<   2015年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 31日

1980XLH1000 トランスミッション組み立て

今日はIさんのアイアンスポーツ・トランスミッション組み立て。

a0248662_8321276.jpg

a0248662_8322833.jpg

a0248662_8483028.jpg

問題があったカウンターシャフトの2ndギアはアンドリュース製のものに交換。
もちろんドッグギアはしっかり入ります。
シフターフォークの長さを変え2速ギアと3速ギアのドッグの入りを調整。

a0248662_8332544.jpg

a0248662_8334139.jpg

シフターフィークの長さが決まり、カウンターの1速ギアと3速ギアのドッグの入りっぷりをシム調整。
これでシフト調整は終わり。

a0248662_834089.jpg

a0248662_8341998.jpg

でこちらはDスプロケット側のメインシャフトの軸受けベアリング。
シャフト側がヤラレていた車両で、ベアリングレース内径を測ると随分小さい。
通常33.14mm程度の内径が33.10mm~33.12mmで0.04mm小さく楕円。
メインシャフト径(25.17mm)とSTDローラー(3.965mm)サイズを考えるとクリアランス0
よくこれで回っていたものだ。

a0248662_8392934.jpg

a0248662_840085.jpg

べアリングレースをラッピングし内径拡大。
レースがテーパー状になっており少々苦戦したものの、レース径33.16mmに。ローラは1サイズオーバーで3.975mm、シャフトはアンドリュースの新品で25.17mm  クリアランス0.04mmに。

a0248662_840212.jpg
a0248662_8403736.jpg

でスラスト調整。
シム3.0mmを入れスラスト量0.3mmに。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-05-31 09:07 | 1980XLH1000 | Comments(0)
2015年 05月 30日

1978FXE1200  車体周り組み立て その2

今日はショベルFXEの車体周り組み立て

a0248662_142540.jpg

a0248662_144195.jpg

まずはホイールベアリング取り付け。
シム調整をして渋くさが無く、スルスル回るように。

a0248662_145852.jpg

a0248662_152251.jpg

a0248662_153467.jpg

錆々だったリアアクスルアジャスターは新品に。
動きが渋いのでスイングアーム側を少々削る。

a0248662_154915.jpg

エンドカップの嵌りも悪いので少々加工。

a0248662_1353293.jpg


a0248662_111648.jpg

a0248662_1112015.jpg

a0248662_1113558.jpg

フロントホイールも同じくシム調整しタイヤ取り付け。

a0248662_1194643.jpg

ローリングシャシーに。


a0248662_1202298.jpg

トランスミッションのスプリケットを規定トルクで本組み。

a0248662_1213970.jpg

a0248662_1233718.jpg

ミッションマウントのワッシャーは固い45Cのものを使用。(ここのわっシャーが変形してしまっているものが多いため)
座面の据わりが悪いので加工。丈夫で良いサイズのワッシャーがあればよいのに・・・。

a0248662_122871.jpg

フレームにミッション搭載。

a0248662_1253320.jpg

a0248662_1254854.jpg

スプロケットシャフトベアリングシールを取り付け、エンジン腰下もフレームに搭載。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-05-30 01:54 | 1978FXE1200 | Comments(0)
2015年 05月 27日

1963FLH1200 キャブ取り付け、エンジン始動・・・その先に

今日はSさんのパンヘッドのお話。

a0248662_8265855.jpg

オーナーが手に入れたOH済みのリンカートキャブは、分解し清掃・チェック。

a0248662_827212.jpg

a0248662_827359.jpg

a0248662_8274612.jpg

フロートは浮力が高いダッキーフロートに交換。
フロートレバーを曲げフロートレベル調整。

a0248662_8281888.jpg

a0248662_829828.jpg

インシュレーターを付け、車体に組み込み位置だし。

a0248662_8275770.jpg

a0248662_8292428.jpg

a0248662_8294384.jpg

スロットルはPOSH製のインナースロットルでスロットルを捻ると、ワイヤーが引っ張られるPULLタイプなので、スロットルレーバーコンバーションキットを組む。
リターンスプリングが強すぎるので、程よいものに交換。


a0248662_830759.jpg

ナメポイントであるサーキットブレーカーボルトの雌ねじ部分。
この車両は腰下をやっていまっせんので、対処していませんでした。
ねじ山が弱っていましたのでスタッド化。


a0248662_8302621.jpg

というわけでエンジン始動したものの、フロントヘッドのオイルラインからオイル漏れが・・・・。
シール不良かと思いきやクラックが・・・・。オイルラインのテーパーネジは怖いです。
一瞬逃避的思考か頭を過ぎりつつ、ヘッド分解しました。
溶接してクラックを埋めます。         つづく






