Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2015年 06月 15日

土日の授業風景

1953FL1200

a0248662_8123468.jpg

a0248662_8125154.jpg

年式違いのカムカバーが付いていて、ヘッドにオイルが行っていなかったNさんのパンヘッド。
社外のカムカバーをオーナーNさんが手に入れ、計測、仮組みチェック。
この話はまた次回詳しく。





1974NORTON COMMANDO
 
a0248662_8131791.jpg

Aさんのノートンコマンド。
フロントタイヤ交換、少々清掃、Dチェーン取り付け。Dチェーンがインナープライマリーカバーに少々干渉していた為、チェーンの取り付けリンクのピンを少し削り対処。






NORTON COMMANDO

a0248662_8133951.jpg

a0248662_8135389.jpg

トリニティー卒業生Mくんのノートン。
利きが悪いリアドラムのあたりっぷりチェック・調整。





1976FX1200

a0248662_814995.jpg

a0248662_8142390.jpg

卒業生Hさんのショベルはオイルタンク交換に伴い、オイルタンクマウント用の穴をフェーンダーに開け、取り付け。




VELOCETTE KSS MKⅡ

a0248662_814371.jpg

a0248662_8145568.jpg

a0248662_815683.jpg

a0248662_8151736.jpg

修理依頼でお預かりしている、ベロセットKSS MKⅡ
生徒さんを見つつこそこそ作業。まずは全然効いていなかったバルブリフターチェック。
EX側のタペットクリアランスが多すぎてリフターがロッカーアームを押していませんでした。
ロッカーピンを回してタペット調整をするMKⅡ、ロックナットが緩んでいたようです。
次回は滑っているクラッチ周りチェック。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-06-15 08:42 | その他 | Comments(0)
2015年 06月 13日

1950 陸王VF1200 コンロッドスラスト あともろもろ

Tさんの陸王コンロッドスラスト調整

a0248662_8395066.jpg

a0248662_8441833.jpg

a0248662_8404110.jpg

a0248662_841998.jpg

a0248662_841532.jpg

空回りしていたスラストワッシャー、新品1.35mmのワッシャーを入れ仮組みし計測。
スラスト量は0.3mm程度。
芯出しをしていくと縮んでいく傾向があるのでこのワッシャーでいきます。
というわけでフライホイールにかしめる。



a0248662_8444445.jpg

a0248662_84595.jpg

a0248662_8452283.jpg

クランクを組む前に、気になっていたコンロッドの曲がりを冶具を作りチェック。
フォーク側は良いがナイフ側は捻じれがあるようです。
こいつは修正。


a0248662_8453419.jpg

a0248662_8454594.jpg

錆びさびだったFXEのシリンダーはブラスト後お化粧直し。


a0248662_8455972.jpg

お預かりしていたSさんのトライアンフ、車検作業終わり。


a0248662_8461312.jpg

お休みの木曜日はパーツ置き場が無くなった第二ガレージの棚作り。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-06-13 08:58 | 1950 陸王VF1200 | Comments(1)
2015年 06月 10日

月曜日・火曜日の授業風景

a0248662_0241767.jpg



KNUCKLE HEAD

a0248662_025683.jpg

a0248662_0252789.jpg

Wさんのオープンロッカープロジェクト進行中。
オープン用のスプリングカップ仮組み。バルブガイドを圧入してカップを固定するため仮組みに冶具製作することに。一筋縄ではいかなそうです。





1963FL1200

a0248662_026080.jpg

a0248662_0261851.jpg

a0248662_0403065.jpg

a0248662_0405371.jpg

Sさんのパンヘッド。
Fヘッドオイルラインのクラック問題から復旧。
キャブを本組みし、アクセルワイヤー引きなおし、製作したフットブレーキアームブッシュ取り付け。





1970TRUMPH T120

a0248662_0265044.jpg

a0248662_02794.jpg

a0248662_027212.jpg

a0248662_0273490.jpg

Kさんのトライアンフ。
ヘッド、プッシュロッドチューブを仮組みし、プッシュロッドチューブシールの厚みを選定。
ヘッド取り付け。大分形になって来ました。





1982TRUMPH T140ES
 
a0248662_0275540.jpg

a0248662_0282044.jpg

a0248662_0283172.jpg

新入生のNさん授業開始。
スターターが付くモデルのトライアンフ持込。もちろん悪名高いスターターモーターは付いていませんでした(笑)。
今回は車両の置き場もないことから、エンジンを降ろした後、車体周りから分解していきます。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-06-10 00:56 | その他 | Comments(0)
2015年 06月 08日

日曜の授業風景

a0248662_8255975.jpg




1947FL1200

a0248662_8262233.jpg

Iさんのナックルヘッド。
ロッカーアームの取り付けスラスト調整中。
ヘッドのロッカーカバー取り付け部分の溶接加工(ほとんどのナックルが溶接されている)の位置のズレ、ロッカーアームカバー変形、歪みのためロッカーアームやスプリングに微妙に干渉する。
ロッカーカバーの変形を修正しつつの調整、帳尻合わせに苦戦。





