエキパイの取り付けに苦戦。




a0248662_9562394.jpg

トリニティー卒業生のD
外装周りの手直し、やはりアップスイープは面倒臭い。





a0248662_9573052.jpg

卒業正、アイアンのK君はオイル交換。
路上整備になってしまいました。





お知らせ

8月15日、16日はお休みさせていただきます。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-08-14 10:21 | その他 | Comments(0)
2015年 08月 11日

月曜日の授業風景

KNUCKLE HEAD

a0248662_0272972.jpg

a0248662_028169.jpg

a0248662_0274463.jpg

a0248662_0283558.jpg

オープンロッカー計画中のWさんのナックルヘッド。
ガイドの前加工が終わり、バルブスプリングを仮組み。バルブスプリングとスプリングカップが干渉しないか仮組みしてチェック。バルブスプリングカップの位置がロッカーアームに対して良い位置に来るように調整しつつ、ガイドを圧入。ロッカーアームのストローク時にアームがカップに干渉しない位置にします。





1976XLCH1000

a0248662_0285665.jpg

a0248662_0484355.jpg

a0248662_0291534.jpg

a0248662_029266.jpg

a0248662_0294079.jpg

a0248662_0295155.jpg

Z君のアイアンスポーツ。
クランクも組み付け作業の筈がいろいろとやり忘れたことが・・・。
まずクランクピンのロックタブの位置が悪く、ケースを組み付けると干渉。ロックタブを加工する。
スプロケットカバーのダウエルピンがチェーンで削られ、可愛そうなことに。
エンドミルでとんがったダウエルピンを削り落としねじ山を立て、プーラーの要領で抜き取る。
続きは夜の部。





VELOCETTE KSS MKⅡ

a0248662_0304090.jpg

a0248662_0305817.jpg

a0248662_0312580.jpg

Eさんのベロセット
シリンダーヘッドのフレームマウントとデコンプアジャスターのマウントの役割をしているボルトがナメていて使い物にならず・・・。
自ら単品製作。




1976FX1200

a0248662_0313920.jpg

Hさんのショベルヘッド。
HSRからケイヒンバタフライキャブに交換後、2次エア問題も解決し、不安定な天候でスコール的な雨にずぶ濡れになりながらの試乗。
まだ少々薄いか・・・次回引き続きセッティングしながらの試乗です。





夜の部

a0248662_0322736.jpg

a0248662_0325264.jpg

Z君アイアンスポーツの続き。
プライマリー側に付いている、オイルタランスファーバルブ。ワンウェイバルブになっていて、プライマリー側(ミッションも含む)の内圧をクランクケース側に逃がします。このバルブがやられていると、エンジンオイルがプライマリー側に行ってしまいます。
で、ただの穴になっていたこのバルブをとるのですが、毎回固着しとるのに苦労します。
作業しに来たE氏を捕まえ、六角棒を溶接してもらい抜き取り。





SHOVEL ROCKER

a0248662_0331630.jpg

a0248662_0335720.jpg

a0248662_0332995.jpg

ショベルヘッドのロッカー持込で入学のKさん、今日から授業開始。
縦方向で0.09mmクリアランスがあったロッカーアームブッシュ交換。
今回は純正ブッシュで行きます。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-08-11 01:19 | その他 | Comments(0)
2015年 08月 10日

週末の授業風景

1980XLH1000

a0248662_23362161.jpg
a0248662_23364385.jpg
a0248662_2337443.jpg

Iさんのアイアンスポーツ。
クランクの芯だし、スラスト調整、カムギア周り、ミッションの仮組みも終わり、クランク周り組み付け作業。
エンジンマウントなどもお化粧直し。





1953FL1200

a0248662_2338252.jpg

a0248662_23382582.jpg

a0248662_2340112.jpg
a0248662_23402149.jpg

a0248662_23405782.jpg

Nさんのパンヘッド。
Rマフラーの角度が悪い為、エキパイがヘッド差込口に斜めに入っていました。排気漏れの原因にもなりますし、アルミ製の差込部は留まりっぷりが悪いと削れてしまいます。
マフラーを熱し曲がり調整し、ピッタリ嵌るように。マフラーの平行もでています。
タンクも取り付け、次回試乗。