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-05-27 08:51 | 1963FLH1200 | Comments(0)
2015年 05月 25日

日曜の授業風景


1962 NORTON 650SS

a0248662_8392849.jpg

a0248662_8373938.jpg

a0248662_8375329.jpg

a0248662_838926.jpg

Hさんのノートンドミネーターはカムブッシュ圧入後、専用ラップロッド製作しラッピング。
ガタ無くトゥルトゥルに。





1938 INDIAN CHIEF

a0248662_8394982.jpg

a0248662_840923.jpg

a0248662_8411781.jpg

Mさんのインディアンはバルブシートカット。
状態が良かったガイドとバルブはそのまま使い、あたり幅が約4mmあったので1.5mm程度までシートカット、擦り合わせ。





1970TRUMPH T120

a0248662_8414192.jpg

トリニティー卒業生のTさん。
ロッカーボックスボルトの雌ネジのナメ、エキゾーストパイプアダプターのガタ、オイル漏れなどなどで手直し作業で入学。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-05-25 08:53 | その他 | Comments(0)
2015年 05月 24日

土曜の授業風景

1962 NORTON 650SS

a0248662_862631.jpg
a0248662_86418.jpg

Hさんのノートンドミネーターは引き続き、バルブシートカット擦り合わせ。





1953FL1200

a0248662_871142.jpg

a0248662_872458.jpg

a0248662_873677.jpg

腰上、ミッションのOHだったNさんのパンヘッドですが、カムカバーが年式違いのものが付いており、ヘッドにオイルが回らず・・・。カムカバーを交換することに。
気を取り直し配線作業。





NORTON COMMANDO

a0248662_881957.jpg

a0248662_883280.jpg

a0248662_884780.jpg

軽整備コースのAさんのコマンド
リアタイヤ、Dチェーン交換のついでにリアホイールベアリングチェック、スイングアームピボットにオイルさし。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-05-24 08:21 | その他 | Comments(0)
2015年 05月 23日

1960 VELOCETTE VIPER プライマリーTAKE2

a0248662_884364.jpg

インナープライマリーとアウタープライマリーを交換したら、チェーンが干渉していたバイパー。

a0248662_89777.jpg

チェックしてみるとエンジンスプロケットのところのカバーとチェーンが干渉していたようです。

a0248662_893697.jpg

a0248662_895799.jpg

光明丹を塗りあたっているとこを削る。

a0248662_810195.jpg

干渉なくなりO.k
しかしながRENOLDのプライマリーチェーンはすでに片伸びをしている・・・。


a0248662_8103342.jpg

というわけで試乗。

a0248662_8105074.jpg
a0248662_8112738.jpg

プライマリー側、キック側ともにオイル漏れなし。今のところは・・・・。

by sgf1906 | 2015-05-23 08:24 | 1960 VELOCETTE VIPER | Comments(0)
2015年 05月 20日

1962 NORTON 650SS バルブ&バルブガイド

今日はHさんのノートンヘッド周りの作業。

a0248662_11323.jpg


a0248662_1131983.jpg

ヘッド側ガイドホールはIN・EX・ドライブ側、タイミング側ともに変形、傷などなく状態良し。
加工なしでいけます。

a0248662_1133430.jpg

バルブガイド鋳鉄製のワンサイズオーバーで外径12.855mm(+.0005”o.s)

a0248662_113499.jpg

a0248662_114420.jpg
a0248662_1141337.jpg

ヘッドガイドホール径にあわせ、バルブガイド外径切削&研磨して外径12.78mmに。
アルミヘッドと鋳鉄ガイドの組み合わせでハメ代0.04mmとる。


a0248662_1142896.jpg

a0248662_1144378.jpg

ヘッドをよく暖め、自家製圧入工具を使い圧入。

a0248662_115877.jpg

ガイド圧入後、バルブに光明丹をつけシートと傘面のあたりっぷりをチェック。
4本ともしっかりあたっています。ガイド加工・圧入成功。
EX側は虫食いが酷いです。


a0248662_11741100.jpg

ちなみにこのバルブは傘部分の幅が短く約1.5mm
つまり傘幅がそのままシートとのあたり幅となります。

a0248662_1153616.jpg

a0248662_116337.jpg

状態が悪かったEX側からシートカット擦り合わせ。

a0248662_1165438.jpg

a0248662_117465.jpg

EXタイミング側、ドライブ側完成。


a0248662_1175366.jpg

一心不乱に擦り合わせ、一皮剥けた男になったH氏でした。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-05-20 01:45 | 1962 NORTON 650SS | Comments(0)
2015年 05月 19日

