<   2014年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 30日

1939EL1000 マグネトー

Wさんのナックルヘッド。
バッテリー点火使用で車検取得後、試乗を繰り返し駄目だし、キャブセッティング、各部調整、増し締めをして問題が無い状態に。
ここでマグネトー点火へ交換します。

a0248662_1233527.jpg
a0248662_1242444.jpg
a0248662_1243491.jpg

使うマグネトーハウジングアッセンブリーはメーカー不明。
進角位置、遅角位置の調整スクリューが付き、アダプタープレート位置を動かせるようになっています。(イモネジで固定する)


a0248662_1255588.jpg

a0248662_126565.jpg

a0248662_1262160.jpg

a0248662_1244429.jpg

遅角位置・圧縮上死点前5度、タイミングホールの右側に〇印が見え隠れするところ
フル進角位置・圧縮上死点前35度、タイミングホールに棒印がくるところ
それぞれ点火時期調整。


a0248662_1272272.jpg

配線もバッテリーレス使用に引き直し。




という訳でエンジン始動&試乗。
バッテリー点火のときと比べ、やはりエンジン始動には苦労しますがオーナーいわく走っているフィーリングは良いようです。
クランキングスピードが遅いときは火花が弱く、クランキングスピードが速いときは火花が強くなるマグネトー点火、バッテリー点火時とキャブセッティングが変わると思われるので、この後煮詰めて行きます。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-09-30 02:00 | 1939EL1000 | Comments(0)
2014年 09月 28日

授業風景



a0248662_2265349.jpg



980XLH1000

a0248662_21363692.jpg
a0248662_2137741.jpg
a0248662_21372551.jpg
a0248662_21374480.jpg

Iさんのアイアンスポーツ。
クランク分解し、計測地獄へ。スプロケットシャフトにクラックが・・・まぁバラしておいて良かったです。





1953FL1200

a0248662_2138235.jpg
a0248662_21381338.jpg
a0248662_21382363.jpg

Nさんのパンヘッド。
ミッション分解・清掃作業が終わり、コチラも計測地獄へ。





1975XLH1000

a0248662_21383820.jpg
a0248662_21384897.jpg

Oさんのアイアンスポーツ。
試乗予定だったのですが、オイルポンプのプレッシャースイッチフィッティングボルトを締め付けボディーにクラックが入ってしまいました・・・(泣)
ここへ来てオイルポンプボディー交換です。





1950 陸王VF1200

a0248662_2139962.jpg

a0248662_21393248.jpg

a0248662_2140575.jpg

a0248662_21402758.jpg

Tさんの陸王もクランク分解し計測地獄へ。
4カムでケース側、カムカバー共にブッシュ軸受け、ピニオンシャフトの軸受もブッシュ・・・計測部分が多いぞ・・・。
イヤイヤ計測ごとがこれだけ続くと頭が混乱してきます。





1976XLH1000

a0248662_21405186.jpg

a0248662_2141442.jpg

a0248662_2142582.jpg

a0248662_21424173.jpg

Zくんのアイアンスポーツはヘッド回り。
バルブスプリング取り付け長計測後、バルブスプリング圧確認。
ヘッド本組みです。





1979FLH1340

a0248662_21425790.jpg




Fくんのショベルヘッド。
遊びに来た卒業生Sさんと試乗の旅へ。






TSUNEの結婚を祝う会

a0248662_21591130.jpg

a0248662_224398.jpg

a0248662_21595666.jpg

a0248662_2201377.jpg

a0248662_2202919.jpg

a0248662_2204742.jpg

a0248662_221682.jpg

a0248662_2254757.jpg

a0248662_2212464.jpg


おめでとう。
結婚しても遊びに来いよ。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-09-28 22:34 | その他 | Comments(0)
2014年 09月 27日