1936FL1200

a0248662_8263950.jpg

a0248662_8265992.jpg

a0248662_8271258.jpg

Sさんのパンヘッド。
オイルラインのクラック溶接後、ネジ修正。
ロッカーアーム、ヘッド、キャブを取り付け、ここまで復旧。





1970TRUMPH TR6

a0248662_829092.jpg

a0248662_8291356.jpg

a0248662_8292852.jpg

a0248662_8294681.jpg

a0248662_829584.jpg

部分修理のKさんのトライアンフ。
排気漏れをしていたエキゾーストパイプアダプター、ガタがあるのに一部分から固着し抜けない・・・。
抜け易いように溝を入れつつ、偶然遊びに来ていたトラヴィスサイクルズの栗崎君にスーツ姿のまま手伝ってもらい(ほとんどやってもらい笑)無事摘出。いや本当助かりました。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-06-08 08:58 | その他 | Comments(1)
2015年 06月 07日

Dynavector Moulton DV-1

先日はお休みを頂き、モールトンサミットに出席。

a0248662_8472284.jpg

富成校長が8年前から着手、新設計したダイナベクターベクター・モールトンの発表会でありました。
フレームはスポークを使い強度確保と軽量化を狙い、フロントサスペンションは引っ張りスプリングを使うことでアンチノーズダイブ機能を実現いています。
校長の試行錯誤の様を知っている私としては感慨深いものがありました。



a0248662_8473550.jpg

夜は校長激励に訪れたトラヴィス栗崎君のお久しぶり会。お馴染みのぶたいちろうへ。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-06-07 09:17 | その他 | Comments(1)
2015年 06月 06日

1976FXE1200  スターター・プライマリー周り組み付け

今日は修理依頼のショベル・FXEのお話。

a0248662_23555124.jpg

a0248662_2356270.jpg

まずは、オルタネーター取り付け。
予めシム調整。

a0248662_23561668.jpg

元々エンジンオイルが供給され潤滑するショベルのプライマリーですが、オイルラインを止めプライマリー別体化します。

a0248662_23563219.jpg

インナープライマリー取り付け。
ミッションをフリーにしておき、まずエンジンとインナープライマリーを取り付ける。その後ミッションとインナープライマリーを取り付けて、ミッションの位置を決めてから、ミッションマウントナットを締め付ける。

a0248662_23564730.jpg

a0248662_2357048.jpg

HITACHIタイプのスターターモーター分解、清掃。

a0248662_23571195.jpg

コミュテーターは旋盤に銜え、ペーパーでカーボン除去。
セグメントの溝の清掃。

a0248662_23572420.jpg

ブラシの幅チェック、幅15.7㎜、マニュアルの最小値は11.1㎜なので問題なし。

a0248662_23574586.jpg

通電し、回りっぷりチェック。

a0248662_23575882.jpg

a0248662_2358105.jpg

スターターモーター取り付け。
Dチェーンでやらてしまうインナープライマリーのスターターマウント部には、ガード(チェーンスライダー的なもの)を取り付け。

a0248662_23585360.jpg

a0248662_2359785.jpg

a0248662_23592149.jpg

元々付いていたクラッチハブのスタッドは段付きが酷く、新品に交換し、規定トルクで締め付け。

a0248662_23593923.jpg

クラッチハブベアリングは、ニードルベアリングを使用。

a0248662_23595627.jpg

a0248662_001163.jpg

a0248662_002324.jpg

ラムチェットリテ-ナーを取り付け。
クラッチをきった際に、クラッチハウジングが横にスライドし、クラッチの切れを悪くするのをラムチェットリテーナーを取り付け、スライドを防止する。

a0248662_003848.jpg

コンペンセンタースプロケットナットを規定トルクで締め付け、プライマリー周り完了。



6月6日はモールトンサミット参加のためお休みさせて頂きます。
宜しくお願いします。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-06-06 00:40 | 1978FXE1200 | Comments(1)
2015年 06月 03日

1938 INDIAN CHIEF T/Mカウンターシャフトブッシュ

今日はMさんのインディアン・カウンターシャフトブッシュの交換

a0248662_1083038.jpg

インディアンのカウンターギアの軸受けはブッシュ。
ハーレーの場合はバラのニードルベアリングで、受けているギア側のレースが虫食いがあることも多く、直す場合にギア交換することも多いです。
ブッシュの場合ギアの軸受け部分自体がやられてる事が無く、ブッシュ交換、調整で済み、高回転で回さないインディアン、ハーレーには良いのでは。

a0248662_1085921.jpg

a0248662_1091424.jpg

ブッシュ抜き取り。
内がけプーラーの爪を掛け抜き取り。両ブッシュの間にブッシュ位置決めのカラーが入っています。

a0248662_1094585.jpg

a0248662_10305142.jpg

ブッシュ圧入。
今回使ったブッシュはインディアンのパーツ屋JERRYでとったもの。このブッシュがなかなか良く、ギアとの嵌め合いが0.04mm。圧入前の内径はシャフトに対して0.08mmあったものの、圧入後縮み0.04mmに。
マニュアルのクリアランスが0.038mm~0.05mmで規定内のクリアランスに。
ブッシュ加工することなくそのまま圧入しよい感じです。

