<   2014年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 31日

授業風景

1980XLH1000

a0248662_2151616.jpg

a0248662_215151.jpg
a0248662_2152441.jpg
a0248662_2153450.jpg

アイアンスポーツのIさんは手スポだったネックカップ計測。
LOWER側は0.5mmも楕円になっています・・・これはボーリングし真円を出さなければいけません。





1965XLCH900

a0248662_2151870.jpg

a0248662_2161913.jpg

ほぼキャブセッティングが出たFさんのアイアンスポーツ。
アイドラーギアのバッククラッシュが多かったので新品ギアに交換。
ついでに、50Km程度走ったのでロッカーカバーボルト、ヘッドボルト、ベースナット増し締め。





1976FX1200

a0248662_217680.jpg

Hさんのショベルヘッドは試乗しつつ駄目出し、手直し。
コチラも大分キャブセッティングがでたものの、油温が上がるとタペット音が気になる・・・。
油圧タペットユニットが駄目そうです。





1979FLH1340

a0248662_2171750.jpg

a0248662_2174867.jpg
a0248662_218852.jpg

F君のショベルヘッド。
写真では解りづらいですが、シリンダーベースからオイル漏れが。
以前リターン側オイルポンプキーを入れ忘れたことで、ケース内にオイル溜まり、ベースガスケットに「オイルの道」が出来てしまったようです。
腰上をバラしベースガスケット交換。






増設

a0248662_21274045.jpg

a0248662_2128945.jpg
a0248662_21282599.jpg

この二人にタイヤ&リム置き場を作って貰いました。
記念撮影したものの作ったリム置き場が見えていない・・・。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-08-31 21:30 | その他 | Comments(0)
2014年 08月 29日

1976XLCH1000 ビッグエンドベアリングレースラッピング

今日はZ君のアイアンスポーツ・コンロッドビッグエンドのお話。

a0248662_2324268.jpg

分解時の計測では、フロント側のクリアランスは0.14mmリア側は0.11mmでガタガタ。
フロント側レース内径は一番広がっているところで41.36mm。縦横の楕円は0.01mmでありましたが、問題はレースの平行がでていなく、0.02mmテーパーになっています。
リア側も縦横の楕円はないものの、0.02mmテーパーになっています。

a0248662_23252869.jpg
a0248662_23253954.jpg

まずはF側ラッピング。
写真では解りづらいかもしれませんが、テーパーになっている分、研磨されている部分とされていない部分があります。

a0248662_23244283.jpg

ラッピング、計測、ラッピング、計測を繰り返し、テーパー&楕円を無くし、レース内径は41.365mmに。
.002”o.s(4.81mm)一番大きいローラーを使い、クリアランス0.025mm。

レース内径(41.365mm)-クランクピン外径(31.72mm)-ローラー外径(4.81mm)2個=クリアランス(0.025mm)

a0248662_23263734.jpg
a0248662_23252216.jpg

同じくテーパーになっていたリア側もラッピングしレース内径は41.315mmに。
.001”o.s(4.785mm)のローラーサイズでクリアランス0.025mm。

レース内径(41.315mm)-クランクピン外径(31.72mm)-ローラー外径4.785mm2個=クリアランス0.025mm






増設

a0248662_23261337.jpg

木曜日の休みを利用して第一ガレージのパーツ棚増設。
偶然ホームセンターで会ったドスケベさんに、なんやかんや手伝って貰ったのであります。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-08-29 23:56 | 1976XLCH1000 | Comments(0)
2014年 08月 28日

なんやかんや工具製作

今日は生徒さんの来ない水曜日。この隙に旋盤作業、工具作りです。

a0248662_1371522.jpg
a0248662_1375557.jpg
a0248662_138571.jpg

a0248662_138364.jpg

ナックル用、クランク・メインベアリングレース抜き&圧入工具

a0248662_1395797.jpg

インディアン用、カムブッシュ抜き&圧入工具

a0248662_1401794.jpg

アイアン用、ガイドホールリーミング冶具





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-08-28 01:48 | その他 | Comments(0)
2014年 08月 27日

1947FL1200 分解作業(トランスミッション)

今日はIさんのナックルヘッド・トランスミッション分解です。

a0248662_152584.jpg
a0248662_1525678.jpg

ギアボックスの中には乳化したオイル。
乳化の理由は後から分かることになる。

a0248662_1531790.jpg

ギア分解。ギア自体はまだ使えそう。

a0248662_1534565.jpg

メインシャフトはスターターギアブッシュ受け部が大分段つき磨耗しているので交換決定。

a0248662_1535486.jpg

カウンターシャフトもベアリング受け部が虫食いで交換決定。

a0248662_1542810.jpg

a0248662_1545925.jpg

メインベアリングレースも虫食い。
レース交換で抜き取ります。

a0248662_1551052.jpg

メインベアリングレースのケース側内径計測。
.002”o.sのレースでいけそうです。

a0248662_1554995.jpg

コチラはドレンボルト。
固着し、ネジの頭はナメいて力がかかりません。
インパクトドライバーを使ってもボルト頭が壊れていくだけ・・・。
このドレンボルトが外れない為、オイル交換が出来ずオイルが乳化していたのでしょう。

a0248662_1561253.jpg

無理に回しケースを痛める危険を避け、ネジ頭をサンダーで削り、ネジ部をドリルでもみます。

a0248662_1565449.jpg
a0248662_156535.jpg

成功確率の低いエキストラクターを試みる。

a0248662_1565071.jpg
a0248662_157073.jpg

今回は成功。ケースのねじ山も無事であります。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-08-27 02:17 | 1947FL1200 | Comments(0)
2014年 08月 25日