1938 INDIAN CHIEF ホイールベアリングその1

今日はMさんインディアンチーフ・ホイールベアリングのお話。
チーフのホイールベアリングは片側はホイールハブ、片側はブレーキドラムに付きます。
今回はホイールハブ側のローラーベアリング。

a0248662_1181946.jpg
a0248662_1183093.jpg

ホイールハブに圧入されているベアリングレース。
奥にはフェルトとワッシャーが入っているのですが、ハブとレースにはそのフェルト分の隙間しかなく、このレースが抜けない・・・。(内爪ベアリングプーラーを使ったのですが、爪が折れてしまいました)


a0248662_1184183.jpg

レースにフラットバーを溶接し橋をわたし、叩き抜きました。


a0248662_1193432.jpg

a0248662_1185135.jpg

ベアリング・ベアリングレース・ベアリングサポートスペーサー・スラストワッシャーがアッセンブリーになっています。(図6.7.10.11.12.13.15)
17のベアリングナットの締め込みでスラスト調整をするのでしょう。
ローラーベアリングは2サイズしかないので、レースが駄目になっていたら交換するものなのでしょう。まぁレースが交換できる分、スターハブよりマシですね。

初めてのインディアン、疑問な部分も多く考えながらやりますので時間がかかりますが、1つずつその疑問を解消していきます。
次回はアッセンブリーになっているベアリング側を分解予定。

a0248662_12171.jpg






GARAGEⅡ 増設

a0248662_1225477.jpg
a0248662_1231267.jpg

木曜日の休みを利用して棚を製作。
なんだかクチャクチャになって来ました。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-09-27 01:52 | 1938 INDIAN CHIEF | Comments(0)
2014年 09月 25日

1950陸王VF1200 エンジン分解作業

今日はTさんのエンジン分解作業のお話。

a0248662_0531430.jpg
a0248662_0534184.jpg

まずはバルブ回り分解。
バルブの傘は大分減っています。コイツは交換予定。

a0248662_0541546.jpg

フレームからエンジン腰下を降ろし、分解していきます。

a0248662_0535223.jpg

ハーレーでは34年~36年までの2年間使われていたオイルポンプ。
フィード側だけでリターンはしません。アクセルワイヤーと連動し、アクセル開度によりオイル送り量が変化します。
私のVLDもこのオイルポンプです。

a0248662_0543731.jpg
a0248662_0544627.jpg

フロントコンロッドは三菱製、リアコンロッドはハーレー製が付いていました(笑)

a0248662_0545823.jpg
a0248662_055862.jpg

カムカバーを開け、専用工具でたぺットを抜く。
#3カムには2つのタイミングマークが。仮組み時にカムタイミングを測ってみます。

a0248662_0552183.jpg

ピニオンギアを抜き、クランクケースをわります。
ピニオンギアとピニオンシャフトの嵌めあいは良好。

a0248662_0553455.jpg
a0248662_0554443.jpg

タイミング側のクランクシャフトの軸受けはブッシュです。
コイツはなかなか問題があるつくりで、オイルポンプから圧送されたオイルは、ピニオンシャフトを通りクランクピンへ行きビッグエンドベアリングを潤滑するのですが、こいつはピニオンシャフトにオイル穴が開いており、ブッシュを潤滑しています。その為ブッシュとシャフトにガタがあると、ブッシュ側に油圧が逃げ、ビッグエンド部へのオイル圧送量が減ってしまいます。

a0248662_0555539.jpg

清掃後、計測地獄となります。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-09-25 00:56 | 1950 陸王VF1200 | Comments(0)
2014年 09月 23日

1963FLH1200 フロントブレーキ

今日はSさんのパンヘッド・グライドブレーキ。
利きが悪かったフロントブレーキ、ドラムブレーキを利くようにするのは骨が折れます。

a0248662_0474996.jpg


a0248662_0491946.jpg

まずはブレーキカムスタッド。
サイドプレートにほぼ0のクリアランスで入っているカムスタッドでありますが、サイドプレートの穴が広がりガタガタ。またカムスタッドはイモネジで止められているのですが、イモネジがナメてしまっており、位置的に抜き取り不可能・・・。
という訳でスリーブを作り、カムスタッドを圧入します。

a0248662_0493643.jpg
a0248662_0501661.jpg
a0248662_0503852.jpg

サイドプレートの穴を拡大し、片肉0.5mmのスリーブを製作しサイドプレートに圧入。
その後、カムスタッドも圧入。

a0248662_051107.jpg

コチラはピボットスタッド。
ハーレーのドラムブレーキはここの部分にガタが多いです。
ドラムのピボットでもあり、フロントフォークとのマウント部でもあるピボットボルトにガタがあると、マウントの仕方(ネジの締め方)でライニングとドラムのあたりっぷりが変わってしまうと思われます。