ちなみにブッシュのでっぷりは2mm程度、ここの出っぷりでスラスト量が変わります。

a0248662_1095899.jpg

少々ラッピング、ホーニングしガタ無くスムーズに。


a0248662_10101082.jpg

仮組みしてスラスト量計測。
実測値は0.3mm。 マニュアル規定量は0.12mm~0.25mm
多い場合はシム調整するのですが薄々のシムを入れても削れてしまっても意味が無いので今回はこれで行きます。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-06-03 10:47 | 1938 INDIAN CHIEF | Comments(0)
2015年 06月 02日

1938 INDIAN CHIEF オイルポンプ組み立て

今日はMさんのインディアン・チーフ、オイルポンプ組み立て。

a0248662_824849.jpg


a0248662_83675.jpg

a0248662_832292.jpg

まずはFEED側から。
フロントカムシャフトで駆動し、ガイドスクリューで支持され、上下運動するプランジャー式のオイルポンプ。
加圧さてたオイルはピニオンシャフトを通りビッグエンドベアリングを潤滑。

写真を撮り忘れましたが、新しくしたカムシャフトのウォームギアに少々引っかかりがあったのですり合わせをする。


a0248662_833562.jpg

a0248662_83503.jpg

仮組みしてオイルの回りっぷりチェック。
プランジャーだとナメていたら、しっかりとオイルを圧送する。


a0248662_841791.jpg

お次はリーターン側。
リア側のカムシャフトで駆動し、お馴染みの歯車型のギアを回しオイルを戻す。
リターンギアオイルポンプドライブシャフトはデストリビューターを回す役目も。


a0248662_844037.jpg

a0248662_85340.jpg

リターンギアは新品に交換。
ボディーとの隙間をチェック。0.06mm程度ギアが出ている状態。ガスケットの厚みが0.15mm。組み付けガスケットがつぶれたとして、0.1mm弱のクリアランスってとこかしら。

a0248662_87677.jpg

少々細かな微調整。(といってもこういう事が時間がかかる)
リターンギアポンプシャフトは上側につくブッシュとボディ側で軸受けされるのですが、ボディ側が渋い。
シャフトを抜く際に変形させてしまったのかもしれません。
バリ取りして少々擦り合わせ。

a0248662_865163.jpg

a0248662_873684.jpg

リターン側のギアは新品なのですが、シャフト側のギアとシャフトのハメ合いがキツイ。
ここのギアは圧入がキツイと抜く際に非常に苦労します。
シャフトに対しハメ代がほぼ0になる程度までホーニング。

a0248662_875095.jpg

a0248662_88299.jpg

リターン側ポンプギアを仮組み。
ガスケット、カバーを付け、ギアの回りっぷりチェック。引っかかり無く良好。

a0248662_881751.jpg

a0248662_883953.jpg

リターン側もオイルを入れチェック。
グングン戻ってきます。インディアンのオイルポンプ良いかも。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-06-02 08:45 | 1938 INDIAN CHIEF | Comments(0)
2015年 06月 01日

土日の授業風景

a0248662_8502719.jpg




1980XLH1000

a0248662_8504799.jpg
a0248662_8505778.jpg

Iさんのアイアンスポーツ。
トランスミッションメインベアリングレースラッピング後、ベアリングサイズ選択、スラスト調整。





1953FL1200

a0248662_8512269.jpg

Nさんのパンヘッドは配線作業。





1970TRUMPH T120

a0248662_8514631.jpg

a0248662_85205.jpg

Kさんのトライアンフ
ヘッド組み立て、シリンダーに搭載し、プッシュロッドチューブの隙間を計測。





1947FL1200

a0248662_8534070.jpg

a0248662_8535325.jpg

Iさんのナックル
ヘッド組み立て、ロッカーのスラスト調整。





1938 INDIAN CHIEF

a0248662_854108.jpg

a0248662_8542656.jpg

Mさんのインディアン
カムギアホイールにNEWカムシャフト圧入
ケースに取り付けスラストチェック。





1971 BSA A65

a0248662_855039.jpg

a0248662_856447.jpg

久しぶり登場のTさん
状態が良いケースを入手。清掃し計測。





1976FX1200

a0248662_8551632.jpg

卒業生のHさんのショベルは引き続きオイルタンク交換。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-06-01 09:09 | その他 | Comments(0)