1980XLH1000 分解作業

今日は今月から入学した新入生Iさんのアイアンスポーツ・分解作業です。
CRフレームのXLHモデル、まずはエンジンを降ろします。

a0248662_22435658.jpg
a0248662_22441171.jpg
a0248662_22442023.jpg

CRフレームはエンジンハンガーがフロントシリンダーとリアシリンダー別々でフレームにマウント。

a0248662_2244484.jpg
a0248662_2245430.jpg

ピストンは.010o.s
ピストン自体は綺麗ですが、シリンダー内壁には細かい縦傷が・・・。溜まっていたカーボンが悪さをしたのかもしれません。
ピストンは前後逆に付いていました。(バルブリセス場所が逆)

a0248662_22453511.jpg
a0248662_22455432.jpg

タイミングカバーギア回り分解。
この年式からカムはPカムからQカムへ。
カムギアは良好。

a0248662_2245456.jpg
a0248662_22461683.jpg

プライマリー回りを分解。

a0248662_22463087.jpg
a0248662_224792.jpg

トランスミッションを抜き取り。
カウンター3速ギアのドッグ受け部分は磨耗が酷い。
確かに分解前の試乗時、1速でのギア抜けが酷かった。

a0248662_22473392.jpg

で腰下を降ろしました。





エンジン全バラの前に問題が多そうな車体回りから分解。
分解前の試乗では、ネックにガタが無いのにウェービングしていました。(低速走行時にハンドルが左右にとられる感じ)

a0248662_22472855.jpg

a0248662_22481013.jpg

ネックナットを緩め、ベアリングにガタがある状態だと、もちろんネックはスムーズに動くが、ガタを無くすといきなり渋くなる・・・?

a0248662_22483582.jpg

ネックカップとフレームに隙間が・・・。
上下のネックカップが垂直にフレームに入ってないのでは?その為ネックナットを締め付けるとネックが渋くなるのか?などなど考えていると・・・。

a0248662_22501043.jpg

ネックカップが手で抜けました。
本当アイアンのネックはこれが多いです。


a0248662_2251385.jpg

でこちらはスイングアーム。
ご多分に漏れず、リアショックを取っても一箇所にとどまるスイングアーム。

a0248662_22511348.jpg

ベアリングはやはり駄目です。
稼動距離の少ないスイングアームのベアリングは、稼動部だけレースが段減りします。

a0248662_2252846.jpg

懸念していたスイングアームの曲がりは無く一安心。

a0248662_22515119.jpg

ベアリングはもちろん交換。良かったのはピボットシャフトが無事だったことか。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-08-25 00:20 | 1980XLH1000 | Comments(0)
2014年 08月 24日

1938 INDIAN CHIEF タイミングギア回り計測

今日はMさんのインディアン・チーフのお話。
クランク回りはやった形跡がありましたが、タイミングギア回りは手付かずのようです。

a0248662_23543542.jpg


a0248662_23551458.jpg
a0248662_23552524.jpg

まずはカムギアシャフト計測。
ケース側とタイミングカバー側でシャフト径が違います。
ケース側とカバー側のブッシュのラインを通すのに苦労しそうです。
またR側のシャフトは大分磨耗しているので交換予定。このシャフトもパーツとして出るようです。

a0248662_23554122.jpg
a0248662_23555132.jpg

ブッシュ側も計測。
シャフトに対しフロントカム側はクリアラス(ガタ)0.08mm~0.09mm
リア側は0.13mm~0.17mmとガタガタ。ブッシュ交換です。


a0248662_2357182.jpg

プッシュロッド。
長い方がフロントシリンダー側。短い方はリアシリンダー側。

a0248662_23571293.jpg

a0248662_23571724.jpg

コチラもシャフト径、ガイド内径計測。
0.09mm~0.12mm程度のガタ。
ここのクリアランスは0.05mm程度でしょう。
プッシュロッドもオーバーサイズがあるようなので、オーバーサイズロッドを取り、リーミングします。

a0248662_2358164.jpg

a0248662_23591681.jpg

コチラはバルブリフター。
まずカムギアとリフターを仮組みし、カムリフト中間地点にしてプッシュロッドとリフターの押し角度をチェック。
リフターとリフターシャフトにもガタがあったので、シャフトオーバーサイズ&リフターホールリーミング予定。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-08-24 00:36 | 1938 INDIAN CHIEF | Comments(0)
2014年 08月 22日