1973NORTON COMMANDO

a0248662_23411450.jpg

a0248662_23434639.jpg

a0248662_2344057.jpg

a0248662_23441256.jpg

Aさんのノートンコマンド。
試乗、車検に向け作業。Rブレーキスイッチのスプリングが強すぎるのか、ブレーキアームのリターンスプリングが弱すぎるのか、スイッチを押し切らない現象でブレーキランプがつきっ放し。
コマンドでは現象はよくあるらしい。
という訳で後付けリターンスプリングを取り付けるのですが試作NO.1はスプリングが強すぎステー部分が曲がり失敗。試作NO.2はまぁ成功か。
入れづらいフォークオイル入れ次回試乗か?





WL ENGINE

a0248662_23443026.jpg

a0248662_23444543.jpg

a0248662_2345059.jpg

a0248662_23451781.jpg

a0248662_23452855.jpg

MさんのWL。
ガタが少々多めだったケース側のカムブッシュ、ピニオンブッシュは抜き取り、ケース側計測。
ケース側はカムブッシュ側、ピニオンブッシュ側ともに状態良し。
虫食いが酷かったコンロッド・ビッグエンドベアリングレースは、一旦ラッピングしてみる。
虫食いが酷くラッピングではとりきれないと判断し、レースは交換することに。





1970TRUMPH T120

a0248662_2346835.jpg

Kさんのトライアンフ。
前回のエンジンストール問題はブレーキスイッチの電源をペイゾンのピックアップ側からとっていたことによる電気トラブルでした・・・。
その後なんやかんや電気トラブルがあったものの無事完成。
Kさんまた何時でもお越しください。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-08-10 00:16 | その他 | Comments(0)
2015年 08月 08日

1978FXE1200  第一回目の試乗

前回始動したショベル・FXE。
細かいところを手直しし試乗です。

a0248662_018646.jpg


a0248662_0183331.jpg

取れやすいオルタネーターの端子部分。対策パーツ取り付け。

a0248662_0184514.jpg

a0248662_0185664.jpg

社外のエアクリーナーバックプレート。随分形が違うな・・・。
エアベントの穴も開いていないので、開けて取り付け。

その後、猛暑日連続記録更新中の外でエンジン始動、アイドリングチェックするのが嫌なので、クーラー、旋風気ガンガンの室内でエンジン始動、アイドリング状態で放置。

a0248662_0192240.jpg

アイドリングを続けていると、ガス欠状態になりエンジンが止まる。再始動もキャブからくしゃみをして、良くない。この時ホース内にガソリンが無い状態。
社外のガスコックは駄目だな・・・・。悩んでいてもしようがないので高級コックピンゲルさんに交換。


a0248662_0193480.jpg

またアイドリング状態で放置。ガス欠で止まることは無くなったが今度は、段々アイドリングが下がっていく症状。フロートバルブが怪しい・・・オーバーフローはしないものの、ガスの止まりっぷりが悪く、どんどんガスが濃い状態になっているものと思われる。

ケイヒンバタフライでは2種類のフロートバルブがあり、フロートアームとあたる部分がピンのタイプ(スプリングが入っていてバルブを押すもの)とフラットなものがあります。
前期のものにはフラットなもの、後期のものにはピンタイプが使われていて、ピンタイプのものが良いとされていると思いますが、個人的にはフラットタイプのもが好きです。
ピンタイプのものはフロートアームと接する部分が点なので当たる位置によりフロートの動きが悪くなると思います。

というわけでフラットタイプのものに交換。

a0248662_019491.jpg

a0248662_0201281.jpg

アイドリングトランスファーポートのメクラ部分もここから2次エアを吸ってしますことがあるのでコーティング。
特に初期モデルのケイヒンは怪しいです。

そしてまた室内でアイドリングチェック。
異常な暑さと、二酸化炭素中毒でフラフラになりながも、アイドリングは良さそう。


a0248662_0203872.jpg

日が落ちるのを待ち試乗。
スムーズにエンジンが周り、非常に乗りやすいバイクになりました。 が何点か手直し部分があります。
中古のフロントローターは駄目でブレーキをかけるとウェービングをしている。
クラッチは少々滑り気味か。タコメーターが動いていない。
今のところオイル漏れなどは無し。
後は細かなキャブセッティングをしていきます。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-08-08 01:09 | 1978FXE1200 | Comments(0)
2015年 08月 06日