a0248662_0512396.jpg
a0248662_0513763.jpg
a0248662_0514646.jpg

コチラもスリーブを作り、ガタを無くします。

a0248662_052032.jpg

ブレーキライニング張替え。

a0248662_052143.jpg

付いていなかったカムレバーのワッシャーも製作。

a0248662_052453.jpg

a0248662_053074.jpg

あたりが悪かったドラムも面研磨。
利くブレーキになりますように。次回に続く。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-09-23 01:26 | 1963FLH1200 | Comments(0)
2014年 09月 21日

授業風景

週末の授業風景です。


1980XLH1000

a0248662_19473330.jpg
a0248662_19474671.jpg

Iさんのアイアンスポーツ。
クランク分解後、クランク徹底洗浄です。





1975XLH1000

a0248662_19481795.jpg

a0248662_19483590.jpg
a0248662_19484987.jpg
a0248662_1949727.jpg

Oさんのアイアンスポーツ。
リアドラムブレーキの調整が終わり、Dチェーンを張り、ナメてしまっていたシフターペダルのヘリサート作業。
面倒臭いバッテリーカバーを取り付け、次回試乗予定。





1976FX1200

a0248662_19492384.jpg
a0248662_19493361.jpg

Hさんのショベルヘッドは試乗を繰り返し駄目だし作業。
油圧タペット不良の疑いが・・・。





1965XLCH900

a0248662_19501253.jpg

Fさんのアイアンスポーツ
200mile走行後のオイル交換。マグネトーのキャブセッティングに奮闘中。





1979FLH1340

a0248662_1951416.jpg

a0248662_1952282.jpg

a0248662_19522080.jpg

F君のショベルヘッド。
2次エアチェック、各部増し締めなどなど調整中にキャブマニホールドスタッドの目ねじがナメてしまう。
という訳でヘリサート処理。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-09-21 20:09 | その他 | Comments(0)
2014年 09月 20日

1963FLH1200 シリンダーヘッド(バルブガイド)

今日はSさんのシリンダーヘッドのお話。
部分修理で入学したSさんでありますが、ヘッドを分解するとそれなりの問題が。

a0248662_2340565.jpg
a0248662_23402191.jpg
a0248662_23403762.jpg
a0248662_23405333.jpg
a0248662_2342068.jpg

バルブガイドは以前にスリーブを入れガイドを圧入されています。
ここにスリーブが入っていたもので、ガイドが抜けてしまった車両を何台か見たことがあります・・・。
バルブシートも以前抜けたのでしょう、ヘッドシート回りに溶接跡が・・・。
このヘッド使いたくないな。


a0248662_23422487.jpg
a0248662_23423518.jpg

意を決して、ボーナス投入、e-bayでシリンダーヘッド購入であります。
63年~65年のアウトサイドオイラーで状態が良いものって事で手に入れるまでに少々時間とお金がかかりました。

その分、ヘッド面、エキパイマウント部、パンヘッドカバーのネジ部ともに状態が良いです。


a0248662_23425798.jpg

とういう訳で、計測作業。
残念ながら、F・INだけガイドとバルブステムのガタあり。
ガイド交換します。
他のガイド、バルブは問題なく使え、ヘッド側のガイドホールも楕円無く問題無し。


a0248662_23431114.jpg

ガイドは.0004”o.s
他のガイドに合わせ鉄ガイドを使います。

a0248662_23432359.jpg

予めガイド内径拡大。
専用生爪にガイドを銜え、プラスクリアランス分でリーミング。

a0248662_2344535.jpg

ガイド圧入後嵌め代分縮んだガイド穴をリーミング。

a0248662_23441992.jpg

サイドに仕上げのホーニング。

a0248662_2344486.jpg

a0248662_2345072.jpg

バルブシートは4つとも加工済みのヘッドのようで、シートとバルブのあたり位置、幅共に良いです。
ガイドを変えたところも、しっかりあたっています。ガイドがシート面に対し垂直に入った証拠です。

a0248662_0113180.jpg

燃焼室に灯油を入れ漏れチェック。
無事漏れなく、バルブ回り完成です。






増設

a0248662_0144228.jpg

a0248662_0145655.jpg

昨日は休みを使って、パーツ置き場を増設。
昨年の年末に突貫工事で作った教室、まだまだ色々と作らなければなりません。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-09-20 00:19 | 1963FLH1200 | Comments(0)
2014年 09月 18日