夏休み

8月20日から22日夏休みをもらい、箱根ツーリングに行ってきました。
VLDを動かすのは前回のVMSツーリング以来で4ヶ月ぶり。
トータルロスのVLにオイルを補給し、殆ど整備無し、気温は35度・・・。
オイル供給のハンドポンプのバルブが抜けるトラブルがありながらも、元気に走ってくれました。

嫁も立ちゴケ2回しつつ、初の峠道走行を楽しんでいました。

今日はVLの整備でもしてやろうかな。

a0248662_10344037.jpg
a0248662_1035224.jpg
a0248662_1035673.jpg
a0248662_10363485.jpg
a0248662_10354175.jpg




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。






Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-08-22 10:42 | その他 | Comments(0)
2014年 08月 19日

1939EL1000 車検取得


a0248662_1423336.jpg


Wさんのナックルヘッド、汗だくになりつつ一発合格で車検取得。
これで心置きなくキャブセッティング、駄目だし試乗が出来ます。

ちなみにうちでは、オーバーホール後50M、100M、500Mごとオイル交換、各部増し締めを推奨しています。
とくにエンジン・ガスケットが入っているところは、アルミの熱膨張によりガスケットがつぶれ、ネジが緩みます。
ガスケットが縮みきるまで増し締めをする必要があるわけです。
これを怠ると、せっかくOHしたエンジンはガタガタになってしまいます。
卒業して行った生徒さんたちはこの作業をちゃんと行っているだろうか?
急に心配になった次第です。








靖国

a0248662_2132347.jpg

a0248662_2142727.jpg

a0248662_2145724.jpg

a0248662_2151434.jpg

a0248662_2191768.jpg


今年も「戦没者を追悼し平和を祈念する日」には仕事の合間で靖国神社へ行って参りました。
人それぞれ様々な思想があるでしょうが、年に一回ここで手を合わせることで清い気持ちになれます。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-08-19 02:31 | 1939EL1000 | Comments(0)
2014年 08月 17日

授業風景

盆休み中に家族サービスそっちのけ、バイクイジリをする人々です。

a0248662_7412028.jpg





1980XLH1000

a0248662_740660.jpg
a0248662_7401665.jpg

新入生にIさんのアイアンスポーツ
先週に引き続き、エンジン分解作業。





1975XLH1000

a0248662_7404487.jpg

a0248662_74148.jpg

a0248662_7413435.jpg

先日エンジン始動したOさんのアイアンスポーツ。
二次エアを完全に止め、細かな調整作業。





1947FL1200

a0248662_7425722.jpg
a0248662_743771.jpg

Iさんのナックルヘッド。
ミッション分解作業が終わり、計測作業へ。
メインベアリングレースは広がりすぎて駄目。





1970 TR6 650

a0248662_7442626.jpg

a0248662_745336.jpg

Tさんのトライアンフ。
ガタがおおかったクラッチシェル・ローラーを新品に交換。
しかしながら組み付けると、ハブとシェルがせってしまう。
スラストワッシャーを定番を使い研磨し調整。シェルのスラスト量も良くなり、ガタがなくなりました。




1965XLCH900

a0248662_744438.jpg

Fさんのアイアンスポーツはキャブ調整。
ジェットを変えつつベストを探します。マグネトー&ケイヒンキャブはジェット交換がメンドクサイ。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-08-17 08:05 | その他 | Comments(0)
2014年 08月 14日

1975XLH1000 エンジン始動

前回エンジン始動したOさんのアイアンスポーツ。
しかしながら片排気味・・・。前後シリンダーヘッド、マフラーは同じぐらい暖まっているので失火している訳では無さそう。片肺ながら不均等な均等?にアイドリングをしている。この感じ前にあったな・・・。

a0248662_0233394.jpg
a0248662_0235986.jpg

という訳でカムタイミングを疑う。
分度器をセットしタペットをチェッキングクリアランスにしてカムタイミング計測。

PcamのR側EXはOPEN  下死点前 43度  CLOSE  上死点後 31度
実測してみると 下死点前 20度   CLOSE  上死点後 50度
で約20度ずれています。これは一ギアずれてるな。

a0248662_0241799.jpg

という訳でカムカバーを開け#1カム(R・EX)をチェック。
コチラは不正解。一ギアずれています。

a0248662_0243322.jpg

コチラが正解。
なんだか曖昧です。#1カムと#2カムの合わせマークは解りづらいです。




という訳で改めて始動。
メカのノイズも少なく良い感じです。





火曜日・水曜日も引き続き、盆休みを使いバイクイジリをしにくる人々。

a0248662_0251174.jpg




FさんのアイアンスポーツとHさんのショベルヘッドは二人揃ってキャブセィッテング試乗のたびに。
この後少々トラブルがあったのでありますが・・・。


a0248662_0263217.jpg


そしてこの人も組み上げた愛車XSのキャブセィッテングをしつつ、福島へ一人ツーリングに向かったのです。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-08-14 01:01 | 1975XLH1000 | Comments(0)