1950 陸王VF1200 クランク組み付け

今日は陸王1200のクランク組み付けのお話。

a0248662_14214243.jpg

a0248662_14221955.jpg

a0248662_14223526.jpg

a0248662_14225153.jpg

スプロケットシャフトベアリングのローラーゲージは随分磨耗していたので新品に交換。
ローラーはSTDサイズ6.35mmでベアリングクリアランスは0.03mm程度に。


a0248662_14231019.jpg

a0248662_14232186.jpg

カムギアスラストはカムカバーガスケットを製作し、計測。
このモデルはファイバー製のスラストワッシャーを使います。このワッシャー0.7mmと0.3mmのラインナップで、このワッシャーで調整できる程度、0.3mm程度のスラストで調整。

a0248662_14233794.jpg

a0248662_14234951.jpg

ピニオンシャフトは新品に交換。
カムギア・ピニオンギアを仮組みして回りっぷりチェック。引っかかり、抵抗無くよい感じ。

ピニオンシャフトとピニオンブッシュのクリアランスはクランク側0.1mm、カムギア側0.06mm。
(このモデルのクランクの軸受けはドライブ側ローラーベアリング、タイミング側ブッシュ)
マニュアルを見るとinner end of bushing .0045"(0.114mm) outer end of bushind .002"(0.05mm) bushing is taper reamed with special reamer
となっています。専用のテーパーリーマーを使い根元と先端でクリアランスを変えていたのですね。
というわけで、ピニオンブッシュは問題無しと判断しこのまま使います。


a0248662_1428375.jpg

a0248662_14282127.jpg

a0248662_1428353.jpg

クランクのスラスト量計測。
元々入っていたシムで状態良し。スラスト量0.15mm。コンロッドのセンターとケースの合わせ目に位置をチェック。

a0248662_14361251.jpg

a0248662_14353379.jpg

カムギアを組み今日はここまで。
次回タペット取り付け後、カムタイミングチェックします。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-08-06 14:57 | 1950 陸王VF1200 | Comments(1)
2015年 08月 04日

1982TRUMPH T140ES エンジン分解・計測 その1


Nさんのトライアンフ、エンジン分解作業のお話。

a0248662_133307.jpg


a0248662_1335733.jpg

a0248662_134113.jpg

a0248662_1342767.jpg

まずはヘッド周りを分解し計測作業。
バルブとガイドのクリアランスはIN、EXともに0.1mmでガイド交換決定。


a0248662_1344140.jpg

a0248662_1345190.jpg

バルブガイドを抜き、ガイド外径、ヘッド側ガイド穴内径計測。
ヘッド側のガイドホールは傷、変形無く良好。
ガイドはSTDサイズ。鍔無しのCクリップで止まり位置が決まるタイプのガイドで、パーツが出るとか出ないとか。


a0248662_13736100.jpg

ロッカーアームとスピンドルのガタは0.03m~0.04mmで良好。




a0248662_1375136.jpg

a0248662_13864.jpg

a0248662_1381879.jpg

シリンダーボア、タペット計測。
シリンダーとピストンのガタは0.2mmもありオーバーサイズピストンでボーリング。
タペットとガイドのガタは0.03mmで良好。



a0248662_1383524.jpg

a0248662_1385033.jpg

a0248662_139799.jpg

a0248662_1391913.jpg

クランク周り分解・計測。
スラッジチューブを抜き工具を使い抜き、それなりのスラッジで手を汚す。



a0248662_1393419.jpg

a0248662_1394682.jpg

a0248662_1395836.jpg

ビッグエンドジャーナルは傷、変形無く、ドライブ側、タイミング側ともに41.24mmで減っていません。
コンロッドを規定トルクで締め付け今ロッドベアリング計測。
ジャーナルに対し0.02mm~0.04mmのクリアランスで良好。



a0248662_1401248.jpg

a0248662_1402216.jpg

ドライブ側、タイミング側クランクシャフトのベアリング受け部分も減っておらず良好。


とりあえずクランク周りは状態良く一安心です。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-08-04 02:01 | 1982TRUMPH T140ES | Comments(0)
2015年 08月 03日