1980XLH1000 ヘッド分解計測

Iさんのアイアンスポーツ引き続き、分解作業。今日はヘッド回りのお話。

a0248662_0274889.jpg
a0248662_0281392.jpg
a0248662_0282353.jpg

CRフレームから、エンジンヘッド部とフレームのマウントはフロントとリア別々で止めます。
ロッカーカバーボルトがサポートマウントになります。


a0248662_02840100.jpg
a0248662_028504.jpg

バルブ分解。
ステムに大分かじった跡。バルブ交換決定。

a0248662_0291272.jpg
a0248662_0293022.jpg

バルブガイド内径計測。
バルブステムに対して0.1mm程度広がってしまっていますのでガイド交換。
ガイドを抜く際、ガイドにこびり付いた硬いカーボンがヘッドのガイドホールを傷つけてしまうので、剥離剤を使い、カーボンを綺麗に除去。これに時間がかかるのです。

a0248662_0294366.jpg
a0248662_0295456.jpg

ヘッドを暖め、ガイドを抜きガイド穴計測。
ガイドホールは無傷で楕円無し。14.30mmでSTDガイドでいけます。


a0248662_0301362.jpg

ロッカーアームも洗浄し計測。
ロッカーシャフトはほぼ減っておらず問題無し。ロッカーアームのバルブステムとの摺動部もほぼ減りが無く良好。ブッシュは少々ガタがあるので交換予定。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-09-18 01:04 | 1980XLH1000 | Comments(0)
2014年 09月 16日

授業風景

1939EL1000

a0248662_8311594.jpg

Wさんのナックルヘッドは、初めのオイル交換(50Km走行後)増し締めを済まし試乗。
エンジン、キャブ、シャシー回り共に問題ないでしょう。
ワタクシも乗せてもらいましたが、軽やかに回るエンジンでパンチもある。1000ccのELいいですね。
右バンクで擦ってしまうフロントマフラーの取り付け位置を変えれば、非常に楽しめるのでは。





1975XLH1000

a0248662_8321836.jpg

a0248662_8322838.jpg

Oさんのアイアンスポーツ
段付いてしまっていたRドラム面研間し、ブレーキ回り調整。





1979FLH1340

a0248662_8324059.jpg

Fくんのショベルヘッドはトラブルでガソリンタンクの塗装が剥がれてしまう・・・。
剥離で落とし再塗装。





陸王VF1200

a0248662_8325315.jpg
a0248662_8331293.jpg

陸王のTさん
鉄ピストンとピストンピンの嵌めあいが非常に硬く、大先輩H氏所有のピストンピンプーラーで抜き取る。
バルブを抜き清掃、カーボン除去。





a0248662_833312.jpg
a0248662_8334615.jpg

3連休最後の夜、新入生Tさんの歓迎会も兼ねて、足立区の「つきじ」でお酒をたしなみました。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-09-16 08:56 | その他 | Comments(2)
2014年 09月 15日

陸王1200授業開始

Tさん陸王VF1200授業開始。
この車両はワタクシが所有しているVLの陸王版。
エンジンは陸王、シャシーはハーレーのVLです。

a0248662_830526.jpg
a0248662_8303181.jpg

憧れのCORBINメーターが付いている。

a0248662_8311841.jpg

クランクケースには三菱のマークが。

a0248662_8305849.jpg

鉄ピストンが入っていました。
オイルリング無くコンプレッションリングが3本。ピストンにはシリンダー内壁潤滑の為のオイル穴が開いています。

a0248662_8313194.jpg






a0248662_914525.jpg

a0248662_92911.jpg
a0248662_922193.jpg

近所の氷川神社のお祭り。
ガレージ前に並べたバイクが倒されないかドキドキしつつ、秋葉原時代の神田明神のお祭りを思い出します。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-09-15 09:08 | 1950 陸王VF1200 | Comments(0)