1955FL1200 T/Mメインシャフトブッシュ周り

今日はYさんのパンヘッド・トランスミッションのメインシャフトブッシュ交換のお話。
メインシャフトは状態がよくそのまま使用。
メインドライブギアは0.1mm程度のがた。メインシャフト3rdギアのブッシュも0.1mm程度、キックラチェットブッシュは0.15mmのガタでブッシュ交換します。


a0248662_8441669.jpg
a0248662_844281.jpg

a0248662_8443951.jpg

まずはメインドライブギアブッシュ。
使うブッシュはJIMS製で小さめに作られているブッシュを予め内径拡大。シャフトにギリギリ入る状態にしておきます。

a0248662_8445558.jpg

a0248662_845718.jpg

ガイド圧入。
ブッシュのでっぷりをもともと入っていたブッシュと同じにする。

a0248662_8452234.jpg

a0248662_8453355.jpg

a0248662_8454565.jpg

圧入して縮んだブッシュ内径を中古シャフトを使い少々ラッピング。
ラッピング後ホーニングして仕上げ。ガタなくスルスルに。

a0248662_8473082.jpg

a0248662_8462525.jpg

3rdギアは単品製作。

a0248662_8463965.jpg

a0248662_8465015.jpg

圧入し少々ホーニングでよい感じ。

a0248662_847463.jpg

a0248662_848222.jpg

a0248662_8481382.jpg

スターターラチェットブッシュも単品製作。
ここのブッシュにガタがあるとギア抜けの原因になります。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-05-19 09:12 | 1955FL1200 | Comments(0)
2015年 05月 18日

週末の授業風景


1963FL1200

a0248662_7191366.jpg
a0248662_7192760.jpg
a0248662_7193769.jpg

Sさんのパンヘッド
キャブレーターの調整ごとが終わり本組みし、オイル回し。オイルの行き、帰りを確認。
次回エンジン始動です。





NORTON COMMANDO

a0248662_722222.jpg

トリニティー卒業生のAさんは新たにコマンドを手に入れVMS入学。
とりあえず動く状態にして車検をとります。





1980XLH1000

a0248662_7222123.jpg

a0248662_7223292.jpg

a0248662_7224479.jpg

IさんのアイアンスポーツはT/Mメインシャフトベアリングのラッピング。





1976XLCH1000

a0248662_7242599.jpg

a0248662_7243586.jpg

Z君のアイアンスポーツはタイヤをはめローリングシャシーへ。




1976FX1200

a0248662_7252855.jpg

卒業生のHさんはオイルタンク交換。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-05-18 07:45 | その他 | Comments(0)
2015年 05月 16日

VELOCETTEプライマリー TAKE1

今日はお預かりしているベロセットのプライマリー周りのお話。

a0248662_8145386.jpg


a0248662_815827.jpg
a0248662_8151735.jpg

もともとついていたプライマリーカバーはモールディングタイプ。
溝が切ってあるラバーシールをアウターとインナーカバーに合わせ一週巻き、スチールのバンドで締め上げ、プライマリーをシールするというもの。
ラバーシールの溝に合わせてプライマリカバーの位置決めをするのが難しく、初めはあっていたとして動いているうちに、ずれていってしまします。


a0248662_8152993.jpg

新品でカバーが出ていましたのでプライマリカバーをボルトタイプにします。


a0248662_8154063.jpg

もちろん新品はボルトオンではありません。
粉体塗装がされている様で、肉厚でボルト位置が合わない。
ネジで位置決めをしつつ、少々加工。

a0248662_8155395.jpg
a0248662_816231.jpg

プライマリーガスケットは耐油ゴム入りコルクシールで製作。

a0248662_8161631.jpg

a0248662_8163193.jpg
a0248662_81639100.jpg

クラッチ調整、チェーン調整をして仮組み。

a0248662_8165278.jpg

a0248662_817435.jpg

アウタープライマリーを組みチェック。
クラッチを切ったときに、開いたクラッチプレートがアウタープライマリーに干渉してします。
これではクラッチの切れが悪くなってしまします。
プライマリーカラーにシムをいれ干渉しないところ探る。
アウタープライマリーを外に出しすぎると、ドライブチェーンと干渉する恐れがあるのでギリギリあたらないところ狙う。仮組み分解を繰り返す。

a0248662_8171642.jpg

a0248662_8172848.jpg

サイズが決まり、カラーを製作。

a0248662_8175027.jpg

調整ごとが終わり始動。
仮組み状態では分からなかったのですが、エンジンをかけると暴れたチェーンがどこかにあたっている音が・・・。もう一度分解しやり直しです。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-05-16 08:50 | 1960 VELOCETTE VIPER | Comments(0)