WL ENGINE 分解・計測作業

今日は新入生MさんのWLエンジンのお話。

a0248662_034372.jpg


a0248662_0342699.jpg

a0248662_12960.jpg

a0248662_122857.jpg

まずはクランクから計測。
随分なガタがあったビッグエンド部分、計測してみるとクリアランス(ガタ)は0.2mm~0.3mm
クランクピンは新品に交換。幸いローラーが随分減っていたようで、レース自体の減りは少ない。
レースラッピングをして虫食い、錆びをとり、使えるか判断します。



a0248662_0343866.jpg
a0248662_035095.jpg

ピニオンシャフト・スプロケット周り
同じくレースは錆・虫食いが酷い。こちらもラッピングしてみて使えるか判断します。


a0248662_0351844.jpg
a0248662_0352873.jpg

カムシャフト、ブッシュ周り計測。
カムギアはギア、カムともにやられているので交換予定。
ブッシュは新品カムシャフトのサイズにもよりますが、ケース側は駄目そうです。


a0248662_0354434.jpg

a0248662_0355542.jpg

タペットとガイドのガタは0.05mm程度でこちらはそのまま使います。
ローラーは全交換。


a0248662_036952.jpg

a0248662_0362225.jpg


シリンダーとピストンは社外製の新品。
ピストンとシリンダーのクリアランスは0.04mmでつめつめ。
社外製のシリンダーはヘッド、ベース面に対し垂直に穴が開いていない場合がありますので、1サイズオーバーのピストンでボーリングします。

バルブガイドは新品バルブステムに対し0.1mm~0.18mmのクリアランス。
こいつはこれで良しとします。




a0248662_0363976.jpg

シリンダーとケースのフィッティング。
社外のシリンダー、ケース収まらない・・・などということがあったら困るので予めチェック。







住吉神社例際

a0248662_0371877.jpg

a0248662_0373031.jpg

a0248662_0374763.jpg

今日は地元、月島・佃で3年に一回行われるお祭りでありましたので、お仕事の後に久しぶりの月島へ。
残念ながらお神輿は担げませんでしたが、宴会には合流。
久しぶりの面々とお決まりの小・中・高時代のお話でタイムスリップ。
昔と変わらない路地裏とともに、増え続ける高層ビルと商業施設の町並みに自分の年波を感じるのでありました。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-08-03 01:37 | WL ENGINE | Comments(0)
2015年 08月 02日

土曜の授業風景


1980XLH1000

a0248662_833586.jpg
a0248662_8341381.jpg
a0248662_8342425.jpg
a0248662_8343510.jpg

Iさんのアイアンスポーツはクランクの芯だしが終わり組み付け作業。
スプロケットシャフトベアリングを圧入し、スラスト調整。シムの厚みで調整します。
スラスト量0.04mm程度に。





1953FL1200

a0248662_8344849.jpg


Nさんのパンヘッドは点火時期調整し、オイル回し、マフラーを取り付けエンジン始動。
フロント側、エンジンとマニホールドの結合部分の少々の2次エア吸いと、リアエキゾースト、ヘッドとの取り付け部分の手直しはあるものの、エンジンは異音無く良さそうです。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-08-02 08:45 | その他 | Comments(0)
2015年 08月 01日

1978FXE1200  エンジン始動

修理依頼のシャベルFXE、エンジン始動です。

初めは2次エアを吸っていたのでインマニバンド締め直し、パーツクリーナーを使い2次エアチェックし問題無し。
初めに付けたパイロットジェット0.68は薄い感じがしたので交換し、0.75に。これだと少々濃い目か・・・。
丁度よいサイズのJETを切らしているので細かいセッティングはまた次回。
長い時間アイドリングをさせていると段々アイドリングの回転数が落ちていく傾向が。フロートとフロートバルブあたり怪しいか。

ともあれ、マフラーはウルサイがエンジンは静かです。
次回細かなセッティング&試乗です。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-08-01 01:33 | 1978FXE1200 | Comments(0)